【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス

1: もふもふちゃんねる。 @*´×`*@ 
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:22

ディズニー映画最新作『ズートピア』は、動物たちが人間のように暮らす楽園”ズートピア”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャーです。
日本公開に先駆け全米で3月4日に公開され、世界的大ヒットとなった「アナと雪の女王」や「ベイマックス」の初日記録を超えて、ディズニー・アニメーション史上No.1のオープニング記録を達成しました!
日本でも大ヒット中のディズニー最新作『ズートピア』の見どころをご紹介♪

“夢を信じる”あなたにエールを!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:23

動物たちが人間のように暮らす楽園”ズートピア”。
ここは、誰もが夢を叶えられる、人間も顔負けの超ハイテク文明社会。
だが、あらゆる種類の動物たちが平和に共存するこの理想の大都会に、いま史上最大の危機が訪れていた・・・。

ズートピア初のウサギの警察官の「ジュディ」が、夢を忘れたサギ師のキツネ「ニック」を相棒に、大都会ズートピアに仕掛けられた恐るべき陰謀に挑む!
“夢を信じる力”とニックとの友情の絆を武器に、彼女は奇跡を起こすことができるのか・・・!?

夢を信じて諦めずに進み続ければ、きっと世界は変わる。
感動のファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』が、世界に希望の扉を開く。 

▼ 『ズートピア』予告動画(約2分で視聴できます。) 

ズートピアってどんなところ?
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:12

二足歩行する動物たちによる現代的な文明社会。
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:25

裸なんてとんでもない!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:10

おまけにハイテク!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:6

こちらの皆さんが、ズートピアの住人たち。
でっかいのも、ちっこいのもいますね!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:11

▼ 『ズートピアとは?』動画(約1分で視聴できます。)

オススメ スポット!
どんなエリアがあるの?
ズートピアのオススメスポットをご紹介♪ 
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:23

『リトル・ローデンシア』
ネズミなどズートピアで最も小さな動物たちが暮らすミニチュア・サイズのオシャレな街。
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:8

街の大通りには、オシャレなお店や高級客相手のシックなヘアサロンまであります!
ただし小さなお客様専用です♪
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:4

▼ 『オススメ スポット!』動画(約1分で視聴できます。)
 

ジュディとニックが可愛い♥
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:25

『ズートピア』のメインキャラクターの2人が、もふもふで可愛いのですぅ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
ジュディとニックをご紹介♪ 

「ジュディ・ホップス」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:29

ウサギ初の新米警官。憧れのズートピアで「立派な警察官になる」夢に向かって奮闘中。
もふもふのボディと豊かな感情表現ができる大きな耳が特長。
正義感が強く、行動的で頑張り屋さん。
ひょんなことからキツネの詐欺師のニックと共に、楽園ズートピアの秘密に挑んでいくことに!?

「ニック・ワイルド」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:15
 
“キツネらしい”人生を生きる“夢を忘れた”詐欺師のキツネ。
ズートピアを知りつくし、幅広い情報網を持っています。
現実を知る皮肉屋だが、陽気な魅力があってどこか憎めない。ひょうひょうとした態度の裏には優しさが隠れている。過去のある出来事によって傷ついているが、その繊細な心は誰にも見せない。
自分にはないものを持つジュディと運命を共にするうちに、何かが変わっていく。 

▼ 『ジュディとニック』動画(22秒で視聴できます。)

いろんな動物たちが登場!?
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:19

メインキャラクターの2人以外にもいろんな動物たちが登場しています。
にゃんと!登場する動物は50種・800体以上!!
全員に個性があるんですよ♪ 

「レオドラ・ライオンハート市長」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:25

「楽園であること」の維持を第一に考えるズートピア市長。堂々たるライオン。
「誰でも何にでもなれる」というズートピアのスローガンを作ったのも彼。

「ベルウェザー副市長」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:20

ズートピア副市長を務めるヒツジ。
ジュディを小さな動物の誇りと考え、何かと気づかう。ライオンハート市長にいつも忙しく使われている。

「クロウハウザー」

【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:15

ズートピア警察署の受付担当のチーター。
ドーナツが大好物でチーターとは思えないほど太っている。ジュディにも気さくに話しかけてくる気のいい、のんびり屋。

「フラッシュ」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:13

免許センター職員のナマケモノ。
パソコン入力から話し方、笑い方まで、驚異的な超スロー・ペースを崩さない。

日本版主題歌「トライ・エヴリシング」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:5

日本版主題歌「トライ・エヴリシング」は、ヒロイン・ジュディが夢を叶えるため大都会”ズートピア“へと旅立つ時、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲。
一度聴いたら忘れられないアップテンポな曲調に「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージが込められた、夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソングです!

▼ 『トライ・エヴリシング』フル動画(約3分で視聴できます。) 
 

歌うのは、Dream Amiさん!
Amiさんは、ガゼルの日本版声優もつとめています。

▼ 日本版主題歌「トライ・エヴリシング」歌詞
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:2
 

ポスターには楽しい秘密が♪
『英語版ポスター』
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:16

ジュディとニックが大都市ズートピアを見上げているポスターです。
皆さん、看板広告に注目!
NIKEの広告「JUST DO IT」のパロディなのか「JUST ZOO IT」と書かれていたり、ガゼルが宣伝しているのは「PRADA」ならぬ「PREYDA」だったりと細かいところまで楽しめます♪

『日本版ポスター』
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:27

こちらもさらにブランドパロディが加わっていますね!
「Samantha Thavasa」は「Savanna Thavasa」になっていたり、「DKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク)」は「DNKY(ドンキー=ロバ)」になっています。
あと、アメリカのニュース放送局「CNN」を連想させる「ZNN」もあります。(ZNN=Zootopia News Networkといったところでしょうか。)

他にも、「隠れミッキー」が日本版ポスターの中に隠れています!
ポスターをよ~く見て、「隠れミッキー」をみつけよう♪

メッセージ
『ズートピア』の監督や、ジュディの日本版声優をつとめた上戸彩さんのメッセージをご紹介♪
「監督からのメッセージ」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:22

ズートピアの住人たちは、私たち人間のようなもの。
どちらも同じように、性別、年齢、学歴、出身地、見た目…そんな“違い”から生まれる様々な偏見の中で生きています。もし、その“違い”を個性として認め合うことが出来たら、私たちの人生はもっと豊かになることでしょう。
『ズートピア』の中には、あなたに似ているキャラクターがきっといます。
ぜひ、自分自身を探してみてください。
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:14
 
「上戸彩さんからのメッセージ」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:3

色んな動物たちの関係性や生き様は、まさに人間社会のよう!
今仕事で奮闘中の方、また新生活を迎えた方々にピッタリの映画です。
きっと”夢をあきらめない” “一歩踏み出す勇気”をもらえると思います。 

夢をあきらめないキャンペーン
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:20

『ズートピア』主人公 ウサギのジュディの夢は「立派な警察官になること」。
“誰もが夢を叶えられる”ズートピアで、ジュディは頑張っています。
そんなジュディのように、夢に向かって頑張っている人をみんなで応援!
あなたの夢、これから頑張ろうと思っている夢をTwitterでツイートしてみよう♪
ツイートした方の中から抽選で10名様に、『ズートピア』オリジナルグッズ詰め合わせが貰えますよ!

【応募方法】
①ディズニースタジオTwitter「@disneystudiojp」をフォロー
②ハッシュタグ「#ズートピア_夢」をつけてツイートすれば応募完了です♪ 

Twitter あなたの夢はなんですか? 
ツイッターに投稿された皆さんの夢をご紹介!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:30


掲載元:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html

外部オススメ情報

【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:19
ジュディの夢のように、皆さん素敵な夢がありますね♪
ももちゃんの夢は、「皆さんに愛されるような、可愛くて素敵なブログを作る! 」かなぁ
(๑˃́ꇴ˂̀๑) 

実はももちゃんは『ズートピア』をDVD待ちしていました。所が・・・


こちらのツイートを見てしまったらもうね☆ 

◆ネタバレはこちら
【ネタバレ注意!】ディズニー最新作『ズートピア』を観てきた!!Twitter感想反応・まとめ
http://blog.livedoor.jp/mohumohuch/archives/3257230.html

スポンサードリンク

スポンサードリンク

にもススメ記事を見たい方はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいにゃ

もふもふちゃんねる。の最新情報をお届けします

Twitterで『もふもふちゃんねる。』をフォローしてね♪

“夢を信じる”あなたにエールを!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:23

動物たちが人間のように暮らす楽園”ズートピア”。
ここは、誰もが夢を叶えられる、人間も顔負けの超ハイテク文明社会。
だが、あらゆる種類の動物たちが平和に共存するこの理想の大都会に、いま史上最大の危機が訪れていた・・・。

ズートピア初のウサギの警察官の「ジュディ」が、夢を忘れたサギ師のキツネ「ニック」を相棒に、大都会ズートピアに仕掛けられた恐るべき陰謀に挑む!
“夢を信じる力”とニックとの友情の絆を武器に、彼女は奇跡を起こすことができるのか・・・!?

夢を信じて諦めずに進み続ければ、きっと世界は変わる。
感動のファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』が、世界に希望の扉を開く。 

▼ 『ズートピア』予告動画(約2分で視聴できます。) 

ズートピアってどんなところ?
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:12

二足歩行する動物たちによる現代的な文明社会。
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:25

裸なんてとんでもない!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:10

おまけにハイテク!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:6

こちらの皆さんが、ズートピアの住人たち。
でっかいのも、ちっこいのもいますね!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:11

▼ 『ズートピアとは?』動画(約1分で視聴できます。)

オススメ スポット!
どんなエリアがあるの?
ズートピアのオススメスポットをご紹介♪ 
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:23

『リトル・ローデンシア』
ネズミなどズートピアで最も小さな動物たちが暮らすミニチュア・サイズのオシャレな街。
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:8

街の大通りには、オシャレなお店や高級客相手のシックなヘアサロンまであります!
ただし小さなお客様専用です♪
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:4

▼ 『オススメ スポット!』動画(約1分で視聴できます。)
 

ジュディとニックが可愛い♥
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:25

『ズートピア』のメインキャラクターの2人が、もふもふで可愛いのですぅ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
ジュディとニックをご紹介♪ 

「ジュディ・ホップス」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:29

ウサギ初の新米警官。憧れのズートピアで「立派な警察官になる」夢に向かって奮闘中。
もふもふのボディと豊かな感情表現ができる大きな耳が特長。
正義感が強く、行動的で頑張り屋さん。
ひょんなことからキツネの詐欺師のニックと共に、楽園ズートピアの秘密に挑んでいくことに!?

「ニック・ワイルド」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:15
 
“キツネらしい”人生を生きる“夢を忘れた”詐欺師のキツネ。
ズートピアを知りつくし、幅広い情報網を持っています。
現実を知る皮肉屋だが、陽気な魅力があってどこか憎めない。ひょうひょうとした態度の裏には優しさが隠れている。過去のある出来事によって傷ついているが、その繊細な心は誰にも見せない。
自分にはないものを持つジュディと運命を共にするうちに、何かが変わっていく。 

▼ 『ジュディとニック』動画(22秒で視聴できます。)

いろんな動物たちが登場!?
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:19

メインキャラクターの2人以外にもいろんな動物たちが登場しています。
にゃんと!登場する動物は50種・800体以上!!
全員に個性があるんですよ♪ 

「レオドラ・ライオンハート市長」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:25

「楽園であること」の維持を第一に考えるズートピア市長。堂々たるライオン。
「誰でも何にでもなれる」というズートピアのスローガンを作ったのも彼。

「ベルウェザー副市長」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:20

ズートピア副市長を務めるヒツジ。
ジュディを小さな動物の誇りと考え、何かと気づかう。ライオンハート市長にいつも忙しく使われている。

「クロウハウザー」

【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:15

ズートピア警察署の受付担当のチーター。
ドーナツが大好物でチーターとは思えないほど太っている。ジュディにも気さくに話しかけてくる気のいい、のんびり屋。

「フラッシュ」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:13

免許センター職員のナマケモノ。
パソコン入力から話し方、笑い方まで、驚異的な超スロー・ペースを崩さない。

日本版主題歌「トライ・エヴリシング」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:5

日本版主題歌「トライ・エヴリシング」は、ヒロイン・ジュディが夢を叶えるため大都会”ズートピア“へと旅立つ時、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲。
一度聴いたら忘れられないアップテンポな曲調に「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージが込められた、夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソングです!

▼ 『トライ・エヴリシング』フル動画(約3分で視聴できます。) 
 

歌うのは、Dream Amiさん!
Amiさんは、ガゼルの日本版声優もつとめています。

▼ 日本版主題歌「トライ・エヴリシング」歌詞
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:2
 

ポスターには楽しい秘密が♪
『英語版ポスター』
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:16

ジュディとニックが大都市ズートピアを見上げているポスターです。
皆さん、看板広告に注目!
NIKEの広告「JUST DO IT」のパロディなのか「JUST ZOO IT」と書かれていたり、ガゼルが宣伝しているのは「PRADA」ならぬ「PREYDA」だったりと細かいところまで楽しめます♪

『日本版ポスター』
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:27

こちらもさらにブランドパロディが加わっていますね!
「Samantha Thavasa」は「Savanna Thavasa」になっていたり、「DKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク)」は「DNKY(ドンキー=ロバ)」になっています。
あと、アメリカのニュース放送局「CNN」を連想させる「ZNN」もあります。(ZNN=Zootopia News Networkといったところでしょうか。)

他にも、「隠れミッキー」が日本版ポスターの中に隠れています!
ポスターをよ~く見て、「隠れミッキー」をみつけよう♪

メッセージ
『ズートピア』の監督や、ジュディの日本版声優をつとめた上戸彩さんのメッセージをご紹介♪
「監督からのメッセージ」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:22

ズートピアの住人たちは、私たち人間のようなもの。
どちらも同じように、性別、年齢、学歴、出身地、見た目…そんな“違い”から生まれる様々な偏見の中で生きています。もし、その“違い”を個性として認め合うことが出来たら、私たちの人生はもっと豊かになることでしょう。
『ズートピア』の中には、あなたに似ているキャラクターがきっといます。
ぜひ、自分自身を探してみてください。
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:14
 
「上戸彩さんからのメッセージ」
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:3

色んな動物たちの関係性や生き様は、まさに人間社会のよう!
今仕事で奮闘中の方、また新生活を迎えた方々にピッタリの映画です。
きっと”夢をあきらめない” “一歩踏み出す勇気”をもらえると思います。 

夢をあきらめないキャンペーン
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:20

『ズートピア』主人公 ウサギのジュディの夢は「立派な警察官になること」。
“誰もが夢を叶えられる”ズートピアで、ジュディは頑張っています。
そんなジュディのように、夢に向かって頑張っている人をみんなで応援!
あなたの夢、これから頑張ろうと思っている夢をTwitterでツイートしてみよう♪
ツイートした方の中から抽選で10名様に、『ズートピア』オリジナルグッズ詰め合わせが貰えますよ!

【応募方法】
①ディズニースタジオTwitter「@disneystudiojp」をフォロー
②ハッシュタグ「#ズートピア_夢」をつけてツイートすれば応募完了です♪ 

Twitter あなたの夢はなんですか? 
ツイッターに投稿された皆さんの夢をご紹介!
【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:30


掲載元:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html

外部オススメ情報

【全米でNO.1の大ヒット映画】アナ雪、ベイマックス越えのディズニー最新作『ズートピア』のジュディとニックがかわいい❤|ブログインデックス|画像ID:19
ジュディの夢のように、皆さん素敵な夢がありますね♪
ももちゃんの夢は、「皆さんに愛されるような、可愛くて素敵なブログを作る! 」かなぁ
(๑˃́ꇴ˂̀๑) 

実はももちゃんは『ズートピア』をDVD待ちしていました。所が・・・


こちらのツイートを見てしまったらもうね☆ 

◆ネタバレはこちら
【ネタバレ注意!】ディズニー最新作『ズートピア』を観てきた!!Twitter感想反応・まとめ
http://blog.livedoor.jp/mohumohuch/archives/3257230.html

スポンサードリンク

スポンサードリンク

にもススメ記事を見たい方はこちら

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス

先日ネット上では不思議な寝相をしたカピバラの姿が話題をよんでいました。まずはそちらからご紹介します!
カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:19
 
こちらの画像!長崎バイオパークの公式ツイッターにてつぶやかれた画像です。なんともあられもないお姿を披露しています・・。
まるでお家で飼われているにゃんこやわんこの様な素敵なお姿を披露してくれたのは、同園にいる人気者のカピバラさん。長崎バイオパークではカピバラをモチーフの公式キャラクターが造られるほどの人気者。

▼長崎バイオパークの人気キャラクター【カピタン】
カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:30
▼もちろんゆるキャラもあります❤
カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:6

同園によると、カピバラがこの様なポーズになることはとても珍しいとの事で、たぶん、この画像が投稿された日は長崎で最高気温27度を記録するほどの暑さでありカピバラからしても暑かったのかもしれないという。
ただ、決してカピバラが体調がわるくてこのポーズをしている訳では無い。とのことなので一安心です。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160515-00000023-it_nlab-sci

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:9本日のPickup!

ネットで話題になったカピバラさんの仰向け画像の反応も少しご紹介します。

公式ツイッター

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:6

こちらのツイートは現時点で2万回リツイートされています٩(ˊᗜˋ*)و
ツイッターの反応もご紹介します。

以下ツイッターの反応 

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:6

それにしても動物園で飼われているからと言えど、このお姿を野生でお目見えできるとは、やはりお天気もいいことですしカピバラさんも気がゆるんじゃったのかな♪


 それでは本題!

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:26
▲広島カープの仲間たちを応援するカピタン。ファン歴はなんと3年という。

カピタンとは・・

所属:長崎バイオパーク
とってもふれあえる動物園「長崎バイオパーク」のゆるキャラ「カピタン」は、大人気の動物カピバラの男の子。バイオパークだけじゃなく、長崎県のPRカピバラのなかまたちの応援がんばります。きゅるきゅる
引用元: http://www.yurugp.jp/

動画はこちら。(1分ほどの動画です)

以下みんなの反応

等ありました。
長崎バイオパークHPは(こちら
カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:12
 今年のゆるキャラグランプリにも出場するのでしょうかね。これだけ、もふもふかわいいカピタンなら、今年はいい線行けちゃうかもです♪ふふくんも抱きしめてみたいです❤

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:16オススメ情報(アンテナサイト経由)

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいにゃ

もふもふちゃんねる。の最新情報をお届けします

Twitterで『もふもふちゃんねる。』をフォローしてね♪

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:9本日のPickup!

ネットで話題になったカピバラさんの仰向け画像の反応も少しご紹介します。

公式ツイッター

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:6

こちらのツイートは現時点で2万回リツイートされています٩(ˊᗜˋ*)و
ツイッターの反応もご紹介します。

以下ツイッターの反応 

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:6

それにしても動物園で飼われているからと言えど、このお姿を野生でお目見えできるとは、やはりお天気もいいことですしカピバラさんも気がゆるんじゃったのかな♪


 それでは本題!

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:26
▲広島カープの仲間たちを応援するカピタン。ファン歴はなんと3年という。

カピタンとは・・

所属:長崎バイオパーク
とってもふれあえる動物園「長崎バイオパーク」のゆるキャラ「カピタン」は、大人気の動物カピバラの男の子。バイオパークだけじゃなく、長崎県のPRカピバラのなかまたちの応援がんばります。きゅるきゅる
引用元: http://www.yurugp.jp/

動画はこちら。(1分ほどの動画です)

以下みんなの反応

等ありました。
長崎バイオパークHPは(こちら
カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:12
 今年のゆるキャラグランプリにも出場するのでしょうかね。これだけ、もふもふかわいいカピタンなら、今年はいい線行けちゃうかもです♪ふふくんも抱きしめてみたいです❤

カピバラの寝相がものすごい!!とネット上で話題のカピバラがいる長崎バイオパーク公式キャラカピタンがもふもふかわいい件|ブログインデックス|画像ID:16オススメ情報(アンテナサイト経由)

【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス

4月21日は、イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を迎えました。
実はこの日、ディズニーのキャラクターでもエリザベス女王と同じ年に生まれたキャラがいました

それは・・・
くまのプーさん」です!
この2人の同日バースデーにディズニーがイギリス王室とくまのプーさんのコラボを発表した!と海外で話題になっています。
 

1: もふもふちゃんねる。@*´×`*@

この記念すべき年を祝して、エリザベス女王とプーさんの生誕90周年を記念した無料オンラインブック「Winnie-the-Pooh and the Royal Birthday」がイギリスのディズニー公式サイトで公開されている。この絵本の中で、プーさんは友人の少年クリストファー・ロビンや子豚のピグレット、ロバのイーヨーらと共にロンドンに向かい、プーさんはエリザベス女王と、ピグレットはジョージ王子との「共演」を果たす。
ストーリーはジェーン・ライアダン、挿絵はマーク・バージェスが担当。原作のスタイルを踏襲して描かれたという。

 【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス|画像ID:25
引用元:http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0527/cin_160527_1278638590.html

スポンサードリンク

【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス|画像ID:28本日のPickup!

あらすじ
 全30ページにわたるプーさんたちの物語は、クリストファー・ロビンが「女王が90歳になったんだ。僕たちもプレゼントを差し上げて、祝おうじゃないか」と、プーさんや森の仲間たちに持ち掛けるところから始まる。

プーさんが知っていたハミングを女王に送ることに決めたクリストファー・ロビンとプーさん、そしてピグレットとイーヨーは、プレゼントを持って、女王の住むバッキンガム宮殿に向かうことに。

電車に乗り、ロンドンの人混みを抜け、2階建てバスでロンドンの観光名所を巡りながら、やっと女王の元にたどり着く。

そして女王にハミングを送り、後ろを走っていたクリストファー・ロビンよりも小さい男の子に赤い風船を渡すという物語。もちろんその男の子は女王のひ孫、ジョージ王子だ。

 5月25日には英国人名俳優ジム・ブロードベントさんの音読によるバージョンも公開された。
それがこちら。 (17分あります。)


引用元:http://irorio.jp/jpn_manatee/20160527/323705/
動画は現在で2万再生されている。
以下海外の反応

1: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

ぷーさん大好き❤もう次のプー達がまたでるまで待つことが出来ないわ!

2: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

すっげぇ~~!この17分を見たら子ども時代に戻ったわ!

3: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

まじぷーさん素敵❤

4: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

Wowww…..かわいすぎる~私ぷーさん中毒なの

5: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

この昔ながらのタッチがディズニーなんだよ!

6: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

懐かしい!!すっごいかわいい!!

6: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

Pooh <3(プー❤)

【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス|画像ID:17
ぷーさんはどこでも愛されてますね❤日本語翻訳は調べたところ未定?っぽいです。ディズニー公式ではこちらの内容を全部無料PDF公開されてるので雰囲気だけでもどうぞ⇒(こちら

【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス|画像ID:4オススメ情報(アンテナサイト経由)

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいにゃ

もふもふちゃんねる。の最新情報をお届けします

Twitterで『もふもふちゃんねる。』をフォローしてね♪

スポンサードリンク

【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス|画像ID:28本日のPickup!

あらすじ
 全30ページにわたるプーさんたちの物語は、クリストファー・ロビンが「女王が90歳になったんだ。僕たちもプレゼントを差し上げて、祝おうじゃないか」と、プーさんや森の仲間たちに持ち掛けるところから始まる。

プーさんが知っていたハミングを女王に送ることに決めたクリストファー・ロビンとプーさん、そしてピグレットとイーヨーは、プレゼントを持って、女王の住むバッキンガム宮殿に向かうことに。

電車に乗り、ロンドンの人混みを抜け、2階建てバスでロンドンの観光名所を巡りながら、やっと女王の元にたどり着く。

そして女王にハミングを送り、後ろを走っていたクリストファー・ロビンよりも小さい男の子に赤い風船を渡すという物語。もちろんその男の子は女王のひ孫、ジョージ王子だ。

 5月25日には英国人名俳優ジム・ブロードベントさんの音読によるバージョンも公開された。
それがこちら。 (17分あります。)


引用元:http://irorio.jp/jpn_manatee/20160527/323705/
動画は現在で2万再生されている。
以下海外の反応

1: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

ぷーさん大好き❤もう次のプー達がまたでるまで待つことが出来ないわ!

2: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

すっげぇ~~!この17分を見たら子ども時代に戻ったわ!

3: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

まじぷーさん素敵❤

4: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

Wowww…..かわいすぎる~私ぷーさん中毒なの

5: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

この昔ながらのタッチがディズニーなんだよ!

6: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

懐かしい!!すっごいかわいい!!

6: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

Pooh <3(プー❤)

【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス|画像ID:17
ぷーさんはどこでも愛されてますね❤日本語翻訳は調べたところ未定?っぽいです。ディズニー公式ではこちらの内容を全部無料PDF公開されてるので雰囲気だけでもどうぞ⇒(こちら

【海外】ディズニーが「くまのプーさん」の新作を発表公開!イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を祝して。|ブログインデックス|画像ID:4オススメ情報(アンテナサイト経由)

スポンサードリンク

閉まりっぱなしの踏切|ブログインデックス

852 :1/2 :2006/07/24(月) 16:54:34 ID:v71LVdON0
少し前に取引き先の人に「この間、こんな事あってさ~」と聞かされた話。

それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。
彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。
付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗り込んで自宅へ向かった。

彼の家のすぐ近くに小さな踏切がある。東京の私鉄が住宅街を通る、よくある踏切の一つ。
そこに差し掛かったら、踏切が閉まり警告灯が点った。
そして点検用の車両が通り過ぎ、しばらくして警告灯が消えた。
でも、棒が上がらない。
時間にしたら1、2分だったと彼は言う。街灯に照らされた踏切は開かなかった。
酔いと睡眠不足からくるイラ立ちで、
彼は「ちょっと、俺が上げちゃうから、車、通しちゃってよ」と運ちゃんに声を掛け、踏切に向かった。
そして棒に手を掛け、上に上げようとした。が、ビクともしない。
いや、少しは持ち上がるのだが、ある程度の高さ迄上がるとバネじかけの様に急に下への力が増す。
悪戦苦闘していたら、タクシーのクラクションが聞こえた。

853 :2/2 :2006/07/24(月) 16:55:33 ID:v71LVdON0
「運ちゃん、イラついて怒ってるんだ・・・」
彼はタクシーに向かって振り向いた。
すると、運ちゃんがタクシーから身を乗り出し、凄い勢いで手招きしてる。
彼は『こりゃ、ここで帰るって言いたいんだな・・・』と解釈し、踏切の棒の下に肩を差し入れて何とか上げようとした。
すると、「お客さん!」と運ちゃんの上ずった声。
そっちを見ると、もうタクシーから降りて凄い勢いで手招きする。
彼は「何?警察でも来た?」と聞きながらタクシーの方へ歩いて行った。
運ちゃんは「とにかく、乗って、乗って!」とせかすように言いながら、自分も席に乗り込んだ。
「何?マジおまわり?見られた?」
彼は愛想笑いしながら聞いたそうな。
で、運ちゃんが答えたのが、
「お客さん、見えてなかったんだ・・・
 いやね、お客さんが踏切に行ったから、てっきり棒にぶら下がってる男の子注意しに行くんだと思ってたんですよ。
 でもね、何も言わないで棒上げようとしてるでしょ、可笑しいなあと・・・
 そしたらね、その男の子、お客さんの方に近付いてったんですよ。
 そしたら、影、無いんですよ、その子。
 もうね、私ヤバいと思って・・・
 だってね、お客さんの足掴もうとしてたんですよ・・・」

今もたまに、夜中そこを通る事があると。
でも、閉まりっぱなしの踏切を見た時は、遠回りして帰る事にしていると、苦笑しながら彼は言った。

未来の息子|ブログインデックス

339 :本当にあった怖い名無し :2006/08/07(月) 14:55:57 ID:lOoBsKVv0

662 :名無しの心子知らず :2006/08/06(日) 22:53:09
去年の春頃の話。

家の隣の自動販売機で旦那とジュースを飲んでいると、
突然旦那が「今、(俺の)子供がいた」と言い出だした。
訳が分からず聞きなおすと、
「さっき自分の隣で3、4才の男の子がジュースを飲んでいた。何故だか自分の子供だと分かった」と言った。
もちろん私には何も見えなかった。

6月に妊娠した私は、喜んで姉達に報告した。
数ヵ月後に男の子だと判明し、上の姉に再び報告した時に、
「実は○○(私)に電話で妊娠を知らされた直後に、男の子の声で、
 『おばちゃん!俺○○(名前。聞き取れなかった)!よろしく!』
 と声がしたから、絶対男の子だと確信していたんだよ」
と言われた。
下の姉には、
「夢の中で○○の子供を預かったら男の子だったから、男の子かなと思っていたよ」と言われた。

不思議なことってあるんですね。

だって、ママもやってたもん|ブログインデックス

357 :1/4:2007/04/24(火) 22:37:23 ID:2xLUPJJv0
結婚、家庭を巡って、何年にも渡って恐ろしい目に遭った。
先日やっと心が落ち着き、誰かに聞いてほしくてこの話を投稿する次第だ。
長文になることを許してほしい。

元妻と結婚したのが10年ほど前。私の会社でバイトとして入ってきたのが出会いだった。
同棲を経て結婚に至ったのだが、元妻は家族とは仲が悪かった。
お互いの家族には散々反対されたが、私たちはそれを押し切って結婚した。
まもなく子供が生まれた。女の子だった。(仮にAとする)
それから3年ほど経って、第二子が誕生。男の子だった。(仮にBとする)

二人ともすくすくと成長し、Aが来年幼稚園に入園となった年。 Bがよく怪我をするようになった。
擦り傷や打ち身という大したことのない傷だが、
転べば泣き喚くのが子供だろうに、元妻はまったくそういった現場に居合わせていないという。
最初は元妻の虐待を疑ったが、
どんなに子供が泣き喚こうと根気よくなだめたりしていて、ストレスを溜めている様子はなかった。
元妻はBから目を離さないように、料理や洗濯のときも、必ず視界に入る場所にBをいさせるようにした。

ある日、元妻がトイレに行って戻ってきたときのことだった。
Aが嫌がるBの口を手で塞ぎ、顔を力いっぱいつねっていたのだという。
元妻は動転しながらBからAを引き離し、叱ったそうだ。
「どうしてこんなことするの!?」と。
するとAはあっさりとこう答えたそうだ。
「だって、ママもやってたもん」
元妻は背筋が凍ったという。
確かに家族とは仲が悪かったという話は聞いていた。
私たちが結婚するというとき、最後まで止めようとしていたのは妹さんだった。
元妻は否定するが、おそらく妹さんは、元妻にいじめられていたのだろうと、このときおぼろげながら思った。

358 :2/4:2007/04/24(火) 22:39:42 ID:2xLUPJJv0
「ママがそんなことしてたって、どこで聞いたの?」
さりげなく元妻が聞いてみたらしいが、Aはまったく答えなかったという。
ただただ「知ってるから知ってるんだもん!」と叫ぶばかりだったそうだ。
Bの怪我の原因はすべてAだったらしい。
BはすっかりAといるのが嫌になったようで、
Aが部屋に入ってくると、元妻の足元に逃げ込んでくるようになってしまったらしい。

それから元妻は、Bを自分の周りから離さないようにした。
それがさらにAには面白くなかったらしく、とうとう元妻がいる目の前でBを叩いたりするようになった。
止めて叱っても、「ママだってやってたからいいんだもん」と聞く耳を持たない。

そうしている間に、Aが入園の時期を迎えた。
これで少しはBも気楽に家ですごせるだろうと元妻が安堵していると、幼稚園から電話が入ったそうだ。
Aが他の園児と、毎日のようにケンカをしているのだという。
それも、悪口を言い合ったり、多少の取っ組み合いだったりなどという生半可なものではないらしい。
Aとケンカになった園児の一人は、後ろから押されて前のめりに倒れ、口の中を切ったとか、
気の弱い園児は校庭?の真ん中でパンツを脱がされたりと、ハイレベルないじめ行為だったらしい。

元妻は騒ぎの度に幼稚園に行っては謝り、被害者の園児の家に行っては謝り、かなり疲れ果てていた。
幼稚園の先生が叱っても、やはり返事は「ママがやってたことだもん」の一点張り。
当然ながら、元妻の評判は園内ではガタ落ち.
それも元妻の負担になっていた。
家に帰ってきたら帰ってきたで、Bのおもちゃを隠す、壊すなど。
Aは私の言うことにもまったく耳をかさず、元妻もノイローゼ気味になり、とにかく家は家庭崩壊寸前だった。

そんな折、決定的な事件が起こった。
Bが死んだのだ。
私たちが寝ている間の真夜中、寝かしつけたはずのAが、Bの首の上に馬乗りになり、
『おうまさんごっこ』をやっていて、窒息したのが原因だった。
最初は息があった。トイレに起きた私が急いで病院に連れて行ったのだが、助からなかった。
医師にいろいろ聞かれたが、何と話していいかもわからず、わからないとしか言えなかった。

359 :3/4:2007/04/24(火) 22:40:51 ID:2xLUPJJv0
元妻はいよいよ心労が募り、胃を壊したり、高熱を出すことが多くなった。
Bの一件から、Aの様子はほとんどかわらない。
幼稚園から小学校に上がっても、悪戯はエスカレートする一方でしかなかった。
ママがやっていたことだと主張しながら・・・

元妻には悪いと思いつつも、私は元妻の両親に連絡を取り、彼女の子供時代の話を聞くことにした。
Aがあんなになってしまう原因が何かわかれば、と思ったからだ。
私はそれまで元妻の両親とは連絡を取っていなかったが、意を決してAの事をすべて話した。
予想通り、元妻は妹さんをいじめていたらしい。両親に隠れて。
元妻の両親は青ざめて、『確かにいじめてはいたけど・・・そこまで酷いことは・・・』とのこと。
現に妹さんは、結婚して家を出てしまっただけであって健在だ。
だが、妹さんの小さい頃の写真を見せてもらったのだが、Aにそっくりだった。

妹さんとの関連の疑いが濃くなってきたので、
「妹さんに話を聞けないか」と掛け合ってみたところ、電話をしてくれた。
しかし、彼女は両親から話を聞いただけで、私と話すことは拒否。
『関係ない人間に責任を問うのはやめてほしい』と言われてしまったそうだ。
しかし、Aの病気?の原因は元妻と妹さんの関係にある気がしてならない。
私は妹さんに、「元妻は連れて行かない。私とAだけであなたに会いたい」と両親を通して伝えてもらい、
最初は嫌がっていた妹さんだったが、渋々会ってくれることになった。

360 :4/4:2007/04/24(火) 22:42:29 ID:2xLUPJJv0
Aを連れて待ち合わせの場所に着いたとき、妹さんはAの顔を見た途端、絶句した。
自分に似ていることにすぐ気づいたのだろう。彼女もさすがに驚いたらしい。
下手に疑うような目で見るのも失礼だったので、そこには触れずに彼女から過去を聞いた。
具体的な話はできないが、兄弟間の諍い程度で済む話ではなかったことは確かだ。
だからといって、やはりこれをAと結びつけるのにも無理があった。
しかし妹さんも、あまりにも自分に似ているAを見て動揺したようだ。
とりあえずその日は、私は妹さんに私の連絡先を教えて帰った。

帰ったら、またとんでもないことになっていた。
Aが寝込んでいる元妻に馬乗りになっている。
Bの時の悪夢を思い出し、動転しながらAをどかした。
元妻は多少咳き込んだだけで、意識もしっかりしていたし、怪我などもなかった。
私も妻も、この頃には完全に疲れ果てていた。

離婚の話が持ち上がったのが、この事件のすぐ後だった。元妻が限界に達したのだ。
普通の親なら親権を奪い合うものだが、私たちは押し付けあった。
散々もめた挙句、元妻の実家が引き取ることになった。
妻はその後、私の援助を受けながら精神病院に入院し、程なくして自殺してしまった。
Aと妹に罵られ、追い回される夢にうなされ続けたらしい・・・

離婚とともに引っ越して、身の回りが落ち着いた頃、会社に元妻の妹さんから電話が来た。
(当時は携帯は普及してはいたけど持っていなかったので、会社の内線番号を教えていた)
別れたと両親から聞き、気になって連絡を遣したのだという。
元妻が精神病院に入院した後自殺たという話をしたら、なんとも複雑な声で、
『あの・・・つい先日、Aちゃんに会ったときに、『よかったね』って言われたんです・・・
 何のことだかわからなかったけど、ひょっとしてそのことだったのかも・・・』

やっぱりAには、彼女の生霊がついていたんだろうか。
彼女は何も知らない振りをしながら、元妻に復讐したんだろうか・・・
今ではもう妹さんとも連絡は取れず、私も元妻とその周りとはは関わりを絶ったので真相はわからない。
長文ではあったが、これで終了。後味の悪い話ですまない。

二人ともすくすくと成長し、Aが来年幼稚園に入園となった年。 Bがよく怪我をするようになった。
擦り傷や打ち身という大したことのない傷だが、
転べば泣き喚くのが子供だろうに、元妻はまったくそういった現場に居合わせていないという。
最初は元妻の虐待を疑ったが、
どんなに子供が泣き喚こうと根気よくなだめたりしていて、ストレスを溜めている様子はなかった。
元妻はBから目を離さないように、料理や洗濯のときも、必ず視界に入る場所にBをいさせるようにした。

ある日、元妻がトイレに行って戻ってきたときのことだった。
Aが嫌がるBの口を手で塞ぎ、顔を力いっぱいつねっていたのだという。
元妻は動転しながらBからAを引き離し、叱ったそうだ。
「どうしてこんなことするの!?」と。
するとAはあっさりとこう答えたそうだ。
「だって、ママもやってたもん」
元妻は背筋が凍ったという。
確かに家族とは仲が悪かったという話は聞いていた。
私たちが結婚するというとき、最後まで止めようとしていたのは妹さんだった。
元妻は否定するが、おそらく妹さんは、元妻にいじめられていたのだろうと、このときおぼろげながら思った。

358 :2/4:2007/04/24(火) 22:39:42 ID:2xLUPJJv0
「ママがそんなことしてたって、どこで聞いたの?」
さりげなく元妻が聞いてみたらしいが、Aはまったく答えなかったという。
ただただ「知ってるから知ってるんだもん!」と叫ぶばかりだったそうだ。
Bの怪我の原因はすべてAだったらしい。
BはすっかりAといるのが嫌になったようで、
Aが部屋に入ってくると、元妻の足元に逃げ込んでくるようになってしまったらしい。

それから元妻は、Bを自分の周りから離さないようにした。
それがさらにAには面白くなかったらしく、とうとう元妻がいる目の前でBを叩いたりするようになった。
止めて叱っても、「ママだってやってたからいいんだもん」と聞く耳を持たない。

そうしている間に、Aが入園の時期を迎えた。
これで少しはBも気楽に家ですごせるだろうと元妻が安堵していると、幼稚園から電話が入ったそうだ。
Aが他の園児と、毎日のようにケンカをしているのだという。
それも、悪口を言い合ったり、多少の取っ組み合いだったりなどという生半可なものではないらしい。
Aとケンカになった園児の一人は、後ろから押されて前のめりに倒れ、口の中を切ったとか、
気の弱い園児は校庭?の真ん中でパンツを脱がされたりと、ハイレベルないじめ行為だったらしい。

元妻は騒ぎの度に幼稚園に行っては謝り、被害者の園児の家に行っては謝り、かなり疲れ果てていた。
幼稚園の先生が叱っても、やはり返事は「ママがやってたことだもん」の一点張り。
当然ながら、元妻の評判は園内ではガタ落ち.
それも元妻の負担になっていた。
家に帰ってきたら帰ってきたで、Bのおもちゃを隠す、壊すなど。
Aは私の言うことにもまったく耳をかさず、元妻もノイローゼ気味になり、とにかく家は家庭崩壊寸前だった。

そんな折、決定的な事件が起こった。
Bが死んだのだ。
私たちが寝ている間の真夜中、寝かしつけたはずのAが、Bの首の上に馬乗りになり、
『おうまさんごっこ』をやっていて、窒息したのが原因だった。
最初は息があった。トイレに起きた私が急いで病院に連れて行ったのだが、助からなかった。
医師にいろいろ聞かれたが、何と話していいかもわからず、わからないとしか言えなかった。

359 :3/4:2007/04/24(火) 22:40:51 ID:2xLUPJJv0
元妻はいよいよ心労が募り、胃を壊したり、高熱を出すことが多くなった。
Bの一件から、Aの様子はほとんどかわらない。
幼稚園から小学校に上がっても、悪戯はエスカレートする一方でしかなかった。
ママがやっていたことだと主張しながら・・・

元妻には悪いと思いつつも、私は元妻の両親に連絡を取り、彼女の子供時代の話を聞くことにした。
Aがあんなになってしまう原因が何かわかれば、と思ったからだ。
私はそれまで元妻の両親とは連絡を取っていなかったが、意を決してAの事をすべて話した。
予想通り、元妻は妹さんをいじめていたらしい。両親に隠れて。
元妻の両親は青ざめて、『確かにいじめてはいたけど・・・そこまで酷いことは・・・』とのこと。
現に妹さんは、結婚して家を出てしまっただけであって健在だ。
だが、妹さんの小さい頃の写真を見せてもらったのだが、Aにそっくりだった。

妹さんとの関連の疑いが濃くなってきたので、
「妹さんに話を聞けないか」と掛け合ってみたところ、電話をしてくれた。
しかし、彼女は両親から話を聞いただけで、私と話すことは拒否。
『関係ない人間に責任を問うのはやめてほしい』と言われてしまったそうだ。
しかし、Aの病気?の原因は元妻と妹さんの関係にある気がしてならない。
私は妹さんに、「元妻は連れて行かない。私とAだけであなたに会いたい」と両親を通して伝えてもらい、
最初は嫌がっていた妹さんだったが、渋々会ってくれることになった。

360 :4/4:2007/04/24(火) 22:42:29 ID:2xLUPJJv0
Aを連れて待ち合わせの場所に着いたとき、妹さんはAの顔を見た途端、絶句した。
自分に似ていることにすぐ気づいたのだろう。彼女もさすがに驚いたらしい。
下手に疑うような目で見るのも失礼だったので、そこには触れずに彼女から過去を聞いた。
具体的な話はできないが、兄弟間の諍い程度で済む話ではなかったことは確かだ。
だからといって、やはりこれをAと結びつけるのにも無理があった。
しかし妹さんも、あまりにも自分に似ているAを見て動揺したようだ。
とりあえずその日は、私は妹さんに私の連絡先を教えて帰った。

帰ったら、またとんでもないことになっていた。
Aが寝込んでいる元妻に馬乗りになっている。
Bの時の悪夢を思い出し、動転しながらAをどかした。
元妻は多少咳き込んだだけで、意識もしっかりしていたし、怪我などもなかった。
私も妻も、この頃には完全に疲れ果てていた。

離婚の話が持ち上がったのが、この事件のすぐ後だった。元妻が限界に達したのだ。
普通の親なら親権を奪い合うものだが、私たちは押し付けあった。
散々もめた挙句、元妻の実家が引き取ることになった。
妻はその後、私の援助を受けながら精神病院に入院し、程なくして自殺してしまった。
Aと妹に罵られ、追い回される夢にうなされ続けたらしい・・・

離婚とともに引っ越して、身の回りが落ち着いた頃、会社に元妻の妹さんから電話が来た。
(当時は携帯は普及してはいたけど持っていなかったので、会社の内線番号を教えていた)
別れたと両親から聞き、気になって連絡を遣したのだという。
元妻が精神病院に入院した後自殺たという話をしたら、なんとも複雑な声で、
『あの・・・つい先日、Aちゃんに会ったときに、『よかったね』って言われたんです・・・
 何のことだかわからなかったけど、ひょっとしてそのことだったのかも・・・』

やっぱりAには、彼女の生霊がついていたんだろうか。
彼女は何も知らない振りをしながら、元妻に復讐したんだろうか・・・
今ではもう妹さんとも連絡は取れず、私も元妻とその周りとはは関わりを絶ったので真相はわからない。
長文ではあったが、これで終了。後味の悪い話ですまない。

暗室|ブログインデックス

777 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:07:31 ID:cddhPkk60
みなさんは『学校の七不思議』なるものを覚えているだろうか?
学校にまつわる怪談が七つあって、全部知ってしまうと死ぬとか、そんな類のものである。
俺の通っていた小学校にも七不思議があった。
ただ、大概はまったく信憑性の無い、というより既存の話を羅列しただけのものだった。
トイレの花子さんとか、理科室の人体模型とか、赤マントとかね。
しかし、そんな我が母校に、一つだけオリジナルの七不思議があった。
それがこれから話す『暗室』の話である。
少々長くなると予想されるので、面倒な人はスルーしてくれて構わない。
今でも俺はこの事件がトラウマで、真っ暗な部屋では眠れないw

さて、その暗室の話とは、超簡潔にまとめると、
「午後3時35分に、その部屋の中からノックするような音が聞こえる。
 これにノックを返してしまうと、『暗室』の中に引きずり込まれる」
というものなのだが、一応以下にその詳細を書いておく

778 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:09:51 ID:cddhPkk60
昔、まだ体罰なんかが普通に実施されていた頃、この小学校にとても厳しいTという先生がいた。
T先生は授業中にうるさくしたり、何かいけないことをした児童を罰する時、
決まってある部屋に閉じ込めるということをした。
その部屋は特別な暗室で、窓は無く、ドアも小窓のついていない鉄製のもので、内側に鍵がついていなかった。
このため、児童を中に閉じ込めると、外から鍵を開けない限り外に出ることはできない。
照明のスイッチは外にあるため、完全な暗闇の中に放置されることになる。
小学生にしてみればこの罰はかなり厳しく、酷なものであった。

ある時、T先生が叱った児童の中に、暗所恐怖症の男の子がいた。
T先生はいつものようにこの子を暗室に閉じ込めようとしたが、少年は狂ったように暴れてなかなかうまくいかない。
それでもなんとか無理矢理部屋に押し込んで鍵をかけると、中からドアを「ドンドン!」と激しく叩く音がした。
T先生はそのまま何事もなかったかのように仕事に戻った。

ようやくT先生が少年を開放しに行くと、部屋の中央で彼は冷たくなっていた。
少年はショックで嘔吐しており、その際に喉がつまり窒息死していたのだ。
当然子供の両親は、学校とT先生を激しく糾弾し、結局先生は小学校を辞めることとなった。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:10:45 ID:cddhPkk60
T先生が辞めた後、その暗室が使われることはなくなった。
児童も他の先生達も、気味悪がって近寄ることすらしない。

やがてその部屋の存在すら忘れられかけた頃、ある日を境に、部屋から凄まじい腐臭が発せられるようになった。
T先生を知る何人かの教職員は、まさかと思い、児童が全員帰宅した後で部屋を開けた。
案の定そこには、首を吊って天井からぶら下がる、腐乱したT先生の遺体があった。
床には遺書。自殺だった。
しかし、一つだけ奇妙なことがあった。
先ほど説明したように、この部屋には内側に鍵が無い。
にもかかわらず、部屋の鍵は閉まっていたのである。

そんな奇妙な自殺騒動が収まらぬうちに、今度は学校中で不気味な噂が流れ出した。
「ある時刻になると、あの部屋のドアが、バンバンと物凄い勢いで内側から叩かれている」
実際、児童だけでなく、先生や用務員の人達の中にもこれを体験した人はおり、
特に同じ1階に休憩室のある用務員の人たちはかなり怯えていた。

そしてついにある日、犠牲者が出た。校舎内で、Aという児童が忽然と姿を消したのである。
1時間後、彼は全身を震わせながら、暗室のドアの前に座り込んでいた。その体からは酷い腐臭がした。
以来、
「あの部屋では死んだ少年が閉じ込められた時刻、すなわち3時35分になると、
 ドアを激しく叩く音がし、それに答えてしまうと中に引きずり込まれ、閉じ込められてしまう」
という噂が、児童たちの間でささやかれるようになったのである・・・

780 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:12:16 ID:cddhPkk60
さて、話を俺の小学生時代に戻そう。

実を言うとこの暗室、俺が小学校に上がった頃には、すでに存在しない部屋となっていた。
いや、別に取り壊されたとかそういうことじゃない。
ただ、暗室のドアがあったと思しき場所は、コンクリートで完全に塞がれ、壁と同じように塗られていた。
もちろん、学校の間取り図にも、暗室らしき部屋の存在は記されていない。
文字通り存在しない部屋というわけだ。知らない人から見れば、ドアがあった場所などただの壁である。
ただ、後から塞いだドアの跡は、よく見ればはっきりとわかったし、
実際、他の児童たちの間でもその場所は有名だった。

そんな存在しない部屋の正体を掴もうなどと、少々無茶な提案をしてきたのは、
当時の俺の友達で、小学生の分際でオカルト好きという変人の、Hという女の子だった。
Hいわく、「何かあった時に男手があった方が心強いから」ということらしい。
別に俺、そんなに頑強な少年じゃなかったけどね。
俺自身は、特にその話自体に興味はなかったのだが、なんとなく二つ返事でOKしてしまった。
こうして謎の部屋の正体を掴むべく、俺とHは動き出したわけである。

壁の向こうからノックのような音が聞こえてくるのが、3時35分だったため、
俺達は5限で授業が終わる日を選んで実行することにした。
ノックが聞こえるかどうかを確かめ、聞こえたらそれに答えてみよう。というのがHの意見だった。
「おいおいそれってマズいんじゃなかったっけ?」と俺。
「そのためにアンタを呼んだんでしょ」とH。

781 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:13:08 ID:cddhPkk60
そして、あっという間に時間は過ぎ、3時35分になった。
と同時に、俺とHが「お」と小さく呟く。
・・・ドン・・・・ドンドン・・ドン・・・・・
微かに壁の向こうから音がする。
ノックと形容するには激しすぎる。
むしろ中に閉じ込められた少年が、死に物狂いで助けを求めるかのような・・・
音に聞き入ったまま動けずにいると、Hがいつの間にか壁の正面に立っていた。右手を軽く上げる。
「おい・・・」という俺の制止は無視され、Hは二、三度軽く壁をノックする。
途端にピタッと音が止んだ。放課後の廊下に静寂が戻る。奇妙に感じるほどの静寂が。
と次の瞬間、壁が真っ黒になっていた。
否、コンクリートの壁が、そしてその奥にあるはずのドアが、消失していた。
真っ黒に見えたのは中にある、いや、あったかもしれない部屋が完全な闇だからだ。
外からの光すら飲み込んでしまう闇。
何年も、いや、何十年もの間、決して光が当たることのなかった部屋と、そこに閉じ込められていた『何か』の慟哭。
闇の奥底から響いてくる壮絶な悲鳴と、Hの悲鳴が聞こえてきたのは、ほぼ同じタイミングだった。

782 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:14:10 ID:cddhPkk60
Hは部屋に引きずり込まれそうになっていた。闇の淵からHの脚を掴んでいるのは腐乱した手。成人男性の手だ。
Hも俺も、そして闇の中の何かも悲鳴を上げ絶叫していた。
しかし、他の大人たちが駆けつけてくる気配はない。
あるいは、先刻の静寂の時点でおかしいと気づくべきだったのかもしれない。
しかし、そんなことを考えている余裕はなかった。
何しろ、目の前でHが引きずり込まれようとしているのだ。形容しがたい恐怖が俺を襲った。
とっさにHの腕を掴み、逆に引っ張った。脚と腕の引っ張り合い。
当然Hは痛そうで、そして怖そうな顔をしていた。
やがて男の腕はふくらはぎからくるぶしへと滑り、足首を掴んだかと思うと今度は靴を掴み、
最後には靴が脚から抜けて闇の中へと吸い込まれていった。
慟哭が破壊的なまでに強くなった気がした。

そして気がつくと俺とHは、
コンクリートで塞がれた、かつて部屋があったかもしれない場所の前で、二人して泣いていた。
時刻は3時36分。どうやら二人とも、運良く引きずり込まれずに済んだようだった。
Hの靴は片方なくなっていたが。

二人して泣きまくっているのに気がついた用務員のオバサンが、俺達に近づいてきた。
そして俺達から数メートルほどのところでふと立ち止まって、顔をしかめたかと思うと、
今度は見る見るうちに顔が青ざめていく。
そして大急ぎで職員室へと駆けていき、やがて俺達の周りは人でいっぱいになった。

その後のことは俺もよく覚えていない。
大泣きしていたし、周りの人たちはなにやら騒ぎまくってるし。
ただすぐに温かい飲み物が差し出されて、それ飲んで安心したのは覚えてる。
あと、救急車で病院に運ばれたことも。

783 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:15:39 ID:cddhPkk60
俺とHは、しばらくの間入院することになった。外傷は二人ともなかったが、精神のケアのためだ。
入院中、担任の先生と両親、それから年配の男の人が面会に来た。
担任は男を、「昔小学校にいた先生だよ」と紹介した。
両親はすでに話を聞かされているらしく、男が話を始めると、そそくさと部屋から出ていった。
彼は俺とHに、俺達の見たものはおそらく現実だということ。
しかし、きっと夢や幻と考えた方が、この先悩んだり苦しんだりしなくて済むだろうから、
そう考えなさいということ。
もう面白半分で、あの部屋で起こったことを語ってはいけないということ。
そして、あの部屋で一体何が起こったのか。その全てを話してくれた。

俺達は神妙になってその話を聞き、
そして彼の言葉通り、その後学校に戻っても、
二度と暗室に近寄ることもしなければ、話すこともしなかった。

これでこの話はおしまい。長文でしかも大したオチもなくマジでスマソ。
ちなみに俺は、中学からは東京の方に引っ越して、(たぶん親も怖かったんだろうなw)
そのまま高校も大学も東京の学校に行ったので、その後あの『暗室』がどうなったかは知らない。
ただ、最近その小学校の名前でググッてみたら、校舎の様相が俺のいた頃と完全に変わっていたので、
たぶん改装したか、あるいは校舎を移したかなんかしたんだと思う。

ただ、いまだに真っ暗闇な部屋は怖い。さすがに当時ほどではなくなったけどね。
あとHいわく、「アレはとにかく寒くて寒くて仕方がなかった」んだそうな。

あ、ちなみに、七不思議で語られてる、部屋の噂に関する真偽のほどは俺も知らん。
ただ、その部屋で児童が死んだってのは確かみたい。
閉じ込められた少年の恨みがT先生も巻き込んだのか、それとも元から何かよくない部屋だったのか。
あるいはその両方かもしれんね。

778 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:09:51 ID:cddhPkk60
昔、まだ体罰なんかが普通に実施されていた頃、この小学校にとても厳しいTという先生がいた。
T先生は授業中にうるさくしたり、何かいけないことをした児童を罰する時、
決まってある部屋に閉じ込めるということをした。
その部屋は特別な暗室で、窓は無く、ドアも小窓のついていない鉄製のもので、内側に鍵がついていなかった。
このため、児童を中に閉じ込めると、外から鍵を開けない限り外に出ることはできない。
照明のスイッチは外にあるため、完全な暗闇の中に放置されることになる。
小学生にしてみればこの罰はかなり厳しく、酷なものであった。

ある時、T先生が叱った児童の中に、暗所恐怖症の男の子がいた。
T先生はいつものようにこの子を暗室に閉じ込めようとしたが、少年は狂ったように暴れてなかなかうまくいかない。
それでもなんとか無理矢理部屋に押し込んで鍵をかけると、中からドアを「ドンドン!」と激しく叩く音がした。
T先生はそのまま何事もなかったかのように仕事に戻った。

ようやくT先生が少年を開放しに行くと、部屋の中央で彼は冷たくなっていた。
少年はショックで嘔吐しており、その際に喉がつまり窒息死していたのだ。
当然子供の両親は、学校とT先生を激しく糾弾し、結局先生は小学校を辞めることとなった。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:10:45 ID:cddhPkk60
T先生が辞めた後、その暗室が使われることはなくなった。
児童も他の先生達も、気味悪がって近寄ることすらしない。

やがてその部屋の存在すら忘れられかけた頃、ある日を境に、部屋から凄まじい腐臭が発せられるようになった。
T先生を知る何人かの教職員は、まさかと思い、児童が全員帰宅した後で部屋を開けた。
案の定そこには、首を吊って天井からぶら下がる、腐乱したT先生の遺体があった。
床には遺書。自殺だった。
しかし、一つだけ奇妙なことがあった。
先ほど説明したように、この部屋には内側に鍵が無い。
にもかかわらず、部屋の鍵は閉まっていたのである。

そんな奇妙な自殺騒動が収まらぬうちに、今度は学校中で不気味な噂が流れ出した。
「ある時刻になると、あの部屋のドアが、バンバンと物凄い勢いで内側から叩かれている」
実際、児童だけでなく、先生や用務員の人達の中にもこれを体験した人はおり、
特に同じ1階に休憩室のある用務員の人たちはかなり怯えていた。

そしてついにある日、犠牲者が出た。校舎内で、Aという児童が忽然と姿を消したのである。
1時間後、彼は全身を震わせながら、暗室のドアの前に座り込んでいた。その体からは酷い腐臭がした。
以来、
「あの部屋では死んだ少年が閉じ込められた時刻、すなわち3時35分になると、
 ドアを激しく叩く音がし、それに答えてしまうと中に引きずり込まれ、閉じ込められてしまう」
という噂が、児童たちの間でささやかれるようになったのである・・・

780 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:12:16 ID:cddhPkk60
さて、話を俺の小学生時代に戻そう。

実を言うとこの暗室、俺が小学校に上がった頃には、すでに存在しない部屋となっていた。
いや、別に取り壊されたとかそういうことじゃない。
ただ、暗室のドアがあったと思しき場所は、コンクリートで完全に塞がれ、壁と同じように塗られていた。
もちろん、学校の間取り図にも、暗室らしき部屋の存在は記されていない。
文字通り存在しない部屋というわけだ。知らない人から見れば、ドアがあった場所などただの壁である。
ただ、後から塞いだドアの跡は、よく見ればはっきりとわかったし、
実際、他の児童たちの間でもその場所は有名だった。

そんな存在しない部屋の正体を掴もうなどと、少々無茶な提案をしてきたのは、
当時の俺の友達で、小学生の分際でオカルト好きという変人の、Hという女の子だった。
Hいわく、「何かあった時に男手があった方が心強いから」ということらしい。
別に俺、そんなに頑強な少年じゃなかったけどね。
俺自身は、特にその話自体に興味はなかったのだが、なんとなく二つ返事でOKしてしまった。
こうして謎の部屋の正体を掴むべく、俺とHは動き出したわけである。

壁の向こうからノックのような音が聞こえてくるのが、3時35分だったため、
俺達は5限で授業が終わる日を選んで実行することにした。
ノックが聞こえるかどうかを確かめ、聞こえたらそれに答えてみよう。というのがHの意見だった。
「おいおいそれってマズいんじゃなかったっけ?」と俺。
「そのためにアンタを呼んだんでしょ」とH。

781 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:13:08 ID:cddhPkk60
そして、あっという間に時間は過ぎ、3時35分になった。
と同時に、俺とHが「お」と小さく呟く。
・・・ドン・・・・ドンドン・・ドン・・・・・
微かに壁の向こうから音がする。
ノックと形容するには激しすぎる。
むしろ中に閉じ込められた少年が、死に物狂いで助けを求めるかのような・・・
音に聞き入ったまま動けずにいると、Hがいつの間にか壁の正面に立っていた。右手を軽く上げる。
「おい・・・」という俺の制止は無視され、Hは二、三度軽く壁をノックする。
途端にピタッと音が止んだ。放課後の廊下に静寂が戻る。奇妙に感じるほどの静寂が。
と次の瞬間、壁が真っ黒になっていた。
否、コンクリートの壁が、そしてその奥にあるはずのドアが、消失していた。
真っ黒に見えたのは中にある、いや、あったかもしれない部屋が完全な闇だからだ。
外からの光すら飲み込んでしまう闇。
何年も、いや、何十年もの間、決して光が当たることのなかった部屋と、そこに閉じ込められていた『何か』の慟哭。
闇の奥底から響いてくる壮絶な悲鳴と、Hの悲鳴が聞こえてきたのは、ほぼ同じタイミングだった。

782 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:14:10 ID:cddhPkk60
Hは部屋に引きずり込まれそうになっていた。闇の淵からHの脚を掴んでいるのは腐乱した手。成人男性の手だ。
Hも俺も、そして闇の中の何かも悲鳴を上げ絶叫していた。
しかし、他の大人たちが駆けつけてくる気配はない。
あるいは、先刻の静寂の時点でおかしいと気づくべきだったのかもしれない。
しかし、そんなことを考えている余裕はなかった。
何しろ、目の前でHが引きずり込まれようとしているのだ。形容しがたい恐怖が俺を襲った。
とっさにHの腕を掴み、逆に引っ張った。脚と腕の引っ張り合い。
当然Hは痛そうで、そして怖そうな顔をしていた。
やがて男の腕はふくらはぎからくるぶしへと滑り、足首を掴んだかと思うと今度は靴を掴み、
最後には靴が脚から抜けて闇の中へと吸い込まれていった。
慟哭が破壊的なまでに強くなった気がした。

そして気がつくと俺とHは、
コンクリートで塞がれた、かつて部屋があったかもしれない場所の前で、二人して泣いていた。
時刻は3時36分。どうやら二人とも、運良く引きずり込まれずに済んだようだった。
Hの靴は片方なくなっていたが。

二人して泣きまくっているのに気がついた用務員のオバサンが、俺達に近づいてきた。
そして俺達から数メートルほどのところでふと立ち止まって、顔をしかめたかと思うと、
今度は見る見るうちに顔が青ざめていく。
そして大急ぎで職員室へと駆けていき、やがて俺達の周りは人でいっぱいになった。

その後のことは俺もよく覚えていない。
大泣きしていたし、周りの人たちはなにやら騒ぎまくってるし。
ただすぐに温かい飲み物が差し出されて、それ飲んで安心したのは覚えてる。
あと、救急車で病院に運ばれたことも。

783 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:15:39 ID:cddhPkk60
俺とHは、しばらくの間入院することになった。外傷は二人ともなかったが、精神のケアのためだ。
入院中、担任の先生と両親、それから年配の男の人が面会に来た。
担任は男を、「昔小学校にいた先生だよ」と紹介した。
両親はすでに話を聞かされているらしく、男が話を始めると、そそくさと部屋から出ていった。
彼は俺とHに、俺達の見たものはおそらく現実だということ。
しかし、きっと夢や幻と考えた方が、この先悩んだり苦しんだりしなくて済むだろうから、
そう考えなさいということ。
もう面白半分で、あの部屋で起こったことを語ってはいけないということ。
そして、あの部屋で一体何が起こったのか。その全てを話してくれた。

俺達は神妙になってその話を聞き、
そして彼の言葉通り、その後学校に戻っても、
二度と暗室に近寄ることもしなければ、話すこともしなかった。

これでこの話はおしまい。長文でしかも大したオチもなくマジでスマソ。
ちなみに俺は、中学からは東京の方に引っ越して、(たぶん親も怖かったんだろうなw)
そのまま高校も大学も東京の学校に行ったので、その後あの『暗室』がどうなったかは知らない。
ただ、最近その小学校の名前でググッてみたら、校舎の様相が俺のいた頃と完全に変わっていたので、
たぶん改装したか、あるいは校舎を移したかなんかしたんだと思う。

ただ、いまだに真っ暗闇な部屋は怖い。さすがに当時ほどではなくなったけどね。
あとHいわく、「アレはとにかく寒くて寒くて仕方がなかった」んだそうな。

あ、ちなみに、七不思議で語られてる、部屋の噂に関する真偽のほどは俺も知らん。
ただ、その部屋で児童が死んだってのは確かみたい。
閉じ込められた少年の恨みがT先生も巻き込んだのか、それとも元から何かよくない部屋だったのか。
あるいはその両方かもしれんね。

姪と人形(後編)|ブログインデックス

266 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 10:23:51 ID:4trCimcHO
(ゐ)
ここで、当時のオレの状況を説明しておく
姉の家に居候していた時、オレは離婚を機にそれまで15年勤めた会社を辞めていた
結婚と同じ様に、離婚もまた体力と精神力を消耗する
しかも結婚は二人の共同作業だが、離婚は独りの戦いになる
疲れていた、心身共に
退職金は丸々元妻に渡したが、失業手当は 三ヶ月は出るのだし
前に来て、この街の風景が気に入っていたから、少し静養するつもりだった、
もちろん三ヶ月丸々ここに居座るつもりはなかったが
丁度、旦那が単身赴任、姉夫婦にとっても悪い話ではなかった、いわゆる番犬がわりだ
ことわっておくが、オレは腕に自信はない、非戦闘民族だ
オカルトは好きだが、呪文などしらない
そして疲れてもいた
この状況下でオレに何ができたろう
全てが見間違い、勘違いの世界ではなかったか
今、他人と変わりない日常を送っているオレはそう思う、あれは本当に現実のことだったのか
だからこうして書く、一つひとつ、当時の事を思い出しながら

311 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 19:01:46 ID:EyYAYZ9pO
(お)
話をその晩に戻す
人形はオレの顔の前にあった
オレは金縛りにあったように動けない
今まで、金縛り、って現象に出会った事は何度かあった
だけど、瞼を閉じることも出来ない、そんな金縛りははじめてだった
それに、姪が呟いている、この言葉は何語だ?
もとより西洋圏の言葉でないのはわかる
でも、中国、韓国、そんな言葉でもない
強いて言えばやはり日本語か
も少し、日本語勉強しとくべきだった
ソミンって言葉、皆知ってるか?
当時のオレは全く知らなかった

358 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 13:05:47 ID:lIDi5ZYHO
(く)
結局、そのまま人形とにらめっこをしているわけにもいかず、オレはいつしか寝てしまったようだ
瞼が閉じれた所までは覚えている
朝起きるとオレと姪の布団の間にその人形が置かれてあった
その時、改めてくだらない事に気が付いた、人形って、いつ寝るのだろうか
隣に寝ている姪もまた、目を開けてジッと天井を見ていた、この子は昨夜寝たんだろうか
昨夜の事が、夢か現実なのかよく解らないまま、甥を起こし、三人で階下に降りた
いつものように朝食が出来ていた
姉は首の下、二の腕に以前あの斑紋はあったが、今朝は心なしか気分がいいように見えた
それに姪があの人形を抱いていることにも、何も言わなかった
むしろ、甥の方があの人形を部屋に置いてくるように、しつこく妹に言っていた

361 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 13:59:22 ID:lIDi5ZYHO
(や)
食事の後、甥がやってきてオレの耳元で囁いた
昨日の夜は怖かったでしょ、と
見ていたらしい、昨夜の事を
そこでオレは改めて、あれが夢ではなかったと思うと共に、あの人形がどうして再びこの家に来たのかを思った
あの神社に人形を戻しに行った日から、姪は神社に行く時間など無い
強いて言えば昨日オレが本屋に行ったときか
だが姪も姉も出掛けた様子はなかったが
甥はその時間、学校のプールに行っていて、知らないという

姪が人形を抱いて玄関を出るのが見えた
どこへ行くのかと思えば母屋へ行ったらしい
この家、母屋と反対側に玄関がある
つまり通りに面してそれぞれに玄関があるわけだ
通りに出ても互いに行き来はできるが、普段は庭を突っ切って、互いの茶の間から出入りしている
だから姪がわざわざ通りに出るのを見て、回りくどいことだと思った

その姪が、今度は母屋の茶の間から出てきて、祖父の(彼女から見て)手を引いて庭に降りてくるのが見えた
どうやら蔵に入るらしい
人形の事は一時忘れて、オレは好奇心に駆られた
あの薄茶の土壁の蔵、オレも前々から興味を持っていたが、まだ入った耕とはなかった
オレはさっそく甥を誘って庭に降りた

363 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 14:39:57 ID:lIDi5ZYHO
(ま)
蔵には普段は黒くてゴツい鍵が掛けられているのだが、思った通りその時は外されて扉は開け放たれていた
オレは中にいる老人に軽く会釈をすると、甥とともに中に入った
何を出すのか、とオレは聞いた、手伝いますとも
老人の話では、そんなにたいそうな物ではないらしい
これくらいの、と言って彼は胸の前に手を広げて見せた
小さな木の箱らしい
姪の方を見ながら、どこに仕舞ったか覚えとらんぞ、というような事を言って、またそこいらを探し始めた
甥が妹に、何を探させているのかと聞いた
姪が答える
ソミンショウライフ
ゴズテンノウサイモン
何語だそれ?
ゴズテンノウはわかったが後の言葉は解らなかった
だが姪はかなり明瞭にその言葉を言った
そして甥もまた、ジィチャン、あれ蔵に入れてるのか、バチあたるぞ、そんな意味の事を言った
爺様答えて、古いやつはな。

蔵には他にも鎧甲やら長持ちやら、興味を引きそうな物が色々とあったが
その聞き慣れない言葉に、幾分かの肌寒さとともにオレの耳は釘付けになった

381 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 09:38:00 ID:elI4xrjkO
(け)
蘇民将来符、そういう字を書くそうだ
オレにとっては、その言葉、聞くのも初めてだったし、その実物を見るのも初めてだった
それを納めた箱は幾つもあった
何れも中に納めた将来符は大きさもまちまちだった
ただ形は断面が六角形であり、先が尖って、何かチビた鉛筆のようだった
その鉛筆の腹には絵と文字が書いてある
中には飴色をしたものもあり、その色からして相当古そうな物もある
牛頭天皇祭文、こちらの方は将来符の縁起を記したもの
牛頭天皇、今は素戔嗚尊と同一視される事が多い
蘇民に茅の穂を渡し、我は素戔嗚尊なり、そう言って去っていった風来坊
何れも、信濃、今の長野県の国分寺が有名なので、ググればすぐ見つかるから興味がある方は引いてみるといいだろう
国分寺では、毎年一月の7日と8日にその護符が配布?されるそうだ
効能は災難を取り除く?
但し表面に書かれた言葉によって多少、その意味が違うそうだが

382 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 10:24:15 ID:elI4xrjkO
(ふ)
小難しい話は少し置く
実際、当時、友人(めんどくさいから、以後、メタギアのオタコンにするな、実際よく似てる)
からの情報では、あまりに聞き慣れない漢字が多く、その場ではよく理解できなかった

ただ何故、姪がそんな物を欲しがったのか
それは爺様の次の言葉で合点がいった
母さん早く良くなるといいな、と
なる程、疫病にとらわれていたが、病全般に効くものものだろ、この将来符とやらは
翌日は、病院へ姉の検査の結果を聞きに行く

408 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 23:43:58 ID:elI4xrjkO
(こ)
姪はその将来符の内、手のひらに収まる位の、一番小さいものを手に取ると、それを人形の帯に挟み込んだ
人形の不思議さがまた一段増した気がした。
聞いたところでは、本来は将来符というのは、家の中、神棚や鴨居の上に並べ立てて置くものだそうだ
けれどその家では何年か前の、静岡に地震が頻発した際に落ちてきて、
太い鉛筆のような尖った先端が爺様の頭を直撃したそうで、以来、箱に収めて蔵に入れたそうである
材質は主に柳だそうだが、他に桐やタラも使うそうだ、何れ大きなやつならば、結構重かろう

蔵を辞すとオレは甥を連れて姉の家に戻った
姪の方は母屋の子供と遊ぶと言い、爺様と母屋に向かった
途中、井戸の横を通り過ぎる、祠にその日は桃が備えられていた、昨日は何だったろうか。
家に戻ると姉が今し方、地震があったと言う、けっこう揺れたと。
確かに蔵というものは堅牢な造りのものだというが、
それにしても中には細々としたものがいくらも積まれてあって、それらがカタリともしなかった。
先の夜の事があったから、甥の口は開けたままになった。

409 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 23:47:24 ID:elI4xrjkO
(え)
家鳴り、その殆どは排水溝や、近くを走る高速道路などの振動が、ある特定の場所に伝わるもの、
つまり一種の共鳴現象だ。
だが、そうとも言えない、とても共鳴とは言えないほどの揺れを体験した人もいるという、日本にも外国にも。
家鳴りとは違うが、昔、山に行ったとき、麓の河原の側で一泊した
オレ達以外に野営している者は付近にはいなかった
近くに古びた神社があった
閂が差し込んであるだけだったので、面白半分に友人と忍び込んだ
暫くして板壁の左右、後ろを、モノ凄い勢いで叩かれた、地震なのか、獣でも壁に突っ込んだのか、今もって解らない

とにかくオレは部屋に戻ると、机の上に念のために水を入れたコップを置いた
その時に、出来ることがあれば、取り合えずやってみる主義だ
一時間程して姪が戻ってきた
スーパーの袋に、母屋から桃を貰ったと、幾つか入れて帰ってきた、たぶん祠に供えてあったのと同じ桃だろう
何故か姪は、夕食を前にしてそれを剥けとせがんだ
よく冷えた桃だったが、一つだけヌルイのがあった、祠に供えてあったものだろうか。

410 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 23:58:49 ID:elI4xrjkO
(て)
その晩、コップの水に波紋はでなかった
今日もオレの部屋で寝る甥と姪は、始終、興味深げにコップの表面を眺めていた
姪は、今日は人形を持ってこなかった、部屋に置いてきたと言う。

翌日、姉と、姪を連れて病院に向かった
病院という所は意外と病気を貰うところで、姉は姪を連れて行くのは嫌がったが、
何故かオレは目を離すのが不安で、強いて連れて行くことにした
甥は母屋に預けた
何となく、誰かをこの家に一人で残しておくのが不安だった

検査の結果を説明された、この時はオレも一緒に病室に入った
姪は待合室に残したが
医者の説明では、確かに肝臓が少し腫れているようだと言う
しかし血液検査では何も見受けられなかったとも
当時のその時点では、肝炎もなく、しかし急激な発症例からすると、肝吸虫症、肝ジストマ症が考えられると言う
胆管に寄生する寄生虫らしい
即、検査入院を勧められたが、事情を話して明日にしてもらった
今となっては、その判断は後悔している。
家に戻り、明日の入院の用意をしている時、姉はいきなり倒れた
オレは救急車を呼び、甥を母屋に走らせた

義兄が到着したのは、その晩も更けようとしている頃だった。

411 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 00:36:22 ID:N0Cvsa28O
(あ)
義兄は既に病院に立ち寄ってきたそうだ
担当医はいなかったが、看護士の話では、便検査が必要との事、
便採取は姉が倒れていた間に済ませており、明後日には結果が出るとの事
そして今は命に云々という状態ではなく、比較的落ち着いてるとの事
それを聞いて義兄は取り合えず家に戻ったわけだ
一通り、話が一段落した後、オレはあの神社の事を彼に聞きたくなった
場合が場合だから、オレの思った事をそのまま聞いたならば、
こんな時になにをバカな事を、と一喝されるのは分かっていたから、なるべく婉曲に、世間話に織り交ぜて。
それでも不快かとも思ったが、以外にも義兄は話に乗ってきた

以下、義兄の話
あの神社の奥、一般に神の場所とされている所に、井戸があるそうだ
人はその水は飲むことが出来ない、所謂、神の水という事らしい
その井戸の傍で、義兄の同級生、当時、小学五年生くらいだったらしい、が猫を捨てたそうだ
捨てたというよりも、箱に入れて、そこで育てるつもりだったらしい。
その同級生は、仲のよかった義兄に、その事をそっと耳打ちしたらしい
義兄も二、三日の内にはその猫を見に行くつもりだったらしい。

414 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 01:56:08 ID:N0Cvsa28O
(さ)
猫に関連する話
その話、当時の地方新聞にも書かれた事なので、あまり詳しくは書けない
ただ、義兄は、その日もその同級生が猫に餌をやりに、あの神社に行くことは知っていたそうだ
だけどその同級生は、その日、家に戻らなかったそうだ
当然、男子行方不明、学校でも朝礼でその話が出たし、新聞にも載った
両親も、いずれは見つかると思うだろう、
ずいぶん長い間、その土地に住んでいたらしいけど、やがて諦めたのか、他の土地に引っ越したらしい
で、猫の事だが、箱に入れられた猫は、首が切断された状態で、箱に納まっていたそうだ
もっとも、猫の件は、新聞ネタなのか、クラスの怪談ネタなのかはっきりしないが
だから、義兄に言わせると、あの場所は人が入ってはいけない場所だそうな
そう言われると、余計に入ってみたくなる、オレの性分

432 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 02:38:23 ID:Qir2PlimO
(き)
ここで、病院の話に出た肝吸虫症について、雑学程度だがも少し書いておきたい
この寄生虫、まずタニシなどの貝に寄生するそうだ、
そしてその貝を食べた鯉やフナなどを加熱せずに食べると、人間を宿主として胆管に留まる
潜伏期間は6~8週間位だそうで、発症しても初期の頃は自覚症状が無いことが多いそうだ
但し重度になると死亡するケースもある
日本ではあまり例がない病気だが、
韓国から中国、マレーシア、カンボジアと、中央、東南アジア圏によく見られるらしい。
8週間前と言えばオレが来る前の事だが
しかし海外に旅行したとは聞かないし
食べ物にしても、姉は元来、生物はあまり口にしない方で、まして川魚の洗いなどは食べないだろう
子供の頃、父方の実家に行くと、よく鯉濃を出してくれた
交通の便が悪い、山の中の事だったから、せめての滋養、ご馳走だったのだろう。
だが姉は、生臭い、泥臭い、と言ってガンとして食べなかった。

義兄がシャワーを浴びるため、話は一時中断した
浴室に向かう前に二階に上がったようだ
書斎に荷物を置きに行ったのと、今日もオレの部屋で寝ている子供達の様子を見に行ったのだろう

433 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 02:58:55 ID:Qir2PlimO
(ゆ)
その夜、妙な所からあの人形の出所がわかった
あの人形は、おそらくは、棄てたものではないそうである。
あの人形の所有者は、あの神社のはずだ、と。

義兄はシャワーから戻ると、ビールを出して再び話し始めた
今度はオレが尋ねるというより、彼がオレに畳み掛けるといった感じだ
姪の枕元にあった人形を見た義兄は、まず、あの人形はどうしたのかと聞いた
オレが答えるより早く、彼は、あの人形を見たことがあると言った

子供の失踪というのは、身代金の要求とか、表沙汰になるもの以外にも、けっこうあるそうだ、
実数はオレは把握できてはないが。
青年の場合ならば家出、駆け落ちがかなりの割合である
だがそれが比較的低年齢、小学生ぐらいの場合には、親、警察等が先ず考えるのは、事故だ。
義兄の同級生が失踪した当時、まず側にあった井戸が調べられた
神主の立ち合いのもとで。
次に拝殿、社の中だ
同時に、その時同級生が社の奥で猫を飼ってる事を知っていたのは、おそらく義兄だけだったのだろうから、
当然、彼も重要な参考人として、警察官と共にその場に同行していた。
その時に見たそうだ、社の中を。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 03:04:57 ID:Qir2PlimO
(め)
中央に銅鏡のようなものが有って、その前に黄色い稲の穂のようなものがあったそうだ
そして、そのさらに奥、左手に一段低い台、というか棚の様ものがあったそうだ
その棚に、20体ばかりの人形が飾ってあったそうである
顔の造りはまちまちで、中には御河童頭の男の子の人形もある
しかし何れも着物を着ていて、今にして思えば、何となくだか、昭和の初期か大正くらいのものではなかったか、
そう言っていた
確かにあの人形も、オレの祖母の家あったものと同じ、大正時代か昭和の初期の作、
顔は少し扁平だか、何やら気品のある顔立ちだ
作りも今の人形より精巧なような気がする
勿論、オレはその辺りのことは素人なのだか。
後で知った事だが、人形というのは、着物をめくると、腹の部分に、その作者の名前が書いてある事が多いそうな
それを知っていれば、あるいは何かの手掛かりにはなったかも知れない

435 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 03:11:52 ID:Qir2PlimO
(み)
義兄の話に戻す
あの人形、顔の作りも、着物の柄も、あの時、棚の一番上の、端にあった人形によくにてると。

義兄の年齢から考えると、当時の件は昭和の40年代も半ばの頃だろう
当時の日本の農村には、まだ肥壷なんてものが当然あった
あれ、深さが二メートル近くあって、けっこう深いんだ
大抵は、木の蓋がしてあるのだが、中には蓋もして無く、表面がカパカパに乾いていて、
まわりの地面と区別がつかなかったりする
だから、神社からその子の家までの経路、そんな所にも捜査が加えられた
しかし、その子の行方は杳として知れなかった

よく憶えてくれていたと思う、当時の事を
一因として、義兄は、オレと同じメモ魔だったから
一方は、それを武器にして出世したが、また一方は、それがアダとなり、離婚、退職(オレ様)した
話の本筋とは違う、オレの愚痴。
とまれ、話は人形に戻る
その社の人形を見たとき、神主が大雑把に説明してくれたそうだ
その人形の由来を。

457 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 00:34:34 ID:0JEhbnbuO
(し)
神主の話によると、大正の終わり頃、先代の神主の時に、この村でコレラが流行ったそうである
現代の日本では発生も稀だし、症状も軽くに抑えられるが
当時、村、と呼ばれていたこの地域の医療技術や、衛生観念がどの程度のものだったのか。
体力のある壮健な男女は治癒したそうだが、結果的に幼い子供や老人にかなりの死者が出たそうである。
1ヶ月程で流行は下火となったが、その盛りの時に、先代神主が、疫病、災厄除けを、かの神社に祈願したそうである
村中総出のことで、歩ける村人は皆集まったらしい
その時に、既に亡くなってしまった子供らの人形も供養して神社に納める事になったらしい。
つまりその人形達は、その時に亡くなった、全ての子供らの依代みたいなものかも知れなかった
そんな人形を、姪は持ち出してきたのだ。
結局、その時の原因は井戸からと後になってわかったらしい
どこの家でも井戸に蓋がされ使われなくなり、かわりに脇に祠が建てられた
水質検査をして使用できるようになったのは戦後の事らしい。
その夜、姪の枕元にある人形を見ながら、寝床で考えた
でも、何故将来符なんだ
姪なりの供養の仕方なのか。

458 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 00:37:02 ID:0JEhbnbuO
(ゑ)
翌日、昼近くになって、オレ達は車で病院へ向かった
今日は甥と姪も一緒だ
病室に入っていくと、姉は半身を起こして出迎えてくれた、まず子供達が駆け寄っていく
姉は義兄の顔を見ると、少し驚いた顔をしたが嬉しそうだった
久し振りの親子四人の対面
オレは姉に、入院時の足りないものを聞くと、売店に降りて行った
姉に言われたものを買うと、この売店には本屋もある事に気がついた
少し時間を潰そうと思った。
なる程、病院には子供から老人まで、様々の人が入院している
絵本から盆栽の本まで小さいスペースながら、様々なジャンルがあった。
店内を物色している内に、ふと一冊の小誌に目がいった
おそらく自費出版に近いものだろう
装丁もただ厚紙にタイトルの、○○市郷土民族史、と印刷されただけのものだった、著者の欄には○○会とあった
その本を持ってレジに向かった。
病室に戻ると、姉に売店の袋を渡し、いくつかの会話の後、あとは義兄にまかす事にして、オレは病室を出た。
今日はこれから、昨夜聞いた、神社の奥の井戸に行くつもりだった、暗くならない内に。

459 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 00:42:30 ID:0JEhbnbuO
(ひ)
バス停に向かう道々、オレは姉の事を考えた
今日は比較的、楽そうだったが赤い斑紋は増えている気がした
蜘蛛状血管腫と呼ばれているそれは、別名、メデューサの首とも言われている。

車中では、先程買った本を流し読みする。
やはり、昨日聞いたコレラの記述はなかった
市の中では、小さい町だ、あの地域は。
だが、それよりも目を引く記述があった。
天保年間後期、あの地域を、痘瘡、天然痘が襲ったそうだ
最初、災厄は隣の村から来て、あの村に住み着いた
死者の数限りなく、一日に、棺桶が幾つも寺に運ばれる
仕舞には棺が間に合わず、遺体を剥き出しのまま、河原で焼いたそうである
死臭と線香の臭いが混じり合い犬も居なくなったそうだ
同時に、隣村からは閉め出され、村は完全な孤立状態になった

天然痘の不思議なところは、10人の内、4人は病に罹り命を落とす
4人は罹患はするが何とか命は助かる
そして残る二人は、罹患もしないというところがある
生まれつき抗体を持っているのか
その時の詳しい記録は、あの地域で最も古い寺にあると書いてあった
そこまで読んで、オレは思った
あの神社、もしかしてその時に建てられたものじゃないかと。

460 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 01:39:12 ID:0JEhbnbuO
(も)
バスを降りると、オレは荷物をとりに一度姉の家に戻った
ラジオ付きの非常用懐中電灯、五徳ナイフ、オフロードバイク用の革手袋
そして5mと10mの細引き二本、針金とラジオベンチ、タッパーとマグカップ
それがオレのフィールドワークの基本だ

まだ陽は高い、だか少し早足で神社に向かう

夏休みである筈なのに、この神社には大抵、子供は遊んでない
神社の横を通り、さらにその奥、裏手の森に入っていく。
井戸はその中にひっそりとあった
屋根も、釣瓶も桶もない、正に神だけの井戸と言う感じだった。
井戸そのものは、コンクリでも煉瓦でもない、自然石を組み上げたもの
ある程度の時間は経っているだろう、まわりには苔が生えていた
周りは畳6畳ほど開けていて、地面には丸い石が敷き詰められている。
オレはそっと近付いていき、中を覗いてみる
ほんの4、5メートル先で光は届かない
昼間だというのに、森の中は薄暗い
懐中電灯で中を照らしてみる
ずっと下に、あれは水面か、灯りに照らされ反射している
ここで下から、髪を振り乱した女が壁をよじ登ってきたらオレは泡吹いて気を失うだろう
と、どこかの映画のワンシーンを思い浮かべた

463 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 03:31:56 ID:0JEhbnbuO
(せ)
その辺りに落ちている石を拾ってみる、頭上に差し上げ真下に落とす、高さ約2m、下に落ちるまで約20フレーム
その石を今度は井戸の中に落としてみる
一、二、三…と数えて約12、3mか、中に入る気はサラサラ無いが
しかしポチャンと音がした、水はある。
井戸の中を覗いている内に、何だか鼻の奥がツンとなった
いわゆるスポットめぐり、をしている時に、たまに起こるオレの習慣、たぶん感傷だったろう
この神社がオレの想像通り、その時建てられたのなら、何の為にこの井戸が掘られたのか
あの時、無事治癒し、何とか命を拾った者も、結果的には村から追われたそうた゛
わずかばかりの食料を与えられ、山の奥に追われたそうだ、つまりは死ね、ということだ
痘痕がのこり、失明する者もいた、醜い姿になった彼らは、再び村に災厄を呼ぶと言ってね
抗体をもち、再び痘瘡に罹ることはない彼らを。
だが、天然痘は完全に世界から駆逐され、文明と技術の恩恵に溺れているオレ達には、彼らの無知を笑う権利はない

帰る時に改めて気がついた、オレが来た左側とは反対に、左側にも誰かが歩いた跡がある
誰が最近この井戸を覗いたのか

グロ系統じゃないから安心して検索してくれ。

528 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 04:35:41 ID:Ke3p+1fDO
(す)
これは告発ではないよ、全然

その村の歴史
いま、自分達が住んでいる街、100年、わずか百年前はどうだったのか
少し調べてみるといい

無駄なことは全てはぶく
(す)、と、(ん)
およそ200文字、やはり、それで終わらせたい

先を急いでいる人がいるし、オレも少し疲れた
やはりあの時の事、思い起こすのは少しシンドイ
結果的に言うならば
姉は死んだ、そして姪も
はっきり言って、あの家族は崩壊した

残ったのは、甥と彼の弟だけである

311 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 19:01:46 ID:EyYAYZ9pO
(お)
話をその晩に戻す
人形はオレの顔の前にあった
オレは金縛りにあったように動けない
今まで、金縛り、って現象に出会った事は何度かあった
だけど、瞼を閉じることも出来ない、そんな金縛りははじめてだった
それに、姪が呟いている、この言葉は何語だ?
もとより西洋圏の言葉でないのはわかる
でも、中国、韓国、そんな言葉でもない
強いて言えばやはり日本語か
も少し、日本語勉強しとくべきだった
ソミンって言葉、皆知ってるか?
当時のオレは全く知らなかった

358 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 13:05:47 ID:lIDi5ZYHO
(く)
結局、そのまま人形とにらめっこをしているわけにもいかず、オレはいつしか寝てしまったようだ
瞼が閉じれた所までは覚えている
朝起きるとオレと姪の布団の間にその人形が置かれてあった
その時、改めてくだらない事に気が付いた、人形って、いつ寝るのだろうか
隣に寝ている姪もまた、目を開けてジッと天井を見ていた、この子は昨夜寝たんだろうか
昨夜の事が、夢か現実なのかよく解らないまま、甥を起こし、三人で階下に降りた
いつものように朝食が出来ていた
姉は首の下、二の腕に以前あの斑紋はあったが、今朝は心なしか気分がいいように見えた
それに姪があの人形を抱いていることにも、何も言わなかった
むしろ、甥の方があの人形を部屋に置いてくるように、しつこく妹に言っていた

361 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 13:59:22 ID:lIDi5ZYHO
(や)
食事の後、甥がやってきてオレの耳元で囁いた
昨日の夜は怖かったでしょ、と
見ていたらしい、昨夜の事を
そこでオレは改めて、あれが夢ではなかったと思うと共に、あの人形がどうして再びこの家に来たのかを思った
あの神社に人形を戻しに行った日から、姪は神社に行く時間など無い
強いて言えば昨日オレが本屋に行ったときか
だが姪も姉も出掛けた様子はなかったが
甥はその時間、学校のプールに行っていて、知らないという

姪が人形を抱いて玄関を出るのが見えた
どこへ行くのかと思えば母屋へ行ったらしい
この家、母屋と反対側に玄関がある
つまり通りに面してそれぞれに玄関があるわけだ
通りに出ても互いに行き来はできるが、普段は庭を突っ切って、互いの茶の間から出入りしている
だから姪がわざわざ通りに出るのを見て、回りくどいことだと思った

その姪が、今度は母屋の茶の間から出てきて、祖父の(彼女から見て)手を引いて庭に降りてくるのが見えた
どうやら蔵に入るらしい
人形の事は一時忘れて、オレは好奇心に駆られた
あの薄茶の土壁の蔵、オレも前々から興味を持っていたが、まだ入った耕とはなかった
オレはさっそく甥を誘って庭に降りた

363 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 14:39:57 ID:lIDi5ZYHO
(ま)
蔵には普段は黒くてゴツい鍵が掛けられているのだが、思った通りその時は外されて扉は開け放たれていた
オレは中にいる老人に軽く会釈をすると、甥とともに中に入った
何を出すのか、とオレは聞いた、手伝いますとも
老人の話では、そんなにたいそうな物ではないらしい
これくらいの、と言って彼は胸の前に手を広げて見せた
小さな木の箱らしい
姪の方を見ながら、どこに仕舞ったか覚えとらんぞ、というような事を言って、またそこいらを探し始めた
甥が妹に、何を探させているのかと聞いた
姪が答える
ソミンショウライフ
ゴズテンノウサイモン
何語だそれ?
ゴズテンノウはわかったが後の言葉は解らなかった
だが姪はかなり明瞭にその言葉を言った
そして甥もまた、ジィチャン、あれ蔵に入れてるのか、バチあたるぞ、そんな意味の事を言った
爺様答えて、古いやつはな。

蔵には他にも鎧甲やら長持ちやら、興味を引きそうな物が色々とあったが
その聞き慣れない言葉に、幾分かの肌寒さとともにオレの耳は釘付けになった

381 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 09:38:00 ID:elI4xrjkO
(け)
蘇民将来符、そういう字を書くそうだ
オレにとっては、その言葉、聞くのも初めてだったし、その実物を見るのも初めてだった
それを納めた箱は幾つもあった
何れも中に納めた将来符は大きさもまちまちだった
ただ形は断面が六角形であり、先が尖って、何かチビた鉛筆のようだった
その鉛筆の腹には絵と文字が書いてある
中には飴色をしたものもあり、その色からして相当古そうな物もある
牛頭天皇祭文、こちらの方は将来符の縁起を記したもの
牛頭天皇、今は素戔嗚尊と同一視される事が多い
蘇民に茅の穂を渡し、我は素戔嗚尊なり、そう言って去っていった風来坊
何れも、信濃、今の長野県の国分寺が有名なので、ググればすぐ見つかるから興味がある方は引いてみるといいだろう
国分寺では、毎年一月の7日と8日にその護符が配布?されるそうだ
効能は災難を取り除く?
但し表面に書かれた言葉によって多少、その意味が違うそうだが

382 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 10:24:15 ID:elI4xrjkO
(ふ)
小難しい話は少し置く
実際、当時、友人(めんどくさいから、以後、メタギアのオタコンにするな、実際よく似てる)
からの情報では、あまりに聞き慣れない漢字が多く、その場ではよく理解できなかった

ただ何故、姪がそんな物を欲しがったのか
それは爺様の次の言葉で合点がいった
母さん早く良くなるといいな、と
なる程、疫病にとらわれていたが、病全般に効くものものだろ、この将来符とやらは
翌日は、病院へ姉の検査の結果を聞きに行く

408 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 23:43:58 ID:elI4xrjkO
(こ)
姪はその将来符の内、手のひらに収まる位の、一番小さいものを手に取ると、それを人形の帯に挟み込んだ
人形の不思議さがまた一段増した気がした。
聞いたところでは、本来は将来符というのは、家の中、神棚や鴨居の上に並べ立てて置くものだそうだ
けれどその家では何年か前の、静岡に地震が頻発した際に落ちてきて、
太い鉛筆のような尖った先端が爺様の頭を直撃したそうで、以来、箱に収めて蔵に入れたそうである
材質は主に柳だそうだが、他に桐やタラも使うそうだ、何れ大きなやつならば、結構重かろう

蔵を辞すとオレは甥を連れて姉の家に戻った
姪の方は母屋の子供と遊ぶと言い、爺様と母屋に向かった
途中、井戸の横を通り過ぎる、祠にその日は桃が備えられていた、昨日は何だったろうか。
家に戻ると姉が今し方、地震があったと言う、けっこう揺れたと。
確かに蔵というものは堅牢な造りのものだというが、
それにしても中には細々としたものがいくらも積まれてあって、それらがカタリともしなかった。
先の夜の事があったから、甥の口は開けたままになった。

409 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 23:47:24 ID:elI4xrjkO
(え)
家鳴り、その殆どは排水溝や、近くを走る高速道路などの振動が、ある特定の場所に伝わるもの、
つまり一種の共鳴現象だ。
だが、そうとも言えない、とても共鳴とは言えないほどの揺れを体験した人もいるという、日本にも外国にも。
家鳴りとは違うが、昔、山に行ったとき、麓の河原の側で一泊した
オレ達以外に野営している者は付近にはいなかった
近くに古びた神社があった
閂が差し込んであるだけだったので、面白半分に友人と忍び込んだ
暫くして板壁の左右、後ろを、モノ凄い勢いで叩かれた、地震なのか、獣でも壁に突っ込んだのか、今もって解らない

とにかくオレは部屋に戻ると、机の上に念のために水を入れたコップを置いた
その時に、出来ることがあれば、取り合えずやってみる主義だ
一時間程して姪が戻ってきた
スーパーの袋に、母屋から桃を貰ったと、幾つか入れて帰ってきた、たぶん祠に供えてあったのと同じ桃だろう
何故か姪は、夕食を前にしてそれを剥けとせがんだ
よく冷えた桃だったが、一つだけヌルイのがあった、祠に供えてあったものだろうか。

410 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 23:58:49 ID:elI4xrjkO
(て)
その晩、コップの水に波紋はでなかった
今日もオレの部屋で寝る甥と姪は、始終、興味深げにコップの表面を眺めていた
姪は、今日は人形を持ってこなかった、部屋に置いてきたと言う。

翌日、姉と、姪を連れて病院に向かった
病院という所は意外と病気を貰うところで、姉は姪を連れて行くのは嫌がったが、
何故かオレは目を離すのが不安で、強いて連れて行くことにした
甥は母屋に預けた
何となく、誰かをこの家に一人で残しておくのが不安だった

検査の結果を説明された、この時はオレも一緒に病室に入った
姪は待合室に残したが
医者の説明では、確かに肝臓が少し腫れているようだと言う
しかし血液検査では何も見受けられなかったとも
当時のその時点では、肝炎もなく、しかし急激な発症例からすると、肝吸虫症、肝ジストマ症が考えられると言う
胆管に寄生する寄生虫らしい
即、検査入院を勧められたが、事情を話して明日にしてもらった
今となっては、その判断は後悔している。
家に戻り、明日の入院の用意をしている時、姉はいきなり倒れた
オレは救急車を呼び、甥を母屋に走らせた

義兄が到着したのは、その晩も更けようとしている頃だった。

411 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 00:36:22 ID:N0Cvsa28O
(あ)
義兄は既に病院に立ち寄ってきたそうだ
担当医はいなかったが、看護士の話では、便検査が必要との事、
便採取は姉が倒れていた間に済ませており、明後日には結果が出るとの事
そして今は命に云々という状態ではなく、比較的落ち着いてるとの事
それを聞いて義兄は取り合えず家に戻ったわけだ
一通り、話が一段落した後、オレはあの神社の事を彼に聞きたくなった
場合が場合だから、オレの思った事をそのまま聞いたならば、
こんな時になにをバカな事を、と一喝されるのは分かっていたから、なるべく婉曲に、世間話に織り交ぜて。
それでも不快かとも思ったが、以外にも義兄は話に乗ってきた

以下、義兄の話
あの神社の奥、一般に神の場所とされている所に、井戸があるそうだ
人はその水は飲むことが出来ない、所謂、神の水という事らしい
その井戸の傍で、義兄の同級生、当時、小学五年生くらいだったらしい、が猫を捨てたそうだ
捨てたというよりも、箱に入れて、そこで育てるつもりだったらしい。
その同級生は、仲のよかった義兄に、その事をそっと耳打ちしたらしい
義兄も二、三日の内にはその猫を見に行くつもりだったらしい。

414 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 01:56:08 ID:N0Cvsa28O
(さ)
猫に関連する話
その話、当時の地方新聞にも書かれた事なので、あまり詳しくは書けない
ただ、義兄は、その日もその同級生が猫に餌をやりに、あの神社に行くことは知っていたそうだ
だけどその同級生は、その日、家に戻らなかったそうだ
当然、男子行方不明、学校でも朝礼でその話が出たし、新聞にも載った
両親も、いずれは見つかると思うだろう、
ずいぶん長い間、その土地に住んでいたらしいけど、やがて諦めたのか、他の土地に引っ越したらしい
で、猫の事だが、箱に入れられた猫は、首が切断された状態で、箱に納まっていたそうだ
もっとも、猫の件は、新聞ネタなのか、クラスの怪談ネタなのかはっきりしないが
だから、義兄に言わせると、あの場所は人が入ってはいけない場所だそうな
そう言われると、余計に入ってみたくなる、オレの性分

432 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 02:38:23 ID:Qir2PlimO
(き)
ここで、病院の話に出た肝吸虫症について、雑学程度だがも少し書いておきたい
この寄生虫、まずタニシなどの貝に寄生するそうだ、
そしてその貝を食べた鯉やフナなどを加熱せずに食べると、人間を宿主として胆管に留まる
潜伏期間は6~8週間位だそうで、発症しても初期の頃は自覚症状が無いことが多いそうだ
但し重度になると死亡するケースもある
日本ではあまり例がない病気だが、
韓国から中国、マレーシア、カンボジアと、中央、東南アジア圏によく見られるらしい。
8週間前と言えばオレが来る前の事だが
しかし海外に旅行したとは聞かないし
食べ物にしても、姉は元来、生物はあまり口にしない方で、まして川魚の洗いなどは食べないだろう
子供の頃、父方の実家に行くと、よく鯉濃を出してくれた
交通の便が悪い、山の中の事だったから、せめての滋養、ご馳走だったのだろう。
だが姉は、生臭い、泥臭い、と言ってガンとして食べなかった。

義兄がシャワーを浴びるため、話は一時中断した
浴室に向かう前に二階に上がったようだ
書斎に荷物を置きに行ったのと、今日もオレの部屋で寝ている子供達の様子を見に行ったのだろう

433 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 02:58:55 ID:Qir2PlimO
(ゆ)
その夜、妙な所からあの人形の出所がわかった
あの人形は、おそらくは、棄てたものではないそうである。
あの人形の所有者は、あの神社のはずだ、と。

義兄はシャワーから戻ると、ビールを出して再び話し始めた
今度はオレが尋ねるというより、彼がオレに畳み掛けるといった感じだ
姪の枕元にあった人形を見た義兄は、まず、あの人形はどうしたのかと聞いた
オレが答えるより早く、彼は、あの人形を見たことがあると言った

子供の失踪というのは、身代金の要求とか、表沙汰になるもの以外にも、けっこうあるそうだ、
実数はオレは把握できてはないが。
青年の場合ならば家出、駆け落ちがかなりの割合である
だがそれが比較的低年齢、小学生ぐらいの場合には、親、警察等が先ず考えるのは、事故だ。
義兄の同級生が失踪した当時、まず側にあった井戸が調べられた
神主の立ち合いのもとで。
次に拝殿、社の中だ
同時に、その時同級生が社の奥で猫を飼ってる事を知っていたのは、おそらく義兄だけだったのだろうから、
当然、彼も重要な参考人として、警察官と共にその場に同行していた。
その時に見たそうだ、社の中を。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 03:04:57 ID:Qir2PlimO
(め)
中央に銅鏡のようなものが有って、その前に黄色い稲の穂のようなものがあったそうだ
そして、そのさらに奥、左手に一段低い台、というか棚の様ものがあったそうだ
その棚に、20体ばかりの人形が飾ってあったそうである
顔の造りはまちまちで、中には御河童頭の男の子の人形もある
しかし何れも着物を着ていて、今にして思えば、何となくだか、昭和の初期か大正くらいのものではなかったか、
そう言っていた
確かにあの人形も、オレの祖母の家あったものと同じ、大正時代か昭和の初期の作、
顔は少し扁平だか、何やら気品のある顔立ちだ
作りも今の人形より精巧なような気がする
勿論、オレはその辺りのことは素人なのだか。
後で知った事だが、人形というのは、着物をめくると、腹の部分に、その作者の名前が書いてある事が多いそうな
それを知っていれば、あるいは何かの手掛かりにはなったかも知れない

435 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 03:11:52 ID:Qir2PlimO
(み)
義兄の話に戻す
あの人形、顔の作りも、着物の柄も、あの時、棚の一番上の、端にあった人形によくにてると。

義兄の年齢から考えると、当時の件は昭和の40年代も半ばの頃だろう
当時の日本の農村には、まだ肥壷なんてものが当然あった
あれ、深さが二メートル近くあって、けっこう深いんだ
大抵は、木の蓋がしてあるのだが、中には蓋もして無く、表面がカパカパに乾いていて、
まわりの地面と区別がつかなかったりする
だから、神社からその子の家までの経路、そんな所にも捜査が加えられた
しかし、その子の行方は杳として知れなかった

よく憶えてくれていたと思う、当時の事を
一因として、義兄は、オレと同じメモ魔だったから
一方は、それを武器にして出世したが、また一方は、それがアダとなり、離婚、退職(オレ様)した
話の本筋とは違う、オレの愚痴。
とまれ、話は人形に戻る
その社の人形を見たとき、神主が大雑把に説明してくれたそうだ
その人形の由来を。

457 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 00:34:34 ID:0JEhbnbuO
(し)
神主の話によると、大正の終わり頃、先代の神主の時に、この村でコレラが流行ったそうである
現代の日本では発生も稀だし、症状も軽くに抑えられるが
当時、村、と呼ばれていたこの地域の医療技術や、衛生観念がどの程度のものだったのか。
体力のある壮健な男女は治癒したそうだが、結果的に幼い子供や老人にかなりの死者が出たそうである。
1ヶ月程で流行は下火となったが、その盛りの時に、先代神主が、疫病、災厄除けを、かの神社に祈願したそうである
村中総出のことで、歩ける村人は皆集まったらしい
その時に、既に亡くなってしまった子供らの人形も供養して神社に納める事になったらしい。
つまりその人形達は、その時に亡くなった、全ての子供らの依代みたいなものかも知れなかった
そんな人形を、姪は持ち出してきたのだ。
結局、その時の原因は井戸からと後になってわかったらしい
どこの家でも井戸に蓋がされ使われなくなり、かわりに脇に祠が建てられた
水質検査をして使用できるようになったのは戦後の事らしい。
その夜、姪の枕元にある人形を見ながら、寝床で考えた
でも、何故将来符なんだ
姪なりの供養の仕方なのか。

458 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 00:37:02 ID:0JEhbnbuO
(ゑ)
翌日、昼近くになって、オレ達は車で病院へ向かった
今日は甥と姪も一緒だ
病室に入っていくと、姉は半身を起こして出迎えてくれた、まず子供達が駆け寄っていく
姉は義兄の顔を見ると、少し驚いた顔をしたが嬉しそうだった
久し振りの親子四人の対面
オレは姉に、入院時の足りないものを聞くと、売店に降りて行った
姉に言われたものを買うと、この売店には本屋もある事に気がついた
少し時間を潰そうと思った。
なる程、病院には子供から老人まで、様々の人が入院している
絵本から盆栽の本まで小さいスペースながら、様々なジャンルがあった。
店内を物色している内に、ふと一冊の小誌に目がいった
おそらく自費出版に近いものだろう
装丁もただ厚紙にタイトルの、○○市郷土民族史、と印刷されただけのものだった、著者の欄には○○会とあった
その本を持ってレジに向かった。
病室に戻ると、姉に売店の袋を渡し、いくつかの会話の後、あとは義兄にまかす事にして、オレは病室を出た。
今日はこれから、昨夜聞いた、神社の奥の井戸に行くつもりだった、暗くならない内に。

459 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 00:42:30 ID:0JEhbnbuO
(ひ)
バス停に向かう道々、オレは姉の事を考えた
今日は比較的、楽そうだったが赤い斑紋は増えている気がした
蜘蛛状血管腫と呼ばれているそれは、別名、メデューサの首とも言われている。

車中では、先程買った本を流し読みする。
やはり、昨日聞いたコレラの記述はなかった
市の中では、小さい町だ、あの地域は。
だが、それよりも目を引く記述があった。
天保年間後期、あの地域を、痘瘡、天然痘が襲ったそうだ
最初、災厄は隣の村から来て、あの村に住み着いた
死者の数限りなく、一日に、棺桶が幾つも寺に運ばれる
仕舞には棺が間に合わず、遺体を剥き出しのまま、河原で焼いたそうである
死臭と線香の臭いが混じり合い犬も居なくなったそうだ
同時に、隣村からは閉め出され、村は完全な孤立状態になった

天然痘の不思議なところは、10人の内、4人は病に罹り命を落とす
4人は罹患はするが何とか命は助かる
そして残る二人は、罹患もしないというところがある
生まれつき抗体を持っているのか
その時の詳しい記録は、あの地域で最も古い寺にあると書いてあった
そこまで読んで、オレは思った
あの神社、もしかしてその時に建てられたものじゃないかと。

460 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 01:39:12 ID:0JEhbnbuO
(も)
バスを降りると、オレは荷物をとりに一度姉の家に戻った
ラジオ付きの非常用懐中電灯、五徳ナイフ、オフロードバイク用の革手袋
そして5mと10mの細引き二本、針金とラジオベンチ、タッパーとマグカップ
それがオレのフィールドワークの基本だ

まだ陽は高い、だか少し早足で神社に向かう

夏休みである筈なのに、この神社には大抵、子供は遊んでない
神社の横を通り、さらにその奥、裏手の森に入っていく。
井戸はその中にひっそりとあった
屋根も、釣瓶も桶もない、正に神だけの井戸と言う感じだった。
井戸そのものは、コンクリでも煉瓦でもない、自然石を組み上げたもの
ある程度の時間は経っているだろう、まわりには苔が生えていた
周りは畳6畳ほど開けていて、地面には丸い石が敷き詰められている。
オレはそっと近付いていき、中を覗いてみる
ほんの4、5メートル先で光は届かない
昼間だというのに、森の中は薄暗い
懐中電灯で中を照らしてみる
ずっと下に、あれは水面か、灯りに照らされ反射している
ここで下から、髪を振り乱した女が壁をよじ登ってきたらオレは泡吹いて気を失うだろう
と、どこかの映画のワンシーンを思い浮かべた

463 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 03:31:56 ID:0JEhbnbuO
(せ)
その辺りに落ちている石を拾ってみる、頭上に差し上げ真下に落とす、高さ約2m、下に落ちるまで約20フレーム
その石を今度は井戸の中に落としてみる
一、二、三…と数えて約12、3mか、中に入る気はサラサラ無いが
しかしポチャンと音がした、水はある。
井戸の中を覗いている内に、何だか鼻の奥がツンとなった
いわゆるスポットめぐり、をしている時に、たまに起こるオレの習慣、たぶん感傷だったろう
この神社がオレの想像通り、その時建てられたのなら、何の為にこの井戸が掘られたのか
あの時、無事治癒し、何とか命を拾った者も、結果的には村から追われたそうた゛
わずかばかりの食料を与えられ、山の奥に追われたそうだ、つまりは死ね、ということだ
痘痕がのこり、失明する者もいた、醜い姿になった彼らは、再び村に災厄を呼ぶと言ってね
抗体をもち、再び痘瘡に罹ることはない彼らを。
だが、天然痘は完全に世界から駆逐され、文明と技術の恩恵に溺れているオレ達には、彼らの無知を笑う権利はない

帰る時に改めて気がついた、オレが来た左側とは反対に、左側にも誰かが歩いた跡がある
誰が最近この井戸を覗いたのか

グロ系統じゃないから安心して検索してくれ。

528 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 04:35:41 ID:Ke3p+1fDO
(す)
これは告発ではないよ、全然

その村の歴史
いま、自分達が住んでいる街、100年、わずか百年前はどうだったのか
少し調べてみるといい

無駄なことは全てはぶく
(す)、と、(ん)
およそ200文字、やはり、それで終わらせたい

先を急いでいる人がいるし、オレも少し疲れた
やはりあの時の事、思い起こすのは少しシンドイ
結果的に言うならば
姉は死んだ、そして姪も
はっきり言って、あの家族は崩壊した

残ったのは、甥と彼の弟だけである

隣のクレーマー|ブログインデックス

237 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 05:08:28 ID:Ox6ykuEAO
私が以前住んでたマンションなんですが、色んな意味でヤバさ満点でした。
結構大きな駅から徒歩2分という立地条件の良さと洒落た造り、
加えて婚約者の会社にも近く、家賃も普通(1DK・7万位)。
婚約者の強い希望で契約したけど、私はあまり乗り気じゃなかった。

で、住み始めて最初に変だと思ったのは、
前の住人宛てに届く郵便物の名前や性別がバラバラな事と人数の多さ。確か4~5人位かな。
普通、前の住人宛ての郵便物が配達されるって言っても、多くて2~3人位じゃないですか。
「いえ、あの部屋がマズいって言うより、お隣の方がちょっと・・・」
隣の席のおばさんが話に割って入って来ました。
「あなたの隣ね、おばあさんと小さい男の子が住んでるでしょ?
 あのおばあさんかなりおかしな人だから、気をつけた方がいいわよ!」
隣のおばあさんかぁ・・・。
納得。
あのおばあさん、明らかに天〇教だよなぁ。
昼間何か太鼓鳴らして踊ってる音聴こえてたし。
まぁ、あまり関わらないようにすればいいかぁ。

この判断は甘かった・・・。
このおばあさん、クレーマーっていうか、本物の基地外でした。

238 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 05:11:10 ID:Ox6ykuEAO
入居して1ヶ月で、5回クレーム来ました。
「夜中にお風呂入るのやめて下さい」←入ってませんよ・・・。
「夜中にトイレに行かないで下さい」←トイレ行く自由もないんですか?
っていうか、夜中にトイレ行ってませんよ・・・。
それでも、夜9時以降は音を立てないように気をつけて、10時までに寝るようにしてましたが、
極めつけなクレーム。
夜中の2時に突如インターホンが鳴り、何事かと飛び起きて応対したら隣のおばあさん・・・。
私は何かあったのかと思いパジャマのまま、部屋の灯りも点けずにドアを開けたら、
「夜中に掃除機かけるのやめて。霊体験に移ります」

それと、基地外おばあさんの話は、心霊体験と微妙にリンクします。
実はこの部屋は、昼寝してはいけない部屋だったんです。
この部屋で昼寝すると、必ず金縛りに遭います。

240 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 05:17:51 ID:Ox6ykuEAO
で、金縛りの最中に、5~6歳ぐらいの男の子か、その母親(多分)が体に乗って来て、
胸の辺りを押さえつけられて、息が出来なくなります。
(この辺の詳しい描写は、出来ればあまり思い出したくないので、すみませんが省きます)

私は過去2回、この部屋で昼寝してこの親子(?)に遭遇してますが、
私は婚約者にもこの事を伝え、私の留守中に部屋に来た時に、決して昼寝しないようにと伝えました。
しかし婚約者は、「何言ってんだよw俺、霊感あるからわかるけどこの部屋は大丈夫!」
アホです。
ある日この部屋で昼寝して、まんまと私と同じ目に遭いましたwww
霊感ある~が聞いて呆れます。

後、もう一人この部屋で昼寝した人が居るんですが(私の友人)、彼女も同じ目に遭いますした。
で、3人共体験談が全く同じ。
まるで同じテレビでも見たかのように。
金縛り、足元から男の子(もしくは母親と思われる女)が徐々に胸の辺りまで登って来て、
息が出来なくなるほど胸を押さえつけられる。
もう死ぬかも~、って所で金縛りが解ける。
男の子(もしくは母親)の顔は目を閉じてるので見えないはずだが、
頭に彼らの映像が送られたかのような感じで見ている。

以上が私達3人の共通体験。

で、この部屋の怪異の原因なんですが・・・。
もしかしたら、と思われる事がいくつかあります。
私は結局この部屋に2年住んでたんですが、
2年間にこのマンションのある部屋で(どの部屋かは知りません)、首吊り自殺が2回ありました。

241 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 05:21:40 ID:Ox6ykuEAO
近所の喫茶店で聞いた話だと、このマンションは毎年首吊り自殺があるって・・・。
同じ部屋でなのかは、近隣の方々も知らないようでしたが・・・。
「まさか・・・私の部屋の真上じゃないよね?」と、当時はガクブルでした。

そして、本当の恐怖は引っ越しと共に訪れました。
「お隣のおばあさんが男の子と住んでるって言ってましたけど、あのおばあさん一人暮らしですよね?」
「えっ?あのおばあさん、小さい男の子と暮らしてるでしょ?
 買い物行く時、いつも一緒に歩いてるの見かけるもの」
美容室でも喫茶店でも、皆さん同様の意見でした。
・・・でも、私その男の子見たことない。
っていうか、隣に住んでて一度も子供の声聞いた事ないし。
それに、その子が幼稚園なり学校なり行く所を誰も見てないじゃん・・・。

私は気になったので、引っ越し後、マンションの家主に聞いてみた。
家主は一言。
「あのおばあさんは、ずっと一人暮らしですよ」

238 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 05:11:10 ID:Ox6ykuEAO
入居して1ヶ月で、5回クレーム来ました。
「夜中にお風呂入るのやめて下さい」←入ってませんよ・・・。
「夜中にトイレに行かないで下さい」←トイレ行く自由もないんですか?
っていうか、夜中にトイレ行ってませんよ・・・。
それでも、夜9時以降は音を立てないように気をつけて、10時までに寝るようにしてましたが、
極めつけなクレーム。
夜中の2時に突如インターホンが鳴り、何事かと飛び起きて応対したら隣のおばあさん・・・。
私は何かあったのかと思いパジャマのまま、部屋の灯りも点けずにドアを開けたら、
「夜中に掃除機かけるのやめて。霊体験に移ります」

それと、基地外おばあさんの話は、心霊体験と微妙にリンクします。
実はこの部屋は、昼寝してはいけない部屋だったんです。
この部屋で昼寝すると、必ず金縛りに遭います。

240 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 05:17:51 ID:Ox6ykuEAO
で、金縛りの最中に、5~6歳ぐらいの男の子か、その母親(多分)が体に乗って来て、
胸の辺りを押さえつけられて、息が出来なくなります。
(この辺の詳しい描写は、出来ればあまり思い出したくないので、すみませんが省きます)

私は過去2回、この部屋で昼寝してこの親子(?)に遭遇してますが、
私は婚約者にもこの事を伝え、私の留守中に部屋に来た時に、決して昼寝しないようにと伝えました。
しかし婚約者は、「何言ってんだよw俺、霊感あるからわかるけどこの部屋は大丈夫!」
アホです。
ある日この部屋で昼寝して、まんまと私と同じ目に遭いましたwww
霊感ある~が聞いて呆れます。

後、もう一人この部屋で昼寝した人が居るんですが(私の友人)、彼女も同じ目に遭いますした。
で、3人共体験談が全く同じ。
まるで同じテレビでも見たかのように。
金縛り、足元から男の子(もしくは母親と思われる女)が徐々に胸の辺りまで登って来て、
息が出来なくなるほど胸を押さえつけられる。
もう死ぬかも~、って所で金縛りが解ける。
男の子(もしくは母親)の顔は目を閉じてるので見えないはずだが、
頭に彼らの映像が送られたかのような感じで見ている。

以上が私達3人の共通体験。

で、この部屋の怪異の原因なんですが・・・。
もしかしたら、と思われる事がいくつかあります。
私は結局この部屋に2年住んでたんですが、
2年間にこのマンションのある部屋で(どの部屋かは知りません)、首吊り自殺が2回ありました。

241 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 05:21:40 ID:Ox6ykuEAO
近所の喫茶店で聞いた話だと、このマンションは毎年首吊り自殺があるって・・・。
同じ部屋でなのかは、近隣の方々も知らないようでしたが・・・。
「まさか・・・私の部屋の真上じゃないよね?」と、当時はガクブルでした。

そして、本当の恐怖は引っ越しと共に訪れました。
「お隣のおばあさんが男の子と住んでるって言ってましたけど、あのおばあさん一人暮らしですよね?」
「えっ?あのおばあさん、小さい男の子と暮らしてるでしょ?
 買い物行く時、いつも一緒に歩いてるの見かけるもの」
美容室でも喫茶店でも、皆さん同様の意見でした。
・・・でも、私その男の子見たことない。
っていうか、隣に住んでて一度も子供の声聞いた事ないし。
それに、その子が幼稚園なり学校なり行く所を誰も見てないじゃん・・・。

私は気になったので、引っ越し後、マンションの家主に聞いてみた。
家主は一言。
「あのおばあさんは、ずっと一人暮らしですよ」

よくないもの|ブログインデックス

502 :本当にあった怖い名無し:2009/07/10(金) 19:04:58 ID:h1B9YgXf0
自分、霊感0。霊体験も0。
だから怖い怖いといいながら、洒落怖を見てしまうのさね。

何年か前、当時大学生の親友のAから、奇妙な頼まれごとがあった。
そう…ちょうど、こんな蒸す季節のこと。
「俺の母方の実家に一緒に行ってくれ」
「ボク…男の子だよ…本当にいいの?」
なんでも、前年20歳になるときに母親に連れて行かれた実家に、どうしても今年も行きたいとのこと。
ところが、母親は用事があって外せず、かといって一人もイヤだというので、
高校生の頃からの付き合いだった自分にお鉢が回ってきたのだ。
「お前も変わってるよな。母方の実家に友達連れて行くかね」
「まぁ他にいないっつーか…全員断られたから」
そりゃそうだ。
Aの母方の実家ってのは、とある山間のちっさい村で、ドがつく田舎だった。
でも、電気水道にネットまで通ってるんだけどさ。

列車に揺られて10時間とかそういうレベル(大半が待ち時間だけど)だったので、
手持ち無沙汰ということもあって、ぽつぽつと、去年あったという話をしてくれた。

去年、Aは20歳になるときに必ずその村に来るようにと、かたくかたくかた~~~く母親に言われていて、
心底イヤイヤついていったんだそうだ。

503 :502:2009/07/10(金) 19:07:51 ID:h1B9YgXf0
自分も見てきたけど、本当にド田舎。娯楽施設なんてありゃしない。
まぁそれでも結構な家柄の母親の手前、成人した息子をお披露目に…とかそういう話なんだろなと、
連れられて村に来たんだそうだ。

案の定、実家についてもすることなんかない。漫画なんてあるわけない。
ゲーセンもなければPS2もおいてない。コンビニも山2つ越えたところにあるとかないとか、そういう世界。
その割に来客もないし(祖父母に挨拶したくらい)、俺何しに来たんだ?っていう感想だったそうな。

さすがにゴロゴロし飽きたのか、家を出てお店のある辺りまで散歩していったんだと。
そこで、それは起きた。
駄菓子屋みたいなところに入って、声をかけたら、「もうウチは閉めるよ!帰って!」と追い出され、
自販機もないし、何か飲むものをと思っても売ってくれなかった。
ヨソモノ嫌いにしたって程があるだろと、さすがにカチンときたA。
店先にジュース出してたオバチャンに食ってかかったそうだ。
「なんなんすかここ!なんで売ってくれないんです?俺なんかしたっつーんですか!」と怒鳴りつけると、
そのオバチャンは目を合わせないどころか、顔をこっちに向けようともしない。
「ちょっと!」と声を荒げたところ、いきなり、
「ぎゃぁあああ~~!!助けて~~~~!!!○△やぁ~~~!!おとうさ~~~ん!!!」
と、ものすごい声で叫び出したという。

504 :502:2009/07/10(金) 19:09:58 ID:h1B9YgXf0
すると、店の奥から木の棒(枝じゃなくて棍棒みたいな奴だったらしい)を手にした、
白髪のおっさんが飛び出してきた。
それも、威嚇とかじゃなくて、思いっきり振り下ろしてくる。
「○△!いねや!きなや!」とかそんな感じの方言で、
Aを追い払う…というか、それこそ命も狙わんばかりだったそうで、
騒ぎを聞きつけた周囲の住人も、遠巻きにAを囲もうとしていたらしい。

あとはもう必死で山道を駆け上り、なんで?なんかしたんか俺?と自問を繰り返しながら、家に逃げ込んだそうだ。

「母さん!なんなんここ!マジヤバイって!マジで!」と、来客中にもかかわらず母親に詰め寄ったA。
ところが、Aのお母さんは何も言わずに下を向いてしまったらしい。
「おー。大きなったなあ、お寺さんおぼえとるか?」と、母親の向かいに座っていた住職が声をかけてきた。
たぶん自分が小さい頃に挨拶した人なんだろうなと、
記憶にないので、ああ、はい、とかそんな返事をして、Aは改めて母親に今あったことを説明し出した。

すると住職は、
「覚えとらんか。覚えとらんのか。そうか…。覚えとらんそうや、どうするや」と、Aの母親に尋ねた。
母親は困りきった表情で、返事が出来なかったそうだ。

少しの間、沈黙があったあと、住職が口を開いて言った。
「わしが(話を)しよし」

505 :502:2009/07/10(金) 19:11:29 ID:h1B9YgXf0
話はさかのぼって、Aが生まれてすぐの頃。
母親の産後の休養もかねて実家でのんびりしつつ、Aを自然の中で育てたいという両親の希望で、
Aと母親は村に戻ってきたという。父親は単身赴任。
その周辺ではいいとこの家だったそうで、
毎日ひっきりなしにAを見に来る人で、ちっとものんびりできなかったとか。
それでも、Aの母方の祖父母は娘自慢に孫自慢で、近隣にふれて回るような喜びようだったそうな。

そうしたある日、高名なお坊さん(前述の住職のお師匠さんです。便宜上お師匠さんとします)が、
Aの祖父母と付き合いがあったので、孫の顔を拝みに来たという。
母親がAをだっこしたまま、お師匠さんに顔を見せてやろうとしたとき、
「○△××□○□!」と、誰かがお師匠さんを口汚く罵ったんだそうだ。
Aの母親は、まさか両腕の中にいる赤ちゃんが言ったとは思わなかったんだろう。
なおも罵声は止まない。
とたんにお師匠さんが仁王様のような形相に変わっていき、
この辺で罵声の主が赤ちゃんだと、周囲の人も気がついたという。
Aの母親は事態が飲み込めず、凍りついたように立ち尽くし、
お師匠さんはダラダラと滝のような汗を流していたそうだ。

「○△や!」
誰かがそう叫ぶと、あっという間に家は大狂乱。
訪問客は履物もそのままに、逃げ出してしまったらしい。

506 :502:2009/07/10(金) 19:12:59 ID:h1B9YgXf0
その日の夜、祖父母と母親、お師匠さんが真っ青な顔で相談していたところに、
すこしはなれた村にいた住職が呼び出されて来た。
そのときは、Aの家(家っつーかお屋敷級でしたが)を松明をもった住民が取り囲んで、
それこそ今にも焼き討ちをせんばかりだったそうな。
恐ろしいことに、どうやら祖父母と母親はAを…Aの命を奪う方法について話をしていたらしい。
それをお師匠さんが「絶対にさせん!」と、頑として折れなかったという。

「やってみよしな」(やるだけやってみようよ、みたいな意味らしい)
そう言ってお師匠さんはAを預かって、お寺で育て始めたそうだ。
詳しい話は聞きそびれたんだけど、3つか4つのお寺で持ち回りみたいな感じで、
預けられては次に、っていう仕組みだったらしい。

何年かはそう大きなことは起きなかったらしく、Aが12歳くらいまではお寺にずっといたそうなんだけど、
もう結構なお歳だったお師匠さんは、亡くなってしまったんだそうだ。
お師匠さんのおかげでなんとかやっていたお寺の協力も、いなくなったとたんに、
お互い厄介ものの押し付け合いで、どうにもならなくなってしまったらしく、
かといって住職もどうしようもなく、結局親元に帰すことになったという。
「そのときはえらく無責任だった」と詫びてくれたそうだけど、
同時に「自分ではどうもできんかった」とも言っていたそうだ。

508 :502:2009/07/10(金) 19:15:29 ID:h1B9YgXf0
○△とかっていうのは、この地方に伝わる『よくないもの』の呼び名らしくて、
定まった名前があるわけじゃないんだけど、『そういうもの』に対してつかうものらしい。
○△は口に出してはいけない。(Aは『アレ』とか、『そういうの』とかで表現してた)憑かれるらしい。

住職に事情を聞いて、Aはいくらか混乱しながらも落ち着いたらしく、
「なんで20歳になったらここに連れて来いなわけ?」と、質問をしてみた。
すると、それは亡くなったお師匠さんの遺言だったらしい。
「もし20歳までAが○△でなかったら、もう大丈夫だ」と。(その判断はどうやるのかは分からないけど)
「その代わり、○△だったら、石で頭を割って命を奪え」とも遺していたんだそうだ。
それほど恐ろしいものだったらしい。

住職はそこまで話してから、Aにニッコリと微笑むと、
「もう大丈夫やし」と言ったという。

509 :502=桑原和男:2009/07/10(金) 19:16:45 ID:h1B9YgXf0
自分とAは村に着くと、実家ではなく、まずお寺に向かった。
ハッキリいってボロいお寺だったけど、なぜか塀に沿って石の玉がゴロゴロ並んでる。
それも1個2個じゃなくて、何十個っていう数。なのに、どれも砕けてたり、真っ二つだったり。
ちょうど自分らは、愛車のカブに乗って住職が帰ってきたところに居合わせ、
住職はニコニコ笑ってヘルメットを脱ぐと、手招きで来い来いとやってみせた。
「あの、ご住職。この玉ってなんなんですか?」
門をくぐって敷地内に入っても、砕けた玉はそこらじゅうに置いてあり、気になってたずねてみた。
「ああ、それは『ぼん』や。(ぼん=坊ずの意。つまりAのことね)
 ○△がぼんを殺そうとしとったんやし。お代わりやな」
縁側に腰掛けて、住職が続けた。
「●●さん(お師匠さんのこと)は、ぼんのお代わりさんが足りんで、何から何までお代わりさんにしたんやし。
 わしのベンツ(愛車カブのことらしい)もお代わりさんにされそうやったし」
カラカラと笑ったが、ふと真顔になって、
「●●さんはな…そうやな…」
そこまで言うと、スタスタと奥に入って行き、程なくしてなにやら包みを持って戻ってきた。

510 :502:2009/07/10(金) 19:18:34 ID:h1B9YgXf0
「●●さんや」
包みを解くと、真っ二つに割れた漆塗りの位牌が出てきた。
「…なんで俺にそこまでしてくれたんすかねぇ…」
無理やり力で割ったような、不自然な割れ方をした位牌を見ながら、Aがつぶやいた。

しばらく誰も口を開かなかったけど、日が傾き始めた頃に、
Aが持ってきたお酒とお土産を置いて、お寺を出る事を告げた。
「大事にしよし」
住職はそう言って見送ってくれて、自分らはAの実家へ向かった。

「なぁ、○△ってなにがダメなん?」
帰り道でAに聞いてみた。
「○△はな、人が不幸になるだけなんよ。○△本人が周りを巻き込んで、どんどん不幸にしていくんだ。
 なんなのかはよくわからん。昔は結構あったらしい。
 ○△がいるだけで不幸になる。
 何しても人が病気になる、命を落とす、家が没落する、作物が取れない、家畜が死ぬ。
 だから殺さないといけなかったらしい」
しかも、殺すときは、聞いてるだけで晩飯が食べられなくなるほどの内容で殺されるらしい。
「この時代にそんなアナクロな、なぁ?」
そう言ってAは笑った。

後々聞いた話によると、Aが○△でなくなったという理由はいろいろあったらしい。
お師匠さんの遺言で、『お代わりさん』だけは欠かさなかったのが、
ある日突然『お代わりさん』が壊れなくなったんだそうだ。
それで大丈夫、ってなったらしい。

503 :502:2009/07/10(金) 19:07:51 ID:h1B9YgXf0
自分も見てきたけど、本当にド田舎。娯楽施設なんてありゃしない。
まぁそれでも結構な家柄の母親の手前、成人した息子をお披露目に…とかそういう話なんだろなと、
連れられて村に来たんだそうだ。

案の定、実家についてもすることなんかない。漫画なんてあるわけない。
ゲーセンもなければPS2もおいてない。コンビニも山2つ越えたところにあるとかないとか、そういう世界。
その割に来客もないし(祖父母に挨拶したくらい)、俺何しに来たんだ?っていう感想だったそうな。

さすがにゴロゴロし飽きたのか、家を出てお店のある辺りまで散歩していったんだと。
そこで、それは起きた。
駄菓子屋みたいなところに入って、声をかけたら、「もうウチは閉めるよ!帰って!」と追い出され、
自販機もないし、何か飲むものをと思っても売ってくれなかった。
ヨソモノ嫌いにしたって程があるだろと、さすがにカチンときたA。
店先にジュース出してたオバチャンに食ってかかったそうだ。
「なんなんすかここ!なんで売ってくれないんです?俺なんかしたっつーんですか!」と怒鳴りつけると、
そのオバチャンは目を合わせないどころか、顔をこっちに向けようともしない。
「ちょっと!」と声を荒げたところ、いきなり、
「ぎゃぁあああ~~!!助けて~~~~!!!○△やぁ~~~!!おとうさ~~~ん!!!」
と、ものすごい声で叫び出したという。

504 :502:2009/07/10(金) 19:09:58 ID:h1B9YgXf0
すると、店の奥から木の棒(枝じゃなくて棍棒みたいな奴だったらしい)を手にした、
白髪のおっさんが飛び出してきた。
それも、威嚇とかじゃなくて、思いっきり振り下ろしてくる。
「○△!いねや!きなや!」とかそんな感じの方言で、
Aを追い払う…というか、それこそ命も狙わんばかりだったそうで、
騒ぎを聞きつけた周囲の住人も、遠巻きにAを囲もうとしていたらしい。

あとはもう必死で山道を駆け上り、なんで?なんかしたんか俺?と自問を繰り返しながら、家に逃げ込んだそうだ。

「母さん!なんなんここ!マジヤバイって!マジで!」と、来客中にもかかわらず母親に詰め寄ったA。
ところが、Aのお母さんは何も言わずに下を向いてしまったらしい。
「おー。大きなったなあ、お寺さんおぼえとるか?」と、母親の向かいに座っていた住職が声をかけてきた。
たぶん自分が小さい頃に挨拶した人なんだろうなと、
記憶にないので、ああ、はい、とかそんな返事をして、Aは改めて母親に今あったことを説明し出した。

すると住職は、
「覚えとらんか。覚えとらんのか。そうか…。覚えとらんそうや、どうするや」と、Aの母親に尋ねた。
母親は困りきった表情で、返事が出来なかったそうだ。

少しの間、沈黙があったあと、住職が口を開いて言った。
「わしが(話を)しよし」

505 :502:2009/07/10(金) 19:11:29 ID:h1B9YgXf0
話はさかのぼって、Aが生まれてすぐの頃。
母親の産後の休養もかねて実家でのんびりしつつ、Aを自然の中で育てたいという両親の希望で、
Aと母親は村に戻ってきたという。父親は単身赴任。
その周辺ではいいとこの家だったそうで、
毎日ひっきりなしにAを見に来る人で、ちっとものんびりできなかったとか。
それでも、Aの母方の祖父母は娘自慢に孫自慢で、近隣にふれて回るような喜びようだったそうな。

そうしたある日、高名なお坊さん(前述の住職のお師匠さんです。便宜上お師匠さんとします)が、
Aの祖父母と付き合いがあったので、孫の顔を拝みに来たという。
母親がAをだっこしたまま、お師匠さんに顔を見せてやろうとしたとき、
「○△××□○□!」と、誰かがお師匠さんを口汚く罵ったんだそうだ。
Aの母親は、まさか両腕の中にいる赤ちゃんが言ったとは思わなかったんだろう。
なおも罵声は止まない。
とたんにお師匠さんが仁王様のような形相に変わっていき、
この辺で罵声の主が赤ちゃんだと、周囲の人も気がついたという。
Aの母親は事態が飲み込めず、凍りついたように立ち尽くし、
お師匠さんはダラダラと滝のような汗を流していたそうだ。

「○△や!」
誰かがそう叫ぶと、あっという間に家は大狂乱。
訪問客は履物もそのままに、逃げ出してしまったらしい。

506 :502:2009/07/10(金) 19:12:59 ID:h1B9YgXf0
その日の夜、祖父母と母親、お師匠さんが真っ青な顔で相談していたところに、
すこしはなれた村にいた住職が呼び出されて来た。
そのときは、Aの家(家っつーかお屋敷級でしたが)を松明をもった住民が取り囲んで、
それこそ今にも焼き討ちをせんばかりだったそうな。
恐ろしいことに、どうやら祖父母と母親はAを…Aの命を奪う方法について話をしていたらしい。
それをお師匠さんが「絶対にさせん!」と、頑として折れなかったという。

「やってみよしな」(やるだけやってみようよ、みたいな意味らしい)
そう言ってお師匠さんはAを預かって、お寺で育て始めたそうだ。
詳しい話は聞きそびれたんだけど、3つか4つのお寺で持ち回りみたいな感じで、
預けられては次に、っていう仕組みだったらしい。

何年かはそう大きなことは起きなかったらしく、Aが12歳くらいまではお寺にずっといたそうなんだけど、
もう結構なお歳だったお師匠さんは、亡くなってしまったんだそうだ。
お師匠さんのおかげでなんとかやっていたお寺の協力も、いなくなったとたんに、
お互い厄介ものの押し付け合いで、どうにもならなくなってしまったらしく、
かといって住職もどうしようもなく、結局親元に帰すことになったという。
「そのときはえらく無責任だった」と詫びてくれたそうだけど、
同時に「自分ではどうもできんかった」とも言っていたそうだ。

508 :502:2009/07/10(金) 19:15:29 ID:h1B9YgXf0
○△とかっていうのは、この地方に伝わる『よくないもの』の呼び名らしくて、
定まった名前があるわけじゃないんだけど、『そういうもの』に対してつかうものらしい。
○△は口に出してはいけない。(Aは『アレ』とか、『そういうの』とかで表現してた)憑かれるらしい。

住職に事情を聞いて、Aはいくらか混乱しながらも落ち着いたらしく、
「なんで20歳になったらここに連れて来いなわけ?」と、質問をしてみた。
すると、それは亡くなったお師匠さんの遺言だったらしい。
「もし20歳までAが○△でなかったら、もう大丈夫だ」と。(その判断はどうやるのかは分からないけど)
「その代わり、○△だったら、石で頭を割って命を奪え」とも遺していたんだそうだ。
それほど恐ろしいものだったらしい。

住職はそこまで話してから、Aにニッコリと微笑むと、
「もう大丈夫やし」と言ったという。

509 :502=桑原和男:2009/07/10(金) 19:16:45 ID:h1B9YgXf0
自分とAは村に着くと、実家ではなく、まずお寺に向かった。
ハッキリいってボロいお寺だったけど、なぜか塀に沿って石の玉がゴロゴロ並んでる。
それも1個2個じゃなくて、何十個っていう数。なのに、どれも砕けてたり、真っ二つだったり。
ちょうど自分らは、愛車のカブに乗って住職が帰ってきたところに居合わせ、
住職はニコニコ笑ってヘルメットを脱ぐと、手招きで来い来いとやってみせた。
「あの、ご住職。この玉ってなんなんですか?」
門をくぐって敷地内に入っても、砕けた玉はそこらじゅうに置いてあり、気になってたずねてみた。
「ああ、それは『ぼん』や。(ぼん=坊ずの意。つまりAのことね)
 ○△がぼんを殺そうとしとったんやし。お代わりやな」
縁側に腰掛けて、住職が続けた。
「●●さん(お師匠さんのこと)は、ぼんのお代わりさんが足りんで、何から何までお代わりさんにしたんやし。
 わしのベンツ(愛車カブのことらしい)もお代わりさんにされそうやったし」
カラカラと笑ったが、ふと真顔になって、
「●●さんはな…そうやな…」
そこまで言うと、スタスタと奥に入って行き、程なくしてなにやら包みを持って戻ってきた。

510 :502:2009/07/10(金) 19:18:34 ID:h1B9YgXf0
「●●さんや」
包みを解くと、真っ二つに割れた漆塗りの位牌が出てきた。
「…なんで俺にそこまでしてくれたんすかねぇ…」
無理やり力で割ったような、不自然な割れ方をした位牌を見ながら、Aがつぶやいた。

しばらく誰も口を開かなかったけど、日が傾き始めた頃に、
Aが持ってきたお酒とお土産を置いて、お寺を出る事を告げた。
「大事にしよし」
住職はそう言って見送ってくれて、自分らはAの実家へ向かった。

「なぁ、○△ってなにがダメなん?」
帰り道でAに聞いてみた。
「○△はな、人が不幸になるだけなんよ。○△本人が周りを巻き込んで、どんどん不幸にしていくんだ。
 なんなのかはよくわからん。昔は結構あったらしい。
 ○△がいるだけで不幸になる。
 何しても人が病気になる、命を落とす、家が没落する、作物が取れない、家畜が死ぬ。
 だから殺さないといけなかったらしい」
しかも、殺すときは、聞いてるだけで晩飯が食べられなくなるほどの内容で殺されるらしい。
「この時代にそんなアナクロな、なぁ?」
そう言ってAは笑った。

後々聞いた話によると、Aが○△でなくなったという理由はいろいろあったらしい。
お師匠さんの遺言で、『お代わりさん』だけは欠かさなかったのが、
ある日突然『お代わりさん』が壊れなくなったんだそうだ。
それで大丈夫、ってなったらしい。