夏だし怖い話しよ [エイプリルフール 紫じじい 他]|ブログインデックス

出典: 夏だし怖い話しよ

1: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:51:59.03 ID:qoMLQMrwd.n
ね?

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:52:18.05 ID:QLNUmcNs0.n
やだ怖い

3: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:52:47.79 ID:qoMLQMrwd.n
まだお昼だし怖くないよ

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:53:32.13 ID:VksNiEbF0.n
幽霊系より犯罪者やキ◯ガイ系のほうが怖い
何だっけあれ 双眼鏡で覗いてたら障がい者に見つかる奴

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:54:33.93 ID:7f/xE1YJ0.n
>>8
走ってくるやつだよなあれは本当文字でビビった

16: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:07.39 ID:qoMLQMrwd.n
>>8
子供が追っかけて来るやつか?あとは邪視っていうのも知ってる

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:47.60 ID:VksNiEbF0.n
>>16
何それどんな話

21: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:59:02.81 ID:qoMLQMrwd.n
>>18
邪視はねー、山の別荘に叔父さんと泊まりで遊びに行ってそこで双眼鏡覗いたら良くないものを見ちゃうって話

>>邪視<http://chikatomo.doorblog.jp/archives/26947109.html>

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:54:13.68 ID:fzUSF7no0.n
あるところに9人のこどもを持つ夫婦がいた
そこに記念すべき10人目の子供が生まれたが
他の9人の子とはまったく外見が似ても似つかない、変わった風貌の赤ちゃんだった

夫は妻に 「おい、この子だけ見た目が奇妙すぎる、さてはお前は浮気したんだろ!」
夫はさらに 「正直に言えよ、この子の父親は一体誰なんだ?」
妻は言った 「あなたよ」

20: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:57:18.45 ID:qoMLQMrwd.n
>>10
女は怖い

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:54:34.36 ID:tEu/1UhVa.n
おれにはちょっと変な趣味があった。

その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。

遠くに見えるおおきな給水タンクとか、酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら
「あ、大きな蛾が飛んでるな?」
なんて思っていたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
ドアを閉めて、鍵をかけて
「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」
って怯えていたら、ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」
って心の中でつぶやきながら、声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、ドアを
ダンダンダンダンダンダン!!
って叩いて、チャイムを
ピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!
と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」
って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。さらにガクガク震えながら息を潜めていると、数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:19.86 ID:jGQoaVmy0.n
>>13
これくっそ怖いよな
俺のはそれほどではないかもしれんが
当時は漏らしそうだった

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:47.60 ID:VksNiEbF0.n
>>13
これどういう構造の家なんだろう?
地味に気になってる

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:59:33.85 ID:VksNiEbF0.n
あれが鳥肌立ったな
意味が分かると怖い系の話なんだけど、友人同士で「何でもいいから一つ嘘を言ってみる」って話題で盛り上がって、その内の一人がキ◯ガイ染みた話し始める奴
初めて読んだ時毛が逆立ったわ あれ書いた奴は才能あり過ぎ

28: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:49.16 ID:qoMLQMrwd.n
>>24
なんだそれ見たことない
気になるな

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:06.78 ID:jGQoaVmy0.n
かーちゃんと俺と姉ちゃんと姪・甥(双子)で沖縄に行ったときの話

平和のなんちゃらって所に行って
ガマに入ったんだが姪と甥がずっと
英語が聞こえるしうるさいって言ってた
何て聞こえるのか聞いてガイドの人に伝えたら
沖縄の方言で熱いとか水とかいう意味だったらしい

無事に帰ってきたんだがそれから甥が
帰らなきゃ、行かなきゃとか言って
沖縄に行きたがってる

38: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:06:13.06 ID:qoMLQMrwd.n
>>26
ひぇぇ……そういうこともあるんだね……

甥やばいじゃん絶対行かせない方がいいよ

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:00:37.91 ID:VksNiEbF0.n
今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、
いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。

今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを思い付いた。
嘘をつきながら喋る。
そしてそれを皆で聞いて酒の肴にする。
くだらないゲームだ。
だけど、そのくだらなさが良かった。

トップバッターは僕で、この夏ナンパした女が妊娠して実は今、一児の父なんだ、という話をした。
初めて知ったのだが、嘘をついてみろ、と言われた場合、人は100%の嘘をつくことはできない。
僕の場合、夏にナンパはしてないけど当時の彼女は妊娠したし、一児の父ではないけれど、
背中に水子は背負っている。

どいつがどんな嘘をついているかは、なかなか見抜けない。見抜けないからこそ、楽しい。
そうやって順繰りに嘘は進み、最後の奴にバトンが回った。
そいつは、ちびり、とビールを舐めると申し訳なさそうにこう言った。

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:27.76 ID:VksNiEbF0.n
「俺はみんなみたいに器用に嘘はつけないから、ひとつ、作り話をするよ」

「なんだよそれ。趣旨と違うじゃねえか」
「まあいいから聞けよ。退屈はさせないからさ」

そう言って姿勢を正した彼は、では、と呟いて話を始めた。
僕は朝起きて気付くと、何もない白い部屋にいた。
どうしてそこにいるのか、どうやってそこまで来たのかは全く覚えていない。
ただ、目を覚ましてみたら僕はそこにいた。
しばらく呆然としながら状況を把握できないままでいたんだけど、急に天井のあたりから声が響いた。

古いスピーカーだったんだろうね、ノイズがかった変な声だった。
声はこう言った。

『これから進む道は人生の道であり人間の業を歩む道。選択と苦悶と決断のみを与える。
歩く道は多くしてひとつ、決して矛盾を歩むことなく』

って。で、そこで初めて気付いたんだけど僕の背中の側にはドアがあったんだ。横に赤いべったりした文字で

『進め』
って書いてあった。

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:55.51 ID:VksNiEbF0.n
『3つ与えます。
ひとつ。右手のテレビを壊すこと。
ふたつ。左手の人を殺すこと。
みっつ。あなたが死ぬこと。

ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり彼らは死にます。
ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。
みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

めちゃくちゃだよ。どれを選んでもあまりに救いがないじゃないか。
馬鹿らしい話だよ。でもその状況を馬鹿らしいなんて思うことはできなかった。
それどころか僕は恐怖でガタガタと震えた。
それくらいあそこの雰囲気は異様で、有無を言わせないものがあった。

そして僕は考えた。
どこかの見知らぬ多数の命か、すぐそばの見知らぬ一つの命か、一番近くのよく知る命か。
進まなければ確実に死ぬ。
それは『みっつめ』の選択になるんだろうか。嫌だ。
何も分からないまま死にたくはない。
一つの命か多くの命か?そんなものは、比べるまでもない。
寝袋の脇には、大振りの鉈があった。

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:02:32.98 ID:VksNiEbF0.n
僕は静かに鉈を手に取ると、ゆっくり振り上げ
動かない芋虫のような寝袋に向かって鉈を振り下ろした。
ぐちゃ。鈍い音が、感覚が、伝わる。
次のドアが開いた気配はない。もう一度鉈を振るう。
ぐちゃ。顔の見えない匿名性が罪悪感を麻痺させる。

もう一度鉈を振り上げたところで、かちゃり、と音がしてドアが開いた。
右手のテレビの画面からは、色のない瞳をした餓鬼がぎょろりとした眼でこちらを覗き返していた。
次の部屋に入ると、右手には客船の模型、左手には同じように寝袋があった。床にはやはり紙がおちてて、
そこにはこうあった。

『3つ与えます。

ひとつ。右手の客船を壊すこと。

ふたつ。左手の寝袋を燃やすこと。

みっつ。あなたが死ぬこと。

ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり客船の乗客は死にます。

ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。

みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:03:17.89 ID:VksNiEbF0.n
客船はただの模型だった。
普通に考えれば、これを壊したら人が死ぬなんてあり得ない。
けどその時、その紙に書いてあることは絶対に本当なんだと思った。
理由なんてないよ。ただそう思ったんだ。

僕は、寝袋の脇にあった灯油を空になるまでふりかけて、
用意されてあったマッチを擦って灯油へ放った。
ぼっ、という音がして寝袋はたちまち炎に包まれたよ。
僕は客船の前に立ち、模型をぼうっと眺めながら、鍵が開くのをまった。

2分くらい経った時かな、もう時間感覚なんかはなかったけど、人の死ぬ時間だからね 。たぶん2分くらいだろう。

かちゃ、という音がして次のドアが開いた。

左手の方がどうなっているのか、確認はしなかったし、したくなかった。

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:03:31.21 ID:VksNiEbF0.n
次の部屋に入ると、今度は右手に地球儀があり、左手にはまた寝袋があった。
僕は足早に紙切れを拾うと、そこにはこうあった。
『3つ与えます。

ひとつ。右手の地球儀を壊すこと。

ふたつ。左手の寝袋を撃ち抜くこと。

みっつ。あなたが死ぬこと。

ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり世界のどこかに核が落ちます。

ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。

みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:04:30.71 ID:VksNiEbF0.n
思考や感情は、もはや完全に麻痺していた。
僕は半ば機械的に寝袋脇の拳銃を拾い撃鉄を起こすと、すぐさま人差し指に力を込めた。
ぱん、と乾いた音がした。ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん。
リボルバー式の拳銃は6発で空になった。初めて扱った拳銃は、コンビニで買い物をするよりも手軽だったよ。

ドアに向かうと、鍵は既に開いていた。何発目で寝袋が死んだのかは知りたくもなかった。

最後の部屋は何もない部屋だった。
思わず僕はえっ、と声を洩らしたけど、ここは出口なのかもしれないと思うと少し安堵した。やっと出られる。そう思ってね。

すると再び頭の上から声が聞こえた『最後の問い。

3人の人間とそれを除いた全世界の人間。そして、君。
殺すとしたら、何を選ぶ』

僕は何も考えることなく、黙って今来た道を指差した。

するとまた、頭の上から声がした。

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:05:07.65 ID:VksNiEbF0.n
『おめでとう。
君は矛盾なく道を選ぶことができた。
人生とは選択の連続であり、匿名の幸福の裏には匿名の不幸があり、匿名の生のために匿名の死がある。
ひとつの命は地球よりも重くない。

君はそれを証明した。
しかしそれは決して命の重さを否定することではない。
最後に、ひとつひとつの命がどれだけ重いのかを感じてもらう。
出口は開いた。
おめでとう。

おめでとう。』

僕はぼうっとその声を聞いて、安心したような、虚脱したような感じを受けた。とにかく全身から一気に力が抜けて、フラフラになりながら最後のドアを開けた。

光の降り注ぐ眩しい部屋、目がくらみながら進むと、足にコツンと何かが当たった。

三つの遺影があった。

父と、母と、弟の遺影が。
これで、おしまい」

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:05:40.84 ID:VksNiEbF0.n
彼の話が終わった時、僕らは唾も飲み込めないくらい緊張していた。
こいつのこの話は何なんだろう。
得も言われぬ迫力は何なんだろう。
そこにいる誰もが、ぬらりとした気味の悪い感覚に囚われた。
僕は、ビールをグっと飲み干すと、勢いをつけてこう言った。

「……んな気味の悪い話はやめろよ!楽しく嘘の話をしよーぜ!ほら、お前もやっぱり何か嘘ついてみろよ!」
そういうと彼は、口角を釣り上げただけの不気味な笑みを見せた。
その表情に、体の底から身震いするような恐怖を覚えた。
そして、口を開いた
「もう、ついたよ」
「え?」

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:17:14.59 ID:FgIDNWGR0.n
>>36
頭の悪いオレに分かりやすくこの話のどこが怖いのか教えてくれ

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:18:52.78 ID:+gZwguBpa.n
>>50
「ひとつ、作り話をするよ」

56: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:19:45.61 ID:qoMLQMrwd.n
>>50
殺してたのは自分の家族で嘘を付いたのは作り話だって部分ってことじゃない?
それもわかってて怖くなくね?って事なら実際に自分がそれを体験したらって考えるとかなりゾッとするよ

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:07:04.02 ID:6AXQWcT40.n
紫じじいって知ってる?

小学校の時に地域の子供が騒いでた
今思えばババアだったかも

一つ忘れられなかった出来事
騒ぎに加わってた友達んちので遊んでた
二人で遊んでたら、一人の少年がいつのまにか近くにいた
その少年の顔は全く記憶になかった
少年はこっちへ歩いてきながらブツブツと何か言ってた
不思議に思いながら見ていると友達が急に血相を変えて「逃げるよ!」って叫んだ
何が何だかわからぬまま一緒に全力疾走
遠くまで逃げた後、一体どうしたのか聞いてみたら
友達「あいつこっち見て「私のお人形さん」って言ってた」
って言いながら顔を真っ青にして震えてた

43: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:08:52.59 ID:qoMLQMrwd.n
>>40
これは始めて見た、意味がわかると系なのか?ちょっとよくわかんないな

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:13:15.19 ID:VksNiEbF0.n
深夜に家に一人でいたら、いきなりドアを「ガチャガチャ!」ってやられたことならある

49: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:15:03.08 ID:qoMLQMrwd.n
えぇ……心霊とか関係なくホントに怖い話じゃん……

心霊関連はどうってことないけどそういうのはホントに苦手だ眠れなくなる

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:17:31.76 ID:VksNiEbF0.n
>>49
都会で一人暮らししてると稀にこういうキ◯ガイが来るぞ
深夜は特に

61: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:22:30.69 ID:qoMLQMrwd.n
>>51
都会怖すぎ………田舎っ子でよかった

52: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:17:56.78 ID:qoMLQMrwd.n
俺はガキんちょの頃廃墟で声聞いたことがあったな

5.6人いて割りとはっきりした声だったのに聞いたのは俺とあと1人だけだった

実際に音がしたなら全員に聞こえてるはずなのに聞こえなかった奴等は何の物音も無かったって言うし2人聞こえてるから俺の幻聴ってことでもないだろうし

あれはなんだったのかなぁ

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:18:58.01 ID:7f/xE1YJ0.n
俺は寝てるときに女の子の声がはっきり聞こえたなヒヒヒッてわらってた

61: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:22:30.69 ID:qoMLQMrwd.n
>>55
幼女住み着いてるとか当たり物件じゃん!

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:20:55.07 ID:fzUSF7no0.n
家でいる時に何気なくふっと後ろ向くときあるじゃん
なんかいるらしいな

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:22:54.50 ID:jGQoaVmy0.n
>>57
それ上にいるらしいぜ

65: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:25:10.75 ID:qoMLQMrwd.n
>>62
上なんて確認したこと無かった……かなり冷えたぞそれ怖い凄い

今まで後ろ見て安心してたのも実は上からニタニタされてたんだろうな、怖い怖い

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:23:33.49 ID:voxr+iZF0.n
専門学校に地下鉄で通ってたある日、双子の姉妹が自分の正面に座ってた
両親の間に双子が座っている形で俺とその家族以外は二組の乗客しか乗り合わせてなかった
そんな中、双子はこっちを指さして
双子「パパ!ママ!おばけおばけ!」
って言いやがった
心の中で「誰がお化けだよ」と言いながら携帯をいじり聞こえてないふりをしていたが
ふと双子に視線をやると俺の方ではなく地下鉄の窓ガラスを指さしてた

怖くはないけど鳥肌がたった実話です

66: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:26:34.21 ID:qoMLQMrwd.n
>>64
これは実話っぽい

68: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:27:35.13 ID:qoMLQMrwd.n
>>64
実話特有の落ちも盛り上がり所もなちけどスーっと忍び寄ってくる寒気好き

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:29:06.35 ID:eDBXUeL+K.n
二年前に俺とAとBの男三人で某最強スポットって言われる山梨の廃墟に行ったんだ
三人揃ってビビりだから昼頃にねw

んで探索中にくだらない事でAとBが口喧嘩始めちゃって雰囲気が最悪になっちゃってさ
そんな空気で探索してもつまんないからもう帰ろうって事になったのよ

76: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:32:22.94 ID:qoMLQMrwd.n
>>70
山梨のさいきょう廃墟ってどこだろ
そんな有名なとこあったかな

78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:36:12.22 ID:0NAasQdA0.n
怖い話じゃないけど…
サイコパステストが一つある

あなたは猫を一匹飼っています。
ですが、ある日その猫が一匹の仔猫を生みました。
あなたは困ってしまいました。
何故なら、あなたには猫を一匹飼えるだけのお金の余裕はありましたが、
今のままの生活では二匹も飼い続けることは金銭的に難しいからです。
さて、こんなときあなたはどうしますか?

83: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:38:21.80 ID:qoMLQMrwd.n
>>78
俺だったら2匹とも逃がすか2匹とも貰ってくれる人探す

サイコパス的には2匹とも殺すとかそんなんでしょ

94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:46:41.80 ID:0NAasQdA0.n
>>78
健常者の答え:
バイトをして収入を増やす、節約をする、飼い主を探す、
逃がす、保健所で処分してもらうetc

サイコパスの答え:
仔猫を殺して死骸を自分の可愛がっていた猫のエサにする

96: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:48:23.26 ID:qoMLQMrwd.n
>>94
思った以上に意味わかんなくてビビる
サイコパスこっわ

104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:55:09.29 ID:0NAasQdA0.n
>>96
サイコパスは自分の利益のことしか考えられないから、
仔猫のために何かするとかじゃなくて
自分が「金銭的にギリギリの生活をしている」という設定に着目して
「仔猫を親猫に食わせれば自分がずっと可愛がっていたペット(親猫)とは
別のジャマな仔猫を排除できる上に、ペットのエサ代を浮かすことができる」という風に思考して、
自分の利益を最大化できる行動を選ぶ

108: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:59:26.14 ID:qoMLQMrwd.n
>>104
なるほど、説明して貰えると理解はできる

でもおっそろしいなぁ、身近にも居たりするんだろうか
居たらやだなぁ

80: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:37:00.01 ID:qoMLQMrwd.n
そういえばホントに金縛りにあったことあるんだけど全然信じてもらえない

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:41:07.88 ID:fzUSF7no0.n
>>80
俺もあるよ
寝ぼけてただけかもしれんけど
寝てるときに体が動かねえとか思って目を開けたら自分と目が合った

90: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:43:16.49 ID:qoMLQMrwd.n
>>88
幽体離脱しちゃってるじゃん……心霊現象じゃんやべえよやべえよ

97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:48:47.16 ID:wnpu1TJ9d.n
昔この時期の司法解剖に立ち会ったことがある。
熱中症で亡くなった80代の男性、見た目は死んでるように見えなかったんだが、脳みそが茹で上がってた
何とも上手い表現が出来ないんだけど半熟卵みたいな感じ
クーラー付けないで寝てる間に部屋の気温が46℃まで上がってたって消防から聞いてから夏はクーラーガンガン使うようになったわ

99: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:51:53.42 ID:qoMLQMrwd.n
>>97
脳ミソ半熟卵…………

エアコン消して寝て昼間に起きたら暑すぎて気分悪いことよくあるわ
でもエアコンつけると電気代やばいしなぁ……でも死にたくないなぁ…

105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:55:17.58 ID:wnpu1TJ9d.n
>>99
この遺体はすぐ発見されたから良かったけど今の時期は3日で緑、1週間で黒になるから辛い

108: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:59:26.14 ID:qoMLQMrwd.n
>>105
お腹空いてたけど膨れてきた
やったぁ……

98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:50:18.02 ID:DA1HpfrR0.n
ちっちゃい頃の話きいてくんない?

101: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:52:08.63 ID:qoMLQMrwd.n
>>98
聞くよ、聞かせてよ

107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:57:16.89 ID:DA1HpfrR0.n
>>101
書きためてないし携帯からだから簡潔にまとめるね。
俺三人兄弟の末っ子でにいちゃんとねぇちゃんがいた。3歳か4歳くらいの時に父ちゃんとかぁちゃんと寝ててにいちゃんとねぇちゃんが別の部屋で寝てた。
夜中目が覚めたら廊下にサーモグラフィーで人間の形映ったみたいな影がにいちゃんとねぇちゃんの声出しながらゆらゆらしてた。それだけ。

109: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:02:03.56 ID:qoMLQMrwd.n
>>107
おほう、不思議な話だね

にいちゃんねえちゃんは無事なの?

110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:04:57.81 ID:DA1HpfrR0.n
>>109
にいちゃんとねぇちゃん今日も元気よ。後日廊下で話してたか聞いてもさっさと寝にゃ怒られる両親の目の届く廊下で喋るわけないやろ言われたよ

113: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:08:20.10 ID:qoMLQMrwd.n
>>110
元気なのかそれはよかった
色は何色だったの?サーモグサフィってことは赤だったり青だったりみたいな?

116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:12:46.65 ID:DA1HpfrR0.n
>>113
色はちかちか変わってたように思うよ。なんかよう分からんこと喋ってたか思ったらにいちゃんとねぇちゃんの声で笑ってたりしたから始めにいちゃんとねぇちゃんが驚かせようとしたんか思ったよ

118: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:16:41.73 ID:qoMLQMrwd.n
>>116
幽霊とかよりも宇宙人とかSFチックな感じだねそれ

そいつがなんなのか凄く気になる

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:51:55.88 ID:+untQPFe0.n
姦姦蛇螺はゾクゾクした

102: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:53:56.19 ID:qoMLQMrwd.n
>>100
かんかんだらはゾクゾクワクワクできて読んでて楽しくなるいい話

>>姦姦蛇螺<http://chikatomo.doorblog.jp/archives/27958943.html>

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:54:17.46 ID:Ew22oqAA0.n
ヤマノケが一番好きだな
コトリバコ的なジャンルの話はあまり好きじゃない

106: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:56:03.62 ID:qoMLQMrwd.n
>>103
ヤマノケもワクワク系だよね、未知の生物との遭遇みたいなのいいよね
おれもそっち系の話が好きだな

121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:26:00.77 ID:OHqaMhJ70.n
霊媒師とかって職業はどういう経緯でなるもんなんだろう

123: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:29:56.77 ID:qoMLQMrwd.n
>>121
霊媒師は占い師みたいなもんじゃない?胡散臭さMAXじゃん

122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:26:41.36 ID:/0FFHYX40.n
406 名前:忍者ごっこ禁止令[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 10:32:12.35 ID:pMTBw4mD0
私が保育園児だった頃の話
両親は共働きで朝早くから出ていたので、私を保育園まで送るのは当時存命であった祖母の役目だった。
祖母が化粧をしている間に暇を持て余した私はしばしば「忍者ごっこ」で遊んでいた。

なんて事は無い、祖母の部屋のふすまを開けてその前の廊下を走って往復するだけの遊びだ。ドタドタ廊下を走りまわっては、「今の見えた?」などと祖母に聞いていた。
そもそも祖母は廊下に背を向けて化粧をしていたため、私の方を見てはいなかったのだが、飽きもせず走り回る私に付き合い「見えなかったよ。今日の忍者さんは足が速かったねぇ」などと言ってくれていた。

ある日祖母から、忍者ごっこをやめなさい、と言われた。
理由を聞くと床が傷むとか、仏間につながる廊下だからうるさくしたらいけない、とかそういう理由だったのだが、なかなか言う事を聞かない私に祖母はこう言った。

「そこの廊下は私ちゃんが忍者ごっこをしていない時でも時々誰かがおなじような事をしている。私ちゃんは廊下を行ったり来たりするけど、その忍者はいつも仏間の方に行ったきり帰ってこない。私ちゃんもいつかそうなってしまう気がして。」

そういえば、なんでこんな遊びをしようと思ったのかすら、私には分からない。

123: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:29:56.77 ID:qoMLQMrwd.n
>>122
始めて見た、これはかなりいいなゾクッと来た

124: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:39:53.78 ID:L2sJY+Ew0.n
おいらがまだしょんべんくせえがきだった時の話
旅行といっていいのかわからんが隣街にある超近所の旅館行ったんだけど
温泉はいるぞってなって
でもおいらは今と変わらずコミュ障で他人に大事なおちんちん見られるの嫌だったから人がいないか確認するために浴場にむかったんや
そしたら親子であろう母親と女の子が入ってておちんちんを見られる恐怖でそそくさと部屋に退散したんや
そしたら父ちゃんしかいなくて、別に父ちゃんとは風呂入りたくはなかったから
母ちゃんは?って聞いたら
風呂。って言われたからもっかい浴場見に行ったらおいらの母ちゃんと姉ちゃんが入ってて
「入らんの?」とか呑気に言うてきてた。
おいらがさっきみた見知らぬ親子は誰だったんだよ
そしておいらよりあとに部屋を出たはずの母ちゃんたちがすれ違いもせず先に風呂入ってたのなんでだよ
それなのか他人と家族を見間違えたおいらの頭がおかしかったのか
当時はあれ??としか思わなかったけど今考えたらちょっと怖い

おかげであれ以来風呂に入っていない

125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:41:03.89 ID:+gZwguBpa.n
高速道路の橋桁の下に秘密の井戸があってどうたらこうたらっていう話知ってる人いない?

129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 19:21:53.79 ID:BiWKwKVX0.n
>>125
地下の井戸?

128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 19:07:26.83 ID:qTnxHPk60.n
私はよく携帯を無くしてしまいます。
その日も仕事中携帯が無いことに気づき、職場から自分の携帯に電話をしました。
すると3コールくらいで電話がつながりました。
「もしもし」
自分の携帯に出たのは中年男性。
また道端で落として交番に届いたのかな?くらいに思い、「すみません、自分の携帯なんですが」
と言いかけたところで電話が切れました。
その後も何回か電話したのですが繋がらなくて、仕事が終わったあとそのまま帰宅しました。
家に帰って電気をつけ、机の上を見ると自分の携帯電話がそこにはありました。

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:52:18.05 ID:QLNUmcNs0.n
やだ怖い

3: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:52:47.79 ID:qoMLQMrwd.n
まだお昼だし怖くないよ

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:53:32.13 ID:VksNiEbF0.n
幽霊系より犯罪者やキ◯ガイ系のほうが怖い
何だっけあれ 双眼鏡で覗いてたら障がい者に見つかる奴

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:54:33.93 ID:7f/xE1YJ0.n
>>8
走ってくるやつだよなあれは本当文字でビビった

16: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:07.39 ID:qoMLQMrwd.n
>>8
子供が追っかけて来るやつか?あとは邪視っていうのも知ってる

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:47.60 ID:VksNiEbF0.n
>>16
何それどんな話

21: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:59:02.81 ID:qoMLQMrwd.n
>>18
邪視はねー、山の別荘に叔父さんと泊まりで遊びに行ってそこで双眼鏡覗いたら良くないものを見ちゃうって話

>>邪視<http://chikatomo.doorblog.jp/archives/26947109.html>

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:54:13.68 ID:fzUSF7no0.n
あるところに9人のこどもを持つ夫婦がいた
そこに記念すべき10人目の子供が生まれたが
他の9人の子とはまったく外見が似ても似つかない、変わった風貌の赤ちゃんだった

夫は妻に 「おい、この子だけ見た目が奇妙すぎる、さてはお前は浮気したんだろ!」
夫はさらに 「正直に言えよ、この子の父親は一体誰なんだ?」
妻は言った 「あなたよ」

20: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 16:57:18.45 ID:qoMLQMrwd.n
>>10
女は怖い

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:54:34.36 ID:tEu/1UhVa.n
おれにはちょっと変な趣味があった。

その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。

遠くに見えるおおきな給水タンクとか、酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら
「あ、大きな蛾が飛んでるな?」
なんて思っていたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
ドアを閉めて、鍵をかけて
「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」
って怯えていたら、ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」
って心の中でつぶやきながら、声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、ドアを
ダンダンダンダンダンダン!!
って叩いて、チャイムを
ピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!
と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」
って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。さらにガクガク震えながら息を潜めていると、数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:19.86 ID:jGQoaVmy0.n
>>13
これくっそ怖いよな
俺のはそれほどではないかもしれんが
当時は漏らしそうだった

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:56:47.60 ID:VksNiEbF0.n
>>13
これどういう構造の家なんだろう?
地味に気になってる

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 16:59:33.85 ID:VksNiEbF0.n
あれが鳥肌立ったな
意味が分かると怖い系の話なんだけど、友人同士で「何でもいいから一つ嘘を言ってみる」って話題で盛り上がって、その内の一人がキ◯ガイ染みた話し始める奴
初めて読んだ時毛が逆立ったわ あれ書いた奴は才能あり過ぎ

28: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:49.16 ID:qoMLQMrwd.n
>>24
なんだそれ見たことない
気になるな

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:06.78 ID:jGQoaVmy0.n
かーちゃんと俺と姉ちゃんと姪・甥(双子)で沖縄に行ったときの話

平和のなんちゃらって所に行って
ガマに入ったんだが姪と甥がずっと
英語が聞こえるしうるさいって言ってた
何て聞こえるのか聞いてガイドの人に伝えたら
沖縄の方言で熱いとか水とかいう意味だったらしい

無事に帰ってきたんだがそれから甥が
帰らなきゃ、行かなきゃとか言って
沖縄に行きたがってる

38: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:06:13.06 ID:qoMLQMrwd.n
>>26
ひぇぇ……そういうこともあるんだね……

甥やばいじゃん絶対行かせない方がいいよ

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:00:37.91 ID:VksNiEbF0.n
今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、
いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。

今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを思い付いた。
嘘をつきながら喋る。
そしてそれを皆で聞いて酒の肴にする。
くだらないゲームだ。
だけど、そのくだらなさが良かった。

トップバッターは僕で、この夏ナンパした女が妊娠して実は今、一児の父なんだ、という話をした。
初めて知ったのだが、嘘をついてみろ、と言われた場合、人は100%の嘘をつくことはできない。
僕の場合、夏にナンパはしてないけど当時の彼女は妊娠したし、一児の父ではないけれど、
背中に水子は背負っている。

どいつがどんな嘘をついているかは、なかなか見抜けない。見抜けないからこそ、楽しい。
そうやって順繰りに嘘は進み、最後の奴にバトンが回った。
そいつは、ちびり、とビールを舐めると申し訳なさそうにこう言った。

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:27.76 ID:VksNiEbF0.n
「俺はみんなみたいに器用に嘘はつけないから、ひとつ、作り話をするよ」

「なんだよそれ。趣旨と違うじゃねえか」
「まあいいから聞けよ。退屈はさせないからさ」

そう言って姿勢を正した彼は、では、と呟いて話を始めた。
僕は朝起きて気付くと、何もない白い部屋にいた。
どうしてそこにいるのか、どうやってそこまで来たのかは全く覚えていない。
ただ、目を覚ましてみたら僕はそこにいた。
しばらく呆然としながら状況を把握できないままでいたんだけど、急に天井のあたりから声が響いた。

古いスピーカーだったんだろうね、ノイズがかった変な声だった。
声はこう言った。

『これから進む道は人生の道であり人間の業を歩む道。選択と苦悶と決断のみを与える。
歩く道は多くしてひとつ、決して矛盾を歩むことなく』

って。で、そこで初めて気付いたんだけど僕の背中の側にはドアがあったんだ。横に赤いべったりした文字で

『進め』
って書いてあった。

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:01:55.51 ID:VksNiEbF0.n
『3つ与えます。
ひとつ。右手のテレビを壊すこと。
ふたつ。左手の人を殺すこと。
みっつ。あなたが死ぬこと。

ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり彼らは死にます。
ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。
みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

めちゃくちゃだよ。どれを選んでもあまりに救いがないじゃないか。
馬鹿らしい話だよ。でもその状況を馬鹿らしいなんて思うことはできなかった。
それどころか僕は恐怖でガタガタと震えた。
それくらいあそこの雰囲気は異様で、有無を言わせないものがあった。

そして僕は考えた。
どこかの見知らぬ多数の命か、すぐそばの見知らぬ一つの命か、一番近くのよく知る命か。
進まなければ確実に死ぬ。
それは『みっつめ』の選択になるんだろうか。嫌だ。
何も分からないまま死にたくはない。
一つの命か多くの命か?そんなものは、比べるまでもない。
寝袋の脇には、大振りの鉈があった。

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:02:32.98 ID:VksNiEbF0.n
僕は静かに鉈を手に取ると、ゆっくり振り上げ
動かない芋虫のような寝袋に向かって鉈を振り下ろした。
ぐちゃ。鈍い音が、感覚が、伝わる。
次のドアが開いた気配はない。もう一度鉈を振るう。
ぐちゃ。顔の見えない匿名性が罪悪感を麻痺させる。

もう一度鉈を振り上げたところで、かちゃり、と音がしてドアが開いた。
右手のテレビの画面からは、色のない瞳をした餓鬼がぎょろりとした眼でこちらを覗き返していた。
次の部屋に入ると、右手には客船の模型、左手には同じように寝袋があった。床にはやはり紙がおちてて、
そこにはこうあった。

『3つ与えます。

ひとつ。右手の客船を壊すこと。

ふたつ。左手の寝袋を燃やすこと。

みっつ。あなたが死ぬこと。

ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり客船の乗客は死にます。

ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。

みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:03:17.89 ID:VksNiEbF0.n
客船はただの模型だった。
普通に考えれば、これを壊したら人が死ぬなんてあり得ない。
けどその時、その紙に書いてあることは絶対に本当なんだと思った。
理由なんてないよ。ただそう思ったんだ。

僕は、寝袋の脇にあった灯油を空になるまでふりかけて、
用意されてあったマッチを擦って灯油へ放った。
ぼっ、という音がして寝袋はたちまち炎に包まれたよ。
僕は客船の前に立ち、模型をぼうっと眺めながら、鍵が開くのをまった。

2分くらい経った時かな、もう時間感覚なんかはなかったけど、人の死ぬ時間だからね 。たぶん2分くらいだろう。

かちゃ、という音がして次のドアが開いた。

左手の方がどうなっているのか、確認はしなかったし、したくなかった。

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:03:31.21 ID:VksNiEbF0.n
次の部屋に入ると、今度は右手に地球儀があり、左手にはまた寝袋があった。
僕は足早に紙切れを拾うと、そこにはこうあった。
『3つ与えます。

ひとつ。右手の地球儀を壊すこと。

ふたつ。左手の寝袋を撃ち抜くこと。

みっつ。あなたが死ぬこと。

ひとつめを選べば、出口に近付きます。
あなたと左手の人は開放され、その代わり世界のどこかに核が落ちます。

ふたつめを選べば、出口に近付きます。
その代わり左手の人の道は終わりです。

みっつめを選べば、左手の人は開放され、おめでとう、
あなたの道は終わりです』

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:04:30.71 ID:VksNiEbF0.n
思考や感情は、もはや完全に麻痺していた。
僕は半ば機械的に寝袋脇の拳銃を拾い撃鉄を起こすと、すぐさま人差し指に力を込めた。
ぱん、と乾いた音がした。ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん。
リボルバー式の拳銃は6発で空になった。初めて扱った拳銃は、コンビニで買い物をするよりも手軽だったよ。

ドアに向かうと、鍵は既に開いていた。何発目で寝袋が死んだのかは知りたくもなかった。

最後の部屋は何もない部屋だった。
思わず僕はえっ、と声を洩らしたけど、ここは出口なのかもしれないと思うと少し安堵した。やっと出られる。そう思ってね。

すると再び頭の上から声が聞こえた『最後の問い。

3人の人間とそれを除いた全世界の人間。そして、君。
殺すとしたら、何を選ぶ』

僕は何も考えることなく、黙って今来た道を指差した。

するとまた、頭の上から声がした。

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:05:07.65 ID:VksNiEbF0.n
『おめでとう。
君は矛盾なく道を選ぶことができた。
人生とは選択の連続であり、匿名の幸福の裏には匿名の不幸があり、匿名の生のために匿名の死がある。
ひとつの命は地球よりも重くない。

君はそれを証明した。
しかしそれは決して命の重さを否定することではない。
最後に、ひとつひとつの命がどれだけ重いのかを感じてもらう。
出口は開いた。
おめでとう。

おめでとう。』

僕はぼうっとその声を聞いて、安心したような、虚脱したような感じを受けた。とにかく全身から一気に力が抜けて、フラフラになりながら最後のドアを開けた。

光の降り注ぐ眩しい部屋、目がくらみながら進むと、足にコツンと何かが当たった。

三つの遺影があった。

父と、母と、弟の遺影が。
これで、おしまい」

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:05:40.84 ID:VksNiEbF0.n
彼の話が終わった時、僕らは唾も飲み込めないくらい緊張していた。
こいつのこの話は何なんだろう。
得も言われぬ迫力は何なんだろう。
そこにいる誰もが、ぬらりとした気味の悪い感覚に囚われた。
僕は、ビールをグっと飲み干すと、勢いをつけてこう言った。

「……んな気味の悪い話はやめろよ!楽しく嘘の話をしよーぜ!ほら、お前もやっぱり何か嘘ついてみろよ!」
そういうと彼は、口角を釣り上げただけの不気味な笑みを見せた。
その表情に、体の底から身震いするような恐怖を覚えた。
そして、口を開いた
「もう、ついたよ」
「え?」

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:17:14.59 ID:FgIDNWGR0.n
>>36
頭の悪いオレに分かりやすくこの話のどこが怖いのか教えてくれ

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:18:52.78 ID:+gZwguBpa.n
>>50
「ひとつ、作り話をするよ」

56: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:19:45.61 ID:qoMLQMrwd.n
>>50
殺してたのは自分の家族で嘘を付いたのは作り話だって部分ってことじゃない?
それもわかってて怖くなくね?って事なら実際に自分がそれを体験したらって考えるとかなりゾッとするよ

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:07:04.02 ID:6AXQWcT40.n
紫じじいって知ってる?

小学校の時に地域の子供が騒いでた
今思えばババアだったかも

一つ忘れられなかった出来事
騒ぎに加わってた友達んちので遊んでた
二人で遊んでたら、一人の少年がいつのまにか近くにいた
その少年の顔は全く記憶になかった
少年はこっちへ歩いてきながらブツブツと何か言ってた
不思議に思いながら見ていると友達が急に血相を変えて「逃げるよ!」って叫んだ
何が何だかわからぬまま一緒に全力疾走
遠くまで逃げた後、一体どうしたのか聞いてみたら
友達「あいつこっち見て「私のお人形さん」って言ってた」
って言いながら顔を真っ青にして震えてた

43: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:08:52.59 ID:qoMLQMrwd.n
>>40
これは始めて見た、意味がわかると系なのか?ちょっとよくわかんないな

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:13:15.19 ID:VksNiEbF0.n
深夜に家に一人でいたら、いきなりドアを「ガチャガチャ!」ってやられたことならある

49: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:15:03.08 ID:qoMLQMrwd.n
えぇ……心霊とか関係なくホントに怖い話じゃん……

心霊関連はどうってことないけどそういうのはホントに苦手だ眠れなくなる

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:17:31.76 ID:VksNiEbF0.n
>>49
都会で一人暮らししてると稀にこういうキ◯ガイが来るぞ
深夜は特に

61: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:22:30.69 ID:qoMLQMrwd.n
>>51
都会怖すぎ………田舎っ子でよかった

52: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:17:56.78 ID:qoMLQMrwd.n
俺はガキんちょの頃廃墟で声聞いたことがあったな

5.6人いて割りとはっきりした声だったのに聞いたのは俺とあと1人だけだった

実際に音がしたなら全員に聞こえてるはずなのに聞こえなかった奴等は何の物音も無かったって言うし2人聞こえてるから俺の幻聴ってことでもないだろうし

あれはなんだったのかなぁ

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:18:58.01 ID:7f/xE1YJ0.n
俺は寝てるときに女の子の声がはっきり聞こえたなヒヒヒッてわらってた

61: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:22:30.69 ID:qoMLQMrwd.n
>>55
幼女住み着いてるとか当たり物件じゃん!

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:20:55.07 ID:fzUSF7no0.n
家でいる時に何気なくふっと後ろ向くときあるじゃん
なんかいるらしいな

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:22:54.50 ID:jGQoaVmy0.n
>>57
それ上にいるらしいぜ

65: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:25:10.75 ID:qoMLQMrwd.n
>>62
上なんて確認したこと無かった……かなり冷えたぞそれ怖い凄い

今まで後ろ見て安心してたのも実は上からニタニタされてたんだろうな、怖い怖い

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:23:33.49 ID:voxr+iZF0.n
専門学校に地下鉄で通ってたある日、双子の姉妹が自分の正面に座ってた
両親の間に双子が座っている形で俺とその家族以外は二組の乗客しか乗り合わせてなかった
そんな中、双子はこっちを指さして
双子「パパ!ママ!おばけおばけ!」
って言いやがった
心の中で「誰がお化けだよ」と言いながら携帯をいじり聞こえてないふりをしていたが
ふと双子に視線をやると俺の方ではなく地下鉄の窓ガラスを指さしてた

怖くはないけど鳥肌がたった実話です

66: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:26:34.21 ID:qoMLQMrwd.n
>>64
これは実話っぽい

68: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:27:35.13 ID:qoMLQMrwd.n
>>64
実話特有の落ちも盛り上がり所もなちけどスーっと忍び寄ってくる寒気好き

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:29:06.35 ID:eDBXUeL+K.n
二年前に俺とAとBの男三人で某最強スポットって言われる山梨の廃墟に行ったんだ
三人揃ってビビりだから昼頃にねw

んで探索中にくだらない事でAとBが口喧嘩始めちゃって雰囲気が最悪になっちゃってさ
そんな空気で探索してもつまんないからもう帰ろうって事になったのよ

76: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:32:22.94 ID:qoMLQMrwd.n
>>70
山梨のさいきょう廃墟ってどこだろ
そんな有名なとこあったかな

78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:36:12.22 ID:0NAasQdA0.n
怖い話じゃないけど…
サイコパステストが一つある

あなたは猫を一匹飼っています。
ですが、ある日その猫が一匹の仔猫を生みました。
あなたは困ってしまいました。
何故なら、あなたには猫を一匹飼えるだけのお金の余裕はありましたが、
今のままの生活では二匹も飼い続けることは金銭的に難しいからです。
さて、こんなときあなたはどうしますか?

83: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:38:21.80 ID:qoMLQMrwd.n
>>78
俺だったら2匹とも逃がすか2匹とも貰ってくれる人探す

サイコパス的には2匹とも殺すとかそんなんでしょ

94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:46:41.80 ID:0NAasQdA0.n
>>78
健常者の答え:
バイトをして収入を増やす、節約をする、飼い主を探す、
逃がす、保健所で処分してもらうetc

サイコパスの答え:
仔猫を殺して死骸を自分の可愛がっていた猫のエサにする

96: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:48:23.26 ID:qoMLQMrwd.n
>>94
思った以上に意味わかんなくてビビる
サイコパスこっわ

104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:55:09.29 ID:0NAasQdA0.n
>>96
サイコパスは自分の利益のことしか考えられないから、
仔猫のために何かするとかじゃなくて
自分が「金銭的にギリギリの生活をしている」という設定に着目して
「仔猫を親猫に食わせれば自分がずっと可愛がっていたペット(親猫)とは
別のジャマな仔猫を排除できる上に、ペットのエサ代を浮かすことができる」という風に思考して、
自分の利益を最大化できる行動を選ぶ

108: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:59:26.14 ID:qoMLQMrwd.n
>>104
なるほど、説明して貰えると理解はできる

でもおっそろしいなぁ、身近にも居たりするんだろうか
居たらやだなぁ

80: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:37:00.01 ID:qoMLQMrwd.n
そういえばホントに金縛りにあったことあるんだけど全然信じてもらえない

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:41:07.88 ID:fzUSF7no0.n
>>80
俺もあるよ
寝ぼけてただけかもしれんけど
寝てるときに体が動かねえとか思って目を開けたら自分と目が合った

90: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:43:16.49 ID:qoMLQMrwd.n
>>88
幽体離脱しちゃってるじゃん……心霊現象じゃんやべえよやべえよ

97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:48:47.16 ID:wnpu1TJ9d.n
昔この時期の司法解剖に立ち会ったことがある。
熱中症で亡くなった80代の男性、見た目は死んでるように見えなかったんだが、脳みそが茹で上がってた
何とも上手い表現が出来ないんだけど半熟卵みたいな感じ
クーラー付けないで寝てる間に部屋の気温が46℃まで上がってたって消防から聞いてから夏はクーラーガンガン使うようになったわ

99: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:51:53.42 ID:qoMLQMrwd.n
>>97
脳ミソ半熟卵…………

エアコン消して寝て昼間に起きたら暑すぎて気分悪いことよくあるわ
でもエアコンつけると電気代やばいしなぁ……でも死にたくないなぁ…

105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:55:17.58 ID:wnpu1TJ9d.n
>>99
この遺体はすぐ発見されたから良かったけど今の時期は3日で緑、1週間で黒になるから辛い

108: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:59:26.14 ID:qoMLQMrwd.n
>>105
お腹空いてたけど膨れてきた
やったぁ……

98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:50:18.02 ID:DA1HpfrR0.n
ちっちゃい頃の話きいてくんない?

101: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:52:08.63 ID:qoMLQMrwd.n
>>98
聞くよ、聞かせてよ

107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:57:16.89 ID:DA1HpfrR0.n
>>101
書きためてないし携帯からだから簡潔にまとめるね。
俺三人兄弟の末っ子でにいちゃんとねぇちゃんがいた。3歳か4歳くらいの時に父ちゃんとかぁちゃんと寝ててにいちゃんとねぇちゃんが別の部屋で寝てた。
夜中目が覚めたら廊下にサーモグラフィーで人間の形映ったみたいな影がにいちゃんとねぇちゃんの声出しながらゆらゆらしてた。それだけ。

109: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:02:03.56 ID:qoMLQMrwd.n
>>107
おほう、不思議な話だね

にいちゃんねえちゃんは無事なの?

110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:04:57.81 ID:DA1HpfrR0.n
>>109
にいちゃんとねぇちゃん今日も元気よ。後日廊下で話してたか聞いてもさっさと寝にゃ怒られる両親の目の届く廊下で喋るわけないやろ言われたよ

113: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:08:20.10 ID:qoMLQMrwd.n
>>110
元気なのかそれはよかった
色は何色だったの?サーモグサフィってことは赤だったり青だったりみたいな?

116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:12:46.65 ID:DA1HpfrR0.n
>>113
色はちかちか変わってたように思うよ。なんかよう分からんこと喋ってたか思ったらにいちゃんとねぇちゃんの声で笑ってたりしたから始めにいちゃんとねぇちゃんが驚かせようとしたんか思ったよ

118: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:16:41.73 ID:qoMLQMrwd.n
>>116
幽霊とかよりも宇宙人とかSFチックな感じだねそれ

そいつがなんなのか凄く気になる

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:51:55.88 ID:+untQPFe0.n
姦姦蛇螺はゾクゾクした

102: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:53:56.19 ID:qoMLQMrwd.n
>>100
かんかんだらはゾクゾクワクワクできて読んでて楽しくなるいい話

>>姦姦蛇螺<http://chikatomo.doorblog.jp/archives/27958943.html>

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 17:54:17.46 ID:Ew22oqAA0.n
ヤマノケが一番好きだな
コトリバコ的なジャンルの話はあまり好きじゃない

106: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 17:56:03.62 ID:qoMLQMrwd.n
>>103
ヤマノケもワクワク系だよね、未知の生物との遭遇みたいなのいいよね
おれもそっち系の話が好きだな

121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:26:00.77 ID:OHqaMhJ70.n
霊媒師とかって職業はどういう経緯でなるもんなんだろう

123: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:29:56.77 ID:qoMLQMrwd.n
>>121
霊媒師は占い師みたいなもんじゃない?胡散臭さMAXじゃん

122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:26:41.36 ID:/0FFHYX40.n
406 名前:忍者ごっこ禁止令[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 10:32:12.35 ID:pMTBw4mD0
私が保育園児だった頃の話
両親は共働きで朝早くから出ていたので、私を保育園まで送るのは当時存命であった祖母の役目だった。
祖母が化粧をしている間に暇を持て余した私はしばしば「忍者ごっこ」で遊んでいた。

なんて事は無い、祖母の部屋のふすまを開けてその前の廊下を走って往復するだけの遊びだ。ドタドタ廊下を走りまわっては、「今の見えた?」などと祖母に聞いていた。
そもそも祖母は廊下に背を向けて化粧をしていたため、私の方を見てはいなかったのだが、飽きもせず走り回る私に付き合い「見えなかったよ。今日の忍者さんは足が速かったねぇ」などと言ってくれていた。

ある日祖母から、忍者ごっこをやめなさい、と言われた。
理由を聞くと床が傷むとか、仏間につながる廊下だからうるさくしたらいけない、とかそういう理由だったのだが、なかなか言う事を聞かない私に祖母はこう言った。

「そこの廊下は私ちゃんが忍者ごっこをしていない時でも時々誰かがおなじような事をしている。私ちゃんは廊下を行ったり来たりするけど、その忍者はいつも仏間の方に行ったきり帰ってこない。私ちゃんもいつかそうなってしまう気がして。」

そういえば、なんでこんな遊びをしようと思ったのかすら、私には分からない。

123: パトリオット ◆NX2p2uuOZU 投稿日:2015/08/04(火) 18:29:56.77 ID:qoMLQMrwd.n
>>122
始めて見た、これはかなりいいなゾクッと来た

124: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:39:53.78 ID:L2sJY+Ew0.n
おいらがまだしょんべんくせえがきだった時の話
旅行といっていいのかわからんが隣街にある超近所の旅館行ったんだけど
温泉はいるぞってなって
でもおいらは今と変わらずコミュ障で他人に大事なおちんちん見られるの嫌だったから人がいないか確認するために浴場にむかったんや
そしたら親子であろう母親と女の子が入ってておちんちんを見られる恐怖でそそくさと部屋に退散したんや
そしたら父ちゃんしかいなくて、別に父ちゃんとは風呂入りたくはなかったから
母ちゃんは?って聞いたら
風呂。って言われたからもっかい浴場見に行ったらおいらの母ちゃんと姉ちゃんが入ってて
「入らんの?」とか呑気に言うてきてた。
おいらがさっきみた見知らぬ親子は誰だったんだよ
そしておいらよりあとに部屋を出たはずの母ちゃんたちがすれ違いもせず先に風呂入ってたのなんでだよ
それなのか他人と家族を見間違えたおいらの頭がおかしかったのか
当時はあれ??としか思わなかったけど今考えたらちょっと怖い

おかげであれ以来風呂に入っていない

125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 18:41:03.89 ID:+gZwguBpa.n
高速道路の橋桁の下に秘密の井戸があってどうたらこうたらっていう話知ってる人いない?

129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 19:21:53.79 ID:BiWKwKVX0.n
>>125
地下の井戸?

128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/04(火) 19:07:26.83 ID:qTnxHPk60.n
私はよく携帯を無くしてしまいます。
その日も仕事中携帯が無いことに気づき、職場から自分の携帯に電話をしました。
すると3コールくらいで電話がつながりました。
「もしもし」
自分の携帯に出たのは中年男性。
また道端で落として交番に届いたのかな?くらいに思い、「すみません、自分の携帯なんですが」
と言いかけたところで電話が切れました。
その後も何回か電話したのですが繋がらなくて、仕事が終わったあとそのまま帰宅しました。
家に帰って電気をつけ、机の上を見ると自分の携帯電話がそこにはありました。

厳選!話題の記事