2015女子ワールドカップ・なでしこJAPAN総括:「女子サッカーをブームではなく文化にしていくために」|ブログインデックス

祝勝会は終わりだ!反省会を始めるぞ!

まずは、なでしこJAPANのみなさん、準優勝おめでとうございます。感動をありがとう。それはもう月曜日にソコソコ言ったので、改めてクドクド繰り返しはしません。ある程度の余韻を楽しんでもらうべく、ちょっと時間も空けました。もういいでしょう。そろそろ反省の時間です。

4年前の優勝と今回の準優勝、そこには「準」以外の大きな違いがあります。「知っている」ということです。4年前はそもそもあんなに勝ち上がったこと自体が驚きでしたが、今回はある程度上…準決勝くらいまではいくんじゃなかろうかという織り込みがありました。世間も「スゴイな」とは思っているでしょうが、ビックリはしていないはずです。

選手たちについてもそうです。4年前は「この川澄ちゃんて美少女はどんな娘なんだろう!」という興味で世間もガツガツきましたが、今さらそんな感じになるはずもありません。岩渕真奈さんが多少目新しいかなというくらいで、顔ぶれにも大きな変化はありません。多くのメンバーはすぐにいつもの生活に戻ることでしょう。趣味や特技、家族構成、子どもの頃の思い出とかを掘り下げるターンは4年前に通過済みです。

前回の山より今回の山は低い。

「なでしこブーム」はこない。

その意味で、選手たちは不安を覚えるかもしれません。なでしこリーグの動員数もジワジワ減り、日本代表クラスでさえもバイトが本業という状態で、楽観的でいられるはずもありません。しかし、どんな苦境も枯れずに堪えるのがなでしこJAPANであるように、何事も「死ななければ、死なない」のです。

この4年間、伝説のヒロインを中心になでしこは粘りました。どんな実力者でも簡単ではない、世界大会で3回連続決勝という偉業を成し遂げました。「1回だけ強かった」ではなく「いつも強い」を印象づけた。いつもワールドカップに出たり、いつも強かったりするなら、まだ何をするか決めかねている若き才能もそこを目指したくなるでしょうし、親御さんも背中を押してくれるでしょう。この4年間の継続こそが、今大会最大の収穫「4年分の文化」です。

これで次の4年間も、「世界二のなでしこJAPANがワールドカップ制覇を目指す」というストーリーで引っ張れます。2020年東京五輪は地元ですし、そこまでは多少何かがあっても「金メダル候補」としての注目を集めつづけるでしょう。都合「9年分の文化」です。それが15年、20年となっていけば、生まれたときから強い女子サッカーがある国で過ごす少女たちが、当然そこにあるものとしての女子サッカーであったりなでしこJAPANに入ってくるようになる。そのときこそ「文化」というものが見えてくるはず。どうなれば文化になるかではなく、継続した時間こそが文化なのです。

つづけていくことは、一瞬輝くことよりも難しい。これからの4年間は、山が前回よりもいくぶん低くなるだけ難しい4年間となるでしょうが、じれずに日々を過ごしてもらいたいもの。「結果を出さなければ人が離れていく」は真理ではありますが、「継続すれば一度や二度の結果で左右されなくなる」もまた真理。4年や8年ではどうにもならなくても、15年、20年と経てば世界も変わる。すべての日が未来につながっているという気持ちで、大切に過ごしていってほしいもの。こちらも、そうした未来をひきつづき見ていきたい…そのように思う次第です。

ということで、サッカーは4年間しっかり頑張ってきたようだけれど、肝心のお笑いのほうはどうだったのか、なでしこJAPANの奮闘をチェックしていきましょう。

◆2015女子ワールドカップ・お笑い部門MVPは安藤梢さんとクマです!

●GK 山根恵里奈:5.0
187センチという驚異の高身長で、何もしなくても「川島よりデケぇwww」という鉄板の笑いを生み出す天性の素質。代表選手発表の際には佐々木監督に「山根…ゆりな」と名前を間違えられるなど、「デカイ山根」以外の認識が世間的にも薄かったかもしれないが、今大会は選手としてもアピールした。スイス戦の安定感あるシュートストップと、デカイのにハイボールをファンブルするというチグハグさは、もしかして全試合使っていれば新世代お笑いGKがブレイクしたのではないかと思ったほど。今大会のハイライトは決勝戦で骨折の安藤梢を背負ってきたとき。そのパワー、安定感、運搬力。凱旋の暁には「山根がお姫様抱っこ」などのファンサービス企画で、普段お世話になっている人に恩返しをしてほしい。

●GK 海堀あゆみ:5.5
今さらなので空気的にも言い出しにくいが、あのチョンボ2発はフルヌード懺悔相当の大失態ではないか。オランダ戦では相手のミドルシュートを胸トラップ⇒足下でこねる、というショボイ時間稼ぎをしようとして後逸失点。決勝戦ではハーフウェーから頭上をブチ抜かれて絶望的4失点目。一体どこの誰がゴールデングローブ賞にノミネートしたのか理解できない。広島の新井がゴールデングラブ賞にノミネートされたみたいな納得いかない感だ。まぁ、さすがにフルヌードはカワイソウなので、ねじりはちまき、赤いふんどし、大漁旗を持って漁船に乗る、というセミヌード懺悔で許す。

ふんどし(褌) 六尺ふんどし レッド(赤) モス地

価格:1,296円
(2015/7/8 12:40時点)
感想(58件)

●GK 福元美穂:4.0
試合出場はエクアドル戦のみで、その試合もほとんど仕事はないということで笑いのチャンスは少なかった。だが、試合出場がない中でも、ベンチでは常に声を上げる姿が見受けられ、ベテランとして腐らずにいい仕事をしていたんじゃないかと思う。面白いところはないが…。練習場では安藤梢をおんぶする役目を買って出たりしていたので、影でひっそりとチームに貢献するタイプなのだろう。ベンチが抜かれたとき「コーチかな…?」「福元か」と思うことが何回かあったので、もう少し女子をアピールするよう、髪型をツインテールとかにするといいかもしれない。

●DF 近賀ゆかり:4.0
初戦スイス戦、有吉佐織が先発出場したとき、世間は思った。「キャラ被ってるな…」と。細面の縦ジワ系男前というポジションで、まさかサッカー的な役割まで被ってくる後輩がいるとは、4年前は想像だにしなかったろう。今大会は出番が少なく「今後は有吉に託す」的な発言も聞こえているが、それはリオ五輪が終わってから考えよう。

●DF 岩清水梓:5.0
今大会もプロファウラーとして、「止められないな。倒そう!」という素早い決断力でDFを牽引した。それだけに、ひきずり倒そうにも追いつけないスピードでロイドに突っ込まれたのはショッキングだったのではないか。「このスピードの相手をどうやって倒せばいいんだ!」という混乱が、痛恨のクリアミスを生んだとすれば、強くは攻められない。負けたあと、海堀にはずっと慰めのハグがあったのに、岩清水は基本放置されていたのは、「あぁチーム内の人間関係的なものかな」と辛くなったので、誰かもう少し気を遣ってほしい。こういうときこそ、友情のなでしこトレイン連結じゃないのだろうか。

●DF 熊谷紗希:4.5

選手としては、さすがの仕事ぶり。熊谷を破られてピンチとなる場面はほとんどなく、その安定感が結果として「よし岩清水のほうを狙おう」という形で、岩清水の惨劇を生むことになった気がする。しかし、サッカー以外の部分では前回大会の活躍とはほど遠い。頭を包帯でグルグル巻きにしたり、優勝のPKを決めたり、大会後に即合コンに繰り出したりした躍動感はどこへ行ってしまったのか。所属チームではブラナシで試合に出ているようなので、今後は代表でも国際的ブラナシ派として乳首をおっ立てるなど、もう一度ヤンチャなクマさんというところを期待したい。

<世界標準の着こなし>

●DF 鮫島彩:5.5
カメルーン戦での先制ゴール、オランダ戦での美しいワンツーボレーなどフィニッシュに進境を見せた。得点への意欲が増しているのか、オランダ戦では味方のゴールにも鋭いシュートを放ち、「やっべぇぇぇ!!」という顔をスーパースローで抜かれる場面も。

なお、郷里の宇都宮では「鮫島選手は宇都宮っ子ですから、スタミナと栄養満点のギョーザで育ったでしょう。鮫島選手のスタミナある守りはギョーザが支えています」と勝手に決めつけているらしいが、違うならしっかり訂正しておいたほうがいいかもしれない。調子に乗って「職人を連れて作りにいくことも考えています。(なでしこジャパンの)全員にギョーザを振る舞いたい」などとありがた迷惑な計画も立てているようなので、言うべきことはビシッと。

<ギョーザのことしか考えていない地元>

●DF 上尾野辺めぐみ:4.0
前回大会の優勝を経験した伝説のヒロインだが、それをまったく感じさせない存在感の薄さ。これだけのイケメンが、2度のワールドカップを経験してなおスルーされているのは、不思議でしょうがない。やっぱり試合に出ないとダメなのか。ダメなんだろうな。なお、上尾野辺めぐみで検索したときに表示される、アルビレックス新潟レディースの選手名鑑のページのリンクが切れたままになっているので、いい加減何とかしてもらいたい。

<郷里のパブリックビューイング、壁には「大野」「川澄」の文字>

●DF 有吉佐織:7.0
不動の右SBとしてチームの準優勝に大貢献した。イングランド戦のエリア外で倒されて得たPKや、オランダ戦のゴール、川澄との連携で相手DFを切り裂く攻撃など、攻撃面での活躍は特筆に値する。有吉が活躍するたびに東京ヴェルディ公式ツイッターと有吉弘行公式ツイッターがハシャぐというウザイ現象をSNS上にも生み出し、一躍時の人となった。実生活ではアマチュア選手としてバイトしながらのサッカー生活ということで、ヴェルディ&ベレーザには「ハシャいでいるヒマがあったら金を払え」と強く言いたい。あ、ゴメン、ないんだっけ。なお、大会期間中ずっと何かに似ている気がしていたのだが、大野忍によれば「アナコンダ」だとのこと。ダイヤモンド・ユカイじゃなかった。

<足が短い>

●DF 川村優理:5.0
スイス戦では澤に代わって途中出場、エクアドル戦ではCBとしてDFラインを形成。「休みたいので引き継ぎをお願いします」という便利な派遣社員みたいなポジションをそつなくこなした。普段は酒屋で働いているということで、給水のボトルを渡す手つきにも何となくプロっぽさを感じる。地元に凱旋したあとは「私たちなでしこJAPANの準優勝を祝う会を開いてください」「私がビール、シャンパンなどをお届けします」「ご注文、ありがとうございましたー」という営業活動で、少しでも頑張ったぶんを金に変換してもらいたい。

●DF ●●●●:4.5
「さぁて、私は誰でしょーうか?」

●MF 阪口夢穂:5.5
何と言っても、オランダ戦のビューティフルゴール。大会のベストゴールのひとつにも挙げられ、大会公式動画でも「ベストゴール10」入りをはたしている。監督にミドルを決めろと言われて本当に決めたあたりも含めて、それだけでも及第点は確保できる一発。ボヘミアーン、じゃなくてトレビアーン。相手の顔面を鋭く爪で引っかいて流血させた南斗水鳥拳と合わせて、技巧が光った。

<南斗水鳥拳>

●MF 宮間あや:6.0
イングランド戦のあと、相手のオウンゴール決着という展開を「相手にとってはアンラッキーなゴール」と表現し、相手を思いやる素敵な心根を見せた。が、そのあとでエグザイルダンスとかしたら、結局舐めくさっている感じだけが伝わったりしないだろうか。試合中のPKもルールのギリギリを突く感じで、相手はイラッときてると思うし。この4年間の「意識高いキャプテン」としての振る舞いが、時折見せる悪ふざけ気質に悪影響を与えていると思う。大野がやれば「今日も安定のバカだなぁ」と思うだけだが、今のキャプテンがやるとドキッとなる。もうちょっと普段の張り詰めを緩めてもいいのではないか。あと、長州に似てきた。

逆境?それ、チャンスだよ [ 長州力 ]

価格:1,404円
(2015/7/8 12:41時点)
感想(1件)

●MF 川澄奈穂美:5.0
なでしこの公式ブロガーとして、日々情報発信につとめた。大野がアホみたいに撮りまくる集合写真も、川澄ちゃんがいなければ半分も世に出ていなかったのではないか。大会終了後も早速、INAC神戸の練習日程を告知したり、ブログの読者登録を進めたりと告知に余念がない。なでしこのオシャレ番長改め、なでしこのお知らせ番長だ。たくさんの写真をありがとう。

●MF 澤穂希:5.5
200試合出場、6大会連続出場など打ち立てた金字塔は永久不滅のもの。日本サッカーでこれ以上の傑物が出ることは想像できない。今大会は試合のクローザーとして起用されることが多かったことから、野球系の記者によって「澤魔神」というあだ名を頂戴した。魔神って普通にバケモノの一種だけど、いいのかな。いいんだろうな。

●MF 宇津木瑠美:7.0
スタメン紹介の動画で、ちょっと角度をつけたポージングをしているあたりから「オヤ…?」とは思っていたが、まつげエクステ、絶対に落ちない極太眉、帰国後速攻で仕上げたお蝶夫人風巻き髪などを見て確信した。「大学デビューのめっちゃこじらせた感じのヤツだ!!」「おフランスデビュー組だ!!」「整形して自信つける的な、自意識がパワーの源になっているタイプの人や!!」と。よくよく考えれば、試合中にPKを取られたり、あまつさえ負けたりしてもニッコニコだったのは、悲劇も含めて「もっと私を見て!!」というカ・イ・カ・ンの笑みだったような気がする。サッカー面での鉄壁の守備とあわせて、お笑い面においても今大会最大のシンデレラガール。あと、伊武雅刀に似てきた。

<お蝶夫人参上>

<参考画像:伊武雅刀>

●MF 田中明日菜:4.5
エクアドル戦で「あっすーの思い出作りや!」と思ったら、本当に思い出作りだった。

<Photoshop頑張りすぎ>

<やりすぎてただのイケメン>

<守備の要、ではない>

●FW 大野忍:6.0
たぶんチームで一番手が短いのに、自撮り棒も使わずにスマホで自撮りするものだから、基本的に「大野の顔面」が大半を占めるという集合写真を量産した。エグザイルダンスなどの宴会芸はもちろん、ちっこすぎてヘッド空振りなどのサッカー芸も遺憾なく見せつけ、お笑い部分ではチーム最高得点をマークした。ただ、残念ながらサッカー部分での上積みがほとんどゼロなので、採点は低めに。「六月の勝利の歌を忘れない」撮影のために岩井俊二監督が「だってベンチの中とか合宿所の様子も撮りたいもん」という理由で日本代表入りしていたら、こんな感じだったのかもしれない。

<エグザイルにとってはもらい事故みたいなエグザイルダンス>

<ハッシュタグ「#OHNO」は世界で広く活用された。「日本の今の気持ちはコレ」などと使う。文字通り、ソレ>

●FW 菅澤優衣香:4.5
初めてのワールドカップということで、こんなもんかなとは思うが、チャンスをもらいながらブレイクしきれなかった印象。決勝戦の惜しいヘッドなど、ここぞの1本を決めないとスターにはなれない。元勤務先の中華屋では「優勝したら、赤字覚悟のスペシャル広東麺を販売しますよ!」「もちろん菅澤さんには無料で振る舞いますよ!」「値段は普段と同じ750円!野菜増量!」と語っていたが、どっちも負けず劣らずの煮え切らなさ。

●FW 岩渕真奈:5.5
何か、オーストラリア戦の得点で「ブレイク」みたいな扱いにしちゃってたけど、本当にそうだろうか。本人が気持ちよくなってるところ水を差すようで気が引けるが、ごっつぁんだし、オフサイド臭いし、ほかの試合で点を取ったわけでもないし、ブレイクはしてない気がする。ゴメンね…。持ち上げすぎちゃったね…。

<小物運搬担当としては100点のデキ>

<帰国時も何か持ってるけど、それは所有者が自分で持ったほうがいいヤツ>

●FW 大儀見優季:6.5
大エースとして全試合にフル出場。日本に欠かせない存在となった。4年前は、自分が活躍しなければ勝っても面白くも何ともないというところが垣間見えたが、素晴らしいメンタルコーチを得てイイ感じに丸くなった。集合写真やエグザイルトレインでハシャぐ姿や、チームメイトを抱き締めて慰めるアニキ気質など、人間的に大きくなったように見受ける。大会途中で髪を染めるのに失敗したが、それを絶対に失敗だと認めない精神力も見事。

勝つ人のメンタル [ 大儀見浩介 ]

価格:918円
(2015/7/8 12:42時点)
感想(0件)

●FW 永里亜紗乃:4.0
日本で初めて兄弟姉妹でワールドカップに同時出場した。

●監督 佐々木則夫:5.5
GKを3人とも試合に使い、全選手に思い出作りをさせるなど、大胆不敵な選手起用。逆に、そういう気遣いがないと揉めるのかな?と、ちょっと心配になった。ダジャレ等々は阪口の声で華麗に「スルー!」するが、娘さんがイングランド人と結婚したのでイングランド戦はフクザツな心境という家族こぼれ話は、ちょっと面白かった。

【MVP】
●MF 安藤梢:8.0

「足が折れても勝つ」とクチで言うヤツは多いが、リアルに足を折ってきた剛の者。骨折離脱でひとり減るのはもちろん痛いが「どうせ点は取らんやろ」という点を考え合わせると、「あんちのために」「あんちを決勝に呼ぼう」「あんちのぶんまで」とチームを団結させた貢献のほうが大きかっただろう。コズコズのユニフォームを着せたクマのぬいぐるみで世界をほっこりさせたのは、まさに怪我の功名と言えるもの。

ただ、すごい心配して、決勝ではオンブまでする気遣いをみんなでしたのに、本人がちょいちょい歩いているのはどういうことか。それが「あんち、思ったより元気だね…」という気の緩みを誘ったのではないか。ハイジだって、クララが慌てたときだけはちょっと立ってたりしたら、首を傾げるはずだ。いっそ、焦燥した顔で「私ね…サッカーできなくなっちゃった(足が治るまで)」「もう32だしね、いいトシだよね(特に脈絡なく年齢の話)」「これからどうしようかな…(ヒマ潰し検討中)」などと言っておいたほうが、チームの底力を引き出せたかもしれない。

ちなみに配分は本人が5.5点、クマが2.5点。

<クマさんがクマさんを持つ>

文化とは継続!死なずに生き残っていれば、いつか必ず文化にもなる!

厳選!話題の記事