自己肯定感の塊・太田宏介さんがチャラい嘘の連打で美女とのラストキスを達成し、武田の後継者「太田」を襲名の巻。|ブログインデックス

今日から呼び捨てにするわ、太田!

ごめんなさい、僕は本当に世の中というものがわからなくなりました。昨晩見たTBS系の恋愛バラエティ「ラストキス〜最後にキスするデート〜」という番組。この回はサッカー日本代表経験者の太田宏介とハーフモデルの瑛茉ジャスミンさんが出演されていたのですが、何かもう、最初から最後まで何が起きているのか本当にわからなかったのです。

文字通り、この番組では出会ったばかりの有名人ふたりがデートをして最後にキスをします。実際、太田もしました。太田がイケメン設定でちょいS王子様を演じながらキスをするのも理解に窮したのですが、「何故太田?」「どこルート?」「何告知目的?」「誰接待?」「どこ得?」と疑問が高速でわいてきて、しかもひとっつも解決できなかったのです。

これが内田篤人さんとかならわかるんです、イケメンだし知名度もあるし。香川真司さんとかでもわかるんです、今年大活躍だし知名度もあるし。武藤嘉紀さんとかでもわかるんです、ビッグな移籍をしそうだしイケメンだし。極端な話、武田とかでもわかるんです。相手がおかずクラブとかだったらTHE・バラエティじゃないですか。テレビ的にも素敵番組が作れるだろう理屈が見えるのです。

ただ太田じゃないですか。流行ってもいないし、将来性も特に感じないし、すごいことをやったわけでもなく、これからやる予定もなく、ぶっちゃけ世間には知られておらず、イケメンというほどでもなく、どっちかと言えば特急の先頭車両みたいな感じじゃないですか。ごめんなさいね、本当にごめんなさい。ごめんなさいね、ホントのこと言って。ホントにごめんなさい。

もちろん、お近づきになったあと魅力的だったりすることはあると思うんです。ただ、番組で起用するかって言ったらナイと思うんですね。「うどんにアンコ入れる」みたいなもので、「食べたら案外美味かった」と「試しにやってみる」って全然別次元の問題じゃないですか。何でコレ試す気になったんだろうって考えていたら、眠れなくなってしまいました。

もしかして、何者かの陰謀ですかね?

すごく大きなチカラ…たとえば国家が若者の草食化対策として「自信持ってキメたら案外モテるぜ」的な啓蒙をしているとか、Jリーグが大金を積んで「Jリーガーになればオンナにもモテモテでウハウハの人生」みたいなイメージ戦略を始めたとか。いっそ太田さん以外は全員台本通りのお芝居だったとかであってほしい。

だってこのままじゃ僕も俺様強気デートとかしちゃいそうです。「おっ、ハーフモデルってのは基本的にチョロいんだな」っていうカンチガイをしたまま、水沢アリーさんの耳元で愛を囁いちゃったりしたら一生SNSで物笑いのタネにされるじゃないですか。ワケを、とにかくワケを。納得できるワケを聞かせてほしい。僕の中の名探偵コナンは大きすぎる謎に戸惑い、自分の頭に麻酔銃を撃って昏睡してしまっているのです…。

ということで、仮にデート相手がハーフ派遣OL・下衆フモミンだった場合の想定反応と合わせて、12日のTBS「ラストキス〜最後にキスするデート〜」という謎に困惑していきましょう。

◆これ東アジア圏でやられたら「ハニートラップ」って思うヤツやで!

冒頭1秒目の小さな字幕の文字には、「サッカー日本代表経験者が本気で女性を口説いた俺様デート」と記してありました。日本代表じゃなくて「日本代表経験者」。この時点で、起用した理由がまったく見えなくなるような不思議表現。1年前に収録だけして、放送するのを忘れてたのかなと思うような謎世界です。

↓デートに現れた瑛茉ジャスミンさんは、特段の借金関係事情とか人質関係事情とかなさそうな美女!


死ぬまでに1回でいいからこんな娘とキスしてみてぇなぁ!

あー!あー!あー!あー!あー!

がっつりデートは4年ぶりだと語る瑛茉さん。不安しかないと言いつつも、フンワリ白系のコーディネートで女の子っぽさを演出してみたとのこと。待ち合わせに指定されたのは、世田谷区のヤスフットサルスタジアム。フモミンならこの時点で「どの駅からも遠いですね☆」「よく見つけましたね、この陸の孤島☆」「どこでゴハン食べます?農大の学食かな☆」と、デートを強制終了させるところ。瑛茉さんは歩いて来てる風の演出でしたが、よく行けましたね。大したもんですね。

そこで待っていたのは、サッカー日本代表経験者・太田宏介。スタジオでは足立梨花さんが「めっちゃ有名な人ですよ!」というサッカー方面向けオベンチャラで何とか場を整えますが、正直なところサッカー界隈以外は「?」という人選。しかし、太田さんは世間の「?」などモノともせず威風堂々。「俺らしいシチュエーションで」とフットサル場での待ち合わせを正当化する始末。フモミンなら「カッコイイとこ見せようって計算がカチンときちゃう☆」「一緒にフットサルやってたお友だちもこんな理由で呼び出されていい迷惑ですね☆」「で、誰?☆」とトンボ返り不可避です。

↓そして瑛茉さんは出会いの心境を後乗せVTRで告白した!

瑛茉さん:「うわぁ、サッカー選手かぁ…」

瑛茉さん:「勝手なイメージかもしれないんですけどぉ…」

瑛茉さん:「チャライなぁって言うか…」

瑛茉さん:「自分が思い描いていた“デートしたい”って思う人とは」

瑛茉さん:「まったくかけ離れてて」

瑛茉さん:「ホント不安しかなかったです」

<参考:都内在住30代派遣OL 下衆フモミンの場合>
フモミン:「うわぁ、太田宏介かぁ…」
フモミン:「勝手な言い分かもしれないですけどぉ…」
フモミン:「チェンジしたいなぁって言うか…」
フモミン:「サッカー日本代表っていう枠組みからは」
フモミン:「もうすでにだいぶかけ離れてて」
フモミン:「自分が思い描いていた“海外組”っていうか」
フモミン:「“国外にいる人”って感じで」
フモミン:「話がだいぶ違うじゃねぇかよって」
フモミン:「ホント不満しかなかったです」

パニーニフットボールリーグ Jリーグ エディション 01 太田宏介 (FC東京) パニーニ 02 第2弾 販売中

価格:60円
(2016/1/13 05:05時点)
感想(3件)

太田は「汗かいたんでシャワー浴びていいっすか」という勝手な言い分で着替えに向かいます。ごく一般的な感覚として「そこまで済ませてから待ち合わせに来い」と思うのですが、太田ワールドには違う理屈があるようです。「3分で帰ってきます」と言ってシャワーに向かった太田が普通に20分かけて戻ってくるまでの間、瑛茉さんは何故帰らなかったのか。やっぱり仕事だからでしょうか。

その後も太田はあり得ないレベルの自己肯定感で突き進みます。ジーパンにセーターという特筆するポイントもない普段着に着替えただけの話を、「サッカーぽくないです、カッコイイ」と褒められたのをいいことに、「ギャップでしょ」と何かスゴイことでもしでかしたみたいに自己肯定。ジーパンとセーターでギャップを出せるのって、ダンディ坂野レベルで一張羅が決まっている人だけだと思うのですが、太田ワールドではそうでもないようですね。

↓太田のデート第1章は、1000万円以上するベンツのGクラスでのドライブデート!


太田:「これベンツのGクラス」
太田:「覚えて帰ってよ」
太田:「出発進行ー!」

新しい与沢翼みたいな生き様だなwwww

こんな陸の孤島に呼びつける前にそのクルマで桜新町まで迎えに来いwww

太田は「109のポスターやったの?見たよー」「俺、めっちゃ晴れ男」といった調子のいいウソと、「デートプランは完璧」「年上の貫録」「任してくれよー」という調子に乗った自信を交互に披露。メシ屋に着いたあとは、わざわざ自分から店員に「貸切にしてくれてありがとうございます」と告げる俺様貸切プランアピールや、「ここに女の子?連れて来たことない」という真っ赤なウソを並べ立て、カンナで削ったみたいなペラッペラの軽薄さを強調していきます。

↓そしてサッカー連れてく連れてかねぇ問答で、面倒臭い男アピールも繰り出した!

瑛茉さん:「フォーメーションってどこなの?」

瑛茉さん:「フォーメーションってあるよね?」

太田:「ポジションね」

太田:「サッカー見に行ったりとか、ある?」

瑛茉さん:「ある!2回くらい」

太田:「ポジションってわかる?」

瑛茉さん:「フォワード?キーパーはわかる!」

太田:「何する人?」

瑛茉さん:「止める人」

太田:「正解(ニヤッ)」

太田:「ディフェンスは?」

瑛茉さん:「え?何?」

太田:「守る人」

太田:「全然知らねぇじゃん」

瑛茉さん:「ホントに知ってるよ!」

太田:「今度勉強だな」

瑛茉さん:「勉強する」

太田:「試合見にこないとダメ」

瑛茉さん:「じゃあ今度招待してね」

太田:「招待しない」

瑛茉さん:「何でよ!?」

太田:「ちゃんと勉強したらね」

フモミン:「じゃあ別にいいです☆」
フモミン:「何だこの常に上を取ろうとしてくる感じ☆」
フモミン:「すごく面倒臭いです☆」

面倒な男に好かれたら

価格:648円
(2016/1/13 05:06時点)
感想(0件)

すれっからしたOLなら絶対に引っ掛からないようなチャラさを、何故ハーフモデルはニッコリ真に受けるのか。太田がちっちゃいプレゼントと称してリップクリームを出してきたときには、瑛茉さんは「チューのために保湿しろよって意味合いなのかな」と勝手に想像して真っ赤になったそうですが、僕ならカバンからブレスケアを出してテーブルにパーンと叩きつけるところ。本当にこんなんが通るんですか。女子は、こんなんがご希望なんですか!

↓太田流アクティビティも自分勝手のオンパレードで、何故こんなのがまかり通るのかまったく納得できない!

●今度は東京タワーに移動

●ビリヤードとサッカーを融合した新スポーツ「ビリッカー」を楽しむという提案

●またサッカー関連かよ

●さっきのフットサル場ですましとけ

●罰ゲームは「俺が負けたら瑛茉の好きなところをひとつ言う、逆だったら瑛茉が俺に言う。もし恥ずかしかったら耳元で」

●ただのセクハラルールじゃねぇか

●ボールを蹴ってナインボールのルールで戦うふたり

●太田失敗の連続で「おぃっ!」「何だよぉ」「ビリッカーやだ」とマジ文句

●瑛茉さん勝利

●罰ゲームと称して耳元で囁く太田

●太田:「ひと目見たときからタイプだと思ってた」

●太田:「キメてやったぜ」

●瑛茉さん:「そんなにストレートに言ってくれることってないから、自分でもわからないような感情。気になってるのか、好きなのか」

ウソやで!瑛茉さん、こんなんウソやで!

これはキャバ嬢とかを口説くときのテキトーなセリフや!

下心しかなくて後腐れの心配がない相手のとき、男はこう言うねん!

いよいよデートは佳境へ。今度は太田は相模湖プレジャーフォレストなるイルミネーションの名所に移動します。ここで瑛茉さんからは驚きの行動が。何と「気持ちが抑えられなくなって」、自分から腕を組みにいったのです。広大なイルミネーションを前に「こんなとこ来れると思わなかった」と感動する瑛茉さんを見ると、「こんなとこに連れて来られると思わなかった」と相模湖くんだりへの移動を想像してゲンナリしているフモミンが穢れた生き物か何かに思えてきます。

ふたりは頬を寄せ合って記念撮影。瑛茉さんから「LINE交換しよぉ〜」という甘ったるいおねだりも始まります。途中から「瑛茉」と呼び捨てにしている太田は、もう完全に彼氏顔。瑛茉さんは「サッカーっていろんな国に行っちゃうじゃん」「もし彼女とかになったら寂しいよね」「何かわかんないけど胸がキュンとなる」と完全に茹で上がってしまっています。どうしよう、「心配しなくてもすぐ帰ってくると思うで」なんて言えない。瑛茉さんが「帰りたくない」って言ってる状況で、「半年後、太田がそれオランダで言ってると思うで」なんて言えない。

↓何だこの、財布に入れておくだけでウハウハになれるアヤしい通販グッズみたいな展開!


これが本気だったら今すぐ家族会議だし、これが演技だったら今すぐブルーリボン賞だわ!

僕、この娘からならラッセンの版画買ってもいい!


↓太田はラストキスをキメて、瑛茉さんは愛おしくなって自分から抱きついた!

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?

えぇい、もう二度とラストパス決められなくなってしまえ!

DAIGO風に言えば「S・K・K・Y」だわ!

開運うんこ!かるた [ サトシン 西村敏雄 ]

価格:1,404円
(2016/1/13 05:09時点)
感想(2件)

そして太田はカバンからサプライズと言ってプレゼントを取り出します。中身は2015年に着たFC東京のユニフォーム。もちろん「To Ema」のサイン入りです。瑛茉さんはすごく嬉しいみたいですが、フモミンは「また自慢だ!」と最後まで呆れ顔です。世田谷区上用賀⇒目黒区上目黒⇒港区芝公園⇒神奈川県相模原市という「はとバス地獄級」みたいな旅程と、積み上げたウソと、その場限りのコミュニケーション。何故コレがこんなオチになるのか、僕にはついに理解ができませんでした。

どんどん嫌いになっていってもオカシクないような流れで、どんどん好きになっていく逆転劇。AVには「出会って5秒で合体」とかファンタジー設定もありますが、それをも上回るファンタジーがこの世にはあった。何か、ベッキーさんとかもこんな感じなのかもしれません。男のしょーもないウソって、意外と通じるものなんですね。自己肯定と勢いで、やってみるもんですね。モテると信じて行なえば、案外モテるもんなんですね…!

オイ武田!サッカー界に武田の後継者が現れたぞ、よかったな!

厳選!話題の記事