東アジアカップに懸けるフジテレビの祈りは裏目を引き、「大会の見どころ」として掲げた4項目が1試合で全部消えた件。|ブログインデックス

絶対に裏目に出る戦いがここにはある!

僕はテレビとか新聞が大好きなオールドメディア人間なのですが、最近はそうしたものへの風当たりが非常に強くなってきているように感じます。特にフジテレビさんなどは「27時間テレビがつまらない」とか何とか言う文句を、27時間ずーっと言われていたりして大変だなと。もはや「文句を言って遊ぶためのコンテンツ」として認識されてしまったのかもしれません。

ここで中の人も「つまらないなら見ないで寝ろ!」とも言えないのが辛いところ。見る人がいなければ視聴率が下がり、CMが売れず、制作費がなくなり、ますます作るモノはつまらなくなっていく悪循環。どんどん状況は苦しくなっていきます。わずらわしいなぁとは思っても、とりあえず見てもらわないことには話にもなりません。

そんなとき助けになるのがスポーツ中継。何せ、これは権利さえ獲ってしまえば、中身は基本的に変わらず、見るヤツは必ず見る類のコンテンツです。制作費があろうがなかろうがやることは一緒。面白いかどうかは選手次第の出たトコ勝負です。視聴者も「今日はフジの中継だから見るのやめよう」などと選択する余地はありません。底が固い、安定感のあるコンテンツなのです。

フジテレビさんも、そんな気持ちでこの東アジアカップに懸けていたのでしょう。実際問題、お金はありません。女子の試合も男子の試合も、事前取材からピッチレポートからスポーツニュースでの反省会まで、全部日々野真里さんというサッカージャーナリストがひとりでやっている姿には、「1人ぶんしか予算が出なかったか…」という苦しい台所事情が透けて見えます。

それでも、日本代表が、日本代表さえ頑張ってくれたなら、きっと中継は盛り上がるはず。そんな祈りを捧げながら番組を作っていたのでしょう。中継全体には「何とか盛り上がってほしい」という切なる願いが込められていました。まさか、こんなに盛大に裏目に出るとは思ってもいなかったでしょうが…。

ということで、何をやってもダメなタイミングなんだなと思いつつ、言ったことすべてが裏目に出る感じの東アジアカップ・フジテレビ中継をチェックしていきましょう。

◆「今大会の見どころ!」を4つあげたら、4つ全部が1試合で消えた!

新生なでしこが北朝鮮に敗れたとき、「おや?」というイヤな予感はありました。しかし、まだその時点では深く考えることはありませんでした。なでしこにしてみれば、ワールドカップという大本番を終えたばかりの余技みたいな大会です。新しい顔ぶれをじっくりと眺め、今後の作戦を練っていくような仕込みの段階。ひとつの負けでオタオタする局面ではありません。

↓準優勝した主力メンバーなどは、夏休み延長戦を全力でオラついている段階!


確信した、試合絶対見てないwwww

コレはマジで映画見てる顔だwwwww

あそびたいものよっといで [ あまんきみこ ]

価格:1,296円
(2015/8/4 12:47時点)
感想(0件)

だが、ご安心ください。我々とフジテレビさんには、本命であるハリルJAPANがいるのです。ハメスロドリゲスJAPANがポンポーンと景気よく勝ってくれれば、それで中継はドーンと盛り上がりまして万々歳。ある程度負けを覚悟してきている女子よりも、全力で勝ちにきている男子のほうに期待を懸けるのは当然でしょう。

その期待は、2日の北朝鮮戦でもダダ漏れとなっていました。CM前などに流れる字幕などからほとばしる期待の波。試合開始直前のCMでは「アジア最強への道はここから!」というローマに向かう第一歩目みたいなところを強調してみたかと思えば、ハーフタイムには「後半ゴールラッシュの予感!?」という盛大な祈りを捧げていく。試合を終えたときの「ハリルJAPANまさかの敗北」というテロップには、心の底からの「まさか」が込められていたものです。

↓「後半ゴールラッシュの予感!?」という痛恨の裏目!
東アジアカップに懸けるフジテレビの祈りは裏目を引き、「大会の見どころ」として掲げた4項目が1試合で全部消えた件。|ブログインデックス|画像ID:22

※「!?」ですので、基本的にウソです。
※しかも、誰がゴールラッシュかは言ってません。
※実際に北朝鮮がゴールラッシュでした。

「予感!?」がダメなときの前のめりな焦りなんだよなwww

「しろ!」とか「頼むぞ!」とかなら違和感ないのに、勝手に「予感」しちゃってるからウソっぽく見えるんだwwww

もう、我慢ができないのですわ。人生で追い詰められた人が競馬場に行ったとき、「当たるかな?ハズれるかな?」などとノンビリ構えていることはできないのです。胸の中の感情は「当たれ!」「こい!」「死ね!」の3つのみ。勝手に万馬券がくるんじゃないかなとか、その払い戻しで人生がやり直せるんじゃないかなとか、そんな前のめりな期待だけを持ってしまうのです。

フジテレビさんもきっとそうだったのでしょう。とにかく勝ってほしい。そんな前のめりな期待感だけで、すべての準備をしてきてしまったのでしょう。そのことが一番よく表れていたのが今大会の中継について案内する公式サイト。そこには「見どころ」と題した4項目が掲出されていたのですが、それはもう完全に「やっちまったな」としか言えない、裏目の連続だったのです…!

↓フジテレビさんが掲げた4つの見どころは、1試合ですべて消えた!

東アジアカップに懸けるフジテレビの祈りは裏目を引き、「大会の見どころ」として掲げた4項目が1試合で全部消えた件。|ブログインデックス|画像ID:24

見どころ1:「ハリルホジッチ監督の初タイトル」(←絶望的)
見どころ2:「男子サッカーのモヤモヤを吹き飛ばす」(←失敗)
見どころ3:「絶対に負けてはいけない相手」(←に負けた)
見どころ4:「海外組よりフレッシュでコンディション◎」(←嘘)

逆フラグバッキバキですやんwwwwwwwwww

そりゃ視聴率も下がるわwwwwwwwwwww

時代を全然見えてないwwwwwwwwwww

逆神 [ 青木正敬 ]

価格:1,944円
(2015/8/4 12:48時点)
感想(0件)

「就任以来、スペクタクルなサッカーや、大胆な発言(体脂肪ノルマ)で注目を集めるハリルホジッチ監督」という1行目からして、「大胆な発言(体脂肪ノルマ)」という若干舐めた感じの書き出し。しかも「負けることが何よりも嫌いなハリル監督の本当の手腕が試される」と言ってしまったことで、早くも応援するフリして監督を後ろから撃っている感じがしてきます。

その後も、ぞくぞくと逆フラグを立てていく「見どころ」紹介。「モヤモヤを吹き飛ばす絶好の機会」などと余計なことを言って、よりモヤモヤさせてみたり。「倒しておかなくてはいけない相手との直接対決」「北朝鮮と韓国と中国。この3チームに対して『日本には敵わない!』と思わせる絶好の機会」「結果だけでなく、内容でも徹底的に潰しておく必要がある」と煽っておいて、内容でも徹底的に潰されてみたり。コレが韓国語・中国語に翻訳されないことを祈らずにはいられません。

そして、最後の見どころに掲げられた「Jリーグ最強軍団!」「今をときめく最強Jリーガーが一挙集結!」などのフレーズには、「もう止めて!」「最強Jリーガーのライフはゼロよ!」「違うの!コレは最強Jリーガーじゃないの!」と抱き止めずにはいられない。そんなに持ち上げないでくれ。そんなに煽らないでくれ。アレが最強だったら、この先どうすればいいんだ。「コンディション◎」っていうのも消してくれないか。コンディションは絶望的に悪いって話になってるんだから!

↓よく見ろ、どうやら最強Jリーガーはまだちゃんと集っていないらしいぞ!

東アジアカップに懸けるフジテレビの祈りは裏目を引き、「大会の見どころ」として掲げた4項目が1試合で全部消えた件。|ブログインデックス|画像ID:7

最強Jリーガー1:「宇佐美貴士」(←「史」じゃないほう)
最強Jリーガー2:「大久保嘉人」(←集ってない)
最強Jリーガー3:「槙野智章」(←書き間違い)

5分の3がニセモノじゃ、勝てるワケがないだろう!

ちゃんと最強Jリーガーが集っていれば、あんなことになるはずはないんだ!

情熱を貫く [ 大久保嘉人 ]

価格:1,512円
(2015/8/4 12:48時点)
感想(5件)

すべて裏目を引くというタイミングはある。その恐ろしさというものを改めて感じずにはいられません。これほどまでに見どころが一瞬で粉砕されることになろうとは。一体、この先、何を見どころとしてフジテレビさんはマケルJAPANの試合を中継していけばいいのでしょうか。焦りが焦りを呼ぶ形での「大会途中で打ち切り」みたいなことだけは、何とか回避してもらいたいものですね…。

↓なお、フジテレビサッカー中継のキャッチコピーは「声を枯らす準備はいいか。」だそうです!


おおっ、初めてピタッとハマったぞ!

試合後、サッカー界隈の人が罵声で声枯らしてたわ!


なお、僕的な見どころは「川口能活さんの放送事故レベルの沈黙」です!

厳選!話題の記事