極限の闘技場で結構イイトコロまで行った|ブログインデックス

なけなしの石を割って、闘技場を周回していたACことArc Cosineです。
あの謎ヨミドラパでも行けると思ってガンバッテすすめて、ここまで来ました。

この前に、ディオス→リファイブ→ヘラの先制3連発をイザナミのスキルで受けきってここまで来ました。
イザナミのスキルはやっぱり優秀ですねー。
ヘラの所でスキルの溜め直しをしっかりして、いざ、カーリー戦。

極限の闘技場で結構イイトコロまで行った|ブログインデックス|画像ID:9

ふふふ、あの時とは違ってこっちはスキルを使い切れるんじゃ、うおお!!!

って感じで、65%を削りきっていざ耐久開始、としたその1ターン後。

極限の闘技場で結構イイトコロまで行った|ブログインデックス|画像ID:14

ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

削り過ぎないように少ないコンボをしたのですが、4wayの落ちコンが乗ってしまい、この結果に(´;ω;`)ブワッ
惜しい!実に惜しい所でした!
5個組しなければよかったなー。
 

もう集中力も持たないので、今日はこの辺で許してやるぜ(負け惜しみ)

でも、一応↑の謎ヨミドラパでもパズル次第では、クリア寸前まで行ける事が分かったので、後は集中力の勝負だなーと思いました(小並感)
久々に長時間パズルして疲れました。
これから2時間後にはメンテナンスですし、今夜は読書しながら早めに寝たいと思います。
ちなみに、今日読む予定の本は、「さよなら神様」(麻耶雄嵩)です。

このブログは基本的にパズドラブログなので、あんまりパズドラ以外の話題は書く気が無いのですが、麻耶雄嵩さんに関してはちょっとだけ書かせてください。
麻耶雄嵩先生は、非常にユニークなミステリを書かれる先生です。
最も、あまり一般受けしないミステリを書いてるので、知ってる人は知っているという感じの作者さんだという認識です。
デビュー作と二作目が1番ぶっ飛んでいたのですが、それ以降も大抵はかなり捻れた文章を書いている方で、僕のようなひねられた内容が大好きという偏屈には非常に面白い内容なのですが、そうでない人にとってはただただ読みにくく、理不尽という感じです。
そのような変わったミステリを楽しめる度量のある方は、もし書店等で目につけたらぜひ手にとってパラパラと眺めてみてください。
とても面白いですよ(笑)

ではでは~。

他のパズドラブログも見に行きましょ♪↓をポチッとな。
極限の闘技場で結構イイトコロまで行った|ブログインデックス|画像ID:7
パズル&ドラゴンズランキングへ 

厳選!話題の記事