Ver3.3 新生・両手剣バトマス【ドラクエ10】 |ブログインデックス

Ver3.3 新生・両手剣バトマス【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:3

待望の属性武器が追加され、それが新スキルの耐性ダウン効果と一致する炎属性ということで一躍注目を集めている両手剣。


果たして両手剣バトマスは物理アタッカーの最高峰に返り咲くことは出来るのか?

まずは180スキルによる各種スキルの強化幅を確認してみよう。

攻撃力 5、8、10
会心率 1%、1.2%、1.5%
武器ガード率 2%、3%、4%
ブレードガード効果時間 2秒、3秒、6秒
ドラゴンスラッシュ 10%、15%、30%
フリーズブレード 12%、16%、20%
渾身斬り 2%、5%、8%
ビッグバン 8%、10%、12%
全身全霊斬り 6%、8%、10%

両手剣バトの場合、汎用性の高いメイン攻撃スキルの候補としては「渾身斬り」と「天下無双」があるが、職業スキルの天下無双は、今回の180スキルでは残念ながら強化対象外。

前回記事の片手剣の検証と同様の条件で、武器を同等錬金のフューリーブレードに変更してダメージ期待値の計算を行った。

■算出条件
レベル93バトマス
フューリーブレード+3を装備
攻撃力を675に設定
会心率は11.4%で計算
敵の守備力は500を想定
宝珠はレベル5+飾りで設定
渾身斬りは180にセット
渾身斬りの特技倍率は平均値の2.00倍に固定

■期待値
前回記事の片手剣のダメージ期待値との比較も載せておく。

Ver3.3 新生・両手剣バトマス【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:20

渾身斬りのダメージ威力が多少マシになったが、天下無双を喰うほどではない。

一方で、スキル強化のない天下無双とスキル強化された片手剣とのダメージ差が縮まっている。

それでもまだ僅かに無双のダメージ期待値が高いが、無双のターン回転の遅さは周知の通りで、DPSという観点では片手剣にやや劣ってしまう。

硬直モーションが長いため、実際の戦闘では数値以上の差が出るだろう。 



ここに属性ベルト装備すればダメージは伸びるが、片手剣かえん斬りでも同等値の強化を得るので順列は覆らない。

結局のところ、両手剣バトマスの命運はプラズマブレードに託されている

■プラズマブレード
この技に関しては、事前情報から期待を超えてきた点と期待を裏切った点がある。

期待を上回ったのは、最速60秒というCTの短さ

属性ダウン効果は30秒間持続するので、パーティに両手剣持ちが2人いれば交代でプラズマブレードを使用して常に敵の炎耐性を下げ続けるという恐ろしい戦法を取ることが出来る。

しかし、そうは問屋が卸さなかった。

期待を下回った点は、属性ダウン成功率の低さ

4回全てに個別判定があるにも関わらず、小耐性の敵にも属性ダウンが入らないことが多々ある。 


公式攻略本で耐性低下○クラス以上の敵に撃った場合は「入ったらラッキー」くらいの成功率なので、単独での運用ではパンチ不足な感はある。

この弱点を克服するためにも、出来れば専用パーティーでの運用が理想的

試行回数を増やすために両手剣持ち同士でパーティを組んで順番に回したり、
デュアルブレイカーや魔導の書が使える賢者をヒーラーにして成功率を上げるなどして出来る限り継続的に炎耐性ダウンの状況を狙って行きたい。

Ver3.3 新生・両手剣バトマス【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:24

耐性ダウン中の天下無双の威力は凄まじいものがあり、他の追随を許さないほどの高威力。

両手バト3構成ならば、この威力の天下無双が3つ同時に飛んでくることになる。

プラズマブレードさえ決まるなら、Ver3.3のバトマスでは最強の評価
 
 


■両手剣型オススメ構成
>武器
フューリーブレード 攻撃
>アクセ
炎ダメージ13%
>スキル
180 プラズマブレードⅢ
170 渾身斬り強化
160 こうげき5
>宝珠
天下無双の極意
渾身斬りの極意
テンションブーストの閃き

全てはプラズマブレード次第なので、最速で使える180セットは必須。

渾身斬りはテンション消化専用技ではあるが、バトのテンション上昇機会の多さを考えるとセットしておきたい。テンションブースト閃きもセットし物理最強技のSHT全身全霊斬りの使用機会も稼いでいく。

どちらもフューリーブレードのもう1つの効果「テンション消費なし3%」ともシナジーがあるのが嬉しい。

相手に出来る敵が片手剣の火炎斬り型と被るので、属性耐性なしの敵は両手剣で処理して、片手剣は耐性ありの敵向けの構築にして使い分けるのが運用としては良さそうだ。

久しぶりに強い両手剣バトマスが楽しめるのでオススメの型。

おしまい。  

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

厳選!話題の記事