7邦人犠牲のバングラテロ 立命大元准教授を捜査 米紙「IS活動に関与」|ブログインデックス

7邦人犠牲のバングラテロ 立命大元准教授を捜査 米紙「IS活動に関与」|ブログインデックス|画像ID:29

日本人7人が犠牲となったバングラデシュ飲食店襲撃テロ後、バングラデシュ警察がイスラム過激派組織に関与したとして公開捜査を始めた10人のうち1人が、立命館大のバングラデシュ出身の元准教授だったことが20日、関係者への取材で分かった。

今回の襲撃テロとの関係は不明。バングラデシュ警察によると、2015年5月に過激派の事件に関与した疑いで首都ダッカの警察が捜査を始め、襲撃 テロ後、公開捜査に切り替えた。

米紙ニューヨーク・タイムズは、元准教授を含む3人の容疑者がバングラデシュ国内の戦闘員と過激派組織「イスラ ム国」(IS)関係者を結ぶ「連絡要員」として活動していたとみられると報じた。

関係者によると、元准教授はデブナット・サジト・チャンドラ(イスラム名モハマド・サイフラ・オザキ)容疑者=写真(左)(同(右)は若い頃の写真、いずれもバングラデシュ警察提供・共同)。

日本の警察当局も任意で事情を聴くなどしたが、過激派との関係は確認できなかった。

立命館大などによると、元准教授は昨年4月から国際関係学部の英語コースで経営学を教えていたが、今年一月から授業を無断で休んでいた。

元准教授 は02年、大分県別府市の立命館アジア太平洋大(APU)に入学。

大学院の博士課程を修了した。大分大(大分市)によると、元准教授は10~11年、大分大の国際教育研究センターで非常勤講師を務めていた。

 ニューヨーク・タイムズによると、元准教授はバングラデシュ中部のヒンズー教徒の家庭に生まれ、奨学金を得て日本に留学した。

父親の話では日本に移った後、イスラム教に改宗して改名。

帰郷した際にひげをたくわえていたのを見て驚き、テロネットワークに関係していると伝えられて衝撃を受けたという。

引用元 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201607/CK2016072102000138.html

立命館なら、そんな事もあるかもしれないと感じます。左派・反日というイメージがありますからね。

他の報道を見ても、日本滞在中に取り込まれて帰国したようですね。

オザキという表記とオジャキと表記している報道があるのですが、一瞬日系人かなと思いましたが、バングラデシュ人と報道されてます。

こういった人物が日本に住み、日本の大学で講師として採用され、教鞭を取っていたと言う事ですね。

どこかの都知事候補は『日本に10年住めば、地方参政権を与える』と言っていますが、実現すれば彼のような人物も日本の選挙で投票できるようになるでしょう。

7邦人犠牲のバングラテロ 立命大元准教授を捜査 米紙「IS活動に関与」|ブログインデックス|画像ID:22

厳選!話題の記事