鳥越弁護士 『別荘に行った。彼氏と話し合いもした。だが無実だ。説明はしない』|ブログインデックス

鳥越弁護士 『別荘に行った。彼氏と話し合いもした。だが無実だ。説明はしない』|ブログインデックス|画像ID:6

スキャンダルは陰謀か!? 東京都知事選(31日投開票)に野党統一候補として出馬した鳥越俊太郎氏(76)が、21日発売の週刊文春で「女子大生淫行疑惑」が報じられたことを受け、同誌編集人に対し刑事告訴に踏み切った。

今回の報道が、公職選挙法違反(選挙妨害)および名誉毀損にあたるとして、鳥越氏の弁護団は東京地検に告訴状を提出したのだ。

しかも、この報道の裏に「政治的な力が働いた」と“陰謀論”を唱えだした鳥越氏。

果たして陰謀はあるのか? 

政界および出版関係者に取材すると、自らの口で説明もせず、刑事告訴に動いた鳥越氏に、異論ばかりが噴出している。

~中略~

淫行疑惑の事実関係について、弁護団の一人である弘中惇一郎弁護士は本紙の取材に「こちらが認めているのは、Aさんを含めた複数名で別荘に行ったこと。その後Aさんの交際相手であるBさんと話し合いの席を持ったことの2点のみ。Aさんに性的関係や強引にキスを迫った事実は一切ない」としている。

これくらいの内容なら、鳥越氏本人が説明してもよさそうだが、説明責任は果たさないらしい。

引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/569166/

先日は『事実無根だ』と完全否定していましたよね。

それなのに今回は『別荘に行った。女性の恋人と話し合いをした』に変わってますが、『なにか』が起こらない限り、女性の恋人が40歳も年上のジーサンと話し合いを持つとは思えませんね。

この状況で『シロ』と思うのは、共産党・民進党だけでしょ。

白か黒かは問題ではなく、有権者がクロと思えば、それで終わり。まぁほぼ真っ黒くろすけだけど。

それなのに、共産党・民進党は『20歳だから淫行じゃない』の一点張りですからね。

問題は『女性の同意があるか』ってこと。

これだけ『陰謀だ、差別だ』と否定して、今週腹括った女性が表に出てきたら、香山リカ氏同様に表メディアからは完全に捨てられる。

ただ左翼陣の面の皮の厚さはただ事じゃありませんから、後1週間のうのうと年寄り相手に嘘八百言い続けるんでしょうね。

ところで、この情けない都知事選、関東以外でも結構報道されてるんでしょうか?

もしそうなら、舛添に続いて、東京が醜態晒して申し訳ありません・・。

厳選!話題の記事