邪神攻略~闇に堕ちた英雄の幻影~【ドラクエ10】 |ブログインデックス

邪神の宮殿の「闇に堕ちた英雄の幻影」の攻略記事です。

邪神攻略~闇に堕ちた英雄の幻影~【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:24

記事トップ画像の僕の次にイケメンな闇堕ち王子のイラストは、当ブログの看板絵の作者でもあるクミミさんに特別に許可を賜って使用させていただきました。いつもありがとうございます!

今回の挑戦条件は、2月10日~24日の1獄「職・武器制限なし&同時死亡3人以上不可」です。

1獄の条件はパターン化してますので、今後も周回時には使える構成だと思います。

幻妖の魔勇者=妹
幻妖の黒公子=兄
と表現します。

■コンセプト
高倍率の闇耐性を積むことなく、安定して周回出来る構成。 

■職構成
戦士・盗賊・魔戦・バト・レン・賢者・僧侶・僧侶 

ザオ4枚、幻惑2枚、属性低下5枚、災禍3枚の構成。
ザオが2-2になるようにパーティを組むのがオススメ。

■各自の役割
戦士 妨害&隔離(兄)
武器は片手剣&盾でOK。開幕で妹に真やいばを入れ、以降は兄をマーク。
チャージタックル・体当たり・おたけびなどの各種妨害技を使ったり、壁を行って兄の行動回数を減らすのが主な役割。バトマスと盗賊への怒りはロストアタック。
妹が落ちたあとは、バイキをもらって壁をしつつ攻撃に参加する。ドラゴンソウルでの属性低下狙い、オノにスイッチして鉄甲斬もあり。


盗賊 妨害&デバフ&削り(妹)

武器はクロスペンデュラム。バトマスと一緒に妹をマーク。
レンジャーのデュアルブレイカー(以下DB)が入ったら、スパークショットで幻惑を入れる。
妨害は、サプライズラッシュ・お宝ハンター・おたけび・しばり打ち(DB時)と多彩。味方の属性耐性低下技や災禍からのラッシュに備えて妨害技は、常時1つ残しておくと良い。
妹がミラクルブースト状態になった場合は、極竜打ちで解除。他は双竜打ちでの削り。
チャンス特技はグランドクロス優先でOK。

魔戦 補助&遠距離削り
武器は遠距離攻撃出来る弓が戦いやすい。
主な役割はバイキルトとフォースの維持とフォースブレイク&ドラゴンソウルによる属性耐性低下。
序盤のバイキルト優先順位は、妹へのダメージソースとなる盗賊と自分に。
バトマス死亡時に蘇生にバイキルトを合わせやすく、属性耐性低下時のフォースもれを防ぐ意味でバトマスと同じパーティに入るのが良い。
手が空いているときには、さみだれ・シャイニング・ダークショットで遠距離から削る。
妹が落ちたら、戦士・レンジャーにもバイキルトを。余裕があればピオリム。

バトマス メイン火力
武器は戦姫のレイピアの二刀流。
役割は火力。ひたすらに火力。開幕捨て身から妹に張り付き攻撃し続ける。
ミラクルブースト&もろば斬りはここでも高火力なのでガンガン狙う。もろば極意15%推奨。もろばの火力引き上げのために大竜玉を装備。
密着がちになる分、幻妖の一閃と魔光は比較的避けやすいが、絶対零刀は避けにくいので対策におびえガードがあると良い。創世の魔力を使った場合、離脱前に一回殴る余裕はある。


レンジャー DB&幻惑&蘇生

武器は序盤ブーメランで終盤はオノ。
DBを入れて幻惑を維持する。妹には盗賊がつくので、物理攻撃が多い兄のマヌーサ維持がメイン。
腕の錬金をヘナトスにすることでDBと相まって攻撃力低下を維持できる。
妹が落ちるまでは蘇生やフェンリルでの削り、おたけびなど。その後はオノで兄の削りに加わる。


賢者 零の洗礼&蘇生&いやしの雨

武器は両手杖でOK。
兄の鉄壁の盾(退魔の盾)に対してすばやく洗礼を入れて解除する。
Ver3で強化された「いやしの雨」は被ダメージの20%のHP回復。兄妹どちらも通常攻撃が2連撃なため、これが入っていると生存率がグッと高まる。
基本はほぼ蘇生に追われるので、自己バフは早詠み優先。CTが貯まってドルマドンで攻撃する際に悟りを使うと良い。

僧侶 回復&聖女&蘇生
武器は当然スティック&盾。終盤に槍があるとクール。
敵から離れた位置をキープしつつ、回復。2人いるので聖女優先と回復優先に分かれると良い。
チャンス特技がきたら災禍の陣を。短時間だが回復が緩むので声をかけるといいかもしれない。
兄1人のみになったら余裕が出てくるので、槍に持ち替えてジゴスパークで雷耐性低下を狙うのもアリ。
自分に天使の守りも忘れずに。

■装備・宝珠など
全員必須はマヒと封印。まれに呪いにもかかる。
闇耐性をゴテゴテに盛るよりも、大竜玉などでHPをある程度押し上げた方が安定するように感じた。
アタッカーはストームフォースに対応したベルトを付けること。
宝珠は各職の役割に沿ったものを。

■共通の立ち回り
大原則は「一か所に固まらないこと」であり、それを実現するためには「兄と妹を引き離して戦う」ことが鉄則。
自分が妹のタゲになっていることを確認した場合は、兄から離れる方向に逃げること。
自分が兄のタゲになっている場合は、戦士に引っ掛けて逃げるのが重要。

妹をマークしているバトマスと盗賊へ怒りが向くと、兄が妹の方に走ってくるため、バトと盗賊への怒りは即ロストすること。
同様に、妹の怒りが戦士に向いた場合もロスト。バトマスと盗賊が妹の怒りをとると削りのペースが大幅に落ちるためこれもロスト。

それ以外の怒りは、時間を稼ぐチャンスなので、他のキャラに引っ掛けて逃げることで出来るだけ引っ張る。

要注意行動は以下の通り。

幻妖の魔勇者
幻妖の一閃
=前方への範囲攻撃。側面~背後回り込みで回避可能。
幻妖の魔光=タゲに向かって直線状のビーム攻撃。タゲになった人は回避不可。その場で停止して甘んじて受ける。周りを巻き込まないように。準備モーションが長いので「やいばのぼうぎょ」で聖女を残せると大きい。
絶対零刀=妹を中心とした範囲攻撃。発生が早く密着状態から避けるのは不可能。行動前に離脱態勢になってないと避けれないが、距離のある状態で一閃がくるとそっちを喰らうので悩ましい。アタッカーはおびえガードがほしい。
深淵の戦陣=絶対零刀と同じような範囲。発生早め。

闇のころもの使用直後にすぐ行動してくるので、衣を使用したらとりあえず距離をとるのが吉。

幻妖の黒公子
黒の斬撃=対象をとる攻撃。タゲに向かって直前上の遠距離攻撃。戦士の壁を突き抜けて飛んでくるので、妹がいるあいだはある程度の被弾は止む無し。戦士だけ避ける。
終盤も頻繁に使用。正面に壁に入るのは戦士含めて2人くらいにし、他のメンバーは側面や背面から攻撃するようにすると被弾が減る。ターンエンドはこれが多い気がする。
虚無の剣=前方範囲に大ダメージ&いてつく波動。黒の斬撃と同じような避け方。
追憶の呪縛=対象とその周囲に長時間の行動停止。タゲになった人は巻き込まないようにその場で止まって周りが避けるのが良い。
冥府の地鳴り=HP黄色から使用してくる。ジャンプで回避可能。たまに2回連続で使われるため、聖女入っていても3人以上避けられないとゲームオーバーになるので必ず回避。タイミング的には文字が出てから一拍置いてジャンプ。

■この構成の戦果
上記のことをざっくり説明して8人で固定を組み、2飯分トライ。

1戦目 全滅
2戦目 勝ち 10分8秒
3戦目 勝ち 10分4秒
4戦目 全滅
5戦目 勝ち 9分21秒
6戦目 勝ち 8分10秒
7戦目 全滅
8戦目 勝ち 6分19秒

8戦5勝3敗

回を重ねるごとにタイムは縮まっており、慣れてくれば十分周回出来そうな手ごたえ。

でも全部メダルとせいすい。

■動画はこちら

闇に堕ちた英雄の幻影 1獄周回構成 【バト視点】 

回避ミスも多いですが、属性耐性低下がうまく噛み合ってくれば周回には十分なタイムが出ると思います。
安定性もそこそこ高いと思われるのでオススメであります。

神ベルト を引くまでこの苦行は続く。
 
ドラゴンクエストX ブログランキングへ

厳選!話題の記事