気まぐれな追撃の可能性【ドラクエ10】 |ブログインデックス

前回の記事で災厄の王ソロ討伐が思ったよりも楽しかったので、2回目以降の挑戦ではタイム短縮を意識して色々試行錯誤していたところ、風の宝珠気まぐれな追撃がもしかしたらめっちゃ強いんじゃないか説が僕の中で浮上してきました。
現在のソロ災厄タイムアタックの最高記録は、初回16分から半分以上縮めて8分02秒34。

気まぐれな追撃の可能性【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:24
動画を見返してみると気まぐれな追撃がかなりいい仕事をしてくれていました。

8分の戦闘中に気まぐれな追撃が発動したシーンだけを切り出してまとめた動画がこちら。

 
合計5回の発動。1回発動すれば約3.5秒ほどターンが縮まる計算なので、この宝珠の効果で17秒ほどはタイムを短縮出来てることになります。

特に連続もろば斬りの瞬間火力は凄まじいの一言。(自滅する危険性も上がりますが)

これは上手く使いこなせれば、通常戦闘でも可能性あるんじゃないか?

ということで色々実験してみました。

まず、気まぐれな追撃が今まであまり使われてこなかった理由について。

2回行動の最大のデメリットは硬直時間

回避が必要なタイミングで不意に追撃が発動し範囲攻撃などを被弾してしまうことが、この宝珠が嫌われている最大の理由だと思います。

特に敵に接近して戦う物理アタッカーではあまり使われていませんでした。 

逆に言えば、これを解消出来ればかなり実用的な効果になるということ。

まずは、不意のタイミングでの追撃をキャンセル出来るか否か?がポイントですね。

結論から言うと、出来るスキルと出来ないスキルがあります。

準備時間が設定されているスキル=キャンセル可

準備時間が0秒のスキル=キャンセル不可

となります。
準備時間が0秒に設定されているスキルは「ドラゴンスラッシュ」「裂鋼拳」「氷結らんげき」などです。
これらを主体に攻める戦闘では、気まぐれな追撃は邪魔者以外の何者でもありません。

キラーマジンガで裂鋼拳を連打してグランドインパクトですり潰される未来が見える。

「タイガークロー」「蒼天魔斬」「天下無双」「はやぶさ斬り」などの各武器の攻撃の中心になるようなスキルには準備時間が設定されている場合が多く、キャンセル可能です。
(ちなみにCT技選択時は気まぐれな追撃は発動しません。)

キャンセルが可能なスキルであれば 、事故率を下げることは出来そうです。

もちろん、これだけで不意の攻撃を喰らわなくなるわけではありません。
モーションの硬直時間中はその場から動くことが出来なくなるので、硬直時間が長いスキルは危険度が増します。

ということは、硬直時間が短いスキルでこそ真価を発揮するというわけです。

具体例で比較してみます。

天下無双    準備時間1.5秒、硬直時間3.0秒
はやぶさ斬り   準備時間1.0秒、硬直時間1.0秒
※硬直時間は公式から発表されている数値ではありません。
それぞれ気まぐれな追撃が発動した際の拘束時間は、

天下無双
準備1.5秒+硬直3.0秒+準備1.5秒+硬直3.0秒

合計9.0秒


はやぶさ斬り
準備1.0秒+硬直1.0秒+準備1.0秒+硬直1.0秒

合計4.0秒
天下無双での追撃は、敵の前で9.0秒も棒立ちになることを強いられますが、はやぶさ斬りの追撃は4.0秒程度です。

これは天下無双1回分(4.5秒)より短い拘束時間です。

はやぶさ斬りのようなスキルでは、そこまで大きなリスクは背負わずに済みそうです。
ということで、気まぐれな追撃が威力を発揮する条件としては、

その1 準備時間が0秒ではないが短いスキル
その2 硬直時間が出来るだけ短いスキル
を使う職業と武器であればリスクは最小になるわけです。

両手武器は総じて準備時間やモーションが遅め。
呪文は早詠みで準備時間は1.0秒に短縮出来ますが、モーション硬直はやや長めです。
棍や短剣はモーションが短いのですが、準備時間0秒のためキャンセル不可能なスキルが多いです。

この2つの条件に最も合致するのが、片手剣です。

はやぶさ斬り=1.0秒
かえん斬り=1.0秒
ミラクルソード=1.0秒 
など、準備時間が短くてモーション硬直も短い技が主力です。
盾戦士や盾魔法戦士、そして片手剣二刀流バトマスならば気まぐれな追撃を上手く使えるかもしれません。
※ちなみにもろば斬りは準備時間0.5秒
気まぐれな追撃の可能性【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:24

風虎+すばやさ特化+消費アクセルギア+気まぐれな追撃で、速さを極めた疾風のバトルマスターを目指してみたい。

使いこなすには、状況を見て追撃が発生してはいけないタイミングで行動直後にBを連打するというプレイヤースキルを身につけることが最低条件になりますね。 

試しに実際の戦闘でキャンセルできるかどうかやってみました。

1回目と2回目はキャンセル入力なしで普通に追撃、3,4,5回目は追撃をキャンセルしています。

とりあえず出来なくはないという感じですが、準備時間1秒のスキルですら、想像以上にコマンドのタイミングがシビアです。

相手の行動を見てからキャンセルコマンドを入力してたら100%間にあわない感じでした。

やはり敵のターンを数えて、行動直前の追撃はあらかじめキャンセル入力しておく必要がありそうです。

取り扱いはかなり難しそうですが、極めれば二刀流が一段階進化しそうな予感がします。

気まぐれな追撃の可能性【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:24

鍛錬あるのみ。

おしまい。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

厳選!話題の記事