朝まで生テレビに観覧者として自民区議が発言|ブログインデックス

朝まで生テレビに観覧者として自民区議が発言|ブログインデックス|画像ID:24

元旦の初日の出前の『朝まで生テレビ』見ましたか?

私は3時半位まで見て、初詣に行き、戻ってから最後の方を見ました。録画もしました。

今回はコメンテーター登場の時から、いつもと保守と左派のバランスが逆だな・・と感じました。

最初のテーマはアベノミクスだったのですが、視聴者代表として、大田区の方が観覧者として参加していました。

彼ら観覧者に意見を求めた際に、地元の建築屋さんが答えていました。

『民主党時代より物は流れているが、ゼネコン中心の流れの為、町の建築屋に注文が来るのは、一般人に利益が回り、家を建てるようになってからだろう』という意見でした。

この男性が、大田区の区議であるという指摘が出て、出演した小林かつのり氏も放送ご確認したそうです。

またその後、対中関係などにも話は移ったのですが、絶対話すと思っていた慰安婦合意については触れられずに終わりました。

大田区の区議に関しては、本来の仕事が建築屋さんらしいのですが、自民の区議ということを隠すべきではなかったと思います。

テレビ朝日は、ニュースステーションの古賀氏騒動以来、若干へたれたんでしょうか。

日本人が報道やテレビ局に求めているのは、公正さであって、自民党へのすりよりではないと思うんですが、テレビ朝日は誰かに擦り寄らずにいられない体質なんでしょうか?

厳選!話題の記事