故・若宮啓文氏の珍コラム 『竹島と独島 これを「友情島」に』|ブログインデックス

故・若宮啓文氏の珍コラム 『竹島と独島 これを「友情島」に』|ブログインデックス|画像ID:26

若宮啓文さん68歳(元朝日新聞主筆)28日、訪問先の北京市内で死去。東京都出身。

東京大法学部卒業後、1970年に朝日新聞社入社。

東京本社政治部、政治部長、論説主幹、主筆を歴任。

2013年1月に朝日新聞社を退社、日本や韓国の大学で客員教授を務めた。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000005-mai-peo


若宮啓文氏と言えば、2005年のコラムが思い出されます。

ちょっと読み返してみましょう。

~引用 ここから~

それは、嵐の中に飛び込むようなものだった。

島根県が「竹島の日」条例を定めて間もない18日、日本批判が燃えさかる韓国を訪れたのだ。

大先輩にあたる韓国のジャーナリスト・権五ギ(クォン・オギ)さんとの対談で作った『韓国と日本国』(朝日新聞社刊)が韓国語になって出版され、この日にソウルで記念の催しが行われた。そこに降ってわいたのがこの問題だった。


日の丸が焼かれる。抗議のために指を詰める。


「日本人お断り」のゴルフ場が現れる。「竹島の日」に対抗して「対馬の日」を定めようとの自治体まで出てく る。


韓国政府は「断固対処」の対日新原則を発表し、やがて盧武鉉大統領は「外交戦争」と言い出す。


出版会こそ無事に終わったものの、私の心は晴れないまま だ。



いつか見た光景が目にだぶる。


日本の高校の歴史教科書が「歪曲」だと問題になり、「反日」旋風が吹き荒れたのは、私がソウルで留学生活を送っていた82年のことだ。新 聞もテレビも「日本はけしからん」で明け暮れ、韓国政府は強硬姿勢を譲らない。「克日」の言葉が生まれ、国民の募金で独立記念館ができた。


だが、あれから23年。サッカーW杯の共催を経て、空前の韓流ブームの中にいる。


今年は「日韓友情年」と呼ばれ、NHKの「のど自慢」も6月にソウルで 開かれる。


『韓国と日本国』では権さんと率直な自国批判を語りあったが、大きな時代の変化を実感すればこそだった。


それなのに、これは一体どういうこと か。私も大きな戸惑いを禁じ得ない。


韓国が独島と呼ぶこの島に、こだわりが強いのは知っていた。


だが、これほどの熱狂を招くとは。いささかあきれながらも、今回思い知ったのは島に寄せる彼らの深い情念だった。


明治政府が竹島を日本のものとして島根県に編入したのは1905年2月。


その秋に韓国が日本に強要されて保護国となり、5年後に併合されてしまう。


だから、韓国にとって竹島編入は植民地支配への第一歩と映るのだが、裏を返せば、戦後に韓国が強行した竹島占拠は、植民地解放の象徴ということになる。


いや、日本が自国領と主張する島の岩肌に「韓国領」と大書し、40人の警備隊員がこれ見よがしに駐留する姿を見ると、ひょっとして、どこかで植民地支配 への報復気分を味わっているのかもしれない。


日本が独立運動を容赦なく弾圧したように、彼らも「竹島奪還」の動きには過敏に鉄槌を加える。


それが今度の騒ぎだといえば、意地が悪すぎようか。


それにしても、にわかに広がった日韓の深い溝は、両国の関係にとどまらない深刻さをはらんでいる。

まず、北朝鮮との関係だ。核と拉致で「日朝」が最悪になっている折、「日韓」の好転ぶりが救いだと思っていたのに、これでは下手をすると民族と民族の対立になりかねない。


朝鮮戦争を仕掛けられ、悲惨なテロの犠牲にもなってきたはずの韓国なのに、いまは北朝鮮に寛大だ。


むしろ、拉致問題で強硬論があふれる日本に対して「日本支配時代に数千、数万倍の苦痛を受けた我が国民の怒りを理解しなければ」と盧大統領が注文をつけるのは、南北を超えて同じ血が流れているからに違いない。


これでは北朝鮮への包囲網どころではない。


韓国にも冷静に考えてほしいところだが、日本にはいまも植民地時代の反省を忘れた議論が横行する。


それが韓国を刺激し、竹島条例への誤解まであおるという不幸な構図だ。


さらに目を広げれば、日本は周辺国と摩擦ばかりを抱えている。


中国との間では首相の靖国神社参拝がノドに刺さったトゲだし、尖閣諸島や排他的経済水域の争いも厄介だ。領土争いなら、北方四島がロシアに奪われたまま交渉は一向に進まない。


そこに竹島だ。あっちもこっちも、何とまあ「戦線」の広いことか。


そこで思うのは、せめて日韓をがっちり固められないかということだ。


例えば竹島を日韓の共同管理にできればいいが、韓国が応じるとは思えない。


ならば、いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する。


見返りに韓国はこの英断をたたえ、島を「友情島」と呼ぶ。


周辺の漁業権を将来にわたって日本に認めることを約束、ほかの領土問題では日本を全面的に支持する。


FTA交渉も一気にまとめ、日韓連携に弾みをつける――。


島を放棄と言えば「国賊」批判が目に浮かぶが、いくら威勢がよくても戦争できるわけでなく、島を取り返せる見込みはない。


もともと漁業のほかに価値が乏しい無人島だ。


元住民が返還を悲願とする北方四島や、戦略価値が高い尖閣諸島とは違う。


やがて「併合100年」の節目がくる。


ここで仰天の度量を見せ、損して得をとる策はないものか。


いやいや、そんな芸当のできる国でなし、だからこれは夢想に過ぎないのである。


~引用 ここまで~

引用元 http://www.asahi.com/column/wakayama/TKY200503270067.html


彼のピークはおそらく民主党による政権交代の瞬間だったでしょうね。


それが自民党に戻り、韓流ブームと呼ばれたプロモーションも終わりを告げ、朝日新聞は大幅に購読者を失い、慰安婦合意になり、国賊と呼ばれ、臍を噛む思いの晩年だったでしょう。


日本を憎み、日本の弱体化を夢見続けた若宮氏にとって、唯一の救いは、慕われた北京の赤い大地で生涯を終えられた事でしょうか。

若宮氏は、大変心細いと思いますが、いましばらくお待ちください。

赤い旗を掲げたかつての学生運動世代も、まもなくそちらに行かれると思いますので・・。


ご冥福をお祈りしますwww

厳選!話題の記事