封印の砂 考察【ドラクエ10】 |ブログインデックス

バトマスを始めとする物理アタッカーにとっての理想的な輝石のベルトを入手するために、封印の砂の使い方を考えてみました。

なお、この記事は脳筋物理厨バトマス野郎の独断と偏見に満ちていますので予めご了承下さい。

理想的なベルトとは?
Ver3.1でハイドラベルトが強化され、最大でHPが19もアップするようになりました。腰アクセで耐久力を上げたい場合は、ハイドラ一択状態となっています。 

この現状を踏まえると、輝石のベルトに望むものは耐久力ではなく「火力アップ」ということになります。

火力をアップさせるベルトこそがジャスティス。力こそパワーなのです。

この火力アップという観点で最も強力な輝石効果が「属性ダメージアップ」の効果。次いで「系統ダメージアップ」です。

つまり理想的な輝石のベルトとは、この2大効果を中心として4枠全てに火力をアップさせる要素が付いたベルトではないでしょうか。
例えばこちらのベルト。
封印の砂 考察【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:24
メジャーな系統である「ドラゴン系」「怪人系」への高倍率ダメージアップに加えて、数字は小さいですが「攻撃力+」「開幕会心上昇」という具合に4枠全てに火力アップ要素が付いています。

火力アップを期待する輝石のベルトは、このような効果が付いたものを集めていきたいわけです。

鍵になるのは特化封印!!
まずはこちらのベルトを御覧ください。
封印の砂 考察【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:14
ライトニングソードの性能を最大限引き出す「雷の特技ダメージ10%アップ」を軸に、メジャー系統である悪魔系へのダメージ6%アップ。
雷耐性のない悪魔系モンスターに対して16%ダメージアップが可能な強力なベルトです。

しかし、このベルトが醸し出す底知れぬ残念臭。 

その正体は、秘石効果で付いた「闇の呪文ダメージ6%アップ」です。

いい感じの物理ベルトを強化したら全く意味のない呪文効果が付いて、いい感じベルトが一転して残念ベルトになった死にたい 」という苦い経験は誰もが持っていると思います。

輝石のベルトには、「物理火力にしか関与しない効果」と「魔法火力にしか関与しない効果」が多数存在しているため、実はこのパターンの残念ベルトを引いてしまう確率が非常に高いのです。 

例えば、全輝石効果89種類のうち魔法火力にしか関与しない効果は以下の通りです。

炎の呪文の攻撃ダメージ+
氷の呪文の攻撃ダメージ+
風の呪文の攻撃ダメージ+
闇の呪文の攻撃ダメージ+
光の呪文の攻撃ダメージ+
こうげき魔力+
呪文発動速度+
呪文ぼうそう率+

これらの効果は一般的には「付いたら嬉しい効果」ですので、積極的に封印する人は少ないかと思います。

では、89種類中30種類を封印する際に、これらの効果を残した場合どうなるでしょう?
 
残った59種類に対して、魔法火力にしか関与しない効果は8種類あります。 

ということは、単純に計算して8/59=約13.5%の確率でこれらの効果が付いてしまうことになります。

この場合「輝石のベルト+4」の4枠全てにこれらの効果が付かない確率は約55.8%です。

逆に言えば、約44.2%の確率でこれらの効果が混じってしまうということです。

さらに、輝石のベルトに付く効果の統計を取られている素晴らしいブログ(ドラクエ10メモランダ様)によれば、魔法火力にしか関与しない効果は「付く確率が高い効果」となっています。

つまり「魔法火力にしか関与しない効果」を封印せずに残した場合、計算上では5割近い確率で残念ベルトを量産し続けるということになってしまいます。

なにそれ怖い
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブル

よって、理想的な輝石ベルトを狙うときは物理か魔法どちらかに特化することが重要になりそうです。(物理効果が多すぎるので魔法特化は結構苦難の道)

脳筋物理厨バトマス野郎は、まず魔法の道を捨てるところからスタートしましょう。

狙うべき効果とは?
では、具体的にどんな効果を残せばいいのか考えていきましょう。

まず第一に、輝石のベルトは火力アップがジャスティスなのでDPSをアップさせる要素は全て残すことにします。

▼DPSをアップさせる要素

こうげき力+
きようさ+
すばやさ+
かいしん率+
?%の確率でダメージ10%反射
属性特技の攻撃ダメージ+
系統ダメージ+
攻撃時?%でどく
攻撃時?%で猛毒
攻撃時?%でルカニ
開戦時?%でかいしん率上昇
開戦時?%でピオラ
開戦時?%でためる
夜開戦時?%でためる

 
これらは全て敵のHPを減らすスピードを早めるのに貢献する効果であり、輝石のベルトの役割的には残しておきたい効果となります。 

系統ダメージの優先度には現環境でかなり偏りがありますが、将来的にどんな敵が追加されても対応出来るように全て残しておくことにしました。現時点の優先順位はコチラの記事を参考に。 

他に残したい効果としては、戦闘への貢献度が高いものを考えます。

戦闘を有利に進める要素としては、「生存率を上げる要素」 「敵のDPSを下げる要素」「不利な状況を避ける要素」という観点でまとめてみました。

▼生存率を上げる要素

しゅび力+
さいだいHP+
開戦時?%で天使の守り
開戦時?%で聖女の守り
※盾を持つ職ならば「開戦時?%で盾ガード上昇」も残し。

▼敵のDPSを下げる要素 

攻撃時?%で眠り
攻撃時?%でマヒ
攻撃時?%で混乱
攻撃時?%で幻惑
攻撃時?%で魅了
攻撃時?%でヘナトス

開戦時?%でメイクアップ 

▼不利な状況を避ける要素
 MP消費しない率+

各弱耐性+
開戦時?%でマホトラのころも
開戦時?%でキラキラポーン
これらの効果は戦闘への貢献度が高い効果であるため、残します。

出現率が低い効果について
先ほどの神ブログ(ドラクエ10メモランダ様)の統計データによれば、「状態異常ガード」「戦闘後回復」「ドロップ率」の効果は出現率が低いようです。これは個人的には体感ベースでの感覚にも合致します。

出現確率が低いということは、封印のコストパフォーマンスが悪いということです。

これらの効果は封印しない方がいいのでしょうか。

▼出現率が低いとされる効果

通常ドロップ率?倍
レアドロップ率?倍
戦闘勝率時にHPが?回復
戦闘勝利時にMPが?回復
眠りガード+
マヒガード+
混乱ガード+
封印ガード+
幻惑ガード+
呪いガード+
即死ガード+
どくガード+
魅了ガード+
MP吸収ガード+
おびえガード+
転びガード+
しばりガード+
踊らされガード+

ぶっとびガード+ 

耐性装備を完備している場合、これらはほぼ全て戦闘には意味のない効果となります。

全部で19種類あり他の効果に比べて半分程度の出現率となっているようです。

これらの効果を全て封印せずに残した場合に、30個封印後の59種類からの抽選で引いてしまう確率を計算します。

59種類の中で19種類だけ出現率が2分の1ということは、この19種類が1つずつ&これ以外の40種類が2つずつ入った抽選箱からくじを引くことになります。つまり1枠あたり19/99=19.2%の確率でハズレ効果が付いてしまいます。

よって、4枠のいずれかにハズレ効果がついてしまう確率は約57.3%となってしまいます。

半分以上は残念ベルトになるわけです。これは流石に高すぎる気がします。

そこで、これらの効果については「自分が普段よく使う装備で100%に出来る耐性」だけを選んで消すことにしました。

装備で対策しているメジャーな状態異常だけ選んで消すということです。

僕の場合は、即死・眠り・幻惑・マヒ・転び・踊りの6種類は、耐性指輪を使うことなく100%に出来るので消してしまうことにします。

これ以外の状態異常ガードは、お守り程度には機能するため付いてしまっても許容出来ます。

また、レアドロと通ドロは1本持ってればもう要らないので消すことにします。

封印の砂 考察【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:8

ちなみに余談というか自慢ですが、私のレア泥ベルトは1.2倍です。(キリッ

▼消した効果

通常ドロップ率?倍
レアドロップ率?倍
眠りガード+
マヒガード+
幻惑ガード+
即死ガード+
転びガード+
踊らされガード+

8種類減らして11種類残すことにしました。

これでこれらの効果が付く確率は、1枠あたり11/107=10.2%となり、4枠のいずれかに混じってしまう確率は35.2%に軽減出来ました。

封印効果の結論
以上を踏まえて、バトマス特化ベルトを目指す僕が封印したい効果は以下のようになりました。

封印の砂 考察【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:2
画像クリックで拡大

▼封印したい効果

おしゃれさ+
こうげき魔力+
かいふく魔力+
さいだいMP+
移動速度+

呪文発動速度+
呪文ぼうそう率+
通常ドロップ率?倍
レアドロップ率?倍
眠りガード+

マヒガード+
幻惑ガード+
即死ガード+
転びガード+
踊らされガード+

炎の呪文の攻撃ダメージ+
氷の呪文の攻撃ダメージ+
風の呪文の攻撃ダメージ+
闇の呪文の攻撃ダメージ+
光の呪文の攻撃ダメージ+

攻撃時?%でマホトーン
攻撃時?%でリホ系解除
攻撃時?%でマホ系解除
攻撃時?%でテンション下げ
攻撃時?%でぶきみなひかり

攻撃時?%で魔導の書
開戦時?%で盾ガード上昇
開戦時?%でマホキテ
開戦時?%でバイシオン
開戦時?%でリベホイミ

  

どちらかと言えば「目当ての効果を引く確率を上げる」という観点ではなく、効果同士のシナジーを高めるという観点で選抜しています。

王家の迷宮をある程度周回しているプレイヤーは、属性や種族の最高値が付いたベルトは一通り持っているかと思うので、より良いエクストラ効果が付いたベルトの出現率を上げることが重要だと考えています。

まあ、これやるためには封印をイチから振り直さないとダメなんですけど。

僕は、もっと、慎重に、やれば良かったと、思いました。

おしまい。 


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

厳選!話題の記事