宝箱封入の優先順位【ドラクエ10】 |ブログインデックス

宝箱封入の優先順位【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:1

盗む金策をしていて気になったことがある。

敵が落とす宝箱に入っているアイテムの順番がどうやって決まるのか。 

ひたすら色々なパターンで盗むを繰り返して調べてみた。

なお、確定情報ではなく、多分これで合ってるという独自の仮説なので注意。 

まず、1体の敵から同時に入手できるアイテムの数は「最大4個」である。

1枠目 敵が普通に落とすアイテム
ドロップ枠
2枠目 盗賊の「ぬすむ」で盗めるアイテム
ぬすむ枠
3枠目 盗賊の証の効果で得るアイテム
証枠
4枠目 宝珠枠

正確には、この他にも「ちいさなメダル」「依頼書」「フワフワわたあめ」や「竜牙石」が入手できるが、今回それは考えないものとする。

宝箱に入る優先順位は、

1位 宝珠枠
2位 ぬすむ枠(レア)
3位 ぬすむ枠(通常)
4位 ドロップ枠(レア)
5位 ドロップ枠(通常)
6位 証枠(レア)
7位 証枠(通常)

となっている可能性が高い。


複数の敵を倒している場合は、1体ごとにこの優先順位に並ぶのではなく、全ての敵からドロップしたアイテムをこの優先順位で並び替えて宝箱に入れていると思われる。

「レア」と「通常」は、アイテムに設定されているレア度ではなく、金箱か木箱かで判断されている可能性が高い。

なぜなら、レア度がともにCの天竜草(レア)とあやかし草(木箱)を落とす、くびなが大師のぬすむ枠では、必ず天竜草が一番上に来るからだ。

宝箱封入の優先順位【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:16

画像の一番下にも天竜草があるが、これは「ドロップ枠」である。

ドロップ枠は通常では白文字になるが、「お宝ハンター」を当てた場合は緑文字となる。

お宝ハンターの効果は、「敵のドロップ枠を確定させ、その枠のレア率を大幅に上げる」という効果。

お宝ハンターで得たアイテムは緑文字になるが、あくまでも「ドロップ枠」を確定させているだけなので、宝箱封入の優先順位は、ドロップ枠と同じ位置に入る。
 
なお、お宝ハンターのレア度上昇率は、レア率50%の転生モンスターに撃つと必ずレアを落とすようになることから、最低でも2倍↑だと考えられる。 (きようさにも依存するようだが)

最後に証枠の位置だが、レアボス金策で証が発動して3つオーブがドロップされた際に、アイテム名の並びが「緑・白・緑」となるので、ドロップ枠より下で確定。

これらを踏まえて、冒頭の画像を見ると、

宝箱封入の優先順位【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:1

1番上は宝珠枠で、2番目~4番目のあやかし草が「ぬすむ」で得たアイテム。

5番目の天竜草と7番目のあやかしそうは、お宝ハンターで確定したドロップ枠。

6番目のあやかしそうは、通常のドロップ枠。
※つまり、お宝ハンターはドロップ枠の中でも優先されない。

戦闘中におたからハンターは2回しか撃っておらず、戦闘終了後に「ぬすんでいた」のメッセージが出ていたので、一番下は証枠。

となる。


以上が、独自に調査した封入アイテムのパターンから推察した、宝箱封入順位の仮説である。

この仮説を前提とすれば、「エモノよび」を使って行う盗む金策において、最大の12体まで呼ぶとかなりのロスが発生することになる。

まず、「レアドロップ率UP」の装備は、ぬすむ枠には適用されない

レア率が上がるのはドロップ枠だが、ぬすむ枠で宝箱が埋まった場合、もしドロップ枠でレアアイテムを落としていても宝箱からは押し出されてしまう。 

また、レア箱狙いの金策の場合は、「お宝ハンター」の回数が鍵となるが、お宝ハンターで入手したアイテムよりも、ぬすむ枠が優先されてしまうので、こちらも押し出されてしまう。 

要するに、エモノよびを使う盗む金策の場合は、宝箱の枠がぬすむ枠や宝珠枠で埋めつくされることで、レアドロやハンターで得たレアアイテムを消失させないように注意が必要。

封入の優先順位だけで見れば、理論上は3体で切るのが一切のロスがなく理想的。

ただ、3体で8枠全て埋まることは全て必殺技を当てるなどしない限りはそうそうないので、エモノよびのメリットを殺さないためにも、6体~8体くらいで回して、おたからハンターが多発した場合は早めに切り上げるのが良いだろう。

宝箱封入の優先順位【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:11

なお、レア狙いの最適構成は、盗賊3&旅1で応援レンジャーを付けたパーティで3体沸きをハイペースで乱獲することだろう。

2垢ではメリットが享受できなくなるが、1垢の場合はこのパーティで狩るのがオススメ。

おしまい。 

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

厳選!話題の記事