修正版!最強剣士考察Ver3.0【ドラクエ10】 |ブログインデックス

修正版!最強剣士考察Ver3.0【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:28

27日のアップデートでミラクルブーストもろば斬りの仕様が変更になります。

広場はこちら
 
与えたダメージに対してミラクルブーストの50%HP回復ともろば斬りの35%反動ダメージがこれまでは同時に処理されており、差し引きダメージに対して15%のHPが回復していました。

それが修正後は「35%のダメージを受けたあとに50%分HPが回復」という仕様になります。

なお現状のミラクルブーストのHP回復上限250は、こちらの修正に合わせて引き上げられる模様。 

これによりミラブ発動中でも反動ダメージで死ぬリスクが発生します。

まあ、下方修正自体はぶっ壊れた性能だったので仕方ないかと思います。

ただちょっとテストプレイすればわかるものを、放送で推奨までして「当初の想定とはことなる状態」と言い切る運営にがっかりという感じですかね。

決まったことは仕方ないので修正後のバトマスについて考えてみます。

まず、もろば斬りは反動ダメージが35%なので、現在のバトマスの最大HP520ー550くらいのゾーンでは、もろば斬りでダメージが1500ー1600ほど発生すると反動ダメージで死ぬ可能性が高いです。

修正版!最強剣士考察Ver3.0【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:23

ということは、二刀流でテンションが2段階以上上がった状態でもろば斬りを使用することは実質不可能となりそうです。

こうなってくると、ミラクルブーストのテンションアップ効果、闘魂140スキルのテンション消費なし、テンションバーンなどと非常に相性が悪い特技になってしまいます。

これからのバトルマスターは現在HPとテンションの状態を管理し、効率が良くリスクの少ない手を素早く選択するプレイヤースキル的な要素が必要になりそうですね。

思考停止のもろば斬り連打では成り立ちません。僧侶がキレそうw

修正版!最強剣士考察Ver3.0【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:27

これは二刀流を装備した状態ので、単体攻撃スキルのテンション状態に応じたダメージ倍率表です。(二刀流の左ダメージはバイキルト込みでざっくり右の0.6倍と計算してます。)

これを見ると単体攻撃の最善手は、
テンション0段階→もろば斬り
テンション1段階→天下無双もろば斬り(HP要注意)
テンション2段階→無心攻撃超はやぶさ斬り
テンション3段階→無心攻撃超はやぶさ斬り

テンション4段階→無心攻撃はやぶさ斬り
となります。テンション2段階以上では対象が指定出来ない無心攻撃が主力となります。

ちなみに両手剣ではこう。

修正版!最強剣士考察Ver3.0【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:8

両手剣には単発大技の全身全霊斬りや渾身斬りがあるため、基礎攻撃力の高さもありこれまでも大体テンション2段階でもろば斬りのダメージ上限に到達していたので、現状から大きく弱体化することもなさそう。

両手剣の場合は、
テンション0段階→天下無双もろば斬り
テンション1段階→天下無双 ※もろばは即死の可能性大
テンション2段階以上→渾身斬り全身全霊斬り
となり、割とシンプルな選択でおkです。ちなみに天下無双の極意は計算に含めていません。

もろば斬りが連発出来ない以上、単体攻撃で削りにいくのに二刀流はあまり有効ではなくなるかもしれません。

二刀流天下無双では、ライトニングソードで10%属性ベルトを積んでも同レベル錬金の両手剣を装備したバトルマスターに単体火力では敵わないのです。

ギガスラッシュ、ランドインパクト、ギガブレイク、プレートインパクトなどの範囲攻撃は相変わらずテンション技と相性抜群ですので、二刀流は複数の敵との戦闘で有利になり、単体には両手剣がいいかもしれません。

まとめ
単体には天下無双主体の両手剣、複数にはテンションを絡めた二刀流を使い分けるのが基本的な戦術になりそう。二刀流による単体攻撃は使いこなすテクニックを要求されそう。

しかし、今回の修正で二刀流と両手剣のパワーバランスは非常にいい感じになりそうです。

Ver2からいきなりここにワープしていれば、いい調整だったかもしれませんねw

27日の修正前に最強のバトマスを堪能しておくことをオススメします。

高速で回せるうちにアクセ合成を頑張りたいですねぇ

おしまい。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

厳選!話題の記事