ムチの錬金は攻撃か会心か【ドラクエ10】 |ブログインデックス

150スキルの実装で魔物使いが強そうだったので、スキル振ってみました。

それに合わせてムチを新調。
ムチの錬金は攻撃か会心か【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:25
現在ムチで最高の攻撃力を誇るのは、80装備の『ヴォイドアンカー

基礎効果に『開幕時10%バイキルト』『会心率+1.2%』がついています。

ムチスはスキルラインに『会心4%』があり、主力技の双竜打ちは会心下降補正がないので錬金通りの会心率となります。

購入するにあたり、ヴォイドアンカーには会心錬金と攻撃錬金のどちらが有効なのか計算してみました。
種族ウェディの場合、魔物使いLv85でちからが172ポイント。

全パッシブ取得で50ポイント。

ちからのタネで4ポイント。

ムチスキルライン150で35ポイント。

ヴォイドアンカー★3未練金が91ポイント。

忠誠のチョーカーが基礎10ポイント。

ちからのゆびわが基礎2ポイント。

セトアンクが基礎7ポイント。

アクセの合成が理論値の場合は41ポイント。

以上で攻撃力412ポイントとなります。(バイキ時559ポイント)
この状態でヴォイドアンカーの錬金を『会心4.2%』『会心5.1%』『攻撃18』『攻撃27』とした場合の、双竜打ちのダメージ上昇期待値を調べてみます。(※バイキルト前提/その他の条件は全て一緒)
錬金による双竜打ちのダメージ上昇期待値
ムチの錬金は攻撃か会心か【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:26
遥かに攻撃錬金の方がダメージ上昇値が上であることがわかります。

双竜打ちは通常攻撃の倍率4倍で会心率に下降補正も掛かりませんが、倍率1倍以上の特技では会心ダメージ上昇補正が掛からないので会心が発生してもダメージが伸びにくいという特徴があります。

双竜打ちに限らず、単純に「高倍率特技は攻撃錬金の方が優秀」と考えてしまっていいと思います。
特技倍率が上がれば上がるほど、攻撃1ポイントあたりの価値が高くなるのでヴォイドアンカーは出来るだけ攻撃力が高いものを購入すると良いかと思います。

ムチの錬金は攻撃か会心か【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:13
以上を踏まえて僕が購入したのはコチラ。攻撃22で180万Gでした。これが23になると275万Gに跳ね上がるので、ここが落とし所という感じ。
まもの使いには、ライガー9.5倍、極竜5.4倍、全身全霊4倍、双竜4倍、タイガー3.6倍、蒼天魔斬3倍と高倍率の攻撃スキルがズラリと並んでおり、これらが全てウォークライで1.5倍にブーストされるので攻撃力1ポイントあたりの価値が非常に高い職と言えます。

また、HPがパラディン&戦士に次いで高いため、敵のレベルに合わせて竜玉やHP神秘カードをパワーチャームや攻撃神秘に変えるというのも有効です。

ムチの錬金は攻撃か会心か【ドラクエ10】  	|ブログインデックス|画像ID:6

このようにパワーチャーム装備でもHP500以上を楽々確保できました。 

なんだか魔物使いに転職しそうな勢いですが、もちろんバトマスも格闘以外は全スキル150まで振りました。ミラクルブーストの修正を信じて。。。

提案広場の勇者たちに幸あらんことを。

おしまい。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

厳選!話題の記事