ブログ主の背後に忍び寄る怪しい人影|ブログインデックス

ブログ主の背後に忍び寄る怪しい人影|ブログインデックス|画像ID:21

ブログのみの更新です。

日本人が韓国人と友人になる事がありますが、それでも韓国人を知らないと結構なトラブルになる事があります。

それは最後に書くとして・・・・昨晩の更新後、ちょっとした事件がありました。

昨晩、歯も磨きベッドに入って録画したブラタモリを見ている最中に、炭酸飲料飲みたい病を発症してしまい、外の自販機に買いに行きました。

この時点で深夜2時。向かいの自販機でドクターペッパーを買っていると、背後に人影が・・。

『(゚0゚;ハッ なに!もしや深夜のオヤジ狩り・・なんかすごい楽しそう♪』と思っていたら・・・

『コンニチワ、Do you speak English?』と欧米系のリュックを背負った男女2人組。

ここからは、親しみやすいインチキ方言バージョンでお送りします。

欧米男 タブレットの画面を見せながら・・『こんな遅くにえらいすんません。わてら、このマンションの部屋訪ねて来たんやけど、おっちゃん、このお姉ちゃん(日本人女性)知ってます?』 

ブログ主 『どれどれ、いや知らんけど、どないしたん?』


欧米男 『はーそうですか・・実はな、このお姉ちゃんが部屋留守にするから2-3日部屋使ってええで、ちゅうことで、鍵借りたんやけど、部屋番号聞き忘れて、部屋に入れず往生しとるんですわ』

欧米女 『なんで最初に確認せーへんのよ。どないすんの・・こないな時間に・・』

ブログ主 『電話してみたらどうやの?』

欧米男 『ここらwifi使えんようやし、スカイプすんのに駅のフリーwifiまで戻んのも骨が折れるよってに・・』

ブログ主 『よっしゃ、おっちゃんが電話したろ、番号貸してみ』

電話中・・・ルルルルル・・・・ルルルルル・・・出えへんわ・・・こんな時間やしな・・・。

集合ポストにも名前は書いておらず、どの部屋かもわからない、本人たちも鍵は持ってるものの、オートロックの解除番号もわからない状況です。

ブログ主 『自分ら、どっから来たん?』

欧米女 『新宿から歩いてきましたんや』

ブログ主 『そりゃまたえらい距離歩いたな・・って、違うがな!どこの国から来たんかちゅーこっちゃ!』

欧米男 『ポーランドですわ』

ブログ主 『なんやえらいええ男とべっぴんさん思うたら、ポーリッシュかいな。ようこそ神秘の国・日本へ♪』

ポーリッシュ男女・ブログ主 『てか、これから、わてら、どないしたらええんやろ』

ブログ主 『このへんホテルあらへんしな・・新宿戻んのも電車は無いし、貧乏そうやし・・』

ポーリッシュ女 『どないすんの・・』


ブログ主 『よっしゃ、ここで立ってても仕方あらへんし、うち泊めたるわ』

ポーリッシュ男 『いや、おっちゃん、無理せんでも』

ブログ主 『1人暮らしやし問題ないわ。ベッドはお姉ちゃん、あんちゃんはマットレスひいて床やで。わしはカウチで寝るよってに』

ポーリッシュ男女 『ホントえらいすんまへん』

と言うことで、うちにポーランド人が泊まりましたww

実際には、日本女性に鬼のように何度も電話して出ず、暗闇の街角で見捨てるわけにもいかず・・『どーしたもんか』と3人で結構困っていました。

知らない国で夜中に炭酸買ってる人相悪い大男に困って聞く位ですから、多分相当困ってたと思います。

まぁ掃除はいつでもしてるので部屋は綺麗だし、泊めたりました。

ポーランド人もこんなに恐縮するんだなって位恐縮してたものの、部屋の片隅にある日本刀を見つけて喜んでました。

うちには、観賞用のニセモノ日本刀があります。言っておきますが、私はヤ●ザではありませんww

話を聞くとカウチサーフィンみたいに、部屋を使っていいと言われて日本に貧乏旅行に来て、昼間に会って鍵を渡されたものの、部屋のお姉ちゃんから部屋番号聞かずに、困り果て、通りすがりの日本人に聞くものの『英語ムリ』と拒否され、絶望してたのが自販機前の状況でした。

結局今日のお昼までお姉ちゃんは電話に出ず、やっとつながったら彼氏と旅行中と言うことで、私から説教食らいました。

まぁ本当は危ない部分もあると思うのですが・・体格風体から言えば、多分私の方が大きくて、顔も加害者に見えるタイプなので、大丈夫でしょう。日本刀もあるしw

ポーランド人だけあって本当に名前が●●スキーでした。

んで、お昼に焼きうどん食べさせて、お姉ちゃんから部屋番号聞きだして、向かいのマンション入れる事確認し、連絡先交換してバイバイしました。

またこれで海外人脈が一つ増えた♪

さて、最初の初めての韓国人の友人をもった日本人のケースですが、昨晩のお姉ちゃんとはちょっとちがうものの、似たケースが韓国人の場合多いです。

『何日の何便でソウルに着くよ』、『わかった迎えに行くね』となり、日本人は安心して韓国に行くのですが、実は韓国人は結構な確立で、この約束をすっぽかします。いやホントに。

『韓国に来い・・と言ったらホントに来た。なんかめんどくさくなっちゃった・・テヘペロ♪』という感じで、彼らはすっぽかします。

文字も読めず言葉も話せない韓国の空港で路頭に迷う韓国初心者の日本人は、けっこういます。

誰にも頼れずボラれるタクシーに乗り、ラブホチックなホテルしかなく、部屋から出ずに帰国まで我慢してた日本人は何人か知ってます。

これがわかってるとダブルブッキングどころか、5人位と約束して、保険を打つやり方を覚えるのですが、そこまでが韓国は大変なのです。

ここの読者は韓国には行かないと思いますが、万が一行くなら用心用心。

あと・・外国人観光客も大幅に増えてますので、部屋を貸す時はちゃんしないと彼らも困りますよ。

ちなみに・・昨晩、もしポーランド人でなく、中●人・韓●人だったら、『そーなんだ。大変だね。(棒読み)じゃ!』と言って、部屋でブラタモリの続き見てたと思います♪


※編集後記

朝起きてからコーヒー飲みながら、色々話してEUの現状とか移民問題とか教えてもらいました。

どえらい深刻みたいでした。しかしホントに外国人観光客めっちゃ増えましたねー。

厳選!話題の記事