「おじいちゃんのノート」注文殺到 |ブログインデックス

「おじいちゃんのノート」注文殺到 |ブログインデックス|画像ID:28

東京都北区の小さな印刷所が手作りしている「方眼ノート」。

元日に、ある女子専門学校生がツイッターでつぶや いたことで、注文が殺到しています。

「うちのおじいちゃんのノート、費用がないから宣伝できないみたい。Twitterの力を借りる」。

特許をとって製品 化したものの数千冊の在庫を抱えていたノートに、一気に注文が入り始めました。

「まさか、こんなことになるなんて」。町のアナログな印刷所の優れた技術 が、デジタルを通じて世に広まるまでには、小さな「偶然」の積み重ねがありました。

方眼ノートを作成しているのは、家族4人で営んでいる「中村印刷所」。

事務所には活版時代の活字や、長年使い続けて年季の入った印刷機などが並んでいます。

印刷業に関しては新規開拓はせずに、これまでの取引先との受注生産がメイン。

そんな中、新しい分野として3年ほど前から打ち出しているのがノート制作でした。

きっかけは、近くで製本業を営んでいた男性(79)が店をたたんだこと。

「印刷と製本は関係が深い。うちを手伝ってくれないか」と社長の中村輝雄さん(72)が声をかけ、アルバイトとして働くことになりました。

今回話題になっているつぶやきの主は、この男性の孫娘です。

2年間かけて2人で試行錯誤の末に完成させた方眼ノート。

普通のノートは、見開いたときに真ん 中がふくらんで、手で押さえていないと閉じてしまうことがありますが、この製品は水平に開きます。

コピーやスキャンした時に真ん中に黒塗り部分が入らず、 見開きのギリギリまで書き込むことができます。

この製造方法に関して中村印刷所として特許をとりました。

発売したのは2014年10 月。東京都の機関が試験的に購入・評価して普及を応援する「トライアル発注認定制度」にも選ばれるなど、性能は評価されてきましたが、なかなか売れませ ん。

大量発注の話があって作ったものの、実際の注文には結びつかず、数千冊の在庫を抱えていました。

「使ってもらえば、良さがわかってもらえるのに」。自分が作った在庫を見て罪悪感を感じていた男性は、孫娘にノートをまとめて渡しました。「これ、学校の友達にあげてくれ」

受け取った孫娘は、こう思いました。「学校じゃ、あんまりノート使う人いないしなー。そうだツイッターでやりとりしてる絵描きさんとか喜ぶかも」

元日に軽い気持ちでつぶやくと、多くの反響が寄せられました。

 「私が欲しかったのコレや」

 「建築とかしてる方には需要ありそう」

 「工業系の息子も欲しいと言っています」

 「どこで購入できますか」

 「私もいろんな会社にすすめてみる」

使い方を指南してくれたり、今すぐ買える量販店を教えてくれたり。多くの人たちがコメントを寄せて、あっという間にリツイートが3万を超えました。

大手の通販サイトなどで品薄となり、中村印刷所には続々と追加注文が入っています。

手作業のため1日300冊ほどしか作れませんが、幸いなことに大量の在庫があります。

自社のホームページにも通常の200倍以上のアクセスがあるそうです。

社長も男性も孫娘も、こう口をそろえます。「まさか、こんなことになるなんて」。

突然の発注を喜びつつも、社長の中村さんは先を見据えています。

「私たち2人の目が黒いうちは作り続けます、でも限界があります。この技術を受け継いでくれる会社が現れて、一人でも多くの人にノートを使ってもらえたら、というのが私の願いです」

引用元 http://withnews.jp/article/f0160105002qq000000000000000W00o0201qq000012896A

政治にまったく関係ないエントリーなんですが、応援の気持ちを込めてと言う事で・・。

twitterというと最近は暴言とか炎上とかばかりが話題になりますが、こういうニュースを聞くと、口コミのいい面が出たと感じますね。

以前、日本のチョークの会社が後継者と売り上げの問題で工場をたたみ、ブランド名ごと韓国人の塾講師に売られた記事を書きましたが、こういう工場には頑張って欲しいです。

日本は物作りが凄い・・と言いつつ、現場では価格競争の叩き合いが現実ですから、こういう付加価値を開発できる会社が本来は生き残っていくべきなんでしょうね。

今後は大量生産の大手と、アイデアの少数派だけが残っていく事になるんでしょうけれど、TPPが発効すれば、こういった小さい会社の緻密な文具が海外マーケットに進出する事も可能になるでしょう。

こういう工場には頑張って欲しいです。

厳選!話題の記事