★韓国 女子中学生たち性暴行して売春させて恐喝した男女高校生|ブログインデックス

★韓国 女子中学生たち性暴行して売春させて恐喝した男女高校生|ブログインデックス|画像ID:25

知り合いの女子中学生を性暴行して、売春を強要して売春代金まで奪った高校生たちが宣告された。

仁川地方裁判所刑事14部は、児童・青少年の性保護に関する法律違反などの疑いで起訴された高校生川某君(18)に懲役長期6年・短期4年を宣告し、40時間の性暴行治療プログラム履修を命じたと28日明らかにした。

裁判所はまた、同じ容疑で起訴された女子高生ギムモヤン(16)に懲役の長期の2年6月・短期1年10月と性暴行治療プログラム40時間履修を課して、少年部に送致した。

昨年4月から11ヶ月間、仁川の友人の家などで知り合いの女子中学生Aさん(当時13歳)を性暴行して売春行為を強要した疑いで起訴された。

また、2014年12月から今年4月まで、自分の家や公園などでAさんを強制わいせつしながら “ガールフレンドの中絶手術の費用が必要だ」と3回売春を強制的にさせて売春代金29万円を奪った疑いも受けた。

別の女子中学生Bさん(14)も7回売春を強要した。 Bさんは、性売買の過程で、妊娠して中絶手術まで受けた。

犯行には、キムさんと文様など女子高生2人加わった。これらはAさんに売春を強要しており、売春代金30万円も奪った。

キムさんは、Aさんが売春を拒絶すると、すでに売春していた事実を両親に知らせると脅迫した。

裁判所は、犯行について「被告人の犯行動機、方法、期間などを見ると、罪質が極めて不良である」とし「被害者と彼の父はショックで精神科の治療を受けており、親戚や知人も被告の厳罰を嘆願してている」と判示した。

続いて「別の被害者も売春の過程で、妊娠して中絶まで受け、被害者からの許しを受けることもできなかった」とし「被告人が男の子であることを勘案しても、その罪責に相当する厳罰が避けられない」と強調した。

裁判所はキムさんには、「以前にも窃盗や詐欺罪などで数回少年の保護処分を受けた過去があるにも自粛せずに保護処分の期間中、再び犯行を犯した」とし「厳しい処罰が必要だ」と明らかにした。

ただし、裁判所は、「被告人が犯行をすべて自白して心から悔いていると述べている点などを考慮した」と量刑理由を説明した。

犯行を犯した未成年者は少年法に基づいて長期と短期に分けて刑期の上・下限を置く方式の不正奇形を宣告する。

また、少年部送検決定を受ければ刑事処罰の代わり少年法に基づいて「保護者と委託保護委員委託処分」から「少年院送致」まで1〜10号の処分を受ける。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0002303591

18歳の男子高校生が、複数の13歳の女子中学生を何回も強姦。

16歳の女子高生と協力して売春を強制し、その代金を自分のものにする。

知り合いの高校生に強姦され、売春させられ、金も奪われ、中絶までする事になったのに、『被告は反省しているから考慮した』という裁判所判断。

非常に韓国らしい事件と判決です。弱いと見たら徹底的に叩き、搾取する。

日本にも深刻な事件はありますが、これは高校生としては度を越えてる。

こんな犯人でも、親族は嘆願書を出し、被害者を逆恨みしているでしょう。

こういう事件を見ると、韓国人の考える慰安婦問題が、ミラーイメージという事が良くわかります。

厳選!話題の記事