CIAによる、マインドコントロールの人体実験。「MKウルトラ計画」|ブログインデックス

CIAによる、マインドコントロールの人体実験。「MKウルトラ計画」|ブログインデックス|画像ID:16

「MKウルトラ計画」とは、1950年代初頭から1960年代後半にかけて、アメリカ中央情報局(CIA)の科学技術本部が極秘に行っていたとされる、マインドコントロールに関する人体実験の計画のことである。この計画は、1977年にニューヨーク・タイムズ紙が報じたことで世界に明るみに出ることになり、その実験では数万人もの兵士や囚人、精神病院の患者が何も知らされないまま、実験材料にされていたという。

スポンサーリンク

「MKウルトラ計画」の詳細

1953年4月13日、当時のCIA長官アレン・ウェルシュ・ダレスは、自身が信頼を寄せる部下リチャード・ヘルムズの意見に従い、アメリカ軍の科学者シドニー・ゴッドリーブを中心としてマインドコントロールの効果を立証するためのプロジェクト「MKウルトラ計画(Project MK Ultra)」を開始させた。「MK」とは「Mind Kontrolle」というドイツ語に由来しており、これはナチスの科学者に経緯を表したためだと言われている。

この計画の前身は「ペーパークリップ作戦」と呼ばれるものであり、これは第二次世界大戦の終戦直後、アメリカ軍が優秀なナチスの科学者を捕虜として自国へ連行した作戦のことである。その目的は、当時、ナチスの科学者は強制収容所に収容されていた人間を利用して様々な人体実験を行っていたため、その豊富な知識と技術力を手に入れることにあった。

MKウルトラ計画のその具体的な目的としては、主に戦争などの状況下において、自国の兵士の人格を完全に破壊し、任務を遂行するためだけに動く操り人形を作り出すこと、敵軍の兵士を捕らえた際には、効率良く尋問を行うこと、機密事項を知り過ぎてしまった兵士の記憶を全て抹消することなどが挙げられる。

当初、この事件は科学者同士がお互いの合意のもと、少量の「LSD」(非常に強烈な作用を有する幻覚剤)を使用し、その効果の記録を取っていたが、それだけではサンプルデータの数が全く足りないため、本人の同意を得ることなく一般市民を使用して、さらに過激な人体実験を進めていったという。

その後、この計画はアメリカ合衆国の新聞社ニューヨーク・タイムズ紙が、1977年8月2日付けの紙面で報じたことにより、世界に明るみに出ることになった。この記事によれば、数万人もの兵士や囚人、精神病院の患者が何も知らされないまま実験材料にされており、この計画には約2400万ドルもの巨額の資金が投じられていていたという。

この人体実験の内容

CIAによる、マインドコントロールの人体実験。「MKウルトラ計画」|ブログインデックス|画像ID:26

この実験には、主にLSDという幻覚剤が用いられることが多かったが、他にもタブン・サリン・ソマンなどのナチスが開発した神経ガス、催眠術や電気ショックなども用いられたという。最初に犠牲者となったのは、自ら人体実験を志願したアメリカ軍のジョージ・ドナルド大佐という人物であり、後にドナルドはLSDを用いた実験の最中に強い自殺願望に駆られ、部屋でピストル自殺を行っている。

他の被験者であるアメリカ軍のクイーン軍曹は、「少量のLSDを使用しただけで全身がトランス状態に陥り、誰かに殺されるのではないかという強い強迫観念に苛まれ、統合失調症のような症状を経験した」と述べている。また別の被験者であるアメリカ軍のチャイフィン軍曹は、「LSDを使用した途端、抑えがたいような強い自殺願望を抱き、何度もピストルを手にしたが、妻に静止されて結局自殺することはなかった」と述べている。

1957年から1964年にかけて、カナダのマギル大学アラン記念研究所でもスコットランド人の心理学者ドナルド・キャメロンを中心として、同様の実験が行われた。当時、アラン記念研究所に産後うつの症状で入院していたリンダ・マクドナルドは、本人の同意を得ないまま治療と称して、5ヶ月間に109回もの電気ショックを受けされられ、その結果、26歳までの記憶を完全に抹消された。看護婦の記録によれば、マクドナルドは自身の名前や年齢、自分の子供の顔、トイレの使い方すら分からなくなってしまったという。

1973年、アレン・ウェルシュ・ダレスに代わり、新しくCIA長官に任命されたリチャード・ヘルムズは、この実験により死亡した者や生涯不具となった者が多数いること、またその責任追及に恐れをなし、この計画の中止と全ての関連文書を破棄することを部下に命じた。しかし、1975年に開かれたアメリカ連邦議会において、破棄されずに残っていた数枚の文書が公開されることになり、それが後にニューヨーク・タイムズ紙によって全世界に報じられる原因となった。

MKウルトラ計画に関与したある科学者は、「ペイン(苦痛)、ドラッグ(薬物)、ヒプノシス(催眠術)は恐るべき戦争兵器であり、社会を支配するという目的においては原爆より効果的である。また催眠術に関しては、すでに実用的なレベルで開発が進んでおり、実際にスパイ活動などで広く用いられている」と述べている。

関連動画

管理人から一言

脳ミソの前に、お金の流れをコントロールしたいです…。

「MKウルトラ計画」の詳細

1953年4月13日、当時のCIA長官アレン・ウェルシュ・ダレスは、自身が信頼を寄せる部下リチャード・ヘルムズの意見に従い、アメリカ軍の科学者シドニー・ゴッドリーブを中心としてマインドコントロールの効果を立証するためのプロジェクト「MKウルトラ計画(Project MK Ultra)」を開始させた。「MK」とは「Mind Kontrolle」というドイツ語に由来しており、これはナチスの科学者に経緯を表したためだと言われている。

この計画の前身は「ペーパークリップ作戦」と呼ばれるものであり、これは第二次世界大戦の終戦直後、アメリカ軍が優秀なナチスの科学者を捕虜として自国へ連行した作戦のことである。その目的は、当時、ナチスの科学者は強制収容所に収容されていた人間を利用して様々な人体実験を行っていたため、その豊富な知識と技術力を手に入れることにあった。

MKウルトラ計画のその具体的な目的としては、主に戦争などの状況下において、自国の兵士の人格を完全に破壊し、任務を遂行するためだけに動く操り人形を作り出すこと、敵軍の兵士を捕らえた際には、効率良く尋問を行うこと、機密事項を知り過ぎてしまった兵士の記憶を全て抹消することなどが挙げられる。

当初、この事件は科学者同士がお互いの合意のもと、少量の「LSD」(非常に強烈な作用を有する幻覚剤)を使用し、その効果の記録を取っていたが、それだけではサンプルデータの数が全く足りないため、本人の同意を得ることなく一般市民を使用して、さらに過激な人体実験を進めていったという。

その後、この計画はアメリカ合衆国の新聞社ニューヨーク・タイムズ紙が、1977年8月2日付けの紙面で報じたことにより、世界に明るみに出ることになった。この記事によれば、数万人もの兵士や囚人、精神病院の患者が何も知らされないまま実験材料にされており、この計画には約2400万ドルもの巨額の資金が投じられていていたという。

この人体実験の内容

CIAによる、マインドコントロールの人体実験。「MKウルトラ計画」|ブログインデックス|画像ID:26

この実験には、主にLSDという幻覚剤が用いられることが多かったが、他にもタブン・サリン・ソマンなどのナチスが開発した神経ガス、催眠術や電気ショックなども用いられたという。最初に犠牲者となったのは、自ら人体実験を志願したアメリカ軍のジョージ・ドナルド大佐という人物であり、後にドナルドはLSDを用いた実験の最中に強い自殺願望に駆られ、部屋でピストル自殺を行っている。

他の被験者であるアメリカ軍のクイーン軍曹は、「少量のLSDを使用しただけで全身がトランス状態に陥り、誰かに殺されるのではないかという強い強迫観念に苛まれ、統合失調症のような症状を経験した」と述べている。また別の被験者であるアメリカ軍のチャイフィン軍曹は、「LSDを使用した途端、抑えがたいような強い自殺願望を抱き、何度もピストルを手にしたが、妻に静止されて結局自殺することはなかった」と述べている。

1957年から1964年にかけて、カナダのマギル大学アラン記念研究所でもスコットランド人の心理学者ドナルド・キャメロンを中心として、同様の実験が行われた。当時、アラン記念研究所に産後うつの症状で入院していたリンダ・マクドナルドは、本人の同意を得ないまま治療と称して、5ヶ月間に109回もの電気ショックを受けされられ、その結果、26歳までの記憶を完全に抹消された。看護婦の記録によれば、マクドナルドは自身の名前や年齢、自分の子供の顔、トイレの使い方すら分からなくなってしまったという。

1973年、アレン・ウェルシュ・ダレスに代わり、新しくCIA長官に任命されたリチャード・ヘルムズは、この実験により死亡した者や生涯不具となった者が多数いること、またその責任追及に恐れをなし、この計画の中止と全ての関連文書を破棄することを部下に命じた。しかし、1975年に開かれたアメリカ連邦議会において、破棄されずに残っていた数枚の文書が公開されることになり、それが後にニューヨーク・タイムズ紙によって全世界に報じられる原因となった。

MKウルトラ計画に関与したある科学者は、「ペイン(苦痛)、ドラッグ(薬物)、ヒプノシス(催眠術)は恐るべき戦争兵器であり、社会を支配するという目的においては原爆より効果的である。また催眠術に関しては、すでに実用的なレベルで開発が進んでおり、実際にスパイ活動などで広く用いられている」と述べている。

関連動画

管理人から一言

脳ミソの前に、お金の流れをコントロールしたいです…。

厳選!話題の記事