5歳7ヶ月で子供を出産した女性。「リナ・メディナ」|ブログインデックス

5歳7ヶ月で子供を出産した女性。「リナ・メディナ」|ブログインデックス|画像ID:29

「リナ・メディナ」とは、1939年5月14日に当時5歳7ヶ月という若さで子供を出産したという、ペルー人の女性のことである。現在、彼女は世界最年少で子供を妊娠・出産した女性として知られており、その一連の出来事は、当時の胎児の姿を写したX線写真をもとに世界中の多くの医師によって事実として認定されている。これは極端な性早熟症によるものと考えられているが、彼女の妊娠・出産については、いくつか謎とされている点がある。

スポンサーリンク

妊娠の判明・出産までの経緯

1933年9月27日、リナ・メディナはペルー共和国のティクラポで生を受ける。彼女はとても早くに第二次性徴の時期を迎えており、生後8ヶ月で初潮を迎え、4歳頃から乳房が発達し始めたという。

1939年3月頃、リナの腹部が急に膨らみ始めたことを心配した両親が、彼女を地元の病院へと連れて行った。当初、両親は彼女の腹部の膨らみは腫瘍などによるものではないかと考えていたという。しかし、医師のヘラルド・ロサーダによる診断の結果、驚くべきことに彼女は妊娠7ヶ月であることが判明した。念のため、ヘラルドは彼女をペルーの首都リマへと連れて行き、数人の専門医による診断を受けさせたが、結果は全て同じだったという。

1939年5月14日、リナは陣痛の痛みを訴え始めたが、骨盤が小さすぎて自然分娩が不可能だったため、帝王切開によって男児を出産することになった。この生まれてきた男児は体重2.7kgの至って健康な赤ん坊であり、主治医のヘラルド・ロサーダの名前にちなみ、「ヘラルド」と名付けられた。

その後、リナはラウル・フラードという男性と結婚し、初めての出産から約33年後の1972年、2人目の男児を出産している。しかし、最初の息子ヘラルドは1979年に骨髄の病気により、40歳で亡くなっている。

現在、リナはマスコミの取材を全て断り、夫のラウルと息子と共にペルーの首都リマで静かに暮らしているという。

その子供の父親とは?

5歳7ヶ月で子供を出産した女性。「リナ・メディナ」|ブログインデックス|画像ID:3

最初の息子ヘラルドの父親について、リナは一言も語ることはなかったという。現在では、ヘラルド自身が亡くなっているため、DNA型鑑定などによる科学的な調査も行えない状態となっている。

リナの妊娠が判明した直後、彼女の父親は家庭内での児童性的虐待の疑いにより、地元警察によって逮捕されているが、その後証拠不十分という理由で釈放されている。

また世界で始めての体外受精による妊娠・出産が確認されたのは1978年のことであり、1939年当時にそのような技術が存在したとは考え難い。

妊娠が判明した当時、リナと接した医師によれば「彼女がヘラルドの父親について語らなかったのは、単純に幼すぎたために記憶がないのではないか」という推測もされているが、ヘラルドの父親については、現在でも不明のままとされている。

また様々な世界一の記録を紹介している書籍「ギネス世界記録」には、一時期「世界最年少で子供を出産した人」としてリナの名前が掲載されていたことがあったが、現在では倫理的な問題からその項目自体が削除されている。

関連動画

この動画は、クレイジーな赤ちゃん語を用いてコミュニケーションを図る、双子の可愛いベイビーちゃんの様子を収めた映像である。プリティーなベイビーが好きな方には、是非ともチェックしていただきたい。

管理人から一言

5歳7ヶ月の頃の記憶なんて、とっくの昔に消え去っています…。

妊娠の判明・出産までの経緯

1933年9月27日、リナ・メディナはペルー共和国のティクラポで生を受ける。彼女はとても早くに第二次性徴の時期を迎えており、生後8ヶ月で初潮を迎え、4歳頃から乳房が発達し始めたという。

1939年3月頃、リナの腹部が急に膨らみ始めたことを心配した両親が、彼女を地元の病院へと連れて行った。当初、両親は彼女の腹部の膨らみは腫瘍などによるものではないかと考えていたという。しかし、医師のヘラルド・ロサーダによる診断の結果、驚くべきことに彼女は妊娠7ヶ月であることが判明した。念のため、ヘラルドは彼女をペルーの首都リマへと連れて行き、数人の専門医による診断を受けさせたが、結果は全て同じだったという。

1939年5月14日、リナは陣痛の痛みを訴え始めたが、骨盤が小さすぎて自然分娩が不可能だったため、帝王切開によって男児を出産することになった。この生まれてきた男児は体重2.7kgの至って健康な赤ん坊であり、主治医のヘラルド・ロサーダの名前にちなみ、「ヘラルド」と名付けられた。

その後、リナはラウル・フラードという男性と結婚し、初めての出産から約33年後の1972年、2人目の男児を出産している。しかし、最初の息子ヘラルドは1979年に骨髄の病気により、40歳で亡くなっている。

現在、リナはマスコミの取材を全て断り、夫のラウルと息子と共にペルーの首都リマで静かに暮らしているという。

その子供の父親とは?

5歳7ヶ月で子供を出産した女性。「リナ・メディナ」|ブログインデックス|画像ID:3

最初の息子ヘラルドの父親について、リナは一言も語ることはなかったという。現在では、ヘラルド自身が亡くなっているため、DNA型鑑定などによる科学的な調査も行えない状態となっている。

リナの妊娠が判明した直後、彼女の父親は家庭内での児童性的虐待の疑いにより、地元警察によって逮捕されているが、その後証拠不十分という理由で釈放されている。

また世界で始めての体外受精による妊娠・出産が確認されたのは1978年のことであり、1939年当時にそのような技術が存在したとは考え難い。

妊娠が判明した当時、リナと接した医師によれば「彼女がヘラルドの父親について語らなかったのは、単純に幼すぎたために記憶がないのではないか」という推測もされているが、ヘラルドの父親については、現在でも不明のままとされている。

また様々な世界一の記録を紹介している書籍「ギネス世界記録」には、一時期「世界最年少で子供を出産した人」としてリナの名前が掲載されていたことがあったが、現在では倫理的な問題からその項目自体が削除されている。

関連動画

この動画は、クレイジーな赤ちゃん語を用いてコミュニケーションを図る、双子の可愛いベイビーちゃんの様子を収めた映像である。プリティーなベイビーが好きな方には、是非ともチェックしていただきたい。

管理人から一言

5歳7ヶ月の頃の記憶なんて、とっくの昔に消え去っています…。

厳選!話題の記事