驚くと、ひっくり返って死んだふり?「気絶ヤギ」とは?|ブログインデックス

驚くと、ひっくり返って死んだふり?「気絶ヤギ」とは?|ブログインデックス|画像ID:14

「気絶ヤギ(フェインティング・ゴート)」とは、主に北アメリカの地域に生息しており、代表的なヤギの品種に比べて体が小さく、驚くと全身の筋肉が硬直してひっくり返ってしまうというヤギの品種のことである。この気絶ヤギは「筋強直症候群(ミオトニア症候群)」という先天的な遺伝子異常を持っており、その症状により、驚くと約10秒間ほど自らの意思とは関係なく、全身の筋肉が硬直してひっくり返り、まるで気絶しているかのように見えてしまうのである。現在では、この気絶ヤギはとても小型であり、またひっくり返る時の姿が可愛らしいことなどから、アメリカ国内ではペットとしての人気が高まっているのだという。

スポンサーリンク

「気絶ヤギ」とは?

「気絶ヤギ(フェインティング・ゴート)」とは、主にアメリカ・メキシコ・カナダなど北アメリカの広い地域に生息しているヤギの品種のことである。この気絶ヤギは他の代表的なヤギの品種に比べて、体が一回りほど小さく、驚くと全身の筋肉が硬直してしまい、思わずひっくり返ってしまうのだという。

その原因は「筋強直症候群(ミオトニア症候群)」という筋肉の収縮に影響を与える、先天的な遺伝子異常を持っているためである。その症状により、驚くと自らの意思とは関係なく、全身の筋肉が約10秒間ほど硬直してひっくり返り、まるで気絶しているかのように見える。

この気絶ヤギは、「食用のヤギ」として品種改良される過程で偶然誕生した品種であり、古くは羊飼いがオオカミなどから羊の群れを守るために一種の「おとり」として重宝されており、羊の群れに紛れ込む形で飼われていたのだという。

現在では、この気絶ヤギはとても小型であり、またひっくり返る時の姿が可愛らしく、どこか同情を誘うことなどから、アメリカ国内ではペットとしての人気が高まっている。

「気絶ヤギ」の情報

驚くと、ひっくり返って死んだふり?「気絶ヤギ」とは?|ブログインデックス|画像ID:7

この「気絶ヤギ」の情報は、下記の通りである。

  • 体長:約40~65cmほど
  • 体重:約25~30kgほど
  • 毛色:主に白色と黒色の混合が多く、茶色は比較的少ない
  • 生息:アメリカ・メキシコ・カナダなどの北アメリカの広い地域
  • 備考:他の代表的なヤギの品種に比べ、眼球が突出している個体が多い

筋強直症候群と気絶ヤギのお祭り

驚くと、ひっくり返って死んだふり?「気絶ヤギ」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

この「気絶ヤギ」が持っている、「筋強直症候群」という先天的な遺伝子異常については、人間を含め、ヤギ以外の様々な動物にも発生することがあるという。またYouTubeなどの動画共有サイトでは、筋強直症候群を持つ猫や犬などの動画がいくつかアップされている。

気絶ヤギの場合、若いヤギほど頻繁にひっくり返りやすく、老いたヤギでは比較的ひっくり返ることが少ない。これは気絶ヤギが何度もひっくり返る経験をすることで、全身の筋肉が硬直しても体のバランスを保ち、筋肉が弛緩するまで立ち上がったままの状態で持ちこたえる術を学ぶためだと考えられている。

また毎年10月には、アメリカ合衆国のテネシー州にあるマーシャル郡にて、「Goats Music & More(ヤギの音楽とその他いろいろ)という気絶ヤギのお祭りが開催されている。このお祭りでは気絶ヤギとの触れ合いを中心に音楽や芸術、工芸品の展示や地元の子供たちによる催し物などが用意されており、毎年大勢の人々で賑わっているのだという。

関連動画

この動画は、気絶ヤギがひっくり返る瞬間を収めた映像である。人間が意図的に気絶ヤギを驚かせてひっくり返らせるのは少し可哀想な気がするが、気絶ヤギ同士がじゃれ合っている際に驚いてひっくり返ることなどもあるのだという。

管理人から一言

子供たちのオモチャにされている姿が、目に浮かびます…。

「気絶ヤギ」とは?

「気絶ヤギ(フェインティング・ゴート)」とは、主にアメリカ・メキシコ・カナダなど北アメリカの広い地域に生息しているヤギの品種のことである。この気絶ヤギは他の代表的なヤギの品種に比べて、体が一回りほど小さく、驚くと全身の筋肉が硬直してしまい、思わずひっくり返ってしまうのだという。

その原因は「筋強直症候群(ミオトニア症候群)」という筋肉の収縮に影響を与える、先天的な遺伝子異常を持っているためである。その症状により、驚くと自らの意思とは関係なく、全身の筋肉が約10秒間ほど硬直してひっくり返り、まるで気絶しているかのように見える。

この気絶ヤギは、「食用のヤギ」として品種改良される過程で偶然誕生した品種であり、古くは羊飼いがオオカミなどから羊の群れを守るために一種の「おとり」として重宝されており、羊の群れに紛れ込む形で飼われていたのだという。

現在では、この気絶ヤギはとても小型であり、またひっくり返る時の姿が可愛らしく、どこか同情を誘うことなどから、アメリカ国内ではペットとしての人気が高まっている。

「気絶ヤギ」の情報

驚くと、ひっくり返って死んだふり?「気絶ヤギ」とは?|ブログインデックス|画像ID:7

この「気絶ヤギ」の情報は、下記の通りである。

  • 体長:約40~65cmほど
  • 体重:約25~30kgほど
  • 毛色:主に白色と黒色の混合が多く、茶色は比較的少ない
  • 生息:アメリカ・メキシコ・カナダなどの北アメリカの広い地域
  • 備考:他の代表的なヤギの品種に比べ、眼球が突出している個体が多い

筋強直症候群と気絶ヤギのお祭り

驚くと、ひっくり返って死んだふり?「気絶ヤギ」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

この「気絶ヤギ」が持っている、「筋強直症候群」という先天的な遺伝子異常については、人間を含め、ヤギ以外の様々な動物にも発生することがあるという。またYouTubeなどの動画共有サイトでは、筋強直症候群を持つ猫や犬などの動画がいくつかアップされている。

気絶ヤギの場合、若いヤギほど頻繁にひっくり返りやすく、老いたヤギでは比較的ひっくり返ることが少ない。これは気絶ヤギが何度もひっくり返る経験をすることで、全身の筋肉が硬直しても体のバランスを保ち、筋肉が弛緩するまで立ち上がったままの状態で持ちこたえる術を学ぶためだと考えられている。

また毎年10月には、アメリカ合衆国のテネシー州にあるマーシャル郡にて、「Goats Music & More(ヤギの音楽とその他いろいろ)という気絶ヤギのお祭りが開催されている。このお祭りでは気絶ヤギとの触れ合いを中心に音楽や芸術、工芸品の展示や地元の子供たちによる催し物などが用意されており、毎年大勢の人々で賑わっているのだという。

関連動画

この動画は、気絶ヤギがひっくり返る瞬間を収めた映像である。人間が意図的に気絶ヤギを驚かせてひっくり返らせるのは少し可哀想な気がするが、気絶ヤギ同士がじゃれ合っている際に驚いてひっくり返ることなどもあるのだという。

管理人から一言

子供たちのオモチャにされている姿が、目に浮かびます…。

厳選!話題の記事