謎の失踪を遂げた車。「藤代バイパス車両消失事件」|ブログインデックス

謎の失踪を遂げた車。「藤代バイパス車両消失事件」|ブログインデックス|画像ID:21

1963年11月19日、某銀行支店の支店長代理が運転する乗用車は、同銀行の次長と得意客を乗せて茨城県の龍ケ崎市にあるゴルフ場へと向かっていた。しかし、国道6号の藤代バイパスを走行していた時、この車に乗る三人は、前方を走行していた乗用車から突如として白い煙のような謎の気体が噴き出し、車が消失してしまう瞬間を目撃することになる。この不可解な消失事件はオカルト系の雑誌だけではなく、毎日新聞の夕刊にも掲載されており、現在では都市伝説の一つとして数えられている。

スポンサーリンク

「藤代バイパス車両消失事件」の詳細

1963年11月19日の午前8時頃、某銀行支店に勤務する支店長代理が運転する乗用車は、同銀行の次長と得意客を乗せて茨城県の龍ケ崎市にあるゴルフ場へと向かっていた。その日の天気は快晴であり、絶好のゴルフ日和になるものと思われていた。

この三人が乗る車の約150mほど前方には、東京ナンバーの黒色のトヨタ・クラウンが走行していた。その車は水戸街道の葛飾区金町付近から長距離にわたって前方を走行しており、その後部座席では年配の男性が、クッションにもたれかかりながら新聞を読んでいたという。

しかし、国道6号の藤代バイパスを走行中、前方を走行していた車から突如として白い煙、あるいは水蒸気のようなガス状の謎の気体が噴き出した。その気体は約5秒ほどで消えたものの、同時に車が消失してしまったという。

その道路は急なカーブや横道などのない真っ直ぐな直線道路であり、単純に見失っただけとは考えられない。その瞬間を目撃した三人は、「それは誰にも信じてもらえないような現象だったが、実際に私たちの目の前でその車は影も形もなく消え去ったんだ」と主張していたという。

その真相とは?

謎の失踪を遂げた車。「藤代バイパス車両消失事件」|ブログインデックス|画像ID:17

この不可解な消失事件は、当時多くのオカルト系の雑誌などで紹介され、「実際に日本で起きた消失事件」として話題となった。また1964年3月4日付けの毎日新聞首都圏版の夕刊にも掲載されたことなどから、現在でも都市伝説の一つとして広く知られている。

しかし、毎日新聞によるこの事件の取り扱いについては、社会面への掲載ではなく、「赤でんわ」というコラム欄への掲載のみであり、またその記事には署名がなかったため、その事件の信憑性については疑問が残っている。

また怪奇作家の佐藤有文は、その著書の中でこの事件を何度か取り上げており、その話の中には具体的な銀行名や個人名などが書かれているが、これは佐藤が話の信憑性を高めるために後から付け加えた情報であり、事実ではないものと考えられている。

現在、この事件の真相としては、下記のような説が現実的だと考えられている。

  • 高速道路を走行中に運転者が眠気などを催すという「高速道路催眠現象」などにより、三人は幻覚や幻聴を見聞きしていたのではないか
  • 当時、黒色のトヨタ・クラウンが盗難されるという事件が多く発生していたため、その盗難事件から着想を得て「突如、黒色のトヨタ・クラウンが消失する」という話を創作したのではないか

この事件は約半世紀以上も前に起きた事件であり、当時の毎日新聞の担当記者やその記事を掲載するまでの経緯などは一切不明となっており、その事件の真相は定かではない。

関連動画

この動画は、海外における駐車に失敗した瞬間をまとめた映像である。海外には、実にワイルドな方々が多いため、海外旅行の際などには、あまり車の周りには近づかないように注意していただきたい。

管理人から一言

朝、目が覚めて自分の車が消失してたら…、ちょっと困ります。

「藤代バイパス車両消失事件」の詳細

1963年11月19日の午前8時頃、某銀行支店に勤務する支店長代理が運転する乗用車は、同銀行の次長と得意客を乗せて茨城県の龍ケ崎市にあるゴルフ場へと向かっていた。その日の天気は快晴であり、絶好のゴルフ日和になるものと思われていた。

この三人が乗る車の約150mほど前方には、東京ナンバーの黒色のトヨタ・クラウンが走行していた。その車は水戸街道の葛飾区金町付近から長距離にわたって前方を走行しており、その後部座席では年配の男性が、クッションにもたれかかりながら新聞を読んでいたという。

しかし、国道6号の藤代バイパスを走行中、前方を走行していた車から突如として白い煙、あるいは水蒸気のようなガス状の謎の気体が噴き出した。その気体は約5秒ほどで消えたものの、同時に車が消失してしまったという。

その道路は急なカーブや横道などのない真っ直ぐな直線道路であり、単純に見失っただけとは考えられない。その瞬間を目撃した三人は、「それは誰にも信じてもらえないような現象だったが、実際に私たちの目の前でその車は影も形もなく消え去ったんだ」と主張していたという。

その真相とは?

謎の失踪を遂げた車。「藤代バイパス車両消失事件」|ブログインデックス|画像ID:17

この不可解な消失事件は、当時多くのオカルト系の雑誌などで紹介され、「実際に日本で起きた消失事件」として話題となった。また1964年3月4日付けの毎日新聞首都圏版の夕刊にも掲載されたことなどから、現在でも都市伝説の一つとして広く知られている。

しかし、毎日新聞によるこの事件の取り扱いについては、社会面への掲載ではなく、「赤でんわ」というコラム欄への掲載のみであり、またその記事には署名がなかったため、その事件の信憑性については疑問が残っている。

また怪奇作家の佐藤有文は、その著書の中でこの事件を何度か取り上げており、その話の中には具体的な銀行名や個人名などが書かれているが、これは佐藤が話の信憑性を高めるために後から付け加えた情報であり、事実ではないものと考えられている。

現在、この事件の真相としては、下記のような説が現実的だと考えられている。

  • 高速道路を走行中に運転者が眠気などを催すという「高速道路催眠現象」などにより、三人は幻覚や幻聴を見聞きしていたのではないか
  • 当時、黒色のトヨタ・クラウンが盗難されるという事件が多く発生していたため、その盗難事件から着想を得て「突如、黒色のトヨタ・クラウンが消失する」という話を創作したのではないか

この事件は約半世紀以上も前に起きた事件であり、当時の毎日新聞の担当記者やその記事を掲載するまでの経緯などは一切不明となっており、その事件の真相は定かではない。

関連動画

この動画は、海外における駐車に失敗した瞬間をまとめた映像である。海外には、実にワイルドな方々が多いため、海外旅行の際などには、あまり車の周りには近づかないように注意していただきたい。

管理人から一言

朝、目が覚めて自分の車が消失してたら…、ちょっと困ります。

厳選!話題の記事