謎の回「タレント」とは…?「ドラえもん」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス

謎の回「タレント」とは…?「ドラえもん」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:29

1969年から1996年頃にかけて小学館の学習雑誌をはじめ、「てれびくん」や「月刊コロコロコミック」などの数多くの漫画雑誌にて連載が行われていた、漫画家の藤子・F・不二雄による大人気SF漫画「ドラえもん」。この作品は、1973年に日本テレビによって初めてアニメ化されており、現在では日本の国民的アニメの一つとして数えられている。しかし、このアニメ作品には、「過去に『タレント』というタイトルの、意図不明な謎の回が放送されたことがある」という都市伝説が存在している。今回は、そんな全国各地から目撃談が寄せられているという、ドラえもんの謎の回「タレント」の真相に迫る。

スポンサーリンク

「ドラえもん」とは?

「ドラえもん」とは、漫画家の藤子・F・不二雄による、日本を代表する大人気SF漫画のことである。この作品は、1969年から1996年頃にかけて小学館の学習雑誌をはじめ、「てれびくん」や「月刊コロコロコミック」、「別冊少年サンデー」などの数多くの漫画雑誌にて連載が行われていた。

この作品では、22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも全く駄目で毎日ドジばかりしている小学生「野比のび太」、そして、のび太のクラスメイトである「源静香」、「骨川スネ夫」、「剛田武」などの個性的な登場キャラクターが織り成す、奇想天外な日常生活が描かれている。

この作品は、1973年に日本テレビによって初めてアニメ化されており、現在では日本の国民的アニメの一つとして数えられている。また1980年からは、毎年3月の学生が春休みの時期に映画作品が公開されており、2005年には声優キャスト・キャラクターデザイン・BGMや効果音などが全て一新され、大幅なリニューアルが行われている。

しかし、このアニメ作品には、「過去に『タレント』というタイトルの、意図不明な謎の回が放送されたことがある」という都市伝説が存在している。この都市伝説は、インターネットの普及に合わせて2003年頃から広まっていったものとされている。

「タレント」のあらすじ

謎の回「タレント」とは…?「ドラえもん」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:26

インターネット上で囁かれている、この「タレント」という謎の回のあらすじとは、下記の通りである。

ある日、雨の降る校庭にて傘を差した野比のび太が、「地下の世界にある商店街に行きたい」とドラえもんに頼み込んだ。ドラえもんはのび太の頼みを聞き入れ、二人は空き地へと移動し、そこで「通りぬけフープ」のようなひみつ道具を使って地下の世界へと飛び込む。

すると、のび太とドラえもんはどこかの部屋のような場所へと辿り着いた。そこは地中にある空間とは思えないほど明るい場所だったが、なぜか照明などは見当たらない。その場所で二人はベレー帽をかぶった、不思議な女の子に出会う。しかし、その女の子は二人に赤い封筒・インク・鉛筆を手渡し、どこかへと消えてしまった。

のび太とドラえもんが女の子の姿を探していると、二人の前に警官のような姿をした奇妙な人物が現れる。その人物は、「君たちは撮影をするために、ここへとやって来たのか。それなら、こっちだ」と二人に声をかけ、そのまま二人を道案内する。

のび太とドラえもんが細かな木の板のようなものが並べられた通路の先に辿り着くと、そこには大きな地球のミニチュア模型のようなものが置かれていた。その時、地球のミニチュア模型は突然真っ二つに割れ、その中からは真っ黒の大量の血のような液体が溢れ出した。

それを見たのび太とドラえもんは驚き、二人が抱き合ったところで唐突に物語は終わる。

この「タレント」のあらすじは目撃者によって細かく内容が異なっており、その場所や登場キャラクターなどにおいて、いくつかの相違点はあるものの、結末としては全て同じようなものとなっている。またあらすじの内容が支離滅裂なことに加え、その回は作画が歪んでおり、色調もどこかおかしく、台詞やBGM、効果音などはほとんどなかったという奇妙な目撃談が報告されている。

その真相とは?

謎の回「タレント」とは…?「ドラえもん」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:18

この「タレント」と呼ばれる、謎の回を目撃したという人々によれば、その放送日としては1984年7月20日、あるいは1983年9月16日の二つが有力だとされている。しかし、実際には1984年7月20日に放送されたタイトルは、「のび太の童話旅行」と「四次元ポケットのスペア」であり、また1983年9月16日に放送されたタイトルは「ひっこし地図」、「コース決定機」、「しりとり変身カプセル」であることが判明している。

また「タレント」というタイトルについては、「ビタレント」・「ノビタレントゲン」などのタイトルを見間違えたものなのではないかという意見が挙げられている。しかし、単行本の「てんとう虫コミックス 全45巻」には、「タレント」・「ビタレント」・「ノビタレントゲン」というタイトルの話は収録されておらず、そのような名前のひみつ道具なども一切登場していないことがわかっている。

一説では、未完成のものが電波障害などの放送事故により、偶然放送されてしまったのではないかとも言われている。実際、1984年5月11日に放送された「地球製造法」というタイトルの話には、地球の模型が壊れるシーンが含まれており、この「タレント」の結末部分と類似している。しかし、実際にそのような放送がされていた場合、何らかの騒ぎが起きる可能性が高く、現在でも公式な記録が残っているものと考えられる。

そのため、この「タレント」という謎の回については、単純に夢の中で見た「ドラえもん」の記憶などが、長い年月の間に実際に見た「ドラえもん」の記憶と混同し、都市伝説として人々の間に広まってしまったものと考えられる。全国各地に「タレント」を目撃した覚えがあるという人々が存在しているが、この都市伝説が囁かれ出したのはインターネットがある程度普及した2003年頃だとされており、その放送日とされている時期との間に約20年間の開きがあるため、その記憶は曖昧なものになっている可能性が高い。

実際に、この「タレント」という回が放送されていたとした場合、その回を録画した者が全国各地に存在している可能性が高いため、今後、そのような動画がアップされることに期待したい。

関連動画

この動画は、インターネット上で囁かれている、この「タレント」という謎の回の情報をもとにして、再現する目的で製作された映像である。確かに支離滅裂な内容のものとなっており、全体的に不気味な雰囲気が漂っている。

管理人から一言

「タレント(Talent)」って言葉は、もともと「才能」や「素質」などを意味する言葉らしいです…。

「ドラえもん」とは?

「ドラえもん」とは、漫画家の藤子・F・不二雄による、日本を代表する大人気SF漫画のことである。この作品は、1969年から1996年頃にかけて小学館の学習雑誌をはじめ、「てれびくん」や「月刊コロコロコミック」、「別冊少年サンデー」などの数多くの漫画雑誌にて連載が行われていた。

この作品では、22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも全く駄目で毎日ドジばかりしている小学生「野比のび太」、そして、のび太のクラスメイトである「源静香」、「骨川スネ夫」、「剛田武」などの個性的な登場キャラクターが織り成す、奇想天外な日常生活が描かれている。

この作品は、1973年に日本テレビによって初めてアニメ化されており、現在では日本の国民的アニメの一つとして数えられている。また1980年からは、毎年3月の学生が春休みの時期に映画作品が公開されており、2005年には声優キャスト・キャラクターデザイン・BGMや効果音などが全て一新され、大幅なリニューアルが行われている。

しかし、このアニメ作品には、「過去に『タレント』というタイトルの、意図不明な謎の回が放送されたことがある」という都市伝説が存在している。この都市伝説は、インターネットの普及に合わせて2003年頃から広まっていったものとされている。

「タレント」のあらすじ

謎の回「タレント」とは…?「ドラえもん」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:26

インターネット上で囁かれている、この「タレント」という謎の回のあらすじとは、下記の通りである。

ある日、雨の降る校庭にて傘を差した野比のび太が、「地下の世界にある商店街に行きたい」とドラえもんに頼み込んだ。ドラえもんはのび太の頼みを聞き入れ、二人は空き地へと移動し、そこで「通りぬけフープ」のようなひみつ道具を使って地下の世界へと飛び込む。

すると、のび太とドラえもんはどこかの部屋のような場所へと辿り着いた。そこは地中にある空間とは思えないほど明るい場所だったが、なぜか照明などは見当たらない。その場所で二人はベレー帽をかぶった、不思議な女の子に出会う。しかし、その女の子は二人に赤い封筒・インク・鉛筆を手渡し、どこかへと消えてしまった。

のび太とドラえもんが女の子の姿を探していると、二人の前に警官のような姿をした奇妙な人物が現れる。その人物は、「君たちは撮影をするために、ここへとやって来たのか。それなら、こっちだ」と二人に声をかけ、そのまま二人を道案内する。

のび太とドラえもんが細かな木の板のようなものが並べられた通路の先に辿り着くと、そこには大きな地球のミニチュア模型のようなものが置かれていた。その時、地球のミニチュア模型は突然真っ二つに割れ、その中からは真っ黒の大量の血のような液体が溢れ出した。

それを見たのび太とドラえもんは驚き、二人が抱き合ったところで唐突に物語は終わる。

この「タレント」のあらすじは目撃者によって細かく内容が異なっており、その場所や登場キャラクターなどにおいて、いくつかの相違点はあるものの、結末としては全て同じようなものとなっている。またあらすじの内容が支離滅裂なことに加え、その回は作画が歪んでおり、色調もどこかおかしく、台詞やBGM、効果音などはほとんどなかったという奇妙な目撃談が報告されている。

その真相とは?

謎の回「タレント」とは…?「ドラえもん」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:18

この「タレント」と呼ばれる、謎の回を目撃したという人々によれば、その放送日としては1984年7月20日、あるいは1983年9月16日の二つが有力だとされている。しかし、実際には1984年7月20日に放送されたタイトルは、「のび太の童話旅行」と「四次元ポケットのスペア」であり、また1983年9月16日に放送されたタイトルは「ひっこし地図」、「コース決定機」、「しりとり変身カプセル」であることが判明している。

また「タレント」というタイトルについては、「ビタレント」・「ノビタレントゲン」などのタイトルを見間違えたものなのではないかという意見が挙げられている。しかし、単行本の「てんとう虫コミックス 全45巻」には、「タレント」・「ビタレント」・「ノビタレントゲン」というタイトルの話は収録されておらず、そのような名前のひみつ道具なども一切登場していないことがわかっている。

一説では、未完成のものが電波障害などの放送事故により、偶然放送されてしまったのではないかとも言われている。実際、1984年5月11日に放送された「地球製造法」というタイトルの話には、地球の模型が壊れるシーンが含まれており、この「タレント」の結末部分と類似している。しかし、実際にそのような放送がされていた場合、何らかの騒ぎが起きる可能性が高く、現在でも公式な記録が残っているものと考えられる。

そのため、この「タレント」という謎の回については、単純に夢の中で見た「ドラえもん」の記憶などが、長い年月の間に実際に見た「ドラえもん」の記憶と混同し、都市伝説として人々の間に広まってしまったものと考えられる。全国各地に「タレント」を目撃した覚えがあるという人々が存在しているが、この都市伝説が囁かれ出したのはインターネットがある程度普及した2003年頃だとされており、その放送日とされている時期との間に約20年間の開きがあるため、その記憶は曖昧なものになっている可能性が高い。

実際に、この「タレント」という回が放送されていたとした場合、その回を録画した者が全国各地に存在している可能性が高いため、今後、そのような動画がアップされることに期待したい。

関連動画

この動画は、インターネット上で囁かれている、この「タレント」という謎の回の情報をもとにして、再現する目的で製作された映像である。確かに支離滅裂な内容のものとなっており、全体的に不気味な雰囲気が漂っている。

管理人から一言

「タレント(Talent)」って言葉は、もともと「才能」や「素質」などを意味する言葉らしいです…。

厳選!話題の記事