謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス

謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:22

1996年2月27日にその第一作が発売されて以来、数々の記録的な大ヒットを打ち立て、現在では世界中で広く愛されている大人気ゲーム「ポケットモンスター」(略称:ポケモン)。このゲームには、いくつかの都市伝説が存在しており、その一つが「なかはしこうよう」と呼ばれる謎の人物についての話である。

スポンサーリンク

「なかはしこうよう」という人物

「なかはしこうよう」とは、「ポケモン」の開発元である株式会社ゲームフリークに勤めていたとされる元ゲームクリエイターであり、1996年2月27日に発売された同作の第一作「ポケットモンスター 赤・緑」において、その開発に大きく貢献していながらも、「何かしらの止むを得ない事情でスタッフロールから外された」と噂されている人物である。

この人物は、同作の開発において、主にゲーム中に登場するキャラクターの原画を担当していたとされているが、彼がどのキャラクターの原画を担当していたのかは不明であり、その素性も一切明らかにされていない。彼の名前がスタッフロールに載らなかった理由として、インターネット上では死亡説が最も有力だとされている。

しかし、あるバグを発生させることでスタッフロールには載らなかった彼の名前を、ゲーム中で確認することができるという。

バグで表示される「謎の文字列」

謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:30

「なかはしこうよう」の名前は、クチバシティのサント・アンヌ号が停泊している港の沖で確認することができる。

その方法とは、サント・アンヌ号が出航する前の段階で、バグを発生させた際に生まれる「?????」という道具を使い、沖の右側へ行くと、ゲーム本編には登場しないトラックが置かれている。そして、このトラックを調べると、「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」という文字列が表示されるというものである。

これは、本来なら加えられるはずのなかった「なかはしこうよう」の名前が、開発スタッフの中の誰かの仕業で、バグとして組み込まれてしまったものだと考えられている。また「当初スタッフロールに載せられるはずだったが、止むを得ず不可能となってしまったため、仕方なくバグとして残したのではないか」という意見もある。

その文章から、「なかはしこうよう」という人物が原画を担当していたことが推測されるが、この文字列の「GENGA」は、実は同作のキャラクターである、「ゲンガー」を指しているのではないかとも言われている。

「ゲンガー」というキャラクター

謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:23

「ポケモン」には、「ゲンガー」という、オバケのような姿をしたキャラクターが登場する。

そのため、前述の「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」の文字列にある「GENGA」とは、実はこのキャラクターのことを指しており、「『なかはしこうよう』が原画を担当したキャラクターの一つが、『ゲンガー』なのではないか」、あるいは「他のスタッフによって、亡くなってしまった『なかはしこうよう』をイメージして作られたのが、『ゲンガー』なのではないか」という説が存在している。

またゲーム中で聞くことのできる、「ゲンガー」の鳴き声をスロー再生すると、「なかはしこうよう」、または「こうようゆるして」と言っているように聞こえるという。

その真相とは?

謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:1

このように「なかはしこうよう」という人物については、様々な噂が存在するが、結論から言えば、この話は完全なる創作、あるいはデマである。

「なかはしこうよう」という人物の名前が、どの時点で生まれたのかは定かでは無いが、前述した「ゲーム中でバグを発生させると、『GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU』という文字列が確認できる」という話は事実無根であり、実際には何も起きないという検証動画もアップされている。

また「『ゲンガー』の鳴き声をスロー再生すると、隠れたメッセージが聞こえる」というものについては、聞く人によってそのメッセージの内容が変わり、またスロー再生ではなく、逆再生だと主張している人も多いことから、単純な思い込みによるものだと思われる。

「ポケモン」の販売元である任天堂や、開発元である株式会社ゲームフリークが、これまで「なかはしこうよう」に関する様々な噂について、公式なコメントを発表していない理由については、単純に「取り上げるほどの必要の無いもの」という認識を持っているためだと考えられる。

関連動画

管理人から一言

チビッ子のみんな、夢を壊して、ごめんなさい…。

「なかはしこうよう」という人物

「なかはしこうよう」とは、「ポケモン」の開発元である株式会社ゲームフリークに勤めていたとされる元ゲームクリエイターであり、1996年2月27日に発売された同作の第一作「ポケットモンスター 赤・緑」において、その開発に大きく貢献していながらも、「何かしらの止むを得ない事情でスタッフロールから外された」と噂されている人物である。

この人物は、同作の開発において、主にゲーム中に登場するキャラクターの原画を担当していたとされているが、彼がどのキャラクターの原画を担当していたのかは不明であり、その素性も一切明らかにされていない。彼の名前がスタッフロールに載らなかった理由として、インターネット上では死亡説が最も有力だとされている。

しかし、あるバグを発生させることでスタッフロールには載らなかった彼の名前を、ゲーム中で確認することができるという。

バグで表示される「謎の文字列」

謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:30

「なかはしこうよう」の名前は、クチバシティのサント・アンヌ号が停泊している港の沖で確認することができる。

その方法とは、サント・アンヌ号が出航する前の段階で、バグを発生させた際に生まれる「?????」という道具を使い、沖の右側へ行くと、ゲーム本編には登場しないトラックが置かれている。そして、このトラックを調べると、「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」という文字列が表示されるというものである。

これは、本来なら加えられるはずのなかった「なかはしこうよう」の名前が、開発スタッフの中の誰かの仕業で、バグとして組み込まれてしまったものだと考えられている。また「当初スタッフロールに載せられるはずだったが、止むを得ず不可能となってしまったため、仕方なくバグとして残したのではないか」という意見もある。

その文章から、「なかはしこうよう」という人物が原画を担当していたことが推測されるが、この文字列の「GENGA」は、実は同作のキャラクターである、「ゲンガー」を指しているのではないかとも言われている。

「ゲンガー」というキャラクター

謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:23

「ポケモン」には、「ゲンガー」という、オバケのような姿をしたキャラクターが登場する。

そのため、前述の「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」の文字列にある「GENGA」とは、実はこのキャラクターのことを指しており、「『なかはしこうよう』が原画を担当したキャラクターの一つが、『ゲンガー』なのではないか」、あるいは「他のスタッフによって、亡くなってしまった『なかはしこうよう』をイメージして作られたのが、『ゲンガー』なのではないか」という説が存在している。

またゲーム中で聞くことのできる、「ゲンガー」の鳴き声をスロー再生すると、「なかはしこうよう」、または「こうようゆるして」と言っているように聞こえるという。

その真相とは?

謎の人物「なかはしこうよう」とは?「ポケモン」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:1

このように「なかはしこうよう」という人物については、様々な噂が存在するが、結論から言えば、この話は完全なる創作、あるいはデマである。

「なかはしこうよう」という人物の名前が、どの時点で生まれたのかは定かでは無いが、前述した「ゲーム中でバグを発生させると、『GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU』という文字列が確認できる」という話は事実無根であり、実際には何も起きないという検証動画もアップされている。

また「『ゲンガー』の鳴き声をスロー再生すると、隠れたメッセージが聞こえる」というものについては、聞く人によってそのメッセージの内容が変わり、またスロー再生ではなく、逆再生だと主張している人も多いことから、単純な思い込みによるものだと思われる。

「ポケモン」の販売元である任天堂や、開発元である株式会社ゲームフリークが、これまで「なかはしこうよう」に関する様々な噂について、公式なコメントを発表していない理由については、単純に「取り上げるほどの必要の無いもの」という認識を持っているためだと考えられる。

関連動画

管理人から一言

チビッ子のみんな、夢を壊して、ごめんなさい…。

厳選!話題の記事