自然界最強の毒素を生み出す細菌。「ボツリヌス菌」|ブログインデックス

自然界最強の毒素を生み出す細菌。「ボツリヌス菌」|ブログインデックス|画像ID:3

「ボツリヌス菌」とは、川や湖、海などの土壌中に芽胞の形で広く分布する、クロストリジウム属の細菌のことである。この細菌が生成する「ボツリヌストキシン」という毒素は、猛毒として知られており、自然界に存在する毒素の中では最強の毒素だと考えられている。この毒素による、人間一人当たりの致死量は約0.001mgだと推測されており、これは約800gのボツリヌストキシンがあれば、地球上の全人類を滅亡させることができる計算になる。

スポンサーリンク

「ボツリヌス菌」とは?

「ボツリヌス菌」とは、川や湖、海などの土壌中に芽胞の形で広く分布している、クロストリジウム属に属するグラム陽性の細菌のことである。この細菌は、1896年にベルギー人の細菌学者エミール・ヴァン・エルメンゲムによって発見された。

「ボツリヌス」とは、ラテン語で「ソーセージ」を意味する言葉が語源となっており、それは19世紀のヨーロッパにおいて主にソーセージやハムなどを食べた人々が、この細菌が引き起こす食中毒の被害に多く遭っていたことに由来している。

この細菌が生成する「ボツリヌストキシン」という毒素は、非常に毒性が強く、猛毒として知られており、自然界に存在する毒素の中では最強の毒素だと考えられている。

「ボツリヌストキシン」の詳細

自然界最強の毒素を生み出す細菌。「ボツリヌス菌」|ブログインデックス|画像ID:21

「ボツリヌストキシン」とは、ボツリヌス菌によって生成される、その分子量が約15万ほどのタンパク質からなる毒素のことである。別名「ボツリヌス毒素」とも呼ばれている。

この毒素による、人間一人当たりの致死量は約0.001mgだと推測されており、これは約1gで100万人分の致死量に相当し、また約800gのボツリヌストキシンがあれば、地球上の全人類を滅亡させることができる計算になる。

そのため、第二次世界大戦中には各国がボツリヌストキシンの非常に強い毒性に注目し、生物兵器としての研究が盛んに行われていた。この頃にはその精製法が確立されているが、1975年に発効された「生物兵器禁止条約」により、現在ではその開発・生産・貯蔵が国際的に大きく制限されている。

湾岸戦争後の1995年、イラクが約19,000リットルのボツリヌストキシンを保有していたことが発覚し、その後、破棄されている。また日本のオウム真理教によって何度か散布実験が行われているが、全て失敗に終わっている。

ボツリヌストキシンは比較的ローコストでの生産が可能なため、テロリストによる生産・使用が危惧されている。しかし、100℃で10分間加熱すれば毒性がなくなること、エアロゾル化した状態では1分間に数%ずつ失活していくこと、気象条件に大きく左右されることなどから、現在ではその生物兵器としての実用性は疑問視されている。

関連動画

管理人から一言

日本全国のオカルトキッズのみんな、お肉はちゃんと焼いてから食べようネ!

「ボツリヌス菌」とは?

「ボツリヌス菌」とは、川や湖、海などの土壌中に芽胞の形で広く分布している、クロストリジウム属に属するグラム陽性の細菌のことである。この細菌は、1896年にベルギー人の細菌学者エミール・ヴァン・エルメンゲムによって発見された。

「ボツリヌス」とは、ラテン語で「ソーセージ」を意味する言葉が語源となっており、それは19世紀のヨーロッパにおいて主にソーセージやハムなどを食べた人々が、この細菌が引き起こす食中毒の被害に多く遭っていたことに由来している。

この細菌が生成する「ボツリヌストキシン」という毒素は、非常に毒性が強く、猛毒として知られており、自然界に存在する毒素の中では最強の毒素だと考えられている。

「ボツリヌストキシン」の詳細

自然界最強の毒素を生み出す細菌。「ボツリヌス菌」|ブログインデックス|画像ID:21

「ボツリヌストキシン」とは、ボツリヌス菌によって生成される、その分子量が約15万ほどのタンパク質からなる毒素のことである。別名「ボツリヌス毒素」とも呼ばれている。

この毒素による、人間一人当たりの致死量は約0.001mgだと推測されており、これは約1gで100万人分の致死量に相当し、また約800gのボツリヌストキシンがあれば、地球上の全人類を滅亡させることができる計算になる。

そのため、第二次世界大戦中には各国がボツリヌストキシンの非常に強い毒性に注目し、生物兵器としての研究が盛んに行われていた。この頃にはその精製法が確立されているが、1975年に発効された「生物兵器禁止条約」により、現在ではその開発・生産・貯蔵が国際的に大きく制限されている。

湾岸戦争後の1995年、イラクが約19,000リットルのボツリヌストキシンを保有していたことが発覚し、その後、破棄されている。また日本のオウム真理教によって何度か散布実験が行われているが、全て失敗に終わっている。

ボツリヌストキシンは比較的ローコストでの生産が可能なため、テロリストによる生産・使用が危惧されている。しかし、100℃で10分間加熱すれば毒性がなくなること、エアロゾル化した状態では1分間に数%ずつ失活していくこと、気象条件に大きく左右されることなどから、現在ではその生物兵器としての実用性は疑問視されている。

関連動画

管理人から一言

日本全国のオカルトキッズのみんな、お肉はちゃんと焼いてから食べようネ!

厳選!話題の記事