物理主義は間違い…?「マリーの部屋」とは?|ブログインデックス

物理主義は間違い…?「マリーの部屋」とは?|ブログインデックス|画像ID:26

「マリーの部屋」とは、1982年にオーストラリア人の哲学者フランク・ジャクソンによって考案されたという、哲学における思考実験のことである。この思考実験は、「この世界に存在する、ありとあらゆる物事は全て物理的なものである」という、物理主義の考え方を批判するものとなっている。その内容としては、「とても頭の良い科学者のマリーは、生まれてからずっと白黒の部屋で生活をしている。しかし、彼女は『色』というものの存在と概念を物理的な知識から学んでおり、完全に理解している。果たして、マリーが白黒の部屋から外の世界へと出た時、彼女は何か新しいことを学ぶのだろうか?それとも、何も学ばないのだろうか?」というものである。

スポンサーリンク

「マリーの部屋」の詳細

「マリーの部屋」の思考実験は、総じて下記のようなものである。

あるところにとても頭の良い、「マリー」という女性の科学者がいた。彼女は何らかの理由により、生まれてからずっと白黒の部屋に閉じこもって生活を続けている。そのため、これまでに一度も『色』というものを見たことがない。

しかし、マリーは白黒の本や白黒のテレビなどを通して、色に関する多くの物理的な知識を学んだ。その結果、彼女は色の名前や種類はもちろんのこと、可視光線の波長が網膜を刺激した際に、人間が色というものを知覚・認識するのだという専門的な知識まで持っており、色というものを完全に理解している。

果たして、マリーが白黒の部屋から外の世界へと出た時、彼女は何か新しいことを学ぶのだろうか?それとも、何も学ばないのだろうか?

この時、マリーが何か新しいことを学ぶとした場合、物理主義の考え方は誤りとなる。なぜなら、彼女はすでに多くの物理的な知識を持っており、「色というものを物理的な意味では完全に理解している」という前提が崩れてしまうためである。

フランク・ジャクソンによる主張

物理主義は間違い…?「マリーの部屋」とは?|ブログインデックス|画像ID:20

「マリーの部屋」における、フランク・ジャクソンによる主張は下記の通りである。

マリーが白黒の部屋から外の世界へと出た時、その経験から何か新しいことを学ぶというのは明白である。その場合、彼女は物理的には「色」というものを完全に理解しているため、結果的に物理的な知識・情報だけで色を理解することは不可能であり、現在の物理主義という考え方は誤っているということになる。

恐らく、マリーが何か新しいことを学ぶとした場合、それは意識内の主観的な性質である「クオリア」のことだと考えられる。これはクオリア自体の存在を証明しており、同時にクオリアの性質が物理的なものでは説明がつかないことを認めなければならないことを意味している。

ダニエル・デネットによる反論

物理主義は間違い…?「マリーの部屋」とは?|ブログインデックス|画像ID:22

物理主義者として知られる、アメリカ人の哲学者ダニエル・デネットは「マリーが白黒の部屋から外の世界へと出た時、初めて『色』を見たとしても何も学ぶことはない」とフランク・ジャクソンの主張に対して反論している。

デネットによれば、この思考実験は物理主義の考え方を批判するために都合のいいように作られたものであり、物理主義の考え方を考慮すれば、マリーが物理的な意味合いでのクオリアを含めて、色というものを完全に理解していなければらないことになる。

つまり、彼女が白黒の部屋から外の世界へと出た時、生まれて初めての経験から感情的に驚くような反応を示すことはあったとしても、そこから何か新しいことを学ぶことはないのだという。

関連動画

この動画は、「Google Chrome」の公式アカウントによってアップされた、様々な色のボールが詰まったプールで遊ぶ大人たちの様子を収めた映像である。やはり、世界トップレベルのIT企業に勤める方々は、やることが違うのである。

管理人から一言

いい加減、白黒つけましょうよ…。

「マリーの部屋」の詳細

「マリーの部屋」の思考実験は、総じて下記のようなものである。

あるところにとても頭の良い、「マリー」という女性の科学者がいた。彼女は何らかの理由により、生まれてからずっと白黒の部屋に閉じこもって生活を続けている。そのため、これまでに一度も『色』というものを見たことがない。

しかし、マリーは白黒の本や白黒のテレビなどを通して、色に関する多くの物理的な知識を学んだ。その結果、彼女は色の名前や種類はもちろんのこと、可視光線の波長が網膜を刺激した際に、人間が色というものを知覚・認識するのだという専門的な知識まで持っており、色というものを完全に理解している。

果たして、マリーが白黒の部屋から外の世界へと出た時、彼女は何か新しいことを学ぶのだろうか?それとも、何も学ばないのだろうか?

この時、マリーが何か新しいことを学ぶとした場合、物理主義の考え方は誤りとなる。なぜなら、彼女はすでに多くの物理的な知識を持っており、「色というものを物理的な意味では完全に理解している」という前提が崩れてしまうためである。

フランク・ジャクソンによる主張

物理主義は間違い…?「マリーの部屋」とは?|ブログインデックス|画像ID:20

「マリーの部屋」における、フランク・ジャクソンによる主張は下記の通りである。

マリーが白黒の部屋から外の世界へと出た時、その経験から何か新しいことを学ぶというのは明白である。その場合、彼女は物理的には「色」というものを完全に理解しているため、結果的に物理的な知識・情報だけで色を理解することは不可能であり、現在の物理主義という考え方は誤っているということになる。

恐らく、マリーが何か新しいことを学ぶとした場合、それは意識内の主観的な性質である「クオリア」のことだと考えられる。これはクオリア自体の存在を証明しており、同時にクオリアの性質が物理的なものでは説明がつかないことを認めなければならないことを意味している。

ダニエル・デネットによる反論

物理主義は間違い…?「マリーの部屋」とは?|ブログインデックス|画像ID:22

物理主義者として知られる、アメリカ人の哲学者ダニエル・デネットは「マリーが白黒の部屋から外の世界へと出た時、初めて『色』を見たとしても何も学ぶことはない」とフランク・ジャクソンの主張に対して反論している。

デネットによれば、この思考実験は物理主義の考え方を批判するために都合のいいように作られたものであり、物理主義の考え方を考慮すれば、マリーが物理的な意味合いでのクオリアを含めて、色というものを完全に理解していなければらないことになる。

つまり、彼女が白黒の部屋から外の世界へと出た時、生まれて初めての経験から感情的に驚くような反応を示すことはあったとしても、そこから何か新しいことを学ぶことはないのだという。

関連動画

この動画は、「Google Chrome」の公式アカウントによってアップされた、様々な色のボールが詰まったプールで遊ぶ大人たちの様子を収めた映像である。やはり、世界トップレベルのIT企業に勤める方々は、やることが違うのである。

管理人から一言

いい加減、白黒つけましょうよ…。

厳選!話題の記事