決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス

決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス|画像ID:15

「コックリさん(狐狗狸さん)」とは、1970年代に少年少女の間で大ブームとなった、「狐の霊」を呼び出すための遊び、または降霊術のことである。一時期、学校の休み時間中などに、好奇心から「コックリさん」を行った少年少女が、精神に異常をきたし、病院へ搬送されるといった事件が多発したため、「コックリさん」を禁止とする学校も多く存在していた。

スポンサーリンク

「コックリさん」の起源

1884年、伊豆半島沖に漂着したアメリカ人の船員が、当時、西洋の国々で流行していた、「テーブル・ターニング」という降霊術を地元の住民に教えたことが、「コックリさん」の起源だとされている。

「テーブル・ターニング」とは、霊と交信するための人々の集まりである、「交霊会」などの場において、複数人がテーブルを囲み、そのテーブルの上に手を乗せる。やがて、霊が降りてくると、テーブルが勝手に動き始める。この時、参加者が質問をすると、霊がテーブルを動かして答えを返してくるというものである。

当時、日本にはテーブルが普及していなかったため、「コックリさん」には、大きな箱などが用いられていた。この箱が、「コックリ、コックリ」と傾く様子から、「コックリさん」と呼ばれるようになり、やがて、「狐」・「狗」・「狸」の文字を当てた、「狐狗狸さん」という言葉が使われるようになったとされている。

その後、1970年代に漫画家「つのだじろう」によるホラー漫画「うしろの百太郎」の中で、「コックリさん」が取り上げられたことをきっかけに、少年少女の間で大ブームが巻き起こり、瞬く間に「コックリさん」は、日本全国へと広まっていった。

用意するもの

決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス|画像ID:25

「コックリさん」を行う際に用意するものは、下記の通りである。

  • 白い紙
  • 十円玉
  • 文字を書くためのペン
  • 人が囲めるほどの机やテーブル

「コックリさん」のやり方

「コックリさん」のやり方は、下記の通りである。

  1. 白い紙に鳥居を書き、その左右に「はい」と「いいえ」、その下に数字と五十音を書く
  2. 紙の上に十円玉を置き、その十円玉の上に全員で人差し指を置く
  3. 「コックリさん、コックリさん、おいでください、おいでになられましたら、『はい』へお進みください」とお願いすると、十円玉が「はい」の位置へ動き始める
  4. コックリさんに聞きたいことを質問をすると、十円玉が勝手に動き、答えを返してくる
  5. 質問が一つ終わるごとに、「鳥居の位置まで、お戻りください」とお願いし、十円玉を鳥居の位置へ戻す
  6. 全ての質問が終わったら、「コックリさん、コックリさん、お戻りください」とお願いし、コックリさんが「はい」と答えて、十円玉が鳥居の位置へ戻ったら、「ありがとうございました」と礼を言って終了する

「コックリさん」の注意点

「コックリさん」の注意点は、下記の通りである。

  • 一人でやってはいけない
  • 途中で止めてはいけない
  • 十円玉に人差し指を置いている間は、決して離してはいけない
  • 使用した紙は、その日の内に燃やすか、48つに細かく破り捨てる
  • 使用した十円玉は、塩水で清めるか、三日以内に使用する
  • コックリさんが帰ってくれない場合、帰ってくれるまで何度もお願いする

「コックリさん」の体験談

決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス|画像ID:20

「コックリさん」については、下記のような奇妙な体験談が報告されている。

それは、私が中学生の時でした。

当時、学校ではやってはいけない、「コックリさん」という遊びが流行っていました。私は霊感など全く無く、最初は友達がやっているのを見ているだけでした。しかし、その内誘われて、断れず次第に友達と一緒にやるようになりました。友達とやると、本当に十円玉が自然に動くので、とてもびっくりしました。

ある日、また「コックリさん」をやっていたら、「コックリさん」が中々戻ってくれなくて、私に憑くという感じで昼休みが終わってしまい、そのまま忘れて家に帰ってしまいました。そして、その夜、2時ジャストにベットで寝ていた私は、パッと目が覚めました。その途端、金縛りです。苦しくて苦しくて、金縛りが解けるのに1分はかかったと思います。

次の日、また皆は「コックリさん」をやっていたのですが、私はやらずにそのまま家に帰りました。その夜、今度は4時ジャストです。またパッと目が覚めました。今度も金縛りから始まりました。しばらくすると今度は体が硬直したまま、お腹の辺りを軸にするような形で、天井を向いたまま、右に体が回り始めました。右には壁があるので、「もう少しで壁にぶつかる!」と思った瞬間、戻り始めました。それで、その日は終わりました。

さらに3日目、その日も4時ジャストでした。今度も、まず金縛りが始まりました。それと同時にベッドの上のラジカセが、大音量で鳴り始めたのです。私はその時、「3日間も続けて人の睡眠を邪魔するなんて、もういい加減にして!」と心の中で強く思いました。すると、その瞬間、ラジカセの音が止み、金縛りも解けました。それ以降、金縛りに遭うことはありませんでした。

「コックリさん」のことは忘れていたのですが、大人になったある日、「コックリさん」はとても危険だということを知り、当時のことを思い出しました。それまでは、その金縛りは偶然だとばかり思っていたのです。色々思い出すと、「あれは、『コックリさん』をやったからなのでは?」と思い始めました。

「コックリさん」をやっていた当時、仲が良かった霊感の強い友達が、「学校中で、皆が『コックリさん』をやっているから、頭が痛い」としょっちゅう言っていました。ある日、その子と廊下ですれ違った時、彼女は私に「○○ちゃん大丈夫?」と聞いてきたことがあったのです。その時、私は訳が分からず、「大丈夫だよ」と答えました。

今思えば、あの時、彼女には私に何かが憑りついているのが、見えていたのでしょうか…。

その真相とは?

決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス|画像ID:21

「コックリさん」において、「十円玉が動く」という不可解な現象については、いくつかの説が存在する。

  • 心霊現象による説

これは「十円玉が動くのは、『狐の霊』、または低級な『自然霊』の憑依によるものではないか」という説である。「コックリさん」の最中に、強烈な異臭がすることがあるという。また全ての質問が終わり、「コックリさん、コックリさん、お戻りください」とお願いした時、十円玉が動かなかった場合には、参加者の全員が、霊に取り憑かれてしまうと言われている。この「コックリさん」による呪いを解く方法としては、額に五つ星を書くというものが知られている。

  • 筋肉疲労による説

これは「十円玉が動くのは、長時間、十円玉に人差し指を添える体勢を取り続けた場合に起こる、筋肉の疲労によるものではないか」という説である。僅かに動いてしまった腕の力が、人差し指に集中して十円玉を動かし、一旦、十円玉が動き始めると、次は動いた方向へ動かそうとする力が、無意識の内に働くのだとされている。

  • 潜在意識による説

これは「十円玉が動くのは、参加者の潜在意識によって、無自覚に人差し指を動かしているためではないか」という説である。過去にテレビ番組「特命リサーチ200X」において、小学生を対象として検証を行った際、小学生でも理解できるような質問に対しては、十円玉は正答な答えを返したが、小学生の理解を超えた質問に対しては、十円玉は紙の上を迷走するだけだった。また参加者に対して、視線を動きを記録するためのアイマークレコーダーを装着させたところ、質問を聞いた際に、十円玉の動きに先行して、答えとなる語句の文字を目で追っていたことなどが明らかとなった。

また「コックリさん」を行った際に、参加者が精神に異常をきたしたという報告については、「集団パニック」、または「集団ヒステリー」と呼ばれる心理現象によるものだとされている。しかし、その詳しいメカニズムについては、科学的に解明されておらず、その真相は定かではない。

関連動画

管理人から一言

「コックリさん」なんて、怖くて、やったことありません…。

「コックリさん」の起源

1884年、伊豆半島沖に漂着したアメリカ人の船員が、当時、西洋の国々で流行していた、「テーブル・ターニング」という降霊術を地元の住民に教えたことが、「コックリさん」の起源だとされている。

「テーブル・ターニング」とは、霊と交信するための人々の集まりである、「交霊会」などの場において、複数人がテーブルを囲み、そのテーブルの上に手を乗せる。やがて、霊が降りてくると、テーブルが勝手に動き始める。この時、参加者が質問をすると、霊がテーブルを動かして答えを返してくるというものである。

当時、日本にはテーブルが普及していなかったため、「コックリさん」には、大きな箱などが用いられていた。この箱が、「コックリ、コックリ」と傾く様子から、「コックリさん」と呼ばれるようになり、やがて、「狐」・「狗」・「狸」の文字を当てた、「狐狗狸さん」という言葉が使われるようになったとされている。

その後、1970年代に漫画家「つのだじろう」によるホラー漫画「うしろの百太郎」の中で、「コックリさん」が取り上げられたことをきっかけに、少年少女の間で大ブームが巻き起こり、瞬く間に「コックリさん」は、日本全国へと広まっていった。

用意するもの

決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス|画像ID:25

「コックリさん」を行う際に用意するものは、下記の通りである。

  • 白い紙
  • 十円玉
  • 文字を書くためのペン
  • 人が囲めるほどの机やテーブル

「コックリさん」のやり方

「コックリさん」のやり方は、下記の通りである。

  1. 白い紙に鳥居を書き、その左右に「はい」と「いいえ」、その下に数字と五十音を書く
  2. 紙の上に十円玉を置き、その十円玉の上に全員で人差し指を置く
  3. 「コックリさん、コックリさん、おいでください、おいでになられましたら、『はい』へお進みください」とお願いすると、十円玉が「はい」の位置へ動き始める
  4. コックリさんに聞きたいことを質問をすると、十円玉が勝手に動き、答えを返してくる
  5. 質問が一つ終わるごとに、「鳥居の位置まで、お戻りください」とお願いし、十円玉を鳥居の位置へ戻す
  6. 全ての質問が終わったら、「コックリさん、コックリさん、お戻りください」とお願いし、コックリさんが「はい」と答えて、十円玉が鳥居の位置へ戻ったら、「ありがとうございました」と礼を言って終了する

「コックリさん」の注意点

「コックリさん」の注意点は、下記の通りである。

  • 一人でやってはいけない
  • 途中で止めてはいけない
  • 十円玉に人差し指を置いている間は、決して離してはいけない
  • 使用した紙は、その日の内に燃やすか、48つに細かく破り捨てる
  • 使用した十円玉は、塩水で清めるか、三日以内に使用する
  • コックリさんが帰ってくれない場合、帰ってくれるまで何度もお願いする

「コックリさん」の体験談

決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス|画像ID:20

「コックリさん」については、下記のような奇妙な体験談が報告されている。

それは、私が中学生の時でした。

当時、学校ではやってはいけない、「コックリさん」という遊びが流行っていました。私は霊感など全く無く、最初は友達がやっているのを見ているだけでした。しかし、その内誘われて、断れず次第に友達と一緒にやるようになりました。友達とやると、本当に十円玉が自然に動くので、とてもびっくりしました。

ある日、また「コックリさん」をやっていたら、「コックリさん」が中々戻ってくれなくて、私に憑くという感じで昼休みが終わってしまい、そのまま忘れて家に帰ってしまいました。そして、その夜、2時ジャストにベットで寝ていた私は、パッと目が覚めました。その途端、金縛りです。苦しくて苦しくて、金縛りが解けるのに1分はかかったと思います。

次の日、また皆は「コックリさん」をやっていたのですが、私はやらずにそのまま家に帰りました。その夜、今度は4時ジャストです。またパッと目が覚めました。今度も金縛りから始まりました。しばらくすると今度は体が硬直したまま、お腹の辺りを軸にするような形で、天井を向いたまま、右に体が回り始めました。右には壁があるので、「もう少しで壁にぶつかる!」と思った瞬間、戻り始めました。それで、その日は終わりました。

さらに3日目、その日も4時ジャストでした。今度も、まず金縛りが始まりました。それと同時にベッドの上のラジカセが、大音量で鳴り始めたのです。私はその時、「3日間も続けて人の睡眠を邪魔するなんて、もういい加減にして!」と心の中で強く思いました。すると、その瞬間、ラジカセの音が止み、金縛りも解けました。それ以降、金縛りに遭うことはありませんでした。

「コックリさん」のことは忘れていたのですが、大人になったある日、「コックリさん」はとても危険だということを知り、当時のことを思い出しました。それまでは、その金縛りは偶然だとばかり思っていたのです。色々思い出すと、「あれは、『コックリさん』をやったからなのでは?」と思い始めました。

「コックリさん」をやっていた当時、仲が良かった霊感の強い友達が、「学校中で、皆が『コックリさん』をやっているから、頭が痛い」としょっちゅう言っていました。ある日、その子と廊下ですれ違った時、彼女は私に「○○ちゃん大丈夫?」と聞いてきたことがあったのです。その時、私は訳が分からず、「大丈夫だよ」と答えました。

今思えば、あの時、彼女には私に何かが憑りついているのが、見えていたのでしょうか…。

その真相とは?

決して、やってはいけない遊び。「コックリさん」|ブログインデックス|画像ID:21

「コックリさん」において、「十円玉が動く」という不可解な現象については、いくつかの説が存在する。

  • 心霊現象による説

これは「十円玉が動くのは、『狐の霊』、または低級な『自然霊』の憑依によるものではないか」という説である。「コックリさん」の最中に、強烈な異臭がすることがあるという。また全ての質問が終わり、「コックリさん、コックリさん、お戻りください」とお願いした時、十円玉が動かなかった場合には、参加者の全員が、霊に取り憑かれてしまうと言われている。この「コックリさん」による呪いを解く方法としては、額に五つ星を書くというものが知られている。

  • 筋肉疲労による説

これは「十円玉が動くのは、長時間、十円玉に人差し指を添える体勢を取り続けた場合に起こる、筋肉の疲労によるものではないか」という説である。僅かに動いてしまった腕の力が、人差し指に集中して十円玉を動かし、一旦、十円玉が動き始めると、次は動いた方向へ動かそうとする力が、無意識の内に働くのだとされている。

  • 潜在意識による説

これは「十円玉が動くのは、参加者の潜在意識によって、無自覚に人差し指を動かしているためではないか」という説である。過去にテレビ番組「特命リサーチ200X」において、小学生を対象として検証を行った際、小学生でも理解できるような質問に対しては、十円玉は正答な答えを返したが、小学生の理解を超えた質問に対しては、十円玉は紙の上を迷走するだけだった。また参加者に対して、視線を動きを記録するためのアイマークレコーダーを装着させたところ、質問を聞いた際に、十円玉の動きに先行して、答えとなる語句の文字を目で追っていたことなどが明らかとなった。

また「コックリさん」を行った際に、参加者が精神に異常をきたしたという報告については、「集団パニック」、または「集団ヒステリー」と呼ばれる心理現象によるものだとされている。しかし、その詳しいメカニズムについては、科学的に解明されておらず、その真相は定かではない。

関連動画

管理人から一言

「コックリさん」なんて、怖くて、やったことありません…。

厳選!話題の記事