最も有名な学校の都市伝説。「トイレの花子さん」|ブログインデックス

最も有名な学校の都市伝説。「トイレの花子さん」|ブログインデックス|画像ID:11

学校のトイレにまつわる有名な怪談話「トイレの花子さん」。この話は、日本人なら誰もが一度は聞いたことがあるのではないだろうか。それは「誰もいないはずの学校のトイレで、ある方法で呼びかけると『花子さん』という少女から返事が返ってくる」というものである。

スポンサーリンク

「トイレの花子さん」の詳細

花子さんの外見については、おかっぱ頭に白いワイシャツ・赤い吊りスカートを穿いた女の子というものが一般的である。

花子さんの呼び出し方はその地方により異なるが、最も有名なものは、「学校の校舎3階にあるトイレで扉を3回ノックし、『花子さんいらっしゃいますか?』と尋ねる行為を一番手前の個室から奥まで3回ずつやると3番目の個室からかすかな声で「はい」と返事が返ってくる。そして、その扉を開けると花子さんが立っていてトイレに引きずりこまれる」というもの。

この「トイレの花子さん」という怪談話については、1950年頃から急速に日本全国へと広まったものとされている。

地方ごとの相違点

最も有名な学校の都市伝説。「トイレの花子さん」|ブログインデックス|画像ID:25

花子さんの呼び出し方や、その詳細は地方ごとに異なる

  • 山形県:トイレを出る際に「花子さん」と呼ぶと返事があり、嫌な声で返事をされた時には何かが起こる
  • 神奈川県:呼びかけて3秒以内に逃げないと殺される、また男子トイレで便器の周りを3回回って「ハナコさん」と呼ぶと、便器から血だらけの手が現れる
  • 兵庫県:1番目のトイレには花子さんの父、2番目には母、4番目は妹、5番目に弟、男子トイレの2番目に祖父がいて、これらを呼ぶと「うちの花子に何か用か?」と聞かれる
  • 大阪府:花子さんを呼ぼうとトイレのドアをノックすると、標準語で「危ないわね、やめなさいよ」と声が返ってくる
  • 東京都:3階の女子トイレの奥で「花子さーん」と呼ぶと「なーに?」と声が返り、16時過ぎにトイレで「花子さん、ごめんなさい」と言うと「いいのよ」と声が返ってくる
  • 埼玉県:トイレの4番目のドアを15回ノックして「花子さん、遊びましょ」と呼ぶと「はーい」と返事が返ってくる

また「花子さん」の怪談話は日本各地に広まっているが、これらの花子さんはすべて従姉妹同士との説もある。

「トイレの花子さん」の体験談

「トイレの花子さん」については、下記のような奇妙な体験談が報告されている。

これは、私が小学校6年生の頃の話です。

放課後、私とIさんKさんの3人が、2階の女子トイレで当時話題になっていた「トイレの花子さん」をやっていました。私たちの学校では、トイレの3番目のドアを3回叩き、「花子さん遊びましょ」と言うと、内側からドアを叩く音がするというものでした。

噂通りにドアを3回叩いて「花子さん」と呼んだのですが、何も起こらず、「やっぱり…」などと友達と話し、トイレから出ました。その時、Iさんが一言、こう言いました。

「何かが、足を掴んでる」

その時、私とKさんはIさんの言うことを信じるわけもなく、何言ってんだろうと思って笑っていました。すると、Iさんは「キャー」と言いながら階段を駆け下りて行ったのです。慌ててIさんの後を追うと、Iさんは真っ青な顔をしてガタガタと震えていました。

Iさんは、「右足…」と呟き、私とKさんはIさんの右足を見ました。そこには紫色の手形がついていました。私は心臓が止まりそうなくらい驚いて、声も出ませんでした。

急いで学校から出ると、またIさんが青ざめていました。背中が重いらしいのです。Iさんのランドセルは普通の重さ、むしろ私より軽いのに腰を低くし、まるでお婆さんのように歩いていました。Iさんに「大丈夫?」としきりに言っていた私たちは、道にあったお地蔵さんを見つけ、3人で手を合わせました。

手を合わせた後、Iさんはいきなり小さい子の声でこう言いました。

「花子じゃないもん、ゆうこだもん」

普段はこんな声出さないのに…と思い、Iさんを見るといつものIさんに戻っていました。Iさんは私たちを見て、「何か言った?」と問いかけてきました。彼女は何も覚えていないようです。

それ以来、学校ではふざけて「トイレの花子さん」を呼ぶことはありませんでした。

その真相とは?

最も有名な学校の都市伝説。「トイレの花子さん」|ブログインデックス|画像ID:13

花子さんの正体については様々な説がある。

  • 休日の学校に遊びに来ていた少女が変質者に追われ、トイレの3番目の個室で殺害されてしまい、霊となった
  • 生前、父親から虐待を受けていた少女の霊で、おかっぱ頭はその時の傷を隠すため
  • 福島県の図書館の窓から落ちて死んだ少女の霊

生前の人物像について、本名は長谷川花子で1879年生まれ、牛乳が嫌いで白系の色も嫌い、赤系と青系の色が好き。学校では卓球部に所属、花粉症だったなどの情報もあるが、真偽の程は定かではない。また花子さんの撃退方法として、遭った時には100点満点の答案用紙を見せると悲鳴を上げて消え去るという説もある。

関連動画

管理人から一言

昔、花子さんのアニメがありましたね。懐かしい…。

「トイレの花子さん」の詳細

花子さんの外見については、おかっぱ頭に白いワイシャツ・赤い吊りスカートを穿いた女の子というものが一般的である。

花子さんの呼び出し方はその地方により異なるが、最も有名なものは、「学校の校舎3階にあるトイレで扉を3回ノックし、『花子さんいらっしゃいますか?』と尋ねる行為を一番手前の個室から奥まで3回ずつやると3番目の個室からかすかな声で「はい」と返事が返ってくる。そして、その扉を開けると花子さんが立っていてトイレに引きずりこまれる」というもの。

この「トイレの花子さん」という怪談話については、1950年頃から急速に日本全国へと広まったものとされている。

地方ごとの相違点

最も有名な学校の都市伝説。「トイレの花子さん」|ブログインデックス|画像ID:25

花子さんの呼び出し方や、その詳細は地方ごとに異なる

  • 山形県:トイレを出る際に「花子さん」と呼ぶと返事があり、嫌な声で返事をされた時には何かが起こる
  • 神奈川県:呼びかけて3秒以内に逃げないと殺される、また男子トイレで便器の周りを3回回って「ハナコさん」と呼ぶと、便器から血だらけの手が現れる
  • 兵庫県:1番目のトイレには花子さんの父、2番目には母、4番目は妹、5番目に弟、男子トイレの2番目に祖父がいて、これらを呼ぶと「うちの花子に何か用か?」と聞かれる
  • 大阪府:花子さんを呼ぼうとトイレのドアをノックすると、標準語で「危ないわね、やめなさいよ」と声が返ってくる
  • 東京都:3階の女子トイレの奥で「花子さーん」と呼ぶと「なーに?」と声が返り、16時過ぎにトイレで「花子さん、ごめんなさい」と言うと「いいのよ」と声が返ってくる
  • 埼玉県:トイレの4番目のドアを15回ノックして「花子さん、遊びましょ」と呼ぶと「はーい」と返事が返ってくる

また「花子さん」の怪談話は日本各地に広まっているが、これらの花子さんはすべて従姉妹同士との説もある。

「トイレの花子さん」の体験談

「トイレの花子さん」については、下記のような奇妙な体験談が報告されている。

これは、私が小学校6年生の頃の話です。

放課後、私とIさんKさんの3人が、2階の女子トイレで当時話題になっていた「トイレの花子さん」をやっていました。私たちの学校では、トイレの3番目のドアを3回叩き、「花子さん遊びましょ」と言うと、内側からドアを叩く音がするというものでした。

噂通りにドアを3回叩いて「花子さん」と呼んだのですが、何も起こらず、「やっぱり…」などと友達と話し、トイレから出ました。その時、Iさんが一言、こう言いました。

「何かが、足を掴んでる」

その時、私とKさんはIさんの言うことを信じるわけもなく、何言ってんだろうと思って笑っていました。すると、Iさんは「キャー」と言いながら階段を駆け下りて行ったのです。慌ててIさんの後を追うと、Iさんは真っ青な顔をしてガタガタと震えていました。

Iさんは、「右足…」と呟き、私とKさんはIさんの右足を見ました。そこには紫色の手形がついていました。私は心臓が止まりそうなくらい驚いて、声も出ませんでした。

急いで学校から出ると、またIさんが青ざめていました。背中が重いらしいのです。Iさんのランドセルは普通の重さ、むしろ私より軽いのに腰を低くし、まるでお婆さんのように歩いていました。Iさんに「大丈夫?」としきりに言っていた私たちは、道にあったお地蔵さんを見つけ、3人で手を合わせました。

手を合わせた後、Iさんはいきなり小さい子の声でこう言いました。

「花子じゃないもん、ゆうこだもん」

普段はこんな声出さないのに…と思い、Iさんを見るといつものIさんに戻っていました。Iさんは私たちを見て、「何か言った?」と問いかけてきました。彼女は何も覚えていないようです。

それ以来、学校ではふざけて「トイレの花子さん」を呼ぶことはありませんでした。

その真相とは?

最も有名な学校の都市伝説。「トイレの花子さん」|ブログインデックス|画像ID:13

花子さんの正体については様々な説がある。

  • 休日の学校に遊びに来ていた少女が変質者に追われ、トイレの3番目の個室で殺害されてしまい、霊となった
  • 生前、父親から虐待を受けていた少女の霊で、おかっぱ頭はその時の傷を隠すため
  • 福島県の図書館の窓から落ちて死んだ少女の霊

生前の人物像について、本名は長谷川花子で1879年生まれ、牛乳が嫌いで白系の色も嫌い、赤系と青系の色が好き。学校では卓球部に所属、花粉症だったなどの情報もあるが、真偽の程は定かではない。また花子さんの撃退方法として、遭った時には100点満点の答案用紙を見せると悲鳴を上げて消え去るという説もある。

関連動画

管理人から一言

昔、花子さんのアニメがありましたね。懐かしい…。

厳選!話題の記事