救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス

救急車で運ばれたご主人を病院まで追いかけ、待ち続けた1匹のワンコのお話が海外で話題になっていたのでご紹介します。

人生において多くのものは行ったり来たりしますが、そんな中で忠実な犬の愛情は変わりませんでした。
救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:13

「Negão」という名前のこちらのワンコ。Negãoにとって世界でたった一人の愛するご主人が亡くなってしまいました。ですが、悲しいことにNegãoにはそれを知るすべがありませんでした。

スポンサードリンク

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:19オススメ記事一覧(アンテナサイト経由)

Negãoのご主人はホームレスの男性で、昨年末に致命的な感染症を患い、救急車でブラジルのサンタカタリーナにあるルース・カルドーゾ病院へと運ばれました。救急車で運ばれるご主人を必死で追いかけ、担架で病院の中にご主人が入って行く姿をNegãoは見ていました。しかしそれが、ご主人の生きている最後の姿となってしまったのです。

ご主人が救急車で運ばれてから8ヶ月もの間、Negãoはご主人が出てくることを信じ、ずっと病院の前で待ち続けていました。

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:2

ご主人が亡くなったことを知らないNegãoは、数日、数週間、そして数ヶ月という月日が過ぎて行きました。どんなに時間が過ぎようと、最後に生きているご主人を見たその場所からNegãoは動こうとしませんでした。

救急車で病院に患者を運んでくるたびに、Negãoはご主人かもしれないという期待を込めて確認していたといいます。

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:15

病院で働いているスタッフたちがNegãoの存在に気づくまでにそれほど時間はかかりませんでした。

病院のスタッフはNegãoを遠くから見守り、水や食べ物などをちゃんと摂取しているか確かめたり、更にNegãoの新しい里親さんを2度程見つけたりもしましたが、どちらもNegãoが新しいお家から逃げ出してしまい、どんなに離れたところへ行ってもNegãoは必ず病院の敷地へと戻って来てしまったそうです。

そのため、病院側はNegãoに対しての方針を考え直しました。地元の動物慈善団体と協力し、獣医による検査を受けるようにし、定期的な散歩を取り組むようになりました。

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:21

Negãoはご主人を亡くすという、人生で計り知れない悲しみがありましたが、ご主人を想う忠誠心に多くの人々が心を打たれ、たくさんの人の愛を得ることとなりました。

病院側は、「Negãoがこの病院に居たいと思う限り、私たちは彼のサポートをしていきたい。」と語っています。
掲載元:https://www.thedodo.com/loyal-dog-still-waiting-for-dead-owner-1952047748.html

以下海外の反応

1: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

この話を聞いてとても心を打たれたわ:(
病院のスタッフも、彼を救おうとしてくれた人々に感謝をします。彼のご主人もRainbow Bridge(虹の橋)の上で待っていると思うわ。時がきて、彼のご主人も彼がいかに忠実なワンコであったかを知る事でしょうね。
Rainbow Bridge(虹の橋)とは・・以前国内外問わずネット上で話題になった作者不詳の詩です。 詳細はももちゃんコメントへ。

2: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

完全にハチの様ね!

3: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

>>2.ハチ公ね!
ハチ公の『公』とは大正時代に愛情を込めたペット用ニックネームとして付けたのが『公』らしいです。詳しくは⇒こちら

4: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

>>2.私もすぐにハチ公を考えていました。この様な忠誠は美しくもあり同時に悲しくもあるわね。

5: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

本当に悲しいわね。彼は、もう二度とご主人を正しく弔うチャンスを失ってしまった様に感じるわ。

6: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

あまりにも愛と悲しみが入り混じるわ。いつか幸福で満たされる時が彼にやってくるといいわね。それからこのワンちゃんに関わってくれて尽力をつくしてくれたすべての方々は本当に凄いと感じたわ。本当にありがとう!

7: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

このお話は本当に泣けちゃうわね。

8: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

彼の忠誠心は純粋に凄いね。

9: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

このワンちゃんにご主人が亡くなった時にきちんと毛布で覆われた姿でもいいから対面させて、死を示すべきだったわね。そうでなければ彼は理解できずに、いつまでも待ち続ける事になっちゃうわよね。

10: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

>>9.あなたが言ってることは100%正しいと思う。

11: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

とても悲しい気持ちになりました。彼にはご主人の匂いの付いた物を与えて、ご主人のお墓に案内してあげてほしいと思います。

等ありました。
救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:13
Negãoのずっと待っていた姿に涙が出てきてしまいました(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )ポロポロ
海外の方の反応にあった「虹の橋(Rainbow Bridge)」は、「犬の十戒」と同じく、原作者不詳のまま、多くの方に語り継がれている素晴らしいお話です。

虹の橋とは・・・?
亡くなったペットの魂は、虹の橋のたもとにある美しい草原やお花が咲いている楽園で楽しく幸せに暮らし、飼い主を待っています。そして彼らの飼い主がこの世を去った日、この場所でペットと飼い主は再会し、虹の橋を一緒に渡って天国へ行くと信じられています。

「虹の橋」についてもっと詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください→こちら

≪この記事を読んだ方におすすめ!≫

【心温まる瞬間!!】嗅覚を頼りに飼い主さんの入院する病院にたどり着いたワンコがスゴイ!と海外で話題に
http://blog.livedoor.jp/mohumohuch/archives/3790447.html
【ネットで話題】ぬいぐるみは家族 フモフモランド「ぬいぐるみの病院」の対応が素敵すぎる!!
http://blog.livedoor.jp/mohumohuch/archives/2266582.html
 

スポンサードリンク

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:19本日のPickup!

この記事が気に入ったら
いいね!してくれると嬉しいにゃ

もふもふちゃんねる。の最新情報をお届けします

Twitterで『もふもふちゃんねる。』をフォローしてね♪

スポンサードリンク

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:19オススメ記事一覧(アンテナサイト経由)

Negãoのご主人はホームレスの男性で、昨年末に致命的な感染症を患い、救急車でブラジルのサンタカタリーナにあるルース・カルドーゾ病院へと運ばれました。救急車で運ばれるご主人を必死で追いかけ、担架で病院の中にご主人が入って行く姿をNegãoは見ていました。しかしそれが、ご主人の生きている最後の姿となってしまったのです。

ご主人が救急車で運ばれてから8ヶ月もの間、Negãoはご主人が出てくることを信じ、ずっと病院の前で待ち続けていました。

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:2

ご主人が亡くなったことを知らないNegãoは、数日、数週間、そして数ヶ月という月日が過ぎて行きました。どんなに時間が過ぎようと、最後に生きているご主人を見たその場所からNegãoは動こうとしませんでした。

救急車で病院に患者を運んでくるたびに、Negãoはご主人かもしれないという期待を込めて確認していたといいます。

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:15

病院で働いているスタッフたちがNegãoの存在に気づくまでにそれほど時間はかかりませんでした。

病院のスタッフはNegãoを遠くから見守り、水や食べ物などをちゃんと摂取しているか確かめたり、更にNegãoの新しい里親さんを2度程見つけたりもしましたが、どちらもNegãoが新しいお家から逃げ出してしまい、どんなに離れたところへ行ってもNegãoは必ず病院の敷地へと戻って来てしまったそうです。

そのため、病院側はNegãoに対しての方針を考え直しました。地元の動物慈善団体と協力し、獣医による検査を受けるようにし、定期的な散歩を取り組むようになりました。

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:21

Negãoはご主人を亡くすという、人生で計り知れない悲しみがありましたが、ご主人を想う忠誠心に多くの人々が心を打たれ、たくさんの人の愛を得ることとなりました。

病院側は、「Negãoがこの病院に居たいと思う限り、私たちは彼のサポートをしていきたい。」と語っています。
掲載元:https://www.thedodo.com/loyal-dog-still-waiting-for-dead-owner-1952047748.html

以下海外の反応

1: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

この話を聞いてとても心を打たれたわ:(
病院のスタッフも、彼を救おうとしてくれた人々に感謝をします。彼のご主人もRainbow Bridge(虹の橋)の上で待っていると思うわ。時がきて、彼のご主人も彼がいかに忠実なワンコであったかを知る事でしょうね。
Rainbow Bridge(虹の橋)とは・・以前国内外問わずネット上で話題になった作者不詳の詩です。 詳細はももちゃんコメントへ。

2: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

完全にハチの様ね!

3: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

>>2.ハチ公ね!
ハチ公の『公』とは大正時代に愛情を込めたペット用ニックネームとして付けたのが『公』らしいです。詳しくは⇒こちら

4: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

>>2.私もすぐにハチ公を考えていました。この様な忠誠は美しくもあり同時に悲しくもあるわね。

5: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

本当に悲しいわね。彼は、もう二度とご主人を正しく弔うチャンスを失ってしまった様に感じるわ。

6: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

あまりにも愛と悲しみが入り混じるわ。いつか幸福で満たされる時が彼にやってくるといいわね。それからこのワンちゃんに関わってくれて尽力をつくしてくれたすべての方々は本当に凄いと感じたわ。本当にありがとう!

7: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

このお話は本当に泣けちゃうわね。

8: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

彼の忠誠心は純粋に凄いね。

9: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

このワンちゃんにご主人が亡くなった時にきちんと毛布で覆われた姿でもいいから対面させて、死を示すべきだったわね。そうでなければ彼は理解できずに、いつまでも待ち続ける事になっちゃうわよね。

10: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

>>9.あなたが言ってることは100%正しいと思う。

11: もふもふちゃんねる。が翻訳しました@*´×`*@

とても悲しい気持ちになりました。彼にはご主人の匂いの付いた物を与えて、ご主人のお墓に案内してあげてほしいと思います。

等ありました。
救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:13
Negãoのずっと待っていた姿に涙が出てきてしまいました(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )ポロポロ
海外の方の反応にあった「虹の橋(Rainbow Bridge)」は、「犬の十戒」と同じく、原作者不詳のまま、多くの方に語り継がれている素晴らしいお話です。

虹の橋とは・・・?
亡くなったペットの魂は、虹の橋のたもとにある美しい草原やお花が咲いている楽園で楽しく幸せに暮らし、飼い主を待っています。そして彼らの飼い主がこの世を去った日、この場所でペットと飼い主は再会し、虹の橋を一緒に渡って天国へ行くと信じられています。

「虹の橋」についてもっと詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください→こちら

≪この記事を読んだ方におすすめ!≫

【心温まる瞬間!!】嗅覚を頼りに飼い主さんの入院する病院にたどり着いたワンコがスゴイ!と海外で話題に
http://blog.livedoor.jp/mohumohuch/archives/3790447.html
【ネットで話題】ぬいぐるみは家族 フモフモランド「ぬいぐるみの病院」の対応が素敵すぎる!!
http://blog.livedoor.jp/mohumohuch/archives/2266582.html
 

スポンサードリンク

救急車で運ばれたご主人を追いかける犬→ご主人が出てくることを信じて8ヶ月間も病院の前で待ち続ける姿に心を打たれる|ブログインデックス|画像ID:19本日のPickup!

厳選!話題の記事