手話ができるゴリラ?「ココ」とは?|ブログインデックス

手話ができるゴリラ?「ココ」とは?|ブログインデックス|画像ID:17

「ココ(Koko)」とは、世界で初めて手話を使い、人間との会話に成功したとされている、メスのゴリラのことである。現在、「ココ」は2000語以上の手話を使うことができると言われており、嘘やジョークなどを言うこともあるという。

スポンサーリンク

「ココ」の情報

「ココ」の身長や体重などの情報は、下記の通りである。

・本名:ハナビコ(Hanabi-ko)
・誕生:1971年7月4日
・性別:メス
・身長:175cm
・体重:127kg
・分類:ローランドゴリラ

本名の「ハナビコ」は、「ココ」の誕生日である、アメリカ合衆国の独立記念日にアメリカ国内で盛大に打ち上げられる「花火」に由来している。

「ココ」は生後3ヶ月の頃に、発達心理学の研究者である、フランシーヌ・パターソン博士と出会い、彼女から手話を教わった。また好きな食べ物は豆腐料理であり、ワニが嫌いであるという。

「ココ」と子猫の「ボール」

パターソン博士が、「ココ」に絵本を読み聞かせていたところ、彼女は絵本に出てきた猫を気に入り、「誕生日には 猫が ほしい」と言い始めた。

パターソン博士は、「ゴリラが、別の動物をペットとして飼育することができるのか」という実験も兼ねて、「ココ」に本物の子猫を与えることにした。3匹の子猫が候補として挙がったが、「ココ」はその中から尻尾の無い子猫を選んで「ボール」と名付け、その日から「ココ」と「ボール」による、共同生活が始まった。当初、飼育員は「『ココ』が、『ボール』を殺してしまうのではないか」と危惧していたが、彼女は「ボール」に愛情を注ぎ、とても大事に世話を始めたという。

しかし、ある日、子猫の「ボール」は車に轢かれて死んでしまう。パターソン博士が、そのことを「ココ」に伝えたところ、彼女は少しの沈黙の後に「話したくない」と答えた。その後、彼女は「ボール」への愛情や悲哀の言葉をパターソン博士に手話で伝え、大きな声で泣き続けたという。

「ココ」の発言内容

手話ができるゴリラ?「ココ」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

「ココ」が手話を使って発言した内容には、下記のようなものがある。

  • 食べる 飲む もっと

── 「ココ」が、一番最初に覚えた手話

  • リンゴジュース

── 「好きな飲み物は?」と聞かれて

  • やわらかい 良い猫

── 子猫の「ボール」を抱きながら

  • 汚い 馬鹿なトイレ

── 「ココ」のお気に入りの悪口

  • ちくしょう 私は良い子

── パターソン博士との口喧嘩に負けて言った、捨てゼリフ

  • 良いゴリラ 良い子 良い子

── ゴリラの人形で一人遊びをしている時に、その人形に対して

  • そこの ケイトが 悪い

── 台所の流しを壊してしまい、叱られそうになってついた嘘

  • ビルが 食べた

── 鉢植えの葉っぱを食べてしまい、叱られそうになってついた嘘

  • 偽者の歯 偽物

── 「ココ」が嫌いなワニのおもちゃにビックリさせられて

  • 悲しくて 顔をしかめて泣く 悪いワニ

── 「ココ」が嫌いなワニが悲しんでいる物語を聞いて、喜びながら

「ココ」の死に対する考え

「ココ」は、死に対する概念も理解しているとされており、パターソン博士が「ゴリラは、いつ死ぬのか?」と手話で質問すると、彼女は「年をとり 病気で」と回答し、「その時、何を感じるのか?」という質問には、「眠る」とだけ答えた。

そして、パターソン博士が「死んだゴリラは、どこへ行くのか?」 と聞くと、彼女は「苦労のない 穴に さようなら」と答えたという。

「ココ」に対する疑問点

手話ができるゴリラ?「ココ」とは?|ブログインデックス|画像ID:29

「ココ」が手話を使えるということについては、世界中の科学者や研究者などから、疑問の声が挙がっている。

「ココ」の研究は、長い間、組織的な科学の範囲外で行われてきた。調査機関というよりも、私的な財団によって維持され、その研究結果は雑誌などを通して報告されているだけであり、査読を受けた文献などは確認されていない。

── 心理学者マーク・サイデンバーグ

私は、類人猿にも抽象的な概念の能力があると思いたかったのだが、「ココ」がジョークを言ったり、様々な言葉遊びをしたり、彼女に死の概念があるということなどについては、とても信じられない。

── 霊長類学者スー・サベージ=ランボー

実験は続いているが、その結果は、パターソン博士によって選択的に発表されているため、彼女に対して同情的な科学者も、「ココ」に関する研究を擁護することには、困っているという状況である。

── ニューヨーク・タイムズ紙「悲劇のチンパンジー」の書評より

実際、「ココ」と手話を使って会話をしているのは、パターソン博士とその一部の助手だけであり、その他のアメリカ手話の話者には、「ココ」が何を言っているのか分からないという。

また「パターソン博士は、『ココ』のデタラメな手話から、意味のあるものだけを拾い上げて解釈したり、ただ辻褄が合わない手話をジョークや嘘だと解釈しているだけのではないか」という意見も挙がっている。

テレビ番組で放送された映像については、編集によって印象を操作している可能性が高く、その信憑性は低いものとされている。

関連動画

管理人から一言

知能的には、会話ができても、おかしくはないらしいです…。

「ココ」の情報

「ココ」の身長や体重などの情報は、下記の通りである。

・本名:ハナビコ(Hanabi-ko)
・誕生:1971年7月4日
・性別:メス
・身長:175cm
・体重:127kg
・分類:ローランドゴリラ

本名の「ハナビコ」は、「ココ」の誕生日である、アメリカ合衆国の独立記念日にアメリカ国内で盛大に打ち上げられる「花火」に由来している。

「ココ」は生後3ヶ月の頃に、発達心理学の研究者である、フランシーヌ・パターソン博士と出会い、彼女から手話を教わった。また好きな食べ物は豆腐料理であり、ワニが嫌いであるという。

「ココ」と子猫の「ボール」

パターソン博士が、「ココ」に絵本を読み聞かせていたところ、彼女は絵本に出てきた猫を気に入り、「誕生日には 猫が ほしい」と言い始めた。

パターソン博士は、「ゴリラが、別の動物をペットとして飼育することができるのか」という実験も兼ねて、「ココ」に本物の子猫を与えることにした。3匹の子猫が候補として挙がったが、「ココ」はその中から尻尾の無い子猫を選んで「ボール」と名付け、その日から「ココ」と「ボール」による、共同生活が始まった。当初、飼育員は「『ココ』が、『ボール』を殺してしまうのではないか」と危惧していたが、彼女は「ボール」に愛情を注ぎ、とても大事に世話を始めたという。

しかし、ある日、子猫の「ボール」は車に轢かれて死んでしまう。パターソン博士が、そのことを「ココ」に伝えたところ、彼女は少しの沈黙の後に「話したくない」と答えた。その後、彼女は「ボール」への愛情や悲哀の言葉をパターソン博士に手話で伝え、大きな声で泣き続けたという。

「ココ」の発言内容

手話ができるゴリラ?「ココ」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

「ココ」が手話を使って発言した内容には、下記のようなものがある。

  • 食べる 飲む もっと

── 「ココ」が、一番最初に覚えた手話

  • リンゴジュース

── 「好きな飲み物は?」と聞かれて

  • やわらかい 良い猫

── 子猫の「ボール」を抱きながら

  • 汚い 馬鹿なトイレ

── 「ココ」のお気に入りの悪口

  • ちくしょう 私は良い子

── パターソン博士との口喧嘩に負けて言った、捨てゼリフ

  • 良いゴリラ 良い子 良い子

── ゴリラの人形で一人遊びをしている時に、その人形に対して

  • そこの ケイトが 悪い

── 台所の流しを壊してしまい、叱られそうになってついた嘘

  • ビルが 食べた

── 鉢植えの葉っぱを食べてしまい、叱られそうになってついた嘘

  • 偽者の歯 偽物

── 「ココ」が嫌いなワニのおもちゃにビックリさせられて

  • 悲しくて 顔をしかめて泣く 悪いワニ

── 「ココ」が嫌いなワニが悲しんでいる物語を聞いて、喜びながら

「ココ」の死に対する考え

「ココ」は、死に対する概念も理解しているとされており、パターソン博士が「ゴリラは、いつ死ぬのか?」と手話で質問すると、彼女は「年をとり 病気で」と回答し、「その時、何を感じるのか?」という質問には、「眠る」とだけ答えた。

そして、パターソン博士が「死んだゴリラは、どこへ行くのか?」 と聞くと、彼女は「苦労のない 穴に さようなら」と答えたという。

「ココ」に対する疑問点

手話ができるゴリラ?「ココ」とは?|ブログインデックス|画像ID:29

「ココ」が手話を使えるということについては、世界中の科学者や研究者などから、疑問の声が挙がっている。

「ココ」の研究は、長い間、組織的な科学の範囲外で行われてきた。調査機関というよりも、私的な財団によって維持され、その研究結果は雑誌などを通して報告されているだけであり、査読を受けた文献などは確認されていない。

── 心理学者マーク・サイデンバーグ

私は、類人猿にも抽象的な概念の能力があると思いたかったのだが、「ココ」がジョークを言ったり、様々な言葉遊びをしたり、彼女に死の概念があるということなどについては、とても信じられない。

── 霊長類学者スー・サベージ=ランボー

実験は続いているが、その結果は、パターソン博士によって選択的に発表されているため、彼女に対して同情的な科学者も、「ココ」に関する研究を擁護することには、困っているという状況である。

── ニューヨーク・タイムズ紙「悲劇のチンパンジー」の書評より

実際、「ココ」と手話を使って会話をしているのは、パターソン博士とその一部の助手だけであり、その他のアメリカ手話の話者には、「ココ」が何を言っているのか分からないという。

また「パターソン博士は、『ココ』のデタラメな手話から、意味のあるものだけを拾い上げて解釈したり、ただ辻褄が合わない手話をジョークや嘘だと解釈しているだけのではないか」という意見も挙がっている。

テレビ番組で放送された映像については、編集によって印象を操作している可能性が高く、その信憑性は低いものとされている。

関連動画

管理人から一言

知能的には、会話ができても、おかしくはないらしいです…。

厳選!話題の記事