巨大なミミズ。「モンゴリアン・デス・ワーム」|ブログインデックス

巨大なミミズ。「モンゴリアン・デス・ワーム」|ブログインデックス|画像ID:21

「モンゴリアン・デス・ワーム」とは、ゴビ砂漠周辺に生息しているとされる、巨大なミミズのような姿をした未確認生物のことである。2005年にイギリスの研究チームによって、モンゴリアン・デス・ワームの本格的な捜索が実施されており、「ほぼ間違いなく、実在する生物である」という発表がされたが、現在に至るまで、その生物の捕獲や映像の撮影には成功していない。

スポンサーリンク

「モンゴリアン・デス・ワーム」の詳細

モンゴル国の国土の約30%を占める、巨大な砂漠「ゴビ砂漠」の周辺では、昔から巨大なミミズのような姿をした未確認生物が、現地に住む村人によって何度も目撃されていた。その後、インターネットの普及により、この謎の生物は「モンゴリアン・デス・ワーム」と呼ばれるようになり、世界中にその存在が広く知られるようになった。現地では「腸虫」を意味する、「オルゴイ・コルコイ」という呼び方をされている。

通常、モンゴリアン・デス・ワームは、砂漠の地中に掘られた深い穴の中に潜んでおり、梅雨の時期である、6月から7月に掛けては地上へと姿を現し、小動物を襲って捕食するのだという。

モンゴリアン・デス・ワームは獰猛な性格をしており、頭部の先端にある大きな口元から蒸気のような黄色い毒液を吐き、家畜や人間を襲うこともある。またモンゴリアン・デス・ワームの毒は猛毒とされており、この毒に触れた生物は死に至ることも珍しくはないという。

「モンゴリアン・デス・ワーム」の捜索

巨大なミミズ。「モンゴリアン・デス・ワーム」|ブログインデックス|画像ID:15

1990年から1994年に掛けて、チェコ人の動物学者イワン・マッカールが、モンゴリアン・デス・ワームの捜索を実施した。この捜索の結果、現地の村人から多くの目撃談が収集されたが、モンゴリアン・デス・ワームの発見までには至らなかった。

2005年、イギリス人のジャーナリストであるリチャード・フリーマンが、モンゴリアン・デス・ワームの研究チームを結成し、本格的な捜索を実施した。捜索当初、フリーマンは現地の村人による目撃談があまりにも多く、またその内容には一貫性があったことなどから、「いくつか伝説化され、脚色された部分があるかもしれないが、モンゴリアン・デス・ワームは、ほぼ間違いなく実在する生物である」という発表をした。

しかし、その後のフリーマン率いる研究チームの捜索では、地中を掘り進む、新種の爬虫類と思われる生物が目撃されたものの、モンゴリアン・デス・ワームを発見することはできなかった。結局、フリーマンはモンゴリアン・デス・ワームを「架空の生物」と結論付け、その捜索は打ち切られることになった。

「モンゴリアン・デス・ワーム」の特徴

多数の目撃談から推測される、モンゴリアン・デス・ワームの特徴は下記の通りである。

  • 全長:約50~150cmほど
  • 体重:約5~30kgほど
  • 姿形:巨大なミミズやイモムシのような姿をしている
  • 色彩:赤黒い色をしており、発光したという目撃談もある
  • 備考:獰猛で毒を吐くことがあり、飛び跳ねることもできる

その正体とは?

巨大なミミズ。「モンゴリアン・デス・ワーム」|ブログインデックス|画像ID:20

モンゴリアン・デス・ワームの存在については、下記のような疑問点が挙がっている。

  • ゴビ砂漠は、夏場の最高気温は45℃を超え、逆に冬場の最低気温は-40℃を下回ることもあり、このような巨大な生物が生息するとは考え難い
  • 多数の目撃談が報告されているにも関わらず、これまでその姿が写真や映像に収められたことが一度も無い
  • 「ミミズトカゲ」と呼ばれる、四肢が退化したトカゲの亜目に特徴が非常に似ているため、この生物を見間違えたのではないか

近年では、モンゴリアン・デス・ワームの目撃談の報告件数が減ってきているため、「モンゴリアン・デス・ワームは絶滅寸前の状態にあるか、あるいは既に絶滅したのではないか」という意見もある。この考えが正しければ、携帯電話やデジタルカメラが普及した現代でも、その姿が写真や映像に収められていない理由に説明が付く。

またモンゴリアン・デス・ワームの目撃談が最も多いとされる、ゴビ砂漠の南部は、1989年11月9日に起きたベルリンの壁崩壊に合わせて、モンゴル国の社会主義体勢が崩壊するまでの長い期間、立ち入り禁止の区域に指定されていたため、学術的な調査は行われていなかった。そのため、モンゴリアン・デス・ワームの存在については、今後の更なる調査・捜索が期待されている。

関連動画

この動画は、大きなミミズのような形をしたグミのコマーシャル映像である。このグミさえあれば、緊急時には食料として食べることができ、また泥棒が侵入してきた時には、ヌンチャク代わりに振り回して撃退することも可能である。

管理人から一言

生意気なミミズ野郎には、モンゴリアン・チョップをお見舞いします…。

「モンゴリアン・デス・ワーム」の詳細

モンゴル国の国土の約30%を占める、巨大な砂漠「ゴビ砂漠」の周辺では、昔から巨大なミミズのような姿をした未確認生物が、現地に住む村人によって何度も目撃されていた。その後、インターネットの普及により、この謎の生物は「モンゴリアン・デス・ワーム」と呼ばれるようになり、世界中にその存在が広く知られるようになった。現地では「腸虫」を意味する、「オルゴイ・コルコイ」という呼び方をされている。

通常、モンゴリアン・デス・ワームは、砂漠の地中に掘られた深い穴の中に潜んでおり、梅雨の時期である、6月から7月に掛けては地上へと姿を現し、小動物を襲って捕食するのだという。

モンゴリアン・デス・ワームは獰猛な性格をしており、頭部の先端にある大きな口元から蒸気のような黄色い毒液を吐き、家畜や人間を襲うこともある。またモンゴリアン・デス・ワームの毒は猛毒とされており、この毒に触れた生物は死に至ることも珍しくはないという。

「モンゴリアン・デス・ワーム」の捜索

巨大なミミズ。「モンゴリアン・デス・ワーム」|ブログインデックス|画像ID:15

1990年から1994年に掛けて、チェコ人の動物学者イワン・マッカールが、モンゴリアン・デス・ワームの捜索を実施した。この捜索の結果、現地の村人から多くの目撃談が収集されたが、モンゴリアン・デス・ワームの発見までには至らなかった。

2005年、イギリス人のジャーナリストであるリチャード・フリーマンが、モンゴリアン・デス・ワームの研究チームを結成し、本格的な捜索を実施した。捜索当初、フリーマンは現地の村人による目撃談があまりにも多く、またその内容には一貫性があったことなどから、「いくつか伝説化され、脚色された部分があるかもしれないが、モンゴリアン・デス・ワームは、ほぼ間違いなく実在する生物である」という発表をした。

しかし、その後のフリーマン率いる研究チームの捜索では、地中を掘り進む、新種の爬虫類と思われる生物が目撃されたものの、モンゴリアン・デス・ワームを発見することはできなかった。結局、フリーマンはモンゴリアン・デス・ワームを「架空の生物」と結論付け、その捜索は打ち切られることになった。

「モンゴリアン・デス・ワーム」の特徴

多数の目撃談から推測される、モンゴリアン・デス・ワームの特徴は下記の通りである。

  • 全長:約50~150cmほど
  • 体重:約5~30kgほど
  • 姿形:巨大なミミズやイモムシのような姿をしている
  • 色彩:赤黒い色をしており、発光したという目撃談もある
  • 備考:獰猛で毒を吐くことがあり、飛び跳ねることもできる

その正体とは?

巨大なミミズ。「モンゴリアン・デス・ワーム」|ブログインデックス|画像ID:20

モンゴリアン・デス・ワームの存在については、下記のような疑問点が挙がっている。

  • ゴビ砂漠は、夏場の最高気温は45℃を超え、逆に冬場の最低気温は-40℃を下回ることもあり、このような巨大な生物が生息するとは考え難い
  • 多数の目撃談が報告されているにも関わらず、これまでその姿が写真や映像に収められたことが一度も無い
  • 「ミミズトカゲ」と呼ばれる、四肢が退化したトカゲの亜目に特徴が非常に似ているため、この生物を見間違えたのではないか

近年では、モンゴリアン・デス・ワームの目撃談の報告件数が減ってきているため、「モンゴリアン・デス・ワームは絶滅寸前の状態にあるか、あるいは既に絶滅したのではないか」という意見もある。この考えが正しければ、携帯電話やデジタルカメラが普及した現代でも、その姿が写真や映像に収められていない理由に説明が付く。

またモンゴリアン・デス・ワームの目撃談が最も多いとされる、ゴビ砂漠の南部は、1989年11月9日に起きたベルリンの壁崩壊に合わせて、モンゴル国の社会主義体勢が崩壊するまでの長い期間、立ち入り禁止の区域に指定されていたため、学術的な調査は行われていなかった。そのため、モンゴリアン・デス・ワームの存在については、今後の更なる調査・捜索が期待されている。

関連動画

この動画は、大きなミミズのような形をしたグミのコマーシャル映像である。このグミさえあれば、緊急時には食料として食べることができ、また泥棒が侵入してきた時には、ヌンチャク代わりに振り回して撃退することも可能である。

管理人から一言

生意気なミミズ野郎には、モンゴリアン・チョップをお見舞いします…。

厳選!話題の記事