大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」|ブログインデックス

大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」|ブログインデックス|画像ID:15

「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」とは、1952年7月19日から7月27日にかけての約1週間、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空において、大量の未確認飛行物体と思われる謎の光体が目撃された事件のことである。この事件では、約70もの大量の光体が多数の一般市民によって目撃されており、アメリカ全土はパニック状態に陥ったという。その後、この事件はアメリカ空軍が記者会見を開くという事態にまで発展している。

スポンサーリンク

この事件の詳細

1952年7月19日の午後23時40分頃、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空において、突如として7つもの謎の光体が飛行禁止空域内に出現した。この光体は、ワシントン・ダレス国際空港とアメリカ空軍のレーダーによって捉えられており、地上にいた多数の一般市民によって目撃されている。

その目撃談によれば、この謎の光体は赤色や青色、オレンジ色など、鮮やかに色を変化させながら急な加速や静止を繰り返し、消失と出現という不可解な現象を含む、不規則な動きを続けていたという。また首都ワシントンD.C.上空付近を飛行する旅客機や戦闘機に急接近したり、追跡を行っていたという情報も確認されている。

それから約1週間もの間、この未確認飛行物体と思われる謎の光体は、首都ワシントンD.C.上空で頻繁に目撃されており、その光体の数は約70にも上ったという。一般市民の中には、「宇宙人が地球を侵略しにきたのではないか」と危惧する者がいたため、アメリカ全土はパニック状態に陥ったという。またアメリカ国防総省「ペンタゴン」には、一般市民からの問い合わせが殺到し、その回線は数日間もの間パンク状態になっていたと言われている。

1952年7月27日の午前3時20分頃、謎の光体の目撃報告を受けたアメリカ空軍は、調査のためにF-94戦闘機の編隊を目撃現場へと向かわせた。F-94戦闘機の編隊が現場に到着したところ、光体は姿を消し、それを最後に光体が現れることはなくなったという。このF-94戦闘機のパイロットの一人である、ウィリアム・パターソン中尉は「突然、目も眩むほどの青白い光が輪となって機体を取り囲んだ」と述べている。

この一連の事件に関して、当時のハリー・S・トルーマン大統領が、ユダヤ人の理論物理学者アルベルト・アインシュタインに助言を求めた際、アインシュタインは「何としてでも、戦闘だけは回避すべきである」と忠告したという逸話が残っている。

アメリカ空軍による記者会見

大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」|ブログインデックス|画像ID:18

この事件の後、アメリカ空軍は一部のパニック状態となった一般市民を落ち着かせるため、緊急の記者会見を開いた。その記者会見の中でアメリカ空軍は、「大量に現れた謎の光体は未確認飛行物体などではなく、『逆転層』などの気象現象によるものである」という見解を発表している。

逆転層とは、通常であれば高度の上昇にともなって気温が低下するはずが、逆に気温が上昇するという気象現象のことであり、その空気の層を指して用いられる気象学用語の一つである。つまり、アメリカ空軍によれば、事件当時の首都ワシントンD.C.上空は異常な気象状態にあり、地上の光と電波が拡散反射していたために大量の光体が発生したのだという。

しかし、このアメリカ空軍の見解については、下記のような疑問点が挙げられている。

  • 気象現象によって発生した光体が、ワシントン・ダレス国際空港やアメリカ空軍などの複数のレーダーによって実在する物体として捉えられることは考え難い
  • 1952年の夏にはアメリカ全土で逆転層が複数発生しており、事件当時の首都ワシントンD.C.上空だけが特別に異常な気象状態だったわけではない
  • 旅客機の乗組員、戦闘機のパイロットの中には、実際に謎の光体を目視した人物が何人もいる

その真相とは?

大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」|ブログインデックス|画像ID:27

1952年7月27日以降、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空で未確認飛行物体と思われる謎の光体が多数の一般市民によって目撃されるという事件は発生しておらず、その真相については依然として不明のままである。一説では、複数のレーダーによる記録を確認したところ、光体の動きが当時の風向きと完全に一致していったため、アメリカ空軍の見解である逆転層によるものとする説が有力だとも言われている。

しかし、その後に行われたアメリカ空軍の公式研究機関プロジェクト・ブルーブックの調査により、この事件と同時期に世界中で複数の未確認飛行物体の目撃報告が寄せられていたことが判明している。その目撃報告のあった場所としては、日本の沖縄県をはじめ、アメリカ合衆国のモンタナ州・ニューメキシコ州、モロッコの都市カサブランカ・マラケシュ、アルジェリアなどである。またこれらの地域では、事件当時に逆転層の発生は確認されていない。

また事件当時、トルーマン大統領がアインシュタインに助言を求めたという逸話については、後にアインシュタインが知人に宛てた手紙の中で「世間では、人々が何か不思議な物体を見たということですが、その物体については何も知りませんし、興味や関心も抱いていません」という内容の文面が見つかっており、マスコミなどによって捏造されたものだと考えられている。

関連動画

この動画は、事件当時の首都ワシントンD.C.上空に浮かぶ、謎の光体を捉えた映像である。この光体の動きが、後に大ヒットを巻き起こすことになるゲーム「スペースインベーダー」にどのような影響を与えたのかは、現在でも定かではない。

管理人から一言

動画では、地上を走る車のライトが上空に反射しているようにも見えますね…。

この事件の詳細

1952年7月19日の午後23時40分頃、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空において、突如として7つもの謎の光体が飛行禁止空域内に出現した。この光体は、ワシントン・ダレス国際空港とアメリカ空軍のレーダーによって捉えられており、地上にいた多数の一般市民によって目撃されている。

その目撃談によれば、この謎の光体は赤色や青色、オレンジ色など、鮮やかに色を変化させながら急な加速や静止を繰り返し、消失と出現という不可解な現象を含む、不規則な動きを続けていたという。また首都ワシントンD.C.上空付近を飛行する旅客機や戦闘機に急接近したり、追跡を行っていたという情報も確認されている。

それから約1週間もの間、この未確認飛行物体と思われる謎の光体は、首都ワシントンD.C.上空で頻繁に目撃されており、その光体の数は約70にも上ったという。一般市民の中には、「宇宙人が地球を侵略しにきたのではないか」と危惧する者がいたため、アメリカ全土はパニック状態に陥ったという。またアメリカ国防総省「ペンタゴン」には、一般市民からの問い合わせが殺到し、その回線は数日間もの間パンク状態になっていたと言われている。

1952年7月27日の午前3時20分頃、謎の光体の目撃報告を受けたアメリカ空軍は、調査のためにF-94戦闘機の編隊を目撃現場へと向かわせた。F-94戦闘機の編隊が現場に到着したところ、光体は姿を消し、それを最後に光体が現れることはなくなったという。このF-94戦闘機のパイロットの一人である、ウィリアム・パターソン中尉は「突然、目も眩むほどの青白い光が輪となって機体を取り囲んだ」と述べている。

この一連の事件に関して、当時のハリー・S・トルーマン大統領が、ユダヤ人の理論物理学者アルベルト・アインシュタインに助言を求めた際、アインシュタインは「何としてでも、戦闘だけは回避すべきである」と忠告したという逸話が残っている。

アメリカ空軍による記者会見

大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」|ブログインデックス|画像ID:18

この事件の後、アメリカ空軍は一部のパニック状態となった一般市民を落ち着かせるため、緊急の記者会見を開いた。その記者会見の中でアメリカ空軍は、「大量に現れた謎の光体は未確認飛行物体などではなく、『逆転層』などの気象現象によるものである」という見解を発表している。

逆転層とは、通常であれば高度の上昇にともなって気温が低下するはずが、逆に気温が上昇するという気象現象のことであり、その空気の層を指して用いられる気象学用語の一つである。つまり、アメリカ空軍によれば、事件当時の首都ワシントンD.C.上空は異常な気象状態にあり、地上の光と電波が拡散反射していたために大量の光体が発生したのだという。

しかし、このアメリカ空軍の見解については、下記のような疑問点が挙げられている。

  • 気象現象によって発生した光体が、ワシントン・ダレス国際空港やアメリカ空軍などの複数のレーダーによって実在する物体として捉えられることは考え難い
  • 1952年の夏にはアメリカ全土で逆転層が複数発生しており、事件当時の首都ワシントンD.C.上空だけが特別に異常な気象状態だったわけではない
  • 旅客機の乗組員、戦闘機のパイロットの中には、実際に謎の光体を目視した人物が何人もいる

その真相とは?

大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」|ブログインデックス|画像ID:27

1952年7月27日以降、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空で未確認飛行物体と思われる謎の光体が多数の一般市民によって目撃されるという事件は発生しておらず、その真相については依然として不明のままである。一説では、複数のレーダーによる記録を確認したところ、光体の動きが当時の風向きと完全に一致していったため、アメリカ空軍の見解である逆転層によるものとする説が有力だとも言われている。

しかし、その後に行われたアメリカ空軍の公式研究機関プロジェクト・ブルーブックの調査により、この事件と同時期に世界中で複数の未確認飛行物体の目撃報告が寄せられていたことが判明している。その目撃報告のあった場所としては、日本の沖縄県をはじめ、アメリカ合衆国のモンタナ州・ニューメキシコ州、モロッコの都市カサブランカ・マラケシュ、アルジェリアなどである。またこれらの地域では、事件当時に逆転層の発生は確認されていない。

また事件当時、トルーマン大統領がアインシュタインに助言を求めたという逸話については、後にアインシュタインが知人に宛てた手紙の中で「世間では、人々が何か不思議な物体を見たということですが、その物体については何も知りませんし、興味や関心も抱いていません」という内容の文面が見つかっており、マスコミなどによって捏造されたものだと考えられている。

関連動画

この動画は、事件当時の首都ワシントンD.C.上空に浮かぶ、謎の光体を捉えた映像である。この光体の動きが、後に大ヒットを巻き起こすことになるゲーム「スペースインベーダー」にどのような影響を与えたのかは、現在でも定かではない。

管理人から一言

動画では、地上を走る車のライトが上空に反射しているようにも見えますね…。

厳選!話題の記事