原爆投下に由来?「ラッキーストライク」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス

原爆投下に由来?「ラッキーストライク」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:26

イギリスの首都ロンドンに本社を置く、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社が製造・販売を行っているタバコの銘柄「ラッキーストライク」。このタバコは世界的に高い認知度を誇っており、現在ではアメリカ合衆国を代表するタバコの一つとして広く知られている。しかし、このタバコには「ラッキーストライクは、第二次世界大戦中に日本の広島市と長崎市に原子爆弾が投下されたことを記念して作られたものである」という都市伝説が存在する。

スポンサーリンク

この都市伝説の詳細

日本国内でも愛用者が多い、タバコの銘柄「ラッキーストライク」には、「ラッキーストライクは、第二次世界大戦中に日本の広島市と長崎市に原子爆弾が投下されたことを記念して作られたものである」という都市伝説が存在する。

この都市伝説の根拠としては、下記のものが挙げられている。

  • 現在の「ブルズアイ」と呼ばれる円形囲みのロゴマークは、「日の丸」をイメージしてデザインされたものである
  • 「ラッキーストライク(Lucky Strike)」とは、「大当たり」を意味するスラングであり、これは原爆投下のことを示唆している
  • パッケージ側面にプリントされているインディアンのイラストは、横にして見ると空襲によって民家が燃え上がっているように見える

その真相とは?

原爆投下に由来?「ラッキーストライク」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:26

実は、ラッキーストライクが発売されたのは第二次世界大戦前の1871年のことであり、また現在のブルズアイと呼ばれる円形囲みのロゴマークが採用されたのは、同じく第二次世界大戦前の1916年のことである。1916年の新しいロゴマークのラッキーストライクが発売された当初、この円形囲みのロゴマークは緑色の下地の上にプリントされていたが、戦時中に緑色の染料が軍隊の戦闘服に多く使用されて不足してしまったため、1942年に下地の色が緑色から白色へと変更されることになった。その結果、「日の丸」を連想させるようなデザインとなったが、以前の緑色の下地に比べて目を引くデザインとなって売り上げが増加したため、現在でもそのデザインのままで定着している。

この「ラッキーストライク」というタバコの銘柄名は、19世紀後半のアメリカ合衆国におけるゴールドラッシュの時代に、金鉱を掘り当てた人々が頻繁に使っていたスラングに由来している。そのため、第二次世界大戦中には、逆に自分に銃弾が命中することを連想させ、戦地におもむく兵士たちからは縁起が悪いとして敬遠されることになった。

パッケージ側面にプリントされているインディアンのイラストについては、ただの偏見によるものだと考えられるが、その後に何度か行われたデザインの変更の結果、現在ではプリントが鮮明になり、横にして見てもインディアン以外のものには見えないようになっている。

これらのことから、この都市伝説についてはその信憑性は極めて低いものだと考えられる。

関連動画

管理人から一言

「日の丸」に似たデザインなんて、いくらでもありますもんね…。

この都市伝説の詳細

日本国内でも愛用者が多い、タバコの銘柄「ラッキーストライク」には、「ラッキーストライクは、第二次世界大戦中に日本の広島市と長崎市に原子爆弾が投下されたことを記念して作られたものである」という都市伝説が存在する。

この都市伝説の根拠としては、下記のものが挙げられている。

  • 現在の「ブルズアイ」と呼ばれる円形囲みのロゴマークは、「日の丸」をイメージしてデザインされたものである
  • 「ラッキーストライク(Lucky Strike)」とは、「大当たり」を意味するスラングであり、これは原爆投下のことを示唆している
  • パッケージ側面にプリントされているインディアンのイラストは、横にして見ると空襲によって民家が燃え上がっているように見える

その真相とは?

原爆投下に由来?「ラッキーストライク」にまつわる都市伝説。|ブログインデックス|画像ID:26

実は、ラッキーストライクが発売されたのは第二次世界大戦前の1871年のことであり、また現在のブルズアイと呼ばれる円形囲みのロゴマークが採用されたのは、同じく第二次世界大戦前の1916年のことである。1916年の新しいロゴマークのラッキーストライクが発売された当初、この円形囲みのロゴマークは緑色の下地の上にプリントされていたが、戦時中に緑色の染料が軍隊の戦闘服に多く使用されて不足してしまったため、1942年に下地の色が緑色から白色へと変更されることになった。その結果、「日の丸」を連想させるようなデザインとなったが、以前の緑色の下地に比べて目を引くデザインとなって売り上げが増加したため、現在でもそのデザインのままで定着している。

この「ラッキーストライク」というタバコの銘柄名は、19世紀後半のアメリカ合衆国におけるゴールドラッシュの時代に、金鉱を掘り当てた人々が頻繁に使っていたスラングに由来している。そのため、第二次世界大戦中には、逆に自分に銃弾が命中することを連想させ、戦地におもむく兵士たちからは縁起が悪いとして敬遠されることになった。

パッケージ側面にプリントされているインディアンのイラストについては、ただの偏見によるものだと考えられるが、その後に何度か行われたデザインの変更の結果、現在ではプリントが鮮明になり、横にして見てもインディアン以外のものには見えないようになっている。

これらのことから、この都市伝説についてはその信憑性は極めて低いものだと考えられる。

関連動画

管理人から一言

「日の丸」に似たデザインなんて、いくらでもありますもんね…。

厳選!話題の記事