一瞬にして、辺りは焼け野原に。「ツングースカ大爆発」とは?|ブログインデックス

一瞬にして、辺りは焼け野原に。「ツングースカ大爆発」とは?|ブログインデックス|画像ID:20

「ツングースカ大爆発」とは、1908年6月30日にロシアのシベリアを流れる、ポドカメンナヤ・ツングースカ川の上流付近で起きた、謎の大爆発事件のことである。この爆発によって強烈な衝撃波が発生したため、爆発地点から半径約30~50kmの森林が炎上し、約2,150平方kmの樹木がなぎ倒されていた。

スポンサーリンク

事件の概要

現地時間の1908年6月30日7時2分頃、現在のロシアのシベリアを流れる、エニセイ川右岸支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流付近において、謎の大爆発が起きた。

この爆発によって強烈な衝撃波が発生したため、爆発地点から半径約30~50kmの森林が炎上し、約2,150平方kmの樹木がなぎ倒されていた。また爆発地点から1,000km離れた民家の窓ガラスが、その衝撃波によって割れており、この爆発によって生じた巨大なキノコ雲は、数百km離れた場所からでも確認できたという。この爆発による閃光はヨーロッパ西部にも届き、ロンドンでは真夜中に新聞が読めるほど空が明るくなったと言われている。

また爆発地点の近くに村落がなかったため、この爆発による死者は報告されていない。

爆発跡の様子

一瞬にして、辺りは焼け野原に。「ツングースカ大爆発」とは?|ブログインデックス|画像ID:20

「ツングースカ大爆発」の際に発生した衝撃波によって、爆発跡は羽を広げた蝶のような形をしている。そのため、この爆発跡は「ツングースカ・バタフライ」とも呼ばれている。

2007年にイタリア・ボローニャ大学の研究者が行った調査により、爆発地点から約8km北にあるチェコ湖は、この爆発によって形成されたものであるということが判明している。

また落下地点の周辺では、樹木や昆虫の生育に異常が確認されており、具体的なものとしては、成長の停止、あるいは異常な速度による成長、また新種の出現などである。

その後の調査と爆発の原因

一瞬にして、辺りは焼け野原に。「ツングースカ大爆発」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

「ツングースカ大爆発」が起きたのは、第一次世界大戦やロシア革命の数年前という時期だったため、当時のロシア国内は非常に混乱しており、この爆発の原因についての調査は、長い間行われることはなかった。

その後、爆発から13年後の1921年、鉱物学者レオニード・クーリックを中心とするソ連科学アカデミー調査団によって、初めての現地調査が行われた。当初、クーリックは「爆発した物体は隕石である」と考えていたが、その後に行われた計4回の現地調査では、この説を裏付けるのに必要な物的証拠などを発見することはできなかった。

1946年には、トムスク大学の研究員などを中心とした総合自主探検隊が結成され、現地で数回の残留放射能の測定が行われたが、爆発地点から放射能が検出されることはなく、「核爆弾などによる爆発」という可能性は否定された。

2013年、ウクライナ、ドイツ、米国による科学者グループが、当時の泥炭の地層より、隕石を構成していたと見られる鉱物を検出した。これによって「ツングースカ大爆発」の原因は、隕石によるものだと特定された。発見されたロンズデーライト、トロイリ鉱、テーナイトなどの鉱物は、地球上にはほとんど存在しないものであり、これらは「隕石による爆発」という説を裏付ける、十分な証拠となったのである。

関連動画

管理人から一言

これが首都圏で起きたら…。考えただけでも、ゾッとしますね…。

事件の概要

現地時間の1908年6月30日7時2分頃、現在のロシアのシベリアを流れる、エニセイ川右岸支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流付近において、謎の大爆発が起きた。

この爆発によって強烈な衝撃波が発生したため、爆発地点から半径約30~50kmの森林が炎上し、約2,150平方kmの樹木がなぎ倒されていた。また爆発地点から1,000km離れた民家の窓ガラスが、その衝撃波によって割れており、この爆発によって生じた巨大なキノコ雲は、数百km離れた場所からでも確認できたという。この爆発による閃光はヨーロッパ西部にも届き、ロンドンでは真夜中に新聞が読めるほど空が明るくなったと言われている。

また爆発地点の近くに村落がなかったため、この爆発による死者は報告されていない。

爆発跡の様子

一瞬にして、辺りは焼け野原に。「ツングースカ大爆発」とは?|ブログインデックス|画像ID:20

「ツングースカ大爆発」の際に発生した衝撃波によって、爆発跡は羽を広げた蝶のような形をしている。そのため、この爆発跡は「ツングースカ・バタフライ」とも呼ばれている。

2007年にイタリア・ボローニャ大学の研究者が行った調査により、爆発地点から約8km北にあるチェコ湖は、この爆発によって形成されたものであるということが判明している。

また落下地点の周辺では、樹木や昆虫の生育に異常が確認されており、具体的なものとしては、成長の停止、あるいは異常な速度による成長、また新種の出現などである。

その後の調査と爆発の原因

一瞬にして、辺りは焼け野原に。「ツングースカ大爆発」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

「ツングースカ大爆発」が起きたのは、第一次世界大戦やロシア革命の数年前という時期だったため、当時のロシア国内は非常に混乱しており、この爆発の原因についての調査は、長い間行われることはなかった。

その後、爆発から13年後の1921年、鉱物学者レオニード・クーリックを中心とするソ連科学アカデミー調査団によって、初めての現地調査が行われた。当初、クーリックは「爆発した物体は隕石である」と考えていたが、その後に行われた計4回の現地調査では、この説を裏付けるのに必要な物的証拠などを発見することはできなかった。

1946年には、トムスク大学の研究員などを中心とした総合自主探検隊が結成され、現地で数回の残留放射能の測定が行われたが、爆発地点から放射能が検出されることはなく、「核爆弾などによる爆発」という可能性は否定された。

2013年、ウクライナ、ドイツ、米国による科学者グループが、当時の泥炭の地層より、隕石を構成していたと見られる鉱物を検出した。これによって「ツングースカ大爆発」の原因は、隕石によるものだと特定された。発見されたロンズデーライト、トロイリ鉱、テーナイトなどの鉱物は、地球上にはほとんど存在しないものであり、これらは「隕石による爆発」という説を裏付ける、十分な証拠となったのである。

関連動画

管理人から一言

これが首都圏で起きたら…。考えただけでも、ゾッとしますね…。

厳選!話題の記事