ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス

ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス|画像ID:22

カトリック教会が公認している「聖母の出現」の一つに、ポルトガルの小さな町ファティマで起きた「ファティマの聖母」というものがある。この現象は、ローマ教皇庁によって「現実に起きた奇跡」として公認されているが、このファティマの聖母による3つの啓示の内、最後の予言とされるものについては、長年の間、人々に公開されることはなかった。今回は、この「ファティマ 第三の予言」とも呼ばれる、その予言の真相に迫る。

スポンサーリンク

ファティマの聖母とは?

1916年の春頃、ポルトガル・サンタレンの都市ファティマに住む、ルシア・フランシスコ・ジャシンタの三人の子供の前に、自らを「平和の天使」と自称する、14~15歳の若者が現れ、新しい祈りの言葉と祈り方を教えた。その後、しばらくの間、この若者の子供たちへの訪問は続いたという。

1917年5月13日、子供たちの前に聖母マリアが現れ、「毎月13日に、ここへ会いに来るように」と伝えた。それから子供たちは、様々な妨害に遭いながらも、毎日聖母の元へ会い続けたという。

ファティマの聖母による奇跡

ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

1917年10月13日、雨に濡れていた約1万人の群衆の目の前で、太陽が狂ったような急上昇・急降下、回転を繰り返し、その太陽から発せられた猛烈な熱によって、群衆の服が瞬く間に乾くという、不思議な現象が起きた。この時、世界各地にある天文台では、太陽の異常行動などは確認されていないため、その場にいた全員が集団幻覚という現象を引き起こしたということになる。

また地元の新聞記者たちが、その場に居合わせていたため、この現象は様々な新聞を通じて、ポルトガル全土へと大々的に報じられた。その後、カトリック教会のローマ教皇庁は、この一連の現象を「聖母の出現」として正式に認め、5月13日は「ファティマの聖母の出現記念日」とされることになった。

ファティマの聖母による啓示

子供たちは聖母からいくつかの啓示を託されており、その内容は主に下記の3つである。

1. 地獄の実在

地獄は実在しており、一度地獄へ堕ちると二度と出ることはできない。しかし、実際には多くの人々がその罪な行いや生活によって、死後に地獄へ導かれている。また聖母は子供たちに地獄の映像を見せ、子供たちはその恐ろしい光景に戦慄したという。

2. 戦争の終焉・勃発

第一次世界大戦はまもなく終わる。しかし、人々が今の生活を改め、罪を悔い改めない場合、さらに大きな戦争が起こり、第一次世界大戦以上に沢山の人々が死ぬことになる。その前兆として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろう。

3. ファティマ 第三の予言

聖母は子供の一人、ルシアに対し、「この予言は、1960年になってから公開し、それまでは秘密にすること」と厳命し、「ファティマ 第三の予言」と呼ばれる、その予言を伝えた。その後、この予言の内容は、ルシアからローマ教皇庁へと伝えられた。

「ファティマ 第三の予言」の内容とは?

ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス|画像ID:13

1960年になっても、ローマ教皇庁は「ファティマ 第三の予言」の内容を公開することはなかった。そのため、その予言の内容については、人々の間で様々な憶測が飛び交い、「第三次世界大戦の勃発に関するものではないか」と危惧する者もいたという。

1981年5月2日、アイルランド航空164便のハイジャック事件が発生したが、この犯人はカトリック修道士であり、その要求の内容は、「直ちに『ファティマ 第三の予言』の内容を公開せよ」というものであった。しかし、ローマ教皇庁はこの要求を拒否している。

過去、この予言の内容を閲覧した歴代のローマ教皇ヨハネ23世は、その内容に絶句し、この予言を封印したが、次代のローマ教皇パウロ6世は、その封印を解き、閲覧したものの、そのあまりの内容に衝撃を受け、それから数日間、昏睡状態に陥ったという。

2000年、ようやくローマ教皇庁は、「ファティマ 第三の予言」の内容を公開することに踏み切った。その内容とは、「ローマ教皇の暗殺に関するもの」だったという。その後、歴代のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は、「これは、1981年5月13日に起きた『ローマ教皇暗殺未遂事件』のことを指していたのではないか」という解釈を公表している。

その真相とは?

ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス|画像ID:28

ローマ教皇庁によって公開された「ファティマ 第三の予言」の内容については、下記の疑問点などから、その信憑性が問われている。

  • 子供たちが聖母から託されたという、他の啓示に比べると、その内容の規模が小さすぎる
  • 歴代のローマ教皇が卒倒したり、約40年間も公開を見送ったという内容には、とても思えない
  • 公開された内容には、「大勢の高位聖職者が、射殺される」とあり、1981年に起きた「ローマ教皇暗殺未遂事件」とは、あまり関係性が無い

実際、「ファティマ 第三の予言」の内容を聖母から託され、ローマ教皇庁へと伝えたルシア本人が、「ローマ教皇庁によって公開された内容は、全体の極一部であり、ローマ教皇庁は人々に対して嘘をついている」として司法省へ提訴しているが、その後、調停によって両者は和解している。

2005年2月13日、ルシアは97歳で死去しており、現在も「ファティマ 第三の予言」の全貌は、未だ謎に包まれている。

関連動画

管理人から一言

もったいぶらずに、さっさと教えやがれ…。

ファティマの聖母とは?

1916年の春頃、ポルトガル・サンタレンの都市ファティマに住む、ルシア・フランシスコ・ジャシンタの三人の子供の前に、自らを「平和の天使」と自称する、14~15歳の若者が現れ、新しい祈りの言葉と祈り方を教えた。その後、しばらくの間、この若者の子供たちへの訪問は続いたという。

1917年5月13日、子供たちの前に聖母マリアが現れ、「毎月13日に、ここへ会いに来るように」と伝えた。それから子供たちは、様々な妨害に遭いながらも、毎日聖母の元へ会い続けたという。

ファティマの聖母による奇跡

ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス|画像ID:8

1917年10月13日、雨に濡れていた約1万人の群衆の目の前で、太陽が狂ったような急上昇・急降下、回転を繰り返し、その太陽から発せられた猛烈な熱によって、群衆の服が瞬く間に乾くという、不思議な現象が起きた。この時、世界各地にある天文台では、太陽の異常行動などは確認されていないため、その場にいた全員が集団幻覚という現象を引き起こしたということになる。

また地元の新聞記者たちが、その場に居合わせていたため、この現象は様々な新聞を通じて、ポルトガル全土へと大々的に報じられた。その後、カトリック教会のローマ教皇庁は、この一連の現象を「聖母の出現」として正式に認め、5月13日は「ファティマの聖母の出現記念日」とされることになった。

ファティマの聖母による啓示

子供たちは聖母からいくつかの啓示を託されており、その内容は主に下記の3つである。

1. 地獄の実在

地獄は実在しており、一度地獄へ堕ちると二度と出ることはできない。しかし、実際には多くの人々がその罪な行いや生活によって、死後に地獄へ導かれている。また聖母は子供たちに地獄の映像を見せ、子供たちはその恐ろしい光景に戦慄したという。

2. 戦争の終焉・勃発

第一次世界大戦はまもなく終わる。しかし、人々が今の生活を改め、罪を悔い改めない場合、さらに大きな戦争が起こり、第一次世界大戦以上に沢山の人々が死ぬことになる。その前兆として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろう。

3. ファティマ 第三の予言

聖母は子供の一人、ルシアに対し、「この予言は、1960年になってから公開し、それまでは秘密にすること」と厳命し、「ファティマ 第三の予言」と呼ばれる、その予言を伝えた。その後、この予言の内容は、ルシアからローマ教皇庁へと伝えられた。

「ファティマ 第三の予言」の内容とは?

ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス|画像ID:13

1960年になっても、ローマ教皇庁は「ファティマ 第三の予言」の内容を公開することはなかった。そのため、その予言の内容については、人々の間で様々な憶測が飛び交い、「第三次世界大戦の勃発に関するものではないか」と危惧する者もいたという。

1981年5月2日、アイルランド航空164便のハイジャック事件が発生したが、この犯人はカトリック修道士であり、その要求の内容は、「直ちに『ファティマ 第三の予言』の内容を公開せよ」というものであった。しかし、ローマ教皇庁はこの要求を拒否している。

過去、この予言の内容を閲覧した歴代のローマ教皇ヨハネ23世は、その内容に絶句し、この予言を封印したが、次代のローマ教皇パウロ6世は、その封印を解き、閲覧したものの、そのあまりの内容に衝撃を受け、それから数日間、昏睡状態に陥ったという。

2000年、ようやくローマ教皇庁は、「ファティマ 第三の予言」の内容を公開することに踏み切った。その内容とは、「ローマ教皇の暗殺に関するもの」だったという。その後、歴代のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は、「これは、1981年5月13日に起きた『ローマ教皇暗殺未遂事件』のことを指していたのではないか」という解釈を公表している。

その真相とは?

ローマ教皇が卒倒した?「ファティマ 第三の予言」とは?|ブログインデックス|画像ID:28

ローマ教皇庁によって公開された「ファティマ 第三の予言」の内容については、下記の疑問点などから、その信憑性が問われている。

  • 子供たちが聖母から託されたという、他の啓示に比べると、その内容の規模が小さすぎる
  • 歴代のローマ教皇が卒倒したり、約40年間も公開を見送ったという内容には、とても思えない
  • 公開された内容には、「大勢の高位聖職者が、射殺される」とあり、1981年に起きた「ローマ教皇暗殺未遂事件」とは、あまり関係性が無い

実際、「ファティマ 第三の予言」の内容を聖母から託され、ローマ教皇庁へと伝えたルシア本人が、「ローマ教皇庁によって公開された内容は、全体の極一部であり、ローマ教皇庁は人々に対して嘘をついている」として司法省へ提訴しているが、その後、調停によって両者は和解している。

2005年2月13日、ルシアは97歳で死去しており、現在も「ファティマ 第三の予言」の全貌は、未だ謎に包まれている。

関連動画

管理人から一言

もったいぶらずに、さっさと教えやがれ…。

厳選!話題の記事