アインシュタインも認めた天才。ジョン・フォン・ノイマン。|ブログインデックス

アインシュタインも認めた天才。ジョン・フォン・ノイマン。|ブログインデックス|画像ID:20

「ジョン・フォン・ノイマン」とは、物理学・経済学・気象学・政治学などの様々な分野において大きな影響を与えたという、ユダヤ系ドイツ人の数学者のことである。現在では、コンピュータ設計の基礎とされている「ノイマン型コンピュータ」、戦略的な意思決定を行う際に用いられる「ゲーム理論」の考案者として知られている。そのIQは300を超えているものと考えられており、その類まれなる頭脳から「火星人」、「悪魔の頭脳を持つ男」などの呼び名を持っていた。

スポンサーリンク

ジョン・フォン・ノイマンの生涯

1903年12月28日、ジョン・フォン・ノイマン(ハンガリー名:ナイマン・ヤーノシュ)はハンガリーの首都ブダペストにて、父が弁護士をしているユダヤ系ドイツ人の家庭に三人兄弟の長男として生まれた。

ノイマンは幼少期から英才教育を受けており、ラテン語とギリシャ語の覚えが早く、時には古典ギリシャ語でジョークを言うこともあった。6歳になる頃には6桁の計算を暗算でこなし、筆算では8桁の掛け算までできるようになっていた。また8歳になる頃には、微分積分などの高等数学を理解していたという。

その興味は数学だけにとどまらず、ウィルヘルム・オンケンの全44巻からなる「世界史」や、ゲーテの詩集・小説などを片っ端から読破し、歴史・文学の分野にも強い関心を見せるようになった。その反面、運動や音楽などについては全く才能が見られず、どれほど練習しても上達することはなかったという。

1914年10歳になったノイマンは、ブダペストにあるギムナジウムという学校に入学した。この学校は日本の中高一貫校に相当する学校であり、1963年にノーベル物理学賞を受賞することになるユージン・ウィグナーとは一学年違いだった。入学から間もなく、ギムナジウムの教授がノイマンの才能を見抜き、それからの約8年間、ノイマンはブタペスト大学の数学者によって個人授業を受けることになる。

1920年、ノイマンは17歳の時に数学者のミヒャエル・フェケテと共著で数学論文「ある種の最小多項式の零点と超越直径について」を書き上げ、この論文は1922年にドイツ数学会雑誌に掲載されることになった。

1921年、18歳になったノイマンはギムナジウムを主席で卒業し、その後、ブダペスト大学・ベルリン大学・チューリッヒ工科大学を掛け持ちし、物理学・化学工学などを学ぶことになった。ノイマンは授業を欠席することが多かったが、試験では常にトップの成績を収めていたという。23歳の時に数学・物理・化学の博士号を同時に授与されている。

1926年、ドイツ人の数学者であるダフィット・ヒルベルトが、ノイマンの論文を高く評価し、ノイマンはゲッティンゲン大学でヒルベルトに師事することになった。また1927年から1930年にかけては、世界最年少でベルリン大学の私講師を務めている。

1930年、ノイマン一家は支配力を強めるナチス政権から逃れるため、アメリカ合衆国へと移住した。ノイマンは、世界で最も優れた学術研究機関の一つともされているプリンストン高等研究所へと招かれ、ユダヤ人の理論物理学者アルベルト・アインシュタイン、ドイツ人の数学者ヘルマン・ワイルなどと共に所員として様々な研究を行い、1933年以降は数学の教授も勤めている。

1957年、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.にて、ノイマンは癌で死去している。このノイマンの癌の発症については、マンハッタン計画や核実験の際に浴びたとされる、大量の放射線が原因だという意見もある。

ジョン・フォン・ノイマンの功績

ジョン・フォン・ノイマンが残した功績は多岐にわたるが、主に下記のものが有名である。

  • 人工粘性の発明
  • モンテカルロ法の考案
  • ゲーム理論の考案
  • ミニマックス定理の証明
  • 作用素環論の提唱
  • セル・オートマトンの発見
  • ノイマン型コンピュータの考案
  • コペンハーゲン解釈の発展
  • 量子力学における数学的な基礎付け
  • 公理的集合論における正則性公理の導入
  • 擬似乱数における平方採中法の提案
  • 経済成長理論における多部門成長モデルの発表

ジョン・フォン・ノイマンの逸話

アインシュタインも認めた天才。ジョン・フォン・ノイマン。|ブログインデックス|画像ID:24

ジョン・フォン・ノイマンにまつわる逸話としては、一般的に下記のようなものが知られている。

  • そのIQは300を超えているものと考えられており、その驚異的な記憶力・計算能力から「火星人」、「悪魔の頭脳を持つ男」などの呼び名を持っていた
  • 幼い頃、電話帳のページを適当に開き、そこに掲載されている数字の総和を瞬時に暗算して遊んでいた
  • 特殊相対性理論などで知られるユダヤ人の理論物理学者アルベルト・アインシュタインは、あるインタビューにおいて、記者からの「世界一の天才は誰か?」という質問に対し、「ノイマン」の名を挙げていた
  • ウィルヘルム・オンケンの「世界史」、ゲーテの詩集・小説などを読み漁っていた頃、一度読んだものは一字一句間違えずに全て暗唱することができた
  • プリンストン大学のある数学者が3ヶ月間もの間、頭を悩まして解いた問題に対し、ノイマンは僅か数分で解いてしまった
  • アメリカ合衆国を代表する大企業である、IBM、ゼネラル・エレクトリック、スタンダード・オイルなどの顧問を同時に務めていた
  • 極端な暴食をすることがあり、「ノイマンは、どんなに難しい問題が解けても、カロリーの計算だけはできない」というジョークを言われることがあった
  • 興味がないものに対しては全く無関心であり、何十年も住んでいた自宅の食器の位置を覚えておらず、前日に会ったばかりの人の名前を忘れることが時々あった

関連動画

管理人から一言

アンポンタンな脳ミソと交換してくれませんか…?

ジョン・フォン・ノイマンの生涯

1903年12月28日、ジョン・フォン・ノイマン(ハンガリー名:ナイマン・ヤーノシュ)はハンガリーの首都ブダペストにて、父が弁護士をしているユダヤ系ドイツ人の家庭に三人兄弟の長男として生まれた。

ノイマンは幼少期から英才教育を受けており、ラテン語とギリシャ語の覚えが早く、時には古典ギリシャ語でジョークを言うこともあった。6歳になる頃には6桁の計算を暗算でこなし、筆算では8桁の掛け算までできるようになっていた。また8歳になる頃には、微分積分などの高等数学を理解していたという。

その興味は数学だけにとどまらず、ウィルヘルム・オンケンの全44巻からなる「世界史」や、ゲーテの詩集・小説などを片っ端から読破し、歴史・文学の分野にも強い関心を見せるようになった。その反面、運動や音楽などについては全く才能が見られず、どれほど練習しても上達することはなかったという。

1914年10歳になったノイマンは、ブダペストにあるギムナジウムという学校に入学した。この学校は日本の中高一貫校に相当する学校であり、1963年にノーベル物理学賞を受賞することになるユージン・ウィグナーとは一学年違いだった。入学から間もなく、ギムナジウムの教授がノイマンの才能を見抜き、それからの約8年間、ノイマンはブタペスト大学の数学者によって個人授業を受けることになる。

1920年、ノイマンは17歳の時に数学者のミヒャエル・フェケテと共著で数学論文「ある種の最小多項式の零点と超越直径について」を書き上げ、この論文は1922年にドイツ数学会雑誌に掲載されることになった。

1921年、18歳になったノイマンはギムナジウムを主席で卒業し、その後、ブダペスト大学・ベルリン大学・チューリッヒ工科大学を掛け持ちし、物理学・化学工学などを学ぶことになった。ノイマンは授業を欠席することが多かったが、試験では常にトップの成績を収めていたという。23歳の時に数学・物理・化学の博士号を同時に授与されている。

1926年、ドイツ人の数学者であるダフィット・ヒルベルトが、ノイマンの論文を高く評価し、ノイマンはゲッティンゲン大学でヒルベルトに師事することになった。また1927年から1930年にかけては、世界最年少でベルリン大学の私講師を務めている。

1930年、ノイマン一家は支配力を強めるナチス政権から逃れるため、アメリカ合衆国へと移住した。ノイマンは、世界で最も優れた学術研究機関の一つともされているプリンストン高等研究所へと招かれ、ユダヤ人の理論物理学者アルベルト・アインシュタイン、ドイツ人の数学者ヘルマン・ワイルなどと共に所員として様々な研究を行い、1933年以降は数学の教授も勤めている。

1957年、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.にて、ノイマンは癌で死去している。このノイマンの癌の発症については、マンハッタン計画や核実験の際に浴びたとされる、大量の放射線が原因だという意見もある。

ジョン・フォン・ノイマンの功績

ジョン・フォン・ノイマンが残した功績は多岐にわたるが、主に下記のものが有名である。

  • 人工粘性の発明
  • モンテカルロ法の考案
  • ゲーム理論の考案
  • ミニマックス定理の証明
  • 作用素環論の提唱
  • セル・オートマトンの発見
  • ノイマン型コンピュータの考案
  • コペンハーゲン解釈の発展
  • 量子力学における数学的な基礎付け
  • 公理的集合論における正則性公理の導入
  • 擬似乱数における平方採中法の提案
  • 経済成長理論における多部門成長モデルの発表

ジョン・フォン・ノイマンの逸話

アインシュタインも認めた天才。ジョン・フォン・ノイマン。|ブログインデックス|画像ID:24

ジョン・フォン・ノイマンにまつわる逸話としては、一般的に下記のようなものが知られている。

  • そのIQは300を超えているものと考えられており、その驚異的な記憶力・計算能力から「火星人」、「悪魔の頭脳を持つ男」などの呼び名を持っていた
  • 幼い頃、電話帳のページを適当に開き、そこに掲載されている数字の総和を瞬時に暗算して遊んでいた
  • 特殊相対性理論などで知られるユダヤ人の理論物理学者アルベルト・アインシュタインは、あるインタビューにおいて、記者からの「世界一の天才は誰か?」という質問に対し、「ノイマン」の名を挙げていた
  • ウィルヘルム・オンケンの「世界史」、ゲーテの詩集・小説などを読み漁っていた頃、一度読んだものは一字一句間違えずに全て暗唱することができた
  • プリンストン大学のある数学者が3ヶ月間もの間、頭を悩まして解いた問題に対し、ノイマンは僅か数分で解いてしまった
  • アメリカ合衆国を代表する大企業である、IBM、ゼネラル・エレクトリック、スタンダード・オイルなどの顧問を同時に務めていた
  • 極端な暴食をすることがあり、「ノイマンは、どんなに難しい問題が解けても、カロリーの計算だけはできない」というジョークを言われることがあった
  • 興味がないものに対しては全く無関心であり、何十年も住んでいた自宅の食器の位置を覚えておらず、前日に会ったばかりの人の名前を忘れることが時々あった

関連動画

管理人から一言

アンポンタンな脳ミソと交換してくれませんか…?

厳選!話題の記事