その秘密を知る者は、世界に二人だけ?コカ・コーラの配合レシピ。|ブログインデックス

その秘密を知る者は、世界に二人だけ?コカ・コーラの配合レシピ。|ブログインデックス|画像ID:4

アメリカの企業「ザ コカ・コーラ カンパニー」が製造・販売している、炭酸飲料「コカ・コーラ」。現在、コカ・コーラは世界中の若者を中心に高い人気を誇っており、清涼飲料水の定番となっている。しかし、その原液の配合レシピについては、最高機密とされており、その秘密を知る者は最高幹部の二人だけだと言われている。

スポンサーリンク

「コカ・コーラ」の製造の流れ

コカ・コーラの製造方法については、まず、ザ コカ・コーラ カンパニーで調製されたコカ・コーラの原液が、世界各地に点在する、フランチャイズ契約がされたボトリング会社に配送される。ボトリング会社は受け取った原液を水で薄め、それを炭酸水で割り、瓶詰め・缶詰めした後、最終製品として販売店へ出荷している。

現在、日本でのコカ・コーラのボトリング会社は、北海道・宮城県・富山県・香川県など、全国各地に8社存在しており、日本全国の消費者の元へ届けるべく、日々製造を行っている。

「コカ・コーラ」の配合レシピとは?

コカ・コーラの配合レシピについては、ザ コカ・コーラ カンパニー社内でもトップシークレットの扱いとなっており、その精確な調製法を知っている者は、最高幹部の二人だけだと言われている。この二人の内、一人が亡くなると、もう片方の人物が新たに後任者を選出し、配合レシピを教えるのだという。

世界中の熱心なコカ・コーラ愛好家によれば、その風味は「7X」と呼ばれる香料と、柑橘系のフレーバー7~8種類の配合によるものだと推測されている。また「7X」はレモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダー、そして、脱コカイン処理がされたコカの葉の7種類だと考えられている。

「コカ・コーラ」の配合レシピ流出事件

その秘密を知る者は、世界に二人だけ?コカ・コーラの配合レシピ。|ブログインデックス|画像ID:6

1919年、コカ・コーラの配合レシピは、アトランタの某銀行が管理する金庫で厳重に保管されることになった。1984年に一度だけ配合レシピの内容が変更されたが、消費者による抗議運動が起こったため、約3ヶ月後には元の配合レシピに戻されており、それ以降は変更されていないと言われている。

2011年2月、アメリカのラジオ番組「This American Life」が、「最高機密とされている、コカ・コーラの香料『7X』の正体が判明した」と公表した。これは、1979年2月8日付けの地元紙において、コカ・コーラの発明者ジョン・ペンバートンの手書きとされる、配合レシピの写真が掲載されていたものを、同番組のプロデューサーが偶然発見したのだ。

この写真から読み取れる、コカ・コーラの配合レシピは、下記の通りである。

「コーラ・シロップ」

  • コカ流エキス:3ドラム
  • クエン酸:3オンス
  • カフェイン:1オンス
  • 砂糖:30ポンド
  • 水:2.5ガロン
  • ライムジュース:2パイント
  • バニラ:1オンス
  • キャラメル:1.5オンス

「香料『7X』」

  • アルコール:8オンス
  • オレンジオイル:20滴
  • レモンオイル:30滴
  • ナツメグオイル:10滴
  • コリアンダー:5滴
  • ネロリ:10滴
  • シナモン:10滴

その真相とは?

その秘密を知る者は、世界に二人だけ?コカ・コーラの配合レシピ。|ブログインデックス|画像ID:27

ザ コカ・コーラ カンパニー側は、この流出した配合レシピに対して、「本物のレシピと写真のレシピは異なる」というコメントを発表している。実際、この流出した配合レシピを元にコカ・コーラを再現した結果、オリジナルの独特の風味とは似ても似つかない、全くの別物が出来上がったのだ。

2011年12月、ザ コカ・コーラ カンパニーは、創業125周年の記念事業の一環として、アトランタにあるコカ・コーラの博物館「World of Coca-Cola」の敷地内に、大きな金庫のような保管施設を建設し、アトランタの某銀行から取り出した配合レシピを厳重に保管した。この施設は、一般人でも見学することが可能となっている。

現在でも、コカ・コーラの配合レシピは非公開のままとなっており、その風味の正体は依然として不明である。

関連動画

管理人から一言

ガラスの瓶だと、一段と美味しそうに見えますよね…。

「コカ・コーラ」の製造の流れ

コカ・コーラの製造方法については、まず、ザ コカ・コーラ カンパニーで調製されたコカ・コーラの原液が、世界各地に点在する、フランチャイズ契約がされたボトリング会社に配送される。ボトリング会社は受け取った原液を水で薄め、それを炭酸水で割り、瓶詰め・缶詰めした後、最終製品として販売店へ出荷している。

現在、日本でのコカ・コーラのボトリング会社は、北海道・宮城県・富山県・香川県など、全国各地に8社存在しており、日本全国の消費者の元へ届けるべく、日々製造を行っている。

「コカ・コーラ」の配合レシピとは?

コカ・コーラの配合レシピについては、ザ コカ・コーラ カンパニー社内でもトップシークレットの扱いとなっており、その精確な調製法を知っている者は、最高幹部の二人だけだと言われている。この二人の内、一人が亡くなると、もう片方の人物が新たに後任者を選出し、配合レシピを教えるのだという。

世界中の熱心なコカ・コーラ愛好家によれば、その風味は「7X」と呼ばれる香料と、柑橘系のフレーバー7~8種類の配合によるものだと推測されている。また「7X」はレモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダー、そして、脱コカイン処理がされたコカの葉の7種類だと考えられている。

「コカ・コーラ」の配合レシピ流出事件

その秘密を知る者は、世界に二人だけ?コカ・コーラの配合レシピ。|ブログインデックス|画像ID:6

1919年、コカ・コーラの配合レシピは、アトランタの某銀行が管理する金庫で厳重に保管されることになった。1984年に一度だけ配合レシピの内容が変更されたが、消費者による抗議運動が起こったため、約3ヶ月後には元の配合レシピに戻されており、それ以降は変更されていないと言われている。

2011年2月、アメリカのラジオ番組「This American Life」が、「最高機密とされている、コカ・コーラの香料『7X』の正体が判明した」と公表した。これは、1979年2月8日付けの地元紙において、コカ・コーラの発明者ジョン・ペンバートンの手書きとされる、配合レシピの写真が掲載されていたものを、同番組のプロデューサーが偶然発見したのだ。

この写真から読み取れる、コカ・コーラの配合レシピは、下記の通りである。

「コーラ・シロップ」

  • コカ流エキス:3ドラム
  • クエン酸:3オンス
  • カフェイン:1オンス
  • 砂糖:30ポンド
  • 水:2.5ガロン
  • ライムジュース:2パイント
  • バニラ:1オンス
  • キャラメル:1.5オンス

「香料『7X』」

  • アルコール:8オンス
  • オレンジオイル:20滴
  • レモンオイル:30滴
  • ナツメグオイル:10滴
  • コリアンダー:5滴
  • ネロリ:10滴
  • シナモン:10滴

その真相とは?

その秘密を知る者は、世界に二人だけ?コカ・コーラの配合レシピ。|ブログインデックス|画像ID:27

ザ コカ・コーラ カンパニー側は、この流出した配合レシピに対して、「本物のレシピと写真のレシピは異なる」というコメントを発表している。実際、この流出した配合レシピを元にコカ・コーラを再現した結果、オリジナルの独特の風味とは似ても似つかない、全くの別物が出来上がったのだ。

2011年12月、ザ コカ・コーラ カンパニーは、創業125周年の記念事業の一環として、アトランタにあるコカ・コーラの博物館「World of Coca-Cola」の敷地内に、大きな金庫のような保管施設を建設し、アトランタの某銀行から取り出した配合レシピを厳重に保管した。この施設は、一般人でも見学することが可能となっている。

現在でも、コカ・コーラの配合レシピは非公開のままとなっており、その風味の正体は依然として不明である。

関連動画

管理人から一言

ガラスの瓶だと、一段と美味しそうに見えますよね…。

厳選!話題の記事