【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス

【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス|画像ID:21

遅くなりましたが、ゲッサンで連載中のミリオンライブ!第二十三話の感想です。

まずは今回姿が確認できたキャラ一覧。
■台詞あり

春日未来
伊吹翼
最上静香
ロコ
福田のり子
天空橋朋花
中谷育
所恵美
田中琴葉
横山奈緒
 

プロデューサー

■台詞なし
野々原茜
徳川まつり
二階堂千鶴
真壁瑞希
木下ひなた
周防桃子
北沢志保
矢吹可奈

シアター組への質問企画。今回は以下の質問と回答が掲載。
「運動会があったらどの種目で出たいですか??」の質問を未来、風花、ロコ、のり子、琴葉が回答。
「お風呂上りには何を飲みますか?」の質問を静香、翼、奈緒、ひなた、千鶴さんが回答。

のり子の質問解答キタァアアア!!!!!
プロレスは運動会にはなさそうだが…www

第23話「新しい未来へ」
今回の扉絵はステージ上でセンター位置の前にいる未来の姿。その背中はほんの少し寂しそう。「私の”夢”…いったいどこにあるんだろう――」という台詞が不安を煽ってくるが…。

ついに765プロの劇場公演当日。未来たち、静香たち、お互いのライブへ向けて準備を進めています。のり子の頭の飾りの角度を調整するロコ好きだ。

武道館の控え室で待っていた静香。そんな静香に声をかける、同じ「新人アイドル選抜プロジェクト」の参加者でありライバルである二人。

【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス|画像ID:1

ここはゲーム内の試し読みでも公開されていましたが、このライバル二人が一部で「黒可憐」と「黒ロコ」と呼ばれいたのはちょっと笑ってしまったwwwそういわれるとそうとしか見えなくなってしまった!www
ライバルから「きっと事務所のお友達は良い気はしてないと思うけど」「ひとりぼっちで大変だと思うけど」と煽られつつ、ステージに向かう静香。

一方、765プロではステージ前に円陣を組むことに。未来の姿がなく、周囲も不安げな顔。
そこに未来を連れて来た翼が登場。やはり未来の顔はどこか暗いが、翼は「きっと大丈夫ですから、信じて見てて」とのこと。

未来たちのステージ、そして静香のステージがそれぞれ幕を上げる。
静香側では、先ほど煽っていたライバル二人が静香のステージを鑑賞中。だが、プレッシャーをかけたはずの静香の瞳は、不安というよりも「ステージが楽しみで待てない」みたいな顔で…。

未来側では一曲目が終了。ここで突然、未来による「言いたいこと」をお客さんに伝えることに。
今日のライブは未来、翼、静香の三人のユニット曲を披露するはずだったこと。だが、静香は今武道館のステージで歌っていること。静香はどちらのステージを取るべきかずっと悩んでいたこと。ステージは楽しいだけじゃなく、大きな夢は遠くにあるということ。
全てをお客さんに伝え、「私の”夢”はきっと今ここだから。このステージで夢を掴むのがアイドルだと思うから。」と語る未来。

未来と翼、そしてインカムの向こう側にいる静香が語り掛け合い、そして三人のステージが幕開け!
未来と翼が歌う765プロの劇場のスクリーンには静香の姿が、静香の歌う武道館のスクリーンには未来と翼の姿が!
その演出に驚く奈緒に対し、演出の要望は未来からだと教え、「何とかするのがプロデューサーの務め」だと語るP。かっこいい!

一方、静香のステージを見ていたライバルたち。灰島さんに「こんなのズルだわ!」と詰め寄るものの、「ズルかどうかはお客さんが判断する」と一蹴されてしまいます。灰島さんはというと、765プロのPに対して「思ったよりくせ者かも」と良くも悪くも高評価。

そして、765プロのステージでは翼が客席を煽り「もっと!もっと!もっと!」という三人の姿の後、今回のライブカラーが登場!どのイラストも良かったが、特に見開きでステージに立つ三人のイラストがとても綺麗だった…!カラー最後の淡い色使いの三人も素敵だ!

ステージが終わり、灰島さんやライバルたちから声をかけられる静香。「まだまだ、これからだもの」という台詞が今後の明るい展開を予想させてくれるが…。

ステージが終わり、Pに話しかけられる未来。ステージが好きで、アイドルとして色んなことをしたいと語ります。
その上で「トップアイドルになりたい」と言う未来。そして、Pに「トップアイドルに、して…くれますか?」と頼み…
なんと、これまで目元は隠れていたプロデューサーの顔が公開!!
アニマスの赤羽根Pとも、シンデレラアニメの武内Pとも異なる、素朴な顔立ちの青年でした。眉太めですごく優しそうなPだ…!

Pのご尊顔が拝めたところで、今回は終了。いよいよ次号は最終回に。

ミリオンのコミカライズが終わってしまうのは本当に寂しいのだが…「いつもの37倍くらい大変」だったという最終話に期待!

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 
Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 4 オリジナルCD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス|画像ID:11
ゲッサン 2016年 09 月号 [雑誌]

【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス|画像ID:7
ゲッサン 2016年 10 月号 [雑誌]

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 
Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 2 オリジナルCD付き特別版

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 
Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 3 オリジナルCD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

まずは今回姿が確認できたキャラ一覧。
■台詞あり

春日未来
伊吹翼
最上静香
ロコ
福田のり子
天空橋朋花
中谷育
所恵美
田中琴葉
横山奈緒
 

プロデューサー

■台詞なし
野々原茜
徳川まつり
二階堂千鶴
真壁瑞希
木下ひなた
周防桃子
北沢志保
矢吹可奈

シアター組への質問企画。今回は以下の質問と回答が掲載。
「運動会があったらどの種目で出たいですか??」の質問を未来、風花、ロコ、のり子、琴葉が回答。
「お風呂上りには何を飲みますか?」の質問を静香、翼、奈緒、ひなた、千鶴さんが回答。

のり子の質問解答キタァアアア!!!!!
プロレスは運動会にはなさそうだが…www

第23話「新しい未来へ」
今回の扉絵はステージ上でセンター位置の前にいる未来の姿。その背中はほんの少し寂しそう。「私の”夢”…いったいどこにあるんだろう――」という台詞が不安を煽ってくるが…。

ついに765プロの劇場公演当日。未来たち、静香たち、お互いのライブへ向けて準備を進めています。のり子の頭の飾りの角度を調整するロコ好きだ。

武道館の控え室で待っていた静香。そんな静香に声をかける、同じ「新人アイドル選抜プロジェクト」の参加者でありライバルである二人。

【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス|画像ID:1

ここはゲーム内の試し読みでも公開されていましたが、このライバル二人が一部で「黒可憐」と「黒ロコ」と呼ばれいたのはちょっと笑ってしまったwwwそういわれるとそうとしか見えなくなってしまった!www
ライバルから「きっと事務所のお友達は良い気はしてないと思うけど」「ひとりぼっちで大変だと思うけど」と煽られつつ、ステージに向かう静香。

一方、765プロではステージ前に円陣を組むことに。未来の姿がなく、周囲も不安げな顔。
そこに未来を連れて来た翼が登場。やはり未来の顔はどこか暗いが、翼は「きっと大丈夫ですから、信じて見てて」とのこと。

未来たちのステージ、そして静香のステージがそれぞれ幕を上げる。
静香側では、先ほど煽っていたライバル二人が静香のステージを鑑賞中。だが、プレッシャーをかけたはずの静香の瞳は、不安というよりも「ステージが楽しみで待てない」みたいな顔で…。

未来側では一曲目が終了。ここで突然、未来による「言いたいこと」をお客さんに伝えることに。
今日のライブは未来、翼、静香の三人のユニット曲を披露するはずだったこと。だが、静香は今武道館のステージで歌っていること。静香はどちらのステージを取るべきかずっと悩んでいたこと。ステージは楽しいだけじゃなく、大きな夢は遠くにあるということ。
全てをお客さんに伝え、「私の”夢”はきっと今ここだから。このステージで夢を掴むのがアイドルだと思うから。」と語る未来。

未来と翼、そしてインカムの向こう側にいる静香が語り掛け合い、そして三人のステージが幕開け!
未来と翼が歌う765プロの劇場のスクリーンには静香の姿が、静香の歌う武道館のスクリーンには未来と翼の姿が!
その演出に驚く奈緒に対し、演出の要望は未来からだと教え、「何とかするのがプロデューサーの務め」だと語るP。かっこいい!

一方、静香のステージを見ていたライバルたち。灰島さんに「こんなのズルだわ!」と詰め寄るものの、「ズルかどうかはお客さんが判断する」と一蹴されてしまいます。灰島さんはというと、765プロのPに対して「思ったよりくせ者かも」と良くも悪くも高評価。

そして、765プロのステージでは翼が客席を煽り「もっと!もっと!もっと!」という三人の姿の後、今回のライブカラーが登場!どのイラストも良かったが、特に見開きでステージに立つ三人のイラストがとても綺麗だった…!カラー最後の淡い色使いの三人も素敵だ!

ステージが終わり、灰島さんやライバルたちから声をかけられる静香。「まだまだ、これからだもの」という台詞が今後の明るい展開を予想させてくれるが…。

ステージが終わり、Pに話しかけられる未来。ステージが好きで、アイドルとして色んなことをしたいと語ります。
その上で「トップアイドルになりたい」と言う未来。そして、Pに「トップアイドルに、して…くれますか?」と頼み…
なんと、これまで目元は隠れていたプロデューサーの顔が公開!!
アニマスの赤羽根Pとも、シンデレラアニメの武内Pとも異なる、素朴な顔立ちの青年でした。眉太めですごく優しそうなPだ…!

Pのご尊顔が拝めたところで、今回は終了。いよいよ次号は最終回に。

ミリオンのコミカライズが終わってしまうのは本当に寂しいのだが…「いつもの37倍くらい大変」だったという最終話に期待!

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 
Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 4 オリジナルCD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス|画像ID:11
ゲッサン 2016年 09 月号 [雑誌]

【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二十三話感想|ブログインデックス|画像ID:7
ゲッサン 2016年 10 月号 [雑誌]

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 
Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 2 オリジナルCD付き特別版

Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 
Amazon:アイドルマスター ミリオンライブ! 3 オリジナルCD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

厳選!話題の記事