「星を眺める女」それは、少し切ない怪談話。|ブログインデックス

「星を眺める女」それは、少し切ない怪談話。|ブログインデックス|画像ID:13

「星を眺める女」とは、某大学に通う男子学生が体験したという、アパートの二階の窓から星を眺める女性にまつわる、少し切ない怪談話のことである。それはアルバイト先からの帰路に着く男子学生が、いつもアパートの二階の窓から星を眺めている美しい女性に対して、淡い恋心を抱き始めるのだが…、というもの。

スポンサーリンク

「星を眺める女」の内容

「星を眺める女」には、複数の派生型が存在するが、その主な内容は下記の通りである。

ある日の夜、某大学に通う男子大学生がアルバイト先からの帰路に着いていた。その日は一日を通して晴天が続いたため、夜空には美しい星々が輝いている。

「今日は、いつもより星が綺麗に見えるな」

そんな独り言を言いながら、男子学生が辺りを見回したところ、近くのアパートの二階の窓から外を眺めている、美しい女性の姿が目に入った。彼女は肌が白く痩せていて、年齢は彼と同じくらいに思われた。カーテンから顔だけを覗かせており、どうやら星を眺めているらしい。その時は彼も特に気にすることなく、その場を通り過ぎた。

次の日、アルバイトが予定よりも長引いたため、男子学生は深夜の帰路を急いでいた。昨日と同じように夜空には、満天の星々が輝いている。昨日、美しい女性を見かけたアパートに差し掛かり、彼は何気なく二階の窓辺に目をやった。すると、昨日と同じように彼女がカーテンの隙間から星を眺めている。

「こんな夜遅くにも空を眺めているのか。もしかしたら、同じ大学に通う学生なのかもしれない」

それから、男子学生がアルバイト先からの帰路の途中にそのアパートの前を通った時には、女性はいつも星を眺めていた。いつしか、彼はそんな彼女の姿を見ることが毎晩の日課となり、彼女に対して淡い恋心のようなものを抱き始めていた。

しかし、そんな日々がしばらく続いたある日、男子学生はおかしなことに気がつく。それは空が曇り、星が全く見えない日にも女性は夜空を眺めているのだ。

「一体、女性は何を見ているのだろう」

そんな疑問が膨らみ、どうしても我慢ができなくなった男子学生は、女性に直接その理由を聞くべく、彼女のいるアパートへと向かった。二階への階段を上がり、彼女の部屋のドアをノックしたが、部屋から彼女が出てくる様子はない。いけないことだとは思いつつも、ドアノブを回してみるとドアには鍵がかかっておらず、ドアはすんなりと開いた。そのまま、彼は彼女の部屋へと上がり込み、そこで全てを悟った。

その女性は星を眺めていたのではなく、窓際で首を吊って死んでいたのだ。

いくつかの派生型

この「星を眺める女」には、様々なバリエーションが確認されており、例えば「アパートではなく、マンションや学生宿舎が登場するというもの」、「女性が星ではなく、男子学生を見つめているというもの」、「アパートの一室には首吊り死体ではなく、幽霊が待っているというもの」などがある。

またTBS系列のバラエティ番組「USO!?ジャパン」や、日本のホラー映画「渋谷怪談」などで度々映像化されており、この話は別名「オリオン座を見つめる少女」などとも呼ばれることがある。

その真相とは?

「星を眺める女」それは、少し切ない怪談話。|ブログインデックス|画像ID:19

基本的には、首吊り死体は、頭部が重さの関係で下を向いていることが多く、視線が上を向くということはない。またこの話の期間は不明だが、通常であれば死後1週間後には死体の腐敗は進んでおり、外見的には正常な人間だと判断できない状態となる。

そのため、当然ながらこの話は創作話だと考えられる。一説では、茨城県の国立大学である筑波大学が、この話の発祥の地だと言われているが、筑波大学が設置された1973年以前からこの話の存在は確認されており、この話が生まれた詳しい経緯は不明である。

関連動画

管理人から一言

そこまで星が好きなら、望遠鏡を覗いて星を眺めますもんね…。

「星を眺める女」の内容

「星を眺める女」には、複数の派生型が存在するが、その主な内容は下記の通りである。

ある日の夜、某大学に通う男子大学生がアルバイト先からの帰路に着いていた。その日は一日を通して晴天が続いたため、夜空には美しい星々が輝いている。

「今日は、いつもより星が綺麗に見えるな」

そんな独り言を言いながら、男子学生が辺りを見回したところ、近くのアパートの二階の窓から外を眺めている、美しい女性の姿が目に入った。彼女は肌が白く痩せていて、年齢は彼と同じくらいに思われた。カーテンから顔だけを覗かせており、どうやら星を眺めているらしい。その時は彼も特に気にすることなく、その場を通り過ぎた。

次の日、アルバイトが予定よりも長引いたため、男子学生は深夜の帰路を急いでいた。昨日と同じように夜空には、満天の星々が輝いている。昨日、美しい女性を見かけたアパートに差し掛かり、彼は何気なく二階の窓辺に目をやった。すると、昨日と同じように彼女がカーテンの隙間から星を眺めている。

「こんな夜遅くにも空を眺めているのか。もしかしたら、同じ大学に通う学生なのかもしれない」

それから、男子学生がアルバイト先からの帰路の途中にそのアパートの前を通った時には、女性はいつも星を眺めていた。いつしか、彼はそんな彼女の姿を見ることが毎晩の日課となり、彼女に対して淡い恋心のようなものを抱き始めていた。

しかし、そんな日々がしばらく続いたある日、男子学生はおかしなことに気がつく。それは空が曇り、星が全く見えない日にも女性は夜空を眺めているのだ。

「一体、女性は何を見ているのだろう」

そんな疑問が膨らみ、どうしても我慢ができなくなった男子学生は、女性に直接その理由を聞くべく、彼女のいるアパートへと向かった。二階への階段を上がり、彼女の部屋のドアをノックしたが、部屋から彼女が出てくる様子はない。いけないことだとは思いつつも、ドアノブを回してみるとドアには鍵がかかっておらず、ドアはすんなりと開いた。そのまま、彼は彼女の部屋へと上がり込み、そこで全てを悟った。

その女性は星を眺めていたのではなく、窓際で首を吊って死んでいたのだ。

いくつかの派生型

この「星を眺める女」には、様々なバリエーションが確認されており、例えば「アパートではなく、マンションや学生宿舎が登場するというもの」、「女性が星ではなく、男子学生を見つめているというもの」、「アパートの一室には首吊り死体ではなく、幽霊が待っているというもの」などがある。

またTBS系列のバラエティ番組「USO!?ジャパン」や、日本のホラー映画「渋谷怪談」などで度々映像化されており、この話は別名「オリオン座を見つめる少女」などとも呼ばれることがある。

その真相とは?

「星を眺める女」それは、少し切ない怪談話。|ブログインデックス|画像ID:19

基本的には、首吊り死体は、頭部が重さの関係で下を向いていることが多く、視線が上を向くということはない。またこの話の期間は不明だが、通常であれば死後1週間後には死体の腐敗は進んでおり、外見的には正常な人間だと判断できない状態となる。

そのため、当然ながらこの話は創作話だと考えられる。一説では、茨城県の国立大学である筑波大学が、この話の発祥の地だと言われているが、筑波大学が設置された1973年以前からこの話の存在は確認されており、この話が生まれた詳しい経緯は不明である。

関連動画

管理人から一言

そこまで星が好きなら、望遠鏡を覗いて星を眺めますもんね…。

厳選!話題の記事