「モサド」世界に恐れられる、イスラエル国の情報機関。|ブログインデックス

「モサド」世界に恐れられる、イスラエル国の情報機関。|ブログインデックス|画像ID:10

「モサド」とは、1949年12月13日に創設されたというイスラエル国の情報機関のことである。その正式名は「イスラエル諜報特務庁」であり、モサドによる諜報活動はアメリカ合衆国の中央情報局(CIA)、イギリスの秘密情報部(MI6)、旧ソ連のソ連国家保安委員会(KGB)などを上回るものとして世界に恐れられている。1990年9月にモサドの元局員ビクター・オストロフスキーが暴露本を出版したことにより、この情報機関の存在は世界中に広く知られ渡ることになった。

スポンサーリンク

「モサド」の詳細

「モサド」とは、1949年12月13日に創設されたというイスラエル国の情報機関のことである。このモサドという通称は、ヘブライ語で「組織」・「施設」・「機関」などを意味する言葉に由来しており、イスラエル国内では「ハ・モサッド」と呼ばれることが多い。

モサドはイスラエル国の安全維持とさらなる繁栄を目的とし、主に国外をその活動の場として様々な情報収集や秘密工作、また現在逃亡中である元ナチス・ドイツの戦犯の捜索・捕獲などを行っているとされている。その活動拠点は世界中に点在しているという。

その構成員の人数は正確には不明だが、約2,000人ほどだと推測されている。また局員以外にも、世界中には多くの協力者がいるものと考えられており、その人数は少なくても約10,000人はいるものと見られている。

モサドは局員の採用に対して特に重点を置いており、採用担当者に目をつけられた人物はリストに加えられ、その後、約三年間かけて徹底的に身元調査が行われる。そして、その人物の知能・体力・社交性・人間関係・思想や理念などを慎重に精査した上で正式に勧誘が行われるという。

「モサド」の沿革

「モサド」世界に恐れられる、イスラエル国の情報機関。|ブログインデックス|画像ID:20

1948年5月14日、イスラエル人のダヴィド・ベン=グリオン元首相がイスラエル独立宣言を発し、中東のパレスチナにユダヤ人国家であるイスラエル国が建国された。同時にユダヤ人の軍事組織「ハガナー」を母体として、イスラエル国の軍隊「イスラエル国防軍」が組織された。

1948年6月7日、ベン=グリオン元首相がハガナーの情報機関である「シャイ」の解体を命じた。その後、シャイは「外務省政治局」、「イスラエル保安庁」、「イスラエル参謀本部作戦局諜報課」の三つの組織に再編されることになった。しかし、この三つの組織による情報収集能力はとても低く、その情報の質もあまり良くはなかったという。

1949年12月13日、ベン=グリオン元首相は外務省政治局を指揮していたルーヴェン・シロアッフからの提案を受け入れ、イスラエル国の安全維持とさらなる繁栄を目的として、新たに「諜報保安集中調整庁」を創設することにした。その初代長官にはシロアッフが就任している。

1950年、シロアッフの命令によって外務省政治局は解散されることになり、段階的にモサドへと吸収される形となった。1951年3月には外務省政治局は完全に解散されており、同時に外務省政治局の資産を手に入れた諜報保安集中調整庁は、その名称を「イスラエル諜報特務庁(モサド)」と改め、本格的な諜報活動を開始した。

1952年、シロアッフは健康上の理由から長官を辞任し、その次期長官にはハガナーの有力者の一人だったイサル・ハルエルが任命された。

1960年、南米のアルゼンチンで偽名を使い、逃亡生活を続けていた元ナチス・ドイツの戦犯であるアドルフ・アイヒマンが、ハルエルによる指揮の下、モサドによって捕獲され、イスラエル国へと連行された。この事件は「アイヒマン捕獲作戦」と呼ばれており、アイヒマンは第二次世界大戦時に数百万のユダヤ人を強制収容所へと移送するように指揮した人物であり、後にアイヒマンには死刑判決が下されている。

1962年頃、イスラエル国の潜在敵国であったエジプトが、放射性物質や化学兵器など搭載したミサイルを開発する計画「アイビスI」を推進しているという情報をモサドが入手した。この計画には、ドイツ人の科学者が多く関与しているという疑惑が浮上したため、ハルエルは「元ナチス・ドイツの残党が、イスラエル国への攻撃を画策しているのではないか」という考えに至った。その後、ハルエルによる指揮の下、モサドはこの計画の関係者のもとへと小型爆弾を送りつけるなどして十数人を暗殺している。この事件は「ダモクレス作戦」と呼ばれており、これは紀元前4世紀におけるイタリア共和国の都市シラクサに存在したという、「ダモクレスの剣」に由来している。

1990年9月、モサドの元局員であるビクター・オストロフスキーが暴露本「モサド情報員の告白」を出版したことにより、この情報機関の存在は世界中に広く知られ渡ることになった。

その後、現在に至るまでモサドは世界各国で諜報活動を続けているが、表沙汰となった事件はあくまで氷山の一角であり、現在では世界中のいくつかの重大事件についてモサドの関与が疑われている。

関連動画

この動画は、モサドによるプロモーション・ビデオである。モサドはYouTube内に公式チャンネルを開設しており、公式ウェブサイトを運営しているなど、意外とオープンな一面もある。

管理人から一言

「モサド」より「ミスド」の方が、美味しいですよね…。

「モサド」の詳細

「モサド」とは、1949年12月13日に創設されたというイスラエル国の情報機関のことである。このモサドという通称は、ヘブライ語で「組織」・「施設」・「機関」などを意味する言葉に由来しており、イスラエル国内では「ハ・モサッド」と呼ばれることが多い。

モサドはイスラエル国の安全維持とさらなる繁栄を目的とし、主に国外をその活動の場として様々な情報収集や秘密工作、また現在逃亡中である元ナチス・ドイツの戦犯の捜索・捕獲などを行っているとされている。その活動拠点は世界中に点在しているという。

その構成員の人数は正確には不明だが、約2,000人ほどだと推測されている。また局員以外にも、世界中には多くの協力者がいるものと考えられており、その人数は少なくても約10,000人はいるものと見られている。

モサドは局員の採用に対して特に重点を置いており、採用担当者に目をつけられた人物はリストに加えられ、その後、約三年間かけて徹底的に身元調査が行われる。そして、その人物の知能・体力・社交性・人間関係・思想や理念などを慎重に精査した上で正式に勧誘が行われるという。

「モサド」の沿革

「モサド」世界に恐れられる、イスラエル国の情報機関。|ブログインデックス|画像ID:20

1948年5月14日、イスラエル人のダヴィド・ベン=グリオン元首相がイスラエル独立宣言を発し、中東のパレスチナにユダヤ人国家であるイスラエル国が建国された。同時にユダヤ人の軍事組織「ハガナー」を母体として、イスラエル国の軍隊「イスラエル国防軍」が組織された。

1948年6月7日、ベン=グリオン元首相がハガナーの情報機関である「シャイ」の解体を命じた。その後、シャイは「外務省政治局」、「イスラエル保安庁」、「イスラエル参謀本部作戦局諜報課」の三つの組織に再編されることになった。しかし、この三つの組織による情報収集能力はとても低く、その情報の質もあまり良くはなかったという。

1949年12月13日、ベン=グリオン元首相は外務省政治局を指揮していたルーヴェン・シロアッフからの提案を受け入れ、イスラエル国の安全維持とさらなる繁栄を目的として、新たに「諜報保安集中調整庁」を創設することにした。その初代長官にはシロアッフが就任している。

1950年、シロアッフの命令によって外務省政治局は解散されることになり、段階的にモサドへと吸収される形となった。1951年3月には外務省政治局は完全に解散されており、同時に外務省政治局の資産を手に入れた諜報保安集中調整庁は、その名称を「イスラエル諜報特務庁(モサド)」と改め、本格的な諜報活動を開始した。

1952年、シロアッフは健康上の理由から長官を辞任し、その次期長官にはハガナーの有力者の一人だったイサル・ハルエルが任命された。

1960年、南米のアルゼンチンで偽名を使い、逃亡生活を続けていた元ナチス・ドイツの戦犯であるアドルフ・アイヒマンが、ハルエルによる指揮の下、モサドによって捕獲され、イスラエル国へと連行された。この事件は「アイヒマン捕獲作戦」と呼ばれており、アイヒマンは第二次世界大戦時に数百万のユダヤ人を強制収容所へと移送するように指揮した人物であり、後にアイヒマンには死刑判決が下されている。

1962年頃、イスラエル国の潜在敵国であったエジプトが、放射性物質や化学兵器など搭載したミサイルを開発する計画「アイビスI」を推進しているという情報をモサドが入手した。この計画には、ドイツ人の科学者が多く関与しているという疑惑が浮上したため、ハルエルは「元ナチス・ドイツの残党が、イスラエル国への攻撃を画策しているのではないか」という考えに至った。その後、ハルエルによる指揮の下、モサドはこの計画の関係者のもとへと小型爆弾を送りつけるなどして十数人を暗殺している。この事件は「ダモクレス作戦」と呼ばれており、これは紀元前4世紀におけるイタリア共和国の都市シラクサに存在したという、「ダモクレスの剣」に由来している。

1990年9月、モサドの元局員であるビクター・オストロフスキーが暴露本「モサド情報員の告白」を出版したことにより、この情報機関の存在は世界中に広く知られ渡ることになった。

その後、現在に至るまでモサドは世界各国で諜報活動を続けているが、表沙汰となった事件はあくまで氷山の一角であり、現在では世界中のいくつかの重大事件についてモサドの関与が疑われている。

関連動画

この動画は、モサドによるプロモーション・ビデオである。モサドはYouTube内に公式チャンネルを開設しており、公式ウェブサイトを運営しているなど、意外とオープンな一面もある。

管理人から一言

「モサド」より「ミスド」の方が、美味しいですよね…。

厳選!話題の記事