「メンサ」天才的な高いIQを持つ者たちによる、謎の組織。|ブログインデックス

「メンサ」天才的な高いIQを持つ者たちによる、謎の組織。|ブログインデックス|画像ID:9

「メンサ」とは、1946年10月1日にイギリス人の生化学者ランス・ウェアとオーストラリア人の弁護士ローランド・ベリルによって設立されたという、知能指数(IQ)が世界人口の上位2%の人々しか入会することができない非営利団体組織のことである。この組織は、世界中にある高IQ団体の中でも、もっとも長い歴史を持っており、その支部は世界約40ヶ国の国々に設置され、会員数は総勢で約12万人ほどだと推測されている。会員同士の交流を活動の中心として、日々様々な活動を行っているのだという。

スポンサーリンク

「メンサ」とは?

「メンサ(Mensa)」とは、1946年10月1日にイギリス人の生化学者ランス・ウェアとオーストラリア人の弁護士ローランド・ベリルによって、イギリスのイングランド東部にある都市オックスフォードにて設立されたという、知的で才能に溢れた人々のための非営利団体組織のことである。この組織には、知能指数(IQ)が世界人口の上位2%の人々しか入会することができないため、IQの基準値は100だとされている中、最低でもIQ132という高い数値が求められることになる。

1946年の設立当初、この組織は「高IQクラブ」という名称で呼ばれており、その頃は世界人口の上位1%の人々しか入会することができなかった。しかし、標準偏差の算出が複雑だったため、その後、世界人口の上位2%へと引き下げられることになったのだという。また組織設立までの経緯としては、共同設立者の一人であるランス・ウェアの妹が、とても頭の回転が速く、すぐに恋人を言い負かしてしまうため、妹の結婚相手を探す目的から知的な人々を募ったのが、そもそもの始まりだと言われている。

この組織はトリプル・ナイン協会やメガ・ソサイエティーなど、世界中にいくつかある高IQ団体と呼ばれる組織の中でも、もっとも長い歴史を持っており、その本部である「メンサ・インターナショナル」は、イギリスのリンカンシャーにある大きな村ケイソープに置かれている。また現在、支部は日本を含めて世界の約40ヶ国の国々に設置されており、その会員数は総勢で約12万人ほどだと推測されている。

その組織名の由来が、ラテン語で「テーブル」を意味する言葉にある通り、この組織は会員同士の交流を活動の中心として、日々講演会や座談会など、様々な活動を行っているのだという。

「メンサ」の活動目的

「メンサ」天才的な高いIQを持つ者たちによる、謎の組織。|ブログインデックス|画像ID:26

「メンサ」は活動目的として、下記の三つを掲げている。

  1. 知性や才能などを認知・育成し、地球上の全人類の向上に役立てる
  2. 知性の原理や性質、その適用などについて研究することを激励する
  3. 組織内の会員のために、社会的活動を促進させる

「メンサ」の有名な日本人会員

「メンサ」の有名な日本人会員は、主に下記の通りである。

  • 茂木健一郎

東京都出身で株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所の上級研究員と東アジア共同体研究所の理事を務める、脳科学者である。

  • 宇治原史規

大阪府出身で追手門学院大学の客員教授を務める、お笑いコンビ「ロザン」のツッコミ担当である。

  • 中野信子

東京都出身で東日本国際大学の特任教授と横浜市立大学の客員准教授を務める、脳科学者である。

「メンサ」への入会方法

「メンサ」天才的な高いIQを持つ者たちによる、謎の組織。|ブログインデックス|画像ID:26

この「メンサ」への入会方法としては、日本国内であればメンサ・日本支部が実施している入会テストに合格し、自らのIQが世界人口の上位2%に含まれることを証明しなければならない。この入会テストについては、15歳以上であればメンサ・日本支部の公式ウェブサイト上から、基本的には誰でも申し込むことができる。

この入会テストは、日本では東京都を中心に全国で定期的に実施されており、受験料として10,000円が必要となる。その内容としては、一般的な知能検査と同じようなものだが、筆記試験の形式で全部で45問の問題を20分で解かなければいけないため、1問あたり約30秒ほどで解かなければならない計算になる。その採点方法・採点結果などは一切公開されていないが、恐らく、合格ラインは2つまでミスが許される範囲だと考えられている。

不合格だった場合、その後1年間は入会テストを受けることができず、この入会テストは生涯の内に合計で三度までしか受けることはできない。仮に合格した場合には、入会手続きを行ってから約2週間から約2ヶ月程度で、メンサの会員であることを証明する会員証が手元に送られてくるのだという。

関連動画

管理人から一言

あの入会テスト、意外と簡単でしたよ? もちろん、嘘ですけど。

「メンサ」とは?

「メンサ(Mensa)」とは、1946年10月1日にイギリス人の生化学者ランス・ウェアとオーストラリア人の弁護士ローランド・ベリルによって、イギリスのイングランド東部にある都市オックスフォードにて設立されたという、知的で才能に溢れた人々のための非営利団体組織のことである。この組織には、知能指数(IQ)が世界人口の上位2%の人々しか入会することができないため、IQの基準値は100だとされている中、最低でもIQ132という高い数値が求められることになる。

1946年の設立当初、この組織は「高IQクラブ」という名称で呼ばれており、その頃は世界人口の上位1%の人々しか入会することができなかった。しかし、標準偏差の算出が複雑だったため、その後、世界人口の上位2%へと引き下げられることになったのだという。また組織設立までの経緯としては、共同設立者の一人であるランス・ウェアの妹が、とても頭の回転が速く、すぐに恋人を言い負かしてしまうため、妹の結婚相手を探す目的から知的な人々を募ったのが、そもそもの始まりだと言われている。

この組織はトリプル・ナイン協会やメガ・ソサイエティーなど、世界中にいくつかある高IQ団体と呼ばれる組織の中でも、もっとも長い歴史を持っており、その本部である「メンサ・インターナショナル」は、イギリスのリンカンシャーにある大きな村ケイソープに置かれている。また現在、支部は日本を含めて世界の約40ヶ国の国々に設置されており、その会員数は総勢で約12万人ほどだと推測されている。

その組織名の由来が、ラテン語で「テーブル」を意味する言葉にある通り、この組織は会員同士の交流を活動の中心として、日々講演会や座談会など、様々な活動を行っているのだという。

「メンサ」の活動目的

「メンサ」天才的な高いIQを持つ者たちによる、謎の組織。|ブログインデックス|画像ID:26

「メンサ」は活動目的として、下記の三つを掲げている。

  1. 知性や才能などを認知・育成し、地球上の全人類の向上に役立てる
  2. 知性の原理や性質、その適用などについて研究することを激励する
  3. 組織内の会員のために、社会的活動を促進させる

「メンサ」の有名な日本人会員

「メンサ」の有名な日本人会員は、主に下記の通りである。

  • 茂木健一郎

東京都出身で株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所の上級研究員と東アジア共同体研究所の理事を務める、脳科学者である。

  • 宇治原史規

大阪府出身で追手門学院大学の客員教授を務める、お笑いコンビ「ロザン」のツッコミ担当である。

  • 中野信子

東京都出身で東日本国際大学の特任教授と横浜市立大学の客員准教授を務める、脳科学者である。

「メンサ」への入会方法

「メンサ」天才的な高いIQを持つ者たちによる、謎の組織。|ブログインデックス|画像ID:26

この「メンサ」への入会方法としては、日本国内であればメンサ・日本支部が実施している入会テストに合格し、自らのIQが世界人口の上位2%に含まれることを証明しなければならない。この入会テストについては、15歳以上であればメンサ・日本支部の公式ウェブサイト上から、基本的には誰でも申し込むことができる。

この入会テストは、日本では東京都を中心に全国で定期的に実施されており、受験料として10,000円が必要となる。その内容としては、一般的な知能検査と同じようなものだが、筆記試験の形式で全部で45問の問題を20分で解かなければいけないため、1問あたり約30秒ほどで解かなければならない計算になる。その採点方法・採点結果などは一切公開されていないが、恐らく、合格ラインは2つまでミスが許される範囲だと考えられている。

不合格だった場合、その後1年間は入会テストを受けることができず、この入会テストは生涯の内に合計で三度までしか受けることはできない。仮に合格した場合には、入会手続きを行ってから約2週間から約2ヶ月程度で、メンサの会員であることを証明する会員証が手元に送られてくるのだという。

関連動画

管理人から一言

あの入会テスト、意外と簡単でしたよ? もちろん、嘘ですけど。

厳選!話題の記事