「くねくね」その正体を知った者は…。|ブログインデックス

「くねくね」その正体を知った者は…。|ブログインデックス|画像ID:25

「くねくね」とは、2003年頃から電子掲示板サイト「2ちゃんねる」にある、オカルト板を中心に広まったとされる怪談話のことである。その話の内容としては、「夏に田舎の村へと訪れた際、田んぼで人間のような姿をした謎の白い物体を目撃し、その正体を知った者が精神に異常をきたしてしまう」というものである。現在では、この謎の白い物体自体が「くねくね」と呼ばれており、その正体については様々な憶測が飛び交っている。

スポンサーリンク

「くねくね」の詳細

この「くねくね」という怪談話については、いくつかのバリエーションが確認されているが、一般的には下記の話が有名である。

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家へと帰省した時の話。

お盆にしか訪れることのない、祖母の家へと着いた僕は、大はしゃぎで兄と外へと遊びに出かけた。僕は爽やかな風を浴びながら、兄と田んぼの周りを駆け回った。

そして、日が登りきって真昼に差し掛かった頃、それまで吹いていた風が急に止み、気持ち悪いぐらいに生緩かい風が吹いてきた。僕は「ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい風が吹いてくるんだよ」と、さっきの爽快感を奪われたことで少し機嫌悪く言った。

すると、兄はさっきから別の方向を見ている。その方向には案山子があるだけだ。「あの案山子が、どうかしたの?」と兄に聞くと、兄は「いや、その案山子の向こうだ」と言い、ますます目を凝らして遠くの方を見ている。僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと見てみた。すると、確かに何か見える。遠くからだとよくわらかないが、人ぐらいの大きさの白い物体が、くねくねと動いている。その周りには田んぼがあるだけで、近くに人がいるわけでもない。僕は一瞬奇妙に感じたが、ひとまずこう解釈した。

「あれは、新しい案山子じゃない?きっと、今まで動く案山子なんてなかったから、農家の人か誰かが考えたんだ。多分、さっきから吹いてる風で動いてるんだよ」

兄は僕の解釈に納得した表情だったが、その表情は一瞬で消え失せた。風がピタリと止んでも、その白い物体は相変わらず、くねくねと動いている。兄は「おい、まだ動いてるぞ。あれは一体何なんだ?」と驚いた口調で言い、気になってしょうがなかったのか、家から双眼鏡を持ってきた。

兄は、「最初に俺が見てみるから、お前は少し待ってろ」と言い、はりきって双眼鏡を覗いた。すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる内に顔色が真っ青になっていき、冷や汗を流し、ついには持っている双眼鏡を落としてしまった。僕は兄の変貌ぶりに驚きながら、兄に聞いてみた。

「一体、何だったの?」

兄はゆっくりと答えた。

「ワカラナイホウガイイ…」

それは、すでに兄の声ではなかった。兄は、そのまま静かに家へと戻っていった。僕は、すぐさま兄を真っ青にしたあの白い物体を見てやろうと落ちてる双眼鏡を手に取ろうとしたが、兄の言葉を聞いたせいか、見る勇気がない。しかし、気になる。遠くから見たら、ただ白い物体が奇妙にくねくねと動いているだけだ。少し奇妙だが、それ以上の恐怖感は起こらない。よし、見るしかない。どんな物が兄に恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる。僕は落ちてる双眼鏡を手に取り、覗こうとした。

その時、祖父がとても険しい表情でこっちに向かって走ってきた。僕が「どうしたの?」と尋ねる前に、すごい勢いで祖父が「あの白い物体を見てはならん。お前、その双眼鏡で見たのか?」と迫ってきた。僕は「いや、まだ…」と答えたら、祖父は「よかった」と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。僕はわけのわらかないまま、祖母の家へと戻された。

祖母の家へと戻ってみると、みんな泣いている。僕のことで?いや、違う。よく見ると、兄だけ狂ったように笑いながら、まるであの白い物体のようにくねくねくねくねと乱舞している。僕はその兄の姿に、あの白い物体よりもすごい恐怖感を覚えた。そして、家へと帰る日に祖母がこう言った。

「兄はここに置いといた方がいいだろう。あっちだと狭いし、世間のことを考えたら数日も持たん…」

僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もうどこにもない。また来年、実家へと訪れた時に会ったとしても、それはもう僕の知っている兄ではない。僕は必死に涙を拭い、車に乗って祖母の家を離れた。

祖父たちが手を振ってる中、変わり果てた兄が一瞬だけ僕に手を振ったように見えた。僕は遠ざかっていく中、兄の表情を見ようと双眼鏡で覗いたら、兄は確かに泣いていた。表情は笑っていたが、今まで兄が一度も見せなかったような最初で最後の悲しい笑顔だった。そして、すぐ曲がり角を曲がった時に、もう兄の姿は見えなくなったが、僕は涙を流しながらずっと双眼鏡を覗き続けていた。

「いつか、元に戻るよね」

そう思って兄の元の姿を懐かしみながら、僕は双眼鏡を覗きながら緑が一面に広がる田んぼを見ていた。そして、兄との思い出を回想していた。

その時、白い物体が視界に入った…。

「くねくね」の特徴

この「くねくね」という怪談話と、それに類似した話に登場する謎の白い物体の特徴は、主に下記の通りである。

  • 遠くから見ると人間のような姿をしており、全身が真っ白である
  • 人間では不可能と思えるような妙な動きで、身体をくねらせている
  • 田舎の村にある水田や河原など、水辺の付近で目撃されている
  • 季節的には、主に夏に目撃されることが多い
  • その正体を知った者は、精神に異常をきたすことになる

その真相とは?

「くねくね」その正体を知った者は…。|ブログインデックス|画像ID:11

現在、一般的に広く知られている「くねくね」の怪談話は、2003年3月29日に電子掲示板サイト「2ちゃんねる」にある、オカルト板に投稿されたものである。その後、この話はその出来のよさからインターネット上を中心に話題となり、その他の多くの派生型が生まれることになった。

しかし、この「くねくね」という話は創作話であり、この話は「分からない方がいい」という別の怪談話を原型としている。この「分からない方がいい」という話の内容については、「くねくね」と同じように「夏に田舎の村へと訪れた幼い兄弟が、田んぼで謎の白い物体を目撃し、その正体を知った兄だけが精神に異常をきたしてしまう」というものである。この「くねくね」の作者は、「この話は、『分からない方がいい』をベースにした創作話である」ということを事前に伝えた上で投稿を行っており、また自らが幼い頃に体験した不思議な出来事を織り交ぜているという。

また「分からない方がいい」という怪談話については、現在ではすでに閉鎖済みとなっている某オカルト系サイトにて、2001年3月5日に投稿されたものあることが判明している。しかし、それが実体験なのか創作話なのかについてはわかっていない。

この「くねくね」という怪談話と、それに類似した話に登場する謎の白い物体の正体については、「妖怪の類」、「森の神様」、「ドッペルゲンガー」などのように様々な説が挙がっている。しかし、現実的な説としては、この謎の白い物体が夏季の水辺付近に集中にして目撃されていることなどから、「水蒸気による錯覚や、蜃気楼などの自然現象によるものなのではないか」という意見が有力とされているが、その真相は不明である。

関連動画

この動画は2000年頃にタイで撮影されたという、約2,000羽以上のカモによる田んぼの引越し作業の様子を収めた映像である。恐らく、合鴨農法で利用されるものと思われるが、なかなかの大迫力である。

管理人から一言

「その正体は、『野原しんのすけ』だった!」なんてことは…、ないですよね…。

「くねくね」の詳細

この「くねくね」という怪談話については、いくつかのバリエーションが確認されているが、一般的には下記の話が有名である。

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家へと帰省した時の話。

お盆にしか訪れることのない、祖母の家へと着いた僕は、大はしゃぎで兄と外へと遊びに出かけた。僕は爽やかな風を浴びながら、兄と田んぼの周りを駆け回った。

そして、日が登りきって真昼に差し掛かった頃、それまで吹いていた風が急に止み、気持ち悪いぐらいに生緩かい風が吹いてきた。僕は「ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい風が吹いてくるんだよ」と、さっきの爽快感を奪われたことで少し機嫌悪く言った。

すると、兄はさっきから別の方向を見ている。その方向には案山子があるだけだ。「あの案山子が、どうかしたの?」と兄に聞くと、兄は「いや、その案山子の向こうだ」と言い、ますます目を凝らして遠くの方を見ている。僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと見てみた。すると、確かに何か見える。遠くからだとよくわらかないが、人ぐらいの大きさの白い物体が、くねくねと動いている。その周りには田んぼがあるだけで、近くに人がいるわけでもない。僕は一瞬奇妙に感じたが、ひとまずこう解釈した。

「あれは、新しい案山子じゃない?きっと、今まで動く案山子なんてなかったから、農家の人か誰かが考えたんだ。多分、さっきから吹いてる風で動いてるんだよ」

兄は僕の解釈に納得した表情だったが、その表情は一瞬で消え失せた。風がピタリと止んでも、その白い物体は相変わらず、くねくねと動いている。兄は「おい、まだ動いてるぞ。あれは一体何なんだ?」と驚いた口調で言い、気になってしょうがなかったのか、家から双眼鏡を持ってきた。

兄は、「最初に俺が見てみるから、お前は少し待ってろ」と言い、はりきって双眼鏡を覗いた。すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる内に顔色が真っ青になっていき、冷や汗を流し、ついには持っている双眼鏡を落としてしまった。僕は兄の変貌ぶりに驚きながら、兄に聞いてみた。

「一体、何だったの?」

兄はゆっくりと答えた。

「ワカラナイホウガイイ…」

それは、すでに兄の声ではなかった。兄は、そのまま静かに家へと戻っていった。僕は、すぐさま兄を真っ青にしたあの白い物体を見てやろうと落ちてる双眼鏡を手に取ろうとしたが、兄の言葉を聞いたせいか、見る勇気がない。しかし、気になる。遠くから見たら、ただ白い物体が奇妙にくねくねと動いているだけだ。少し奇妙だが、それ以上の恐怖感は起こらない。よし、見るしかない。どんな物が兄に恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる。僕は落ちてる双眼鏡を手に取り、覗こうとした。

その時、祖父がとても険しい表情でこっちに向かって走ってきた。僕が「どうしたの?」と尋ねる前に、すごい勢いで祖父が「あの白い物体を見てはならん。お前、その双眼鏡で見たのか?」と迫ってきた。僕は「いや、まだ…」と答えたら、祖父は「よかった」と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。僕はわけのわらかないまま、祖母の家へと戻された。

祖母の家へと戻ってみると、みんな泣いている。僕のことで?いや、違う。よく見ると、兄だけ狂ったように笑いながら、まるであの白い物体のようにくねくねくねくねと乱舞している。僕はその兄の姿に、あの白い物体よりもすごい恐怖感を覚えた。そして、家へと帰る日に祖母がこう言った。

「兄はここに置いといた方がいいだろう。あっちだと狭いし、世間のことを考えたら数日も持たん…」

僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もうどこにもない。また来年、実家へと訪れた時に会ったとしても、それはもう僕の知っている兄ではない。僕は必死に涙を拭い、車に乗って祖母の家を離れた。

祖父たちが手を振ってる中、変わり果てた兄が一瞬だけ僕に手を振ったように見えた。僕は遠ざかっていく中、兄の表情を見ようと双眼鏡で覗いたら、兄は確かに泣いていた。表情は笑っていたが、今まで兄が一度も見せなかったような最初で最後の悲しい笑顔だった。そして、すぐ曲がり角を曲がった時に、もう兄の姿は見えなくなったが、僕は涙を流しながらずっと双眼鏡を覗き続けていた。

「いつか、元に戻るよね」

そう思って兄の元の姿を懐かしみながら、僕は双眼鏡を覗きながら緑が一面に広がる田んぼを見ていた。そして、兄との思い出を回想していた。

その時、白い物体が視界に入った…。

「くねくね」の特徴

この「くねくね」という怪談話と、それに類似した話に登場する謎の白い物体の特徴は、主に下記の通りである。

  • 遠くから見ると人間のような姿をしており、全身が真っ白である
  • 人間では不可能と思えるような妙な動きで、身体をくねらせている
  • 田舎の村にある水田や河原など、水辺の付近で目撃されている
  • 季節的には、主に夏に目撃されることが多い
  • その正体を知った者は、精神に異常をきたすことになる

その真相とは?

「くねくね」その正体を知った者は…。|ブログインデックス|画像ID:11

現在、一般的に広く知られている「くねくね」の怪談話は、2003年3月29日に電子掲示板サイト「2ちゃんねる」にある、オカルト板に投稿されたものである。その後、この話はその出来のよさからインターネット上を中心に話題となり、その他の多くの派生型が生まれることになった。

しかし、この「くねくね」という話は創作話であり、この話は「分からない方がいい」という別の怪談話を原型としている。この「分からない方がいい」という話の内容については、「くねくね」と同じように「夏に田舎の村へと訪れた幼い兄弟が、田んぼで謎の白い物体を目撃し、その正体を知った兄だけが精神に異常をきたしてしまう」というものである。この「くねくね」の作者は、「この話は、『分からない方がいい』をベースにした創作話である」ということを事前に伝えた上で投稿を行っており、また自らが幼い頃に体験した不思議な出来事を織り交ぜているという。

また「分からない方がいい」という怪談話については、現在ではすでに閉鎖済みとなっている某オカルト系サイトにて、2001年3月5日に投稿されたものあることが判明している。しかし、それが実体験なのか創作話なのかについてはわかっていない。

この「くねくね」という怪談話と、それに類似した話に登場する謎の白い物体の正体については、「妖怪の類」、「森の神様」、「ドッペルゲンガー」などのように様々な説が挙がっている。しかし、現実的な説としては、この謎の白い物体が夏季の水辺付近に集中にして目撃されていることなどから、「水蒸気による錯覚や、蜃気楼などの自然現象によるものなのではないか」という意見が有力とされているが、その真相は不明である。

関連動画

この動画は2000年頃にタイで撮影されたという、約2,000羽以上のカモによる田んぼの引越し作業の様子を収めた映像である。恐らく、合鴨農法で利用されるものと思われるが、なかなかの大迫力である。

管理人から一言

「その正体は、『野原しんのすけ』だった!」なんてことは…、ないですよね…。

厳選!話題の記事