「かごめかごめ」その童歌の本当の意味とは…?|ブログインデックス

「かごめかごめ」その童歌の本当の意味とは…?|ブログインデックス|画像ID:30

「かごめかごめ」とは、日本に古くから伝わる子供の遊びのことであり、その遊びに用いられる童歌のことである。その遊び方としては、「一人の子供が鬼役として他の子供たちの中央に座り、その鬼の周りを他の子供たちが童歌を歌いながら回る。そして、歌が終わった時に鬼となった子供は、自分の後ろに誰がいるのかを言い当てる」というものである。この遊びと童歌は、江戸時代の後期に書かれた文献の中でその存在が確認されているが、その童歌の歌詞の内容については不可解な点が多く、様々な解釈がされている。

スポンサーリンク

「かごめかごめ」の歌詞

童歌「かごめかごめ」の歌詞の内容とは、下記の通りである。

かごめかごめ

籠の中の鳥は

いついつ出やる

夜明けの晩に

鶴と亀が滑った

後ろの正面だあれ

この歌詞は昭和初期に作曲家の山中直治によって、当時の千葉県野田市付近で歌われていたものを記録されたのが広まったものであり、現在ではもっとも一般的な内容として知られている。「鶴と亀が滑った」の部分については地方によって異なっており、「鶴と亀と滑った」、「鶴と亀が統べった」とする地域もある。また「鶴と亀が滑った」以降の歌詞については、明治時代以前の文献では確認されていないため、大正時代以降に付け加えられたものと考えられている。

この歌詞の様々な解釈

「かごめかごめ」その童歌の本当の意味とは…?|ブログインデックス|画像ID:11

この童歌「かごめかごめ」の歌詞の内容については、様々な解釈がされている。その理由としては、日本では縁起が良いとされている「鶴」と「亀」の二つの象徴が「滑った」と歌われていること、また「夜明けの晩」、「後ろの正面」という矛盾した表現が含まれていることなどである。

具体的には、「妊婦が階段の上から姑に突き落とされ、胎児を流産してしまう様子を歌っているのではないか」、「遊郭に捕らわれた遊女の想いを歌っているのではないか」、「江戸幕府が密かに地中へと埋蔵したとされる、徳川埋蔵金の在り処を伝えているのではないか」というような説が挙げられている。

この歌詞を各フレーズごとに区切って考察した場合、下記のような解釈がされている。

「かごめ」

  • 「籠女」のことであり、妊婦や遊女を意味している
  • 「籠目」のことであり、その形である六角形や六芒星を指している
  • 「囲め」や「屈め」が訛ったものであり、ただの掛け声のようなものである

「籠の中の鳥」

  • 「籠女」の中にいる胎児を意味している
  • 「籠の中の鳥居」が訛ったものであり、籠に囲まれた場所にある鳥居を指している
  • この童歌は、鬼役となった子供の周りを回りながら歌うため、その鬼役となった子供に対するただの比喩である

「いついつ出やる」

  • 「何時、何時、出会う」のことであり、妊婦がお腹の中にいる胎児へと問いかけている
  • 「何時、何時、出遣る」のことであり、遊女が「いつになれば、遊郭から出られるのか」と嘆いている
  • この遊びでは、鬼役となった子供は自分の後ろに誰がいるのかを言い当てるまで鬼役をさせられるため、その鬼役となった子供へのただの煽り文句である

「夜明けの晩に」

  • 妊婦のお腹の中にいる胎児が、外界に出る日が近いことを指しており、妊婦が臨月に入ったことを意味している
  • 「夜明けの番人」が訛ったものであり、夜明け近くの遊郭の番人のことを指している
  • 特に深い意味などはなく、子供の悪ふざけの心理による「夜明け」と「晩」という矛盾した表現を用いただけのただの言葉遊びである

「鶴と亀が滑った」

  • 「鶴」と「亀」という二つの長寿の象徴が「滑った」というのは、妊婦が胎児を流産したことを意味している
  • 「鶴と亀が統べった」のことであり、「鶴」と「亀」に象徴されるような権力のある何者かが、統治したことを意味している
  • 特に深い意味などはなく、「鶴」と「亀」という二つの長寿の象徴が「滑った」という、子供の悪ふざけの心理によるただの言葉遊びである

「後ろの正面だあれ」

  • 妊婦が階段の上から姑に突き落とされ、妊婦の「私を後ろから突き落としたのは、一体誰だ」という恨みに似た想いを表している
  • 斬首された生首が地面に転がり、後ろを向いて「私の首を斬ったのは、一体誰だ」という恨みに似た想いを表している
  • 特に深い意味などはなく、子供の悪ふざけの心理による「後ろ」と「正面」という矛盾した表現を用いただけのただの言葉遊びである

その真相とは?

「かごめかごめ」その童歌の本当の意味とは…?|ブログインデックス|画像ID:24

現在、童歌「かごめかごめ」が生まれた明確な時期や地域は未だに判明しておらず、その作者も不明となっている。しかし、その歌詞の内容については特に深い意味などはなく、疑問と混乱を抱かせるような「面白さ」を多く含む、ただの言葉遊びが並べられたものなのではないかと考えられている。

また比喩の存在を疑えば、どのような歌詞でもある程度は自分の思い通りに解釈することが可能であり、「妊婦が胎児を流産した」、「遊郭に捕らわれた遊女の想い」、「徳川埋蔵金の在り処」などの解釈が生まれたことも、あまり不思議なことではない。恐らく、そのような解釈をした者も本心では信じておらず、テレビ番組などで取り上げる際などに無理やり作り出した解釈が、一人歩きしてしまっている可能性が高いと考えられる。

しかし、その遊び方については日本に古くから伝わる降霊術や、江戸時代に行われていた宗教的な儀式に似たような点がいくつか確認されており、それは当時の子供たちが大人たちの動作を真似した結果として、この遊びが生まれたためだと考えられる。そのため、そのような経緯がこの歌詞の内容を暗いイメージを持つ内容として人々に解釈をさせることになった、一つの要因になっているのかもしれない。

関連動画

管理人から一言

実は、「カゴメトマトジュース」にも、血塗られた由来が…。

「かごめかごめ」の歌詞

童歌「かごめかごめ」の歌詞の内容とは、下記の通りである。

かごめかごめ

籠の中の鳥は

いついつ出やる

夜明けの晩に

鶴と亀が滑った

後ろの正面だあれ

この歌詞は昭和初期に作曲家の山中直治によって、当時の千葉県野田市付近で歌われていたものを記録されたのが広まったものであり、現在ではもっとも一般的な内容として知られている。「鶴と亀が滑った」の部分については地方によって異なっており、「鶴と亀と滑った」、「鶴と亀が統べった」とする地域もある。また「鶴と亀が滑った」以降の歌詞については、明治時代以前の文献では確認されていないため、大正時代以降に付け加えられたものと考えられている。

この歌詞の様々な解釈

「かごめかごめ」その童歌の本当の意味とは…?|ブログインデックス|画像ID:11

この童歌「かごめかごめ」の歌詞の内容については、様々な解釈がされている。その理由としては、日本では縁起が良いとされている「鶴」と「亀」の二つの象徴が「滑った」と歌われていること、また「夜明けの晩」、「後ろの正面」という矛盾した表現が含まれていることなどである。

具体的には、「妊婦が階段の上から姑に突き落とされ、胎児を流産してしまう様子を歌っているのではないか」、「遊郭に捕らわれた遊女の想いを歌っているのではないか」、「江戸幕府が密かに地中へと埋蔵したとされる、徳川埋蔵金の在り処を伝えているのではないか」というような説が挙げられている。

この歌詞を各フレーズごとに区切って考察した場合、下記のような解釈がされている。

「かごめ」

  • 「籠女」のことであり、妊婦や遊女を意味している
  • 「籠目」のことであり、その形である六角形や六芒星を指している
  • 「囲め」や「屈め」が訛ったものであり、ただの掛け声のようなものである

「籠の中の鳥」

  • 「籠女」の中にいる胎児を意味している
  • 「籠の中の鳥居」が訛ったものであり、籠に囲まれた場所にある鳥居を指している
  • この童歌は、鬼役となった子供の周りを回りながら歌うため、その鬼役となった子供に対するただの比喩である

「いついつ出やる」

  • 「何時、何時、出会う」のことであり、妊婦がお腹の中にいる胎児へと問いかけている
  • 「何時、何時、出遣る」のことであり、遊女が「いつになれば、遊郭から出られるのか」と嘆いている
  • この遊びでは、鬼役となった子供は自分の後ろに誰がいるのかを言い当てるまで鬼役をさせられるため、その鬼役となった子供へのただの煽り文句である

「夜明けの晩に」

  • 妊婦のお腹の中にいる胎児が、外界に出る日が近いことを指しており、妊婦が臨月に入ったことを意味している
  • 「夜明けの番人」が訛ったものであり、夜明け近くの遊郭の番人のことを指している
  • 特に深い意味などはなく、子供の悪ふざけの心理による「夜明け」と「晩」という矛盾した表現を用いただけのただの言葉遊びである

「鶴と亀が滑った」

  • 「鶴」と「亀」という二つの長寿の象徴が「滑った」というのは、妊婦が胎児を流産したことを意味している
  • 「鶴と亀が統べった」のことであり、「鶴」と「亀」に象徴されるような権力のある何者かが、統治したことを意味している
  • 特に深い意味などはなく、「鶴」と「亀」という二つの長寿の象徴が「滑った」という、子供の悪ふざけの心理によるただの言葉遊びである

「後ろの正面だあれ」

  • 妊婦が階段の上から姑に突き落とされ、妊婦の「私を後ろから突き落としたのは、一体誰だ」という恨みに似た想いを表している
  • 斬首された生首が地面に転がり、後ろを向いて「私の首を斬ったのは、一体誰だ」という恨みに似た想いを表している
  • 特に深い意味などはなく、子供の悪ふざけの心理による「後ろ」と「正面」という矛盾した表現を用いただけのただの言葉遊びである

その真相とは?

「かごめかごめ」その童歌の本当の意味とは…?|ブログインデックス|画像ID:24

現在、童歌「かごめかごめ」が生まれた明確な時期や地域は未だに判明しておらず、その作者も不明となっている。しかし、その歌詞の内容については特に深い意味などはなく、疑問と混乱を抱かせるような「面白さ」を多く含む、ただの言葉遊びが並べられたものなのではないかと考えられている。

また比喩の存在を疑えば、どのような歌詞でもある程度は自分の思い通りに解釈することが可能であり、「妊婦が胎児を流産した」、「遊郭に捕らわれた遊女の想い」、「徳川埋蔵金の在り処」などの解釈が生まれたことも、あまり不思議なことではない。恐らく、そのような解釈をした者も本心では信じておらず、テレビ番組などで取り上げる際などに無理やり作り出した解釈が、一人歩きしてしまっている可能性が高いと考えられる。

しかし、その遊び方については日本に古くから伝わる降霊術や、江戸時代に行われていた宗教的な儀式に似たような点がいくつか確認されており、それは当時の子供たちが大人たちの動作を真似した結果として、この遊びが生まれたためだと考えられる。そのため、そのような経緯がこの歌詞の内容を暗いイメージを持つ内容として人々に解釈をさせることになった、一つの要因になっているのかもしれない。

関連動画

管理人から一言

実は、「カゴメトマトジュース」にも、血塗られた由来が…。

厳選!話題の記事