穂乃果「笑ってはいけない音ノ木坂」|ブログインデックス

1: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 01:29:54.16 ID:OzR66H940
ことり「ついに始まっちゃったね」

穂乃果「楽しみでもあったんだけど…罰ゲームかあ ちょっとこわいよー」

海未「ううっ やっぱり私までやる必要はないと思うんですが」

穂乃果「笑ってはいけない音ノ木坂」|ブログインデックス|画像ID:24

2: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 01:33:18.20 ID:OzR66H940
一週間前

にこ「アイドルたるもの、表情は常にコントロールできないといけないわっ!」

真姫「どうしたのよ いきなり」

凛「まためんどくさいにこにこにー練習とかやらされそうなノリにゃ!」

にこ「めんどくさいいうな! いい?わたしたちはアイドル…観客の前で感情のまま一喜一憂してしまうのは三流よ!」

希「まあ、確かになあ」

花陽「でも皆ライブにも慣れてきたし…そういうところは大丈夫なんじゃないかな?」

にこ「甘い!ガムシロで溺れたてのチョコラテより甘いわ!試しに穂乃果!真顔になりなさい!」

穂乃果「はいっ!」キリ

海未(かわいい)ニヤッ

にこ「あ、ポッキー余ってた あげるわ穂乃果」

穂乃果「え、ほんとう?」ニヘラ

ことり(かわいい)ニヤッ

にこ「アウトおっ!皆見たカシラ!?これがμ’sの現状よ!これではプロとは言えないわ!」

絵里「うーん ちょっと極端な気もするけど」

にこ「よって、特訓よ!手始めにそこのニヤケ面の2年3人組からね!」

海未「え!?私もですか!?」

ことり「わ、私にやけてたかなあ?」

穂乃果「さっきのはズルいよ!異議を申し立てるよ!」

希「やるならとことんやね 協力するでにこっち!」

絵里「と、突然ノリノリね」

真姫「凛の言うとおり 面倒なことになったわね」

凛「でも凛たちは今回巻き込まれないですみそうにゃ」

花陽「そうかなあ…?」

にこ「とりあえず今日は解散!2年生はさっさと帰りなさい!」

4: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 02:20:30.24 ID:OzR66H940
下校中

穂乃果「特訓って何するんだろうねえ」

海未「穂乃果はともかく、そこまで表情豊かでない私には必要ない特訓だと思いますが」

穂乃果「穂乃果も真面目にやるところでニヤニヤしたりはしないよっ」

ことり「あはは…ん?メールだ」ファイトダヨ!

海未「私もです」ファイトダヨ!

穂乃果「誰だろ?」ブーン

5: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 02:28:55.05 ID:OzR66H940
にこ【今日から一週間部活は休み 特訓は来週土曜 朝の5時に穂むら前に集合】

海未「練習休み!?」

穂乃果「朝の5時!?」

ことり「驚く所そこ?でも確かに早いね…」

海未「何を考えているのでしょう 練習を一週間も休みにするなんて」

ことり「それだけしっかり準備するってことかな?特訓のために」

穂乃果「とりあえず一週間は3人で自主練しておこうよ!神社とかでさ」

6: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:30:45.17 ID:OzR66H940
一週間後 穂むら前

穂乃果「ね、ねむいー…」

海未「おはようございます 今日もいつも通りかわいいですね穂乃果」

ことり「おはよう ねむたげな顔がカワイイね、ホノカチャン!」

穂乃果「二人とも早いなあ もう来てたんだね」

海未「何を言ってるんですか 既に時間ギリギリですよ?」

ことり「あれ、リムジンがきたよー」

ほのうみ「「は?」」

キキーッ

7: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:36:48.90 ID:OzR66H940
希「やあやあ3人とも おはようさん」ガチャ

穂乃果「ええぇ 希ちゃん、お金持ちになっちゃったの?」

海未「なんだか胡散臭い司会者みたいな恰好をしていますね…」

希「ウチの恰好はええわー それよりなんやお前らーその格好はー」

ことり(お、おまえら?)

希「まず穂乃果ちゃん!アイドルグループのリーダーともあろうものがそんな色気もへったくれもないジャージ姿でー」

穂乃果「だ、だって特訓っていうから」

希「ほんでガチレズ二人!なんやそのいかにも勝負服です!みたいな過剰なおめかしはー」

海未「せっかく休日に穂乃果と会うのですから…」

ことり「ここで魅せておかないとって…」

希「そんなカッコで今日の特訓を乗り越えられる思とるんかー 片腹痛いわー」

海未(何なんですかそのノリ…)

希「今日のお前らに相応しい服装を用意したったわー そこのボックスでおのおの着替えを済ませてくれー」

穂乃果「いつの間にこんなものが!?気付かなかったよ!」

8: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:45:43.97 ID:OzR66H940
着替え中

希「そろそろええかな?まずはことりちゃんから出てきてもらおかー」

シャッ

ことり:メイド服「こ、これが今日のわたしの服装なの?」

希「おおー 秋葉原が誇る伝説のメイドこと、ミナリンスキーちゃんの降臨やなあ さっすが似合うとるでぇ」

ことり「うぅっ」チュンチュン

希「それじゃあ海未ちゃんにも出てきてもらおかー」

9: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:47:45.77 ID:OzR66H940
シャッ

海未:剣道防具「……」

ことり「ええぇ…」

希「剣道経験者だけあって貫禄あるなあ 威風堂々とした佇まいやでえ」

海未「それはコミックス版の私です…というかこれ新品じゃないですよね ちょっとにおいが…」

希「これは剣道部から使われなくなった面以外の防具を戴いて手直ししたもんやからなあ いくら最強のスポンサーがついとるからいうても無駄遣いは良うないからな」

ことり「スポンサー?」

希「この番組は西木野スポンサーの提供でお送りしておるんや」

海未「うわぁ…なるほど しょっぱなからのリムジンといい、お金かけてそうですね」

希「ラストはリーダーや 出てきてもらおかー」

10: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:51:28.51 ID:OzR66H940
シャッ

穂乃果:犬耳旧スク水ニーソ「」

ことうみ「「!?!?!?!?!?!?!?!?」」グッ

希「流石は我らがリーダー穂乃果ちゃんやなあ あざとすぎるこの恰好をばっちり着こなして我が物にしとるでえ」

穂乃果「お、おかしいよ…二人のカッコもおかしいけど 穂乃果のは明らかに度を越しておかしいよ…」

海未「いえ、全然まったくどこをとってもおかしくありません」ブハァッ

ことり「うん 何もヘンなとこはないよっ ホントホント」ブハァァ

希「あー、特訓が始まったらそのニヤケ面もアウトなんやで?お二人さん さぁ、そろそろ特訓のルールを説明しよかー」

穂乃果「大丈夫!?二人とも、鼻血が… て、ルール?」

12: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:55:00.98 ID:OzR66H940
希「せや 今日はこのルールに則って一日を過ごしてもらうで」

希「まず、特訓が始まってから終わるまで3人は絶対に笑ってはいけない これが今日の特訓のメインともいえる大原則や」

希「笑ってしまったときは、その都度罰ゲームを受けてもらう 今日配った衣装に笑いorニヤケを感じ取るセンサー的な装置と笑ってしまったことを伝えるスピーカーが取り付けてある」

希「そして今から3人は音ノ木坂学園へ向かい、明日の午前5時まで過ごしてもらう」

希「まあ他にはおいおい説明していくわ おおよそこんなところやな」

13: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:00:17.15 ID:OzR66H940
穂乃果「明日の5時って相当ハードじゃん!」

ことり「ば、罰ゲームって何?」

海未「そして肝心の特訓とは、ただ3人で過ごすというだけのことなのですか?」

希「まあ、行ってみればわかるよー じゃあウチは先に学園のほうに行くから、ここから特訓開始やで?」

希「笑ってはいけない音ノ木坂、スタートや!」バタン ブオーン

ことほのうみ「…………」

14: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:03:46.36 ID:OzR66H940
回想終わり

ことり「ついに始まっちゃったね」

穂乃果「楽しみでもあったんだけど…罰ゲームかあ ちょっとこわいよー」

海未「ううっ やっぱり私までやる必要はないと思うんですが」

穂乃果「でも行かなきゃ始まらないね!とりあえず学校にいこう!」

15: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:07:10.88 ID:OzR66H940
05:30

ことり「あれ?あのリムジン」

穂乃果「希ちゃんが乗ってたやつみたいだね」

海未「どうしたんでしょうか?学校はまだ先なのに…」

ガチャリ

希「おかしいなー、パンクしたみたいや」

希「どれどれ…でも何かが刺さってる感じでもないなあ 尖ったものを踏んだわけじゃなさそうやんな」

16: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:10:02.82 ID:OzR66H940
穂乃果「大変!困ってるみたいだよ!おーい希ちゃ」

ガチャ

運転手「なにか異物は見つかりましたか?」ジェントルメン

希「いや、何もないんです でも普通に移動してる時もなんだか動きにぶかったし…もともと空気抜けてたんとちゃいますか」

運転手「そうですか… あの、失礼ですが希様 ひとつお尋ねしてもよろしいでしょうか?」

希「はい?かまいませんけど」

運転手「実は…わたくし、原因には心当たりがあるのです」

ことほのうみ「………?」

運転手「あの、希様の体重はいったい何kgなのでしょうか?」

穂乃果「!?ブフッwwwww」

海未「クッ!wクフwwww」

ことり「フッフフwwウフッwwwwwww」

デデーン 『全員、アウトー』

穂乃果「アウトって、 うわあ!誰か来t痛ぁい!」ズパーン!

海未「なんですかこの黒い、嫌あっ!」スパァン!

ことり「ピイッ この人なんだかゴッツい、っちゅん!」ドパン!

17: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:14:32.56 ID:OzR66H940
希「今の通り、笑ってしまう度におしりをシバかれる これがこの特訓の罰ゲームや」

海未「そ、そんな…」ヒリヒリ

穂乃果「ふつーに痛かったよ…」ヒリヒリ

ことり「ことりを叩いた人やたらデカかったよう」ジンジン

希「笑うとどうなってまうかわかったやろ?ほな、がんばってやー」バタン ブーン

穂乃果(車走れたんかい)

18: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:17:41.84 ID:OzR66H940
ことほのうみ「…………」

海未「なるほど なんとなくわかってきましたね」

ことり「今後もこんな風に、μ’sの皆が笑わせにくる…」

穂乃果「それに耐えつつ、明日を迎えるのが特訓ってことだね」

海未「しかしさっきのネタから考えるに、かなりガチで笑わせにきますよ」

穂乃果「まだ学校に着いてもないのにね」

ことり「とりあえず、私たちも行こっか?希ちゃん先に行っちゃったし」

23: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:34:22.40 ID:OzR66H940
穂乃果「あれ?アライズのツバサちゃんじゃない!?」

海未「本当…誰かと話していますね んん?」

ことり「にこちゃんに凛ちゃんに絵里ちゃんだー」

海未(偶然?いや…もしかして)

24: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:46:45.57 ID:OzR66H940
ツバサ「μ’s…あなたたちとはぜひ会ってお話したいと思っていたの」

にこ「照れるわね!アライズから意識されているなんて光栄の極みだわ!」

凛「すごいにゃー!」

絵里「でも、どうして?何か私たちと接点でもあったかしら」

ツバサ「ふふっ 接点なんて無くても注目しちゃうわ」

25: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:53:01.74 ID:OzR66H940
ツバサ「ロシアで数々の結果を残した元天才バレリーナに」

絵里「!」

ツバサ「全国レベルといっても過言ではないほどの運動神経とバネを持つ子」

凛「え、凛のことかにゃ?」

ツバサ「そして…」

にこ「……」ワクワク

ツバサ「えっと…」

にこ「…………」ワクワク

26: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:59:19.54 ID:OzR66H940

ツバサ「………………い、いつもお花をありがとうね!」

にこ「ガーン!」

穂乃果「プッフゥwwwwwこ、これってwwウフwww」

ことり「ツッフフwwwwwwヒフゥwwwwwwwww」

海未(やっぱり!)

デデーン 『高坂、南、アウトー』

ことり「ご、ごついよう、ピィ!」ドパン!

穂乃果「あっ、ごめんなさ、ぁんっ!」ズパーン!

ことうみ「「!!!!」」

穂乃果「お、おしりがぁ…」ウルッ

ことうみ(えろい)ニヘッ

デデーン 『園田、南、アウトー』

海未「そんなぁ、ぅひぃん!」スパァン!

ことり「今のも駄目なの、ちゅんっ!」ドパン!

27: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 18:23:50.05 ID:OzR66H940

穂乃果「い、いつの間にか皆いなくなってる」

ことり「アライズまで協力してるなんて…」

海未「予想以上ですね これは本当に気が抜けません」

28: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:13:27.99 ID:OzR66H940
06:00 音ノ木坂学園

穂乃果「やっと学校だよ~」

希「お前ら遅かったなー もうちょいで遅刻になるとこやでー」

海未「なんだか既に疲れが…着いたばかりだというのに」

希「”着か”へんうちから”疲”れがーってかー おもろいやんなー、はっはっは」

穂乃果「」

海未「」

ことり「クッ」プルプル

希「ほなー、我らが学園の理事長さんとこにアイサツしに行こかー」

ことり「え?おかあさんも参加してるの?」

希「この特訓を行うにあたってなー 学園を貸し切り状態にしてもらっとるんやー そこを自分たちの都合で使わせてもらうんやから、一言ことわっとかんとなー」

海未「フム…そういったところはきちんとしているのですね」

穂乃果「あっさり言うけど学園貸し切りって」

希「ついてきぃやー」

29: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:16:31.45 ID:OzR66H940
理事長室前

コンコン

希「理事長 学園の使用許可を求める生徒をお連れしました」

???「入りなさい」

ガララ

ことり(あれっ、あの後ろ姿はおかあさんだよね?でもさっきの声って)

希「さあ、自分たちで要件を伝えてお願いするんや」

穂乃果「あの!今日と明日スクールアイドルとしての特訓を行いたいので、学校を使わせてください!お願いしますっ理事長!」バッ

理事長?「特訓?学園を…?」

クルッ

絵里:親鳥カツラ「認められないわぁ」ドヤチカッ

穂乃果「!!」

海未「!ッw」

ことり「ブフォッwwwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

ことり「うえっ!?わたしだけぇ!? あうっ!」ドパン!

30: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:19:27.05 ID:OzR66H940

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「…………」ウウッ

希「そこをなんとか…おねがいできませんか」

絵里「しかたありませんね 許可しましょう」フウ

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「…………」

絵里「………………学校の許可を、認めましょう」ドヤチカァ

穂乃果「フフッwwwww」

海未「グクッwww」

ことり「フッwwwwフッフwwwwwww」

デデーン 『全員、アウトー』

海未「なんで笑っちゃうんですか穂乃果ぁ!いぃッつ!」スパァン!

穂乃果「だってぇ、んう!」ズパーン!

ことり「つられちゃうよぉ、ぃひゃいっ!」ドパン!

絵里「…………」

希「ほなー 理事長の許可も得られたことやし、そろそろ行こかー」

31: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:27:21.08 ID:OzR66H940

穂乃果「失礼しましたぁー…」

希「ほんなら今から控え室に行くでー ついてきやー」

海未「控え室?」

希「3人のいつもの教室や 特訓中は基本的にそこで待機やから」

穂乃果「えぇ~教室で待つって暇そうだなあ」

33: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 20:09:22.36 ID:OzR66H940
2年教室

ことり「うわあ…すごーい」

穂乃果「おおー!なんだか本当に控え室って感じ!」

海未「机や椅子の配置も変えて、テレビに冷蔵庫にあれは…ティーセット?無駄にこだわりを感じますね」

希「自分らの席はわかるやろ?連絡があるまではここで待機しといてやー ほな」ガララ

穂乃果「行っちゃった」

海未「とりあえず、一息つけるということでしょうか」フーッ

ことり「疲れちゃったし座ろう? あ!痛ぁ!おしりがいたいよっ!」ガタァ

穂乃果「穂乃果も水着一枚でしか守られてないから…おしりがダメージをほとんどダイレクトに吸収してるよぅ」

海未「まあ、よくわからない黒くておっきな棒で叩かれるだけなのは吹き矢でお尻を狙われるよりマシだと考えましょう」

穂乃果「吹き矢?」

海未「例えですよ、例え」

ことり「それにしても…笑わないように我慢するのって大変だね」

海未「この笑ってはいけない状況というのが更に笑いを引き出す要因になってますよね」

穂乃果「わかるわかる!静かにしなきゃいけない時とか先生から真剣な話しをされてる時に笑いをこらえるのタイヘンだもんね!」

海未「特訓はまだ始まったばかりです…!気を引き締めていきましょう」

ことほの「「おー!」」

34: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:33:01.81 ID:OzR66H940
08:00 教室

穂乃果「うー!やっぱり暇だよぉ~」グター

ことり「なぜかテレビも点かないもんね… わざわざ置いてあるのに」

テレビ『理想のアイドル像~!』ジャーン

穂乃果「わあ!びっくりしたあ」

海未「今、勝手に点いたんですか!?」

凛『うーん 凛はスクールアイドルになったけど、まだアイドルっていうのがよくわからないにゃあ』

ことり「凛ちゃんがでてるよー」

穂乃果「ええー!メジャーデビュー!?」

海未「撮ってあったものを流しているんでしょう」

35: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:35:21.11 ID:OzR66H940
花陽『ふふふ それなら教えてあげましょう!アイドルとはどうあるべきなのかを、この花陽が!』

凛『おおっ!米とアイドルのこととなれば例え火の中水の中、もう一人の自分の人格が暴れだしちゃう中二系アイドルオタク、かよちんじゃないかにゃ!』

花陽『私の口からそれはもう丁寧にアイドルのなんたるかを長々と語り倒してもいいんだけど、やっぱり百聞は一見に如かず!』

凛『うんうん!ややこしい説明は嫌にゃ!』

花陽『ということでー、これぞアイドル!と言える人を撮ったVTRを用意しました!』テーン

凛『なるほどー!その人を参考にすれば、アイドルがどんなものかが理解できるってことにゃ!』

花陽『イグザクトリー!では、VTRぅーっ、S.T.A.R.T!!』

パッ

海未:VTR『みんなのハート、うちぬくぞ~!ばーん☆』

海未「!?!?!?!?!?!?!?」

穂乃果「え」

ことり「え」

36: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:40:26.79 ID:OzR66H940

海未:VTR『ラブアローシューートっ☆』

海未「きゃあああああああああああああああああ!!!!!」メツブシ

ことほの「「ぎゃあああああああああああああああああ!!!!!」」ブスー

穂乃果「う、う、海未ぢゃ…?」プルプル

ことり「目が!あぁ、目がぁ!!」ゴロンゴロン

海未「オヤ、目にゴミでも入ったんですか2人とも それより…」ガッ

ことほの「「ひぃ!」」ビクー

海未「見て、ませんよね?2人は何も見ていませんよね?そうですよね?」グググ

穂乃果「…………」

ことり「…………」

海未:VTR『らららら~ん ジャーン! みんな、ありがと~♪』フリフリ

穂乃果「う、うん!見て、ないよっ、クフwww何にも! ねえ、ことりちゃん!フハッwwwwww」

ことり「もちろん!何にも見えなかったよねホノカッファアwwwwwwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

海未「ワアアアアアアアアアアアアアァァァァァ!!!!!!!!」

37: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:43:36.38 ID:OzR66H940

穂乃果「いたた、もぅ~ やっと終わったよ」ヒリヒリ

ことり「叩く人固定なのかなあ ことり係のあの屈強なひと変えてほしいよ…」ジンジン

海未「あああああぁぁぁあぁぁぁぁぁ…………もうやだぁー アイドルやめるー ウミチカおウチかえるうぅぅ」エーン

穂乃果「うぅ、ごめんね?でも気にすることないよ!穂乃果だって1人で振り付けの確認とかやるし!」

海未「今はほっといて下さい…」グス

ことり「そうだよ!それにすっごく可愛かったよ!海未ちゃん!」

海未「ことりは穂乃果の二倍は叩かれてましたね?」ジロッ

ことり「ご、ごめんなさい」

穂乃果「テレビも笑いの刺客だったんだねえ 気が休まらないよー」

38: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:51:26.12 ID:OzR66H940

ガララ

絵里「どう、頑張っているかしら?」

ことり「絵里ちゃん! いや、理事長なのかな?」

絵里「そこはお任せするわ それより調子はどう?おしりがふたつに割れちゃったりしてない?」

穂乃果「いや、えっと…」

絵里「厳しい特訓に挑むあなたたちのために、特別なお医者様をお招きしてあるわ とりあえずで良いから一度保健室に顔を出してきなさいな」ガララ

穂乃果「これは行けってことだよねー」

ことり「うん…でも」

海未「明らかに罠…というか、笑いの仕掛けが用意されていますね」

穂乃果(あ、復活した)「でも特訓だし、行かなくちゃ!」

39: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:56:08.13 ID:OzR66H940
保健室

穂乃果「失礼しまーす」ガラッ

真姫:ナース服「アラ、いらっしゃい ごめんなさいね 今患者さんが多くて…」

海未「あぁ、いえ お構いなく」

真姫「えぇと、星空凛さん 星空凛さーん」

凛「はいにゃー」スッ

真姫「今日はどうされましたか?」

凛「なんだか熱っぽくて…せきも出るし食欲もなくって…」

真姫「なるほど、おそらく風邪ですねー 服をまくってお腹を見せて下さい」

凛「はいにゃ」ペロン

真姫「うん、お胸からお腹にかけてのぺったんラインが素晴らしいわ すぐに良くなりますよ」

凛「よかったにゃー」

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「…………」

40: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:58:45.55 ID:OzR66H940
真姫「お薬処方しておきますね それでは次のかたー 東條希さーん」

希「はい」スッ

真姫「今日はどうされましたか?」

希「なんだかお腹が大きくって…食欲も収まらないし」

穂乃果「グwwwwフククwwwwww」

海未「ッw……」

ことり「フヒッwwwヒグクッwwwフwwwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

穂乃果「うあ!」ズパーン!

ことり「ピィ!」ドパン!

海未「…………」

41: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 23:03:26.26 ID:OzR66H940

真姫「なるほどー、服をまくってお腹を見せてください」

希「はい」ペロン

真姫「む、これはいきなりすぐに治すのは無理ですね 治療するにも段階を踏まないと…3段腹だけに」

穂乃果「ブファwwwwwもうwww」

海未「クフwwクwwww」

ことり「ボフゥwwwwヒャッヒャッヒャwwwwww」

デデーン 『全員 アウトー』

穂乃果「勘弁してぇ、ぅいっ!」ズパーン!

海未「うぅ、ったあ!」スパァン!

ことり「おなか苦しいっ、くう!」ドパン!

42: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 23:07:19.43 ID:OzR66H940
真姫「昨日は何を食べたか覚えてますか?」

希「焼き肉です 1人で」キリ

穂乃果「誰ととかwwww訊いてwwwwwないよwwwwwwwwフヒャヒャヒャヒャwwwwwwwwww」

海未「~~~~ッ!www」

ことり「ヒャーwwwwwwwヒーッwwwwwwヒーッwwwwwwwwwwヒフーッwwwwwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

穂乃果「ホントにも、うぅっ!」ズパーン!

ことり「ひぃ、ひぃ、ひう!」ドパン!

海未「」プルプル

真姫「治療計画を記した処方箋を出しますので頑張ってくださいね」

希「はい」

真姫「あら、もうこんな時間?イミワカンナイ! 今日はここまでしか診れないわ 三人とも、悪いけど今日のところはもう戻ってくれる?」

43: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 23:09:18.89 ID:OzR66H940

海未「失礼しましたー…」ガララ

穂乃果「希ちゃんネタはダメだー 強力すぎるよっ」

ことり「海未ちゃんは結構耐えてるね?」

海未「そういうことりは相当なゲラですね…この先大丈夫ですか?」

45: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 18:57:33.31 ID:0z4ZHmoI0
10:00 教室

穂乃果「たーだーいまー」ガラッ

海未「ふふ 穂乃果ったら」

穂乃果「なんだかんだここには安心感があるよ!あれ?何か置いてある」テテテ

ことり(はっ!?アレは!見るのはマズイよ…!)サッ

海未「なんですか、それ?」

穂乃果「わんちゃん手袋だね!これこーやって付けて、わうーん!なーんちゃって えへへ」アラブルテンシノポーズ

海未「もう悔いはありません」ブッハァァァ

デデーン 『園田、アウトー』

穂乃果「えええええええええええ!?」

ことり(見たい…………)

46: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:08:01.78 ID:0z4ZHmoI0

海未「本当に色々と手が込んでいますね…むしろよく一週間でここまで準備したなと感心しますよ」

穂乃果「よく見ると細かいところにも笑わそうとする小ネタが仕掛けてあるからすごいよ」

ことり「廊下のポスターとか掲示板とかね」

海未「ことりはそういうのもしっかり見つけては笑ってますから、仕掛けたほうもきっと本望でしょうね…」

ことり「見つけたいわけじゃないのにぃ」チュンチュン

47: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:30:16.00 ID:0z4ZHmoI0
デデン!

テレビ『最強バラエティ!立ち向かうアイドル編!』バーン

穂乃果「わあ!またテレビが!」

海未「ああああああああああ」ガクガク

ことり「そして海未ちゃんのトラウマが…」

48: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:32:24.94 ID:0z4ZHmoI0
真姫『こんにちわ!今日もお茶の間にハードな刺激をお届けデリバリー!本日の主役はこのお方でーす!』

にこ『にっこにっこにー!皆のアイドル、矢澤にこにこ!この番組ではにこがアイドルとしてどんな壁をも乗り越えて行くために、様々なシチュエーションに対応していくにこっ!』

真姫『いやあー素晴らしい意気込みだっありがとうございます!期待の新人、是非とも頑張っていただきたい!ゲストのみなさんはどうですかー?』

絵里『あのにこさんを生で見れるなんて、感激です!』

希『私たちの世代の憧れですからね、私も感動ですー』

真姫『そしてー、今日はバックダンサーのお二人にも同席していただいておりますよー!』

花陽『ど、どうもー』

凛『精一杯にこちゃんをサポートするにゃ!』

49: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:46:59.74 ID:0z4ZHmoI0
真姫『ありがとうございます!それでは準備していただきましょう!みなさんこちらの画面をご覧ください!』

絵里『ハラショー… これは、水槽?』

真姫『その通り!別室に用意されたこの水槽にアッツアツの熱湯を入れ、その中ににこさんに飛び込んでいただきます!さあ、準備はよろしいですか?』

にこ『おっけーにこ♪て、ンなわけないでしょ!誰がリアクション芸人よ!こんなんアイドル活動と全く関係ないでしょーが!』

真姫『そうはいっても…やはり何事にも不測の事態は訪れますし、そういった壁も乗り越えていただきたいと』

にこ『無理よ!アイドルよ?女の子よ?顔にヤケドでもしちゃったらどうすんのよ!こんなトコでアイドル生命絶たれてたまるか!』

真姫『ヴェエエ、困りましたねー、まさか拒否されてしまうなんて このままでは番組が成り立ちません』フウ

凛『しょうがないにゃ…こんな時のために凛がいるにゃ 他ならぬにこちゃんのため!かわりに凛が行きます!』ハイッ

花陽『そ、そんなのダメぇ!それなら私がかわりに!』ハイッ

絵里『尊敬するアイドルのピンチ…にこちゃん達のためならこの身、惜しくないわぁ!』ハイッ

希『えりちにそんな無茶させられへん!ウチがかわりに行くべきです!』ハイッ

にこ『み、みんな…!じゃあ、にこが』ハイッ

りんぱなのぞえり『『『『あ、どうぞどうぞ』』』』ススッ

にこ『コラァ!』

ことり「プフウwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

ドパン!<ピィ!

穂乃果「これは展開読めたね」

50: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:06:20.71 ID:0z4ZHmoI0
真姫『それでは、別室へ移動おねがいします!』

にこ『ぐう、じゃあ凛ちゃん!ついてきなさい!』

凛『わかったにゃ』

真姫『さあ、準備が整いました!にこさんいつでもどうぞ!』

にこ『いつでもって、まだお湯入れたばっかじゃないのよ!もうちょっと待ちなさいよ!』プルプル

真姫『さあさあ!冷めないうちに!』

にこ『くうっ、でもこのままじゃ落ちてしまうのも時間の問題!いい!?凛ちゃん、絶対押すんじゃないわよ!』プルプル

凛『了解だにゃー!』スゥー

にこ『絶対よ!絶対だから!』プルプル

凛『はいにゃー!』ドーン

にこ『ああ!』ドポーン

にこ『きゃあー!熱いー!…って、つめた!ちょっと真姫ちゃん!温度の調整ミスでしょこれ!こんな冷えてたら逆にリアクションとれないわよ!撮り直しよ、もう!』ザパー

ことほのうみ「?」

51: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:09:34.26 ID:0z4ZHmoI0
にこ『ねぇ、真姫ちゃん聞いてる?冷ますにも適温ってものg(ズルン ドシャア)痛あっ!!!』

ことほのうみ「!」

にこ『おしりうったぁ!なんなのよもぉ!』グッ

ヌルッ ゴイン!

にこ『っつ~~~~~~っ!こ、これローションじゃない!うあ、た、たてな、ひゃあ!?』ゴチ

穂乃果「フッヒャッヒャwwwwwこ、こじか!wバンビみたいになってるうwwwwww生まれたてwwwwwww」

海未「クッフwwwwバンビてwwwwwwwwフッフフフwwwwww」

ことり「ホノカチャwwwwwやめてぇwwwヒャッヒャッヒャッwwwwwwヒーッwwwww」

デデーン 『全員、アウトー』

穂乃果「今のは不意打ちだよ、くふぅ!」ズパーン!

海未「穂乃果笑わせないでください、んぁ!」スパァン!

ことり「おなかもおしりも、痛いぃ!」ドパン!

52: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:32:48.47 ID:0z4ZHmoI0

にこ『ちょっとぉ真姫ちゃん!あれはヒドいんじゃない!?』

真姫『何よぅ、良いリアクションとれたじゃない』

にこ『ローションなんて聞いてないわよ!台本と違うじゃない!』

花陽『だ、台本って言っちゃだめだよぉ』アセアセ

真姫『結果オーライでしょ それに発案者は希よ』

にこ『でも知ってたってことじゃない!にこに黙ってるなんて!』

真姫『言ったら意味ないじゃない!ばかじゃないの!』

にこ『なんですってぇ!』ググッ

真姫『なによぉ!』ググググ

にこ『…………』グ…

真姫『…………』グ…

にこ『…………マ、マジにやるの?』ボソボソ

真姫『あっちでみんなが急かしてるのが見えるわ!もぉヤるしかナイジャナイ!』ボソボソ

にこまき『『……………………………………ン、ンーッ』』チュ

にこ『うああああああああああああああうっ!』カー

真姫『かっ、カメラをとめろぉおおお!!!!』カー

キャー ワー ガッシャアァ ザー

ことほのうみ「………………」

53: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:36:29.81 ID:0z4ZHmoI0

穂乃果「わ、わあー…」

海未「うまいことやりましたね、にこまき…」

ことり「イヤイヤさせられてる感を出しながらの公認公開きす…うらやましいちゅん」

ことうみ((もし私たちが笑わせる側だったら…))チラ

穂乃果「?」

ことうみ「「ふへへ♪」」ニヨッ

デデーン 『園田、南、アウトー』

穂乃果「えええっ なんで?」

スパァン ドパン

56: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:19:53.07 ID:izWAqrQi0
12:00 教室

穂乃果「もうお昼だねー お腹すいてきちゃった」グゥ

ことり「ほのかちゃん、お昼ご飯持ってきてないの?」

穂乃果「うん 準備する時間なかったしね どーしよう…」

海未「仕方ありませんね 私のお弁当分けてあげます ちょっと多く用意してあるので気にせず食べてください」

ことり「ことりのも食べていいよ 今日のはサンドイッチだから食べやすいよ」

海未「では私とことりのお昼を3人で食べましょうか」

穂乃果「さんせーい!2人ともありがとう!」

57: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:22:40.55 ID:izWAqrQi0

海未「うーん、ちょっと私のはおかずメインなのでご飯が足りない感じがしますね」

ことり「サンドイッチもどっちかって言えばおかず寄りだし…花陽ちゃんがいたらおにぎりとか出してくれそうなんだけどね」

穂乃果「あっはっは!そんな、花陽ちゃんをおむすびマシーンみたいに!          あっ」

海未「…………」

ことり「…………」

穂乃果「…………」

ことり「クフッwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

穂乃果「素で笑っちゃった、あう!」ズパーン!

ことり「無言の間はやめ、てぇっ!」ドパン!

58: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:26:51.05 ID:izWAqrQi0

穂乃果「ふぃー、おなかいっぱいだよー」グテェ

海未「食べた直後だらけるのは良くないですよ」

穂乃果「いいじゃーん ん?なんだろ 机のなかに…」ゴソ

スッ

つ[希と力士のコラ写真パネル]ハーッドスコイ

穂乃果「ブフォwwwwwwww」

デデーン 『高坂、アウトー』

海未「どうしました!?」

ことり「何があったの?」

穂乃果「はい」つ[希と力士のコラ写真パネル]ハアァーッドスコイ

海未「!!!!wwwwww」

ことり「フッハwwwwwクヒヒwwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

穂乃果「希ちゃんネタは、らめぇ!」ズパーン!

ことり「破壊力高すぎだよぉ、うぅ!」ドパン!

海未「wwwwwwwブフッwwwwあぁ!」

デデーン 『園田、アウトー』

海未「無念で、すぅ!」スパァン!

59: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:30:29.95 ID:izWAqrQi0
穂乃果「うう、何があるかわかんないよ…」

ことり「このパネルは封印しとこうね」ポイス

海未「机の中、ですか…」ウズ

海未「…………!ここにも、何かが…」ゴソ

海未「こ、これは!?」

穂乃果「どうしたの?」

海未「いいぃいいいいえぇ何でもないです!何でも!」サッ

海未「ことり!ことり!」ボソボソ

ことり「どうしたの?」チューン

海未「見てください」スッ

ことり「こ、これは!ホノカチャンフィギュア!?しかもこのクオリティは!」

海未「声が大きいですよ!ことり!」ヒソヒソ

ことり「ご、ごめんね でも本当によくできてるよ」ヒソヒソ

海未「ええ、穂乃果の可愛さを十二分に再現できています そして何よりも…」

ことり「衣装が…」

ことうみ「「スカート…!」」

ことり「この再現率でホノカチャンのwonder zoneが…」

海未「開きましょう ユメノトビラ!」チラッ

ブッシュウウウウウウウウウウウウウウウウ(※CO2ガス&小麦粉)

穂乃果「!?」

60: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:34:49.12 ID:izWAqrQi0
海未「」ボウゼン

ことり「」ボウゼン

穂乃果「ふ、2人ともwww顔がまっしろだよwwwwwwアッヒャッヒャッヒャwwwwwwwww」

デデーン 『高坂、アウトー』

海未「読まれてる…行動を読まれてます………」

ことり「踊らされてるね…完全に掌の上だよぅ」

ズパーン!<イタイ!

ことり「ところで海未ちゃん、さっきのフィギュア」

海未「私の机の中にあったので、私のものです」

ことり「うぅ」チューン…

61: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:35:39.08 ID:izWAqrQi0
14:00 教室

ガララ

希「お前らー大変やでー」

穂乃果「どうしたの?」

希「空き教室でなー、緊急の会議が開かれることになったんやー」

海未「はあ、それで」

希「その会議の議題がなー、アイドルについてなんや ほんで特別にお前らの出席が許可されたんやー」

ことり「アイドルについての会議?」

希「まあ、とりあえず着いてきやー」

62: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:37:38.98 ID:izWAqrQi0
空き教室

絵里「えー、それでは第1回 アイドル報告会を始めたいと思います」

絵里「今回、スクールアイドルμ’sのメンバーについて様々な報告が寄せられております」

雪穂「あ、まず私から良いでしょうか」ハイ

穂乃果「雪穂!?」

雪穂「えっと、みなさんご存じμ’sのリーダー、高坂穂乃果についての報告です」

ことり「ほう」

海未「フム」

63: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:40:16.70 ID:izWAqrQi0
雪穂「彼女はちょっとアイドルとしての自覚が足りないフシがあるんですよ まあそこが良いというところもありますが」

雪穂「この前なんかですね ほら、彼女の家は和菓子屋じゃないですか」

雪穂「もうお客さんが入っている時間だというのに、あろうことか彼女は寝ボケて下着姿のまま店の表のほうに出てきたんですよ」

穂乃果「や、やめてえ雪穂!」

雪穂「誰も気づいていなかったから良かったものの… 今やμ’sはこのあたりでは名の知れたアイドルになっているのですし、そういったところには気を配ってほしいものです」

海未「やっぱり穂乃果は最高です」パチパチパチ

ことり「素晴らしいエピソードだったよ」パチパチパチ

穂乃果「ううぅ~ 何だコレ」カー

64: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:42:52.26 ID:izWAqrQi0
理事長「次は私からよろしいですか」ハイ

ことり「おかあさん!?」

理事長「同じくμ’sのメンバー、南ことりについての報告です」

理事長「今となっては彼女が伝説のメイド、ミナリンスキーであるということはもはや周知の事実なのですけど」

ことり「ちょっと待ってソレおかあさんは知らない設定じゃない!?」

理事長「やはり誰もが最初は初心者と言いますか、彼女もバイトはじめたてのころは失敗ばかりしてまして」

理事長「コケてお客さんの股間に頭突きしたり オムライスにコチュジャンで字を書いたり…所謂ドジっ娘メイドだったわけです」

穂乃果「うわあ なんというか」

海未「絶妙に可愛くないドジをしていますね」

ことり「なんでわれてるの!なんで知ってるの!?」

65: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:45:11.89 ID:izWAqrQi0
理事長「しかも彼女、結構メンタル弱くて…バイト先で何かやらかした日は『勉強に集中するから1人にして』とかいって、部屋でぐっしゃぐしゃに泣き腫らすんですよね」

ことり「だからなんで知ってるのーーーーーーーー!!!!!!」

理事長「今でもアイドル活動で何やら失敗したときはそんな感じなんです まだまだ可愛げのあるお子様ってことですかねぇ」

ことり「う~ ほのかちゃぁん」ウエエ

穂乃果「ありゃりゃ よしよし」ナデナデ

66: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:47:55.27 ID:izWAqrQi0
亜里沙「次は私から 園田海未について報告があります」ハイ

穂乃果(こ、この流れだと…)チラ

海未「」

亜里沙「彼女がこのあいだウチに来た時、部屋で1人になったとたん鏡の前で」

海未「やめてええええええええええええええええええええええええええええええええっ!!!!!!!!」

希「ほな 戻ろかー」

穂乃果「叩かれるより罰ゲームらしい罰ゲームを受けた気分… 笑ってないのに」

海未「」チーン

ことり「もう海未ちゃんのライフは0だよ」

67: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:50:38.15 ID:izWAqrQi0
15:00 教室

穂乃果「ただいまぁ」ガララ

希「ほんならまた暫くここで待機や しかしもう3時やなあ オヤツの時間やでー」

希「ほんでなー、ここに一つだけ塩大福があるんや せっかくやからお前らにやるわー」

穂乃果「穂乃果は今そんなにお腹空いてないなあ」

海未「私もちょっと気分がすぐれないので」ドンヨリ

ことり「じゃあことりのおやつにしちゃおうかな あ、おいしい」チュンチュン

希「ほなウチはもう行くわー 頑張ってなー」ガララ

ことり「でもこれ結構大きいな… 半分はあとで食べよう」

70: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:26:46.83 ID:izWAqrQi0

穂乃果「はーっ 休憩だー きゅーうけーい」グテェー

海未「休めるときにゆっくり休むべきですね また急に呼び出されたりするかもしれませんし」

ことり「ちょっとノド乾いちゃった ティーセットがあったよね?」

穂乃果「あ!穂乃果も飲みたい!」

海未「ことり 私の分もいいですか?」

ことり「うん!いいよー えっと、ティーバッグは…」ゴソ

71: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:29:33.38 ID:izWAqrQi0

つ[理事長の鶏ガラ出汁 本人も大絶賛!140円]ピヨォッ

ことり「ブフーwwwwwwwwwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

ことり「ちゅーん!」ドパン!

穂乃果「どうしたの?」

海未「また何か見つけてしまったんですか」

ことり「うぅ…はい2人とも お茶、なのかな?とりあえず淹れてみたけど」コポコポ

穂乃果「なにこのパッケージ 鶏ガラスープ? また凝った仕掛けだねえ」

海未「でも美味しいですよ なんだか不思議な味ですけど」クピクピ

ことり(ほんとにおかあさんの出汁だったらやだなあ)

72: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:39:24.20 ID:izWAqrQi0

テレビ『ねー、一つだけー、訊いていいー、わたしのこーとー♪』テーテレレー

穂乃果「あっ、またテレビが」

花陽『ああ、凛ちゃん!凛ちゃん!どうしてあなたは凛ちゃんなのっ』

ことり「わあー 花陽ちゃんお姫様みたい」

花陽『日本を出て法の下を離れ、性別をお捨てになって!もしもそれがお嫌なら、せめて私を愛すると、お誓いになって下さい』

海未「ラブロマンス風ですね」

73: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:42:35.59 ID:izWAqrQi0
凛『黙って、もっと聞いていようか?それとも声を掛けたものか?』コソリ

花陽『私にとっての敵とは、あなたの性別だけ!たとえあなたが女性でなくても、凛ちゃんは凛ちゃんのまま…同性婚________それが、どうしたというの?』

穂乃果「うぅ、悲しいお話なのかな」ウルウル

花陽『性別にどんな意味があるっていうの?凛ちゃんが女の子でなくなっても、あの太陽のような笑顔はそのままでいらっしゃるに決まっているわ!』

花陽『凛ちゃん…女であることをお捨てになって そしてその代わりに、私が捧げるあなたへの想いを込めた歌を受け取っていただきたいの』

凛『お言葉通り頂戴いたします 只一言、凛を恋人と呼んで、歌を聴かせてください さすれば凛はすべてを捨てて、あなたと共にいきましょう』バッ

花陽『あぁ…!凛ちゃん!』

海未「くうっ」ホロリ

ことり「素敵だよぅ」ボロボロ

74: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:45:05.91 ID:izWAqrQi0

花陽『嬉しい…私の想いの全て、聴いてくださいっ 告白日和、です!』

ことほのうみ「…………」グスグス

花陽『ねー、一度だけ―、蹴っていいー、あなたのこーとー♪』

デデーン 『南、タイキックー』

ことほのうみ「「「は?」」」

75: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:55:15.18 ID:izWAqrQi0
ガララ デンデケデンデケ

ことほのうみ「「「!?!?!?!?!?!?!?!?」」」

ことり「な、なにあれ!何民族!?南って、わたし!?キックって、どういうこと!」

デンデケデンデケ ガシッ

ことり「ピィ!やだあ!助けてえ、2人とも!」

穂乃果「…………!」サッ

海未「…………!」サッ

ことり「あ、ああぁ…?」サーッ

穂乃果(ごめんねことりちゃん…でも)

海未(巻き込まれて、とばっちりを喰らいたくはないのです…)

ことり「うあ、あ、っちゅーーーーん!!!!!」ズドパァン!

デンデケデンデケ ガララッ

77: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 19:10:49.63 ID:izWAqrQi0

ことり「いぃいいい…グスッ、た、たてないよぉ……ヒック」プルプル

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「ひどいよぉ、2人とも…グスッ 止めろとは言わないけど、無視するなんてぇ」

穂乃果「…………」サッ

海未「…………」サッ

ことり「! むぅ…」グヌヌ

78: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 19:17:19.90 ID:izWAqrQi0
ことり「あぁーっ 痛いなあ おしりが痛くて痛くて、まるで焼けちゃったみたいだよ」フウ

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「ことりのおしりが焼けちゃったみたいだよ ことりの…」

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「………………………ことりの、ぼんじりが」

穂乃果「フブッwwwwwwww」

海未「クッフゥwwwwwwww」

デデーン 『高坂、園田、アウトー』

※ぼんじり=鶏肉の名称 鶏のお尻の部位

79: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 19:22:20.81 ID:izWAqrQi0
穂乃果「わざとだよねことりちゃん!?あんっ!」ズパーン!

海未「ひどいですことり!ん、あれっ?」

ことり「ちょっとした仕返しだよ!あれすっごく痛かった…え!?ちがうよ!海未ちゃんはあっ、ちぃ!?」ッパァン!

ことり「…………………………」ジンジン

海未「こ、ことり…っ!」ジワッ

穂乃果「なんでだろう、ことりちゃんを見てるとね、涙があふれて止まらないの」ポロポロ

80: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:22:19.73 ID:gasOg+Jg0
18:00 教室

テレビ『エリート塩大福ができるまで!』バーン

海未「またテレビですか…今度はどん」

穂乃果:タオル1枚『真姫ちゃーん 脱いだ服どこ置けばいいかなー?』パタパタ

ことうみ「「なぁ!?」」

穂乃果「あ、これってこの前の…」

81: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:24:31.97 ID:gasOg+Jg0
真姫『その辺にカゴあるでしょ?そこに入れといてくれれば洗濯しといてあげるわ』

穂乃果『ありがとー!では穂乃果、いってまいります!』ダー

海未「ど、どういうことですか」

穂乃果「突然真姫ちゃんからお誘いがあって家に行ったんだけど、サウナに入るのを勧められて」

ことり「それ、いつの話なの?」

穂乃果「2日前くらいかなあ おうちにサウナがあるなんてすごいよね!」

82: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:26:47.93 ID:gasOg+Jg0
穂乃果『真姫ちゃ~ん そろそろ出てもいい?』ダラダラ

真姫『まだよ のどが乾いたら言ってくれればいいから 体の血行を良くするためにも、もうちょっと粘りましょう』

穂乃果『わかったよ!頑張るね!』ダラダラ

海未(穂乃果が真っ赤になって懸命に暑さに耐えている…)

ことり(ほのかちゃんが言われるがまま健気に汗を流し続けている…)

ことうみ(イイね!)グッ

83: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:28:34.70 ID:gasOg+Jg0
真姫『こうして採取された高坂穂乃果の汗が、今はここ、西木野家自慢のキッチンに運び込まれています』

穂乃果「えええ!どーゆーことなの?」

真姫『それではここから、エリート塩大福が作られる過程をVTRでお届けします』

海未「…………」

ことり「…………」

真姫『こちらが完成した、高坂穂乃果のエリート塩大福です』バーン

希『真姫ちゃーん 例のモノができたん?』

真姫『ええ、これよ』

希『流石やねえ じゃあ持っていくわ』

真姫『でも1個しか作れなかったの』

希『じゅーぶんや ほな』

84: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:33:03.43 ID:gasOg+Jg0
海未「こ、ことり!あの塩大福」クルッ

ことり「ごめんね?もう全部食べちゃったの」チュン

海未「ついさっきまで半分残してたじゃないですか!今食べましたね!?」

ことり「だってことりが貰ったものだしぃ 残しちゃうのも悪いしぃ」ウフフ

海未「もーーーー!もぉーーーーーぅ!!!今の笑いもアウトですっ!ニヤけてますっ!」キー

穂乃果「なんかすっごく恥ずかしいよぉ…」

86: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:42:10.49 ID:gasOg+Jg0

絵里「元気にしてるかしら3人とも」ガララ

海未「あぁ、絵里」

絵里「そろそろお腹が空いたんじゃない?お弁当を用意してあるわよ」

穂乃果「わぁ!食べる食べる!」

絵里「でも皆にただ同じお弁当を配るのは面白くないから、ちょっとしたゲームをしましょう」

ことり「普通でいいよぅ」

絵里「まぁゲームと言っても、ただのくじ引きよ 1人2回クジを引いて、書いてあるメニューが今日の晩御飯ね」

海未「ヘンなもの用意してませんよね?」

ことり「さっぱりしたのが食べたいなあ」

穂乃果「よーし、いいの当てるぞーっ!」

87: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:44:51.39 ID:gasOg+Jg0

穂乃果「わー、豪華!美味しそう!」

高坂穂乃果【エビフライ】【カルボナーラ】

ことり「なかなかにいぶし銀なチョイスだよ」

南ことり【サバ味噌煮】【肉じゃが】

海未「…………」

園田海未【白米】【ごはんですよ】

ことり「はい海未ちゃん、お魚あげるっ」

穂乃果「穂乃果もエビフライあーげるっ!」

海未「ふ、2人とも…」ウルッ

88: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:49:21.95 ID:gasOg+Jg0
20:00 教室

穂乃果「ちょっと穂乃果、お手洗い行ってくるね」ガラ

ことり「はーい」

海未「もうだいぶ暗くなりましたね…」

ことり「明日の5時までって言ってたし、学校にお泊りかな?」

89: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:52:14.32 ID:gasOg+Jg0

ジャーッ

穂乃果「ふぅっ、結構暗いなあ 2人に付いてきてもらえばよかったかも」

???「大人しくするにゃ 命はとらない」ガッ

穂乃果「え!?むぐふ!」グイ

???「…………」

穂乃果「んー!んー!」バタバタ

90: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:55:54.97 ID:gasOg+Jg0

ピンポンパンポーン

希『お前ら、大変やー』

ことり「放送だよ」

海未「今度は何なんでしょう」

希『実はなー 穂乃果ちゃんが何者かに捕まってしまったようなんやー』

海未「やけに帰りが遅いと思ったら…」

希『やからなー、2人で助けだしてやってくれんやろかー』

ことり「わ、わ、急ごう海未ちゃん!」

海未「落ち着きなさい、ことり 捕まっているといっても、これもイベントの一つ…どうせ穂乃果を捕まえているのは知り合いの誰かですよ」

ことり「あ!そっかあ!じゃあそんなに心配することもないね」ホッ

希『ちなみに犯人からの連絡によるとなー 穂乃果ちゃんはどうも、一定時間ごとにひどい目にあわされるようなんや』

海未「な、なんですって!?」

希『それはもう穂乃果ちゃんの敏感なトコロにあんなことやこんなことを…あぁ、乙女の口からはこれ以上言えへん、言えへんわぁ』

ことり「ほのかちゃんのホノカチャンにあんなコトこんなコト!?」

希『せやからなるべく早く助けだしたってやー』

91: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:58:05.23 ID:gasOg+Jg0
ガタァッ

海未「全力です、ことり 穂乃果の硝子の花園がぷわぷわーおされる前に私たちが救い出しましょう」ガシッ

ことり「もちろんだよ海未ちゃん ほのかちゃんのタカラモノズ、好きにはさせないっ 全身全霊!」ガシィ

希『それじゃ、これから穂乃果ちゃんを助けるまでは特別ルールで行動してもらうから ルールの説明をするでー』

海未「まさかっ 暗くなったのをいいことに、驚いたら罰ゲームなんていう肝試しめいた特訓を行う気では!?」

希『まず、ここからは笑っても罰ゲームを受けることはない ニヤけも同じや 判定されることはない』

ことり「そっかぁ それはうれしいな」

希『そのかわりに、全身黒タイツのハンターがひたすら2人を追っかけまわす』

ことうみ「「ええっ!?」」

92: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:00:46.88 ID:gasOg+Jg0
希『ハンターの体には罰ゲームが書かれとる ハンターにつかまると、書いてある罰ゲームがそのまま執行される』

希『2人にはハンターから逃げつつ、2つの宝箱を探してもらう 片方には穂乃果ちゃんの居場所の地図が、もう片方には穂乃果ちゃんのいる部屋を開けるためのカギが入っとる』

希『範囲はもちろん学園の敷地内 校庭に出てもええけど、宝箱は校舎の中やからそのつもりで』

ことり「まさかの耐久鬼ごっこ」

海未「この特訓、どんどんアイドルと関係ない方向に進んでいきますね…」

希『それでは穂乃果ちゃん救出作戦、スタートや!』プオーン

93: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:03:40.08 ID:gasOg+Jg0

ことり「ここは手分けして探したほうがいいと思うの」

海未「そうですね 校舎内といっても結構な広さがありますし」

ことり「じゃあ、宝箱見つけたらメールするね!」ダッ

海未「ええ、ご武運を!」ダッ

94: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:07:09.23 ID:gasOg+Jg0

ことり「ん~、宝箱ってどういう感じで置いてあるのかなあ あんまりわかりにくいところに隠してあるとも思えないけど…はっ!あれは、ハンター!?」

ハンター「!」ドドド

ことり「にっ、逃げなくちゃ!でも一体どんな罰ゲームが…」チラ

ハンター:タイキック「」ズドドドド

ことり「いやあああああああああああああ!!!!!!!!」ダー

95: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:08:30.07 ID:gasOg+Jg0

海未「まず一階から虱潰しに調べていきましょう 見落としのないようにしないと…」

ガッ

海未「!?」クルッ

ハンター:ビンタ「」ゴゴゴ

海未「び、びんた…ぁ痛あ!」バチィン!

ハンター:ビンタ「」タッタッタ

海未「ううぅ」グスッ

96: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:09:32.81 ID:gasOg+Jg0

ダー キャアー イ、イヤア! バーン

97: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:11:43.23 ID:gasOg+Jg0

穂乃果「うぐ…はぁっ…はぁっ…!」

???「さあ、またまたオシオキの時間にゃ」スウッ

穂乃果「お、お願い!もうやめてぇ!それだけは勘弁してぇ!」ガクガク

???「助けにこないトモダチを恨むんだにゃ 抵抗は無駄にゃ…」

穂乃果「ああ…海未ちゃん、ことりちゃん…穂乃果は、穂乃果は…………」ブルブル

98: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:13:18.63 ID:gasOg+Jg0

ドドド アア!? バタバタ ヒィーッ 

ガシャア セ、セクハラ! ドテッ カコマレタ…

99: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:16:56.80 ID:gasOg+Jg0

00:00 廊下

海未「はぁ、はぁ、はぁ、ぜぇっ!こ、ことり…」ガクッ

ことり「あ、はは…海未ちゃんも、足、ガクガク、だねっ、ごほっ」プルプル

海未「剣道着なんか、着て、走ってました、から…っ はぁっ、でも、やっと、揃い、ましたねっ これが、地図です」

ことり「こっちは、カギ… これで、ほのかちゃんを、助けに、ふぅっ」フラッ

海未「ええ…さあ行きましょう 肩を、貸します」スッ

ことり「ふ、ふふふっ 海未ちゃんだって、フラフラのくせに」グッ

100: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:23:32.97 ID:gasOg+Jg0

美術室

ガチャガチャ ガラッ

海未「穂乃果!」

ことり「ほのかちゃん!」

穂乃果「2人とも…」グッタリ

海未「大丈夫ですか!?まだ身体はキレイなままですか!?」

ことり「ぐったりしてるよ!汚されちゃったりしてない!?」

穂乃果「もう、大丈夫だよ…捕まってから、そこの絵筆でずっとくすぐられてたの」

海未「く、くすぐり?」

穂乃果「うん ワキとか首筋とか、もうお腹ちぎれそうだった…笑い死にってやつがリアルな感覚を伴って近づいてきたよ ホントに」クフウ

ことり「よかったあ もっとヘンなことされてるかと…………う」ガクン

穂乃果「こ、ことりちゃん! そういえば2人のほうがボロボロだよ!汗だくだし、大丈夫なの!?」

海未「とりあえず、あの教室に戻りましょう もう私たちは正直、体力の限界です…」

101: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:32:30.07 ID:gasOg+Jg0
教室

穂乃果「」グタァー

海未「」グタァー

ことり「」グタァー

穂乃果「さすがに今日はもう終わりだよね…」

海未「このまま寝てしまえますね…」

ことり「寝心地は最悪なのに、ぐっすり眠れそうだよ…」

ガララ

希「寝てる暇はないでぇ 次は講堂に集合やー」

ことほのうみ「「「そんな、ばかな………」」」

102: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:00:45.72 ID:gasOg+Jg0

 ____________________だって、可能性感じたんだ

穂乃果「ウッヒャッヒャwwwwwwwそれはwwwずるいってばぁwwwwwwwww」

デデーン

 ____________________そうだ…ススメ!

海未「クッフッフwwwwwむ、無理ですっwwwヒフッwwwwwwww」

デデーン

 ____________________後悔したくない 目の前に…

ことり「アヒャヒャヒャヒャヒャwwwwwwwヒーwwwヒーwwwwフッヒッヒッヒッヒwwwwwwwwゲホwゲホォッwwwヒーッwwwww」

デデーン

 ____________________僕らの、”道”がある!

105: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:04:47.38 ID:gasOg+Jg0

04:50

チュン チュン アサチュン

穂乃果「…………」コクッ コクッ

海未「…………」フラフラ

ことり「…………」ボー

ガララ

希「よう頑張ったなー3人とも これから学園を出るでー 準備しいやー」

海未「ああ…やっと」

ことり「終わったんだね…」

穂乃果「帰れるんだ…!」

106: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:06:40.14 ID:gasOg+Jg0

希「さあ、この校門を越えれば特訓は終了や 最後に皆で学園に向けて感謝の気持ちを示そうやないか」

ことほのうみ「…………」クルッ

ザッ

理事長「お疲れ様 よく頑張ったわね、皆」

ことり「あ、おかあさん…」

理事長「娘と、その友達の一生懸命な姿 しっかり見させてもらったわ… 本当にアイドル活動、頑張ってるのね」

海未「理事長…」

理事長「これからも、音ノ木坂を支えていってね?μ’sの皆…」ニコッ

穂乃果「はいっ、がんばります!任せてください!」

デデーン 『親鳥、タイキックー』

ことほのうみ「」

107: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:08:21.24 ID:gasOg+Jg0

デンデケデンデケ

理事長「ああっ もう私、若くないのにっ ちゅーーーーーんっ!」ズドポォン!

海未「…………くっ、くふふっ」

ことり「ふふ、ふふふ」

穂乃果「~~~~~~~~っ! あはっ」

ことほのうみ「「「あっはっはっはっはっは!」」」

デデーン 『全員、アウトー』

おしり

108: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:38:57.82 ID:gasOg+Jg0
 どんなときもぐっと

  可笑しいけど 笑い はこらえよう

  可愛くても ニヤケ はこらえよう!(笑っちゃダメよ)

  噴き出しそうに なるんだ

  黒歴史 希ネタ

  笑わせないでよね ホント

  本気の(グッw) 仕掛け(ブッフォw)

  明日が(パン!) 来ない(イタイ!)

  それはヤバいよ タイキック

  たまには ゆっくり 君とのごはん

  仲良し 友達 ささやかケンカ

  あのコを 救うため! 全力でね(逃げ回ろうよ)

  気分が 晴れて 大声で 笑いあうよ

 
  どんなときだって 笑えば 叩かれる

109: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:40:50.40 ID:gasOg+Jg0

一ヶ月後 音ノ木坂学園

ファン1「ねえねえ、最近のμ’sのライブ見た?」

ファン2「あたしこの前のライブ見たー!なんか前より雰囲気がプロっぽくなってた!」

ファン3「わかる!私が見に行った時ね、機材トラブルがあったんだけど…誰も動じてなくって、カッコよかったなあ~」

ファン1「そうそう!どんなときでも笑顔を絶やさない、それでいて冷静だって今スクールアイドル界で評判になってるもの!」

ファン「「「μ’sってスゴーイ!」」」キャーッ

おわり

穂乃果「笑ってはいけない音ノ木坂」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401035394/)

2: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 01:33:18.20 ID:OzR66H940
一週間前

にこ「アイドルたるもの、表情は常にコントロールできないといけないわっ!」

真姫「どうしたのよ いきなり」

凛「まためんどくさいにこにこにー練習とかやらされそうなノリにゃ!」

にこ「めんどくさいいうな! いい?わたしたちはアイドル…観客の前で感情のまま一喜一憂してしまうのは三流よ!」

希「まあ、確かになあ」

花陽「でも皆ライブにも慣れてきたし…そういうところは大丈夫なんじゃないかな?」

にこ「甘い!ガムシロで溺れたてのチョコラテより甘いわ!試しに穂乃果!真顔になりなさい!」

穂乃果「はいっ!」キリ

海未(かわいい)ニヤッ

にこ「あ、ポッキー余ってた あげるわ穂乃果」

穂乃果「え、ほんとう?」ニヘラ

ことり(かわいい)ニヤッ

にこ「アウトおっ!皆見たカシラ!?これがμ’sの現状よ!これではプロとは言えないわ!」

絵里「うーん ちょっと極端な気もするけど」

にこ「よって、特訓よ!手始めにそこのニヤケ面の2年3人組からね!」

海未「え!?私もですか!?」

ことり「わ、私にやけてたかなあ?」

穂乃果「さっきのはズルいよ!異議を申し立てるよ!」

希「やるならとことんやね 協力するでにこっち!」

絵里「と、突然ノリノリね」

真姫「凛の言うとおり 面倒なことになったわね」

凛「でも凛たちは今回巻き込まれないですみそうにゃ」

花陽「そうかなあ…?」

にこ「とりあえず今日は解散!2年生はさっさと帰りなさい!」

4: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 02:20:30.24 ID:OzR66H940
下校中

穂乃果「特訓って何するんだろうねえ」

海未「穂乃果はともかく、そこまで表情豊かでない私には必要ない特訓だと思いますが」

穂乃果「穂乃果も真面目にやるところでニヤニヤしたりはしないよっ」

ことり「あはは…ん?メールだ」ファイトダヨ!

海未「私もです」ファイトダヨ!

穂乃果「誰だろ?」ブーン

5: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 02:28:55.05 ID:OzR66H940
にこ【今日から一週間部活は休み 特訓は来週土曜 朝の5時に穂むら前に集合】

海未「練習休み!?」

穂乃果「朝の5時!?」

ことり「驚く所そこ?でも確かに早いね…」

海未「何を考えているのでしょう 練習を一週間も休みにするなんて」

ことり「それだけしっかり準備するってことかな?特訓のために」

穂乃果「とりあえず一週間は3人で自主練しておこうよ!神社とかでさ」

6: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:30:45.17 ID:OzR66H940
一週間後 穂むら前

穂乃果「ね、ねむいー…」

海未「おはようございます 今日もいつも通りかわいいですね穂乃果」

ことり「おはよう ねむたげな顔がカワイイね、ホノカチャン!」

穂乃果「二人とも早いなあ もう来てたんだね」

海未「何を言ってるんですか 既に時間ギリギリですよ?」

ことり「あれ、リムジンがきたよー」

ほのうみ「「は?」」

キキーッ

7: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:36:48.90 ID:OzR66H940
希「やあやあ3人とも おはようさん」ガチャ

穂乃果「ええぇ 希ちゃん、お金持ちになっちゃったの?」

海未「なんだか胡散臭い司会者みたいな恰好をしていますね…」

希「ウチの恰好はええわー それよりなんやお前らーその格好はー」

ことり(お、おまえら?)

希「まず穂乃果ちゃん!アイドルグループのリーダーともあろうものがそんな色気もへったくれもないジャージ姿でー」

穂乃果「だ、だって特訓っていうから」

希「ほんでガチレズ二人!なんやそのいかにも勝負服です!みたいな過剰なおめかしはー」

海未「せっかく休日に穂乃果と会うのですから…」

ことり「ここで魅せておかないとって…」

希「そんなカッコで今日の特訓を乗り越えられる思とるんかー 片腹痛いわー」

海未(何なんですかそのノリ…)

希「今日のお前らに相応しい服装を用意したったわー そこのボックスでおのおの着替えを済ませてくれー」

穂乃果「いつの間にこんなものが!?気付かなかったよ!」

8: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:45:43.97 ID:OzR66H940
着替え中

希「そろそろええかな?まずはことりちゃんから出てきてもらおかー」

シャッ

ことり:メイド服「こ、これが今日のわたしの服装なの?」

希「おおー 秋葉原が誇る伝説のメイドこと、ミナリンスキーちゃんの降臨やなあ さっすが似合うとるでぇ」

ことり「うぅっ」チュンチュン

希「それじゃあ海未ちゃんにも出てきてもらおかー」

9: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:47:45.77 ID:OzR66H940
シャッ

海未:剣道防具「……」

ことり「ええぇ…」

希「剣道経験者だけあって貫禄あるなあ 威風堂々とした佇まいやでえ」

海未「それはコミックス版の私です…というかこれ新品じゃないですよね ちょっとにおいが…」

希「これは剣道部から使われなくなった面以外の防具を戴いて手直ししたもんやからなあ いくら最強のスポンサーがついとるからいうても無駄遣いは良うないからな」

ことり「スポンサー?」

希「この番組は西木野スポンサーの提供でお送りしておるんや」

海未「うわぁ…なるほど しょっぱなからのリムジンといい、お金かけてそうですね」

希「ラストはリーダーや 出てきてもらおかー」

10: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:51:28.51 ID:OzR66H940
シャッ

穂乃果:犬耳旧スク水ニーソ「」

ことうみ「「!?!?!?!?!?!?!?!?」」グッ

希「流石は我らがリーダー穂乃果ちゃんやなあ あざとすぎるこの恰好をばっちり着こなして我が物にしとるでえ」

穂乃果「お、おかしいよ…二人のカッコもおかしいけど 穂乃果のは明らかに度を越しておかしいよ…」

海未「いえ、全然まったくどこをとってもおかしくありません」ブハァッ

ことり「うん 何もヘンなとこはないよっ ホントホント」ブハァァ

希「あー、特訓が始まったらそのニヤケ面もアウトなんやで?お二人さん さぁ、そろそろ特訓のルールを説明しよかー」

穂乃果「大丈夫!?二人とも、鼻血が… て、ルール?」

12: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 03:55:00.98 ID:OzR66H940
希「せや 今日はこのルールに則って一日を過ごしてもらうで」

希「まず、特訓が始まってから終わるまで3人は絶対に笑ってはいけない これが今日の特訓のメインともいえる大原則や」

希「笑ってしまったときは、その都度罰ゲームを受けてもらう 今日配った衣装に笑いorニヤケを感じ取るセンサー的な装置と笑ってしまったことを伝えるスピーカーが取り付けてある」

希「そして今から3人は音ノ木坂学園へ向かい、明日の午前5時まで過ごしてもらう」

希「まあ他にはおいおい説明していくわ おおよそこんなところやな」

13: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:00:17.15 ID:OzR66H940
穂乃果「明日の5時って相当ハードじゃん!」

ことり「ば、罰ゲームって何?」

海未「そして肝心の特訓とは、ただ3人で過ごすというだけのことなのですか?」

希「まあ、行ってみればわかるよー じゃあウチは先に学園のほうに行くから、ここから特訓開始やで?」

希「笑ってはいけない音ノ木坂、スタートや!」バタン ブオーン

ことほのうみ「…………」

14: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:03:46.36 ID:OzR66H940
回想終わり

ことり「ついに始まっちゃったね」

穂乃果「楽しみでもあったんだけど…罰ゲームかあ ちょっとこわいよー」

海未「ううっ やっぱり私までやる必要はないと思うんですが」

穂乃果「でも行かなきゃ始まらないね!とりあえず学校にいこう!」

15: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:07:10.88 ID:OzR66H940
05:30

ことり「あれ?あのリムジン」

穂乃果「希ちゃんが乗ってたやつみたいだね」

海未「どうしたんでしょうか?学校はまだ先なのに…」

ガチャリ

希「おかしいなー、パンクしたみたいや」

希「どれどれ…でも何かが刺さってる感じでもないなあ 尖ったものを踏んだわけじゃなさそうやんな」

16: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:10:02.82 ID:OzR66H940
穂乃果「大変!困ってるみたいだよ!おーい希ちゃ」

ガチャ

運転手「なにか異物は見つかりましたか?」ジェントルメン

希「いや、何もないんです でも普通に移動してる時もなんだか動きにぶかったし…もともと空気抜けてたんとちゃいますか」

運転手「そうですか… あの、失礼ですが希様 ひとつお尋ねしてもよろしいでしょうか?」

希「はい?かまいませんけど」

運転手「実は…わたくし、原因には心当たりがあるのです」

ことほのうみ「………?」

運転手「あの、希様の体重はいったい何kgなのでしょうか?」

穂乃果「!?ブフッwwwww」

海未「クッ!wクフwwww」

ことり「フッフフwwウフッwwwwwww」

デデーン 『全員、アウトー』

穂乃果「アウトって、 うわあ!誰か来t痛ぁい!」ズパーン!

海未「なんですかこの黒い、嫌あっ!」スパァン!

ことり「ピイッ この人なんだかゴッツい、っちゅん!」ドパン!

17: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:14:32.56 ID:OzR66H940
希「今の通り、笑ってしまう度におしりをシバかれる これがこの特訓の罰ゲームや」

海未「そ、そんな…」ヒリヒリ

穂乃果「ふつーに痛かったよ…」ヒリヒリ

ことり「ことりを叩いた人やたらデカかったよう」ジンジン

希「笑うとどうなってまうかわかったやろ?ほな、がんばってやー」バタン ブーン

穂乃果(車走れたんかい)

18: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 04:17:41.84 ID:OzR66H940
ことほのうみ「…………」

海未「なるほど なんとなくわかってきましたね」

ことり「今後もこんな風に、μ’sの皆が笑わせにくる…」

穂乃果「それに耐えつつ、明日を迎えるのが特訓ってことだね」

海未「しかしさっきのネタから考えるに、かなりガチで笑わせにきますよ」

穂乃果「まだ学校に着いてもないのにね」

ことり「とりあえず、私たちも行こっか?希ちゃん先に行っちゃったし」

23: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:34:22.40 ID:OzR66H940
穂乃果「あれ?アライズのツバサちゃんじゃない!?」

海未「本当…誰かと話していますね んん?」

ことり「にこちゃんに凛ちゃんに絵里ちゃんだー」

海未(偶然?いや…もしかして)

24: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:46:45.57 ID:OzR66H940
ツバサ「μ’s…あなたたちとはぜひ会ってお話したいと思っていたの」

にこ「照れるわね!アライズから意識されているなんて光栄の極みだわ!」

凛「すごいにゃー!」

絵里「でも、どうして?何か私たちと接点でもあったかしら」

ツバサ「ふふっ 接点なんて無くても注目しちゃうわ」

25: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:53:01.74 ID:OzR66H940
ツバサ「ロシアで数々の結果を残した元天才バレリーナに」

絵里「!」

ツバサ「全国レベルといっても過言ではないほどの運動神経とバネを持つ子」

凛「え、凛のことかにゃ?」

ツバサ「そして…」

にこ「……」ワクワク

ツバサ「えっと…」

にこ「…………」ワクワク

26: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 17:59:19.54 ID:OzR66H940

ツバサ「………………い、いつもお花をありがとうね!」

にこ「ガーン!」

穂乃果「プッフゥwwwwwこ、これってwwウフwww」

ことり「ツッフフwwwwwwヒフゥwwwwwwwww」

海未(やっぱり!)

デデーン 『高坂、南、アウトー』

ことり「ご、ごついよう、ピィ!」ドパン!

穂乃果「あっ、ごめんなさ、ぁんっ!」ズパーン!

ことうみ「「!!!!」」

穂乃果「お、おしりがぁ…」ウルッ

ことうみ(えろい)ニヘッ

デデーン 『園田、南、アウトー』

海未「そんなぁ、ぅひぃん!」スパァン!

ことり「今のも駄目なの、ちゅんっ!」ドパン!

27: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 18:23:50.05 ID:OzR66H940

穂乃果「い、いつの間にか皆いなくなってる」

ことり「アライズまで協力してるなんて…」

海未「予想以上ですね これは本当に気が抜けません」

28: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:13:27.99 ID:OzR66H940
06:00 音ノ木坂学園

穂乃果「やっと学校だよ~」

希「お前ら遅かったなー もうちょいで遅刻になるとこやでー」

海未「なんだか既に疲れが…着いたばかりだというのに」

希「”着か”へんうちから”疲”れがーってかー おもろいやんなー、はっはっは」

穂乃果「」

海未「」

ことり「クッ」プルプル

希「ほなー、我らが学園の理事長さんとこにアイサツしに行こかー」

ことり「え?おかあさんも参加してるの?」

希「この特訓を行うにあたってなー 学園を貸し切り状態にしてもらっとるんやー そこを自分たちの都合で使わせてもらうんやから、一言ことわっとかんとなー」

海未「フム…そういったところはきちんとしているのですね」

穂乃果「あっさり言うけど学園貸し切りって」

希「ついてきぃやー」

29: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:16:31.45 ID:OzR66H940
理事長室前

コンコン

希「理事長 学園の使用許可を求める生徒をお連れしました」

???「入りなさい」

ガララ

ことり(あれっ、あの後ろ姿はおかあさんだよね?でもさっきの声って)

希「さあ、自分たちで要件を伝えてお願いするんや」

穂乃果「あの!今日と明日スクールアイドルとしての特訓を行いたいので、学校を使わせてください!お願いしますっ理事長!」バッ

理事長?「特訓?学園を…?」

クルッ

絵里:親鳥カツラ「認められないわぁ」ドヤチカッ

穂乃果「!!」

海未「!ッw」

ことり「ブフォッwwwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

ことり「うえっ!?わたしだけぇ!? あうっ!」ドパン!

30: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:19:27.05 ID:OzR66H940

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「…………」ウウッ

希「そこをなんとか…おねがいできませんか」

絵里「しかたありませんね 許可しましょう」フウ

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「…………」

絵里「………………学校の許可を、認めましょう」ドヤチカァ

穂乃果「フフッwwwww」

海未「グクッwww」

ことり「フッwwwwフッフwwwwwww」

デデーン 『全員、アウトー』

海未「なんで笑っちゃうんですか穂乃果ぁ!いぃッつ!」スパァン!

穂乃果「だってぇ、んう!」ズパーン!

ことり「つられちゃうよぉ、ぃひゃいっ!」ドパン!

絵里「…………」

希「ほなー 理事長の許可も得られたことやし、そろそろ行こかー」

31: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 19:27:21.08 ID:OzR66H940

穂乃果「失礼しましたぁー…」

希「ほんなら今から控え室に行くでー ついてきやー」

海未「控え室?」

希「3人のいつもの教室や 特訓中は基本的にそこで待機やから」

穂乃果「えぇ~教室で待つって暇そうだなあ」

33: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 20:09:22.36 ID:OzR66H940
2年教室

ことり「うわあ…すごーい」

穂乃果「おおー!なんだか本当に控え室って感じ!」

海未「机や椅子の配置も変えて、テレビに冷蔵庫にあれは…ティーセット?無駄にこだわりを感じますね」

希「自分らの席はわかるやろ?連絡があるまではここで待機しといてやー ほな」ガララ

穂乃果「行っちゃった」

海未「とりあえず、一息つけるということでしょうか」フーッ

ことり「疲れちゃったし座ろう? あ!痛ぁ!おしりがいたいよっ!」ガタァ

穂乃果「穂乃果も水着一枚でしか守られてないから…おしりがダメージをほとんどダイレクトに吸収してるよぅ」

海未「まあ、よくわからない黒くておっきな棒で叩かれるだけなのは吹き矢でお尻を狙われるよりマシだと考えましょう」

穂乃果「吹き矢?」

海未「例えですよ、例え」

ことり「それにしても…笑わないように我慢するのって大変だね」

海未「この笑ってはいけない状況というのが更に笑いを引き出す要因になってますよね」

穂乃果「わかるわかる!静かにしなきゃいけない時とか先生から真剣な話しをされてる時に笑いをこらえるのタイヘンだもんね!」

海未「特訓はまだ始まったばかりです…!気を引き締めていきましょう」

ことほの「「おー!」」

34: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:33:01.81 ID:OzR66H940
08:00 教室

穂乃果「うー!やっぱり暇だよぉ~」グター

ことり「なぜかテレビも点かないもんね… わざわざ置いてあるのに」

テレビ『理想のアイドル像~!』ジャーン

穂乃果「わあ!びっくりしたあ」

海未「今、勝手に点いたんですか!?」

凛『うーん 凛はスクールアイドルになったけど、まだアイドルっていうのがよくわからないにゃあ』

ことり「凛ちゃんがでてるよー」

穂乃果「ええー!メジャーデビュー!?」

海未「撮ってあったものを流しているんでしょう」

35: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:35:21.11 ID:OzR66H940
花陽『ふふふ それなら教えてあげましょう!アイドルとはどうあるべきなのかを、この花陽が!』

凛『おおっ!米とアイドルのこととなれば例え火の中水の中、もう一人の自分の人格が暴れだしちゃう中二系アイドルオタク、かよちんじゃないかにゃ!』

花陽『私の口からそれはもう丁寧にアイドルのなんたるかを長々と語り倒してもいいんだけど、やっぱり百聞は一見に如かず!』

凛『うんうん!ややこしい説明は嫌にゃ!』

花陽『ということでー、これぞアイドル!と言える人を撮ったVTRを用意しました!』テーン

凛『なるほどー!その人を参考にすれば、アイドルがどんなものかが理解できるってことにゃ!』

花陽『イグザクトリー!では、VTRぅーっ、S.T.A.R.T!!』

パッ

海未:VTR『みんなのハート、うちぬくぞ~!ばーん☆』

海未「!?!?!?!?!?!?!?」

穂乃果「え」

ことり「え」

36: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:40:26.79 ID:OzR66H940

海未:VTR『ラブアローシューートっ☆』

海未「きゃあああああああああああああああああ!!!!!」メツブシ

ことほの「「ぎゃあああああああああああああああああ!!!!!」」ブスー

穂乃果「う、う、海未ぢゃ…?」プルプル

ことり「目が!あぁ、目がぁ!!」ゴロンゴロン

海未「オヤ、目にゴミでも入ったんですか2人とも それより…」ガッ

ことほの「「ひぃ!」」ビクー

海未「見て、ませんよね?2人は何も見ていませんよね?そうですよね?」グググ

穂乃果「…………」

ことり「…………」

海未:VTR『らららら~ん ジャーン! みんな、ありがと~♪』フリフリ

穂乃果「う、うん!見て、ないよっ、クフwww何にも! ねえ、ことりちゃん!フハッwwwwww」

ことり「もちろん!何にも見えなかったよねホノカッファアwwwwwwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

海未「ワアアアアアアアアアアアアアァァァァァ!!!!!!!!」

37: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:43:36.38 ID:OzR66H940

穂乃果「いたた、もぅ~ やっと終わったよ」ヒリヒリ

ことり「叩く人固定なのかなあ ことり係のあの屈強なひと変えてほしいよ…」ジンジン

海未「あああああぁぁぁあぁぁぁぁぁ…………もうやだぁー アイドルやめるー ウミチカおウチかえるうぅぅ」エーン

穂乃果「うぅ、ごめんね?でも気にすることないよ!穂乃果だって1人で振り付けの確認とかやるし!」

海未「今はほっといて下さい…」グス

ことり「そうだよ!それにすっごく可愛かったよ!海未ちゃん!」

海未「ことりは穂乃果の二倍は叩かれてましたね?」ジロッ

ことり「ご、ごめんなさい」

穂乃果「テレビも笑いの刺客だったんだねえ 気が休まらないよー」

38: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:51:26.12 ID:OzR66H940

ガララ

絵里「どう、頑張っているかしら?」

ことり「絵里ちゃん! いや、理事長なのかな?」

絵里「そこはお任せするわ それより調子はどう?おしりがふたつに割れちゃったりしてない?」

穂乃果「いや、えっと…」

絵里「厳しい特訓に挑むあなたたちのために、特別なお医者様をお招きしてあるわ とりあえずで良いから一度保健室に顔を出してきなさいな」ガララ

穂乃果「これは行けってことだよねー」

ことり「うん…でも」

海未「明らかに罠…というか、笑いの仕掛けが用意されていますね」

穂乃果(あ、復活した)「でも特訓だし、行かなくちゃ!」

39: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:56:08.13 ID:OzR66H940
保健室

穂乃果「失礼しまーす」ガラッ

真姫:ナース服「アラ、いらっしゃい ごめんなさいね 今患者さんが多くて…」

海未「あぁ、いえ お構いなく」

真姫「えぇと、星空凛さん 星空凛さーん」

凛「はいにゃー」スッ

真姫「今日はどうされましたか?」

凛「なんだか熱っぽくて…せきも出るし食欲もなくって…」

真姫「なるほど、おそらく風邪ですねー 服をまくってお腹を見せて下さい」

凛「はいにゃ」ペロン

真姫「うん、お胸からお腹にかけてのぺったんラインが素晴らしいわ すぐに良くなりますよ」

凛「よかったにゃー」

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「…………」

40: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 22:58:45.55 ID:OzR66H940
真姫「お薬処方しておきますね それでは次のかたー 東條希さーん」

希「はい」スッ

真姫「今日はどうされましたか?」

希「なんだかお腹が大きくって…食欲も収まらないし」

穂乃果「グwwwwフククwwwwww」

海未「ッw……」

ことり「フヒッwwwヒグクッwwwフwwwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

穂乃果「うあ!」ズパーン!

ことり「ピィ!」ドパン!

海未「…………」

41: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 23:03:26.26 ID:OzR66H940

真姫「なるほどー、服をまくってお腹を見せてください」

希「はい」ペロン

真姫「む、これはいきなりすぐに治すのは無理ですね 治療するにも段階を踏まないと…3段腹だけに」

穂乃果「ブファwwwwwもうwww」

海未「クフwwクwwww」

ことり「ボフゥwwwwヒャッヒャッヒャwwwwww」

デデーン 『全員 アウトー』

穂乃果「勘弁してぇ、ぅいっ!」ズパーン!

海未「うぅ、ったあ!」スパァン!

ことり「おなか苦しいっ、くう!」ドパン!

42: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 23:07:19.43 ID:OzR66H940
真姫「昨日は何を食べたか覚えてますか?」

希「焼き肉です 1人で」キリ

穂乃果「誰ととかwwww訊いてwwwwwないよwwwwwwwwフヒャヒャヒャヒャwwwwwwwwww」

海未「~~~~ッ!www」

ことり「ヒャーwwwwwwwヒーッwwwwwwヒーッwwwwwwwwwwヒフーッwwwwwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

穂乃果「ホントにも、うぅっ!」ズパーン!

ことり「ひぃ、ひぃ、ひう!」ドパン!

海未「」プルプル

真姫「治療計画を記した処方箋を出しますので頑張ってくださいね」

希「はい」

真姫「あら、もうこんな時間?イミワカンナイ! 今日はここまでしか診れないわ 三人とも、悪いけど今日のところはもう戻ってくれる?」

43: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/26(月) 23:09:18.89 ID:OzR66H940

海未「失礼しましたー…」ガララ

穂乃果「希ちゃんネタはダメだー 強力すぎるよっ」

ことり「海未ちゃんは結構耐えてるね?」

海未「そういうことりは相当なゲラですね…この先大丈夫ですか?」

45: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 18:57:33.31 ID:0z4ZHmoI0
10:00 教室

穂乃果「たーだーいまー」ガラッ

海未「ふふ 穂乃果ったら」

穂乃果「なんだかんだここには安心感があるよ!あれ?何か置いてある」テテテ

ことり(はっ!?アレは!見るのはマズイよ…!)サッ

海未「なんですか、それ?」

穂乃果「わんちゃん手袋だね!これこーやって付けて、わうーん!なーんちゃって えへへ」アラブルテンシノポーズ

海未「もう悔いはありません」ブッハァァァ

デデーン 『園田、アウトー』

穂乃果「えええええええええええ!?」

ことり(見たい…………)

46: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:08:01.78 ID:0z4ZHmoI0

海未「本当に色々と手が込んでいますね…むしろよく一週間でここまで準備したなと感心しますよ」

穂乃果「よく見ると細かいところにも笑わそうとする小ネタが仕掛けてあるからすごいよ」

ことり「廊下のポスターとか掲示板とかね」

海未「ことりはそういうのもしっかり見つけては笑ってますから、仕掛けたほうもきっと本望でしょうね…」

ことり「見つけたいわけじゃないのにぃ」チュンチュン

47: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:30:16.00 ID:0z4ZHmoI0
デデン!

テレビ『最強バラエティ!立ち向かうアイドル編!』バーン

穂乃果「わあ!またテレビが!」

海未「ああああああああああ」ガクガク

ことり「そして海未ちゃんのトラウマが…」

48: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:32:24.94 ID:0z4ZHmoI0
真姫『こんにちわ!今日もお茶の間にハードな刺激をお届けデリバリー!本日の主役はこのお方でーす!』

にこ『にっこにっこにー!皆のアイドル、矢澤にこにこ!この番組ではにこがアイドルとしてどんな壁をも乗り越えて行くために、様々なシチュエーションに対応していくにこっ!』

真姫『いやあー素晴らしい意気込みだっありがとうございます!期待の新人、是非とも頑張っていただきたい!ゲストのみなさんはどうですかー?』

絵里『あのにこさんを生で見れるなんて、感激です!』

希『私たちの世代の憧れですからね、私も感動ですー』

真姫『そしてー、今日はバックダンサーのお二人にも同席していただいておりますよー!』

花陽『ど、どうもー』

凛『精一杯にこちゃんをサポートするにゃ!』

49: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 19:46:59.74 ID:0z4ZHmoI0
真姫『ありがとうございます!それでは準備していただきましょう!みなさんこちらの画面をご覧ください!』

絵里『ハラショー… これは、水槽?』

真姫『その通り!別室に用意されたこの水槽にアッツアツの熱湯を入れ、その中ににこさんに飛び込んでいただきます!さあ、準備はよろしいですか?』

にこ『おっけーにこ♪て、ンなわけないでしょ!誰がリアクション芸人よ!こんなんアイドル活動と全く関係ないでしょーが!』

真姫『そうはいっても…やはり何事にも不測の事態は訪れますし、そういった壁も乗り越えていただきたいと』

にこ『無理よ!アイドルよ?女の子よ?顔にヤケドでもしちゃったらどうすんのよ!こんなトコでアイドル生命絶たれてたまるか!』

真姫『ヴェエエ、困りましたねー、まさか拒否されてしまうなんて このままでは番組が成り立ちません』フウ

凛『しょうがないにゃ…こんな時のために凛がいるにゃ 他ならぬにこちゃんのため!かわりに凛が行きます!』ハイッ

花陽『そ、そんなのダメぇ!それなら私がかわりに!』ハイッ

絵里『尊敬するアイドルのピンチ…にこちゃん達のためならこの身、惜しくないわぁ!』ハイッ

希『えりちにそんな無茶させられへん!ウチがかわりに行くべきです!』ハイッ

にこ『み、みんな…!じゃあ、にこが』ハイッ

りんぱなのぞえり『『『『あ、どうぞどうぞ』』』』ススッ

にこ『コラァ!』

ことり「プフウwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

ドパン!<ピィ!

穂乃果「これは展開読めたね」

50: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:06:20.71 ID:0z4ZHmoI0
真姫『それでは、別室へ移動おねがいします!』

にこ『ぐう、じゃあ凛ちゃん!ついてきなさい!』

凛『わかったにゃ』

真姫『さあ、準備が整いました!にこさんいつでもどうぞ!』

にこ『いつでもって、まだお湯入れたばっかじゃないのよ!もうちょっと待ちなさいよ!』プルプル

真姫『さあさあ!冷めないうちに!』

にこ『くうっ、でもこのままじゃ落ちてしまうのも時間の問題!いい!?凛ちゃん、絶対押すんじゃないわよ!』プルプル

凛『了解だにゃー!』スゥー

にこ『絶対よ!絶対だから!』プルプル

凛『はいにゃー!』ドーン

にこ『ああ!』ドポーン

にこ『きゃあー!熱いー!…って、つめた!ちょっと真姫ちゃん!温度の調整ミスでしょこれ!こんな冷えてたら逆にリアクションとれないわよ!撮り直しよ、もう!』ザパー

ことほのうみ「?」

51: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:09:34.26 ID:0z4ZHmoI0
にこ『ねぇ、真姫ちゃん聞いてる?冷ますにも適温ってものg(ズルン ドシャア)痛あっ!!!』

ことほのうみ「!」

にこ『おしりうったぁ!なんなのよもぉ!』グッ

ヌルッ ゴイン!

にこ『っつ~~~~~~っ!こ、これローションじゃない!うあ、た、たてな、ひゃあ!?』ゴチ

穂乃果「フッヒャッヒャwwwwwこ、こじか!wバンビみたいになってるうwwwwww生まれたてwwwwwww」

海未「クッフwwwwバンビてwwwwwwwwフッフフフwwwwww」

ことり「ホノカチャwwwwwやめてぇwwwヒャッヒャッヒャッwwwwwwヒーッwwwww」

デデーン 『全員、アウトー』

穂乃果「今のは不意打ちだよ、くふぅ!」ズパーン!

海未「穂乃果笑わせないでください、んぁ!」スパァン!

ことり「おなかもおしりも、痛いぃ!」ドパン!

52: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:32:48.47 ID:0z4ZHmoI0

にこ『ちょっとぉ真姫ちゃん!あれはヒドいんじゃない!?』

真姫『何よぅ、良いリアクションとれたじゃない』

にこ『ローションなんて聞いてないわよ!台本と違うじゃない!』

花陽『だ、台本って言っちゃだめだよぉ』アセアセ

真姫『結果オーライでしょ それに発案者は希よ』

にこ『でも知ってたってことじゃない!にこに黙ってるなんて!』

真姫『言ったら意味ないじゃない!ばかじゃないの!』

にこ『なんですってぇ!』ググッ

真姫『なによぉ!』ググググ

にこ『…………』グ…

真姫『…………』グ…

にこ『…………マ、マジにやるの?』ボソボソ

真姫『あっちでみんなが急かしてるのが見えるわ!もぉヤるしかナイジャナイ!』ボソボソ

にこまき『『……………………………………ン、ンーッ』』チュ

にこ『うああああああああああああああうっ!』カー

真姫『かっ、カメラをとめろぉおおお!!!!』カー

キャー ワー ガッシャアァ ザー

ことほのうみ「………………」

53: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/27(火) 20:36:29.81 ID:0z4ZHmoI0

穂乃果「わ、わあー…」

海未「うまいことやりましたね、にこまき…」

ことり「イヤイヤさせられてる感を出しながらの公認公開きす…うらやましいちゅん」

ことうみ((もし私たちが笑わせる側だったら…))チラ

穂乃果「?」

ことうみ「「ふへへ♪」」ニヨッ

デデーン 『園田、南、アウトー』

穂乃果「えええっ なんで?」

スパァン ドパン

56: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:19:53.07 ID:izWAqrQi0
12:00 教室

穂乃果「もうお昼だねー お腹すいてきちゃった」グゥ

ことり「ほのかちゃん、お昼ご飯持ってきてないの?」

穂乃果「うん 準備する時間なかったしね どーしよう…」

海未「仕方ありませんね 私のお弁当分けてあげます ちょっと多く用意してあるので気にせず食べてください」

ことり「ことりのも食べていいよ 今日のはサンドイッチだから食べやすいよ」

海未「では私とことりのお昼を3人で食べましょうか」

穂乃果「さんせーい!2人ともありがとう!」

57: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:22:40.55 ID:izWAqrQi0

海未「うーん、ちょっと私のはおかずメインなのでご飯が足りない感じがしますね」

ことり「サンドイッチもどっちかって言えばおかず寄りだし…花陽ちゃんがいたらおにぎりとか出してくれそうなんだけどね」

穂乃果「あっはっは!そんな、花陽ちゃんをおむすびマシーンみたいに!          あっ」

海未「…………」

ことり「…………」

穂乃果「…………」

ことり「クフッwwww」

デデーン 『高坂、南、アウトー』

穂乃果「素で笑っちゃった、あう!」ズパーン!

ことり「無言の間はやめ、てぇっ!」ドパン!

58: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:26:51.05 ID:izWAqrQi0

穂乃果「ふぃー、おなかいっぱいだよー」グテェ

海未「食べた直後だらけるのは良くないですよ」

穂乃果「いいじゃーん ん?なんだろ 机のなかに…」ゴソ

スッ

つ[希と力士のコラ写真パネル]ハーッドスコイ

穂乃果「ブフォwwwwwwww」

デデーン 『高坂、アウトー』

海未「どうしました!?」

ことり「何があったの?」

穂乃果「はい」つ[希と力士のコラ写真パネル]ハアァーッドスコイ

海未「!!!!wwwwww」

ことり「フッハwwwwwクヒヒwwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

穂乃果「希ちゃんネタは、らめぇ!」ズパーン!

ことり「破壊力高すぎだよぉ、うぅ!」ドパン!

海未「wwwwwwwブフッwwwwあぁ!」

デデーン 『園田、アウトー』

海未「無念で、すぅ!」スパァン!

59: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:30:29.95 ID:izWAqrQi0
穂乃果「うう、何があるかわかんないよ…」

ことり「このパネルは封印しとこうね」ポイス

海未「机の中、ですか…」ウズ

海未「…………!ここにも、何かが…」ゴソ

海未「こ、これは!?」

穂乃果「どうしたの?」

海未「いいぃいいいいえぇ何でもないです!何でも!」サッ

海未「ことり!ことり!」ボソボソ

ことり「どうしたの?」チューン

海未「見てください」スッ

ことり「こ、これは!ホノカチャンフィギュア!?しかもこのクオリティは!」

海未「声が大きいですよ!ことり!」ヒソヒソ

ことり「ご、ごめんね でも本当によくできてるよ」ヒソヒソ

海未「ええ、穂乃果の可愛さを十二分に再現できています そして何よりも…」

ことり「衣装が…」

ことうみ「「スカート…!」」

ことり「この再現率でホノカチャンのwonder zoneが…」

海未「開きましょう ユメノトビラ!」チラッ

ブッシュウウウウウウウウウウウウウウウウ(※CO2ガス&小麦粉)

穂乃果「!?」

60: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:34:49.12 ID:izWAqrQi0
海未「」ボウゼン

ことり「」ボウゼン

穂乃果「ふ、2人ともwww顔がまっしろだよwwwwwwアッヒャッヒャッヒャwwwwwwwww」

デデーン 『高坂、アウトー』

海未「読まれてる…行動を読まれてます………」

ことり「踊らされてるね…完全に掌の上だよぅ」

ズパーン!<イタイ!

ことり「ところで海未ちゃん、さっきのフィギュア」

海未「私の机の中にあったので、私のものです」

ことり「うぅ」チューン…

61: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:35:39.08 ID:izWAqrQi0
14:00 教室

ガララ

希「お前らー大変やでー」

穂乃果「どうしたの?」

希「空き教室でなー、緊急の会議が開かれることになったんやー」

海未「はあ、それで」

希「その会議の議題がなー、アイドルについてなんや ほんで特別にお前らの出席が許可されたんやー」

ことり「アイドルについての会議?」

希「まあ、とりあえず着いてきやー」

62: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:37:38.98 ID:izWAqrQi0
空き教室

絵里「えー、それでは第1回 アイドル報告会を始めたいと思います」

絵里「今回、スクールアイドルμ’sのメンバーについて様々な報告が寄せられております」

雪穂「あ、まず私から良いでしょうか」ハイ

穂乃果「雪穂!?」

雪穂「えっと、みなさんご存じμ’sのリーダー、高坂穂乃果についての報告です」

ことり「ほう」

海未「フム」

63: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:40:16.70 ID:izWAqrQi0
雪穂「彼女はちょっとアイドルとしての自覚が足りないフシがあるんですよ まあそこが良いというところもありますが」

雪穂「この前なんかですね ほら、彼女の家は和菓子屋じゃないですか」

雪穂「もうお客さんが入っている時間だというのに、あろうことか彼女は寝ボケて下着姿のまま店の表のほうに出てきたんですよ」

穂乃果「や、やめてえ雪穂!」

雪穂「誰も気づいていなかったから良かったものの… 今やμ’sはこのあたりでは名の知れたアイドルになっているのですし、そういったところには気を配ってほしいものです」

海未「やっぱり穂乃果は最高です」パチパチパチ

ことり「素晴らしいエピソードだったよ」パチパチパチ

穂乃果「ううぅ~ 何だコレ」カー

64: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:42:52.26 ID:izWAqrQi0
理事長「次は私からよろしいですか」ハイ

ことり「おかあさん!?」

理事長「同じくμ’sのメンバー、南ことりについての報告です」

理事長「今となっては彼女が伝説のメイド、ミナリンスキーであるということはもはや周知の事実なのですけど」

ことり「ちょっと待ってソレおかあさんは知らない設定じゃない!?」

理事長「やはり誰もが最初は初心者と言いますか、彼女もバイトはじめたてのころは失敗ばかりしてまして」

理事長「コケてお客さんの股間に頭突きしたり オムライスにコチュジャンで字を書いたり…所謂ドジっ娘メイドだったわけです」

穂乃果「うわあ なんというか」

海未「絶妙に可愛くないドジをしていますね」

ことり「なんでわれてるの!なんで知ってるの!?」

65: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:45:11.89 ID:izWAqrQi0
理事長「しかも彼女、結構メンタル弱くて…バイト先で何かやらかした日は『勉強に集中するから1人にして』とかいって、部屋でぐっしゃぐしゃに泣き腫らすんですよね」

ことり「だからなんで知ってるのーーーーーーーー!!!!!!」

理事長「今でもアイドル活動で何やら失敗したときはそんな感じなんです まだまだ可愛げのあるお子様ってことですかねぇ」

ことり「う~ ほのかちゃぁん」ウエエ

穂乃果「ありゃりゃ よしよし」ナデナデ

66: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:47:55.27 ID:izWAqrQi0
亜里沙「次は私から 園田海未について報告があります」ハイ

穂乃果(こ、この流れだと…)チラ

海未「」

亜里沙「彼女がこのあいだウチに来た時、部屋で1人になったとたん鏡の前で」

海未「やめてええええええええええええええええええええええええええええええええっ!!!!!!!!」

希「ほな 戻ろかー」

穂乃果「叩かれるより罰ゲームらしい罰ゲームを受けた気分… 笑ってないのに」

海未「」チーン

ことり「もう海未ちゃんのライフは0だよ」

67: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 11:50:38.15 ID:izWAqrQi0
15:00 教室

穂乃果「ただいまぁ」ガララ

希「ほんならまた暫くここで待機や しかしもう3時やなあ オヤツの時間やでー」

希「ほんでなー、ここに一つだけ塩大福があるんや せっかくやからお前らにやるわー」

穂乃果「穂乃果は今そんなにお腹空いてないなあ」

海未「私もちょっと気分がすぐれないので」ドンヨリ

ことり「じゃあことりのおやつにしちゃおうかな あ、おいしい」チュンチュン

希「ほなウチはもう行くわー 頑張ってなー」ガララ

ことり「でもこれ結構大きいな… 半分はあとで食べよう」

70: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:26:46.83 ID:izWAqrQi0

穂乃果「はーっ 休憩だー きゅーうけーい」グテェー

海未「休めるときにゆっくり休むべきですね また急に呼び出されたりするかもしれませんし」

ことり「ちょっとノド乾いちゃった ティーセットがあったよね?」

穂乃果「あ!穂乃果も飲みたい!」

海未「ことり 私の分もいいですか?」

ことり「うん!いいよー えっと、ティーバッグは…」ゴソ

71: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:29:33.38 ID:izWAqrQi0

つ[理事長の鶏ガラ出汁 本人も大絶賛!140円]ピヨォッ

ことり「ブフーwwwwwwwwwwwwwww」

デデーン 『南、アウトー』

ことり「ちゅーん!」ドパン!

穂乃果「どうしたの?」

海未「また何か見つけてしまったんですか」

ことり「うぅ…はい2人とも お茶、なのかな?とりあえず淹れてみたけど」コポコポ

穂乃果「なにこのパッケージ 鶏ガラスープ? また凝った仕掛けだねえ」

海未「でも美味しいですよ なんだか不思議な味ですけど」クピクピ

ことり(ほんとにおかあさんの出汁だったらやだなあ)

72: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:39:24.20 ID:izWAqrQi0

テレビ『ねー、一つだけー、訊いていいー、わたしのこーとー♪』テーテレレー

穂乃果「あっ、またテレビが」

花陽『ああ、凛ちゃん!凛ちゃん!どうしてあなたは凛ちゃんなのっ』

ことり「わあー 花陽ちゃんお姫様みたい」

花陽『日本を出て法の下を離れ、性別をお捨てになって!もしもそれがお嫌なら、せめて私を愛すると、お誓いになって下さい』

海未「ラブロマンス風ですね」

73: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:42:35.59 ID:izWAqrQi0
凛『黙って、もっと聞いていようか?それとも声を掛けたものか?』コソリ

花陽『私にとっての敵とは、あなたの性別だけ!たとえあなたが女性でなくても、凛ちゃんは凛ちゃんのまま…同性婚________それが、どうしたというの?』

穂乃果「うぅ、悲しいお話なのかな」ウルウル

花陽『性別にどんな意味があるっていうの?凛ちゃんが女の子でなくなっても、あの太陽のような笑顔はそのままでいらっしゃるに決まっているわ!』

花陽『凛ちゃん…女であることをお捨てになって そしてその代わりに、私が捧げるあなたへの想いを込めた歌を受け取っていただきたいの』

凛『お言葉通り頂戴いたします 只一言、凛を恋人と呼んで、歌を聴かせてください さすれば凛はすべてを捨てて、あなたと共にいきましょう』バッ

花陽『あぁ…!凛ちゃん!』

海未「くうっ」ホロリ

ことり「素敵だよぅ」ボロボロ

74: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:45:05.91 ID:izWAqrQi0

花陽『嬉しい…私の想いの全て、聴いてくださいっ 告白日和、です!』

ことほのうみ「…………」グスグス

花陽『ねー、一度だけ―、蹴っていいー、あなたのこーとー♪』

デデーン 『南、タイキックー』

ことほのうみ「「「は?」」」

75: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 18:55:15.18 ID:izWAqrQi0
ガララ デンデケデンデケ

ことほのうみ「「「!?!?!?!?!?!?!?!?」」」

ことり「な、なにあれ!何民族!?南って、わたし!?キックって、どういうこと!」

デンデケデンデケ ガシッ

ことり「ピィ!やだあ!助けてえ、2人とも!」

穂乃果「…………!」サッ

海未「…………!」サッ

ことり「あ、ああぁ…?」サーッ

穂乃果(ごめんねことりちゃん…でも)

海未(巻き込まれて、とばっちりを喰らいたくはないのです…)

ことり「うあ、あ、っちゅーーーーん!!!!!」ズドパァン!

デンデケデンデケ ガララッ

77: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 19:10:49.63 ID:izWAqrQi0

ことり「いぃいいい…グスッ、た、たてないよぉ……ヒック」プルプル

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「ひどいよぉ、2人とも…グスッ 止めろとは言わないけど、無視するなんてぇ」

穂乃果「…………」サッ

海未「…………」サッ

ことり「! むぅ…」グヌヌ

78: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 19:17:19.90 ID:izWAqrQi0
ことり「あぁーっ 痛いなあ おしりが痛くて痛くて、まるで焼けちゃったみたいだよ」フウ

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「ことりのおしりが焼けちゃったみたいだよ ことりの…」

穂乃果「…………」

海未「…………」

ことり「………………………ことりの、ぼんじりが」

穂乃果「フブッwwwwwwww」

海未「クッフゥwwwwwwww」

デデーン 『高坂、園田、アウトー』

※ぼんじり=鶏肉の名称 鶏のお尻の部位

79: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/28(水) 19:22:20.81 ID:izWAqrQi0
穂乃果「わざとだよねことりちゃん!?あんっ!」ズパーン!

海未「ひどいですことり!ん、あれっ?」

ことり「ちょっとした仕返しだよ!あれすっごく痛かった…え!?ちがうよ!海未ちゃんはあっ、ちぃ!?」ッパァン!

ことり「…………………………」ジンジン

海未「こ、ことり…っ!」ジワッ

穂乃果「なんでだろう、ことりちゃんを見てるとね、涙があふれて止まらないの」ポロポロ

80: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:22:19.73 ID:gasOg+Jg0
18:00 教室

テレビ『エリート塩大福ができるまで!』バーン

海未「またテレビですか…今度はどん」

穂乃果:タオル1枚『真姫ちゃーん 脱いだ服どこ置けばいいかなー?』パタパタ

ことうみ「「なぁ!?」」

穂乃果「あ、これってこの前の…」

81: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:24:31.97 ID:gasOg+Jg0
真姫『その辺にカゴあるでしょ?そこに入れといてくれれば洗濯しといてあげるわ』

穂乃果『ありがとー!では穂乃果、いってまいります!』ダー

海未「ど、どういうことですか」

穂乃果「突然真姫ちゃんからお誘いがあって家に行ったんだけど、サウナに入るのを勧められて」

ことり「それ、いつの話なの?」

穂乃果「2日前くらいかなあ おうちにサウナがあるなんてすごいよね!」

82: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:26:47.93 ID:gasOg+Jg0
穂乃果『真姫ちゃ~ん そろそろ出てもいい?』ダラダラ

真姫『まだよ のどが乾いたら言ってくれればいいから 体の血行を良くするためにも、もうちょっと粘りましょう』

穂乃果『わかったよ!頑張るね!』ダラダラ

海未(穂乃果が真っ赤になって懸命に暑さに耐えている…)

ことり(ほのかちゃんが言われるがまま健気に汗を流し続けている…)

ことうみ(イイね!)グッ

83: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:28:34.70 ID:gasOg+Jg0
真姫『こうして採取された高坂穂乃果の汗が、今はここ、西木野家自慢のキッチンに運び込まれています』

穂乃果「えええ!どーゆーことなの?」

真姫『それではここから、エリート塩大福が作られる過程をVTRでお届けします』

海未「…………」

ことり「…………」

真姫『こちらが完成した、高坂穂乃果のエリート塩大福です』バーン

希『真姫ちゃーん 例のモノができたん?』

真姫『ええ、これよ』

希『流石やねえ じゃあ持っていくわ』

真姫『でも1個しか作れなかったの』

希『じゅーぶんや ほな』

84: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:33:03.43 ID:gasOg+Jg0
海未「こ、ことり!あの塩大福」クルッ

ことり「ごめんね?もう全部食べちゃったの」チュン

海未「ついさっきまで半分残してたじゃないですか!今食べましたね!?」

ことり「だってことりが貰ったものだしぃ 残しちゃうのも悪いしぃ」ウフフ

海未「もーーーー!もぉーーーーーぅ!!!今の笑いもアウトですっ!ニヤけてますっ!」キー

穂乃果「なんかすっごく恥ずかしいよぉ…」

86: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:42:10.49 ID:gasOg+Jg0

絵里「元気にしてるかしら3人とも」ガララ

海未「あぁ、絵里」

絵里「そろそろお腹が空いたんじゃない?お弁当を用意してあるわよ」

穂乃果「わぁ!食べる食べる!」

絵里「でも皆にただ同じお弁当を配るのは面白くないから、ちょっとしたゲームをしましょう」

ことり「普通でいいよぅ」

絵里「まぁゲームと言っても、ただのくじ引きよ 1人2回クジを引いて、書いてあるメニューが今日の晩御飯ね」

海未「ヘンなもの用意してませんよね?」

ことり「さっぱりしたのが食べたいなあ」

穂乃果「よーし、いいの当てるぞーっ!」

87: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:44:51.39 ID:gasOg+Jg0

穂乃果「わー、豪華!美味しそう!」

高坂穂乃果【エビフライ】【カルボナーラ】

ことり「なかなかにいぶし銀なチョイスだよ」

南ことり【サバ味噌煮】【肉じゃが】

海未「…………」

園田海未【白米】【ごはんですよ】

ことり「はい海未ちゃん、お魚あげるっ」

穂乃果「穂乃果もエビフライあーげるっ!」

海未「ふ、2人とも…」ウルッ

88: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:49:21.95 ID:gasOg+Jg0
20:00 教室

穂乃果「ちょっと穂乃果、お手洗い行ってくるね」ガラ

ことり「はーい」

海未「もうだいぶ暗くなりましたね…」

ことり「明日の5時までって言ってたし、学校にお泊りかな?」

89: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:52:14.32 ID:gasOg+Jg0

ジャーッ

穂乃果「ふぅっ、結構暗いなあ 2人に付いてきてもらえばよかったかも」

???「大人しくするにゃ 命はとらない」ガッ

穂乃果「え!?むぐふ!」グイ

???「…………」

穂乃果「んー!んー!」バタバタ

90: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:55:54.97 ID:gasOg+Jg0

ピンポンパンポーン

希『お前ら、大変やー』

ことり「放送だよ」

海未「今度は何なんでしょう」

希『実はなー 穂乃果ちゃんが何者かに捕まってしまったようなんやー』

海未「やけに帰りが遅いと思ったら…」

希『やからなー、2人で助けだしてやってくれんやろかー』

ことり「わ、わ、急ごう海未ちゃん!」

海未「落ち着きなさい、ことり 捕まっているといっても、これもイベントの一つ…どうせ穂乃果を捕まえているのは知り合いの誰かですよ」

ことり「あ!そっかあ!じゃあそんなに心配することもないね」ホッ

希『ちなみに犯人からの連絡によるとなー 穂乃果ちゃんはどうも、一定時間ごとにひどい目にあわされるようなんや』

海未「な、なんですって!?」

希『それはもう穂乃果ちゃんの敏感なトコロにあんなことやこんなことを…あぁ、乙女の口からはこれ以上言えへん、言えへんわぁ』

ことり「ほのかちゃんのホノカチャンにあんなコトこんなコト!?」

希『せやからなるべく早く助けだしたってやー』

91: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 20:58:05.23 ID:gasOg+Jg0
ガタァッ

海未「全力です、ことり 穂乃果の硝子の花園がぷわぷわーおされる前に私たちが救い出しましょう」ガシッ

ことり「もちろんだよ海未ちゃん ほのかちゃんのタカラモノズ、好きにはさせないっ 全身全霊!」ガシィ

希『それじゃ、これから穂乃果ちゃんを助けるまでは特別ルールで行動してもらうから ルールの説明をするでー』

海未「まさかっ 暗くなったのをいいことに、驚いたら罰ゲームなんていう肝試しめいた特訓を行う気では!?」

希『まず、ここからは笑っても罰ゲームを受けることはない ニヤけも同じや 判定されることはない』

ことり「そっかぁ それはうれしいな」

希『そのかわりに、全身黒タイツのハンターがひたすら2人を追っかけまわす』

ことうみ「「ええっ!?」」

92: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:00:46.88 ID:gasOg+Jg0
希『ハンターの体には罰ゲームが書かれとる ハンターにつかまると、書いてある罰ゲームがそのまま執行される』

希『2人にはハンターから逃げつつ、2つの宝箱を探してもらう 片方には穂乃果ちゃんの居場所の地図が、もう片方には穂乃果ちゃんのいる部屋を開けるためのカギが入っとる』

希『範囲はもちろん学園の敷地内 校庭に出てもええけど、宝箱は校舎の中やからそのつもりで』

ことり「まさかの耐久鬼ごっこ」

海未「この特訓、どんどんアイドルと関係ない方向に進んでいきますね…」

希『それでは穂乃果ちゃん救出作戦、スタートや!』プオーン

93: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:03:40.08 ID:gasOg+Jg0

ことり「ここは手分けして探したほうがいいと思うの」

海未「そうですね 校舎内といっても結構な広さがありますし」

ことり「じゃあ、宝箱見つけたらメールするね!」ダッ

海未「ええ、ご武運を!」ダッ

94: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:07:09.23 ID:gasOg+Jg0

ことり「ん~、宝箱ってどういう感じで置いてあるのかなあ あんまりわかりにくいところに隠してあるとも思えないけど…はっ!あれは、ハンター!?」

ハンター「!」ドドド

ことり「にっ、逃げなくちゃ!でも一体どんな罰ゲームが…」チラ

ハンター:タイキック「」ズドドドド

ことり「いやあああああああああああああ!!!!!!!!」ダー

95: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:08:30.07 ID:gasOg+Jg0

海未「まず一階から虱潰しに調べていきましょう 見落としのないようにしないと…」

ガッ

海未「!?」クルッ

ハンター:ビンタ「」ゴゴゴ

海未「び、びんた…ぁ痛あ!」バチィン!

ハンター:ビンタ「」タッタッタ

海未「ううぅ」グスッ

96: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:09:32.81 ID:gasOg+Jg0

ダー キャアー イ、イヤア! バーン

97: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:11:43.23 ID:gasOg+Jg0

穂乃果「うぐ…はぁっ…はぁっ…!」

???「さあ、またまたオシオキの時間にゃ」スウッ

穂乃果「お、お願い!もうやめてぇ!それだけは勘弁してぇ!」ガクガク

???「助けにこないトモダチを恨むんだにゃ 抵抗は無駄にゃ…」

穂乃果「ああ…海未ちゃん、ことりちゃん…穂乃果は、穂乃果は…………」ブルブル

98: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:13:18.63 ID:gasOg+Jg0

ドドド アア!? バタバタ ヒィーッ 

ガシャア セ、セクハラ! ドテッ カコマレタ…

99: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:16:56.80 ID:gasOg+Jg0

00:00 廊下

海未「はぁ、はぁ、はぁ、ぜぇっ!こ、ことり…」ガクッ

ことり「あ、はは…海未ちゃんも、足、ガクガク、だねっ、ごほっ」プルプル

海未「剣道着なんか、着て、走ってました、から…っ はぁっ、でも、やっと、揃い、ましたねっ これが、地図です」

ことり「こっちは、カギ… これで、ほのかちゃんを、助けに、ふぅっ」フラッ

海未「ええ…さあ行きましょう 肩を、貸します」スッ

ことり「ふ、ふふふっ 海未ちゃんだって、フラフラのくせに」グッ

100: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:23:32.97 ID:gasOg+Jg0

美術室

ガチャガチャ ガラッ

海未「穂乃果!」

ことり「ほのかちゃん!」

穂乃果「2人とも…」グッタリ

海未「大丈夫ですか!?まだ身体はキレイなままですか!?」

ことり「ぐったりしてるよ!汚されちゃったりしてない!?」

穂乃果「もう、大丈夫だよ…捕まってから、そこの絵筆でずっとくすぐられてたの」

海未「く、くすぐり?」

穂乃果「うん ワキとか首筋とか、もうお腹ちぎれそうだった…笑い死にってやつがリアルな感覚を伴って近づいてきたよ ホントに」クフウ

ことり「よかったあ もっとヘンなことされてるかと…………う」ガクン

穂乃果「こ、ことりちゃん! そういえば2人のほうがボロボロだよ!汗だくだし、大丈夫なの!?」

海未「とりあえず、あの教室に戻りましょう もう私たちは正直、体力の限界です…」

101: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 21:32:30.07 ID:gasOg+Jg0
教室

穂乃果「」グタァー

海未「」グタァー

ことり「」グタァー

穂乃果「さすがに今日はもう終わりだよね…」

海未「このまま寝てしまえますね…」

ことり「寝心地は最悪なのに、ぐっすり眠れそうだよ…」

ガララ

希「寝てる暇はないでぇ 次は講堂に集合やー」

ことほのうみ「「「そんな、ばかな………」」」

102: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:00:45.72 ID:gasOg+Jg0

 ____________________だって、可能性感じたんだ

穂乃果「ウッヒャッヒャwwwwwwwそれはwwwずるいってばぁwwwwwwwww」

デデーン

 ____________________そうだ…ススメ!

海未「クッフッフwwwwwむ、無理ですっwwwヒフッwwwwwwww」

デデーン

 ____________________後悔したくない 目の前に…

ことり「アヒャヒャヒャヒャヒャwwwwwwwヒーwwwヒーwwwwフッヒッヒッヒッヒwwwwwwwwゲホwゲホォッwwwヒーッwwwww」

デデーン

 ____________________僕らの、”道”がある!

105: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:04:47.38 ID:gasOg+Jg0

04:50

チュン チュン アサチュン

穂乃果「…………」コクッ コクッ

海未「…………」フラフラ

ことり「…………」ボー

ガララ

希「よう頑張ったなー3人とも これから学園を出るでー 準備しいやー」

海未「ああ…やっと」

ことり「終わったんだね…」

穂乃果「帰れるんだ…!」

106: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:06:40.14 ID:gasOg+Jg0

希「さあ、この校門を越えれば特訓は終了や 最後に皆で学園に向けて感謝の気持ちを示そうやないか」

ことほのうみ「…………」クルッ

ザッ

理事長「お疲れ様 よく頑張ったわね、皆」

ことり「あ、おかあさん…」

理事長「娘と、その友達の一生懸命な姿 しっかり見させてもらったわ… 本当にアイドル活動、頑張ってるのね」

海未「理事長…」

理事長「これからも、音ノ木坂を支えていってね?μ’sの皆…」ニコッ

穂乃果「はいっ、がんばります!任せてください!」

デデーン 『親鳥、タイキックー』

ことほのうみ「」

107: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:08:21.24 ID:gasOg+Jg0

デンデケデンデケ

理事長「ああっ もう私、若くないのにっ ちゅーーーーーんっ!」ズドポォン!

海未「…………くっ、くふふっ」

ことり「ふふ、ふふふ」

穂乃果「~~~~~~~~っ! あはっ」

ことほのうみ「「「あっはっはっはっはっは!」」」

デデーン 『全員、アウトー』

おしり

108: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:38:57.82 ID:gasOg+Jg0
 どんなときもぐっと

  可笑しいけど 笑い はこらえよう

  可愛くても ニヤケ はこらえよう!(笑っちゃダメよ)

  噴き出しそうに なるんだ

  黒歴史 希ネタ

  笑わせないでよね ホント

  本気の(グッw) 仕掛け(ブッフォw)

  明日が(パン!) 来ない(イタイ!)

  それはヤバいよ タイキック

  たまには ゆっくり 君とのごはん

  仲良し 友達 ささやかケンカ

  あのコを 救うため! 全力でね(逃げ回ろうよ)

  気分が 晴れて 大声で 笑いあうよ

 
  どんなときだって 笑えば 叩かれる

109: ◆CpzKqEQLrQ 2014/05/29(木) 22:40:50.40 ID:gasOg+Jg0

一ヶ月後 音ノ木坂学園

ファン1「ねえねえ、最近のμ’sのライブ見た?」

ファン2「あたしこの前のライブ見たー!なんか前より雰囲気がプロっぽくなってた!」

ファン3「わかる!私が見に行った時ね、機材トラブルがあったんだけど…誰も動じてなくって、カッコよかったなあ~」

ファン1「そうそう!どんなときでも笑顔を絶やさない、それでいて冷静だって今スクールアイドル界で評判になってるもの!」

ファン「「「μ’sってスゴーイ!」」」キャーッ

おわり

穂乃果「笑ってはいけない音ノ木坂」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401035394/)

厳選!話題の記事