京太郎「清澄高校麻雀部員共」和「人の体に口3つ」|ブログインデックス

89: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 21:46:19.67 ID:i0cKQ6wv0
咲「……」カチカチ

咲(このままだとまたあの子が海底…その前に和了ればいいんだけど)

咲(まだ難しいよね…)ウーン

咲(でもそれなら)

咲「カン」ボッ

ゆみ(嶺上ではないのか…しかし新ドラが天江の鳴いた牌)

池田(でもカンのおかげで海底が衣からズレた)トン

衣「無駄な事だ。チー」カシャッ

池田(…っ、また海底コースだし!)

一「やっぱりこうなるんだよね。純君の考えすぎじゃない?」

純「…どうかね」

衣「さあ、もーすぐ海底だ」トン

咲「カン」カシャッ

関連作品
京太郎「清澄高校麻雀部員共」
京太郎「清澄高校麻雀部員共」咲「2本挿し!」

京太郎「清澄高校麻雀部員共」和「人の体に口3つ」|ブログインデックス|画像ID:30

90: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 21:59:15.67 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「お、咲の手が進んだな」

優希「んー…」

和「鳴いて手が進むとか、そんなオカルトあり得ません」

久「まあ咲の場合はわりとそんな感じだけど、ちょっと違う気がするのよね」

京太郎「? それってどういう…」

まこ「いつもの和了るためのカンでも、手を進める目的でもない…そんな感じじゃ」

京太郎「じゃあ何のために…」

和「鳴いて手が進むなら、以前試しに鳴くたび『あんっ、あひぃ♪』と言っていた私が馬鹿みたいじゃないですか」プンスコ

京太郎「あの日はホントお馬鹿にしか見えなかったね」

95: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:12:12.48 ID:i0cKQ6wv0
池田(やばい…海底が、もうすぐそこだ…)

池田(誰か、どうにかしてくれよー…くそぉ…)トン

咲「ポン」

池田「え?」

ゆみ(なんだと?)

衣「……?」

『清澄の宮永、ここで三鳴き! なりふり構わず和了りにきたか!?』

睦月「これで単騎待ちですけど」

桃子「か り強引  ね」

智美「ワハハ、意外とオラオラ系だなー。最中にそれだと嫌われるぞー」

佳織「え? 三回鳴いたらだめなんですか?」オロオロ

睦月「ダメじゃないから安心して…」

智美「あー、でも女からだったらむしろ痴女っぽいからアリかー?」

桃子「むっちゃん先輩」スッ

佳織「え? 桃子さん何で私の耳塞ぐの?」オロオロ

睦月「ああ」ドスッ

智美「げふっ」

97: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:27:29.40 ID:i0cKQ6wv0
実況「ここで宮永選手聴牌ですが…この数局、天江選手以外の手がなかなか進みませんね」

靖子「去年はこんなことはなかったな」

靖子「いわゆるイーシャンテン地獄だのと言うが、腑抜けた泣き言とは違う」

靖子「今の状況は、まさしく地獄そのものだろうよ」

靖子「ただ…」

実況「ただ?」

靖子「一人だけ…地獄に浸かっていなさそうな奴がいるな」

透華「清澄もなかなか頑張りましたけど、これも衣が和了っていただきですわ!」

一「ボク達以外知らない「満月の衣」の初お披露目だね」

透華「衣も全力ですわ! 多い日だけに!」

一「結構重いよね、衣って」

純「……」

智紀「純…?」

純「なんだこの違和感…まるで、海の底に花が咲くような……」

98: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:40:16.62 ID:i0cKQ6wv0
池田(もうあと二巡かよぉ)

ゆみ(このままだと…また海底は天江か)

ゆみ(次の局は少し打ち方を変えてみるか……ん?)

咲「……」カシャッ

咲「カン」ボボボッ

桃子「え?」ゾクッ

透華「なんですの?」ゾッ

久「きちゃったかしら」ブルッ

衣(なんだ)

衣(ただの呆け者では無いということか…!)

咲「……」トン

池田(ツモ切り? 加槓しといて嶺上じゃないのか?)

ゆみ「…っ、カン」

ゆみ(残り巡を考えると今ズレたツモが天江に戻るとは考えにくいが)

ゆみ(ありえそうなら、ここで潰しておくのも一つの手か)

『四開槓! これまた珍しいことになりました、海底を間近にして流局です!』

ゆみ(たとえ鳴かされたに等しくても、これしかなかった…と思いたいがな)

咲「……」

衣「ふふん」

100: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:53:54.96 ID:i0cKQ6wv0
衣「またまた衣の親だー」

衣「…清澄の、名前は何と言ったか」カシャ

咲「宮永咲、です」チャ、チャ

衣「そうか」カチッ

衣「往くぞサキ。真贋のほど、見極めさせて貰う」ゴッ!

一「衣、なんだか楽しそうだね」

透華「始まるときはあんなに嫌がってましたのに…何か楽しみでも見つけたのかしら」

智紀「陽が…」

純「暮れる、か。このまま終わればいいけどな」

一「夜の帳が落ちれば、あとは衣の領域だよ」

透華「ええ…暗い闇の中、衣に支配されて弄ばれる感覚…」ハアハア

一「何もできないのがたまんないよね」

104: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 23:07:56.49 ID:i0cKQ6wv0
南一局一本場

池田(あ、あれ?)

ゆみ(なんだこれは…さっきとは打って変わって)

池田「リ、リーチ!」

『池田選手、ダブルリーチ! 先ほどまでのイーシャンテン地獄が嘘のようです!』

純「オイオイ、衣の奴」

一「完全に遊んでるね。多分相手は…」

智紀「清澄…」

透華「こーろーもー!」

池田「ツモっ! 6100、3100!」

池田(上がれた…けど、なんだこれ!)

衣「ふんふんふーん♪」

池田(なんかすっごい怖いし!)

108: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 23:22:16.08 ID:i0cKQ6wv0
南二局

ゆみ(また配牌イーシャンテン…)

ゆみ(そして一巡目でテンパイ、か)フー…

衣「んー?」ピョコピョコ

ゆみ(どういうつもりだ…)

ゆみ「リーチ」コトッ

『ダ、ダブリー! 今度は鶴賀の加治木選手がダブルリーチを掛けました!』

ゆみ「ツモ。6000、3000」

佳織「あれ? 加治木先輩和了ったのに嬉しそうじゃないですね」

睦月「急に配牌が良くなった…なんだか変な感じがする」

智美「あれだなー。無理やり和了させられてる感じだ」

桃子「オカルトっすよ…ありえないっす」

睦月(桃子さんが言うのか…)

智美「まるで強制的に笑顔でピース取らされてるゲームみたいだなー」

桃子「だからそういうのの入手元を教えるっす! 焼き捨てるっすよ!」

111: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 23:39:28.82 ID:i0cKQ6wv0
南三局

ゆみ(前半最後の親番だが、どうなる?)

池田(どうなるか全然わかんないし…)

衣「……よしっ、決めたー」

衣「打とうか、ミヤナガサキ」

ゆみ「っぐ!?」ガタッ

池田「うっぷ…!」ガタンッ

咲「あはっ」ニコッ

優希「なんか鶴賀と風越が気持ち悪そうだじぇー」

和「悪阻でしょうか」

京太郎「なんで可能性のひっくい所を攻めるかなあ」

171: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:07:50.75 ID:BJogesEf0
ゆみ(圧迫感は一瞬だったが…)トン

池田(その一瞬が無茶苦茶ヤバかったし!)トン

衣「ぽんっ」カシャ

ゆみ(加えてこの手牌。どうなっている)

池田(ぜんっぜん有効牌が来ない…また天江かっ!)

衣「その震えは恐怖かはたまた怒髪天か」ス…

衣「どちらであろうと、汝等はただ座していればいい」

衣「ツモ。8000、4000」ドッ

ゆみ「……ふー」

ゆみ(なるほどな)

池田(付け入る隙はありそうだし!)

美穂子「華菜…なんだか…」

星夏「楽しそう…?」

未春「華菜ちゃん、去年とは顔つきが違うね」

貴子「……ふん」

176: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:24:44.54 ID:BJogesEf0
美穂子『たまにあり得ないくらい酷いことがおこるでしょ?』

美穂子『そのたびにヘコんでたらキリが無いわ。いつか良い事もあるって思って…』

美穂子『明るく前を向いて、何事も楽しんでいきたいの』

池田(キャプテン)

池田(私は今、みんなの分も背負ってるんだ)

池田(けど……)

衣「ツモ。6000、3000」

池田(相変わらず清澄しか見てないんだな)

池田(今は余裕でいるといいさ…)

池田(次の半荘で、全部取り返してやるし!)

『ぜ、前半戦終了―!』

『龍門渕高校の天江衣、独走状態で一気に他校を突き放しました!』

177: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:36:41.88 ID:BJogesEf0
咲「ふー…京ちゃん」

京太郎「よ、トイレは終わったか?」

咲「もう、デリカシーないと嫌われるよ?」

京太郎「悪い悪い…まあ、頑張れよ」

咲「うん。ありがと京ちゃん」

京太郎「ああ…下ネタ言ったら戻ってからデコピンな」

咲「大丈夫だよっ」

咲「ありがとね…よしっ!」

178: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:55:41.24 ID:BJogesEf0
ゆみ「モモか」

桃子「よく分かったっすね」

ゆみ「モモのおもちは好物だからな。近づけば分かる」

桃子「さらっと何言ってるっすか!?」

ゆみ「本当の事だ。ほらこの通り」モミモミ

桃子「ちょっ!? 緊張感ゼロっすか!」

ゆみ「いや? 緊張感はガチガチだからな、モモの胸と共に揉み解す必要がある」キリッ

桃子「あーもう! 元気づける必要ゼロじゃないっすか! 帰るっす!」

ゆみ「む…行ってしまったか」

ゆみ「やはりいい感触だ…」ウム

179: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:02:33.43 ID:BJogesEf0
池田「うぁー」ダルー

美穂子「華菜…?」

池田「キャプテン! う、情けないとこ見られちゃったなー…」

池田「でも次の半荘で取り戻しますよ! ばっちり見てて下さい!」

美穂子「華菜…ええ、分かったわ」

美穂子「そうだわ、終わったらケーキでも食べに行きましょうか」

池田「にゃっ! 行く行く行きますっ!」

池田「おーし頑張るぞー!」

181: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:14:35.36 ID:BJogesEf0
衣「いっちごおーれ、いっちごおーれっ」

靖子「今年も調子良さそうだな」

衣「ふふん、あいつらごときが衣に勝てるものか!」

衣「まして小半時もすれば日降ち。ミヤナガサキもこのまま吹き飛ばしてやる」

靖子「あはは…そう上手く行くかな」

衣「ふん。清澄がこのままで終わらないと言うか」

靖子「そうだな。それもある…が」

靖子「風越も鶴賀も、誰一人として死んじゃいない。下手をすれば足元を掬われるぞ」

183: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:19:54.55 ID:BJogesEf0
京太郎「和? 何してんだこんなとこで…」

和「いえ…咲さんに声を掛けようと思いましたが、須賀君一人で十分でしたね」

和「咲さんは一本挿しでキツキツということでしょうか」クスッ

京太郎「ブレねーなあ…でも、行ったらいいんじゃないか?」

京太郎「俺一人で十分かは知らないけど、多い分には困らないだろ」

和「…そうですね。少し声を掛けてきます」

和「咲さん!」

咲「和ちゃん…」

和「…時間もありませんし、一つだけ言わせてください」

咲「うん」

和「……」スーッ

和「最後の最後まで絶頂は我慢した方が何倍も気持ちいいですよ!」

咲「うんっ!」

京太郎「だーかーらー!」

185: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:29:00.14 ID:BJogesEf0
『さあ大将戦後半、闘いはついに天王山!』

池田(華菜ちゃんの親はあと二回。こっから逆転なんて無茶苦茶だし)

池田(それでもやるのが大将の務めっ!)パシッ

ゆみ(この正念場、天江の和了を阻止しつつ高い手を上がりたいところだが)

ゆみ(清澄も気になる…さっきから静かすぎる)

衣「なーんだ…こんなものか」

衣「リーチ」

池田(残り一巡…このままじゃまた天江が…!)

ゆみ(また海底かっ!)

久「とも行かないのよねえ」

まこ「部長の悪待ちも優希の東一局も崩すからのう」

優希「身持ちが固かろうとこじ開けるんだじょー」

和「天然ジゴロですね」

京太郎「違うと思うけどなあ…」

久「ま…海の底でも狂い咲きするような花なんて想像してないでしょ」

咲「カン」

衣「っ…ふふん」

『東一局から流局―!』

188: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:37:24.25 ID:BJogesEf0
靖子「恐ろしいものだな」

実況「はい?」

靖子「イーシャンテン地獄が延々続くかと思いきや、カンで手が進んだ清澄はテンパイ」

靖子「これまでの天江が異常なら、これを抜け出そうという清澄も異常と言っていい」

実況「しかし…偶然と言ってしまえば偶然では」

靖子「まあな」

靖子(衣が警戒するのも十分わかる)

靖子(が……気を付けろ。やはり他の二人もまだ生きている)

193: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:49:28.13 ID:BJogesEf0
衣「わぁーい、ころもの親番だー」

衣(…そういえば、フジタが先刻ぬかしていたな)

衣(ミヤナガサキ以外も死んでいない、だって?)

衣「リーチ!」

衣(若し雌伏し時の至るを待っているのなら)

衣(そのまま倒れ伏すがいい…!)

衣「ツモッ!」

ゆみ(また海底か)

池田(くっそ…次こそは!)

194: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:57:28.44 ID:BJogesEf0
東二局一本場

衣「またまた衣の親番! まだまだ続くぞー」ザァッ…

池田「うぐ…」

ゆみ「む…」

池田&ゆみ(また、海底か!)

衣(さあどうするミヤナガサキ。このまま水底に沈むか)

咲「……カン」ゴッ

衣(それとも、嶺に咲き誇るか!)

咲「ツモ。嶺上開花」ボボボッ

純「インファイト殴り合い、だな」

一「海底と嶺上の削り合いなんて無茶苦茶だよ…正直風越と鶴賀には同情かな」

透華「むむむ…衣が楽しそうなのは良いですけれど、勝ってもらわないと!」

智紀「負けたら…罰ゲーム…」

透華「そうですわっ! もしも負けたりしたら、一週間裸エプロンで過ごして貰います!」

一「ボクの私服とかは?」

純「エビフライドレスを透明素材で作ろうぜ」

智紀「…目隠しと後ろ手に手錠…」

衣「ひっ!?」ゾクッ

197: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 00:01:53.98 ID:lT8J52K/0
『二日間に渡る県予選団体戦、最終ラウンドはなんともおかしなことになっているぞ!』

『龍門渕の天江が海底を和了すれば、清澄の宮永が嶺上開花!』

『鶴賀と風越は必死に食らい付くも差は開き続けている!』

『果たして龍門渕が逃げ切るか、清澄が抜き去るか!?』

『はたまた鶴賀と風越の逆転はあるのか!』

優希「恐怖の麻雀卓だじぇ…」

和「あり得ません。オカルトも大概にしてください」

まこ「ありゃあ咲も本気じゃのう」

久「それも弩の字がつくくらいにね。楽しそうで何よりだわ」

京太郎「勝てますか?」

久「さあ…けど、まだ波乱がありそうだわ」

久「AVだってシチュ別に山場を分けてるでしょ?」

京太郎「それに同意はしたくないなあ…お前らもこっち見んな!」

222: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:12:48.26 ID:P3DR4ulf0
池田(華菜ちゃんいいとこなし。はあ…)

池田(なんて言ってちゃ来るものも来ないっての!)

池田「ちょいと失礼…」ガタッ

池田「ぅぅぅうううううにゃああああああ!!」

衣(威嚇のつもりか…?)

ゆみ(ネジでも飛んだ、というわけではなさそうだが。ストレス解消か?)

咲「ん…」

池田「うし! 華菜ちゃんまだまだ行けるぞっ!」

美穂子「華菜…ふふ」

未春「キャプテン?」

美穂子「コーチには怒られるかもしれませんけど、華菜には楽しんで打って欲しいです」

貴子「……」

美穂子「きっと今の華菜なら、恐怖は覚えず全力を出し切ってくれる。そう思いませんか」

貴子「……ああ」

美穂子「ふふっ」

225: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:23:59.16 ID:P3DR4ulf0
池田(ほら、ちょっと気分を入れ替えただけでこんなもん!)

池田(三巡目にしてドラ4だし! そんでもって…)

池田「リー、チッ!」

衣「むー…」トン

咲「あはっ」トン

ゆみ(自力で張ったのか)トン

池田(……)ギュ

池田「さっきから二人で好き勝手してさあ」ヒュッ

池田「ツモッ! 4000、2000!」

池田「そろそろ混ぜろよ…!」

ゆみ(そうか。なるほどな、これは私も負けていられないか)フッ

229: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:34:00.07 ID:P3DR4ulf0
優希「むあー、南場が近づいてくるー。このままじゃ全国に行けないじょ」

優希「そしたら東京のスパで水着披露ができなくなっちゃうじょ!」

京太郎「はあ?」

優希「おっ小僧、食い付いたね? エロ水着に食いついたね?」

優希「最近は毎日のどちゃんのおっぱい吸ってるから夏には巨乳になること間違いなし!」モミモミ

京太郎「また馬鹿なこと言ってんじゃねーっての。なあ和」チラッ

和「……え? ええと…」モジモジ

京太郎「……」

和「……」

和「須賀君も吸います?」ポッ

京太郎「ジョークだよね?」

230: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:45:52.29 ID:P3DR4ulf0
池田(んー…)カチャ

池田(やっぱテンション高い方がいい牌がくる気がするなー)

池田(いつも通り…か)

池田『福路先輩! やっと追いついた!』

未春『は、早いですね先輩…』

美穂子『池田さん、吉留さん…毎日一緒に帰ってくれるけど、私そんな子供じゃないわよ?』

池田『もちろんわかってますよ。子供の大きさじゃないですもんね!』ワキワキ

美穂子『そう? 確かに背は普通くらいあるけど…でも嬉しいわ。誰かと登下校なんて小学校以来』

美穂子『私ねえ、中学のころから同級生の仲良しができなくなっちゃって』

美穂子『たまにチョベリバって言われたりするの』

未春『誰が使うんですかそれ』

231: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:52:30.16 ID:P3DR4ulf0
池田『それにウザさならあたしも負けませんよ』

池田『昔からエロいウザいって正面から言われてますから』

未春『9割前者だけどね』

池田『それは嬉しいんですけど、とにかくあたしが傍にいれば先輩のウザさなんて消えますよ!』

池田『そんでもってあたしが先輩の代わりに図々しくなりますから!』

未春『華菜ちゃんほどじゃないですけど…一人でいるより、人がたくさん居る方がいいですよね』

美穂子『二人とも…』

池田『てゆーかもう辛抱たまらんっ!』ガバッ!

美穂子『い、池田さん? あのっ』

未春『華菜ちゃん? そこまでしていいとは言ってないよね』ニコリ

池田『にゃあ…』

232: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 23:01:12.14 ID:P3DR4ulf0
池田(やったろーじゃん!)ヒュ

未春「ツモだけど、ツモのみ1100…」

池田(まだまだ!)

星夏「フリテンだけどイーペイコー…ツモなら2000」

池田(たんねーし!)

美穂子「ドラで4000…」

池田(そんな安手は御免だ)

純代「平和三色も…」

池田(天江――清澄しか見てないこと、後悔させてやる)

池田「おい天江」

衣「む…なんだ駄猫。衣はお前に用はないぞ」

池田「もしあたしが勝ったら……リーチ」ピッ

池田「そのスライスおもち、存分に撫でまわしてやるし!」ワキワキ

衣「急に何を呆けたことをほざくか頭空っぽバカー!」

池田「数え役満だし!」バン

247: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:14:52.67 ID:Q3P9PL3/0
ゆみ(海底に嶺上。随分絶望的に感じたものだが、こうなると点差はともかくそこまででもないな)

ゆみ(もちろん難しいことに変わりはないが)

桃子『先輩は3年生ってことは、秋の選抜には出られないんすよね』

桃子『ってことは明後日の県予選で負けちゃったら、メンドクサイ先輩から離れるいい口実になるっすね』

ゆみ『こっちから纏わりつくからその点は心配無用だ』

桃子『……どこにいても、見つけてくれるってことっすか?』

ゆみ『そうなるな。そのおもちがある限り、感覚で分かる』

桃子『また無駄な特技っすね!』

桃子『……ま、なんだかんだ言って』

桃子『負けたくないっすね』

ゆみ『モモ……プロポーズか。嬉しいものだ』フフッ

桃子『あーはいはい、いいから行くっすよ』

248: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:25:06.14 ID:Q3P9PL3/0
ゆみ「チー」

池田(親の鶴賀が2副露。そろそろ張ったかな…一通は無い。三色も無い)

ゆみ「……」トン

池田(ダブ東でもない。ってことは染めかチャンタか?)

衣「ふん」ヒョイッ

ゆみ「ロン」

衣「……!」

ゆみ「天江衣。私は平坦なまな板に興味は無い」

ゆみ「だが…スライスもちを焼き膨らます過程、そして結果には多大な興味がある」ジッ

衣「ひいっ!」ゾクゾクッ

ゆみ「ふふ。私が勝ったらマッサージをさせてもらおうか」

252: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:36:11.43 ID:Q3P9PL3/0
衣(清澄ばかりと思っていたら連続で他に和了られた…)

衣(奴らの貌に絶念の色は聊かも無い)

池田「鶴賀の加治木だっけ。大きさか形だったらどっちだ?」

ゆみ「大きければ何でもいい訳ではないが、大きい方が弄びがいはある」

池田「はー、分かってないなあ。形の方が大事だし。手にフィットする形がなー」

ゆみ「大きいほど形に気を遣うものだ。それに指からはみ出るのも良いものだぞ」

衣「……こ、こいつらの心を何かが繋ぎ止めてる…何だ?」

池田&ゆみ「「ディルドーが何だって? で、何の話だ?」」

衣「前者の言葉は絶対不要だっ!」

255: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:47:14.29 ID:Q3P9PL3/0
咲(うーん…気持ちは乗ってきたけど、少し違うような気がする)

咲(家族麻雀や合宿の感じ…あれがまだ…何が違うんだろ)

優希『今日もイイお湯だったじぇー。ヌレヌレでビチョビチョが止まらん!』

京太郎『帰ってきて早々誤解を招く言い方すんな!』

優希『そんなことよりこれを見ろ! ほれ! 足袋ソックス!』グリグリ

京太郎『おおー、顔に近すぎて全然見えないっつーか足押し付けんな』

優希『うふん、足を上げた優希ちゃんのチラリズムを見てもいいんだじぇ? ちらり』チラリ

京太郎『……』

京太郎『ほー、こんなんあるのか』

優希『簀巻き放置とはなかなかのプレイだじぇ…』ハアハア

257: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:58:00.00 ID:Q3P9PL3/0
京太郎『意外と履きやすいな…いいかも』

和『これなら足コキの時に挟んで攻められそうですね』クニクニ

京太郎『真っ先に出てくる感想がそれとは』

優希『割れ目を擦ると気持ちいいんだじぇ』

京太郎『簀巻きが喋んな!』

咲『うーん…私はダメかも。脱ぐね』

京太郎『まさかのマジメ返しかよ!』

咲『……っ!?』ゾクゾクッ

咲『京ちゃん、たいへんだよ!』

京太郎『何がどうしたよ』

咲『靴下! 人前で脱ぐと視姦プレイされてる気分だよ!』ハアハア

京太郎『それ、今まで体育の授業とかで気付かなかったの?』

咲(思い出した!)

京太郎「あっ、なんだこれすっげえ嫌な予感がするわ」

260: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:09:44.43 ID:Q3P9PL3/0
咲「あの…脱いでもいいですか?」

衣「何を言い出すか呆け者ー! ダメに決まっている!」

衣「そんなもの脱いだらダメ! ダメだっ!」

咲「靴…」

衣「常識で考え…くつ?」

衣「うぁ……」カアアッ

池田「うえっへっへ、天江さんは何を想像してたのかなー?」

ゆみ「おやおや…常識的に考えて、対局中に服を脱ぐ輩が居ると思ったのか」

池田「とんだエロス幼女だし。でも悪くないぞ?」

ゆみ「ああ、実にいい」

衣「うわああぁん! 阿呆ー!」

263: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:22:28.63 ID:Q3P9PL3/0
咲(うん…思い出したよ、私が一番麻雀やってたときのこと)

咲『おねえちゃん、あと一枚だよ?』

照『うぅ…ゆ、許して…』プルプル

咲『えー、おねえちゃんから誘ってきたんだよ?』

咲『ほら、わたしも靴下脱がされちゃったもん』ペチペチ

照『私もう…下一枚しか…』

咲『じゃあねえ…あはっ』

咲(そういえばあの後、お姉ちゃんお嫁に行けないって泣いてたっけ)ペチペチ

咲(うん…おんなじ感じだよっ)

衣「ひ、ひぃっ!? なんだっ!?」ゾワゾワッ!

276: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:31:20.97 ID:Q3P9PL3/0
照「へくしっ」

菫「どうした照、悪阻か?」

照「くしゃみが悪阻な訳ない…」

淡「ま、まずいよテルー。例の秘密機関がてるーの能力に気づいて議題に上げてるんだよぉ」アワワ…

照「中二おつ…」

誠子「風邪ですか?」

照「ん…違うけど、なんとなく昔のことを思い出した」

尭深「それって?」

照「……」プルプル

照「妹はノーカン妹はノーカン妹はノーカン…」ブツブツ

菫「ん? 兄弟姉妹はいないと言ってなかったか? 竿姉妹か?」

誠子「ちょっ! どうしたんですか!? メディーック! ライフセーバー!」

279: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:38:09.83 ID:Q3P9PL3/0
池田(お? なんか天江が震えてるし…萎縮してる?)カチャ

ゆみ(何故かはともかく、チャンスであることに変わりはないか)

咲(んー…あんまり、かな)

衣(うぅ、悪寒が止まらない…)ブルッ

池田(普通に手が進むならなんも問題無いし!)

ゆみ(詰まる所)

池田「リーチッ!」

池田「ツモッ!」

池田「ヤれる時に!」

ゆみ「ヤっておくべきだな」

衣「言いたいことが全く伝わらない!?」

318: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/25(金) 22:06:35.12 ID:a/G9A36p0
智美「風越に和了られたかー」

桃子「親で役満ツモられるなんて…キツイっす!」

佳織「桃子さん、さっきからなんだか凄くたくさん動いてる…」

睦月「…そうしないと気付けないからね」

透華「こーろーもおおおおお!! なにしてるんですのー!」

純「清澄はヤバイし他の二人は下ネタ絶好調。衣にはキツイだろうなあ」

一「下ネタはともかく、清澄が衣と同格だなんて信じられないよ」

智紀「でも…異常さは、同じ…」

純「だな…特にあの足、かなりのモンだ」ゴクリ

一「うん。靴と靴下を脱いだだけでこのエロス、正直舐めてたよ」ゴクリ

321: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/25(金) 22:27:37.90 ID:a/G9A36p0
南一局

ゆみ(ふむ、これはなかなかだな)チャッ

池田(ここはなんとか連チャンしたいし!)

ゆみ(しかしこの卓、冷静に見ると…)チラッ

池田(生足JKに金髪小難しい系ロリ、はっきり言って眼福だし)チラッ

衣「あぅっ…」ビクッ!

衣(落ち着け、彼奴らはただの呆け者だ。トーカ達を相手にするが如く…)スーハー

池田(おっ、ロリの深呼吸。集めたら売れるか?)

ゆみ(缶詰にして顔写真さえあれば…)リーチ

衣「誰がそんなもの売るかっ!」

ゆみ「ロン」パタン

衣「……ぅぐ」プルプル

衣「……」

衣「ふん」

325: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/25(金) 22:36:04.73 ID:a/G9A36p0
一「あーあ」

純「やっちまったな。これで衣の勝ちかね」

透華「まったく…ここまで目立ってませんわよ!」

智紀「海底で…相当目立ったけど…」

一「まあ勝ち上がるならこれ以上のモードはないよね」

純「だろうな。なんたって今まで衣を弄んだ下ネタが」

智紀「全く…通じなくなる…」

透華「さあ衣、やっておしまい! ですわっ!」

池田(くあー! またかよー)

ゆみ(津波の前には潮が引く…さっきまでのが前兆と、そういうことか。テンパイどころか)

池田(3シャンテンから進まないし!)

衣「……」ザアッ…

咲「ん……」

衣「リーチ」

衣「ツモ、海底」

377: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:25:38.96 ID:8lCF59T80
南二局一本場

衣「有象無象が衣に逆らえる筈もなし」

ゆみ(ぐ…)

池田(ぜんっぜんだし…)

衣(あとは)チラッ

咲「んー…カン」ボッ

京太郎「手が進んだ!」

久「どうにかこうにか、ってとこだけどね」

和「咲さん…!」ガタッ

咲(ん…今、和ちゃんの声が聞こえたような)

咲(大丈夫だよ。だって――)

咲「もいっこ、カン」ボボッ

美穂子「カンが二つ…フレンチカンカン、なんて…少しはしたなかったかしら?」ポッ

未春(はしたないというか)

星夏(フレンチカンカンって何なんですか…)

純代(フレンチトースト?)

381: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:39:10.00 ID:8lCF59T80
池田(にゃああああああ…安い重なりがドラ6になったし! 強引にでも和了りに行くしかない!)キラキラ

池田「ポン!」

ゆみ(風越…そこを鳴くか。強引すぎるが…)トン

池田「チー!」カシャッ

衣(気息奄々としていたはずの上家から感じる気運!)

衣(手はタンヤオで間違いないが…ここは)トン

咲「んー…」トン

ゆみ(清澄は張ったか? これは振れないな)トン

池田(こいこいこいっ! 運命のデスティニードローだし!)シュパッ

池田「…うげっ」

385: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:52:21.47 ID:8lCF59T80
ゆみ(風越、怖いところを引いたな。しかし二鳴きでは回すのも難しいか…)

衣(引いては手が崩れ、押しては危うい。東場なら兎も角この南場、如何にする?)

池田(う、ぐぐぐ…一萬はきっついとこだし!)

池田(二萬は枯れてるから張りかえしも厳しいか…)

池田(キャプテン、コーチ、みんな…)

美穂子「華菜…!」

未春「華菜ちゃん、凄く悩んでる…」

星夏「清澄の河見ても怖いですし、仕方ないですよ」

貴子「ふん…」

池田「う…ぐ」トン

衣(風越は手を崩したか。しかしこの牌は)

咲「ロン」ニコッ

ゆみ(一萬は清澄のカン材か。考えるだけ妙な話だが、責任払いで高くなるよりダメージは低いとみるべきか)

池田(なんて考えるのもできないし…)ガクッ

387: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 23:06:00.19 ID:8lCF59T80
南三局

『勝負はもう南三局! 二局を残すのみとなりました!』

『龍門渕が清澄と強烈な鍔迫り合いを繰り広げながらも若干リード! その後を鶴賀、風越が追います!』

久「差は大してついてないから、まだまだ追いつけるわね」

まこ「しかし鶴賀も無茶苦茶離れとる訳でもないのう」

優希「風越はキビシイじょ。行けんことはないけどなー」

和「私だったらもうイっちゃってますね。ヤリあってたら落ちてしまいそうです」キリリ

京太郎「誰もそんな話はしてないぞっ」

388: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 23:19:19.29 ID:8lCF59T80
ゆみ(残りは早ければ二局で終わる…)

池田(うちはもう親番が無いから安く刻む訳にはいかないし)

咲「ポン」

透華「ここでポンということは、まずは親の連荘狙いかしら」

一「衣との差もあんまりないもんね」チュー

純「そうかな…妙な感じもする」

一「純君はそういうの気にするよね」チュパチュパ

智紀「写真撮るから…あーん…」

一「ふぁい、ひれひにほっへへ」アーン

純「何飲んでんのかと思ったら、飲むヨーグルトか」

透華「トロミマシマシ、ドロッドロですわ!」

389: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 23:31:24.59 ID:8lCF59T80
池田(きたきたきたっ、国士聴牌!)

池田(コイツを和了ればまだまだ食い込めるし!)

衣(こいつの手、またしても強大な気配――危険だ)

衣(しかし清澄。この感覚からすると些些たるもの。しかも聴牌ですらない)

咲「安く見える?」

衣「…っ、ああ。せいぜい2000だろう」

咲「あは、正解。でもね、それだけじゃないよ」

咲「カン」カシャッ

咲「カン」

衣「だがそれでも嶺上程度で――」

咲「――カン」

衣「う、あ…?」ゾワッ

咲「ツモ……」

咲「これで逆転だね」ニコッ

431: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:01:40.29 ID:AT3Jyxei0
衣(衣の支配の及ばない淵底の向こうから牌を掠めていく…)

衣(衣が競り負ける?)ギュウッ…

衣「清澄、このまま勝ち進むつもりか?」

咲「つもりじゃなくて…」スッ

衣「え」

咲「このままだと、勝っちゃうね」クスクス

ゆみ(ふむ…指先で天江の顎を引き上げる仕草。堂に入ってるなんてものじゃないな)

池田(目がヤバイし…みはるんみたいなボケ殺しじゃないし!)

ゆみ(まるで獲物を見つけた蛇。間違いない、清澄のは――)

池田(ドS中のドS…!)

池田(…こっちに目線向けてくんないかなあ)ハフゥ

ゆみ(私はMではないが、あの目線には興味がある)フンス

434: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:12:42.71 ID:AT3Jyxei0
咲「私ね…勝って、麻雀部みんなで全国に行って、お姉ちゃんと仲直りして」

咲「また家族一緒に卓を囲みたいんだ」

衣「…かぞく?」

『残念です。貴重な研究者を二人も…』

『仕方ありませんよ』

透華『私、透華と言います。あなたの従姉妹ですわ』

衣『……父君と、母君は?』

透華『っ…それ、は』

衣『父君も母君も…何処に?』

透華『あなたの、お父様とお母様は』

透華『三つ隣の県に、行きましたわ』

衣『…っ!』

透華『週に一度帰ってくる。そう仰っていたでしょう?』

透華『また戻るまでの数年間、我が龍門渕家であなたのお世話を致しますわ』

436: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:20:25.78 ID:AT3Jyxei0
歩『衣様、学校でのご様子はいかがですか?』

透華『問題ナッシング! 友人も着々と増やしてましてよ!』

透華『更なるともだち100人できるかな計画、始動ですわ!』

衣『呆け者をこれ以上増やしたらダメだっ!』

純『おっすロリ。舐めていいか?』

衣『初対面の挨拶から逸脱しすぎている!』

智紀『どうも…合法ロリ?』

衣『ロリって言うな!』

一『ふう…衣様と呼ばせてもらってもいいですか?』ツヤツヤ

衣『金剛不壊どころか形状記憶だ!』

衣『増えすぎだ!』

437: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:29:59.84 ID:AT3Jyxei0
衣(家族…友達…)

衣(畢竟するに――)

咲「お姉ちゃんをね、もう一回脱がせてあんなことやこんなことしたいなー、って」ニコニコ

ゆみ「ふむ。それは気になるな…何をするんだ?」

池田「いいねいいね、あたしも聞きまくりたいし!」

衣「まだ対局中だと言うのに…」

衣(衣は、この卓では孤独なままなのだ…)

衣(いいだろう…一切合財、纏めて烏有に帰させてやる!)

パキ…ピシッ…

ズンッ!

京太郎「て、停電か?」

和「一体どうして…」シュルシュル

京太郎「対応が早すぎる!」

442: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:40:16.63 ID:AT3Jyxei0
久「停電ってわくわくするわね」

まこ「ほうか?」

優希「えまーじぇんしーだじぇ! 脱いでもわからんぞー!」

和「ふう…知っていますよ」

京太郎「だーっ! 和どこに逃げた!」

京太郎「あっ、くそ! これ服じゃねーか! さっさと着ろ!」

和「お断りします」ササッ

久「いやー、復旧するまでに須賀君が勝つか和が勝つか、楽しみね」

まこ「大将戦の真っ最中じゃっちゅうに…ま、いつも通りか」

446: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:52:13.86 ID:AT3Jyxei0
桃子「暗いっすね」

智美「だなー、なんも見えないとタダの目隠しプレイだなー」

睦月「せいっ」ヒュッ

智美「あだっ、む、むっきーは見えるのか?」

睦月「見えてはいませんが…ツッコむべき場所は分かります」

桃子「やるっすねー。むっちゃん先輩も天性のツッコミストっすよ」

佳織「あれ…? 桃子さんの声、全然掠れたり聞きにくかったりしないですね」

桃子「あー…なんか暗闇って落ち着くっす。一体化というか」

睦月「暗闇と一体化するからこそ、私たちが暗闇の中にいると桃子を知覚できる…?」

智美「ワハハ、意味がわからんぞー」

桃子「まあ豆電球でも付いたら負けるかもっすよ」

佳織「え、ええー…」

449: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:58:31.18 ID:AT3Jyxei0
美穂子「停電…?」

未春「大丈夫ですか?」

星夏「明かりが付くまで動かない方がいいですよね」

貴子「……」

純代「……」

美穂子「…まっくらくらーいくらーい…」

未春「あ、それ知ってます。まっくらもーりーはー、動きつづーけーるー」

星夏「ちかーくてとおいー、でしたっけ」

貴子「……まっくらクライクライ」ボソッ

「「「「……」」」」

貴子「わ、忘れろ」フイッ

454: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:07:48.18 ID:AT3Jyxei0
ハギヨシ「ご無事ですか?」

透華「へっちゃらへーですわ」

純「決勝の最後に来てコレか」

一「お屋敷でも満月の時に部屋の明かりが消えたりしたことはあるけど」

透華「これほどのことは初めてですわ!」

一(衣…君の心はやっぱり、ツッコミ気質なんだ…)

純「で? 智紀はまたどうしたんだ」

智紀「……初期化、された」ズーン

456: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:17:13.83 ID:AT3Jyxei0
池田「おっ?」

ゆみ「…ん、戻ったか」

咲「わ」

衣「……」

『えー、館内が停電していましたが、ただ今復旧しました。放送などの不具合をチェックした後、試合を再開します』

『さて南三局一本場、現在清澄がトップですが二位龍門渕との差は僅か』

『鶴賀が追い、風越はトップに追いつくにはかなり厳しい状況』

池田(名門風越敗退濃厚、とか言われてんのかな)

池田(ところがどっこい、まだ可能性はゼロじゃないし!)

池田(風越の名門はこんくらいじゃユルユルになったりしないし!)

貴子「笑顔、か…」

貴子(また下らんこと考えてるな、あいつ)

457: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:26:00.11 ID:AT3Jyxei0
ゆみ(手が進まないな…しまった!)

衣「……」ザザァ…

池田(ぜんっぜん聴牌できないし!)

ゆみ(清澄と龍門渕、怪物二人が同時に暴れるか)

衣「ツモ!」ザンッ!

『は、海底撈月! 龍門渕の天江衣、清澄を抜き再びトップに立ちました!』

『二校が僅差のまま、勝負はオーラスへ突入します!』

純「泣いても笑っても、か」

一「できれば笑って終わりたいけど…」

透華「衣が全力で楽しめているのであれば、それもまた良しですわ」

智紀「…頑張れ」

一「エヘ顔ダブルピースで行きたいね」

智紀「撮影準備…」

458: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:32:54.84 ID:AT3Jyxei0
南四局

ゆみ(さあ、ラス親だ)

ゆみ(役満ツモで捲くれるが…とにかく今は和了ることが優先だ)

池田(役満直撃でもツモでもトップは無理。そんなら聴牌して流局を数回繰り返していけばいいだけだし!)

池田(華菜ちゃん奇跡の逆転優勝、演出ばっちりだ!)

池田(って言った傍から四暗刻単騎ツモだし!)

池田(これでツモにしたら、みんな褒めてくれるか?)

池田(…きっと、みんな責めない。コーチだってそんなに責めないと思う)

池田(けど…!)

池田(どうせなら、みんなで全国に行ける可能性の道を選ぶ!)タン!

池田(一人で満足するより、みんなで満足してこその団体プレイだ!)

460: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:42:35.72 ID:AT3Jyxei0
衣(風越が和了らないとはあにはからんや)チャ

衣(…! これ、は…)ゾゾッ

衣(衣の和了り牌じゃない!)

靖子(衣…悩んでいるな)

靖子(捨てた牌で打ち込めば負け。かと言って崩しても先に和了されたら負け)

靖子(お前はこんな接戦になったことは無いだろう)

靖子「でもな…それが、麻雀だよ」

靖子「相手がイク前にイッて冷たい目で見られたくはなくとも」

靖子「手を出さなければヘタレ扱い」

靖子「早漏は辛いな…」フウ

463: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:51:51.60 ID:AT3Jyxei0
衣(まだ聴牌はしていない…打っても和了でなければ仔細無し)

衣(しかしこの相手は、それで打っては負けるかもしれない…)

衣「…う」

咲「麻雀って、楽しいよね」

咲「今日も色んな人と打てて、ホント楽しいよ」

衣「楽しい…?」

咲「うん。点差がつくのも、和了できないときもあるけど」

咲「点差が縮まって、ハラハラするときもあるけれど」

咲「だから怖くて、悩んで、迷うから…楽しめるんだよ」

衣「楽しい…これが、楽しい…?」

咲「うん」

咲「いっしょに楽しもうよ!」

464: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:58:14.88 ID:AT3Jyxei0
衣(衣と麻雀を打って楽しい…か)

衣(こんなに迷ったことは無い。低い手やイーシャンテンに怯えたことはない)

衣「これが、麻雀なんだ…」

衣「……」スゥ…

衣(衣は、信じるままに打つ。多分これで負けたとしても…)トン

咲「カン」

京太郎「手が、進んだ…!」

優希「これでテンパイ、次で嶺上和了できればマクリだー」

久「逆を言えば、これを逃せば龍門渕がさっさと和了りかねないけど」

まこ「心配無し、かのー」

和「そんなオカルトありえません」

466: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:02:57.50 ID:AT3Jyxei0
咲「もいっこ、カン」

衣(衣は……)

咲「――ツモ」

衣「……ああ」

衣「……」グズッ

衣「……ひ、ぐ」

衣「う、っく、ぐ、うう」

衣「うああああああああああん!!」

純「悔しいよな」

一「和了れば勝ち。それが接戦の面白さで、それだけ悔しいよね」

智紀「張ってれば…なおさら…」

透華「それが、麻雀ですわ」

467: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:08:35.84 ID:AT3Jyxei0
池田「くあー、お疲れさん! 楽しかったし!」

ゆみ「ああ…私も楽しかったよ。負け惜しみに聞こえるかも知れないが」

ゆみ「はっきり言って打ち足りないな」

池田「まったくだ! あと何回でも卓を囲みたいところだし!」

衣「おまえたち…また、一緒に打ってくれるのか?」

池田「そー言ってるし。てゆーか天江じゃないと困るんだって」

ゆみ「そういうことだ。それに、私たちも目的がある」

衣「え……」

池田「まだ天江の胸を揉み解してない!」ワキワキ

ゆみ「その通り。柔らかくなるまで育てないと気が済まないからな」フフッ

衣「……」ハァ…

衣「…まったく、この呆け者どもめ」

衣「絶対ありえないから、疾くとあきらめろ!」

池田「えー」

ゆみ「びー」

衣「えーもびーもないっ!」

咲「Dならいいの?」

衣「言うまでもあるかっ!」

473: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:18:51.59 ID:AT3Jyxei0
池田「はー…楽しかったなー」グズッ

美穂子「華菜!」

貴子「池田ァ!」

池田「うにゃっ!?」

美穂子「コーチ…」

貴子「……」ポリポリ

貴子「良くやった。次は、ぶちのめせよ」

未春「コーチ!」

池田「……はいっ!」

池田「でも打つよりぶたれる方が好きだからどっちでも可だし!」

貴子「池田ァ!!」

池田「う、うにゃー…」

474: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:22:39.87 ID:AT3Jyxei0
桃子「先輩」

ゆみ「モモか。楽しかったよ…それにも増して、残念だ」

ゆみ「モモやみんなと全国に行きたかったな」

桃子「……まだ終わってないっすよ。まだ個人戦があるっす」

桃子「仕方ないから面倒くさい先輩に付き合ってあげるっすよー」

ゆみ「モモ…」

桃子「馬鹿なこと言ったら突っ込んであげるし、むっちゃん先輩が殴り掛かるっす!」

ゆみ「やれやれ、言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、うまくいかないな」

ゆみ「ありがとうな…モモ」ギュッ…

桃子「先輩…」ソッ

ゆみ「……」モミモミ

桃子「そーくると思ってたっすよ、ばかちん先輩! はーなーすっすー!」ジタバタ

477: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:27:40.52 ID:AT3Jyxei0
透華「麻雀は楽しかったかしら?」

衣「トーカ…うん、楽しかった」

一「これからはもっと楽しめそうだね」

衣「ん」

衣「……」グスッ

純「ったく、こーろもっ!」ガバッ

衣「わ、な、何をするっ」

純「悔しいなら素直に泣き顔見せてみろって。笑う奴なんて、誰もいないんだからさ」

智紀「写真も撮らないから…安心して…」

衣「…う、ん…」クルッ

衣「……」

衣「ハジメ、その服はなんだ」

一「私服に着替えただけだけど?」

衣「衣が衣服のなんたるかを一から教えてやる…!」

透華「一だけに」

智紀「衣だけに」

衣「うるさーい!」

478: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:32:39.09 ID:AT3Jyxei0
和「咲さん!」ギュッ

咲「和ちゃん!」ギュウッ

優希「さきちゃー!」ガバッ

咲「わわ、優希ちゃんってばー」ギュッ

久「お疲れ様。せっかくだし私も」ギュ

咲「あはは…」ギュ

まこ「まー、流れを止めるんもな…お疲れさん」ギュ

咲「ありがとうございますっ」ギュ

咲「京ちゃん!」ワキワキ

京太郎「どうして両手がそんな下の位置にあるのかな」

479: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:36:55.28 ID:AT3Jyxei0
京太郎「写真撮るぞー! 並んで並んで」

優希「よし! バッチコーイ!」

京太郎「はい、チーズ!」

優希「Vやねん清澄だじぇ!」ピース!

久「まあたまにはね?」ピース

まこ「恥ずかしい…よりは嬉しいほうがでかいか」ピース

和「ふふ、咲さん」ピース

咲「うん、ピース!」

京太郎「はいもう一回撮りまーす」

京太郎「次は下腹部に当てないように」

481: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:39:54.54 ID:AT3Jyxei0
~電車の中~

まこ「ほんまに勝ったんじゃね、ウチら」

久「ええ、でもまだまだこれからよ」

まこ「次は全国制覇、か?」

久「そうよ、あの子達と一緒にね…」

和「うーん…エロペンが突いてきます…」zzz

咲「むにゃ…そんなに食べられないよ…チョコバナナ…」zzz

京太郎「夢に出て突っ込んでやろうか」

優希「京太郎! これでのどちゃんと咲ちゃんの口を塞ぐといいじぇ!」

京太郎「ほっほー。で、これは何かな?」

優希「ギャグ! ボール!」

京太郎「お前これ持ち歩いてんの?」

優希「もががががが! ふが、ふごごー」ハアハア

久「ほんと可愛いわよね」クスッ

まこ「じゃな」フフ

506: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 21:58:34.87 ID:RSAjke2h0
久「とゆーわけで。今日は水着で部活…すなわちプール!」

咲「それで水着持参だったんですね」

和「でも、それになんの意味があるんでしょう…」

久「意味ねえ…」

久「んー、なんとなくというか」チラッ

久「須賀君の水着が見たから! とか!」

京太郎「意味がわか」

和「いいですね」

咲「賛成です」

優希「ばっちこーい!」

まこ「ま、そういうことなら仕方ないのう」

京太郎「いやーん!」

511: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:08:51.99 ID:RSAjke2h0
久「ま、団体戦を勝ち抜いたご褒美と、個人戦への英気を養うってことで」

咲「そっか、ご褒美か…そうだね」

和「咲さん?」

咲「京ちゃん」トトッ

京太郎「ん? どうしたよ」

咲「えっとね…もし、その」モジモジ

咲「個人戦で勝ったら…」

京太郎「おう、弱いけどそれなりには頑張るぜ!」

咲「うん…ふふ、それで勝ったらご褒美あげようかなって」

京太郎「何だよ……下着なら間に合ってるぞ!」

京太郎(ふー…危ない危ない。予防線張っておかないとな)

咲「ええ!? そんなに自家発電用のショーツを持ってるの!?」

京太郎「日本語の使い方って難しいね!」

512: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:19:15.28 ID:RSAjke2h0
プール

京太郎(どうしよう…今更だけど)

京太郎(いやいや、さすがに公衆の場所でアホなことはしないだろ)

京太郎(そう思わせてそうじゃない可能性も…)

京太郎(和とかワザと下着とかで来ないだろうな…)

京太郎「うぐぐ、なんか悶々とする!」

久「おーいお待たせー。みんなで一緒にってなったら意外と時間かかっちゃって」

京太郎(き、きた! ゆっくりゆっくり…)ソー…

京太郎「……」

部員共「?」

京太郎「イヤッホオオオオオオウ!」

和「あら? 意外と喜んでくれましたね」

咲「もー京ちゃんってばー」テレテレ

京太郎「ばんざーい! ばんざーい!」

514: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:26:48.10 ID:RSAjke2h0
優希「きょーたろー! ゴムボートを曳け!」

京太郎「はいはいちょい待ち」

咲「うー…私、泳げないんだけど」

和「なるほど…なかなかの萌えポイントですね」グッ

和「普段はポケポケ、麻雀はドS、ちょっとしたところで欠点が」

和「実に、実にすばらです!」ハアハア!

咲「和ちゃん」

和「はいっ!」クルッ

咲「おすわり」

和「はいっ!」ペタン

京太郎「調教済み!?」

517: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:39:08.42 ID:RSAjke2h0
優希「咲ちゃんトース!」

咲「わわ、の、和ちゃん!」

和「須賀くん、えいっ」ギュッ

京太郎「ええい、ボールを寄越しなさいボールを!」

咲「あはははは、のどかちゃんっておもしろことするねー」

優希「咲ちゃん、のどちゃんのおもちを見る目がヤバイじぇ…」

咲「うらやましくなんかないもん…」ペタペタ

518: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:45:00.34 ID:RSAjke2h0
優希「ふー、遊んだ遊んだ。そろそろタコスミンを補給しないと」

京太郎「そういやさっき、VIPルームってのがあったな」

優希「きっと私とのどちゃんのためにあるんだじぇ!」

和「ご休憩室ですね」

京太郎「健全なプール施設にそんなもんがあるかっ!」

咲「それ、どこにあったの?」

京太郎「ああ…あっちに」

透華「むむむ無理に泳がなくてもももも問題あああありませんわ!」ガクガク

純「足震えてるぞ…」

透華「ここここここれは武者ぶるいですわ!」

一「無茶がありすぎるよ…」

和「VIPルームから出てきましたね」

京太郎「確信持てなくなっちゃった」

519: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:52:55.33 ID:RSAjke2h0
透華「あら…貴方たちは」

智紀「清澄高校…」

純「おう、須賀達か」

京太郎「どもっす。そっちもVIPルームに?」

一「ここは龍門渕グループだからね」

衣「ミヤナガサキ! ハラムラノノカ! あと弱いやつ!」

京太郎「はいはい、金髪雑魚ですよ。んじゃ俺らは退散しますか」

透華「はっ…待ちなさい原村和!」

和「はい?」ボイーンプルーン

純「おおう」

一「うわー」

透華「くっ!」

520: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:02:53.22 ID:RSAjke2h0
透華「ぐぎぎ…勝った気でいてもらっては困りますわ!」

和「はあ…」

透華「週末の個人戦では負けませんわ…! 本当のトップスタァがどちらか、白黒つけますわよ!」

衣「む…これは、この間の形代か?」

和「天江さん。ええ、これは同じキャラクターをモデルにしたビーチボールなんです」

衣「わー、それっ!」ポーン

京太郎「おおっ!? ほいっ」ポーン

咲「わわっ」ポーン

純「フンッ!」バシィッ!

和「エ、エロペーン!」

純「あ、わり…堪忍な」

521: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:07:04.88 ID:RSAjke2h0
衣「あの…ハラムラ、ミヤナガ…」

衣「もしよかったら、衣と友達になってくれないか?」

咲「うんっ、もちろんだよ!」

和「是非…ですがいいんですか? 私は徹底的にボケますけど」

京太郎「自覚在りすぎるボケってどうなのよ」

衣「その時はツッコむから大丈夫だ! 金髪雑魚が!」

京太郎「俺かよ!」

衣「だから…お前とも友達になってやる」プイッ

京太郎「なんじゃそりゃ…」

衣「……キョータロー」ボソッ

優希「むあー! スイート酸っぱすぎるじぇ! それ以上は許さん!」

衣「な、なんだチビ!」

優希「どっちがチビだ!」

衣「むむむっ」

優希「ぐぬぬっ」

京太郎(子供だ)ホッコリ

523: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:14:07.71 ID:RSAjke2h0
衣「ミヤナガサキ、昨日は楽しかった…また衣と遊んでくれるか?」

咲「もちろん。個人戦に出たらもっと打てるよ?」

衣「衣は個人戦には出ぬっ。昨日の団体戦で満足だ!」

透華「何度も言ってるのに、一向に気を変えませんの」

優希「ぷぷ、ビビってるんだじぇー」

衣「むっ! ふん、そっちこそけちょんけちょんに討ち滅ぼされるのがオチだっ」

優希「なにをー! 私よりチビのくせに!」

衣「なんだっ! 年齢では衣がお姉さんだぞ!」

京太郎「はいはい、そこまでそこまで。どっちが上か決めるなんて不毛だろ」ナデナデ

衣「む、む…」

優希「仕方ないじぇ…失礼」グイッ

衣「 」

優希「うーむ、確かにどちらも不毛地帯。この勝負手打ちだなっ」フンフム

京太郎「固まっちゃってるんだけど」

525: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:20:30.61 ID:RSAjke2h0
透華「原村和…必ずコテンコテンにして差し上げますわ!」

一「コテンコテンって」

智紀「古典的…」

純「ま、それもいいけどプールに入ろうぜ」グイッ

透華「ひぃっ!? ほ、ほほほほほ! よよよよよ余裕のよっちゃんですわ!」カチコチ

一「コチンコチンだ」

智紀「チン」

衣「直接的なものは衣は一切許さん!」

526: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:26:49.04 ID:RSAjke2h0
純「これで透華が出られれば二年連続出場だな」

一「東京かあ、懐かしいけどまだ一年前なんだよね」

衣「トーカは東京に行きたいのか?」

透華「行きたいに決まってますわ…衣、貴方忘れてますの!?」

透華「去年、東京に行った時のことですわ!」

衣「去年…」

527: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:31:26.91 ID:RSAjke2h0
衣『江都だ江都だ東京だー!』ピョンス

衣『眺望絶佳! 摩天楼が一杯あるよー!』

純『そろそろホテルに戻ろうぜ…』

一『いい加減歩き疲れたし、服も脱ぎたいし』

衣『ハジメのは既に服に至らない事を知れ!』

透華『けれど小腹がすきましたわね…』

衣『それならハミレスに行きたい!』

一『うーん、でも衣や透華にファミレスは口に合わないんじゃ?』

純『いや…案外悪くないかもな。高潔なお嬢様が下賤なモノで汚されるって、なんかいいじゃん』

智紀『ありがちだけど…なかなか…』

衣『衣の舌はそこまで肥えてないぞ』

528: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:37:57.89 ID:RSAjke2h0
透華『衣のお父様は学者で、若くして大学の教授について』

透華『まあそんなことはどうでもいいのですけれど、とにかく料理がお上手で』

透華『家族や知り合いに腕を振るうのが唯一の趣味みたいな人ですから』

透華『外食したいというと落ち込んでしまって面倒くさいらしいですわ』

一『メンドくさっ!』

透華『ぶっちゃけ味自体はファミレスがKO負けですわ』

純『アレか、一回だけ行ったことがあって、思い出補正が掛かってるってことか』

智紀『食べたら…まあこんなもん…』

透華『まあそれはそれでいいんじゃないかしら』

衣『おーい! はやくはやくー!』ブンブン

529: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:42:35.82 ID:RSAjke2h0
透華『五人で禁煙席希望ですわ』

純『あと子供用のイス一つお願いします』

衣『そこまでちんまくないっ!』

純『……』チラッ

智紀『……』チラ

一『……』ジッ

透華『……』チラチラ

衣『衣はまだ座ってないぞ』

純(顔しか見えねえ)

531: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:46:23.35 ID:RSAjke2h0
『ハンバーグエビフライです』コトッ

衣『きたきたー…え』

純『なんだそれ、ひでーなあ…タルタルが豆粒くらいじゃねーか』

一『酷いね、クリと同じくらいじゃない?』

智紀『衣のポッチと同じくらい…』

透華『貴方たち! 何を馬鹿な事を言ってるんですの!?』

衣『お、おお? トーカがまともだ…?』

透華『衣のポッチはまだまだ未発達ですわ!』クワッ!

衣『衣…なんか悪い事したのかな…』ジワ

534: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:52:35.56 ID:RSAjke2h0
一『すいませーん、タルタルソースがメニューとだいぶ違うんですけど』

一『これってどうしてもこうじゃないとダメなんですか?』

純『国広くん、なかなか嫌な言い方するねえ』

一『僕は疑問をスッキリさせたいだけだよ』

『すみませんでした!』

衣『タルタルいっぱい! おいしそうタル~』

智紀『ホワイトの中にリアルな黄色…』ボソッ

一『スッキリしただけに』ボソッ

純『さっきの店員か?』ボソッ

衣『おいしい~』

一『やめとこっか』ボソボソ

純『マジギレしそうだしな』ボソボソ

536: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:57:18.28 ID:RSAjke2h0
衣『楽しかったー! また、みんなで東京に来たい!』

透華『何を言ってますの? これから三年間…』

透華『夏はここに通いますのよっ!』

透華「去年、五人であんなことやこんなことをして!」

透華「また東京で5Pをしようと誓ったじゃありませんの!」

透華「一夏の、過ちっ!」

衣「衣にそんな記憶は無い」

537: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:59:32.48 ID:RSAjke2h0
まこ「しっかし、ホントに全国とはのー」

久「あら、まだ信じられない?」

まこ「実感っちゅうか…まさかまさかで」

久「合宿でも言ったでしょ。この夏は長くなるって」

久「目指すは一つ。イケるとこまでイクことよ」

久「あえて言うならそうねえ…」

久「一夏の過ち…」フフッ

まこ「過っとったらアカンじゃろ…あとそれ、えらい天丼っぽいんじゃ」

538: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 00:02:37.73 ID:n4r4Wgti0
『試合終了! 白糸台高校、圧倒的な差で勝ちあがりました!』

『三年連続の全国大会出場です!』

淡「……」フッ

淡「闇の炎に抱かれて消え」ガンッ

淡「~~~~~っ!!!」

「だ、大丈夫?」

淡「こ…こゆびが…いたい…」

菫「嬉しそうな顔くらいしたらどうだ?」

照「このくらいじゃ調整にもならない…」

菫「ふん…ほら」ヒョイッ

照「……」

菫「む、すまん。それは今朝買ったLOだ」

照「……」ギュルル

菫「ちょっ! 待て、やめろ!」

照「削除」ビリリッ

菫「あああああああああ!!」

542: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 00:06:32.45 ID:n4r4Wgti0
菫「ほら、これだ…新聞…」ズーン

照「自業自得…」

菫「そこに長野の高校が載ってる」

菫「清澄、って知ってるか?」

照「……」ジッ

『宮永咲』

照「……」

照「……」ガタガタ

菫「お前、妹いるんじゃないのか」

照「いない、いない…妹なんていない…」ブツブツ

菫「宮永咲」ボソッ

照「ひいぃっ!?」ガタンッ!

菫(面白いな、これ)

571: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:23:16.68 ID:6DqbkDXH0
今日は安価で京ちゃん個人戦です。もしかしたら優勝するし、普通に一回戦ボロ負けも。
早いけど安価までの茶番を透華ー。

574: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:31:30.28 ID:6DqbkDXH0
『間もなく、個人戦一次予選を開始致します』

咲「凄い人数だね…」

まこ「個人戦は団体戦に出れん生徒も来るからのー」

和「相手が居なくてもソロプレイなら誰でもできますから」ハアハア

京太郎「はいはい話を逸らさないよー」

久「個人戦で全国に行けるのは3人。誰と当たっても、全力全開手加減無しで」

優希「さっすが部長! わかりやすいじぇー」

久「勝っても負けても悔いのないようにね!」

「「「「「はいっ!」」」」」

久「あ、須賀君」

久「男子は会場違うから。急がないと間に合わないわよ」

京太郎「うおぉいっ!」ダダダッ!

575: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:38:48.90 ID:6DqbkDXH0
京太郎「ぜー、はー…ま、間に合った!」

京太郎「清澄高校の須賀京太郎です、登録お願いしますっ!」

「え、えっと京太郎君? 登録はあっちだけど…」

京太郎「いいっ!?」

「もう…こっち、急がないと時間なくなっちゃうよ」ギュッ

京太郎「うおっと…ありがとうございます」

「お礼なんて別に…そ、それより行かないと!」

京太郎「そうっすね…あの」

「な、何?」

京太郎「手、綺麗ですね」ジッ

「えええっ!? そそそ、そんなことっ!」

京太郎「お、あれが登録所か。すいません小鍛治さん、行ってきまーす!」

健夜「あ…もう、元気だなあ」クスッ

580: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:49:27.28 ID:6DqbkDXH0
健夜「男子は人数が多いから、一日目でも負けがあるよ」

京太郎「うげ、マジっすか…二日目まではなんとか…」

健夜「ゆ、夢はおっきくないとダメだよ!?」

京太郎「それじゃあ全国優勝で!」グッ

健夜「スケールが変わりすぎだよ! もう…」

健夜「京太郎君…手、貸してくれるかな」

京太郎「? はい」スッ

健夜「…頑張ってね」ギュッ

京太郎「はいっ!」

京太郎(なんて言った手前、恥ずかしい姿は晒せねーよな)

京太郎「よろしくお願いしますっ!」

581: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:01:16.29 ID:6DqbkDXH0
京太郎(さーて…いい牌来いよ?)カチャ

※京太郎の戦績は安価で決まります。戦績次第では全国編の展開に変化が生じる予定。
コンマの数値で卓の1~4位を決定します。おっきい順。
↓1 京太郎
↓2 相手E
↓3 相手R
↓4 相手O

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

一日目は全3回戦。
1回戦は1,2,3位で勝ち抜け。2,3回戦は1,2位で勝ち抜け。

582: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:01:41.89 ID:aQYGnQ7je93
おまかせあれ!

583: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:02:01.68 ID:nmCQBOY3O94
すばら!

584: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:02:27.35 ID:shLKIWPjr95
でえい

585: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:02:29.11 ID:KBhgIP6Vc96

588: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:07:04.77 ID:6DqbkDXH0
京太郎1位!

京太郎「おしおしおしっ! 幸先いいぜ!」

京太郎「2回戦はこのあとすぐか…へへ、咲たちに昼の時間、自慢できる結果にしないとな!」

健夜「良かった…でも、気を抜いたらだめだからね」ホッ

京太郎「よろしくお願いしますっ!」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。
↓1 京太郎
↓2 相手E
↓3 相手R
↓4 相手O

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

589: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:07:27.42 ID:SiZmLqt9Q98
はい

590: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:07:53.34 ID:nmCQBOY3O94
おまかせあれ!

591: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:08:13.78 ID:SN9Ipk8j5100

592: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/29(火) 20:08:21.39 ID:OgQbGgemE101
そもそもなぜすこやんが……?

595: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:11:54.90 ID:6DqbkDXH0
京太郎2位!

京太郎「あ、ありがとうございました…」フー

京太郎(あっぶねー…300点差で2位かよ)

京太郎(ま、勝ちは勝ちだよな!)ヘヘッ

健夜「ひ、ひやひやするよ…なんだか自分が打ってる時より怖いなあ」

597: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:17:11.04 ID:6DqbkDXH0
京太郎「小鍛治さん! 勝ちましたよ、俺!」

健夜「うん、おめでとう…今日はあとは、午後の3回戦だね」

京太郎「ありがとうございますっ。じゃあ俺、部活のみんなに伝えてきます!」

健夜「あ……もう、あんな子だったかなあ?」

健夜「もっと頼りになる気がしたんだけど…ツッコミの人が少ないからかな…」ハア…

健夜「でも、あれが本当の京太郎くんなんだよね」

健夜「ふふっ、かわいいなあ」

健夜「応援するからね。京太郎君」

607: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:26:02.44 ID:6DqbkDXH0
京太郎「よっ、飯食ってたか。元気いいなー」

咲「京ちゃん! なんだか元気だね」

和「個人戦はどうでしたか?」

優希「安心しろ! 優希ちゃんハンドでチビ京太郎を慰めてやるじぇ!」ワキワキ

京太郎「ふっ…その必要は、ないっ!」

まこ「お、とゆーことは」

京太郎「2回戦勝ち抜けですよ! 3回戦進出っす!」

久「あらま…それはまた、今後の指導のし甲斐がありそうね」

咲「おめでとう!」

優希「ほほー、めでたいめでたいじょー」

和「おめでたですね」

京太郎「待て」

和「どこの女ですか!?」

京太郎「落ち着け!」

617: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:36:55.63 ID:6DqbkDXH0
優希「そーなるとタコスの補充ができないじぇ…むむむ」

京太郎「ああ、そう言うと思って。ほれ」タコス

優希「むぐ…タコス?」

京太郎「冷めても美味いタコスだとさ。匂い控えめで気配りバッチリだぜ」

優希「ほへー、京太郎よくやった! えらいぞ!」

咲「凄いね。京ちゃんが作ったの?」

京太郎「いやいや、途中の屋台で執事さんが作ってたんだよ」

まこ「なんじゃそら…」

久「ちょっと考えられないわねえ」

和「須賀君、常識の範疇で物を言って下さい」キリッ

京太郎「どの口々が言いやがる…」

621: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:44:17.23 ID:6DqbkDXH0
京太郎「っと、そろそろ時間っぽいな」

咲「京ちゃん頑張ってね!」

優希「タコスの陰から応援しといてやるー」

和「頑張って下さいね。いえジョーク抜きで」

久「全力でね。冷めたら負けよ!」

まこ「後でな。また元気よく報告頼むからのー」

京太郎「うっす! 行ってきます!」

京太郎(ふー…やっぱ緊張するけどさ)

京太郎「よろしく、お願いしますっ!」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2位で勝ち抜け。
↓1 京太郎
↓2 相手E
↓3 相手R
↓4 相手O

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

622: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:44:24.74 ID:Wq71RNquq107

623: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:44:28.23 ID:tI9W438fK108
おまかせあれ!

624: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:44:41.91 ID:oHwj7oxpu109
ニワカは相手にならんよ!

625: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:45:03.07 ID:Wni7ZsSrO110

633: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:50:19.97 ID:6DqbkDXH0
京太郎2位! ※合宿編、全国編で展開に変化

京太郎「ありがとうございましたぁっ!」

京太郎(……)

京太郎「……っしゃあああ!」

『男子個人戦、1日目を終了――!』

『明日の4、5回戦で全国行きへの切符を手にする選手が決定します!』

健夜「……わあ」

健夜「なんだか、胸が熱くなってくるよ」

健夜「懐かしいなあ…あんなに喜んで、楽しそうで」

健夜「……うん」ギュッ

健夜「私も、頑張らないとね」

646: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:00:01.37 ID:6DqbkDXH0
京太郎「小鍛治さん! 俺、やりましたよ!」

健夜「うん、見てたよ。おめでとう…でもまだ明日があるからね?」

京太郎「うぐ…な、なんか腹が痛いんですけど…」

健夜「緊張するよね。初めての試合ならなおさら」

健夜「明日も見に来るからね? 格好いいところ見せて欲しいなあ」

京太郎「うえっ!? し、仕事とかいいんですか…?」

健夜「新幹線使えば間に合うから大丈夫だよ」

京太郎「そっすか…明日も頑張りますから、応援頼みます!」

健夜「うん、じゃあまた明日…」

健夜「はー…」

健夜「こーこちゃん? ごめん、今夜の打ち合わせ、明日にしてもらえる?」

651: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:07:56.24 ID:6DqbkDXH0
咲「京ちゃん! 凄いよ!」

久「ほーんと。もしかしたらもしかするかもね?」

まこ「こりゃあ京太郎の方がわしより強いかもしれんのう…」

優希「京太郎のタコス力も相当のもんだな!」

和「知りませんでした。須賀君はとんだテクニシャンですね、突き合って下さい」

京太郎「いやあ…すみません、明日も応援行けなくて」

まこ「何言うとるんじゃ。こっちのほうが申し訳ないっちゅーんじゃ」

久「正直私が応援したいくらいなんだけどね…こういう時、会場が違うってのが困るわ」

咲「私は心の中でずっと応援してるからね!」

優希「私はタコス場の陰から見守ってるじょー」

京太郎「ありがとな!」

和「もう…放置プレイだなんて、悪くないですね…」モジモジ

656: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:18:29.46 ID:6DqbkDXH0
~2日目~

京太郎「ふー…あと2回。やべえよ…き、緊張が…」

健夜「だ、大丈夫? ええとこういう時は人の字を書いて」

「ふん…金髪雑魚が存外勝ち抜いていると聞いたけど、とんだ偶然だ」ザッ

京太郎「う、うえ?」

健夜「あ…龍門渕高校の」

「力を感じない。力へ至る道筋も見えない…」

「それなら後は人の意思。お前の意思だけしか頼れないんだ」

「…お前は、衣が思ったよりも強い。だから…その」

衣「頑張れと言っているっ!」

京太郎「……おう、ありがとな!」

京太郎「それじゃ、行ってきます!」

661: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:22:55.79 ID:6DqbkDXH0
『さあ男子個人戦準決勝! 上位二人が勝ち抜けとなります!』

京太郎「…おしっ!」パンッ!

京太郎「お願いしますっ!」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2位で勝ち抜け。
↓1 京太郎
↓2 相手S
↓3 相手Y
↓4 相手D

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

662: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:23:06.91 ID:nmCQBOY3O94
ころたんイェイ~

663: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:23:07.84 ID:OH8u6z3m9117

664: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:23:19.04 ID:Wni7ZsSrO110
ほい

665: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/29(火) 21:23:23.68 ID:Vh3NuX7Cj119
せい

680: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:32:44.97 ID:6DqbkDXH0
京太郎1位! 決勝進出!

京太郎「……ほへ?」

京太郎「マジで?」

『準決勝終了ー! ここに決勝進出の4名が決定しました!』

『うち一人は女子団体戦で優勝した清澄高校! 今年は波乱の展開です!』

衣「これは…」ガタッ

健夜「力はないけど、そのぶん純粋に麻雀が楽しめてる…のかな」

健夜「私達にはもう、あんまり分からない感覚かもしれないけれど」

衣「……あ」

衣「そっか、キョータローは、麻雀をしているんだな」

健夜「うん……」

衣「……」

健夜「ねえ、良かったら今度一緒に打ってみない?」

衣「良縁か奇縁となるか…衣がお前に通じると思うか?」

健夜「さあ…」クスッ

694: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:43:40.85 ID:6DqbkDXH0
まこ「京太郎!」バシッ

京太郎「うおっ!? 染谷先輩、それに優希!」

優希「ちょ、おま、ほんとに凄すぎだじぇ!」

まこ「全国行きも全然ありえるとは…わしより強いっちゅうんはマジじゃったか」

京太郎「い、いや偶然というかなんというか…」

まこ「アホ。運も実力、しかし麻雀は運だけじゃダメなんじゃ」

優希「そういうことだ! 誇れ! タコス神に!」

京太郎「…ああ!」

まこ「次の決勝戦はわしらも観客席におるからの」

優希「頑張れ京太郎! 勝利祈願のタコスグミだじぇ!」

京太郎「ありがたいけど超まずそう…」

703: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:48:59.40 ID:6DqbkDXH0
京太郎(小鍛治さんに天江、優希に染谷先輩…)

京太郎(多分他の人も見てるんだよな)

京太郎「…お願い、します」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2,3位で全国進出。
↓1 京太郎
↓2 相手S
↓3 相手E
↓4 相手X

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

704: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:05.16 ID:4SAuCo0JF123
??「京ちゃ須賀京太郎は東京の白糸台に転校すべき……わた宮永照先輩が直々に指導すると言っていた」

705: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:07.82 ID:nmCQBOY3O94
すこやんイェイ~

706: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:09.80 ID:OH8u6z3m9117
シャイニングツモ!

707: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:21.69 ID:0VE31IDXB126
おまかせあれ!

738: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:56:51.73 ID:6DqbkDXH0
「ご無礼。手を抜く気は無いんでね」「悪いなその牌だ…だが目はいいぜ、アンタ」「アンタ、背中…いや、いい色だ」

『決着ー! 個人戦決勝、全国行きが決定しました!』

『清澄の須賀選手、惜しくも全国を逃しましたが堂々の4位! まだ一年生の彼は今後が期待されます!』

京太郎「……はー」

京太郎「ありがとう、ございましたっ!」

京太郎「……」

京太郎「あー」

健夜「京太郎君」

京太郎「…すんません、負けました」ペコッ

健夜「ううん。頑張ってた。初めから見てたから、分かるんだよ?」

健夜「悔しいよね。泣きたいよね…」ギュッ

京太郎「……ふ、ぐっ…」

京太郎「お、れっ、本気で、がぢ、勝ちたくてっ!」

健夜「うん…いいんだよ。泣いていいの」ギュウッ

京太郎「…う、ううううううう!!」

762: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:06:27.61 ID:6DqbkDXH0
優希「……あ、京太郎…」

まこ「惜しかったのー」ポン

京太郎「はは、負けちゃいましたよ。さすがに決勝はキツイっすね」

衣「……」ピョン

衣「奇しくもキョータローの思う所はよく分かる」

衣「1週間前の衣も同じ思いだった。だからキョータロー、衣おねえさんの胸で泣いていいぞ!」フンス

優希「…無い胸で泣けとは片腹大激痛だじぇ!」

衣「なにをー!?」

優希「なんだー!」

まこ「ったくわりゃあ…」

京太郎「…はは!」

京太郎「はいはい、二人ともそこまでにしとけー」

771: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:16:05.43 ID:6DqbkDXH0
京太郎「咲! 和! 個人戦全国出場おめでとう!」

咲「う、うん…あの」

和「須賀君は…その」

京太郎「…ったく、なーに微妙な顔してんだよ」ワシャワシャ

咲「わわっ!」

和「あうぅっ」

京太郎「そりゃ全国行けたら嬉しかったけどさ。多分それと同じくらい、団体戦と個人戦でお前らが全国行くのが嬉しいんだよ」

京太郎「それともアレか? 男だし、全国行けないならお留守番かよ? ねえ部長」

久「んー? そうねえ…咲と和がそう言うなら留守番してもらおうかしら」クスッ

咲「そんなこと!」

和「ありません!」

京太郎「それに、お前らの面倒も見ないとダメだからなー。麻雀打つ暇もねーよ」

京太郎「だからさ…今年は全力でサポートするから、来年はもうちょっとマトモになってくれな?」

咲&和「「……えー」」

京太郎「そこは頷くだろ普通!」

780: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:24:20.22 ID:6DqbkDXH0
京太郎「小鍛治さん、今日はありがとうございました」

健夜「ううん。約束だったし、私も京太郎君には色々教えてもらったから」

京太郎「へ? なんですかそれ…?」

健夜「ん、内緒。でも本当に格好良かったよ」

京太郎「いや…みっともないとこ、見せちゃって」

健夜「それも含めて格好良かった、ってこと。ときめいちゃったかも」クスッ

京太郎「へっ!?」

健夜「なんて、ね。それじゃあまたね…インターハイは私も解説で出るから、また会おうね!」

京太郎「……はいっ! ありがとうございましたっ!」

健夜「うん、バイバイ」

健夜「もうこんな時間かあ…こーこちゃん怒ってるかなあ」

健夜「…いいよね、たまには」

790: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:32:47.82 ID:6DqbkDXH0
久「さ、そろそろ帰るわよー。準備はいい?」

和「須賀君、これを」スッ

京太郎「……ローション?」

和「須賀君のタイミングで準備してください」キリッ

京太郎「この展開見越してこれ持ってきたの?」

久「はいはい、そこも行くわよ」

咲「あ、はいっ」

京太郎「……」クルッ

京太郎「また来年、来るからな」

京太郎「…へへっ」

優希「あー! 京太郎がエロい顔してるじぇ!」

まこ「ま、まさかわりゃあ…建物フェチだったんか…」ゴクリ

咲「うぅ、建築物にはなれないよ…」グスン

久「廃墟ツアーとか行ってみる? ティッシュ持って」

和「廃墟なら穴もあるんですよね…」ゴクリ

京太郎「結局こんなんかよ!?」

京太郎「…ま、こんなんが丁度いいか」

838: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 21:50:37.34 ID:EG8nJNB50
久「えー…清澄高校女子団体戦、および咲と和の個人戦を祝しましてー」

まこ「長い長い、はようせんか」

優希「遅漏は遅漏で嫌がられるじぇー」

和「個人的には早漏でも大丈夫ですよ、須賀君」

京太郎「ちょっ、人聞きの悪い事言うな!」

咲「だ、大丈夫だよ京ちゃん! 早くても回数で補えれば!」

優希「おら! 赤玉を だせ!」

京太郎「死ぬわ!」

久「かんぱーい」

843: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 21:59:46.39 ID:EG8nJNB50
透華「えー…この度は皆さん、お疲れ様ですわ」

透華「ここに来年のリベンジを誓って! 慰労会を開催します!」

純「乾杯ー」

一「お疲れー」

智紀「おつ…」

衣「わーい! かんぱいだー!」

透華「ちょっと貴方たち!? 腑抜けすぎですわっ!」

一「そうは言ってもさ、清澄には完敗だよ」

純「おっ、うまいこと言ったな。完敗ー」

衣「わーい、完敗だー!」

智紀「…おっぱ」

衣「いや、それは許さない」

一「あの卓囲んでから衣が結構キツイよね…」

844: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:07:17.48 ID:EG8nJNB50
ゆみ「お疲れ様。残念ながら全国へは行けなかったが、ここまで戦えて嬉しく思う」

智美「ワハハ、楽しかったなー」

睦月「お疲れ様でした。先輩は何にしますか?」

智美「佳織のジュースがいいなー」ワハハ

佳織「ふえ? えっと、ラフランスジュースでいい?」

智美「ラブジュげふっ」

睦月「ふー…」

ゆみ「私はミルクを頂こうか」スタスタ

ゆみ「……ふむ」

ゆみ「ここか」モニュッ

桃子「あーっ! なんでわざと隠れてたのに分かるっすか!?」

ゆみ「安心しろ。世界の果てまでも見つけ出してみせる」モミモミモミ

桃子「ちょっ! あっ、やっ!? んんっ…」

睦月「……さて」ゴゴゴ

845: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:10:50.47 ID:EG8nJNB50
池田「キャプテンの個人戦全国出場を祝って! 超乾杯だ!」

未春「キャプテンおめでとうございます!」

星夏「おめでとうございます、同行はできませんけど、応援してますねキャプテン」

純代「私もです。おめでとうございます」

美穂子「ありがとう…ごめんね」ジワッ

未春「謝ることじゃありませんよキャプテン。私達みんな、とっても嬉しいんですから」

星夏「そうですよ。自分の事みたいに嬉しいです」

美穂子「ありがとう…本当に…」グスッ

美穂子「うう…」ポロポロ

池田(キャプテンの涙…)

池田(絶対売らないし! 華菜ちゃんが独占だし!」

未春「華菜ちゃんー?」ニッコリ

848: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:22:20.25 ID:EG8nJNB50
京太郎「……」トン

優希「たっこす、たっこすー」トン

和「エロペンにバイブレーション機能を付けたら、持ち込み不可になるでしょうか?」トン

咲「うーん…棒さえ付けなければ大丈夫かな?」トン

京太郎(は、張った…! 字一色、小四喜!)

京太郎(索子は河に少ないけど…ここは切るっきゃねー!)トンッ

優希「ローンッ! すったんだじぇー」バラッ

咲「あ、私も同じだよ。四暗刻単騎」パタン

和「私は緑一色です…初めて和了りました」チャッ

京太郎「……」

和「はっ…須賀君が私の初体験の相手になるんですね…」ポッ

優希「三人相手にいっしょに放出とはヤルなー」

咲「京ちゃん、たくさん出たね…あれ? 京ちゃーん」

京太郎「……」ズガーン

859: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:58:44.40 ID:EG8nJNB50
京太郎「ふあ…朝からねみー…一限寝ようかな」

久「須賀くーん、いる?」ガラッ

アレッテセイトカイチョージャネ? カイチョーダ

京太郎「部長! どうしたんですか?」

久「ちょっとねー。今日の部活なんだけど、休みだって一年生に伝えといてくれない?」

京太郎「咲たちにですか? それならメールでいいんじゃ…」

久「それがどこかにいっちゃったみたいなのよ。朝から探してるんだけどねー」

京太郎「はあ…分かりました」

久「よろしくね。まこには私から伝えておくから」

京太郎「うっすー」

京太郎「…咲は、まだ来てないか。和んとこ行ってみるかな」

860: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:07:05.19 ID:EG8nJNB50
京太郎「えーと…ここだよな」

京太郎「うーっす、のど…原村さん、いるか?」ガラッ

和「はい、これはこの公式を当てはめれば…」

和「提出プリントはそこのボックスへお願いします。後で取りまとめますね」

和「一限目は先生が急用で自習とのことですから、もし分からないことがあれば聞いてくださいね」

和「はい? いえ、そんなに褒められることでは…ふふ、でもありがとうございます」

和「? どうしたんです? 顔が赤いですけれど…」

京太郎「……」ゴシゴシ

京太郎「……??」

和「あら…須賀君」トトッ

和「もう、朝から私をどうするつもりなんですか?」モジモジ

京太郎「あ、和だった」

861: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:12:30.50 ID:EG8nJNB50
京太郎「えーと…頼りにされてる感じなのか?」

和「どうでしょうか。ただクラス委員というだけですが…」

和「それでも嫌な仕事ではありませんね。私程度でも頼ってもらえるのは嬉しいですから」

京太郎(誰?)

和「それで須賀君は、どうしたんです?」

京太郎「あ、ああ…部長から連絡あって、今日の部活は中止だとさ」

和「そうですか。わざわざありがとうございます」

京太郎「ん…ああ」ボーッ

和「須賀君?」

京太郎「いや…なんかいつもと感じが違うから、なんつーかさ…」

和「…ふふっ」クスッ

和「安心してください、私はいつも通りちゃんと穿いてないですから」ボソボソ

京太郎「ときめき返してくれる?」

866: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:23:51.85 ID:EG8nJNB50
京太郎「えーと優希のクラスはこっちか」

京太郎「ちーっす、優希いるかー?」ガラッ

優希「はむっ、はふはふ、はふっ!」

優希「んぐ…ぷはー! やっぱり朝はタコスから始めるじぇー」

優希「匂いの広がらないタコス…いい時代になったもんだ」

京太郎「優希だった」ホッ

優希「お? 京太郎どうした! 私に会いたいのは分かるが朝から盛るには場所が悪いじょー」

京太郎「ちげーよ…部長が今日の部活、無しだとさ」

優希「そーかー…京太郎はまっすぐ帰るのか?」

京太郎「そうだな。特に寄るとこもねーし」

優希「ん…そっか…ありがとな京太郎! また昼に会おう!」

京太郎「おう、じゃーな」

優希「……え? ち、違う、別にそんなんじゃないじょ!」

優希「うー…からかわれるのは苦手だじぇ…」

優希「顔赤い…? み、見るなー!」

869: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:31:19.61 ID:EG8nJNB50
京太郎「そろそろ咲は来てるかね」

京太郎「咲ー、いるか?」ガラッ

咲「あ」

京太郎「……」

咲「えっと…これは京ちゃんの椅子を温めておこうかと…」

京太郎「ふんふむ。で、なんで背もたれに腕を回してんだ?」

咲「対面座位っぽくて…」

京太郎「椅子相手にか」

咲「えーと…あ、それじゃあ」

咲「うーん、やっぱり生身の京ちゃんは座りにくいね…」ムムム

京太郎「おかしくね? なんで対面座位になってんの?」

京太郎「つか暑いわ! 何月だと思ってんだ!」

—-以下 短編・おまけ—-

7: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:20:17.81 ID:qpYAEBTl0
前スレ>>1000からでー。

宥「さ、寒いぃ…」プルプル

京太郎「大丈夫ですか? 風呂行ってきたほうが良いんじゃ…」

宥「うん…一緒に行こう?」プルプル

京太郎「さも当然のように誘われたけど行きません」

宥「寒いよぅ…」プルプル

京太郎「だから風呂行った方がいいですって。てゆーかなんで俺も行くんですか」

宥「京太郎君見てもらうと…なんだか体が熱くなってくるから…」ハフゥ…

宥「奥の方が…熱くなっちゃう…きょうたろうくん…」トローン

京太郎「さっさと」ガシッ

京太郎「お風呂へ」ポイッ

京太郎「いってらっしゃい」ピシャン

宥「…なんだか、切ないよぅ…」グスン

11: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:21:43.32 ID:qpYAEBTl0
ちょっとだけ部員日和でー。

純代「今日はお休みなんですか」

美穂子「せっかく来てもらったのにごめんなさい」

未春「お休みの連絡、今からでも回さないんですか?」

美穂子「さっきコーチに電子メールを送ってもらうように頼んだわ」

未春「あ、届きました」

純代「私も」

美穂子「一瞬で二人に!?」

未春「いえ、同じ文面ですよ」

美穂子「一時違わず正確に!?」

※手抜きではありません

12: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:27:12.67 ID:qpYAEBTl0
未春「ひどい雨だねー」

池田「ここんとこ雨ばっかりで嫌になるなあ」

未春「うわー、ビチョビチョ」ビチョビチョ

池田「パンツ意味ないし」ビチョチョ

未春「何でそこが濡れてるの?」

星夏「おはようございます、嫌な天気が続きますねー」

池田「文堂…それは生活の知恵!」

未春「長靴!」池田「ゴム製の包み込む奴!」

未春「変な事言うのはこの口かなー?」グイッ

池田「ふぃふぁふんやへほー」

13: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:33:44.89 ID:qpYAEBTl0
池田「なるほど長靴かー」

星夏「今時はおしゃれな長靴多いですからねー」

池田「いいねー、色もたくさんあるし」

星夏「私はスカイブルーが好きですね」

池田「薄い物もあるし分厚いのもあるしな」

星夏「そうですか? たしかにフィット感あるのもありますけど…」

池田「0.02ミリくらい」

星夏「薄っ!?」

14: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:38:07.07 ID:qpYAEBTl0
池田「んー、私も長靴欲しくなってきたなー」

池田「よし買おう! そんで水たまりでばしゃばしゃする!」

未春「でも道の水たまりって跳ぶと結構汚れるよ?」

池田「もーまんたいだし!」

池田「でもヌルヌルするからすべり止めがしっかりしてる奴じゃないと」

未春「なんの上ではしゃぐつもりかなー?」

36: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 11:49:51.88 ID:i0cKQ6wv0
半端になってた部員日和の続きをぽちぽち透華でー。

37: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 11:53:04.29 ID:i0cKQ6wv0
池田「おー、あるある長靴!」

未春「ほんとに可愛いのたくさんあるんだねー。迷っちゃうなあ」

池田「おっ。軒先のはおすすめ品だ…お?」

池田「みはるーん」

未春「華菜ちゃん、いいのあった?」

池田「ゴムの自販機!」サガミッ

未春「靴屋の前に!?」

38: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:08:22.09 ID:i0cKQ6wv0
池田「この長靴はどう?」

未春「かわいい!」

池田「でも似合ってるかというとイマイチな感じが…全身のコーデがなってない」

未春「おおー、おしゃれ上級者だ」

未春「でも制服は変えちゃだめでしょ」

池田「うーん…」

池田「下着くらいしかないけど今日は無いもんなあ…」ガックリ

未春「待って」

39: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:19:37.55 ID:i0cKQ6wv0
池田「って雨具買ったとたんに快晴だし!」

未春「うわぁー…暑いねえ」

未春「今週はずっと晴れだって。日傘の方が必要だったかもね」

池田「なんの! この長靴、実は特にUVカット機能は無し!」

未春「長靴だもんね…」

池田「女子高生のムレムレ長靴として売りに出せば!」

未春「うーん、燃えない日って水曜日だったかなあ」

40: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:35:37.97 ID:i0cKQ6wv0
池田「今日も晴れかー」

未春「明日も晴れるって」

星夏「たまには曇ってほしいですよね」

池田「それもいいけど…」

池田「雨が降ってくれないと、部屋でしか濡らせられないからなあ」

未春「何を?」

池田「ナニを」

星夏(何言ってるんだこの人は…)

41: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:45:42.68 ID:i0cKQ6wv0
未春「華菜ちゃん! 明日雨だって!」

池田「ええっ!」

未春「ほら、天気予報だと80%」

池田「うわぁ雨だ! やったー!」

美穂子「? 二人の家は農家だったかしら」

美穂子「ふふ…でも華菜は雨具を持ってきたみたいだから、傘がなくても会いに行けるわね」

純代「はあ…?」

美穂子「行かなーくちゃー、君にー逢いにいかなくちゃー…」

星夏(あ、これどっかで聞いたことある)

43: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:52:18.55 ID:i0cKQ6wv0
未春「いよいよ明日雨かー、楽しみで眠れないなあ」

未春「ううんっ、寝ないと…華菜ちゃんが一匹、華菜ちゃんが二匹…」

池田『みはるーん』

池田2『みはるーん、下着見せろー』

池田3『ゴムの色は赤色がいいし』

池田48『一人一手で華菜ちゃんフォーティーエイトだし!』

未春(華菜ちゃん黙れ…)ムニャムニャ

44: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:57:07.76 ID:i0cKQ6wv0
池田「すごい! 足元全然濡れないし!」ビシャビシャ

池田「へいき、へいき……」

未春「どうしたの?」

池田「勢い強すぎて…結構入って来る…」

池田「ゴムの中で溢れそうだし…溢れたのが逆流してる…」

池田「これじゃゴムの意味が無い! ちょーきもいし!」

未春「言葉はともかく気持ち悪いっていうのは分かるなあ」

45: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 13:00:59.48 ID:i0cKQ6wv0
池田「おづがれー」ズビズビ

未春「風邪引いたの? っていうか真っ赤だよ!?」

池田「別にだいじだごどないじ」ズズッ

未春「鼻声もいいとこだ…早く帰った方がいいよ」

池田「でもごれやっばなづがぜ?」ハーハー

未春「夏風邪こじらせると面倒だよ?」

池田「ばがじゃないじ!」ズビッ

未春「申し訳ないけど割と馬鹿っぽいから早く帰った方がいいってば」

46: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 13:05:31.84 ID:i0cKQ6wv0
美穂子「風邪引いちゃったの? 大変!」

池田「ぞんなにびどぐないでずよ」ズビビ

美穂子「ちょっと待っててね」ゴソゴソ

池田「ふぁー」

美穂子「はいこれ」

池田「……ねぎ?」

美穂子「お尻に挿すといいって上埜さんが言ってたの」ニコニコ

池田「ちょっ…華菜ちゃんそこは未開の地ですけど!」

美穂子「こっち向けてみて?」

池田「ば…ばっちこいだし!」プルプル

未春(止めた方がいいかなあ…止めなくてもいい気もするけど)

47: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 13:08:52.34 ID:i0cKQ6wv0
未春「華菜ちゃん大丈夫かなあ、電話してみようかな」

未春「華菜ちゃんおはよー、今日も雨だね」

未春「今日は昨日ほど勢い強くないし…え?」

未春「ああ…お尻が…」

未春「じゃあ今日は休みだね…お疲れ様」ピッ

池田「……」ジンジン

池田「めくるめく新快感だったし…」フヘヘ

65: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 19:29:28.36 ID:i0cKQ6wv0
なんとなくいくぜ!

目覚まし『朝ー、朝だよー。朝ご飯食べて、学校に行くよー』

京太郎「んあ…朝か…」

京太郎「んー…なんか今日は咲の声が違う気がするな」

目覚まし『学校に行くよー』カチッ

京太郎「咲は今日一人で行くっつってたし、のんびり行くか…」

京太郎「ネーベとつけたー、紙飛行機ーっと、おっす和」

和「須賀君、おはようございます。途中で逢うのは珍しいですね」

京太郎「だよな。いつもは昼とかが多いし」

和「そうですね…あ、昨日はハンカチありがとうございました」スッ

京太郎「へ? ハンカチなんて貸したっけ?」

和「くす…忘れたんですか? 膝を擦った時に貸してくれたじゃないですか」

京太郎「絆創膏…そうだっけか…そういえばそんなようなことも…」

和「ふふ、きちんと洗ったので一応血の跡は無いと思います」

京太郎「ああ…変な血じゃないよな?」

和「? 膝の血ですが…少量でしたし、まだ汚れてましたか?」キョトン

69: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 19:44:57.52 ID:i0cKQ6wv0
京太郎(おかしい)

咲「わ、今日のレディースランチはバナナがついてるんだ」

京太郎(バナナにヨーグルト。こいつらなら絶好のボケアイテムのはず)

タコス「京太郎は女子力ビンビンだじぇー」モグモグ

京太郎(なんでこいつら普通に食べてるんだ?)

和「須賀君、箸が進んでいませんけど…」

京太郎(定番すぎて手を出さないのか? 正直気味悪い)

和「…須賀君?」ピトッ

京太郎「ん? ああ、わり、なんだっけ。なんで俺の額に手当ててんの?」

和「いえ…熱は無いみたいですね」

咲「京ちゃん? 具合悪いんなら保健室で休んだ方が」

優希「タコス食え! ありがたく食べかけをくれてやる!」

京太郎「い・ら・ねー。でもありがとな」ナデナデ

優希「ぬわっ! うー…」

咲「わわっ! あう…」

和「あら、私は撫でてくれないんですか?」クスッ

京太郎「へ?」

和「ジョークです。でも体調が悪くなったらすぐに教えてくださいね」

京太郎「あ、ああ…ありがとな」

71: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 19:54:34.05 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「こうか?」カチカチ

和「いえ、他家の捨て牌を見ると上がり牌がほとんどありません」

和「まだ巡目もありますから、こちらを切って待ちを変えましょう」

京太郎「なるほど…でもいいのか? 俺の指導なんかで」

和「四人とも半荘を始めたばかりですから」

和「それに、部員仲間を指導する方が私にとっては大事ですよ?」

京太郎「そっか…ありがとな」ナデナデ

和「あら…お昼の意趣返しですか?」クスクス

京太郎「おう、昼は和が寂しそうだったからなー」

和「そうですね…少し手をお借りしますね」スッ

京太郎「へ?」

和「こっちの方を撫でてみてください」

和「ふふ…三人なら寂しくありませんよ、旦那様?」

和「……もう、反応してください」プクッ

京太郎「あ、ああ…ごめん…」

京太郎(お腹…あったかかったな…)ボケー

73: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 20:00:18.79 ID:i0cKQ6wv0
咲「京ちゃん? ぼーっとしてどうしたの?」

和「疲れているのかもしれませんね」

優希「それはいかんな! 喜べ京太郎、タコスの半分をお前にやろう!」

京太郎「ああ…わり、今日はちょっと一人で帰るわ」

咲「え、大丈夫?」

京太郎「ああ、また明日な!」

優希「あ…京太郎! 明日は元気になるんだぞー!」

京太郎「おう、まかしとけって」

和「須賀君…」

京太郎「ん…またな」

和「はい…はやく元気になってくださいね」

和「私は、元気な須賀君の方が――」

74: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 20:03:55.92 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「ん……」

目覚まし『朝ー、朝だよー。朝ご飯食べて、学校でイクよー』

京太郎「いつもの咲の声だ…夢?」

和「須賀君、おはようございます」

京太郎「あ、ああ…おはよう」

和「? どうしたんです?」

京太郎「いや…なあ、昨日ハンカチとか貸したっけ?」

和「いえ。ハンカチが必要ですか?」

京太郎「いやそういう訳じゃ…」

和「それなら使って下さい」スッ

和「あ、すみませんこれナプキンでした…使います?」

京太郎「それを俺にどうしろと…」

75: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 20:07:48.96 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「こうか?」カチカチ

和「いえ、他家の捨て牌を見ると上がり牌がほとんどありません」

和「まだ巡目もありますから、こちらを切って待ちを変えましょう」

京太郎「なるほど…でもいいのか? 俺の指導なんかで」

和「四人とも半荘を始めたばかりですから」

和「それに、部員仲間を指導する方が私にとっては大事ですよ?」

京太郎「そっか…ありがとな」ナデナデ

和「あら?」ポカーン

京太郎「あ。す、すまん!」

和「いえ…少し手をお借りしますね」スッ

京太郎「へ?」

和「こっちの方を撫でてみてください」ススス…

京太郎「ヘイヘイ、どこまで手を下ろす気だ」

和「……」

京太郎「……」

和「確かに手では子供はできませんね」グググ…

京太郎「分かってるなら今すぐ手から力を抜きなさい」グググ…

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 05:26:53.12 ID:QaXdZ0XJq164
照と京太郎の絡みが見てみたいです。
シチュはとことん京太郎が照の面倒を見るかもしくは逆に面倒を見られるとか

139: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 08:45:33.62 ID:2Twm8l2v0
>>126

照「疲労感ー…」

京太郎「そんな悲壮感みたいに言われても」

照「膝枕がいい」コテン

京太郎「子供かっ」

照「…咲は元気?」

京太郎「元気も元気、下ネタばっか言ってますよ」

照「…頭が痛くなってきた…手、ちょうだい」

京太郎「へいへい。照さんのおでこ、あったかいっすね」

照「そうでもないよ。クリームパン」

京太郎「へいへい…一口大で?」

照「そう」

京太郎「なんか鳥に餌やってるみたいですよ」アーン

照「……」モグモグ

京太郎「やっぱ咲と姉妹ですね」

照「私に妹なんて居ないわ」

京太郎「…バニラアイス食べます?」

照「食べる」

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 06:15:02.62 ID:kWOyRx421166
菫さんが珍しくボケらしいので

俺の憧れの先輩がこんな下ネタ系ヒロインなわけがない…とかで

140: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 08:54:50.99 ID:2Twm8l2v0
>>127むずいっすね

弘世菫は麻雀部員である。
クールな雰囲気、長い髪をなびかせ闊歩する仕草は男女問わずに人気が高い。
かくいう俺も髪を纏めた時の仕草にやられてつい麻雀部に入ったわけだが。

京太郎「今はわりと後悔している」

菫「? どうした須賀、喉でも渇いたか」

京太郎「いえ別に…この後どうします?」

菫「そうだな、二人しか居ないのでは麻雀も打てない。お茶でも飲んで帰るか」

京太郎「そっすね。お茶淹れてきますよ」

菫「いや、それには及ばん…私が淹れてこよう」スッ

京太郎「いいんですか?」

菫「ふ…なに、須賀には世話になっているからな。大した礼にはならないだろうが」

菫「ちょっと待っていてくれ。レモンティーでいいな?」

京太郎「そっちは給湯室じゃねーよ」

128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 06:21:31.97 ID:MG21eF612168
ここは王道に…

京和で秘宝館デート

142: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:02:14.78 ID:2Twm8l2v0
>>128 秘宝館ってなんぞや。ググった結果そんなものが…

京太郎「ひほうかん? なんだそりゃ」

和「博物館のようなものです。古今東西の資料を集めてあるんですが、一人では行きにくくて」

京太郎「へえ…なんだかんだ言って和には色々教えて貰ってるし、付き合うよ」

和「ありがとうございます…ふふ、これってデートでしょうか?」クスッ

京太郎「へ?」

和「いえ…ジョークです。当日はエスコートさせて頂きますね」

京太郎「それって役目が逆なんじゃ…」

和「私が誘ったんですから、当然ですよ。その代わり…」

和「一日だけ、彼氏になってもらえませんか?」

京太郎「あー…」ポリポリ

京太郎「……おう」

和「見てください豚の○ン○ですよ! ドリル! ドリルです!」

和「凄いです…こんな大きいものが入ってしまうんでしょうか…」ゴクリ

京太郎「テンションたけーなー」ダル…

129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/21(月) 06:23:40.53 ID:LzetHcUpD170
有珠山キャラがあんま出てないから
北海道でユキにツッコミ入れる京太郎

145: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:15:26.42 ID:2Twm8l2v0
>>129 なんか変な風になった。申し訳ない

由暉子「京太郎君、合体しましょう」

京太郎「しません」

由暉子「…これには山よりも深く海よりも高いワケが」

京太郎「高低差ゼロの皆無じゃん」

由暉子「古来中国では房中術という養生術が」

京太郎「俺もお前も皆勤賞だし」

由暉子「…今ならおもちも触っていいですよ?」

京太郎「切り餅なら貰おうかな」

由暉子「どうしたら合体してくれるんですか?」

京太郎「ネタが切れたならこの話はおーしまいっと」スタスタ

由暉子「あ、ま、待って…」ギュッ

京太郎「…もう下ネタ言わないか?」

由暉子「…はい」

京太郎「うし、んじゃ行くか」ナデナデ

由暉子「あうー」

130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 06:56:47.88 ID:8BLA9vpfs172
二人っきりの教室で机に突っ伏して寝てるあわあわにいたずら(意味深)

148: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:24:19.99 ID:2Twm8l2v0
>>130 健全であることの証明ができました(確信)

淡「すぴー…」

京太郎「なんつーベタな寝息してやがる」

京太郎「ま…俺に隙を見せたお前の負けだよ」ククク

京太郎「せめてもの情けだ。水性ペンにしておいてやろう」キュポン

淡「……えいっ」ガスッ

京太郎「ってえええ!? おまっ、起きてたのかよ…! つか…脛はダメだって…」

淡「ふふーん、淡ちゃんの寝こみを襲おうなんて100億万年はやーい」

京太郎「くそ…完全に寝てたと思ったのに…」

淡「ふふふ、いつも寝る前に組織に寝こみを襲われた時のイメトレしてるもん。このくらい楽勝ー」

京太郎「なんつう無駄な努力…つか…いてえ…」

淡「完全勝利!」

132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 07:38:03.68 ID:0JeCr13Fp174
エイちゃん(+α)が服の代わりにボディペイントを……って考えたけど流石にヤバ過ぎるなと思った

149: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:34:24.33 ID:2Twm8l2v0
>>132 これなら特にヤバくないはず

エイスリン「キョータロ!」タタタッ

京太郎「おはようございます、エイスリン先輩」

エイスリン「good morning! ウデクミ!」ギュッ

京太郎「っと、危ないっすよ?」

エイスリン「♪ ダイジョーブ」

京太郎「けど横並びだと道狭くなって邪魔になりますし」

エイスリン「Ah…ジャア、コウスル!」ギュウッ

京太郎「……あの、なんかやけに柔らかいんですけど?」

エイスリン「? コレ、シャツガbody paintダカラカモ」

京太郎「ちゃんと着ろよぉ!」

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 07:46:50.35 ID:07fffiKen176
チョコレと京ちゃんのイチャイチャが見たいです

151: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:52:03.30 ID:2Twm8l2v0
>>134 爽ちゃんってこんなんでいいかしら?

爽「京ー、あっついんだけどー」

京太郎「そりゃあ夏ですからね…てか暑いならくっつかないでくださいよ」

爽「そりゃないよ…うへえ、汗が出てくるわー」

京太郎「ベタつくから離れて…つーか暑いわ!」ベシッ

爽「うあー、ひっどいな。とっころでさー」

京太郎「なんですか? アイスならもうダメですよ」

爽「そうそう、爽だけに…いや、そんなのはいいんだって」

爽「それよかさっきから体が火照っちゃってさ…」モジモジ

京太郎「エアコン入れますね」ピッ

爽「そうじゃないってー…ね? 奥の方まで渇く間もないほどさあ…」スリスリ

京太郎「ユキの衣装作ってるんで邪魔しないでください」ゲシッ

爽「なんだよイケズぅ」

143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/21(月) 09:12:48.13 ID:SGgfU4WAK178
まだアリかな?
松実姉妹で前門の虎後門の狼

153: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 10:01:12.34 ID:2Twm8l2v0
>>143 なるほど、貴方はこう言いたいのですね。医者はどこだ!

玄「にゅふふふふ。京太郎君、逃がしませんよ!」ジュルリ

宥「あったかそう…」プルプル

京太郎「ぐ…逃げ道が無い…!」

玄「安心するのです。痛くない、いたくなーい」ジリジリ

宥「わわわ、私も一緒にイクから…」ジリジリ

京太郎「やめろ…やめてくれっ…!」

玄「前の方はこのオオカミ並みの噛みつきホールで!」ジュポジュポ

宥「う、後ろはー…虎柄バ○ブで…」ヴィイイイイン

京太郎「やめろ! う、うわああああああ!!!」

京太郎「おああああああ!」ガバッ

京太郎「ゆ、夢か…」ハアハア

363: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 21:56:57.70 ID:8lCF59T80
ところで咲さんの夜這いっつって和さんが主人公と化してしまいました。
なんか勿体ないので蔵出し

364: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 21:57:31.61 ID:8lCF59T80
咲「京ちゃーん、きょーおーちゃーん」ピンポンピンポンピポピポピポ

京太郎「人がドア開けてるのに押し続けるのはやめなさい…で、なんだよ?」

咲「えへへ、京ちゃん今日はご両親いないんだよね?」

京太郎「あー、まあ…」ポリポリ

咲「そ、それでね、晩御飯、作ってあげようかなーって…」

京太郎「あー…」

和「咲さん。こんばんは」ヒョイッ

咲「……」

京太郎「なんか和も来てさあ」

咲「3P?」

和「3Pですね」

京太郎「無いから」

366: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:02:31.31 ID:8lCF59T80
咲「和ちゃんは何作るの?」

和「私はシュー・ファルシとエッグベネディクトを。咲さんは?」

咲「うーん…京ちゃんは何がいい?」

京太郎「俺は別に。作ってくれるなら何でも食うぜー」

咲「もー、何でもっていうのが一番だめなんだよっ」プンスコ

京太郎「じゃあ咲が作りたいもので」

咲「えー…」

和「それなら咲さん…」ボソボソ

咲「そっか、それもいいよね! 京ちゃんミルクセーキは好き?」

京太郎「おう。甘いものも大好きだぞ」

咲「じゃあこれにミルク出してきてね…」モジモジ

京太郎「お前は何かおぞましいことをしようとしているなっ?」

京太郎「そして和も目の逸らし方が露骨すぎるぞっ」

368: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:05:57.68 ID:8lCF59T80
超台風 ヒュゴオオオオオオオオオ

咲「わあ…これじゃあ帰れないよ」

和「迎えに来るのも難しいみたいです」ピッ

京太郎「参ったな…無理に帰らせるわけにはいかないし、泊まってくか?」

咲「えっ、京ちゃん」ドキッ

和「須賀くん…」ドキドキ

京太郎「いやっ、別に変な事するつもりないぞ!?」

咲「え? なんで?」

和「は? 意味が分かりませんが」

京太郎「ええー…」

369: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:07:23.15 ID:8lCF59T80
和「……」

咲「くー…すぴー…」

和「咲さん、夜這いに行くと言っていたのにすぐ眠ってしまいましたね」

咲「きょーちゃー…くぴー…」

和「安心してください。その火の意思は私が受け継ぎます」キリッ

和(ここが須賀君の部屋ですね…)キィィ…

京太郎「ぐう…すかー…」

和「それでは失礼…」スッ

和「これはなかなか。腕枕も悪くありませんね」

和「そういえば朝勃ちってなぜ朝なんでしょう。夜は立たないんでしょうか」ムムム…

京太郎「いきなり人の布団にもぐりこんできて考えることがそれかよ」

370: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:08:22.77 ID:8lCF59T80
和「すみません、起こしてしまいましたか?」

京太郎「動揺無しかよ!」

和「昨晩はお楽しみでしたね」

京太郎「それは入ってきた奴のセリフじゃねーよ!」

和「昨日は、激しかったですね」ポッ

京太郎「シャツが僅かにも乱れてない!」

和「正直寝る時に服を着ていると気持ち悪くて…」ゴソゴソ

京太郎「はやいとこ出てってもらえます?」

371: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:09:28.85 ID:8lCF59T80
咲「……きょーちゃん」ムクッ

咲「うー…」ノロノロ

咲「きょーちゃんのにおいがするよぉ…」ガチャ

京太郎「なんか入ってきたぞ」

和「咲さん、やっぱり須賀君の夜這いですか?」

京太郎「なにそれ普通に言ってるけど怖い」

咲「うー…きょーちゃー…」ポフン

咲「……くー」

和「寝ちゃいましたね」

京太郎「まあ夜弱いからなあ…じゃ、俺下行くわ。咲と寝ててくれよ」

和「くす、分かりました。おやすみなさい」

京太郎「おやすみ」ギィィ

和「それじゃあいつもの寝格好で」ヌギヌギ

京太郎「人んちでは遠慮しようね!」バタン

886: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:03:02.58 ID:tBXR9UeW0
とりあえず入部話でいこうって感じですけんども、なぜかあの子推しになってしまいま。
潜在的に京和なのだろうか…透華でー。

887: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:07:31.08 ID:tBXR9UeW0
「なあ須賀、麻雀部インターハイ行くんだろ? すげーよな」

京太郎「ああ、みんな凄えよなー」

「つーかお前も決勝まで行ったんだろ? それもスゲーじゃんか」

京太郎「んー…夢中っていうか、あれよあれよって感じだったからなあ」

「意外に麻雀強かったんだな、お前。こないだまで素人とか言ってたくせに」

京太郎「いやいや素人だって。大会前になんとか計算も覚えたんだよ」

「ふーん…てかそれなら何で麻雀部入ったんだよ? 咲ちゃんはお前が入った後だよな?」

京太郎「あー、あんときは……」

888: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:20:22.17 ID:tBXR9UeW0
京太郎『部活何にするかなー…やっぱ運動系か?』

京太郎『とりあえず適当に見学してからで、っと!』ドンッ

和『きゃっ…ご、ごめんなさい。前を見てなくて』

京太郎『こっちこそごめん。怪我とか無いか?』

和『はい。それじゃあ私はこれで…』

京太郎『ああ』

「へー、原村さんとぶつかったのか。羨ましいねえ…あのおもち、触ったか?」

京太郎「覚えてねーよ。まあ目は向いたけどさ」

「へえ…そんで、原村さんを追って麻雀部か?」

京太郎「いや、その後でさ」

889: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:28:48.96 ID:tBXR9UeW0
優希『そこの金髪! ちょっと待つがいいじぇ!』

京太郎『ん…誰?』

優希『おっ、興味ある系か? しょーがないな、私の名前は片岡優希! 覚えとけー』

京太郎『片岡さんか。なんか用?』

優希『用といえば用だな。麻雀部を知らんか?』

京太郎『麻雀…? そういや部活案内の紙に…あった、部活棟の奥の方っぽいぞ』

優希『なるほどなー。それじゃあ行くか!』ギュッ

京太郎『へ?』

優希『タ・コ・ス・だーっしゅ!』

京太郎『ちょおおお!』

890: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:48:00.01 ID:tBXR9UeW0
優希『ここか! 我が青春の舞台裏!』

京太郎『は、はえーよ…なんで俺まで…』ハアハア

優希『須賀、ご苦労! もう一息だじぇ、オープンザドアー!』

和『ロンです…ユーキ? 先に行ったと思ったのに、どこに行ってたんですか』

優希『タコスが私を呼んでいたんだじょー。そんで須賀が道案内をしたいと言い出してなー』

京太郎『言ってねーし…とりあえず片岡の目的はここなんだろ? 俺はそろそろ行くわ』

優希『そっかー、その前にお礼にのどちゃんのおもちでも揉んでけ!』

和『……ユーキ、あまり馬鹿なことを言わないでください』ツーン

優希『やれやれ。ほんとは揉みしだいて欲しいくせに、とんだムッツリさんだじぇー』

和『……』ツーン

京太郎『アホなこと言うなっての』

891: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:56:14.07 ID:tBXR9UeW0
京太郎『えーと……何でこうなってんだ?』

久『そうねえ。麻雀部部長の私としては、麻雀を知らない人にも牌に触れて楽しさを知って欲しい…とか』

まこ『一日だけでも体験してくれるとありがたいのう』

優希『これもなんかの縁だ!』

和『ルールとかは私が教えますから…一緒にヤってみましょう』

京太郎『あ、ああ…隣に座るのか?』

和『すみません、邪魔かもしれませんが近くじゃないと』タプン

京太郎『いや別にいいけどさ。えーと、原村さんはいいのか?』

和『ええ、大丈夫です』ニコッ

和(あんまり胸も見てきませんし…少しくらいなら…)

京太郎(なーんかさっきの言葉、変なニュアンスが混じってたような…)

895: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:08:35.42 ID:tBXR9UeW0
和『これで三つ揃いましたから、この牌を捨てるとテンパイ…ここの牌が来れば和了りです』

和『そうですね、それを切ったほうが待ちは多いですよ』

和『……あの、須賀君』

京太郎『次はこっちを切って…ん? どうした?』

和『その…気に、ならないんですか…?』

和『私の…』

京太郎『あー…いやまあ、何回も見るのとか失礼だろ』

久『あら紳士ねえ』

優希『なかなかやるじぇー、同じ一年として誇らしいぞ!』

まこ『悟り開いとりゃせんか?』

和『……あっ、そ、そのっ!』カァッ

和『パンツ穿いてきます!』ダダッ

京太郎『照れ隠しとして最大限におかしいよねそれ!』

902: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:19:25.20 ID:tBXR9UeW0
京太郎(そうか…なんか気になると思ったら)トン

和『それは白ですね、正式名称はパイパンと言います』

京太郎『その情報は麻雀をやるうえで必要か?』

京太郎(原村さん、咲に似てんだよな…ところどころ下ネタ入れてくるところとか)

京太郎(…つーか、下ネタ言いだしてからイキイキしだしたな)

優希『のどちゃん、なんだかイキイキしてきたじぇ』

和『まだイってません!』

久『あらあら』ニコニコ

まこ『楽しい下級生じゃのー』ニッ

京太郎(しかもこいつらも同類くせえ…)

905: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:28:10.71 ID:tBXR9UeW0
京太郎(嫌な人たちじゃないけどな…今決める必要もないし、適当なとこで抜けさせてもらうか)

京太郎『おし、次で最後だな』グイッ

和『きゃっ!』

京太郎『っ、悪い! 髪引っ張って…痛くなかったか?』

和『い、いえ…近くで髪を垂らしていた私が悪いですから』

和『ちょっと待ってくださいね』

いや、別に大したことじゃないんだけどな。
二つに括ってた髪が流れて、一つになって。
腕を上げて、一つに纏めて…ポニーテールっつうか。
間近で見た白い首筋がさ。髪との対比で淡い色合いでさ。

和『ん…どうでしょうか』

最後に手でそっと首筋を撫でるんだよ。意図はなくとも見せつけるみたいにさ。

京太郎『部長』

久『ん?』

京太郎『入部届、どこに出せばいいですか』

906: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:29:26.13 ID:tBXR9UeW0
「へえ、じゃあ原村さんに一目ぼれってことか! 咲ちゃんもいるのになあー」

京太郎「まあ正直勢いだったから、その後はそんな気は起きなかったけどな」

京太郎「ま…でも全然後悔してないな。あいつらと居ると楽しいし」

京太郎「……ちょっと大変だけどな」

「? まあ楽しめてるんならいいんじゃねーの」

京太郎「だな。っと、そろそろ部活行くわ」

「おう、咲ちゃんたちによろしくなあ」

京太郎「へいへい、ちゃんと忘れとくわ」

909: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:37:47.54 ID:tBXR9UeW0
京太郎「お、和。今から部活か?」

和「須賀君。はい、せっかくですし一緒に行きましょうか」

京太郎「おう……」

和「……」

京太郎「今日の髪型さ」

和「はい」

京太郎「似合ってる、と思う」

和「ありがとうございます…普段はあんまりしないんですが」

和「二度目、ですね。須賀君の前で」

京太郎「うん」

和「貞操帯を付けているのは」ポッ

京太郎「おかしいなあ、一回目を知らないぞー?」

942: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 16:56:00.07 ID:kXeNVod60
更新は火曜と言ったな。あれは嘘だ。
染谷先輩の誕生日なんじゃー。子供の日は子供を作る日じゃないからね、間違えないように。

944: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:02:07.02 ID:kXeNVod60
京太郎「執事ですか?」

まこ「ん。雀荘っちゅーても藤田プロをはじめ、女性客もそれなりにおるんじゃ」

まこ「いっつもメイドじゃ変わり映えもせん。そこでな」

京太郎「はあ…でも俺、バイト経験とかないんですけど」

まこ「別にホテルや落ち着いた雀荘でもなし、簡単に給仕でもしてもらえればええ」

まこ「もちろんバイト代も払うけえ。どうじゃ?」

京太郎「それならいいですよ。いつ行けばいいですか?」

まこ「ほれ、これが執事服じゃ」バサッ

和「姿見はこちらに」カラカラ

咲「制服は預かるね」ドキドキ

優希「えーと…タコス作れ!」

京太郎「なんだなんだこのチームワークは。ってかここで!?」

945: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:14:33.59 ID:kXeNVod60
和「ドキドキしますね」

咲「うん…この向こうで京ちゃんが着替えてるんだ…」

久「衣擦れ音ってエロイわよねえ」

優希「おっ? ロッカーの上から覗けそうだじぇー」

和「咲さん、踏み台こっちまで運びましょう」

咲「うん。せーのっ」

まこ「何しとるんじゃまったく」ヤレヤレ

京太郎「せめて量下げろっていうか男女逆だからこのシチュエーション!」

952: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:28:31.30 ID:kXeNVod60
京太郎「なんか首元まで締めるってキツイですね…サイズはいいけど」

咲「わ、わ…京ちゃんかっこいい!」

優希「ほ、ほほう! なかなかだじょ…」

和「いいですね執事というのも。こう、躾けられたい感じがします」ハアハア

久「なかなか似合うじゃない。須賀くーん、マッサージしてー」

京太郎「何させられるか分かんないんでイヤです」

955: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:35:42.48 ID:kXeNVod60
京太郎「…ええと、染谷先輩。これでいいですか?」

まこ「ん。それじゃ行くとするかの」

京太郎「え、今からですか?」

まこ「もちろんじゃ。それか何か用事でもあったか?」

京太郎「いえ特には…それじゃあ行きましょうか、お嬢様」

まこ「そこは参りましょう、とかじゃろ。まずは言葉遣いからかのー」クスッ

京太郎「ありゃ。お手柔らかにお願いします、染谷お嬢様」

まこ「そこは、まこお嬢様じゃ。ほれ言ってみぃ」

京太郎「……ま、まこお嬢様」

まこ「まったく…今日中には慣れてもらうしかないか」

久「私達忘れられちゃってるわねー」

和「でも見せつけられるのって興奮しませんか? NTRみたいで」

咲「私はちゃんと帰ってこればいいかなあ」

優希「うー…なんか複雑だじょー…」

989: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 19:35:39.99 ID:kXeNVod60
たくさんのコメありがとうございます。全部は拾えませんが、後々小ネタでも使いたい所存。
とりあえず白糸台if。やっつけでー。

京太郎「咲は部活何にする?」

咲「私は…麻雀部かな」

京太郎「へえー。お前麻雀やってたっけ?」

咲「昔ちょっとね。この白糸台の麻雀部には、お姉ちゃんがいるんだ」

京太郎「そうなのか…ぽけぽけの咲の姉ちゃんならぽけぽけなのかね」

咲「むっ…そんなことないよ。お姉ちゃん見てみる?」

京太郎「そうだなー。俺も暇だし、一緒に行ってみるか」

咲「うん、えへへ…行こっか」

照「……嫌な、予感がする」ダラダラ

菫「どうした照、トイレを我慢するのは良くないぞ」

誠子「いやいや…宮永先輩、具合悪いなら休んでた方がいいですよ」

照「具合というより…なんというか」ブルブル

咲「あのう…見学したいんですけど」

991: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 19:37:40.75 ID:kXeNVod60
照「……」ゴシゴシ

照「咲…?」

咲「あ、お姉ちゃん!」パアッ

京太郎「あれが咲のお姉さんか? 結構しっかりしてそうだなー」

菫「お姉ちゃん…妹か? 随分可愛い妹さんだな…おい照、どうした?」

照「見えない、聞こえない、何も居ない」ガクガク

咲「もうお姉ちゃんってば…照れちゃって」トトッ

咲「お・ね・え・ちゃ・ん」ポンッ

照「ひいいいい! ごめんなさいごめんなさいもうしませんからお尻だけは、お尻だけは!」

咲「今日から私も麻雀部に入るから、よろしくね」ニッコリ

照「……………………」

京太郎「なんだこれ」

995: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 19:47:21.68 ID:kXeNVod60
ピュアの保護者四人を抜粋

睦月「なんというかこう、先輩達に染めてはいけないという使命感が」トン

巴「分かります…せめて姫様だけはと思うのですが…」トん

恭子「うちは基本的に意味を教えん方向で動いてますよ」トン

塞「部員で意思が統一できるのは羨ましいかな」トン

巴「せめてあと一人、止める人が居れば…」

睦月「ああ、その点ではうちはもう一人居ます」

塞「要は実力行使が一番だと思うけど。どう?」

巴「私だと押しが弱くて。はあ、もう一人欲しいです…」

恭子「そらドンマイですね。ところで今は、その姫様は?」

巴「あ、みんなにお願いしてるから大丈夫です」

塞(それって)

恭子(大丈夫じゃないんじゃ)

睦月(どこか抜けた人だなあ)

京太郎「清澄高校麻雀部員共」和「人の体に口3つ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397911601/)

90: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 21:59:15.67 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「お、咲の手が進んだな」

優希「んー…」

和「鳴いて手が進むとか、そんなオカルトあり得ません」

久「まあ咲の場合はわりとそんな感じだけど、ちょっと違う気がするのよね」

京太郎「? それってどういう…」

まこ「いつもの和了るためのカンでも、手を進める目的でもない…そんな感じじゃ」

京太郎「じゃあ何のために…」

和「鳴いて手が進むなら、以前試しに鳴くたび『あんっ、あひぃ♪』と言っていた私が馬鹿みたいじゃないですか」プンスコ

京太郎「あの日はホントお馬鹿にしか見えなかったね」

95: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:12:12.48 ID:i0cKQ6wv0
池田(やばい…海底が、もうすぐそこだ…)

池田(誰か、どうにかしてくれよー…くそぉ…)トン

咲「ポン」

池田「え?」

ゆみ(なんだと?)

衣「……?」

『清澄の宮永、ここで三鳴き! なりふり構わず和了りにきたか!?』

睦月「これで単騎待ちですけど」

桃子「か り強引  ね」

智美「ワハハ、意外とオラオラ系だなー。最中にそれだと嫌われるぞー」

佳織「え? 三回鳴いたらだめなんですか?」オロオロ

睦月「ダメじゃないから安心して…」

智美「あー、でも女からだったらむしろ痴女っぽいからアリかー?」

桃子「むっちゃん先輩」スッ

佳織「え? 桃子さん何で私の耳塞ぐの?」オロオロ

睦月「ああ」ドスッ

智美「げふっ」

97: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:27:29.40 ID:i0cKQ6wv0
実況「ここで宮永選手聴牌ですが…この数局、天江選手以外の手がなかなか進みませんね」

靖子「去年はこんなことはなかったな」

靖子「いわゆるイーシャンテン地獄だのと言うが、腑抜けた泣き言とは違う」

靖子「今の状況は、まさしく地獄そのものだろうよ」

靖子「ただ…」

実況「ただ?」

靖子「一人だけ…地獄に浸かっていなさそうな奴がいるな」

透華「清澄もなかなか頑張りましたけど、これも衣が和了っていただきですわ!」

一「ボク達以外知らない「満月の衣」の初お披露目だね」

透華「衣も全力ですわ! 多い日だけに!」

一「結構重いよね、衣って」

純「……」

智紀「純…?」

純「なんだこの違和感…まるで、海の底に花が咲くような……」

98: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:40:16.62 ID:i0cKQ6wv0
池田(もうあと二巡かよぉ)

ゆみ(このままだと…また海底は天江か)

ゆみ(次の局は少し打ち方を変えてみるか……ん?)

咲「……」カシャッ

咲「カン」ボボボッ

桃子「え?」ゾクッ

透華「なんですの?」ゾッ

久「きちゃったかしら」ブルッ

衣(なんだ)

衣(ただの呆け者では無いということか…!)

咲「……」トン

池田(ツモ切り? 加槓しといて嶺上じゃないのか?)

ゆみ「…っ、カン」

ゆみ(残り巡を考えると今ズレたツモが天江に戻るとは考えにくいが)

ゆみ(ありえそうなら、ここで潰しておくのも一つの手か)

『四開槓! これまた珍しいことになりました、海底を間近にして流局です!』

ゆみ(たとえ鳴かされたに等しくても、これしかなかった…と思いたいがな)

咲「……」

衣「ふふん」

100: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 22:53:54.96 ID:i0cKQ6wv0
衣「またまた衣の親だー」

衣「…清澄の、名前は何と言ったか」カシャ

咲「宮永咲、です」チャ、チャ

衣「そうか」カチッ

衣「往くぞサキ。真贋のほど、見極めさせて貰う」ゴッ!

一「衣、なんだか楽しそうだね」

透華「始まるときはあんなに嫌がってましたのに…何か楽しみでも見つけたのかしら」

智紀「陽が…」

純「暮れる、か。このまま終わればいいけどな」

一「夜の帳が落ちれば、あとは衣の領域だよ」

透華「ええ…暗い闇の中、衣に支配されて弄ばれる感覚…」ハアハア

一「何もできないのがたまんないよね」

104: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 23:07:56.49 ID:i0cKQ6wv0
南一局一本場

池田(あ、あれ?)

ゆみ(なんだこれは…さっきとは打って変わって)

池田「リ、リーチ!」

『池田選手、ダブルリーチ! 先ほどまでのイーシャンテン地獄が嘘のようです!』

純「オイオイ、衣の奴」

一「完全に遊んでるね。多分相手は…」

智紀「清澄…」

透華「こーろーもー!」

池田「ツモっ! 6100、3100!」

池田(上がれた…けど、なんだこれ!)

衣「ふんふんふーん♪」

池田(なんかすっごい怖いし!)

108: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 23:22:16.08 ID:i0cKQ6wv0
南二局

ゆみ(また配牌イーシャンテン…)

ゆみ(そして一巡目でテンパイ、か)フー…

衣「んー?」ピョコピョコ

ゆみ(どういうつもりだ…)

ゆみ「リーチ」コトッ

『ダ、ダブリー! 今度は鶴賀の加治木選手がダブルリーチを掛けました!』

ゆみ「ツモ。6000、3000」

佳織「あれ? 加治木先輩和了ったのに嬉しそうじゃないですね」

睦月「急に配牌が良くなった…なんだか変な感じがする」

智美「あれだなー。無理やり和了させられてる感じだ」

桃子「オカルトっすよ…ありえないっす」

睦月(桃子さんが言うのか…)

智美「まるで強制的に笑顔でピース取らされてるゲームみたいだなー」

桃子「だからそういうのの入手元を教えるっす! 焼き捨てるっすよ!」

111: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 23:39:28.82 ID:i0cKQ6wv0
南三局

ゆみ(前半最後の親番だが、どうなる?)

池田(どうなるか全然わかんないし…)

衣「……よしっ、決めたー」

衣「打とうか、ミヤナガサキ」

ゆみ「っぐ!?」ガタッ

池田「うっぷ…!」ガタンッ

咲「あはっ」ニコッ

優希「なんか鶴賀と風越が気持ち悪そうだじぇー」

和「悪阻でしょうか」

京太郎「なんで可能性のひっくい所を攻めるかなあ」

171: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:07:50.75 ID:BJogesEf0
ゆみ(圧迫感は一瞬だったが…)トン

池田(その一瞬が無茶苦茶ヤバかったし!)トン

衣「ぽんっ」カシャ

ゆみ(加えてこの手牌。どうなっている)

池田(ぜんっぜん有効牌が来ない…また天江かっ!)

衣「その震えは恐怖かはたまた怒髪天か」ス…

衣「どちらであろうと、汝等はただ座していればいい」

衣「ツモ。8000、4000」ドッ

ゆみ「……ふー」

ゆみ(なるほどな)

池田(付け入る隙はありそうだし!)

美穂子「華菜…なんだか…」

星夏「楽しそう…?」

未春「華菜ちゃん、去年とは顔つきが違うね」

貴子「……ふん」

176: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:24:44.54 ID:BJogesEf0
美穂子『たまにあり得ないくらい酷いことがおこるでしょ?』

美穂子『そのたびにヘコんでたらキリが無いわ。いつか良い事もあるって思って…』

美穂子『明るく前を向いて、何事も楽しんでいきたいの』

池田(キャプテン)

池田(私は今、みんなの分も背負ってるんだ)

池田(けど……)

衣「ツモ。6000、3000」

池田(相変わらず清澄しか見てないんだな)

池田(今は余裕でいるといいさ…)

池田(次の半荘で、全部取り返してやるし!)

『ぜ、前半戦終了―!』

『龍門渕高校の天江衣、独走状態で一気に他校を突き放しました!』

177: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:36:41.88 ID:BJogesEf0
咲「ふー…京ちゃん」

京太郎「よ、トイレは終わったか?」

咲「もう、デリカシーないと嫌われるよ?」

京太郎「悪い悪い…まあ、頑張れよ」

咲「うん。ありがと京ちゃん」

京太郎「ああ…下ネタ言ったら戻ってからデコピンな」

咲「大丈夫だよっ」

咲「ありがとね…よしっ!」

178: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 22:55:41.24 ID:BJogesEf0
ゆみ「モモか」

桃子「よく分かったっすね」

ゆみ「モモのおもちは好物だからな。近づけば分かる」

桃子「さらっと何言ってるっすか!?」

ゆみ「本当の事だ。ほらこの通り」モミモミ

桃子「ちょっ!? 緊張感ゼロっすか!」

ゆみ「いや? 緊張感はガチガチだからな、モモの胸と共に揉み解す必要がある」キリッ

桃子「あーもう! 元気づける必要ゼロじゃないっすか! 帰るっす!」

ゆみ「む…行ってしまったか」

ゆみ「やはりいい感触だ…」ウム

179: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:02:33.43 ID:BJogesEf0
池田「うぁー」ダルー

美穂子「華菜…?」

池田「キャプテン! う、情けないとこ見られちゃったなー…」

池田「でも次の半荘で取り戻しますよ! ばっちり見てて下さい!」

美穂子「華菜…ええ、分かったわ」

美穂子「そうだわ、終わったらケーキでも食べに行きましょうか」

池田「にゃっ! 行く行く行きますっ!」

池田「おーし頑張るぞー!」

181: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:14:35.36 ID:BJogesEf0
衣「いっちごおーれ、いっちごおーれっ」

靖子「今年も調子良さそうだな」

衣「ふふん、あいつらごときが衣に勝てるものか!」

衣「まして小半時もすれば日降ち。ミヤナガサキもこのまま吹き飛ばしてやる」

靖子「あはは…そう上手く行くかな」

衣「ふん。清澄がこのままで終わらないと言うか」

靖子「そうだな。それもある…が」

靖子「風越も鶴賀も、誰一人として死んじゃいない。下手をすれば足元を掬われるぞ」

183: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:19:54.55 ID:BJogesEf0
京太郎「和? 何してんだこんなとこで…」

和「いえ…咲さんに声を掛けようと思いましたが、須賀君一人で十分でしたね」

和「咲さんは一本挿しでキツキツということでしょうか」クスッ

京太郎「ブレねーなあ…でも、行ったらいいんじゃないか?」

京太郎「俺一人で十分かは知らないけど、多い分には困らないだろ」

和「…そうですね。少し声を掛けてきます」

和「咲さん!」

咲「和ちゃん…」

和「…時間もありませんし、一つだけ言わせてください」

咲「うん」

和「……」スーッ

和「最後の最後まで絶頂は我慢した方が何倍も気持ちいいですよ!」

咲「うんっ!」

京太郎「だーかーらー!」

185: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:29:00.14 ID:BJogesEf0
『さあ大将戦後半、闘いはついに天王山!』

池田(華菜ちゃんの親はあと二回。こっから逆転なんて無茶苦茶だし)

池田(それでもやるのが大将の務めっ!)パシッ

ゆみ(この正念場、天江の和了を阻止しつつ高い手を上がりたいところだが)

ゆみ(清澄も気になる…さっきから静かすぎる)

衣「なーんだ…こんなものか」

衣「リーチ」

池田(残り一巡…このままじゃまた天江が…!)

ゆみ(また海底かっ!)

久「とも行かないのよねえ」

まこ「部長の悪待ちも優希の東一局も崩すからのう」

優希「身持ちが固かろうとこじ開けるんだじょー」

和「天然ジゴロですね」

京太郎「違うと思うけどなあ…」

久「ま…海の底でも狂い咲きするような花なんて想像してないでしょ」

咲「カン」

衣「っ…ふふん」

『東一局から流局―!』

188: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:37:24.25 ID:BJogesEf0
靖子「恐ろしいものだな」

実況「はい?」

靖子「イーシャンテン地獄が延々続くかと思いきや、カンで手が進んだ清澄はテンパイ」

靖子「これまでの天江が異常なら、これを抜け出そうという清澄も異常と言っていい」

実況「しかし…偶然と言ってしまえば偶然では」

靖子「まあな」

靖子(衣が警戒するのも十分わかる)

靖子(が……気を付けろ。やはり他の二人もまだ生きている)

193: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:49:28.13 ID:BJogesEf0
衣「わぁーい、ころもの親番だー」

衣(…そういえば、フジタが先刻ぬかしていたな)

衣(ミヤナガサキ以外も死んでいない、だって?)

衣「リーチ!」

衣(若し雌伏し時の至るを待っているのなら)

衣(そのまま倒れ伏すがいい…!)

衣「ツモッ!」

ゆみ(また海底か)

池田(くっそ…次こそは!)

194: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 23:57:28.44 ID:BJogesEf0
東二局一本場

衣「またまた衣の親番! まだまだ続くぞー」ザァッ…

池田「うぐ…」

ゆみ「む…」

池田&ゆみ(また、海底か!)

衣(さあどうするミヤナガサキ。このまま水底に沈むか)

咲「……カン」ゴッ

衣(それとも、嶺に咲き誇るか!)

咲「ツモ。嶺上開花」ボボボッ

純「インファイト殴り合い、だな」

一「海底と嶺上の削り合いなんて無茶苦茶だよ…正直風越と鶴賀には同情かな」

透華「むむむ…衣が楽しそうなのは良いですけれど、勝ってもらわないと!」

智紀「負けたら…罰ゲーム…」

透華「そうですわっ! もしも負けたりしたら、一週間裸エプロンで過ごして貰います!」

一「ボクの私服とかは?」

純「エビフライドレスを透明素材で作ろうぜ」

智紀「…目隠しと後ろ手に手錠…」

衣「ひっ!?」ゾクッ

197: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 00:01:53.98 ID:lT8J52K/0
『二日間に渡る県予選団体戦、最終ラウンドはなんともおかしなことになっているぞ!』

『龍門渕の天江が海底を和了すれば、清澄の宮永が嶺上開花!』

『鶴賀と風越は必死に食らい付くも差は開き続けている!』

『果たして龍門渕が逃げ切るか、清澄が抜き去るか!?』

『はたまた鶴賀と風越の逆転はあるのか!』

優希「恐怖の麻雀卓だじぇ…」

和「あり得ません。オカルトも大概にしてください」

まこ「ありゃあ咲も本気じゃのう」

久「それも弩の字がつくくらいにね。楽しそうで何よりだわ」

京太郎「勝てますか?」

久「さあ…けど、まだ波乱がありそうだわ」

久「AVだってシチュ別に山場を分けてるでしょ?」

京太郎「それに同意はしたくないなあ…お前らもこっち見んな!」

222: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:12:48.26 ID:P3DR4ulf0
池田(華菜ちゃんいいとこなし。はあ…)

池田(なんて言ってちゃ来るものも来ないっての!)

池田「ちょいと失礼…」ガタッ

池田「ぅぅぅうううううにゃああああああ!!」

衣(威嚇のつもりか…?)

ゆみ(ネジでも飛んだ、というわけではなさそうだが。ストレス解消か?)

咲「ん…」

池田「うし! 華菜ちゃんまだまだ行けるぞっ!」

美穂子「華菜…ふふ」

未春「キャプテン?」

美穂子「コーチには怒られるかもしれませんけど、華菜には楽しんで打って欲しいです」

貴子「……」

美穂子「きっと今の華菜なら、恐怖は覚えず全力を出し切ってくれる。そう思いませんか」

貴子「……ああ」

美穂子「ふふっ」

225: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:23:59.16 ID:P3DR4ulf0
池田(ほら、ちょっと気分を入れ替えただけでこんなもん!)

池田(三巡目にしてドラ4だし! そんでもって…)

池田「リー、チッ!」

衣「むー…」トン

咲「あはっ」トン

ゆみ(自力で張ったのか)トン

池田(……)ギュ

池田「さっきから二人で好き勝手してさあ」ヒュッ

池田「ツモッ! 4000、2000!」

池田「そろそろ混ぜろよ…!」

ゆみ(そうか。なるほどな、これは私も負けていられないか)フッ

229: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:34:00.07 ID:P3DR4ulf0
優希「むあー、南場が近づいてくるー。このままじゃ全国に行けないじょ」

優希「そしたら東京のスパで水着披露ができなくなっちゃうじょ!」

京太郎「はあ?」

優希「おっ小僧、食い付いたね? エロ水着に食いついたね?」

優希「最近は毎日のどちゃんのおっぱい吸ってるから夏には巨乳になること間違いなし!」モミモミ

京太郎「また馬鹿なこと言ってんじゃねーっての。なあ和」チラッ

和「……え? ええと…」モジモジ

京太郎「……」

和「……」

和「須賀君も吸います?」ポッ

京太郎「ジョークだよね?」

230: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:45:52.29 ID:P3DR4ulf0
池田(んー…)カチャ

池田(やっぱテンション高い方がいい牌がくる気がするなー)

池田(いつも通り…か)

池田『福路先輩! やっと追いついた!』

未春『は、早いですね先輩…』

美穂子『池田さん、吉留さん…毎日一緒に帰ってくれるけど、私そんな子供じゃないわよ?』

池田『もちろんわかってますよ。子供の大きさじゃないですもんね!』ワキワキ

美穂子『そう? 確かに背は普通くらいあるけど…でも嬉しいわ。誰かと登下校なんて小学校以来』

美穂子『私ねえ、中学のころから同級生の仲良しができなくなっちゃって』

美穂子『たまにチョベリバって言われたりするの』

未春『誰が使うんですかそれ』

231: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 22:52:30.16 ID:P3DR4ulf0
池田『それにウザさならあたしも負けませんよ』

池田『昔からエロいウザいって正面から言われてますから』

未春『9割前者だけどね』

池田『それは嬉しいんですけど、とにかくあたしが傍にいれば先輩のウザさなんて消えますよ!』

池田『そんでもってあたしが先輩の代わりに図々しくなりますから!』

未春『華菜ちゃんほどじゃないですけど…一人でいるより、人がたくさん居る方がいいですよね』

美穂子『二人とも…』

池田『てゆーかもう辛抱たまらんっ!』ガバッ!

美穂子『い、池田さん? あのっ』

未春『華菜ちゃん? そこまでしていいとは言ってないよね』ニコリ

池田『にゃあ…』

232: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/22(火) 23:01:12.14 ID:P3DR4ulf0
池田(やったろーじゃん!)ヒュ

未春「ツモだけど、ツモのみ1100…」

池田(まだまだ!)

星夏「フリテンだけどイーペイコー…ツモなら2000」

池田(たんねーし!)

美穂子「ドラで4000…」

池田(そんな安手は御免だ)

純代「平和三色も…」

池田(天江――清澄しか見てないこと、後悔させてやる)

池田「おい天江」

衣「む…なんだ駄猫。衣はお前に用はないぞ」

池田「もしあたしが勝ったら……リーチ」ピッ

池田「そのスライスおもち、存分に撫でまわしてやるし!」ワキワキ

衣「急に何を呆けたことをほざくか頭空っぽバカー!」

池田「数え役満だし!」バン

247: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:14:52.67 ID:Q3P9PL3/0
ゆみ(海底に嶺上。随分絶望的に感じたものだが、こうなると点差はともかくそこまででもないな)

ゆみ(もちろん難しいことに変わりはないが)

桃子『先輩は3年生ってことは、秋の選抜には出られないんすよね』

桃子『ってことは明後日の県予選で負けちゃったら、メンドクサイ先輩から離れるいい口実になるっすね』

ゆみ『こっちから纏わりつくからその点は心配無用だ』

桃子『……どこにいても、見つけてくれるってことっすか?』

ゆみ『そうなるな。そのおもちがある限り、感覚で分かる』

桃子『また無駄な特技っすね!』

桃子『……ま、なんだかんだ言って』

桃子『負けたくないっすね』

ゆみ『モモ……プロポーズか。嬉しいものだ』フフッ

桃子『あーはいはい、いいから行くっすよ』

248: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:25:06.14 ID:Q3P9PL3/0
ゆみ「チー」

池田(親の鶴賀が2副露。そろそろ張ったかな…一通は無い。三色も無い)

ゆみ「……」トン

池田(ダブ東でもない。ってことは染めかチャンタか?)

衣「ふん」ヒョイッ

ゆみ「ロン」

衣「……!」

ゆみ「天江衣。私は平坦なまな板に興味は無い」

ゆみ「だが…スライスもちを焼き膨らます過程、そして結果には多大な興味がある」ジッ

衣「ひいっ!」ゾクゾクッ

ゆみ「ふふ。私が勝ったらマッサージをさせてもらおうか」

252: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:36:11.43 ID:Q3P9PL3/0
衣(清澄ばかりと思っていたら連続で他に和了られた…)

衣(奴らの貌に絶念の色は聊かも無い)

池田「鶴賀の加治木だっけ。大きさか形だったらどっちだ?」

ゆみ「大きければ何でもいい訳ではないが、大きい方が弄びがいはある」

池田「はー、分かってないなあ。形の方が大事だし。手にフィットする形がなー」

ゆみ「大きいほど形に気を遣うものだ。それに指からはみ出るのも良いものだぞ」

衣「……こ、こいつらの心を何かが繋ぎ止めてる…何だ?」

池田&ゆみ「「ディルドーが何だって? で、何の話だ?」」

衣「前者の言葉は絶対不要だっ!」

255: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:47:14.29 ID:Q3P9PL3/0
咲(うーん…気持ちは乗ってきたけど、少し違うような気がする)

咲(家族麻雀や合宿の感じ…あれがまだ…何が違うんだろ)

優希『今日もイイお湯だったじぇー。ヌレヌレでビチョビチョが止まらん!』

京太郎『帰ってきて早々誤解を招く言い方すんな!』

優希『そんなことよりこれを見ろ! ほれ! 足袋ソックス!』グリグリ

京太郎『おおー、顔に近すぎて全然見えないっつーか足押し付けんな』

優希『うふん、足を上げた優希ちゃんのチラリズムを見てもいいんだじぇ? ちらり』チラリ

京太郎『……』

京太郎『ほー、こんなんあるのか』

優希『簀巻き放置とはなかなかのプレイだじぇ…』ハアハア

257: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 22:58:00.00 ID:Q3P9PL3/0
京太郎『意外と履きやすいな…いいかも』

和『これなら足コキの時に挟んで攻められそうですね』クニクニ

京太郎『真っ先に出てくる感想がそれとは』

優希『割れ目を擦ると気持ちいいんだじぇ』

京太郎『簀巻きが喋んな!』

咲『うーん…私はダメかも。脱ぐね』

京太郎『まさかのマジメ返しかよ!』

咲『……っ!?』ゾクゾクッ

咲『京ちゃん、たいへんだよ!』

京太郎『何がどうしたよ』

咲『靴下! 人前で脱ぐと視姦プレイされてる気分だよ!』ハアハア

京太郎『それ、今まで体育の授業とかで気付かなかったの?』

咲(思い出した!)

京太郎「あっ、なんだこれすっげえ嫌な予感がするわ」

260: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:09:44.43 ID:Q3P9PL3/0
咲「あの…脱いでもいいですか?」

衣「何を言い出すか呆け者ー! ダメに決まっている!」

衣「そんなもの脱いだらダメ! ダメだっ!」

咲「靴…」

衣「常識で考え…くつ?」

衣「うぁ……」カアアッ

池田「うえっへっへ、天江さんは何を想像してたのかなー?」

ゆみ「おやおや…常識的に考えて、対局中に服を脱ぐ輩が居ると思ったのか」

池田「とんだエロス幼女だし。でも悪くないぞ?」

ゆみ「ああ、実にいい」

衣「うわああぁん! 阿呆ー!」

263: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:22:28.63 ID:Q3P9PL3/0
咲(うん…思い出したよ、私が一番麻雀やってたときのこと)

咲『おねえちゃん、あと一枚だよ?』

照『うぅ…ゆ、許して…』プルプル

咲『えー、おねえちゃんから誘ってきたんだよ?』

咲『ほら、わたしも靴下脱がされちゃったもん』ペチペチ

照『私もう…下一枚しか…』

咲『じゃあねえ…あはっ』

咲(そういえばあの後、お姉ちゃんお嫁に行けないって泣いてたっけ)ペチペチ

咲(うん…おんなじ感じだよっ)

衣「ひ、ひぃっ!? なんだっ!?」ゾワゾワッ!

276: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:31:20.97 ID:Q3P9PL3/0
照「へくしっ」

菫「どうした照、悪阻か?」

照「くしゃみが悪阻な訳ない…」

淡「ま、まずいよテルー。例の秘密機関がてるーの能力に気づいて議題に上げてるんだよぉ」アワワ…

照「中二おつ…」

誠子「風邪ですか?」

照「ん…違うけど、なんとなく昔のことを思い出した」

尭深「それって?」

照「……」プルプル

照「妹はノーカン妹はノーカン妹はノーカン…」ブツブツ

菫「ん? 兄弟姉妹はいないと言ってなかったか? 竿姉妹か?」

誠子「ちょっ! どうしたんですか!? メディーック! ライフセーバー!」

279: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/23(水) 23:38:09.83 ID:Q3P9PL3/0
池田(お? なんか天江が震えてるし…萎縮してる?)カチャ

ゆみ(何故かはともかく、チャンスであることに変わりはないか)

咲(んー…あんまり、かな)

衣(うぅ、悪寒が止まらない…)ブルッ

池田(普通に手が進むならなんも問題無いし!)

ゆみ(詰まる所)

池田「リーチッ!」

池田「ツモッ!」

池田「ヤれる時に!」

ゆみ「ヤっておくべきだな」

衣「言いたいことが全く伝わらない!?」

318: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/25(金) 22:06:35.12 ID:a/G9A36p0
智美「風越に和了られたかー」

桃子「親で役満ツモられるなんて…キツイっす!」

佳織「桃子さん、さっきからなんだか凄くたくさん動いてる…」

睦月「…そうしないと気付けないからね」

透華「こーろーもおおおおお!! なにしてるんですのー!」

純「清澄はヤバイし他の二人は下ネタ絶好調。衣にはキツイだろうなあ」

一「下ネタはともかく、清澄が衣と同格だなんて信じられないよ」

智紀「でも…異常さは、同じ…」

純「だな…特にあの足、かなりのモンだ」ゴクリ

一「うん。靴と靴下を脱いだだけでこのエロス、正直舐めてたよ」ゴクリ

321: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/25(金) 22:27:37.90 ID:a/G9A36p0
南一局

ゆみ(ふむ、これはなかなかだな)チャッ

池田(ここはなんとか連チャンしたいし!)

ゆみ(しかしこの卓、冷静に見ると…)チラッ

池田(生足JKに金髪小難しい系ロリ、はっきり言って眼福だし)チラッ

衣「あぅっ…」ビクッ!

衣(落ち着け、彼奴らはただの呆け者だ。トーカ達を相手にするが如く…)スーハー

池田(おっ、ロリの深呼吸。集めたら売れるか?)

ゆみ(缶詰にして顔写真さえあれば…)リーチ

衣「誰がそんなもの売るかっ!」

ゆみ「ロン」パタン

衣「……ぅぐ」プルプル

衣「……」

衣「ふん」

325: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/25(金) 22:36:04.73 ID:a/G9A36p0
一「あーあ」

純「やっちまったな。これで衣の勝ちかね」

透華「まったく…ここまで目立ってませんわよ!」

智紀「海底で…相当目立ったけど…」

一「まあ勝ち上がるならこれ以上のモードはないよね」

純「だろうな。なんたって今まで衣を弄んだ下ネタが」

智紀「全く…通じなくなる…」

透華「さあ衣、やっておしまい! ですわっ!」

池田(くあー! またかよー)

ゆみ(津波の前には潮が引く…さっきまでのが前兆と、そういうことか。テンパイどころか)

池田(3シャンテンから進まないし!)

衣「……」ザアッ…

咲「ん……」

衣「リーチ」

衣「ツモ、海底」

377: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:25:38.96 ID:8lCF59T80
南二局一本場

衣「有象無象が衣に逆らえる筈もなし」

ゆみ(ぐ…)

池田(ぜんっぜんだし…)

衣(あとは)チラッ

咲「んー…カン」ボッ

京太郎「手が進んだ!」

久「どうにかこうにか、ってとこだけどね」

和「咲さん…!」ガタッ

咲(ん…今、和ちゃんの声が聞こえたような)

咲(大丈夫だよ。だって――)

咲「もいっこ、カン」ボボッ

美穂子「カンが二つ…フレンチカンカン、なんて…少しはしたなかったかしら?」ポッ

未春(はしたないというか)

星夏(フレンチカンカンって何なんですか…)

純代(フレンチトースト?)

381: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:39:10.00 ID:8lCF59T80
池田(にゃああああああ…安い重なりがドラ6になったし! 強引にでも和了りに行くしかない!)キラキラ

池田「ポン!」

ゆみ(風越…そこを鳴くか。強引すぎるが…)トン

池田「チー!」カシャッ

衣(気息奄々としていたはずの上家から感じる気運!)

衣(手はタンヤオで間違いないが…ここは)トン

咲「んー…」トン

ゆみ(清澄は張ったか? これは振れないな)トン

池田(こいこいこいっ! 運命のデスティニードローだし!)シュパッ

池田「…うげっ」

385: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:52:21.47 ID:8lCF59T80
ゆみ(風越、怖いところを引いたな。しかし二鳴きでは回すのも難しいか…)

衣(引いては手が崩れ、押しては危うい。東場なら兎も角この南場、如何にする?)

池田(う、ぐぐぐ…一萬はきっついとこだし!)

池田(二萬は枯れてるから張りかえしも厳しいか…)

池田(キャプテン、コーチ、みんな…)

美穂子「華菜…!」

未春「華菜ちゃん、凄く悩んでる…」

星夏「清澄の河見ても怖いですし、仕方ないですよ」

貴子「ふん…」

池田「う…ぐ」トン

衣(風越は手を崩したか。しかしこの牌は)

咲「ロン」ニコッ

ゆみ(一萬は清澄のカン材か。考えるだけ妙な話だが、責任払いで高くなるよりダメージは低いとみるべきか)

池田(なんて考えるのもできないし…)ガクッ

387: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 23:06:00.19 ID:8lCF59T80
南三局

『勝負はもう南三局! 二局を残すのみとなりました!』

『龍門渕が清澄と強烈な鍔迫り合いを繰り広げながらも若干リード! その後を鶴賀、風越が追います!』

久「差は大してついてないから、まだまだ追いつけるわね」

まこ「しかし鶴賀も無茶苦茶離れとる訳でもないのう」

優希「風越はキビシイじょ。行けんことはないけどなー」

和「私だったらもうイっちゃってますね。ヤリあってたら落ちてしまいそうです」キリリ

京太郎「誰もそんな話はしてないぞっ」

388: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 23:19:19.29 ID:8lCF59T80
ゆみ(残りは早ければ二局で終わる…)

池田(うちはもう親番が無いから安く刻む訳にはいかないし)

咲「ポン」

透華「ここでポンということは、まずは親の連荘狙いかしら」

一「衣との差もあんまりないもんね」チュー

純「そうかな…妙な感じもする」

一「純君はそういうの気にするよね」チュパチュパ

智紀「写真撮るから…あーん…」

一「ふぁい、ひれひにほっへへ」アーン

純「何飲んでんのかと思ったら、飲むヨーグルトか」

透華「トロミマシマシ、ドロッドロですわ!」

389: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 23:31:24.59 ID:8lCF59T80
池田(きたきたきたっ、国士聴牌!)

池田(コイツを和了ればまだまだ食い込めるし!)

衣(こいつの手、またしても強大な気配――危険だ)

衣(しかし清澄。この感覚からすると些些たるもの。しかも聴牌ですらない)

咲「安く見える?」

衣「…っ、ああ。せいぜい2000だろう」

咲「あは、正解。でもね、それだけじゃないよ」

咲「カン」カシャッ

咲「カン」

衣「だがそれでも嶺上程度で――」

咲「――カン」

衣「う、あ…?」ゾワッ

咲「ツモ……」

咲「これで逆転だね」ニコッ

431: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:01:40.29 ID:AT3Jyxei0
衣(衣の支配の及ばない淵底の向こうから牌を掠めていく…)

衣(衣が競り負ける?)ギュウッ…

衣「清澄、このまま勝ち進むつもりか?」

咲「つもりじゃなくて…」スッ

衣「え」

咲「このままだと、勝っちゃうね」クスクス

ゆみ(ふむ…指先で天江の顎を引き上げる仕草。堂に入ってるなんてものじゃないな)

池田(目がヤバイし…みはるんみたいなボケ殺しじゃないし!)

ゆみ(まるで獲物を見つけた蛇。間違いない、清澄のは――)

池田(ドS中のドS…!)

池田(…こっちに目線向けてくんないかなあ)ハフゥ

ゆみ(私はMではないが、あの目線には興味がある)フンス

434: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:12:42.71 ID:AT3Jyxei0
咲「私ね…勝って、麻雀部みんなで全国に行って、お姉ちゃんと仲直りして」

咲「また家族一緒に卓を囲みたいんだ」

衣「…かぞく?」

『残念です。貴重な研究者を二人も…』

『仕方ありませんよ』

透華『私、透華と言います。あなたの従姉妹ですわ』

衣『……父君と、母君は?』

透華『っ…それ、は』

衣『父君も母君も…何処に?』

透華『あなたの、お父様とお母様は』

透華『三つ隣の県に、行きましたわ』

衣『…っ!』

透華『週に一度帰ってくる。そう仰っていたでしょう?』

透華『また戻るまでの数年間、我が龍門渕家であなたのお世話を致しますわ』

436: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:20:25.78 ID:AT3Jyxei0
歩『衣様、学校でのご様子はいかがですか?』

透華『問題ナッシング! 友人も着々と増やしてましてよ!』

透華『更なるともだち100人できるかな計画、始動ですわ!』

衣『呆け者をこれ以上増やしたらダメだっ!』

純『おっすロリ。舐めていいか?』

衣『初対面の挨拶から逸脱しすぎている!』

智紀『どうも…合法ロリ?』

衣『ロリって言うな!』

一『ふう…衣様と呼ばせてもらってもいいですか?』ツヤツヤ

衣『金剛不壊どころか形状記憶だ!』

衣『増えすぎだ!』

437: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:29:59.84 ID:AT3Jyxei0
衣(家族…友達…)

衣(畢竟するに――)

咲「お姉ちゃんをね、もう一回脱がせてあんなことやこんなことしたいなー、って」ニコニコ

ゆみ「ふむ。それは気になるな…何をするんだ?」

池田「いいねいいね、あたしも聞きまくりたいし!」

衣「まだ対局中だと言うのに…」

衣(衣は、この卓では孤独なままなのだ…)

衣(いいだろう…一切合財、纏めて烏有に帰させてやる!)

パキ…ピシッ…

ズンッ!

京太郎「て、停電か?」

和「一体どうして…」シュルシュル

京太郎「対応が早すぎる!」

442: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:40:16.63 ID:AT3Jyxei0
久「停電ってわくわくするわね」

まこ「ほうか?」

優希「えまーじぇんしーだじぇ! 脱いでもわからんぞー!」

和「ふう…知っていますよ」

京太郎「だーっ! 和どこに逃げた!」

京太郎「あっ、くそ! これ服じゃねーか! さっさと着ろ!」

和「お断りします」ササッ

久「いやー、復旧するまでに須賀君が勝つか和が勝つか、楽しみね」

まこ「大将戦の真っ最中じゃっちゅうに…ま、いつも通りか」

446: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:52:13.86 ID:AT3Jyxei0
桃子「暗いっすね」

智美「だなー、なんも見えないとタダの目隠しプレイだなー」

睦月「せいっ」ヒュッ

智美「あだっ、む、むっきーは見えるのか?」

睦月「見えてはいませんが…ツッコむべき場所は分かります」

桃子「やるっすねー。むっちゃん先輩も天性のツッコミストっすよ」

佳織「あれ…? 桃子さんの声、全然掠れたり聞きにくかったりしないですね」

桃子「あー…なんか暗闇って落ち着くっす。一体化というか」

睦月「暗闇と一体化するからこそ、私たちが暗闇の中にいると桃子を知覚できる…?」

智美「ワハハ、意味がわからんぞー」

桃子「まあ豆電球でも付いたら負けるかもっすよ」

佳織「え、ええー…」

449: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 21:58:31.18 ID:AT3Jyxei0
美穂子「停電…?」

未春「大丈夫ですか?」

星夏「明かりが付くまで動かない方がいいですよね」

貴子「……」

純代「……」

美穂子「…まっくらくらーいくらーい…」

未春「あ、それ知ってます。まっくらもーりーはー、動きつづーけーるー」

星夏「ちかーくてとおいー、でしたっけ」

貴子「……まっくらクライクライ」ボソッ

「「「「……」」」」

貴子「わ、忘れろ」フイッ

454: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:07:48.18 ID:AT3Jyxei0
ハギヨシ「ご無事ですか?」

透華「へっちゃらへーですわ」

純「決勝の最後に来てコレか」

一「お屋敷でも満月の時に部屋の明かりが消えたりしたことはあるけど」

透華「これほどのことは初めてですわ!」

一(衣…君の心はやっぱり、ツッコミ気質なんだ…)

純「で? 智紀はまたどうしたんだ」

智紀「……初期化、された」ズーン

456: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:17:13.83 ID:AT3Jyxei0
池田「おっ?」

ゆみ「…ん、戻ったか」

咲「わ」

衣「……」

『えー、館内が停電していましたが、ただ今復旧しました。放送などの不具合をチェックした後、試合を再開します』

『さて南三局一本場、現在清澄がトップですが二位龍門渕との差は僅か』

『鶴賀が追い、風越はトップに追いつくにはかなり厳しい状況』

池田(名門風越敗退濃厚、とか言われてんのかな)

池田(ところがどっこい、まだ可能性はゼロじゃないし!)

池田(風越の名門はこんくらいじゃユルユルになったりしないし!)

貴子「笑顔、か…」

貴子(また下らんこと考えてるな、あいつ)

457: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:26:00.11 ID:AT3Jyxei0
ゆみ(手が進まないな…しまった!)

衣「……」ザザァ…

池田(ぜんっぜん聴牌できないし!)

ゆみ(清澄と龍門渕、怪物二人が同時に暴れるか)

衣「ツモ!」ザンッ!

『は、海底撈月! 龍門渕の天江衣、清澄を抜き再びトップに立ちました!』

『二校が僅差のまま、勝負はオーラスへ突入します!』

純「泣いても笑っても、か」

一「できれば笑って終わりたいけど…」

透華「衣が全力で楽しめているのであれば、それもまた良しですわ」

智紀「…頑張れ」

一「エヘ顔ダブルピースで行きたいね」

智紀「撮影準備…」

458: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:32:54.84 ID:AT3Jyxei0
南四局

ゆみ(さあ、ラス親だ)

ゆみ(役満ツモで捲くれるが…とにかく今は和了ることが優先だ)

池田(役満直撃でもツモでもトップは無理。そんなら聴牌して流局を数回繰り返していけばいいだけだし!)

池田(華菜ちゃん奇跡の逆転優勝、演出ばっちりだ!)

池田(って言った傍から四暗刻単騎ツモだし!)

池田(これでツモにしたら、みんな褒めてくれるか?)

池田(…きっと、みんな責めない。コーチだってそんなに責めないと思う)

池田(けど…!)

池田(どうせなら、みんなで全国に行ける可能性の道を選ぶ!)タン!

池田(一人で満足するより、みんなで満足してこその団体プレイだ!)

460: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:42:35.72 ID:AT3Jyxei0
衣(風越が和了らないとはあにはからんや)チャ

衣(…! これ、は…)ゾゾッ

衣(衣の和了り牌じゃない!)

靖子(衣…悩んでいるな)

靖子(捨てた牌で打ち込めば負け。かと言って崩しても先に和了されたら負け)

靖子(お前はこんな接戦になったことは無いだろう)

靖子「でもな…それが、麻雀だよ」

靖子「相手がイク前にイッて冷たい目で見られたくはなくとも」

靖子「手を出さなければヘタレ扱い」

靖子「早漏は辛いな…」フウ

463: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:51:51.60 ID:AT3Jyxei0
衣(まだ聴牌はしていない…打っても和了でなければ仔細無し)

衣(しかしこの相手は、それで打っては負けるかもしれない…)

衣「…う」

咲「麻雀って、楽しいよね」

咲「今日も色んな人と打てて、ホント楽しいよ」

衣「楽しい…?」

咲「うん。点差がつくのも、和了できないときもあるけど」

咲「点差が縮まって、ハラハラするときもあるけれど」

咲「だから怖くて、悩んで、迷うから…楽しめるんだよ」

衣「楽しい…これが、楽しい…?」

咲「うん」

咲「いっしょに楽しもうよ!」

464: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 22:58:14.88 ID:AT3Jyxei0
衣(衣と麻雀を打って楽しい…か)

衣(こんなに迷ったことは無い。低い手やイーシャンテンに怯えたことはない)

衣「これが、麻雀なんだ…」

衣「……」スゥ…

衣(衣は、信じるままに打つ。多分これで負けたとしても…)トン

咲「カン」

京太郎「手が、進んだ…!」

優希「これでテンパイ、次で嶺上和了できればマクリだー」

久「逆を言えば、これを逃せば龍門渕がさっさと和了りかねないけど」

まこ「心配無し、かのー」

和「そんなオカルトありえません」

466: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:02:57.50 ID:AT3Jyxei0
咲「もいっこ、カン」

衣(衣は……)

咲「――ツモ」

衣「……ああ」

衣「……」グズッ

衣「……ひ、ぐ」

衣「う、っく、ぐ、うう」

衣「うああああああああああん!!」

純「悔しいよな」

一「和了れば勝ち。それが接戦の面白さで、それだけ悔しいよね」

智紀「張ってれば…なおさら…」

透華「それが、麻雀ですわ」

467: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:08:35.84 ID:AT3Jyxei0
池田「くあー、お疲れさん! 楽しかったし!」

ゆみ「ああ…私も楽しかったよ。負け惜しみに聞こえるかも知れないが」

ゆみ「はっきり言って打ち足りないな」

池田「まったくだ! あと何回でも卓を囲みたいところだし!」

衣「おまえたち…また、一緒に打ってくれるのか?」

池田「そー言ってるし。てゆーか天江じゃないと困るんだって」

ゆみ「そういうことだ。それに、私たちも目的がある」

衣「え……」

池田「まだ天江の胸を揉み解してない!」ワキワキ

ゆみ「その通り。柔らかくなるまで育てないと気が済まないからな」フフッ

衣「……」ハァ…

衣「…まったく、この呆け者どもめ」

衣「絶対ありえないから、疾くとあきらめろ!」

池田「えー」

ゆみ「びー」

衣「えーもびーもないっ!」

咲「Dならいいの?」

衣「言うまでもあるかっ!」

473: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:18:51.59 ID:AT3Jyxei0
池田「はー…楽しかったなー」グズッ

美穂子「華菜!」

貴子「池田ァ!」

池田「うにゃっ!?」

美穂子「コーチ…」

貴子「……」ポリポリ

貴子「良くやった。次は、ぶちのめせよ」

未春「コーチ!」

池田「……はいっ!」

池田「でも打つよりぶたれる方が好きだからどっちでも可だし!」

貴子「池田ァ!!」

池田「う、うにゃー…」

474: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:22:39.87 ID:AT3Jyxei0
桃子「先輩」

ゆみ「モモか。楽しかったよ…それにも増して、残念だ」

ゆみ「モモやみんなと全国に行きたかったな」

桃子「……まだ終わってないっすよ。まだ個人戦があるっす」

桃子「仕方ないから面倒くさい先輩に付き合ってあげるっすよー」

ゆみ「モモ…」

桃子「馬鹿なこと言ったら突っ込んであげるし、むっちゃん先輩が殴り掛かるっす!」

ゆみ「やれやれ、言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、うまくいかないな」

ゆみ「ありがとうな…モモ」ギュッ…

桃子「先輩…」ソッ

ゆみ「……」モミモミ

桃子「そーくると思ってたっすよ、ばかちん先輩! はーなーすっすー!」ジタバタ

477: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:27:40.52 ID:AT3Jyxei0
透華「麻雀は楽しかったかしら?」

衣「トーカ…うん、楽しかった」

一「これからはもっと楽しめそうだね」

衣「ん」

衣「……」グスッ

純「ったく、こーろもっ!」ガバッ

衣「わ、な、何をするっ」

純「悔しいなら素直に泣き顔見せてみろって。笑う奴なんて、誰もいないんだからさ」

智紀「写真も撮らないから…安心して…」

衣「…う、ん…」クルッ

衣「……」

衣「ハジメ、その服はなんだ」

一「私服に着替えただけだけど?」

衣「衣が衣服のなんたるかを一から教えてやる…!」

透華「一だけに」

智紀「衣だけに」

衣「うるさーい!」

478: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:32:39.09 ID:AT3Jyxei0
和「咲さん!」ギュッ

咲「和ちゃん!」ギュウッ

優希「さきちゃー!」ガバッ

咲「わわ、優希ちゃんってばー」ギュッ

久「お疲れ様。せっかくだし私も」ギュ

咲「あはは…」ギュ

まこ「まー、流れを止めるんもな…お疲れさん」ギュ

咲「ありがとうございますっ」ギュ

咲「京ちゃん!」ワキワキ

京太郎「どうして両手がそんな下の位置にあるのかな」

479: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:36:55.28 ID:AT3Jyxei0
京太郎「写真撮るぞー! 並んで並んで」

優希「よし! バッチコーイ!」

京太郎「はい、チーズ!」

優希「Vやねん清澄だじぇ!」ピース!

久「まあたまにはね?」ピース

まこ「恥ずかしい…よりは嬉しいほうがでかいか」ピース

和「ふふ、咲さん」ピース

咲「うん、ピース!」

京太郎「はいもう一回撮りまーす」

京太郎「次は下腹部に当てないように」

481: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/27(日) 23:39:54.54 ID:AT3Jyxei0
~電車の中~

まこ「ほんまに勝ったんじゃね、ウチら」

久「ええ、でもまだまだこれからよ」

まこ「次は全国制覇、か?」

久「そうよ、あの子達と一緒にね…」

和「うーん…エロペンが突いてきます…」zzz

咲「むにゃ…そんなに食べられないよ…チョコバナナ…」zzz

京太郎「夢に出て突っ込んでやろうか」

優希「京太郎! これでのどちゃんと咲ちゃんの口を塞ぐといいじぇ!」

京太郎「ほっほー。で、これは何かな?」

優希「ギャグ! ボール!」

京太郎「お前これ持ち歩いてんの?」

優希「もががががが! ふが、ふごごー」ハアハア

久「ほんと可愛いわよね」クスッ

まこ「じゃな」フフ

506: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 21:58:34.87 ID:RSAjke2h0
久「とゆーわけで。今日は水着で部活…すなわちプール!」

咲「それで水着持参だったんですね」

和「でも、それになんの意味があるんでしょう…」

久「意味ねえ…」

久「んー、なんとなくというか」チラッ

久「須賀君の水着が見たから! とか!」

京太郎「意味がわか」

和「いいですね」

咲「賛成です」

優希「ばっちこーい!」

まこ「ま、そういうことなら仕方ないのう」

京太郎「いやーん!」

511: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:08:51.99 ID:RSAjke2h0
久「ま、団体戦を勝ち抜いたご褒美と、個人戦への英気を養うってことで」

咲「そっか、ご褒美か…そうだね」

和「咲さん?」

咲「京ちゃん」トトッ

京太郎「ん? どうしたよ」

咲「えっとね…もし、その」モジモジ

咲「個人戦で勝ったら…」

京太郎「おう、弱いけどそれなりには頑張るぜ!」

咲「うん…ふふ、それで勝ったらご褒美あげようかなって」

京太郎「何だよ……下着なら間に合ってるぞ!」

京太郎(ふー…危ない危ない。予防線張っておかないとな)

咲「ええ!? そんなに自家発電用のショーツを持ってるの!?」

京太郎「日本語の使い方って難しいね!」

512: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:19:15.28 ID:RSAjke2h0
プール

京太郎(どうしよう…今更だけど)

京太郎(いやいや、さすがに公衆の場所でアホなことはしないだろ)

京太郎(そう思わせてそうじゃない可能性も…)

京太郎(和とかワザと下着とかで来ないだろうな…)

京太郎「うぐぐ、なんか悶々とする!」

久「おーいお待たせー。みんなで一緒にってなったら意外と時間かかっちゃって」

京太郎(き、きた! ゆっくりゆっくり…)ソー…

京太郎「……」

部員共「?」

京太郎「イヤッホオオオオオオウ!」

和「あら? 意外と喜んでくれましたね」

咲「もー京ちゃんってばー」テレテレ

京太郎「ばんざーい! ばんざーい!」

514: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:26:48.10 ID:RSAjke2h0
優希「きょーたろー! ゴムボートを曳け!」

京太郎「はいはいちょい待ち」

咲「うー…私、泳げないんだけど」

和「なるほど…なかなかの萌えポイントですね」グッ

和「普段はポケポケ、麻雀はドS、ちょっとしたところで欠点が」

和「実に、実にすばらです!」ハアハア!

咲「和ちゃん」

和「はいっ!」クルッ

咲「おすわり」

和「はいっ!」ペタン

京太郎「調教済み!?」

517: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:39:08.42 ID:RSAjke2h0
優希「咲ちゃんトース!」

咲「わわ、の、和ちゃん!」

和「須賀くん、えいっ」ギュッ

京太郎「ええい、ボールを寄越しなさいボールを!」

咲「あはははは、のどかちゃんっておもしろことするねー」

優希「咲ちゃん、のどちゃんのおもちを見る目がヤバイじぇ…」

咲「うらやましくなんかないもん…」ペタペタ

518: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:45:00.34 ID:RSAjke2h0
優希「ふー、遊んだ遊んだ。そろそろタコスミンを補給しないと」

京太郎「そういやさっき、VIPルームってのがあったな」

優希「きっと私とのどちゃんのためにあるんだじぇ!」

和「ご休憩室ですね」

京太郎「健全なプール施設にそんなもんがあるかっ!」

咲「それ、どこにあったの?」

京太郎「ああ…あっちに」

透華「むむむ無理に泳がなくてもももも問題あああありませんわ!」ガクガク

純「足震えてるぞ…」

透華「ここここここれは武者ぶるいですわ!」

一「無茶がありすぎるよ…」

和「VIPルームから出てきましたね」

京太郎「確信持てなくなっちゃった」

519: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 22:52:55.33 ID:RSAjke2h0
透華「あら…貴方たちは」

智紀「清澄高校…」

純「おう、須賀達か」

京太郎「どもっす。そっちもVIPルームに?」

一「ここは龍門渕グループだからね」

衣「ミヤナガサキ! ハラムラノノカ! あと弱いやつ!」

京太郎「はいはい、金髪雑魚ですよ。んじゃ俺らは退散しますか」

透華「はっ…待ちなさい原村和!」

和「はい?」ボイーンプルーン

純「おおう」

一「うわー」

透華「くっ!」

520: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:02:53.22 ID:RSAjke2h0
透華「ぐぎぎ…勝った気でいてもらっては困りますわ!」

和「はあ…」

透華「週末の個人戦では負けませんわ…! 本当のトップスタァがどちらか、白黒つけますわよ!」

衣「む…これは、この間の形代か?」

和「天江さん。ええ、これは同じキャラクターをモデルにしたビーチボールなんです」

衣「わー、それっ!」ポーン

京太郎「おおっ!? ほいっ」ポーン

咲「わわっ」ポーン

純「フンッ!」バシィッ!

和「エ、エロペーン!」

純「あ、わり…堪忍な」

521: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:07:04.88 ID:RSAjke2h0
衣「あの…ハラムラ、ミヤナガ…」

衣「もしよかったら、衣と友達になってくれないか?」

咲「うんっ、もちろんだよ!」

和「是非…ですがいいんですか? 私は徹底的にボケますけど」

京太郎「自覚在りすぎるボケってどうなのよ」

衣「その時はツッコむから大丈夫だ! 金髪雑魚が!」

京太郎「俺かよ!」

衣「だから…お前とも友達になってやる」プイッ

京太郎「なんじゃそりゃ…」

衣「……キョータロー」ボソッ

優希「むあー! スイート酸っぱすぎるじぇ! それ以上は許さん!」

衣「な、なんだチビ!」

優希「どっちがチビだ!」

衣「むむむっ」

優希「ぐぬぬっ」

京太郎(子供だ)ホッコリ

523: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:14:07.71 ID:RSAjke2h0
衣「ミヤナガサキ、昨日は楽しかった…また衣と遊んでくれるか?」

咲「もちろん。個人戦に出たらもっと打てるよ?」

衣「衣は個人戦には出ぬっ。昨日の団体戦で満足だ!」

透華「何度も言ってるのに、一向に気を変えませんの」

優希「ぷぷ、ビビってるんだじぇー」

衣「むっ! ふん、そっちこそけちょんけちょんに討ち滅ぼされるのがオチだっ」

優希「なにをー! 私よりチビのくせに!」

衣「なんだっ! 年齢では衣がお姉さんだぞ!」

京太郎「はいはい、そこまでそこまで。どっちが上か決めるなんて不毛だろ」ナデナデ

衣「む、む…」

優希「仕方ないじぇ…失礼」グイッ

衣「 」

優希「うーむ、確かにどちらも不毛地帯。この勝負手打ちだなっ」フンフム

京太郎「固まっちゃってるんだけど」

525: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:20:30.61 ID:RSAjke2h0
透華「原村和…必ずコテンコテンにして差し上げますわ!」

一「コテンコテンって」

智紀「古典的…」

純「ま、それもいいけどプールに入ろうぜ」グイッ

透華「ひぃっ!? ほ、ほほほほほ! よよよよよ余裕のよっちゃんですわ!」カチコチ

一「コチンコチンだ」

智紀「チン」

衣「直接的なものは衣は一切許さん!」

526: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:26:49.04 ID:RSAjke2h0
純「これで透華が出られれば二年連続出場だな」

一「東京かあ、懐かしいけどまだ一年前なんだよね」

衣「トーカは東京に行きたいのか?」

透華「行きたいに決まってますわ…衣、貴方忘れてますの!?」

透華「去年、東京に行った時のことですわ!」

衣「去年…」

527: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:31:26.91 ID:RSAjke2h0
衣『江都だ江都だ東京だー!』ピョンス

衣『眺望絶佳! 摩天楼が一杯あるよー!』

純『そろそろホテルに戻ろうぜ…』

一『いい加減歩き疲れたし、服も脱ぎたいし』

衣『ハジメのは既に服に至らない事を知れ!』

透華『けれど小腹がすきましたわね…』

衣『それならハミレスに行きたい!』

一『うーん、でも衣や透華にファミレスは口に合わないんじゃ?』

純『いや…案外悪くないかもな。高潔なお嬢様が下賤なモノで汚されるって、なんかいいじゃん』

智紀『ありがちだけど…なかなか…』

衣『衣の舌はそこまで肥えてないぞ』

528: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:37:57.89 ID:RSAjke2h0
透華『衣のお父様は学者で、若くして大学の教授について』

透華『まあそんなことはどうでもいいのですけれど、とにかく料理がお上手で』

透華『家族や知り合いに腕を振るうのが唯一の趣味みたいな人ですから』

透華『外食したいというと落ち込んでしまって面倒くさいらしいですわ』

一『メンドくさっ!』

透華『ぶっちゃけ味自体はファミレスがKO負けですわ』

純『アレか、一回だけ行ったことがあって、思い出補正が掛かってるってことか』

智紀『食べたら…まあこんなもん…』

透華『まあそれはそれでいいんじゃないかしら』

衣『おーい! はやくはやくー!』ブンブン

529: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:42:35.82 ID:RSAjke2h0
透華『五人で禁煙席希望ですわ』

純『あと子供用のイス一つお願いします』

衣『そこまでちんまくないっ!』

純『……』チラッ

智紀『……』チラ

一『……』ジッ

透華『……』チラチラ

衣『衣はまだ座ってないぞ』

純(顔しか見えねえ)

531: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:46:23.35 ID:RSAjke2h0
『ハンバーグエビフライです』コトッ

衣『きたきたー…え』

純『なんだそれ、ひでーなあ…タルタルが豆粒くらいじゃねーか』

一『酷いね、クリと同じくらいじゃない?』

智紀『衣のポッチと同じくらい…』

透華『貴方たち! 何を馬鹿な事を言ってるんですの!?』

衣『お、おお? トーカがまともだ…?』

透華『衣のポッチはまだまだ未発達ですわ!』クワッ!

衣『衣…なんか悪い事したのかな…』ジワ

534: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:52:35.56 ID:RSAjke2h0
一『すいませーん、タルタルソースがメニューとだいぶ違うんですけど』

一『これってどうしてもこうじゃないとダメなんですか?』

純『国広くん、なかなか嫌な言い方するねえ』

一『僕は疑問をスッキリさせたいだけだよ』

『すみませんでした!』

衣『タルタルいっぱい! おいしそうタル~』

智紀『ホワイトの中にリアルな黄色…』ボソッ

一『スッキリしただけに』ボソッ

純『さっきの店員か?』ボソッ

衣『おいしい~』

一『やめとこっか』ボソボソ

純『マジギレしそうだしな』ボソボソ

536: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:57:18.28 ID:RSAjke2h0
衣『楽しかったー! また、みんなで東京に来たい!』

透華『何を言ってますの? これから三年間…』

透華『夏はここに通いますのよっ!』

透華「去年、五人であんなことやこんなことをして!」

透華「また東京で5Pをしようと誓ったじゃありませんの!」

透華「一夏の、過ちっ!」

衣「衣にそんな記憶は無い」

537: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/28(月) 23:59:32.48 ID:RSAjke2h0
まこ「しっかし、ホントに全国とはのー」

久「あら、まだ信じられない?」

まこ「実感っちゅうか…まさかまさかで」

久「合宿でも言ったでしょ。この夏は長くなるって」

久「目指すは一つ。イケるとこまでイクことよ」

久「あえて言うならそうねえ…」

久「一夏の過ち…」フフッ

まこ「過っとったらアカンじゃろ…あとそれ、えらい天丼っぽいんじゃ」

538: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 00:02:37.73 ID:n4r4Wgti0
『試合終了! 白糸台高校、圧倒的な差で勝ちあがりました!』

『三年連続の全国大会出場です!』

淡「……」フッ

淡「闇の炎に抱かれて消え」ガンッ

淡「~~~~~っ!!!」

「だ、大丈夫?」

淡「こ…こゆびが…いたい…」

菫「嬉しそうな顔くらいしたらどうだ?」

照「このくらいじゃ調整にもならない…」

菫「ふん…ほら」ヒョイッ

照「……」

菫「む、すまん。それは今朝買ったLOだ」

照「……」ギュルル

菫「ちょっ! 待て、やめろ!」

照「削除」ビリリッ

菫「あああああああああ!!」

542: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 00:06:32.45 ID:n4r4Wgti0
菫「ほら、これだ…新聞…」ズーン

照「自業自得…」

菫「そこに長野の高校が載ってる」

菫「清澄、って知ってるか?」

照「……」ジッ

『宮永咲』

照「……」

照「……」ガタガタ

菫「お前、妹いるんじゃないのか」

照「いない、いない…妹なんていない…」ブツブツ

菫「宮永咲」ボソッ

照「ひいぃっ!?」ガタンッ!

菫(面白いな、これ)

571: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:23:16.68 ID:6DqbkDXH0
今日は安価で京ちゃん個人戦です。もしかしたら優勝するし、普通に一回戦ボロ負けも。
早いけど安価までの茶番を透華ー。

574: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:31:30.28 ID:6DqbkDXH0
『間もなく、個人戦一次予選を開始致します』

咲「凄い人数だね…」

まこ「個人戦は団体戦に出れん生徒も来るからのー」

和「相手が居なくてもソロプレイなら誰でもできますから」ハアハア

京太郎「はいはい話を逸らさないよー」

久「個人戦で全国に行けるのは3人。誰と当たっても、全力全開手加減無しで」

優希「さっすが部長! わかりやすいじぇー」

久「勝っても負けても悔いのないようにね!」

「「「「「はいっ!」」」」」

久「あ、須賀君」

久「男子は会場違うから。急がないと間に合わないわよ」

京太郎「うおぉいっ!」ダダダッ!

575: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:38:48.90 ID:6DqbkDXH0
京太郎「ぜー、はー…ま、間に合った!」

京太郎「清澄高校の須賀京太郎です、登録お願いしますっ!」

「え、えっと京太郎君? 登録はあっちだけど…」

京太郎「いいっ!?」

「もう…こっち、急がないと時間なくなっちゃうよ」ギュッ

京太郎「うおっと…ありがとうございます」

「お礼なんて別に…そ、それより行かないと!」

京太郎「そうっすね…あの」

「な、何?」

京太郎「手、綺麗ですね」ジッ

「えええっ!? そそそ、そんなことっ!」

京太郎「お、あれが登録所か。すいません小鍛治さん、行ってきまーす!」

健夜「あ…もう、元気だなあ」クスッ

580: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 19:49:27.28 ID:6DqbkDXH0
健夜「男子は人数が多いから、一日目でも負けがあるよ」

京太郎「うげ、マジっすか…二日目まではなんとか…」

健夜「ゆ、夢はおっきくないとダメだよ!?」

京太郎「それじゃあ全国優勝で!」グッ

健夜「スケールが変わりすぎだよ! もう…」

健夜「京太郎君…手、貸してくれるかな」

京太郎「? はい」スッ

健夜「…頑張ってね」ギュッ

京太郎「はいっ!」

京太郎(なんて言った手前、恥ずかしい姿は晒せねーよな)

京太郎「よろしくお願いしますっ!」

581: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:01:16.29 ID:6DqbkDXH0
京太郎(さーて…いい牌来いよ?)カチャ

※京太郎の戦績は安価で決まります。戦績次第では全国編の展開に変化が生じる予定。
コンマの数値で卓の1~4位を決定します。おっきい順。
↓1 京太郎
↓2 相手E
↓3 相手R
↓4 相手O

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

一日目は全3回戦。
1回戦は1,2,3位で勝ち抜け。2,3回戦は1,2位で勝ち抜け。

582: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:01:41.89 ID:aQYGnQ7je93
おまかせあれ!

583: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:02:01.68 ID:nmCQBOY3O94
すばら!

584: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:02:27.35 ID:shLKIWPjr95
でえい

585: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:02:29.11 ID:KBhgIP6Vc96

588: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:07:04.77 ID:6DqbkDXH0
京太郎1位!

京太郎「おしおしおしっ! 幸先いいぜ!」

京太郎「2回戦はこのあとすぐか…へへ、咲たちに昼の時間、自慢できる結果にしないとな!」

健夜「良かった…でも、気を抜いたらだめだからね」ホッ

京太郎「よろしくお願いしますっ!」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。
↓1 京太郎
↓2 相手E
↓3 相手R
↓4 相手O

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

589: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:07:27.42 ID:SiZmLqt9Q98
はい

590: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:07:53.34 ID:nmCQBOY3O94
おまかせあれ!

591: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:08:13.78 ID:SN9Ipk8j5100

592: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/29(火) 20:08:21.39 ID:OgQbGgemE101
そもそもなぜすこやんが……?

595: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:11:54.90 ID:6DqbkDXH0
京太郎2位!

京太郎「あ、ありがとうございました…」フー

京太郎(あっぶねー…300点差で2位かよ)

京太郎(ま、勝ちは勝ちだよな!)ヘヘッ

健夜「ひ、ひやひやするよ…なんだか自分が打ってる時より怖いなあ」

597: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:17:11.04 ID:6DqbkDXH0
京太郎「小鍛治さん! 勝ちましたよ、俺!」

健夜「うん、おめでとう…今日はあとは、午後の3回戦だね」

京太郎「ありがとうございますっ。じゃあ俺、部活のみんなに伝えてきます!」

健夜「あ……もう、あんな子だったかなあ?」

健夜「もっと頼りになる気がしたんだけど…ツッコミの人が少ないからかな…」ハア…

健夜「でも、あれが本当の京太郎くんなんだよね」

健夜「ふふっ、かわいいなあ」

健夜「応援するからね。京太郎君」

607: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:26:02.44 ID:6DqbkDXH0
京太郎「よっ、飯食ってたか。元気いいなー」

咲「京ちゃん! なんだか元気だね」

和「個人戦はどうでしたか?」

優希「安心しろ! 優希ちゃんハンドでチビ京太郎を慰めてやるじぇ!」ワキワキ

京太郎「ふっ…その必要は、ないっ!」

まこ「お、とゆーことは」

京太郎「2回戦勝ち抜けですよ! 3回戦進出っす!」

久「あらま…それはまた、今後の指導のし甲斐がありそうね」

咲「おめでとう!」

優希「ほほー、めでたいめでたいじょー」

和「おめでたですね」

京太郎「待て」

和「どこの女ですか!?」

京太郎「落ち着け!」

617: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:36:55.63 ID:6DqbkDXH0
優希「そーなるとタコスの補充ができないじぇ…むむむ」

京太郎「ああ、そう言うと思って。ほれ」タコス

優希「むぐ…タコス?」

京太郎「冷めても美味いタコスだとさ。匂い控えめで気配りバッチリだぜ」

優希「ほへー、京太郎よくやった! えらいぞ!」

咲「凄いね。京ちゃんが作ったの?」

京太郎「いやいや、途中の屋台で執事さんが作ってたんだよ」

まこ「なんじゃそら…」

久「ちょっと考えられないわねえ」

和「須賀君、常識の範疇で物を言って下さい」キリッ

京太郎「どの口々が言いやがる…」

621: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:44:17.23 ID:6DqbkDXH0
京太郎「っと、そろそろ時間っぽいな」

咲「京ちゃん頑張ってね!」

優希「タコスの陰から応援しといてやるー」

和「頑張って下さいね。いえジョーク抜きで」

久「全力でね。冷めたら負けよ!」

まこ「後でな。また元気よく報告頼むからのー」

京太郎「うっす! 行ってきます!」

京太郎(ふー…やっぱ緊張するけどさ)

京太郎「よろしく、お願いしますっ!」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2位で勝ち抜け。
↓1 京太郎
↓2 相手E
↓3 相手R
↓4 相手O

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

622: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:44:24.74 ID:Wq71RNquq107

623: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:44:28.23 ID:tI9W438fK108
おまかせあれ!

624: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:44:41.91 ID:oHwj7oxpu109
ニワカは相手にならんよ!

625: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 20:45:03.07 ID:Wni7ZsSrO110

633: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 20:50:19.97 ID:6DqbkDXH0
京太郎2位! ※合宿編、全国編で展開に変化

京太郎「ありがとうございましたぁっ!」

京太郎(……)

京太郎「……っしゃあああ!」

『男子個人戦、1日目を終了――!』

『明日の4、5回戦で全国行きへの切符を手にする選手が決定します!』

健夜「……わあ」

健夜「なんだか、胸が熱くなってくるよ」

健夜「懐かしいなあ…あんなに喜んで、楽しそうで」

健夜「……うん」ギュッ

健夜「私も、頑張らないとね」

646: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:00:01.37 ID:6DqbkDXH0
京太郎「小鍛治さん! 俺、やりましたよ!」

健夜「うん、見てたよ。おめでとう…でもまだ明日があるからね?」

京太郎「うぐ…な、なんか腹が痛いんですけど…」

健夜「緊張するよね。初めての試合ならなおさら」

健夜「明日も見に来るからね? 格好いいところ見せて欲しいなあ」

京太郎「うえっ!? し、仕事とかいいんですか…?」

健夜「新幹線使えば間に合うから大丈夫だよ」

京太郎「そっすか…明日も頑張りますから、応援頼みます!」

健夜「うん、じゃあまた明日…」

健夜「はー…」

健夜「こーこちゃん? ごめん、今夜の打ち合わせ、明日にしてもらえる?」

651: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:07:56.24 ID:6DqbkDXH0
咲「京ちゃん! 凄いよ!」

久「ほーんと。もしかしたらもしかするかもね?」

まこ「こりゃあ京太郎の方がわしより強いかもしれんのう…」

優希「京太郎のタコス力も相当のもんだな!」

和「知りませんでした。須賀君はとんだテクニシャンですね、突き合って下さい」

京太郎「いやあ…すみません、明日も応援行けなくて」

まこ「何言うとるんじゃ。こっちのほうが申し訳ないっちゅーんじゃ」

久「正直私が応援したいくらいなんだけどね…こういう時、会場が違うってのが困るわ」

咲「私は心の中でずっと応援してるからね!」

優希「私はタコス場の陰から見守ってるじょー」

京太郎「ありがとな!」

和「もう…放置プレイだなんて、悪くないですね…」モジモジ

656: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:18:29.46 ID:6DqbkDXH0
~2日目~

京太郎「ふー…あと2回。やべえよ…き、緊張が…」

健夜「だ、大丈夫? ええとこういう時は人の字を書いて」

「ふん…金髪雑魚が存外勝ち抜いていると聞いたけど、とんだ偶然だ」ザッ

京太郎「う、うえ?」

健夜「あ…龍門渕高校の」

「力を感じない。力へ至る道筋も見えない…」

「それなら後は人の意思。お前の意思だけしか頼れないんだ」

「…お前は、衣が思ったよりも強い。だから…その」

衣「頑張れと言っているっ!」

京太郎「……おう、ありがとな!」

京太郎「それじゃ、行ってきます!」

661: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:22:55.79 ID:6DqbkDXH0
『さあ男子個人戦準決勝! 上位二人が勝ち抜けとなります!』

京太郎「…おしっ!」パンッ!

京太郎「お願いしますっ!」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2位で勝ち抜け。
↓1 京太郎
↓2 相手S
↓3 相手Y
↓4 相手D

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

662: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:23:06.91 ID:nmCQBOY3O94
ころたんイェイ~

663: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:23:07.84 ID:OH8u6z3m9117

664: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:23:19.04 ID:Wni7ZsSrO110
ほい

665: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/29(火) 21:23:23.68 ID:Vh3NuX7Cj119
せい

680: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:32:44.97 ID:6DqbkDXH0
京太郎1位! 決勝進出!

京太郎「……ほへ?」

京太郎「マジで?」

『準決勝終了ー! ここに決勝進出の4名が決定しました!』

『うち一人は女子団体戦で優勝した清澄高校! 今年は波乱の展開です!』

衣「これは…」ガタッ

健夜「力はないけど、そのぶん純粋に麻雀が楽しめてる…のかな」

健夜「私達にはもう、あんまり分からない感覚かもしれないけれど」

衣「……あ」

衣「そっか、キョータローは、麻雀をしているんだな」

健夜「うん……」

衣「……」

健夜「ねえ、良かったら今度一緒に打ってみない?」

衣「良縁か奇縁となるか…衣がお前に通じると思うか?」

健夜「さあ…」クスッ

694: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:43:40.85 ID:6DqbkDXH0
まこ「京太郎!」バシッ

京太郎「うおっ!? 染谷先輩、それに優希!」

優希「ちょ、おま、ほんとに凄すぎだじぇ!」

まこ「全国行きも全然ありえるとは…わしより強いっちゅうんはマジじゃったか」

京太郎「い、いや偶然というかなんというか…」

まこ「アホ。運も実力、しかし麻雀は運だけじゃダメなんじゃ」

優希「そういうことだ! 誇れ! タコス神に!」

京太郎「…ああ!」

まこ「次の決勝戦はわしらも観客席におるからの」

優希「頑張れ京太郎! 勝利祈願のタコスグミだじぇ!」

京太郎「ありがたいけど超まずそう…」

703: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:48:59.40 ID:6DqbkDXH0
京太郎(小鍛治さんに天江、優希に染谷先輩…)

京太郎(多分他の人も見てるんだよな)

京太郎「…お願い、します」

コンマの数値で1~4位を決定します。おっきい順。1,2,3位で全国進出。
↓1 京太郎
↓2 相手S
↓3 相手E
↓4 相手X

・コンマゾロ目で数値にプラス10
・48 69 の場合はプラス30
・下四桁が1919 4545 0721 の場合、????

704: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:05.16 ID:4SAuCo0JF123
??「京ちゃ須賀京太郎は東京の白糸台に転校すべき……わた宮永照先輩が直々に指導すると言っていた」

705: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:07.82 ID:nmCQBOY3O94
すこやんイェイ~

706: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:09.80 ID:OH8u6z3m9117
シャイニングツモ!

707: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 21:49:21.69 ID:0VE31IDXB126
おまかせあれ!

738: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 21:56:51.73 ID:6DqbkDXH0
「ご無礼。手を抜く気は無いんでね」「悪いなその牌だ…だが目はいいぜ、アンタ」「アンタ、背中…いや、いい色だ」

『決着ー! 個人戦決勝、全国行きが決定しました!』

『清澄の須賀選手、惜しくも全国を逃しましたが堂々の4位! まだ一年生の彼は今後が期待されます!』

京太郎「……はー」

京太郎「ありがとう、ございましたっ!」

京太郎「……」

京太郎「あー」

健夜「京太郎君」

京太郎「…すんません、負けました」ペコッ

健夜「ううん。頑張ってた。初めから見てたから、分かるんだよ?」

健夜「悔しいよね。泣きたいよね…」ギュッ

京太郎「……ふ、ぐっ…」

京太郎「お、れっ、本気で、がぢ、勝ちたくてっ!」

健夜「うん…いいんだよ。泣いていいの」ギュウッ

京太郎「…う、ううううううう!!」

762: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:06:27.61 ID:6DqbkDXH0
優希「……あ、京太郎…」

まこ「惜しかったのー」ポン

京太郎「はは、負けちゃいましたよ。さすがに決勝はキツイっすね」

衣「……」ピョン

衣「奇しくもキョータローの思う所はよく分かる」

衣「1週間前の衣も同じ思いだった。だからキョータロー、衣おねえさんの胸で泣いていいぞ!」フンス

優希「…無い胸で泣けとは片腹大激痛だじぇ!」

衣「なにをー!?」

優希「なんだー!」

まこ「ったくわりゃあ…」

京太郎「…はは!」

京太郎「はいはい、二人ともそこまでにしとけー」

771: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:16:05.43 ID:6DqbkDXH0
京太郎「咲! 和! 個人戦全国出場おめでとう!」

咲「う、うん…あの」

和「須賀君は…その」

京太郎「…ったく、なーに微妙な顔してんだよ」ワシャワシャ

咲「わわっ!」

和「あうぅっ」

京太郎「そりゃ全国行けたら嬉しかったけどさ。多分それと同じくらい、団体戦と個人戦でお前らが全国行くのが嬉しいんだよ」

京太郎「それともアレか? 男だし、全国行けないならお留守番かよ? ねえ部長」

久「んー? そうねえ…咲と和がそう言うなら留守番してもらおうかしら」クスッ

咲「そんなこと!」

和「ありません!」

京太郎「それに、お前らの面倒も見ないとダメだからなー。麻雀打つ暇もねーよ」

京太郎「だからさ…今年は全力でサポートするから、来年はもうちょっとマトモになってくれな?」

咲&和「「……えー」」

京太郎「そこは頷くだろ普通!」

780: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:24:20.22 ID:6DqbkDXH0
京太郎「小鍛治さん、今日はありがとうございました」

健夜「ううん。約束だったし、私も京太郎君には色々教えてもらったから」

京太郎「へ? なんですかそれ…?」

健夜「ん、内緒。でも本当に格好良かったよ」

京太郎「いや…みっともないとこ、見せちゃって」

健夜「それも含めて格好良かった、ってこと。ときめいちゃったかも」クスッ

京太郎「へっ!?」

健夜「なんて、ね。それじゃあまたね…インターハイは私も解説で出るから、また会おうね!」

京太郎「……はいっ! ありがとうございましたっ!」

健夜「うん、バイバイ」

健夜「もうこんな時間かあ…こーこちゃん怒ってるかなあ」

健夜「…いいよね、たまには」

790: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/29(火) 22:32:47.82 ID:6DqbkDXH0
久「さ、そろそろ帰るわよー。準備はいい?」

和「須賀君、これを」スッ

京太郎「……ローション?」

和「須賀君のタイミングで準備してください」キリッ

京太郎「この展開見越してこれ持ってきたの?」

久「はいはい、そこも行くわよ」

咲「あ、はいっ」

京太郎「……」クルッ

京太郎「また来年、来るからな」

京太郎「…へへっ」

優希「あー! 京太郎がエロい顔してるじぇ!」

まこ「ま、まさかわりゃあ…建物フェチだったんか…」ゴクリ

咲「うぅ、建築物にはなれないよ…」グスン

久「廃墟ツアーとか行ってみる? ティッシュ持って」

和「廃墟なら穴もあるんですよね…」ゴクリ

京太郎「結局こんなんかよ!?」

京太郎「…ま、こんなんが丁度いいか」

838: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 21:50:37.34 ID:EG8nJNB50
久「えー…清澄高校女子団体戦、および咲と和の個人戦を祝しましてー」

まこ「長い長い、はようせんか」

優希「遅漏は遅漏で嫌がられるじぇー」

和「個人的には早漏でも大丈夫ですよ、須賀君」

京太郎「ちょっ、人聞きの悪い事言うな!」

咲「だ、大丈夫だよ京ちゃん! 早くても回数で補えれば!」

優希「おら! 赤玉を だせ!」

京太郎「死ぬわ!」

久「かんぱーい」

843: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 21:59:46.39 ID:EG8nJNB50
透華「えー…この度は皆さん、お疲れ様ですわ」

透華「ここに来年のリベンジを誓って! 慰労会を開催します!」

純「乾杯ー」

一「お疲れー」

智紀「おつ…」

衣「わーい! かんぱいだー!」

透華「ちょっと貴方たち!? 腑抜けすぎですわっ!」

一「そうは言ってもさ、清澄には完敗だよ」

純「おっ、うまいこと言ったな。完敗ー」

衣「わーい、完敗だー!」

智紀「…おっぱ」

衣「いや、それは許さない」

一「あの卓囲んでから衣が結構キツイよね…」

844: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:07:17.48 ID:EG8nJNB50
ゆみ「お疲れ様。残念ながら全国へは行けなかったが、ここまで戦えて嬉しく思う」

智美「ワハハ、楽しかったなー」

睦月「お疲れ様でした。先輩は何にしますか?」

智美「佳織のジュースがいいなー」ワハハ

佳織「ふえ? えっと、ラフランスジュースでいい?」

智美「ラブジュげふっ」

睦月「ふー…」

ゆみ「私はミルクを頂こうか」スタスタ

ゆみ「……ふむ」

ゆみ「ここか」モニュッ

桃子「あーっ! なんでわざと隠れてたのに分かるっすか!?」

ゆみ「安心しろ。世界の果てまでも見つけ出してみせる」モミモミモミ

桃子「ちょっ! あっ、やっ!? んんっ…」

睦月「……さて」ゴゴゴ

845: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:10:50.47 ID:EG8nJNB50
池田「キャプテンの個人戦全国出場を祝って! 超乾杯だ!」

未春「キャプテンおめでとうございます!」

星夏「おめでとうございます、同行はできませんけど、応援してますねキャプテン」

純代「私もです。おめでとうございます」

美穂子「ありがとう…ごめんね」ジワッ

未春「謝ることじゃありませんよキャプテン。私達みんな、とっても嬉しいんですから」

星夏「そうですよ。自分の事みたいに嬉しいです」

美穂子「ありがとう…本当に…」グスッ

美穂子「うう…」ポロポロ

池田(キャプテンの涙…)

池田(絶対売らないし! 華菜ちゃんが独占だし!」

未春「華菜ちゃんー?」ニッコリ

848: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:22:20.25 ID:EG8nJNB50
京太郎「……」トン

優希「たっこす、たっこすー」トン

和「エロペンにバイブレーション機能を付けたら、持ち込み不可になるでしょうか?」トン

咲「うーん…棒さえ付けなければ大丈夫かな?」トン

京太郎(は、張った…! 字一色、小四喜!)

京太郎(索子は河に少ないけど…ここは切るっきゃねー!)トンッ

優希「ローンッ! すったんだじぇー」バラッ

咲「あ、私も同じだよ。四暗刻単騎」パタン

和「私は緑一色です…初めて和了りました」チャッ

京太郎「……」

和「はっ…須賀君が私の初体験の相手になるんですね…」ポッ

優希「三人相手にいっしょに放出とはヤルなー」

咲「京ちゃん、たくさん出たね…あれ? 京ちゃーん」

京太郎「……」ズガーン

859: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 22:58:44.40 ID:EG8nJNB50
京太郎「ふあ…朝からねみー…一限寝ようかな」

久「須賀くーん、いる?」ガラッ

アレッテセイトカイチョージャネ? カイチョーダ

京太郎「部長! どうしたんですか?」

久「ちょっとねー。今日の部活なんだけど、休みだって一年生に伝えといてくれない?」

京太郎「咲たちにですか? それならメールでいいんじゃ…」

久「それがどこかにいっちゃったみたいなのよ。朝から探してるんだけどねー」

京太郎「はあ…分かりました」

久「よろしくね。まこには私から伝えておくから」

京太郎「うっすー」

京太郎「…咲は、まだ来てないか。和んとこ行ってみるかな」

860: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:07:05.19 ID:EG8nJNB50
京太郎「えーと…ここだよな」

京太郎「うーっす、のど…原村さん、いるか?」ガラッ

和「はい、これはこの公式を当てはめれば…」

和「提出プリントはそこのボックスへお願いします。後で取りまとめますね」

和「一限目は先生が急用で自習とのことですから、もし分からないことがあれば聞いてくださいね」

和「はい? いえ、そんなに褒められることでは…ふふ、でもありがとうございます」

和「? どうしたんです? 顔が赤いですけれど…」

京太郎「……」ゴシゴシ

京太郎「……??」

和「あら…須賀君」トトッ

和「もう、朝から私をどうするつもりなんですか?」モジモジ

京太郎「あ、和だった」

861: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:12:30.50 ID:EG8nJNB50
京太郎「えーと…頼りにされてる感じなのか?」

和「どうでしょうか。ただクラス委員というだけですが…」

和「それでも嫌な仕事ではありませんね。私程度でも頼ってもらえるのは嬉しいですから」

京太郎(誰?)

和「それで須賀君は、どうしたんです?」

京太郎「あ、ああ…部長から連絡あって、今日の部活は中止だとさ」

和「そうですか。わざわざありがとうございます」

京太郎「ん…ああ」ボーッ

和「須賀君?」

京太郎「いや…なんかいつもと感じが違うから、なんつーかさ…」

和「…ふふっ」クスッ

和「安心してください、私はいつも通りちゃんと穿いてないですから」ボソボソ

京太郎「ときめき返してくれる?」

866: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:23:51.85 ID:EG8nJNB50
京太郎「えーと優希のクラスはこっちか」

京太郎「ちーっす、優希いるかー?」ガラッ

優希「はむっ、はふはふ、はふっ!」

優希「んぐ…ぷはー! やっぱり朝はタコスから始めるじぇー」

優希「匂いの広がらないタコス…いい時代になったもんだ」

京太郎「優希だった」ホッ

優希「お? 京太郎どうした! 私に会いたいのは分かるが朝から盛るには場所が悪いじょー」

京太郎「ちげーよ…部長が今日の部活、無しだとさ」

優希「そーかー…京太郎はまっすぐ帰るのか?」

京太郎「そうだな。特に寄るとこもねーし」

優希「ん…そっか…ありがとな京太郎! また昼に会おう!」

京太郎「おう、じゃーな」

優希「……え? ち、違う、別にそんなんじゃないじょ!」

優希「うー…からかわれるのは苦手だじぇ…」

優希「顔赤い…? み、見るなー!」

869: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/30(水) 23:31:19.61 ID:EG8nJNB50
京太郎「そろそろ咲は来てるかね」

京太郎「咲ー、いるか?」ガラッ

咲「あ」

京太郎「……」

咲「えっと…これは京ちゃんの椅子を温めておこうかと…」

京太郎「ふんふむ。で、なんで背もたれに腕を回してんだ?」

咲「対面座位っぽくて…」

京太郎「椅子相手にか」

咲「えーと…あ、それじゃあ」

咲「うーん、やっぱり生身の京ちゃんは座りにくいね…」ムムム

京太郎「おかしくね? なんで対面座位になってんの?」

京太郎「つか暑いわ! 何月だと思ってんだ!」

—-以下 短編・おまけ—-

7: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:20:17.81 ID:qpYAEBTl0
前スレ>>1000からでー。

宥「さ、寒いぃ…」プルプル

京太郎「大丈夫ですか? 風呂行ってきたほうが良いんじゃ…」

宥「うん…一緒に行こう?」プルプル

京太郎「さも当然のように誘われたけど行きません」

宥「寒いよぅ…」プルプル

京太郎「だから風呂行った方がいいですって。てゆーかなんで俺も行くんですか」

宥「京太郎君見てもらうと…なんだか体が熱くなってくるから…」ハフゥ…

宥「奥の方が…熱くなっちゃう…きょうたろうくん…」トローン

京太郎「さっさと」ガシッ

京太郎「お風呂へ」ポイッ

京太郎「いってらっしゃい」ピシャン

宥「…なんだか、切ないよぅ…」グスン

11: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:21:43.32 ID:qpYAEBTl0
ちょっとだけ部員日和でー。

純代「今日はお休みなんですか」

美穂子「せっかく来てもらったのにごめんなさい」

未春「お休みの連絡、今からでも回さないんですか?」

美穂子「さっきコーチに電子メールを送ってもらうように頼んだわ」

未春「あ、届きました」

純代「私も」

美穂子「一瞬で二人に!?」

未春「いえ、同じ文面ですよ」

美穂子「一時違わず正確に!?」

※手抜きではありません

12: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:27:12.67 ID:qpYAEBTl0
未春「ひどい雨だねー」

池田「ここんとこ雨ばっかりで嫌になるなあ」

未春「うわー、ビチョビチョ」ビチョビチョ

池田「パンツ意味ないし」ビチョチョ

未春「何でそこが濡れてるの?」

星夏「おはようございます、嫌な天気が続きますねー」

池田「文堂…それは生活の知恵!」

未春「長靴!」池田「ゴム製の包み込む奴!」

未春「変な事言うのはこの口かなー?」グイッ

池田「ふぃふぁふんやへほー」

13: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:33:44.89 ID:qpYAEBTl0
池田「なるほど長靴かー」

星夏「今時はおしゃれな長靴多いですからねー」

池田「いいねー、色もたくさんあるし」

星夏「私はスカイブルーが好きですね」

池田「薄い物もあるし分厚いのもあるしな」

星夏「そうですか? たしかにフィット感あるのもありますけど…」

池田「0.02ミリくらい」

星夏「薄っ!?」

14: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/19(土) 23:38:07.07 ID:qpYAEBTl0
池田「んー、私も長靴欲しくなってきたなー」

池田「よし買おう! そんで水たまりでばしゃばしゃする!」

未春「でも道の水たまりって跳ぶと結構汚れるよ?」

池田「もーまんたいだし!」

池田「でもヌルヌルするからすべり止めがしっかりしてる奴じゃないと」

未春「なんの上ではしゃぐつもりかなー?」

36: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 11:49:51.88 ID:i0cKQ6wv0
半端になってた部員日和の続きをぽちぽち透華でー。

37: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 11:53:04.29 ID:i0cKQ6wv0
池田「おー、あるある長靴!」

未春「ほんとに可愛いのたくさんあるんだねー。迷っちゃうなあ」

池田「おっ。軒先のはおすすめ品だ…お?」

池田「みはるーん」

未春「華菜ちゃん、いいのあった?」

池田「ゴムの自販機!」サガミッ

未春「靴屋の前に!?」

38: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:08:22.09 ID:i0cKQ6wv0
池田「この長靴はどう?」

未春「かわいい!」

池田「でも似合ってるかというとイマイチな感じが…全身のコーデがなってない」

未春「おおー、おしゃれ上級者だ」

未春「でも制服は変えちゃだめでしょ」

池田「うーん…」

池田「下着くらいしかないけど今日は無いもんなあ…」ガックリ

未春「待って」

39: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:19:37.55 ID:i0cKQ6wv0
池田「って雨具買ったとたんに快晴だし!」

未春「うわぁー…暑いねえ」

未春「今週はずっと晴れだって。日傘の方が必要だったかもね」

池田「なんの! この長靴、実は特にUVカット機能は無し!」

未春「長靴だもんね…」

池田「女子高生のムレムレ長靴として売りに出せば!」

未春「うーん、燃えない日って水曜日だったかなあ」

40: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:35:37.97 ID:i0cKQ6wv0
池田「今日も晴れかー」

未春「明日も晴れるって」

星夏「たまには曇ってほしいですよね」

池田「それもいいけど…」

池田「雨が降ってくれないと、部屋でしか濡らせられないからなあ」

未春「何を?」

池田「ナニを」

星夏(何言ってるんだこの人は…)

41: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:45:42.68 ID:i0cKQ6wv0
未春「華菜ちゃん! 明日雨だって!」

池田「ええっ!」

未春「ほら、天気予報だと80%」

池田「うわぁ雨だ! やったー!」

美穂子「? 二人の家は農家だったかしら」

美穂子「ふふ…でも華菜は雨具を持ってきたみたいだから、傘がなくても会いに行けるわね」

純代「はあ…?」

美穂子「行かなーくちゃー、君にー逢いにいかなくちゃー…」

星夏(あ、これどっかで聞いたことある)

43: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:52:18.55 ID:i0cKQ6wv0
未春「いよいよ明日雨かー、楽しみで眠れないなあ」

未春「ううんっ、寝ないと…華菜ちゃんが一匹、華菜ちゃんが二匹…」

池田『みはるーん』

池田2『みはるーん、下着見せろー』

池田3『ゴムの色は赤色がいいし』

池田48『一人一手で華菜ちゃんフォーティーエイトだし!』

未春(華菜ちゃん黙れ…)ムニャムニャ

44: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 12:57:07.76 ID:i0cKQ6wv0
池田「すごい! 足元全然濡れないし!」ビシャビシャ

池田「へいき、へいき……」

未春「どうしたの?」

池田「勢い強すぎて…結構入って来る…」

池田「ゴムの中で溢れそうだし…溢れたのが逆流してる…」

池田「これじゃゴムの意味が無い! ちょーきもいし!」

未春「言葉はともかく気持ち悪いっていうのは分かるなあ」

45: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 13:00:59.48 ID:i0cKQ6wv0
池田「おづがれー」ズビズビ

未春「風邪引いたの? っていうか真っ赤だよ!?」

池田「別にだいじだごどないじ」ズズッ

未春「鼻声もいいとこだ…早く帰った方がいいよ」

池田「でもごれやっばなづがぜ?」ハーハー

未春「夏風邪こじらせると面倒だよ?」

池田「ばがじゃないじ!」ズビッ

未春「申し訳ないけど割と馬鹿っぽいから早く帰った方がいいってば」

46: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 13:05:31.84 ID:i0cKQ6wv0
美穂子「風邪引いちゃったの? 大変!」

池田「ぞんなにびどぐないでずよ」ズビビ

美穂子「ちょっと待っててね」ゴソゴソ

池田「ふぁー」

美穂子「はいこれ」

池田「……ねぎ?」

美穂子「お尻に挿すといいって上埜さんが言ってたの」ニコニコ

池田「ちょっ…華菜ちゃんそこは未開の地ですけど!」

美穂子「こっち向けてみて?」

池田「ば…ばっちこいだし!」プルプル

未春(止めた方がいいかなあ…止めなくてもいい気もするけど)

47: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 13:08:52.34 ID:i0cKQ6wv0
未春「華菜ちゃん大丈夫かなあ、電話してみようかな」

未春「華菜ちゃんおはよー、今日も雨だね」

未春「今日は昨日ほど勢い強くないし…え?」

未春「ああ…お尻が…」

未春「じゃあ今日は休みだね…お疲れ様」ピッ

池田「……」ジンジン

池田「めくるめく新快感だったし…」フヘヘ

65: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 19:29:28.36 ID:i0cKQ6wv0
なんとなくいくぜ!

目覚まし『朝ー、朝だよー。朝ご飯食べて、学校に行くよー』

京太郎「んあ…朝か…」

京太郎「んー…なんか今日は咲の声が違う気がするな」

目覚まし『学校に行くよー』カチッ

京太郎「咲は今日一人で行くっつってたし、のんびり行くか…」

京太郎「ネーベとつけたー、紙飛行機ーっと、おっす和」

和「須賀君、おはようございます。途中で逢うのは珍しいですね」

京太郎「だよな。いつもは昼とかが多いし」

和「そうですね…あ、昨日はハンカチありがとうございました」スッ

京太郎「へ? ハンカチなんて貸したっけ?」

和「くす…忘れたんですか? 膝を擦った時に貸してくれたじゃないですか」

京太郎「絆創膏…そうだっけか…そういえばそんなようなことも…」

和「ふふ、きちんと洗ったので一応血の跡は無いと思います」

京太郎「ああ…変な血じゃないよな?」

和「? 膝の血ですが…少量でしたし、まだ汚れてましたか?」キョトン

69: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 19:44:57.52 ID:i0cKQ6wv0
京太郎(おかしい)

咲「わ、今日のレディースランチはバナナがついてるんだ」

京太郎(バナナにヨーグルト。こいつらなら絶好のボケアイテムのはず)

タコス「京太郎は女子力ビンビンだじぇー」モグモグ

京太郎(なんでこいつら普通に食べてるんだ?)

和「須賀君、箸が進んでいませんけど…」

京太郎(定番すぎて手を出さないのか? 正直気味悪い)

和「…須賀君?」ピトッ

京太郎「ん? ああ、わり、なんだっけ。なんで俺の額に手当ててんの?」

和「いえ…熱は無いみたいですね」

咲「京ちゃん? 具合悪いんなら保健室で休んだ方が」

優希「タコス食え! ありがたく食べかけをくれてやる!」

京太郎「い・ら・ねー。でもありがとな」ナデナデ

優希「ぬわっ! うー…」

咲「わわっ! あう…」

和「あら、私は撫でてくれないんですか?」クスッ

京太郎「へ?」

和「ジョークです。でも体調が悪くなったらすぐに教えてくださいね」

京太郎「あ、ああ…ありがとな」

71: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 19:54:34.05 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「こうか?」カチカチ

和「いえ、他家の捨て牌を見ると上がり牌がほとんどありません」

和「まだ巡目もありますから、こちらを切って待ちを変えましょう」

京太郎「なるほど…でもいいのか? 俺の指導なんかで」

和「四人とも半荘を始めたばかりですから」

和「それに、部員仲間を指導する方が私にとっては大事ですよ?」

京太郎「そっか…ありがとな」ナデナデ

和「あら…お昼の意趣返しですか?」クスクス

京太郎「おう、昼は和が寂しそうだったからなー」

和「そうですね…少し手をお借りしますね」スッ

京太郎「へ?」

和「こっちの方を撫でてみてください」

和「ふふ…三人なら寂しくありませんよ、旦那様?」

和「……もう、反応してください」プクッ

京太郎「あ、ああ…ごめん…」

京太郎(お腹…あったかかったな…)ボケー

73: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 20:00:18.79 ID:i0cKQ6wv0
咲「京ちゃん? ぼーっとしてどうしたの?」

和「疲れているのかもしれませんね」

優希「それはいかんな! 喜べ京太郎、タコスの半分をお前にやろう!」

京太郎「ああ…わり、今日はちょっと一人で帰るわ」

咲「え、大丈夫?」

京太郎「ああ、また明日な!」

優希「あ…京太郎! 明日は元気になるんだぞー!」

京太郎「おう、まかしとけって」

和「須賀君…」

京太郎「ん…またな」

和「はい…はやく元気になってくださいね」

和「私は、元気な須賀君の方が――」

74: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 20:03:55.92 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「ん……」

目覚まし『朝ー、朝だよー。朝ご飯食べて、学校でイクよー』

京太郎「いつもの咲の声だ…夢?」

和「須賀君、おはようございます」

京太郎「あ、ああ…おはよう」

和「? どうしたんです?」

京太郎「いや…なあ、昨日ハンカチとか貸したっけ?」

和「いえ。ハンカチが必要ですか?」

京太郎「いやそういう訳じゃ…」

和「それなら使って下さい」スッ

和「あ、すみませんこれナプキンでした…使います?」

京太郎「それを俺にどうしろと…」

75: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/20(日) 20:07:48.96 ID:i0cKQ6wv0
京太郎「こうか?」カチカチ

和「いえ、他家の捨て牌を見ると上がり牌がほとんどありません」

和「まだ巡目もありますから、こちらを切って待ちを変えましょう」

京太郎「なるほど…でもいいのか? 俺の指導なんかで」

和「四人とも半荘を始めたばかりですから」

和「それに、部員仲間を指導する方が私にとっては大事ですよ?」

京太郎「そっか…ありがとな」ナデナデ

和「あら?」ポカーン

京太郎「あ。す、すまん!」

和「いえ…少し手をお借りしますね」スッ

京太郎「へ?」

和「こっちの方を撫でてみてください」ススス…

京太郎「ヘイヘイ、どこまで手を下ろす気だ」

和「……」

京太郎「……」

和「確かに手では子供はできませんね」グググ…

京太郎「分かってるなら今すぐ手から力を抜きなさい」グググ…

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 05:26:53.12 ID:QaXdZ0XJq164
照と京太郎の絡みが見てみたいです。
シチュはとことん京太郎が照の面倒を見るかもしくは逆に面倒を見られるとか

139: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 08:45:33.62 ID:2Twm8l2v0
>>126

照「疲労感ー…」

京太郎「そんな悲壮感みたいに言われても」

照「膝枕がいい」コテン

京太郎「子供かっ」

照「…咲は元気?」

京太郎「元気も元気、下ネタばっか言ってますよ」

照「…頭が痛くなってきた…手、ちょうだい」

京太郎「へいへい。照さんのおでこ、あったかいっすね」

照「そうでもないよ。クリームパン」

京太郎「へいへい…一口大で?」

照「そう」

京太郎「なんか鳥に餌やってるみたいですよ」アーン

照「……」モグモグ

京太郎「やっぱ咲と姉妹ですね」

照「私に妹なんて居ないわ」

京太郎「…バニラアイス食べます?」

照「食べる」

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 06:15:02.62 ID:kWOyRx421166
菫さんが珍しくボケらしいので

俺の憧れの先輩がこんな下ネタ系ヒロインなわけがない…とかで

140: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 08:54:50.99 ID:2Twm8l2v0
>>127むずいっすね

弘世菫は麻雀部員である。
クールな雰囲気、長い髪をなびかせ闊歩する仕草は男女問わずに人気が高い。
かくいう俺も髪を纏めた時の仕草にやられてつい麻雀部に入ったわけだが。

京太郎「今はわりと後悔している」

菫「? どうした須賀、喉でも渇いたか」

京太郎「いえ別に…この後どうします?」

菫「そうだな、二人しか居ないのでは麻雀も打てない。お茶でも飲んで帰るか」

京太郎「そっすね。お茶淹れてきますよ」

菫「いや、それには及ばん…私が淹れてこよう」スッ

京太郎「いいんですか?」

菫「ふ…なに、須賀には世話になっているからな。大した礼にはならないだろうが」

菫「ちょっと待っていてくれ。レモンティーでいいな?」

京太郎「そっちは給湯室じゃねーよ」

128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 06:21:31.97 ID:MG21eF612168
ここは王道に…

京和で秘宝館デート

142: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:02:14.78 ID:2Twm8l2v0
>>128 秘宝館ってなんぞや。ググった結果そんなものが…

京太郎「ひほうかん? なんだそりゃ」

和「博物館のようなものです。古今東西の資料を集めてあるんですが、一人では行きにくくて」

京太郎「へえ…なんだかんだ言って和には色々教えて貰ってるし、付き合うよ」

和「ありがとうございます…ふふ、これってデートでしょうか?」クスッ

京太郎「へ?」

和「いえ…ジョークです。当日はエスコートさせて頂きますね」

京太郎「それって役目が逆なんじゃ…」

和「私が誘ったんですから、当然ですよ。その代わり…」

和「一日だけ、彼氏になってもらえませんか?」

京太郎「あー…」ポリポリ

京太郎「……おう」

和「見てください豚の○ン○ですよ! ドリル! ドリルです!」

和「凄いです…こんな大きいものが入ってしまうんでしょうか…」ゴクリ

京太郎「テンションたけーなー」ダル…

129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/21(月) 06:23:40.53 ID:LzetHcUpD170
有珠山キャラがあんま出てないから
北海道でユキにツッコミ入れる京太郎

145: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:15:26.42 ID:2Twm8l2v0
>>129 なんか変な風になった。申し訳ない

由暉子「京太郎君、合体しましょう」

京太郎「しません」

由暉子「…これには山よりも深く海よりも高いワケが」

京太郎「高低差ゼロの皆無じゃん」

由暉子「古来中国では房中術という養生術が」

京太郎「俺もお前も皆勤賞だし」

由暉子「…今ならおもちも触っていいですよ?」

京太郎「切り餅なら貰おうかな」

由暉子「どうしたら合体してくれるんですか?」

京太郎「ネタが切れたならこの話はおーしまいっと」スタスタ

由暉子「あ、ま、待って…」ギュッ

京太郎「…もう下ネタ言わないか?」

由暉子「…はい」

京太郎「うし、んじゃ行くか」ナデナデ

由暉子「あうー」

130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 06:56:47.88 ID:8BLA9vpfs172
二人っきりの教室で机に突っ伏して寝てるあわあわにいたずら(意味深)

148: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:24:19.99 ID:2Twm8l2v0
>>130 健全であることの証明ができました(確信)

淡「すぴー…」

京太郎「なんつーベタな寝息してやがる」

京太郎「ま…俺に隙を見せたお前の負けだよ」ククク

京太郎「せめてもの情けだ。水性ペンにしておいてやろう」キュポン

淡「……えいっ」ガスッ

京太郎「ってえええ!? おまっ、起きてたのかよ…! つか…脛はダメだって…」

淡「ふふーん、淡ちゃんの寝こみを襲おうなんて100億万年はやーい」

京太郎「くそ…完全に寝てたと思ったのに…」

淡「ふふふ、いつも寝る前に組織に寝こみを襲われた時のイメトレしてるもん。このくらい楽勝ー」

京太郎「なんつう無駄な努力…つか…いてえ…」

淡「完全勝利!」

132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 07:38:03.68 ID:0JeCr13Fp174
エイちゃん(+α)が服の代わりにボディペイントを……って考えたけど流石にヤバ過ぎるなと思った

149: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:34:24.33 ID:2Twm8l2v0
>>132 これなら特にヤバくないはず

エイスリン「キョータロ!」タタタッ

京太郎「おはようございます、エイスリン先輩」

エイスリン「good morning! ウデクミ!」ギュッ

京太郎「っと、危ないっすよ?」

エイスリン「♪ ダイジョーブ」

京太郎「けど横並びだと道狭くなって邪魔になりますし」

エイスリン「Ah…ジャア、コウスル!」ギュウッ

京太郎「……あの、なんかやけに柔らかいんですけど?」

エイスリン「? コレ、シャツガbody paintダカラカモ」

京太郎「ちゃんと着ろよぉ!」

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 07:46:50.35 ID:07fffiKen176
チョコレと京ちゃんのイチャイチャが見たいです

151: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 09:52:03.30 ID:2Twm8l2v0
>>134 爽ちゃんってこんなんでいいかしら?

爽「京ー、あっついんだけどー」

京太郎「そりゃあ夏ですからね…てか暑いならくっつかないでくださいよ」

爽「そりゃないよ…うへえ、汗が出てくるわー」

京太郎「ベタつくから離れて…つーか暑いわ!」ベシッ

爽「うあー、ひっどいな。とっころでさー」

京太郎「なんですか? アイスならもうダメですよ」

爽「そうそう、爽だけに…いや、そんなのはいいんだって」

爽「それよかさっきから体が火照っちゃってさ…」モジモジ

京太郎「エアコン入れますね」ピッ

爽「そうじゃないってー…ね? 奥の方まで渇く間もないほどさあ…」スリスリ

京太郎「ユキの衣装作ってるんで邪魔しないでください」ゲシッ

爽「なんだよイケズぅ」

143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/21(月) 09:12:48.13 ID:SGgfU4WAK178
まだアリかな?
松実姉妹で前門の虎後門の狼

153: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/21(月) 10:01:12.34 ID:2Twm8l2v0
>>143 なるほど、貴方はこう言いたいのですね。医者はどこだ!

玄「にゅふふふふ。京太郎君、逃がしませんよ!」ジュルリ

宥「あったかそう…」プルプル

京太郎「ぐ…逃げ道が無い…!」

玄「安心するのです。痛くない、いたくなーい」ジリジリ

宥「わわわ、私も一緒にイクから…」ジリジリ

京太郎「やめろ…やめてくれっ…!」

玄「前の方はこのオオカミ並みの噛みつきホールで!」ジュポジュポ

宥「う、後ろはー…虎柄バ○ブで…」ヴィイイイイン

京太郎「やめろ! う、うわああああああ!!!」

京太郎「おああああああ!」ガバッ

京太郎「ゆ、夢か…」ハアハア

363: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 21:56:57.70 ID:8lCF59T80
ところで咲さんの夜這いっつって和さんが主人公と化してしまいました。
なんか勿体ないので蔵出し

364: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 21:57:31.61 ID:8lCF59T80
咲「京ちゃーん、きょーおーちゃーん」ピンポンピンポンピポピポピポ

京太郎「人がドア開けてるのに押し続けるのはやめなさい…で、なんだよ?」

咲「えへへ、京ちゃん今日はご両親いないんだよね?」

京太郎「あー、まあ…」ポリポリ

咲「そ、それでね、晩御飯、作ってあげようかなーって…」

京太郎「あー…」

和「咲さん。こんばんは」ヒョイッ

咲「……」

京太郎「なんか和も来てさあ」

咲「3P?」

和「3Pですね」

京太郎「無いから」

366: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:02:31.31 ID:8lCF59T80
咲「和ちゃんは何作るの?」

和「私はシュー・ファルシとエッグベネディクトを。咲さんは?」

咲「うーん…京ちゃんは何がいい?」

京太郎「俺は別に。作ってくれるなら何でも食うぜー」

咲「もー、何でもっていうのが一番だめなんだよっ」プンスコ

京太郎「じゃあ咲が作りたいもので」

咲「えー…」

和「それなら咲さん…」ボソボソ

咲「そっか、それもいいよね! 京ちゃんミルクセーキは好き?」

京太郎「おう。甘いものも大好きだぞ」

咲「じゃあこれにミルク出してきてね…」モジモジ

京太郎「お前は何かおぞましいことをしようとしているなっ?」

京太郎「そして和も目の逸らし方が露骨すぎるぞっ」

368: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:05:57.68 ID:8lCF59T80
超台風 ヒュゴオオオオオオオオオ

咲「わあ…これじゃあ帰れないよ」

和「迎えに来るのも難しいみたいです」ピッ

京太郎「参ったな…無理に帰らせるわけにはいかないし、泊まってくか?」

咲「えっ、京ちゃん」ドキッ

和「須賀くん…」ドキドキ

京太郎「いやっ、別に変な事するつもりないぞ!?」

咲「え? なんで?」

和「は? 意味が分かりませんが」

京太郎「ええー…」

369: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:07:23.15 ID:8lCF59T80
和「……」

咲「くー…すぴー…」

和「咲さん、夜這いに行くと言っていたのにすぐ眠ってしまいましたね」

咲「きょーちゃー…くぴー…」

和「安心してください。その火の意思は私が受け継ぎます」キリッ

和(ここが須賀君の部屋ですね…)キィィ…

京太郎「ぐう…すかー…」

和「それでは失礼…」スッ

和「これはなかなか。腕枕も悪くありませんね」

和「そういえば朝勃ちってなぜ朝なんでしょう。夜は立たないんでしょうか」ムムム…

京太郎「いきなり人の布団にもぐりこんできて考えることがそれかよ」

370: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:08:22.77 ID:8lCF59T80
和「すみません、起こしてしまいましたか?」

京太郎「動揺無しかよ!」

和「昨晩はお楽しみでしたね」

京太郎「それは入ってきた奴のセリフじゃねーよ!」

和「昨日は、激しかったですね」ポッ

京太郎「シャツが僅かにも乱れてない!」

和「正直寝る時に服を着ていると気持ち悪くて…」ゴソゴソ

京太郎「はやいとこ出てってもらえます?」

371: ◆kMdoUJ39Cc 2014/04/26(土) 22:09:28.85 ID:8lCF59T80
咲「……きょーちゃん」ムクッ

咲「うー…」ノロノロ

咲「きょーちゃんのにおいがするよぉ…」ガチャ

京太郎「なんか入ってきたぞ」

和「咲さん、やっぱり須賀君の夜這いですか?」

京太郎「なにそれ普通に言ってるけど怖い」

咲「うー…きょーちゃー…」ポフン

咲「……くー」

和「寝ちゃいましたね」

京太郎「まあ夜弱いからなあ…じゃ、俺下行くわ。咲と寝ててくれよ」

和「くす、分かりました。おやすみなさい」

京太郎「おやすみ」ギィィ

和「それじゃあいつもの寝格好で」ヌギヌギ

京太郎「人んちでは遠慮しようね!」バタン

886: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:03:02.58 ID:tBXR9UeW0
とりあえず入部話でいこうって感じですけんども、なぜかあの子推しになってしまいま。
潜在的に京和なのだろうか…透華でー。

887: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:07:31.08 ID:tBXR9UeW0
「なあ須賀、麻雀部インターハイ行くんだろ? すげーよな」

京太郎「ああ、みんな凄えよなー」

「つーかお前も決勝まで行ったんだろ? それもスゲーじゃんか」

京太郎「んー…夢中っていうか、あれよあれよって感じだったからなあ」

「意外に麻雀強かったんだな、お前。こないだまで素人とか言ってたくせに」

京太郎「いやいや素人だって。大会前になんとか計算も覚えたんだよ」

「ふーん…てかそれなら何で麻雀部入ったんだよ? 咲ちゃんはお前が入った後だよな?」

京太郎「あー、あんときは……」

888: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:20:22.17 ID:tBXR9UeW0
京太郎『部活何にするかなー…やっぱ運動系か?』

京太郎『とりあえず適当に見学してからで、っと!』ドンッ

和『きゃっ…ご、ごめんなさい。前を見てなくて』

京太郎『こっちこそごめん。怪我とか無いか?』

和『はい。それじゃあ私はこれで…』

京太郎『ああ』

「へー、原村さんとぶつかったのか。羨ましいねえ…あのおもち、触ったか?」

京太郎「覚えてねーよ。まあ目は向いたけどさ」

「へえ…そんで、原村さんを追って麻雀部か?」

京太郎「いや、その後でさ」

889: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:28:48.96 ID:tBXR9UeW0
優希『そこの金髪! ちょっと待つがいいじぇ!』

京太郎『ん…誰?』

優希『おっ、興味ある系か? しょーがないな、私の名前は片岡優希! 覚えとけー』

京太郎『片岡さんか。なんか用?』

優希『用といえば用だな。麻雀部を知らんか?』

京太郎『麻雀…? そういや部活案内の紙に…あった、部活棟の奥の方っぽいぞ』

優希『なるほどなー。それじゃあ行くか!』ギュッ

京太郎『へ?』

優希『タ・コ・ス・だーっしゅ!』

京太郎『ちょおおお!』

890: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:48:00.01 ID:tBXR9UeW0
優希『ここか! 我が青春の舞台裏!』

京太郎『は、はえーよ…なんで俺まで…』ハアハア

優希『須賀、ご苦労! もう一息だじぇ、オープンザドアー!』

和『ロンです…ユーキ? 先に行ったと思ったのに、どこに行ってたんですか』

優希『タコスが私を呼んでいたんだじょー。そんで須賀が道案内をしたいと言い出してなー』

京太郎『言ってねーし…とりあえず片岡の目的はここなんだろ? 俺はそろそろ行くわ』

優希『そっかー、その前にお礼にのどちゃんのおもちでも揉んでけ!』

和『……ユーキ、あまり馬鹿なことを言わないでください』ツーン

優希『やれやれ。ほんとは揉みしだいて欲しいくせに、とんだムッツリさんだじぇー』

和『……』ツーン

京太郎『アホなこと言うなっての』

891: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 22:56:14.07 ID:tBXR9UeW0
京太郎『えーと……何でこうなってんだ?』

久『そうねえ。麻雀部部長の私としては、麻雀を知らない人にも牌に触れて楽しさを知って欲しい…とか』

まこ『一日だけでも体験してくれるとありがたいのう』

優希『これもなんかの縁だ!』

和『ルールとかは私が教えますから…一緒にヤってみましょう』

京太郎『あ、ああ…隣に座るのか?』

和『すみません、邪魔かもしれませんが近くじゃないと』タプン

京太郎『いや別にいいけどさ。えーと、原村さんはいいのか?』

和『ええ、大丈夫です』ニコッ

和(あんまり胸も見てきませんし…少しくらいなら…)

京太郎(なーんかさっきの言葉、変なニュアンスが混じってたような…)

895: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:08:35.42 ID:tBXR9UeW0
和『これで三つ揃いましたから、この牌を捨てるとテンパイ…ここの牌が来れば和了りです』

和『そうですね、それを切ったほうが待ちは多いですよ』

和『……あの、須賀君』

京太郎『次はこっちを切って…ん? どうした?』

和『その…気に、ならないんですか…?』

和『私の…』

京太郎『あー…いやまあ、何回も見るのとか失礼だろ』

久『あら紳士ねえ』

優希『なかなかやるじぇー、同じ一年として誇らしいぞ!』

まこ『悟り開いとりゃせんか?』

和『……あっ、そ、そのっ!』カァッ

和『パンツ穿いてきます!』ダダッ

京太郎『照れ隠しとして最大限におかしいよねそれ!』

902: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:19:25.20 ID:tBXR9UeW0
京太郎(そうか…なんか気になると思ったら)トン

和『それは白ですね、正式名称はパイパンと言います』

京太郎『その情報は麻雀をやるうえで必要か?』

京太郎(原村さん、咲に似てんだよな…ところどころ下ネタ入れてくるところとか)

京太郎(…つーか、下ネタ言いだしてからイキイキしだしたな)

優希『のどちゃん、なんだかイキイキしてきたじぇ』

和『まだイってません!』

久『あらあら』ニコニコ

まこ『楽しい下級生じゃのー』ニッ

京太郎(しかもこいつらも同類くせえ…)

905: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:28:10.71 ID:tBXR9UeW0
京太郎(嫌な人たちじゃないけどな…今決める必要もないし、適当なとこで抜けさせてもらうか)

京太郎『おし、次で最後だな』グイッ

和『きゃっ!』

京太郎『っ、悪い! 髪引っ張って…痛くなかったか?』

和『い、いえ…近くで髪を垂らしていた私が悪いですから』

和『ちょっと待ってくださいね』

いや、別に大したことじゃないんだけどな。
二つに括ってた髪が流れて、一つになって。
腕を上げて、一つに纏めて…ポニーテールっつうか。
間近で見た白い首筋がさ。髪との対比で淡い色合いでさ。

和『ん…どうでしょうか』

最後に手でそっと首筋を撫でるんだよ。意図はなくとも見せつけるみたいにさ。

京太郎『部長』

久『ん?』

京太郎『入部届、どこに出せばいいですか』

906: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:29:26.13 ID:tBXR9UeW0
「へえ、じゃあ原村さんに一目ぼれってことか! 咲ちゃんもいるのになあー」

京太郎「まあ正直勢いだったから、その後はそんな気は起きなかったけどな」

京太郎「ま…でも全然後悔してないな。あいつらと居ると楽しいし」

京太郎「……ちょっと大変だけどな」

「? まあ楽しめてるんならいいんじゃねーの」

京太郎「だな。っと、そろそろ部活行くわ」

「おう、咲ちゃんたちによろしくなあ」

京太郎「へいへい、ちゃんと忘れとくわ」

909: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/01(木) 23:37:47.54 ID:tBXR9UeW0
京太郎「お、和。今から部活か?」

和「須賀君。はい、せっかくですし一緒に行きましょうか」

京太郎「おう……」

和「……」

京太郎「今日の髪型さ」

和「はい」

京太郎「似合ってる、と思う」

和「ありがとうございます…普段はあんまりしないんですが」

和「二度目、ですね。須賀君の前で」

京太郎「うん」

和「貞操帯を付けているのは」ポッ

京太郎「おかしいなあ、一回目を知らないぞー?」

942: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 16:56:00.07 ID:kXeNVod60
更新は火曜と言ったな。あれは嘘だ。
染谷先輩の誕生日なんじゃー。子供の日は子供を作る日じゃないからね、間違えないように。

944: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:02:07.02 ID:kXeNVod60
京太郎「執事ですか?」

まこ「ん。雀荘っちゅーても藤田プロをはじめ、女性客もそれなりにおるんじゃ」

まこ「いっつもメイドじゃ変わり映えもせん。そこでな」

京太郎「はあ…でも俺、バイト経験とかないんですけど」

まこ「別にホテルや落ち着いた雀荘でもなし、簡単に給仕でもしてもらえればええ」

まこ「もちろんバイト代も払うけえ。どうじゃ?」

京太郎「それならいいですよ。いつ行けばいいですか?」

まこ「ほれ、これが執事服じゃ」バサッ

和「姿見はこちらに」カラカラ

咲「制服は預かるね」ドキドキ

優希「えーと…タコス作れ!」

京太郎「なんだなんだこのチームワークは。ってかここで!?」

945: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:14:33.59 ID:kXeNVod60
和「ドキドキしますね」

咲「うん…この向こうで京ちゃんが着替えてるんだ…」

久「衣擦れ音ってエロイわよねえ」

優希「おっ? ロッカーの上から覗けそうだじぇー」

和「咲さん、踏み台こっちまで運びましょう」

咲「うん。せーのっ」

まこ「何しとるんじゃまったく」ヤレヤレ

京太郎「せめて量下げろっていうか男女逆だからこのシチュエーション!」

952: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:28:31.30 ID:kXeNVod60
京太郎「なんか首元まで締めるってキツイですね…サイズはいいけど」

咲「わ、わ…京ちゃんかっこいい!」

優希「ほ、ほほう! なかなかだじょ…」

和「いいですね執事というのも。こう、躾けられたい感じがします」ハアハア

久「なかなか似合うじゃない。須賀くーん、マッサージしてー」

京太郎「何させられるか分かんないんでイヤです」

955: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 17:35:42.48 ID:kXeNVod60
京太郎「…ええと、染谷先輩。これでいいですか?」

まこ「ん。それじゃ行くとするかの」

京太郎「え、今からですか?」

まこ「もちろんじゃ。それか何か用事でもあったか?」

京太郎「いえ特には…それじゃあ行きましょうか、お嬢様」

まこ「そこは参りましょう、とかじゃろ。まずは言葉遣いからかのー」クスッ

京太郎「ありゃ。お手柔らかにお願いします、染谷お嬢様」

まこ「そこは、まこお嬢様じゃ。ほれ言ってみぃ」

京太郎「……ま、まこお嬢様」

まこ「まったく…今日中には慣れてもらうしかないか」

久「私達忘れられちゃってるわねー」

和「でも見せつけられるのって興奮しませんか? NTRみたいで」

咲「私はちゃんと帰ってこればいいかなあ」

優希「うー…なんか複雑だじょー…」

989: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 19:35:39.99 ID:kXeNVod60
たくさんのコメありがとうございます。全部は拾えませんが、後々小ネタでも使いたい所存。
とりあえず白糸台if。やっつけでー。

京太郎「咲は部活何にする?」

咲「私は…麻雀部かな」

京太郎「へえー。お前麻雀やってたっけ?」

咲「昔ちょっとね。この白糸台の麻雀部には、お姉ちゃんがいるんだ」

京太郎「そうなのか…ぽけぽけの咲の姉ちゃんならぽけぽけなのかね」

咲「むっ…そんなことないよ。お姉ちゃん見てみる?」

京太郎「そうだなー。俺も暇だし、一緒に行ってみるか」

咲「うん、えへへ…行こっか」

照「……嫌な、予感がする」ダラダラ

菫「どうした照、トイレを我慢するのは良くないぞ」

誠子「いやいや…宮永先輩、具合悪いなら休んでた方がいいですよ」

照「具合というより…なんというか」ブルブル

咲「あのう…見学したいんですけど」

991: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 19:37:40.75 ID:kXeNVod60
照「……」ゴシゴシ

照「咲…?」

咲「あ、お姉ちゃん!」パアッ

京太郎「あれが咲のお姉さんか? 結構しっかりしてそうだなー」

菫「お姉ちゃん…妹か? 随分可愛い妹さんだな…おい照、どうした?」

照「見えない、聞こえない、何も居ない」ガクガク

咲「もうお姉ちゃんってば…照れちゃって」トトッ

咲「お・ね・え・ちゃ・ん」ポンッ

照「ひいいいい! ごめんなさいごめんなさいもうしませんからお尻だけは、お尻だけは!」

咲「今日から私も麻雀部に入るから、よろしくね」ニッコリ

照「……………………」

京太郎「なんだこれ」

995: ◆kMdoUJ39Cc 2014/05/05(月) 19:47:21.68 ID:kXeNVod60
ピュアの保護者四人を抜粋

睦月「なんというかこう、先輩達に染めてはいけないという使命感が」トン

巴「分かります…せめて姫様だけはと思うのですが…」トん

恭子「うちは基本的に意味を教えん方向で動いてますよ」トン

塞「部員で意思が統一できるのは羨ましいかな」トン

巴「せめてあと一人、止める人が居れば…」

睦月「ああ、その点ではうちはもう一人居ます」

塞「要は実力行使が一番だと思うけど。どう?」

巴「私だと押しが弱くて。はあ、もう一人欲しいです…」

恭子「そらドンマイですね。ところで今は、その姫様は?」

巴「あ、みんなにお願いしてるから大丈夫です」

塞(それって)

恭子(大丈夫じゃないんじゃ)

睦月(どこか抜けた人だなあ)

京太郎「清澄高校麻雀部員共」和「人の体に口3つ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397911601/)

厳選!話題の記事